婚約解消小説一覧

376 12345
1
恋愛 連載中 短編 R15
今まで婚約者、立ち振る舞い、性格、趣味、生き方……全てを親や周りに決められてきた公爵令嬢・アリアネット。やりたかったこと、生き方――全てを押し殺し、他人の感情を読むことによって衝突を避けながら、公爵令嬢を演じてきたのに……。 ある日婚約者から向けられた言葉――。 「アリア?あいつは見た目が良いから婚約してやっただけ。アクセサリーみたいな?実際無個性で人に対する肯定ばかりだし、俺に言われるがままで、何されても反抗もしてこないんだぜ!役に立たないし、誰にも必要とされない人間ってああいうやつのこと言うんだぜ?本当、哀れな生き物だよなあ」 嫌われたくないから、自分を殺してまで嫌われない選択肢を選んできた。 けれどそれは無意味だったのだ。 全てが虚しくなったアリアネットは婚約破棄して、変わることを決意する。 ****** ・以前書いていたものを3人称から1人称に変えて投稿しています。(理由は近況ボード参照)
24h.ポイント 68,008pt
小説 26 位 / 183,543件 恋愛 22 位 / 56,010件
文字数 10,785 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.04.10
2
恋愛 連載中 長編
エリック様とは、五年間婚約をしていた。 学園に入学してから、彼は他の女性に付きっきりで、一緒に過ごす時間が全くなかった。その女性の名は、オリビア様。この国の、王女殿下だ。 入学式の日、目眩を起こして倒れそうになったオリビア様を、エリック様が支えたことが始まりだった。 その日からずっと、エリック様は病弱なオリビア様の側を離れない。まるで恋人同士のような二人を見ながら、学園生活を送っていた。 ある日、オリビア様が私にいじめられていると言い出した。エリック様はそんな話を信じないと、思っていたのだけれど、彼が信じたのはオリビア様だった。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 105,627pt
小説 8 位 / 183,543件 恋愛 8 位 / 56,010件
文字数 72,725 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.03.10
3
恋愛 連載中 短編
結婚式がまじかに迫ったジュリーは、幼馴染の婚約者ジョナサンと妹が裏庭で抱き合う姿を目撃する。 それがきっかけで婚約は解消され、妹と元婚約者が結婚することとなった。 落ち込むジュリーのもとへ元婚約者の兄、ファゼリー伯爵エドガーが謝罪をしに訪れた。 もう1人の幼馴染と再会し、ジュリーは子供の頃の初恋を思い出す。  大人になった2人は……
24h.ポイント 17,154pt
小説 101 位 / 183,543件 恋愛 70 位 / 56,010件
文字数 54,454 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.03.23
4
恋愛 連載中 短編
聖女がいる国で子爵令嬢として暮らすアイビー。 聖女が亡くなると治癒魔法を使える女性の中から女神が次の聖女を選ぶと言われている。 その聖女に選ばれてしまったアイビーは、慣例で王太子殿下の婚約者にされそうになった。 だが、相思相愛の婚約者がいる王太子殿下の正妃になるのは避けたい。王太子妃教育も受けたくない。 アイビーは思った。王都に居ればいいのであれば王族と結婚する必要はないのでは?と。 65年ぶりの新聖女なのに対応がグダグダで放置され気味だし。 ならばと思い、言いたいことを言うと新聖女は我が儘だと言われるお話です。  
24h.ポイント 35,226pt
小説 51 位 / 183,543件 恋愛 41 位 / 56,010件
文字数 12,284 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.04.09
5
恋愛 連載中 長編 R15
リール王太子殿下とサリー・ペルガメント侯爵令嬢は六歳の時からの婚約者である。 二人はお互いを励まし、未来に向かっていた。 しかし、王太子殿下は最近ある子爵令嬢に御執心で、サリーを蔑ろにしていた。 サリーは幾度となく、王太子殿下に問うも、答えは得られなかった。 二人は身分差はあるものの、子爵令嬢は男装をしても似合いそうな顔立ちで、長身で美しく、 まるで対の様だと言われるようになっていた。二人を見つめるファンもいるほどである。 サリーは婚約解消なのだろうと受け止め、承知するつもりであった。 しかし、そうはならなかった。
24h.ポイント 39,555pt
小説 47 位 / 183,543件 恋愛 38 位 / 56,010件
