人生小説一覧

タグ 人生×
114 123
以前なろうでも書いていた短い詩をちょこっと載せます。 ポエムのようなそうでもないような(笑 たまーに思いだした時にのせるかもです
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 1,633 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.05.23
気づけそうで気づけないそんな話。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 148 最終更新日 2019.05.30 登録日 2019.05.30
83
恋愛 連載中 長編 R15
少女の目覚めは痛みと絶望だった。 あなたは少女を理解出来るだろうか? 少女は何を見て何を感じたのか。 少女はあなたの幸せを切に願う。 あなたの笑顔を切に願う。 その理由がどこにあるのか、あなたにはわかるだろうか? 少女自身にもわからない事を、あなたに解き明かして欲しい。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 恋愛 14,709 位 / 14,709件
文字数 6,414 最終更新日 2019.06.10 登録日 2019.05.25
N県 N市 神尾町、その町外れにひっそりと立っている喫茶店。 「喫茶ノスタルジー」 初老の店主が営む古ぼけたカフェ、その店に入ると不思議な体験が出来るという。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 ライト文芸 2,411 位 / 2,411件
文字数 32,273 最終更新日 2019.09.21 登録日 2019.05.27
85
SF 完結 短編
なぜ僕は生きているのか…。親も兄弟も親戚もいない。やりたいことも、なりたいものも、何も希望がない。 ただ、1つだけ、1つだけ生きている意味があるとすれば、それは遠い遠い懐かしい記憶。それは極々一般的な家庭で過ごした温かく、幸せな記憶。 そんなわけはない。僕にはだれもいない。産まれた時から1人ぼっちなんだ。なのに、この記憶はなに? いつもいつも死のうとすると甦るこの記憶はなに? その謎だけが僕を生かしている。 今を生きることに疲れた、生きる意味がわからない人に向けた、感動のファンタジー!
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 SF 1,999 位 / 1,999件
文字数 35,331 最終更新日 2019.06.05 登録日 2019.05.29
パン屋で働く私の日常です。 どうでもいいこと、どうでもよくないこと、自由に書いて、のんびりと過ごします。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 368 最終更新日 2019.06.07 登録日 2019.06.07
友人・等比居免兔氏に捧ぐ。 氏の作品「さるん七等星」からインスパイアされた、準二次創作作品です。 紙飛行機はどこまで飛んでいくのか。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 現代文学 2,658 位 / 2,658件
文字数 1,865 最終更新日 2019.06.09 登録日 2019.06.09
俺氏、年齢37才にして重度の二型糖尿病からの生還への日々から、現在二型糖尿病と戦っている方々への希望を綴る。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 6,316 最終更新日 2019.06.14 登録日 2019.06.14
89
ミステリー 連載中 ショートショート
あなたのまわりの、どこにでもいる感じ(?)の男、エス氏。そんな彼が毎回災難に遭う、一話読み切り型のショートストーリー集です。 超気まぐれな不定期更新。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 ミステリー 1,535 位 / 1,535件
文字数 47,766 最終更新日 2019.09.21 登録日 2018.05.12
1日だけ人間の姿になったトマトが冷蔵庫から出て幸せを探しに行く物語です。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 大衆娯楽 1,839 位 / 1,839件
文字数 1,089 最終更新日 2019.06.21 登録日 2019.06.21
91
経済・企業 連載中 ショートショート
自分を信じた少年は死んでしまった
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 経済・企業 134 位 / 134件
文字数 18 最終更新日 2019.06.27 登録日 2019.06.26
92
恋愛 連載中 長編 R15
無愛主義を心より信奉する普遍的で一般的で常識的な頭のおかしい"彼"と、言葉にこそ魂が宿る言愛主義こそが真実の愛と崇拝する"彼女"の、実にくだらなくためにもならない"愛"に葛藤する人生の物語です。 是非、あなたの妄信する愛の定義を胸に抱えながらお読みください。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 恋愛 14,709 位 / 14,709件
文字数 5,270 最終更新日 2019.07.06 登録日 2019.07.06
田舎に住む僕が、ある日突然引っ越すことになり、おばあちゃんと離ればなれになる。その後の結末は??
