寒空の下、君を買う ~君が死ぬことは俺が許さない~

 ある日の寒空の下。黒嶋和哉は、1人泣いていた白夢みゆに遭遇する。彼女とは、同じクラスに通う同級生としての関係でしか無かったが、泣いている彼女をほっておくことの出来なかった和哉は彼女に話しかけ彼女が泣いていた理由を聞いた。

 寒空の下、彼女が泣いていたのは親に捨てられたからだと言う。それも、愛人との間にできた子といった理由で彼女は要らない子として捨てられていた。そして、みゆは死ぬんだと言った。

 そんな彼女をほっておくことの出来ない和哉は、彼女に家に来ないかと提案した。それをきっかけに彼女との同居生活が始まる。

 これは、親に捨てられた少女とそんな少女を買った1人の少年が幸せになるまでの物語である。
24hポイント 42pt
小説 10,232 位 / 83,419件 恋愛 4,381 位 / 22,480件