文字数 333,469 最終更新日 2024.04.12 登録日 2023.10.12
6
恋愛 連載中 長編
仮面舞踏会でダンスを申し込まれた。 その後はお喋りをして立ち去った。  あの馬鹿は私だと気付いていない。   “好きな女ができたから婚約解消したい” そう言って慰謝料をふんだんに持ってきた。 綺麗に終わらせることで、愛する人との 障害を無くしたいんだって。 でも。多分ソレは私なんだけど。 “ありがとう”と受け取った。 ニヤリ。 * 作り話です * 完結保証付き * 暇つぶしにどうぞ
24h.ポイント 32,810pt
小説 57 位 / 183,543件 恋愛 45 位 / 56,010件
文字数 47,600 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.03.23
7
恋愛 連載中 長編
大好きな婚約者に最後のプレゼントを用意した。それは婚約解消すること。 だからわたしは悪女になります。 彼を自由にさせてあげたかった。 彼には愛する人と幸せになって欲しかった。 わたくしのことなど忘れて欲しかった。 だってわたくしはもうすぐ死ぬのだから。 さよならのかわりに…… ★ 短編から長編に変更しました。 よろしくお願いします
24h.ポイント 86,352pt
小説 15 位 / 183,543件 恋愛 15 位 / 56,010件
文字数 123,098 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.02.24
8
恋愛 連載中 短編
「ディアーナ、お前との婚約を解消する。恨むんならお前の存在を最後まで認めなかったお前の祖父シナールを恨むんだな」 母を失ったばかりの私は、突然王太子殿下から婚約の解消を告げられた。 失意の中屋敷に戻ると其処には、見知らぬ女性と父によく似た男の子…。「今日からお前の母親となるバーバラと弟のエクメットだ」父は女性の肩を抱きながら、嬉しそうに2人を紹介した。え?まだお母様が亡くなったばかりなのに?お父様とお母様は深く愛し合っていたんじゃ無かったの?だからこそお母様は家族も地位も全てを捨ててお父様と駆け落ちまでしたのに…。 弟の存在から、父が母の存命中から不貞を働いていたのは明らかだ。 生まれて初めて父に反抗し、屋敷を追い出された私は街を彷徨い、そこで見知らぬ男達に攫われる。部屋に閉じ込められ絶望した私の前に現れたのは、私に婚約解消を告げたはずの王太子殿下だった…。    
24h.ポイント 8,058pt
小説 205 位 / 183,543件 恋愛 118 位 / 56,010件
文字数 48,737 最終更新日 2024.04.11 登録日 2024.03.14
9
恋愛 連載中 長編 R15
代々王宮医師を輩出しているオルディアン伯爵家の双子の妹として生まれたヴィオラ。 物心ついた頃から病弱の双子の兄を溺愛する母に冷遇されていた。王族の専属侍医である父は王宮に常駐し、領地の邸には不在がちなため、誰も夫人によるヴィオラへの仕打ちを諫められる者はいなかった。 母に拒絶され続け、冷たい日々の中でヴィオラを支えたのは幼き頃の初恋の相手であり、婚約者であるフォルスター侯爵家嫡男ルカディオとの約束だった。 『俺が騎士になったらすぐにヴィオを迎えに行くから待っていて。ヴィオの事は俺が一生守るから』 だが、その約束は守られる事はなかった。 15歳の時、愛するルカディオと再会したヴィオラは残酷な現実を知り、心が壊れていく。 そんなヴィオラに、1人の青年が近づき、やがて国を巻き込む運命が廻り出す。 『約束する。お前の心も身体も、俺が守るから。だからもう頑張らなくていい』 それは誰の声だったか。 でもヴィオラの壊れた心にその声は届かない。 もうヴィオラは約束なんてしない。 信じたって最後には裏切られるのだ。 だってこれは既に決まっているシナリオだから。 そう。『悪役令嬢』の私は、破滅する為だけに生まれてきた、ただの当て馬なのだから。
24h.ポイント 10,103pt
小説 170 位 / 183,543件 恋愛 100 位 / 56,010件
文字数 347,609 最終更新日 2024.04.11 登録日 2022.02.21
10
恋愛 連載中 長編
今まで婚約者、立ち振る舞い、性格、趣味、生き方……全てを親や周りに決められてきた公爵令嬢・アリアネット。やりたかったこと、生き方――全てを押し殺し、他人の感情を読むことによって衝突を避けながら、公爵令嬢を演じてきたのに……。 ある日婚約者から向けられた言葉――。 「アリア?あいつは見た目が良いから婚約してやっただけ。アクセサリーみたいな?実際無個性で人に対する肯定ばかりだし、俺に言われるがままで、何されても反抗もしてこないんだぜ!役に立たないし、誰にも必要とされない人間ってああいうやつのこと言うんだぜ?本当、哀れな生き物だよなあ」 嫌われたくないから、自分を殺してまで嫌われない選択肢を選んできた。 けれどそれは無意味だったのだ。 全てが虚しくなったアリアネットは婚約破棄して、変わることを決意する。 ****** ・以前書いていた話ですが、間を置きすぎてプロットが気に食わなくなったので、改稿して連載にしています。 ・かなりの長編になる予定なので、気が向いた時に投稿していきます。