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 528 最終更新日 2019.07.08 登録日 2019.07.08
まえがき 特殊詐欺のニュースを見ると、大抵こんな反応ではないだろうか? 「なんでこんなにテレビでやってるのに騙されるんだろうね」 どこか遠い世界。 自分とは関係ない世界。 だけどその世界はもし自分に起こったら。 そんな話がこれから始まる。 俺の名前は大翔(ひろと) 24歳。 親がどんな想いで付けたか知らないが、仕事は何をやっても嫌になって長続きしない。お金は一ミリも貯まらない。彼女もできない。 大きく羽ばたくどころか、地べたを這う虫けらみたいなもんだ。 こんなどうしようもない俺だが、ばあちゃんだけは可愛がってくれた。 「ひろとはかわいい!きっとイケメンになるわ」と幼かった俺に唯一褒めてくれた存在だ。 そんなばあちゃんが、うちの母親とそりが合わず同居を解消。自分から出ていくと小さな借家に一人引っ越してしまった。 両親はそれにも関わらず喧嘩ばかり。俺の存在なんて気にもしていない。 こんな家いやだ!たまらずばあちゃんの家に行くと、 「よく来てくれたね、嬉しいねえ」 としわくちゃの顔で出迎えてくれた。 「ちょっとこれを」 おばあちゃんはタンスの中から鍵のかかった木箱を取り出し 「これはねぇ、ばあちゃんの大切な宝物」 中には、俺がばあちゃんと一緒に写った赤ちゃんから小学生くらいの頃までの写真を貼ったアルバムがあった。 「ひろとにこれを」そう言って渡されたのは、その木箱を開ける鍵だった。 「ばあちゃんが死んだらね、これを形見にしておくれ」そう言うばあちゃんに 「縁起でもねえこと言うな、まだまだ長生きしてもらわな」そう言って鍵を手に足早に家に帰った。 母親からは「またあんなとこ行って!」と悪態をつかれたが、完全に無視をした。 そんなある日、俺の携帯に一本の電話がかかってきた。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 4,030 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.07.09
まえがき 人生には何が大切なのでしょう 勉強でしょうか? 仲間でしょうか? お金でしょうか? この物語は 人生には何が大切か? そのヒントが隠されているおはなしです すぐに読めますので フラットな気持ちでお読み頂ければと思います とある郊外の町 A君とB君は幼稚園の頃から友達でした A君とB君は同じ小学校に入学しましたが 明暗が分かれます
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 1,527 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.07.09
96
青春 完結 ショートショート
 この広い空へと手を伸ばす。  神様にまでは届くかな? ※他サイト様にも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 青春 2,989 位 / 2,989件
文字数 1,633 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
大学3年生の詩織(しおり)は 毎日講義やレポートに追われる日々を送っている。 なんとなく今まで生きてきた詩織。 誰もが1度は考える 人生観について描きました。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 809 最終更新日 2019.07.16 登録日 2019.07.16
ただただ幸せになりたかった女のお話。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 1,497 最終更新日 2019.07.23 登録日 2019.07.23
私たち人間は 一人ひとり自分の主観から この世界を見ていると思います。 様々な出来事をきっかけに 自分から見える世界があります。 人との出会いや人との繋がりが その世界を変えていくのではないかと 思います。 一人でも多くの人の支えとなる 文章を書いていきたいと思っています。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 6,520 最終更新日 2019.07.26 登録日 2018.07.20
またしてもネット小説っぽくないものが出来上がりました。 私自身病気持ちという事があり、『未来がこんなのだったら、綺麗だろうな』と書きました。 短いですがよければ読んでください。 ↓あらすじ〜 私は過ぎ行く日々の中で、病室という箱の中に囚われ、何を思うことがあるだろうか。 何かに憧れるだけのそんな私に…… 光は綺麗だ。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 現代文学 2,658 位 / 2,658件
文字数 1,027 最終更新日 2019.07.31 登録日 2019.07.31
5作目。今日も私は恐怖を覚える。全てが疑問でしょうがない。そして、何の疑念も抱かずに生きられる貴方がただただ憎く、羨ましい。だから、私はこの文を貴方に突き付ける。理解されないか、出来ないかは知らないが。 だが、もしも理解があったのなら私は幸甚に存ずる。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 1,392 最終更新日 2019.08.03 登録日 2019.08.03
102
現代文学 完結 ショートショート
