ルシアナのマイペースな結婚生活

 ある日、トゥルエノ王国に一通の親書が届く。それは北部統一を果たしたシュネーヴェ王国から送られてきたもので、現国王の甥であるレオンハルト・パウル・ヴァステンブルクと、トゥルエノ王国の王女との婚姻を望むものだった。
 会ったこともない相手との間に持ち上がった縁談話に、王女であるルシアナ・ベリト・トゥルエノは頭を悩ませる……というようなことは一切なく、己の気の向くまま、流れのまま、ルシアナはマイペースに異国での生活を始めるのだった。


●この作品は他サイトにも投稿しています。
●R-18の話には「※」マークを付けています。
24h.ポイント 113pt
29
小説 9,420 位 / 185,005件 恋愛 4,248 位 / 56,228件