24h.ポイント 3,635pt
小説 383 位 / 183,543件 恋愛 192 位 / 56,010件
文字数 127 最終更新日 2024.04.10 登録日 2023.05.18
11
恋愛 連載中 長編
ジュヌヴィエーヌは、王太子である婚約者ファビアンから、突然の婚約解消を告げられる。 婚約者のファビアンは、男爵令嬢のマリアンヌが真実の愛の相手だと言うのだ。 「義務感では駄目だったのね」 落胆するジュヌヴィエーヌに追い討ちをかけるように他国への縁談が持ちあがる。 相手は壮年の国王、子も既に4人いる。長子はジュヌヴィエーヌと一歳しか年が違わないという。 ジュヌヴィエーヌは、正妃を喪ったエルドリッジ国王のもとに側妃として嫁ぐのだ。 結局は政略上の駒でしかないと知り、落胆したジュヌヴィエーヌは、せめてと出立前に森の魔女を訪ね、ある秘薬を求める。 「この薬があればきっと」 だが、冷遇を覚悟で嫁いだアデラハイム王国では意外にも歓迎されて・・・? 「あなたが『マル花』の悪役令嬢ジュジュね! ストーリーからの脱出おめでとう!」 「?」 継娘となる予定の第一王女からかけられた言葉に首を傾げるジュヌヴィエーヌ。 魔女が用意した薬を手に、決死の思いで他国に嫁いだジュヌヴィエーヌに訪れる幸せは・・・
24h.ポイント 759pt
小説 1,476 位 / 183,543件 恋愛 697 位 / 56,010件
文字数 153,818 最終更新日 2024.04.09 登録日 2023.02.01
12
恋愛 連載中 長編 R15
リデル侯爵家長女、レティシア・デ・リデル。 アーンストート王国の王子ジェレマイア・ラ・アーンストートの婚約者である。 サラサラの金髪に透き通る様な碧眼を持つ、絵本の中の登場人物の様な見目麗しい王子。 素晴らしい見目には、素晴らしい魂が宿る…訳ではないらしい。 レティシアが9歳、ジェレマイア王子が17歳の時に二人は婚約が成立する。 幼い婚約者に、王子の欲望はぶつけられない。 昂ぶる性欲の処理は…当然他の女になった。 数々の令嬢を食い散らかし、その令嬢達は、その後の愛妾候補。 アーンストート王国の王子としては完璧な男。 政務も外交も素晴らしい手腕でこなし、その存在感を内外に示してきた。 公務では完璧でも、女にはだらしない王子様。 どれだけの花々を渡り歩いているのか、次から次へと浮名を流した。 レティシアの淡い憧れは幻と消え、残ったものは責任感だけ。 こんな人と婚姻などしたくない…でも、王妃教育を頑張った日々を無駄にしたくない。 葛藤しながら日々を過ごしていた頃……… とうとう私の妹とまで浮気した王子様。 幼い憧れはとうに消え、愛など芽生えるはずもない。 妹に替わって貰おうと決意するも、 自分の価値を知る王家が手放す筈もないだろうと諦めようと…… しなかった。 前世の記憶を思い出した私は、諦めるのを止めこの国から逃亡する事にした。 これからは、この転生人生を、自分らしく愉しく謳歌する! そう決めて着々と準備を進めた。 妹と王子様の浮気現場を確認すると、証拠をバッチリ録って逃げ出した! “ジェレマイア王子と妹は愛し合っています。私は身を引きます。探さないで下さい” ――――レティシアは逃げられるのか…? ✂---------------------------- レジーナブックスで書籍化します。 書籍化タイトルは 『どうぞお続けになって下さい。~浮気者の王子を捨てて、拾った子供と旅に出ます~』 となりました!
24h.ポイント 4,098pt
小説 348 位 / 183,543件 恋愛 179 位 / 56,010件
文字数 165,744 最終更新日 2024.04.06 登録日 2020.10.26
13
恋愛 連載中 長編
本編完結済み。 6/5 他の登場人物視点での番外編を始めました。よろしくお願いします。 王太子の婚約者である、公爵令嬢のクリスティーヌ・アンガス。両親は私には厳しく、妹を溺愛している。王宮では厳しい王太子妃教育。そんな暮らしに耐えられたのは、愛する婚約者、ムルダー王太子様のため。なのに、異世界の聖女が来たら婚約解消だなんて…。 私のお話の中では、少しシリアスモードです。いつもながら、ゆるゆるっとした設定なので、お気軽に楽しんでいただければ幸いです。本編は3話で完結。よろしくお願いいたします。 ※お気に入り登録、エール、感想もありがとうございます! 大変励みになります!