初投稿ということで短いものを書いてみました。文字で何かを表現するっていうのは自分にとって初めての試みだったので、温かい目で見ていただきたい所存ですね。 Twitter:RKY80450124
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 現代文学 2,658 位 / 2,658件
文字数 1,237 最終更新日 2019.08.20 登録日 2019.08.20
◆【 命のたまごに巡り合うまでの旅 】 ◆平成では、夢咲櫻はアニメ研の絹矢先輩にひっつきラブ中。昭和では櫻の両親がちぐはぐロマンスを広げる。今まさにできちゃったの櫻が生まれようとしていた。そこに愛があるのか?生を問う。 昭和から、我が家は機能不全。父は殴るし、母は私だけに愚痴を言う。これは危ない。私は裸足で逃げ出した。遠い雪国で何が待っていたのか。渦巻く父母のトラップから逃げなければ……! 私は命のたまごを天にかえしてしまいました。でも、新しく二人の赤ちゃんに巡り合えたのです。 ■主な登場人物 夢咲櫻(ゆめさき さくら):ヒロイン。暴力に鈍感になってしまった。 絹矢慧(きぬや けい):櫻の彼。新しい本当を教えてくれる。 夢咲善生(ゆめさき よしなり):櫻の父。常軌が見当たらない。 夢咲葵(ゆめさき あおい)・美濃部葵(みのべ あおい):櫻の母。娘はロバの耳の吐き出しだと思っている。性的にうるさい。 絹矢菫(きぬや すみれ):慧の妹。関わりたがらない。 ☆ ◆改稿版。書き下ろしもあります。 ◆本作は、『カクヨム』様、『エブリスタ』様にも改稿前の作品が掲載されております。 ◆表紙・挿絵は、文章を書いたいすみ 静江が描いております。 ◆よろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 83,746 最終更新日 2019.08.21 登録日 2019.07.29
104
ホラー 連載中 長編 R15
人生の勝ち組だと思っていたら、奈落の底に落とされていた。 社会のルールに縛られた人間を見下していた自称自由人の派遣社員、「芦屋セイジ」。だが気づけば自分の身の回りでは殺人事件が多発していた。それをきっかけに徐々に歯車が狂い出し、気付けば殺人事件の容疑者の疑いをかけられていた。 その殺害方法が、20年前に多発した未解決事件「バニラビーンズ殺人事件」と同様であることから、未だ捕まらぬ犯人への注目がより一層高まり、社会現象にまで発展してしまった。 限りなく犯人に近い存在だとされていた芦屋セイジは裏の世界で生きることを決意したが、ひょんなことからもう1人の自分と出会ってしまう。その後も身の潔白を訴え続けたが、記憶のほとんどが書き換えられていることが発覚。 殺人の潔白、もう1人の自分、そして高次脳機能障害を乗り越え、真実を暴け! 人生の全てを失った芦屋セイジと彼の全てを奪った犯人との真実を賭けた物語がはじまる。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 ホラー 2,243 位 / 2,243件
文字数 58,853 最終更新日 2019.11.12 登録日 2019.09.03
kon
私の言いたくないこと、言えないこと。この小説を読む誰かに共感できればと思います。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 357 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.09.21
106
エッセイ・ノンフィクション 連載中 ショートショート
外は色鮮やかな花々から春の匂いがする頃。京都市内にある11階建てのマンションの一室から今日も怒鳴り声が聞こえる。 親:「なんやこれは!汚ったない部屋やのぉ!はよ片付けろ!金食い虫が!」 当たり前のように見て見ぬふりをする大人達。 これは私が幼少期からリアルに起こっていた毎日を、私の目線から書いた話。 私は3姉妹の2つ上と5つ上の姉がいる末っ子に産まれた。1番上の姉【M】はレッド症候群(身体障害者)で1人では私生活は送ることが出来ない。その為、私は2つ上の姉【J】と日々協力し合い生きてきた。 私達は母から身体的、精神的苦痛を与えられた日々を生きた。それでも、私はたった1人の母に愛されたいとただ願い、母にとっての良い子(言いなり)になり続けた。 そんな一方通行な愛は私達に注がれることはなかった。 そんな先の見えない、繰り返しの毎日を必死に生きていく。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 1,085 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
107
エッセイ・ノンフィクション 連載中 ショートショート
血縁って凄く複雑なもので、変えられないし、常に自分は受け継いでいるんだって意識するものですよね。 それにマイナスのイメージを植えつけられるとどうなるのかってものを書いてみました。 また歌詞的なやつです。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 エッセイ・ノンフィクション 1,667 位 / 1,667件
文字数 419 最終更新日 2019.10.08 登録日 2019.10.08
私はわずか22歳の若さでこの世を去ることになった。 滑り止めで受けて嫌々ながら入学した三流大学に馴染めないまま、なんとか卒業にこぎつけたものの、就職にことごとく失敗し、多額の奨学金を背負ったまま社会に出ることに漠然とした不安を感じた私は、あっさり自らの命を絶ったのだ…… エブリスタより転載。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 ファンタジー 19,410 位 / 19,410件