24h.ポイント 2,335pt
小説 558 位 / 183,543件 恋愛 267 位 / 56,010件
文字数 246,393 最終更新日 2024.04.06 登録日 2023.05.31
14
恋愛 連載中 長編 R15
私、城野ありすは目覚めるとアリス・キュレルという子爵令嬢に転生していた。部屋にあった日記を読んでみると、メイドやクラスメイトにいじめられたり、理不尽な理由で婚約者に浮気されたりするなどの苦しみが書き綴られていた。 やり返すには後ろ盾も必要と思っていたら、公爵家の次男に血の繋がらない弟の哲平が転生している事がわかったので、使える権力は使いつつ、弔いになるかはわからないけれど、やられた分はやり返させてもらうわ。 ※以前に投稿していたものを内容を変更した改稿版になります。 ※史実とは関係なく、設定もゆるい、ご都合主義です。 ※中世ヨーロッパ風で貴族制度はありますが、法律、武器、食べ物などは現代風です。話を進めるにあたり、都合の良い世界観となっています。 ※誤字脱字など見直して気を付けているつもりですが、やはりございます。申し訳ございません。 ※話があわない場合はそっと閉じてくださいませ。
24h.ポイント 958pt
小説 1,196 位 / 183,543件 恋愛 570 位 / 56,010件
文字数 91,148 最終更新日 2024.04.04 登録日 2023.05.04
15
恋愛 完結 ショートショート
ヒロイン、といえる立場だったはずの女の子の日記の中身。 御都合主義のざまぁをヒロイン視点でお届けするSS。可哀想。 小説家になろう様でも投稿しています。
24h.ポイント 220pt
小説 5,015 位 / 183,543件 恋愛 2,223 位 / 56,010件
文字数 2,306 最終更新日 2024.03.30 登録日 2024.03.29
16
恋愛 連載中 長編
 料理が大好きなシャイン伯爵令嬢は、幼馴染との婚約関係があった。  しかし幼馴染は、『料理など使用人に任せれば良い』の一点張りで、せっかくシャインが用意した料理も食べずに床に捨ててしまう始末である。  ついには幼馴染のほうから婚約解消の話まで進めてしまう。  幼馴染の評判は最悪で、周りからも早く縁を切ったほうがいいと言われるほどだったし、シャイン自体もウンザリしていたため、婚約解消宣告はすぐに決まる。  婚約解消が決まりホッと一息も束の間、今度は冷酷無愛想で評判の悪いエムルハルト公爵からの対談を求められる。  シャインも実際にエムルハルト公爵とは会ったことがないし、縁談の話ではなさそうだと判断したため実際に公爵邸に向かうことにした。  無愛想どころか、顔色も悪いエムルハルト公爵から言われたひとこと。 「住み込みで料理長をやってもらえないだろうか?」  料理関連で働きたいと志願していたシャインにとっては、ワクワクで溢れていた。  シャインはすぐに公爵邸で住むことになるが、いきなりエムルハルト公爵の身にアクシデントが起こる。  相手が誰であっても決して態度をぶらすことのないシャインは、エムルハルト公爵を元気にさせるために奮闘する。  看病の最中、ふいに見せたエムルハルト公爵の一瞬の笑顔は、シャインにとっては格別な嬉しさがあった。  シャインはおいしい料理を毎日作りながら、エムルハルト公爵の本性を知っていき魅かれていく。  いっぽう、婚約解消を勝手に行った幼馴染は、すぐに両親からの大叱責を受けてしまう。  なんとかシャインを取り戻さないと大変なことになる。  しかし、シャインはすぐに回収できると自信満々の幼馴染。  すでにシャインの心は幼馴染にはこれっぽっちもないことを知らずに。 ※ざまぁ要素はありますが、今作品は主人公シャインと冷酷無愛想のエムルハルト公爵とのやりとりが主軸です。そのため、ざまぁ視点は少なめになります。 ※異世界恋愛ではありますが設定上、現代料理も色々と出てきます。
24h.ポイント 674pt
小説 1,676 位 / 183,543件 恋愛 797 位 / 56,010件
文字数 120,505 最終更新日 2024.03.30 登録日 2023.01.14
17
恋愛 連載中 長編 R18
第17回 恋愛小説大賞で奨励賞を頂きました。ありがとうございました(2024/3/29) 週末実家に結婚の挨拶に行くタイミングで振られた主人公が泣いているところに、王子様みたいな人が現れた。一人で泣くか、甘えるか、と聞かれる。夢みたいな一晩を過ごした翌日、職場で再会して……。 詳しく↓ ◇ ◇ ◇ ◇ 清水 琉生(しみず るい)♡中川琴葉(なかがわ ことは) 強がって頑張りすぎて、空回り。よく男の人に「可愛くない」って言われてきた。 二十歳で初めて付き合っていよいよ結婚という時に、婚約者に、好きな人が出来たと振られた夜。 王子様みたいな人に愛された。 自分にそんなことができるなんて思わなかった、一度限りの、夢みたいな夜。 ところが、その王子様・琉生と職場で再会。 元婚約者も、その浮気相手も、同じ職場。 私と琉生が接してると、元婚約者が私を気にしてくるし、さらに浮気相手は琉生のことも気になるみたい。 もうこんなの……カオスだ。
24h.ポイント 489pt
小説 2,305 位 / 183,543件 恋愛 1,095 位 / 56,010件
文字数 169,265 最終更新日 2024.03.29 登録日 2023.01.30
18
恋愛 完結 長編 R15
伯爵家の長女として生まれたアリアンヌは妹マーガレットが生まれたことで育児放棄され、伯父の公爵家の屋敷で暮らしていた。一緒に育った公爵令息リオネルと婚約の約束をしたが、父親にむりやり伯爵家に連れて帰られてしまう。しかも第二王子との婚約が決まったという。貴族令嬢として政略結婚を受け入れようと覚悟を決めるが、伯爵家にはアリアンヌの居場所はなく、婚約者の第二王子にもなぜか嫌われている。学園の二年目、婚約者や妹に虐げられながらも耐えていたが、ある日呼び出されて婚約破棄と伯爵家の籍から外されたことが告げられる。修道院に向かう前にリオ兄様にお別れするために公爵家を訪ねると……
24h.ポイント 6,223pt
小説 243 位 / 183,543件 恋愛 137 位 / 56,010件
文字数 156,314 最終更新日 2024.03.19 登録日 2024.01.21
19
恋愛 完結 短編
王太子殿下との望まない婚約はお互いに不幸の始まりだった。 後に関係改善を望んだ王太子から指輪が贈られたけど嫌な気持ちしか抱けなかった。 でもそれは私の勘違いで、嫌な気持ちの正体はまったくの別物だった。 ――指輪は呪われていた。 妹が指輪を盗んでくれたので私は無事だったけど。
24h.ポイント 667pt
小説 1,692 位 / 183,543件 恋愛 802 位 / 56,010件
文字数 14,298 最終更新日 2024.03.18 登録日 2024.03.16
20
恋愛 完結 短編
浮気相手を侍らせてデートの待ち合わせ場所に現れた婚約者。 ショックで気を失いかけるカロラインが、その帰りに会ったのは見目麗しい青年だった。 「我が花嫁」と甘く蕩けるような笑みを向けられ陶酔するカロライン。 己を神だというその青年は彼女を花嫁に迎えたいと願う。 まるで恋愛物語のような展開にうっとりとするカロラインだが、ふと彼に違和感を覚える────。
24h.ポイント 3,209pt
小説 424 位 / 183,543件 恋愛 206 位 / 56,010件
文字数 99,095 最終更新日 2024.03.16 登録日 2024.02.27
21
恋愛 完結 長編
「愛しているよ、エルシー…。たとえ正式な夫婦になれなくても、僕の心は君だけのものだ」「ああ、アンドリュー様…」  王宮で行われていた晩餐会の真っ最中、公爵令嬢のメレディアは衝撃的な光景を目にする。婚約者であるアンドリュー王太子と男爵令嬢エルシーがひしと抱き合い、愛を語り合っていたのだ。心がポキリと折れる音がした。長年の過酷な淑女教育に王太子妃教育…。全てが馬鹿げているように思えた。  嘆く心に蓋をして、それでもアンドリューに嫁ぐ覚悟を決めていたメレディア。だがあらぬ嫌疑をかけられ、ある日公衆の面前でアンドリューから婚約解消を言い渡される。  深く傷付き落ち込むメレディア。でもついに、 「もういいわ!せっかくだからこれからは自由に生きてやる!」 と吹っ切り、これまでずっと我慢してきた様々なことを楽しもうとするメレディア。ところがそんなメレディアに、アンドリューの弟である第二王子のトラヴィスが急接近してきて……?! ※作者独自の架空の世界の物語です。相変わらずいろいろな設定が緩いですので、どうぞ広い心でお読みくださいませ。 ※この作品はカクヨムさんにも投稿しています。
24h.ポイント 1,320pt
小説 907 位 / 183,543件 恋愛 427 位 / 56,010件
文字数 132,036 最終更新日 2024.03.04 登録日 2024.01.26
22
恋愛 連載中 短編 R15
俺には幼馴染がいる。 2つ下の可愛い女の子、リアンナ。 いつも俺のあとをついてくる、リアンナ。 リアンナは妹のようで可愛いが、鬱陶しいときもある。 彼女より先に学園に通うことになった俺は、学園生活が楽しくなりリアンナと会うことが少なくなった。 交換留学の生徒に選ばれ、隣国へ行くことになったのはリアンナが学園に通い始めて1年が経ったときだ。 リアンナから毎日のように手紙は届いたが返したのは3通程。 隣国の学園で彼女ができてからは返すのをやめた。 留学を終え、リアンナと婚約を解消をした。 リアンナが亡くなったと訃報が届いたのは婚約を解消した3ヶ月後だった。 小説家になろうでも投稿しています。
24h.ポイント 21pt
小説 23,488 位 / 183,543件 恋愛 10,408 位 / 56,010件
文字数 3,390 最終更新日 2024.02.26 登録日 2024.02.25
23
恋愛 完結 短編 R15