文字数 7,248 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.10.17
109
現代文学 連載中 長編
人生っていうのは、いくつかの選択肢から一つ選びそこからまた選択肢が広がっていく。 その選択が正しいのか間違ってるのかはわからない。 人生の平均点はきっと50点。 『再び訪れる幸せ』そんな言葉が似合う二人の女教師の話。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 現代文学 2,658 位 / 2,658件
文字数 3,732 最終更新日 2019.11.22 登録日 2019.11.11
110
青春 連載中 長編 R15
初めまして、ロイです。 私は、とあるネット配信者との 出会いでこのアプリを知り 小説を読み、私も書いてみよう そう思いました。 まず初めに自分の生きてきた 時間を皆さんに知って頂きたく 初投稿させていただきます。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 青春 2,989 位 / 2,989件
文字数 914 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.11.14
111
現代文学 完結 ショートショート
只の独り言です。 誰もが人生で立ち止まってしまう事はあるはずです。 小説かと問われるとわからないです。 21才で実家暮らしのフリーターの独り言。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 現代文学 2,658 位 / 2,658件
文字数 9,025 最終更新日 2019.07.20 登録日 2019.06.30
112
青春 完結 長編 R15
心を病んだ青年が家出少女と歩き出すまでの物語。 水瀬和樹は心の病を抱えた青年。 三年。 彼の人生は止まったまま。 時間だけが流れていた。 二十五歳。 夜の公園。 和樹は一人の家出少女と出会う。 月永月姫。 止まっていた和樹の時間を動かす女の子。 生きることをもう一度。 和樹はどのようにして自分の人生を歩くのか。 最後に導き出す結論とは? その手は幸福を掴むことができるのだろうか。 ※他サイト様にも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 青春 2,989 位 / 2,989件
文字数 71,159 最終更新日 2019.11.22 登録日 2019.10.18
 仕事で失敗し、会社に居場所を失ってしまった若手サラリーマンの稲木 守人(いなき もりと)。いつも通りだらだらと仕事を終えて帰ると、手紙が届いていた。住所には見覚えがある…  行き場を失った若手サラリーマンが恩師からの手紙を読みながら、まだ純粋だった学生時代の思いを再確認する。もう遅いかと悩みながらも、その思いと現状のギャップを打開しようと勇気を出す。失った思いを取り戻す難しさや、失ったまま生きていくことの虚しさを、主人公の心の葛藤を軸に描いていく作品。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 ライト文芸 2,411 位 / 2,411件
文字数 8,469 最終更新日 2019.12.05 登録日 2019.11.24
114
恋愛 完結 短編 R18
男と女、善と悪、赤と青……。 それぞれが混じり合わさった時、 朝露に濡れた、美しい紫の花の芳香を嗅いだ。  街が一望できる見晴らしのよい公園で、青木純一という青年は、意を決して赤星麗奈という女性に語り始める。彼の子供時代、学生時代、そして、麗奈と出会ったときのことについて。それから、純一と麗奈の間に亀裂が入ったときのことのすべてを、追憶の中で告白する。  純一は、少し変わった子供だった。昔から極端な性格だった。小学生、中学生と次第に歳を重ねるにつれ、自分の中に存在する、内気な自分と激しい自分という、相反する二つの側面に気づく。そして特に中学時代には、純一にとって後の人生にトラウマを残す、重大な「事件」が起きる。  社会人となった純一は、愛すべき恋人(赤星麗奈)もでき、幸せな生活を送っていた。その一方で、純一は自分の人生をより完璧なものにするための「使命感」に燃えつつも、現在の自分の仕事に疑問を持つという葛藤を抱く。    ある日、麗奈が浮気していることが分かる。純一は憎悪する。いかに麗奈の存在が純一の人生において輝かしいものであったかを、出会ったときから今までの記憶の中で探ろうとする。  純一が麗奈と出会ったのは大学時代のバイト先でであった。純一は生来の性格のせいで苦戦しつつも麗奈を公園に連れて行き、そこでなんとか告白する。そしてついに交際を始める。純一はそれからというもの文字通り人生観が一転し、有頂天となる。  麗奈との、このかつての思い出に浸り、純一の憎しみはさらに増大する。それと同時に麗奈から受けた肉の快楽を思い出す。  純一は自殺を試みる。しかし結局、自殺できずに夜の街を徘徊する。街灯の中、純一は立ち尽くし、空からの雨滴に身を任せる。そこで純一はとある真実にたどり着く。純一は麗奈を“半分しか”愛していなかったこと、また、麗奈は自分の一部であり、隠れたもう一人の自分の投影だったということに気づく。  公園で純一が麗奈に語る、冒頭のシーンに再び戻る。麗奈は涙する。二人は以前のように手を繋ぐ。
24hポイント 0pt
小説 60,589 位 / 60,589件 恋愛 14,709 位 / 14,709件
文字数 37,600 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.11.28
114 123