セアラには6歳年上の婚約者エリアスがいる。幼い自分には全く興味のない婚約者と親しくなりたいセアラはエリアスが唯一興味を示した〈騎士〉の話題作りの為に剣の訓練を始めた。 従兄のアヴェルはそんなセアラをいつも見守り応援してくれる優しい幼馴染。 エリアスとの仲も順調で16歳になれば婚姻出来ると待ちわびるセアラだが、エリアスがユリエラ王女の護衛騎士になってしまってからは不穏な噂に晒され、婚約の解消も囁かれだした。 そしてついに大好きなエリアス様と婚約解消⁈  どうやら夜会でセアラは王太子殿下に見初められてしまったようだ。 セアラ、エリアス、アヴェルの愛情の行方を追っていきます。 後半に残酷な殺害の場面もあるので苦手な方はご注意ください。 ふんわり設定でサクっと終わります。ヒマつぶしに読んで頂けると嬉しいです。
24h.ポイント 134pt
小説 7,205 位 / 183,543件 恋愛 3,257 位 / 56,010件
文字数 18,835 最終更新日 2024.02.25 登録日 2024.02.23
24
恋愛 完結 短編
国王様の命令で、王太子殿下ユノの婚約者に選ばれたアリス。しかしユノは嫌々婚約したらしくアリスに厳しい態度で接した。アリスはユノとの関係に苦悩しながらも、彼に認められるために必死に努力をする。しかしそんな二人のことを恨めしそうに見る秘書のドロシーという女性がいて……
24h.ポイント 532pt
小説 2,126 位 / 183,543件 恋愛 1,007 位 / 56,010件
文字数 10,941 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.02.22
25
恋愛 連載中 短編
「運命の人をみつけた」そんな理由で第二王子との婚約を解消した侯爵令嬢ソフィアが、自身も運命を見つけるため婚活を決意する話。
24h.ポイント 106pt
小説 8,486 位 / 183,543件 恋愛 3,859 位 / 56,010件
文字数 33,069 最終更新日 2024.02.20 登録日 2022.01.16
26
BL 完結 短編 R18
大好きな王子に婚約解消されてしまった悪役令息ルジア=アンセルは、ネコミミの呪いをかけられると同時に前世の記憶を思い出した。最後の情けにと両親に与えられた猫カフェで、これからは猫とまったり生きていくことに決めた……はずなのに! なぜか婚約解消したはずの王子レオンが押しかけてきて!? 『悪役令息溺愛アンソロジー』に寄稿したお話です。全11話になる予定です。
24h.ポイント 333pt
小説 3,365 位 / 183,543件 BL 773 位 / 23,897件
文字数 20,026 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.02.11
婚約者が運命の人を見つけたので、婚約解消したいと思います。 え?したくない?私が正妻?婚約を果たすのが貴族の義務?? あなた何を言っちゃってるんですか?? R15は、中学生に妾の話は早いかな?です。エロ、グロざまぁ、ありません。喜劇です。
24h.ポイント 71pt
小説 11,287 位 / 183,543件 ファンタジー 1,749 位 / 41,993件
文字数 7,362 最終更新日 2024.02.08 登録日 2024.02.05
28
恋愛 完結 短編
三年婚約しているオリバー殿下は、最近別の女性とばかり一緒にいる。 学園で行われる年に一度のダンスパーティーにも、私ではなくセシリー様を誘っていた。まるで二人が婚約者同士のように思える。 そのダンスパーティーで、オリバー殿下は私を責め、婚約を考え直すと言い出した。 それなら、婚約を解消いたしましょう。 そしてすぐに、婚約者に立候補したいという人が現れて……!? 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話しです。
24h.ポイント 1,427pt
小説 840 位 / 183,543件 恋愛 394 位 / 56,010件
文字数 33,520 最終更新日 2024.02.06 登録日 2024.01.25
29
恋愛 完結 長編
王女フランチェスカは近い将来、臣籍降下し女公爵となることが決まっている。 その婿として選ばれたのがヨーク公爵家子息のセレスタン。だがこの男、よりにもよってフランチェスカの侍女と不貞を働き、結婚後もその関係を続けようとする屑だった。 あることがきっかけでセレスタンの悍ましい計画を知ったフランチェスカは、不出来な婚約者と自分を裏切った侍女に鉄槌を下すべく動き出す……。
24h.ポイント 3,566pt
小説 391 位 / 183,543件 恋愛 196 位 / 56,010件
文字数 172,186 最終更新日 2024.02.01 登録日 2023.12.21
30
恋愛 完結 短編 R15
[悠久を生きる魔女①] *②と②´まとめました。バッドエンドです。後味が悪い部分があります。ご注意ください。  幼なじみの令嬢との婚約を解消して、新たに聖女と王太子が婚約した。といった騒動があった事は私には関係の無いことだと思っていた。  ドンドンと扉を叩く音が聞こえ、薬草を調合する手を止め、エプロンを外しながら玄関に向かった。  こんな森の中の辺鄙な場所に誰がきたのかと、首を傾げながら取っ手を掴んだ。  そもそも、人避けの結界を張っているのに、そんな場所に侵入できるのは限られている。  カチャっと扉を開くと、予想通りの人の姿を認めた。 「エカチェリーナ、助けて!」  開けるなり飛び込んで来たのは、この国の王太子と婚約したばかりの聖女、ヴェロニカさんだった。  コテンと首を傾げた私に彼女が頼んできたことは、第二王子を救うことをだった。  彼女に同行して、城で私が見たものは…………
24h.ポイント 21pt
小説 23,488 位 / 183,543件 恋愛 10,408 位 / 56,010件
文字数 106,784 最終更新日 2024.01.31 登録日 2022.09.10
なぜピンク髪のヒロインは恋愛お花畑脳なのだ、うちのヒロインは違う! 乙女ゲームパート1&2のヒロイン、および悪役令嬢そろい踏み 魔力持ちの一大男爵の娘リーニャは日本の前世の記憶を持っており、彼女の幼なじみのミリアもまたしかりであった。魔力を持つ者だけが学ぶことができる学園に入学する前夜、リーニャは親友のミリアから、自分が乙女ゲームのヒロインであると告げられる。 ゲームの展開とカップリングにこだわるミリアだが、リーニャは乗り気ではなかった。するとかなり強硬な手段に! 前半では学園エピソードが続きます。 カクヨムで先行公開。 以前発表した『婚約破棄された公爵令嬢ですが、魔女によって王太子の浮気相手と赤ん坊のころ取り換えられていたそうです』と、同じ世界線の数百年後という設定です。ブリステルやヴァイスハーフェン公爵家、この物語の登場人物の子孫がサブキャラとして登場いたします。 よろしければこちらもお読みいただければ嬉しいです。
24h.ポイント 7pt
小説 34,340 位 / 183,543件 ファンタジー 5,354 位 / 41,993件
文字数 143,089 最終更新日 2024.01.27 登録日 2023.10.09
32
恋愛 完結 ショートショート
駆け落ちされたり、結果的に良縁に恵まれたり、旦那様と元の鞘に納まろうとする女の人が出てきたり、駆け落ちした男のその後を聞いたり、猫をただただ愛でたりするだけのお話。 いつも通りご都合主義のSSです。 小説家になろう様でも投稿しています。
24h.ポイント 63pt
小説 12,111 位 / 183,543件 恋愛 5,554 位 / 56,010件
文字数 3,968 最終更新日 2024.01.04 登録日 2024.01.04
33
恋愛 完結 ショートショート R15
「大丈夫ですわ。恋は必ず終わるのです。どんなに好きでも愛しくても、初恋の人でも婚約者でも、大切な想い出があったって恋は終わります。心を殺して、終わる日を指折り数えて待っていれば、いつか必ず……ダヴィデ様の恋も終わります」
24h.ポイント 1,554pt
小説 797 位 / 183,543件 恋愛 377 位 / 56,010件
文字数 6,155 最終更新日 2024.01.03 登録日 2024.01.01
34
恋愛 完結 長編
婚約者のカイン様は、婚約者の私よりも幼馴染みのクリスティ王女殿下ばかりを優先する。 何度も約束を破られ、彼と過ごせる時間は全くなかった。約束を破る理由はいつだって、「クリスティが……」だ。 同じ学園に通っているのに、私はまるで他人のよう。毎日毎日、二人の仲のいい姿を見せられ、苦しんでいることさえ彼は気付かない。 もうやめる。 カイン様との婚約は解消する。 でもなぜか、別れを告げたのに彼が付きまとってくる。 愛してる? 私はもう、あなたに興味はありません! 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 沢山の感想ありがとうございます。返信出来ず、申し訳ありません。
24h.ポイント 2,321pt
小説 560 位 / 183,543件 恋愛 269 位 / 56,010件
文字数 100,970 最終更新日 2023.12.30 登録日 2023.11.18
35
恋愛 完結 ショートショート
「ブライト。今日は聖なるクリスマス。街でデートしましょう♪ショッピングして、最後に今、話題のライトアップを見に…」 「すまないカトリーヌ。メルシアが熱を出したと知らせが来てね、今から見舞いに行ってくる。」 「…そう。行く前に聞きたいのだけれど、ブライトは私とメルシアさんと、どちらが優先順位が高いのかしら?」 「そんなの決められる訳ないだろう?君は僕の婚約者で、メルシアは大事な幼馴染なんだ。」 「そう。じゃあ私とメルシアさんが同時に熱を出したら、どちらを先に見舞うのかしら?」 私の問いに黙ってしまったブライト。
24h.ポイント 42pt
小説 15,429 位 / 183,543件 恋愛 7,119 位 / 56,010件
文字数 1,894 最終更新日 2023.12.25 登録日 2023.12.25
36
恋愛 完結 長編 R15
王都の教会にラポワリー侯爵家の双子の姉妹が両親と共に訪れた。十二歳になった者が全員受けなくてはいけない神託の儀式のためだ。儀式を受けると平民でも特殊能力であるスキルを授かることもあるし、貴族なら神の加護を授かることもある。美しいと評判の妹フルールが授かったのは女神の加護。喜んだ両親はフルールだけを連れて帰ってしまう。残された姉のフェリシーは戸惑いながらも、両親からの愛をあきらめていた。
24h.ポイント 1,654pt
小説 755 位 / 183,543件 恋愛 354 位 / 56,010件
文字数 151,085 最終更新日 2023.12.22 登録日 2023.10.24
37
恋愛 完結 短編
「婚約を解消してくれないか、ヘレネ」  婚約者であるユーリに突然婚約解消を告げられたヘレネ。  そんなヘレネに運命の女神はほほえむ。  隣国の王子レオンに愛されて幸せになるお話。  小説家になろう様でも投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,340 位 / 183,543件 恋愛 15,233 位 / 56,010件
文字数 5,608 最終更新日 2023.12.21 登録日 2023.12.21
王宮に呼ばれ、案内された部屋に入ると錚々たる顔ぶれに怯みそうになる。 そこには、国王陛下、側妃であるライラ妃、王太子殿下、私の父であるオーヴェル侯爵、そして、私の婚約者…いや、元婚約者であるジュネ公爵令息のセドリック・ジュネ様が私を待ち構えていた。 私の名前はクロエ。オーヴェル侯爵の長女としてこの世に生を受けた。現在20歳。 ちなみに私には前世の記憶がある。所謂、異世界転生というやつだ。 そんな私が婚約解消されました。で、なんでお飾りの王妃に? でも、側で推しが私を癒してくれるそうです。なら大丈夫?! ※ 私の頭の中の異世界のお話です。史実に基づいたものではありません。 ※設定もふんわり、ゆるゆるです。 ※R15にしています。詳しい性描写はありませんが、匂わせる描写や直接的な単語を使用する予定です。 ※2022.10.25 14話と16話と24話のクロエの名前、オーヴェルがオーウェンとなっておりましたので、訂正させて頂きました。読者の皆様に混乱を招いてしまったかと思います。申し訳ありません。 ※2022.10.26 HOTランキング1位を獲得する事が出来ました。たくさんの方に読んでいただける事が、とても励みになっています。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。 ※2022.11.13 ジーク・ロイドの婚約者の名前をマイラからアリシエに変更させて頂きました。同じ名前が重複していた為です。申し訳ありません。
24h.ポイント 752pt
小説 1,494 位 / 183,543件 恋愛 707 位 / 56,010件
文字数 405,238 最終更新日 2023.12.16 登録日 2022.10.17
39
恋愛 完結 短編
 アデルの婚約者、セドリック。アデルの幼なじみ、ダーラ。二人がアデルの目の前で口付けを交わす。  そして。 「このままアデルが死ねば、きっとなんの障害もなく、きみと一緒になれるのに」  セドリックの台詞に、ダーラが「……セドリック様」と、熱っぽい眼差しを向ける。 「軽蔑したかい?」 「いいえ、いいえ。あたし、同じことを思っていました。だってこのまま、例え意識を取り戻さなくても、アデルが生きていたら、セドリック様はずっと縛られたままなんじゃないかって……」 「流石にずっとこのままじゃ、それはないと思うけど。でもやっぱり、死んでくれた方が世間体もいいしって、考えてしまうよね」 「そう、ですね。でもあたしたち、酷いこと言ってません?」 「かもね。でも、きみの前で嘘はつきたくないから。その必要もないし」 「ですね」  クスクス。クスクス。  二人が愉快そうに笑い合う。  傍に立つアデルは、顔面蒼白なまま、膝から崩れ落ちた。
24h.ポイント 1,143pt
小説 1,022 位 / 183,543件 恋愛 483 位 / 56,010件
文字数 22,198 最終更新日 2023.12.15 登録日 2023.12.04
40
恋愛 完結 ショートショート
「すまない。アメリ。婚約を解消してほしい」 伯爵令嬢アメリ・フローレインにそう告げるのは、この国の第一王子テオバルトだ。 しかし、そう言った彼はひどく悲し気で、アメリに「ごめん」と繰り返し謝って……。 ハズレ能力が原因で婚約解消された伯爵令嬢と、別の婚約者を探すよう王に命じられても諦めることができなかった王子のお話。 全6話です。 このお話は小説家になろう、アルファポリスに掲載されています。
24h.ポイント 28pt
小説 19,961 位 / 183,543件 恋愛 8,974 位 / 56,010件
文字数 7,779 最終更新日 2023.12.07 登録日 2023.12.07
376 12345