婚約破棄小説一覧

タグ 婚約破棄×
3,609 12345
1
恋愛 連載中 短編
「すまないシャロン、エマの元に行かなくてはならない」 いつだって幼馴染を優先する婚約者。二人の関係は共依存にも近いほど泥沼化しておりそれに毎度振り回されていた公爵令嬢のシャロン。そんな二人の関係を黙ってやり過ごしていたが、ついに堪忍袋の尾が切れて婚約破棄を目論む。 伯爵家の次男坊である彼は爵位を持たない、だから何としても公爵家に婿に来ようとしていたのは分かっていたが…… 「流石に付き合い切れないわね、こんな茶番劇」 愛し合う者同士、どうぞ勝手にしてください。
24hポイント 240,165pt
小説 1 位 / 96,006件 恋愛 1 位 / 26,454件
文字数 16,301 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.22
2
恋愛 完結 短編
「私が本当に愛しているのは、君だけだよ」  伯爵家の嫡男であるニックが誰もいない校舎の裏でそう囁いたのは、婚約者であるラナではなく、ラナの親友のレズリーだった。 「でもごめんね。家のためには、公爵家の長女であるラナと結婚するしかないんだ」  ラナは涙した。両思いだと信じていた。いつだって優しかったあなた。愛していると何度も言われた。なのに──。  最初は哀しかった。胸が張り裂けそうなほど。でも。 「ラナと結婚するのは、お金のためだけだよ。信じて」  泣きじゃくるレズリーを、ニックが必死に慰める。ラナのせいで。ラナがニックを好きにならなければと、陰口を言い合いながら。  ラナはふと、胸の奥の何かがぷつんと弾けた気がした。  ──ならば、お望み通りに。
24hポイント 224,047pt
小説 2 位 / 96,006件 恋愛 2 位 / 26,454件
文字数 28,071 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.05
3
恋愛 連載中 短編
生徒会室で、いつものように仕事をしていた私は、婚約者であるフィリップ殿下に「私は運命の相手を見つけたのだ」と一人の令嬢を紹介されました。 運命の相手ですか、それでは邪魔者は不要ですね。 殿下、婚約破棄致しましょう。
24hポイント 195,982pt
小説 4 位 / 96,006件 恋愛 4 位 / 26,454件
文字数 15,031 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.19
4
恋愛 連載中 短編
親から何でも出来るようにと厳しく育てられた伯爵家の娘である私ことシャルロットは公爵家の嫡男であるリーンハルトと婚約しました。 妹のミリムはそれを狡いと泣いて、私のせいで病気になったと訴えます。 妖精のように美しいと評判の妹の容姿に以前から夢中だったとリーンハルトはその話を聞いてあっさり私を捨てました。 「君の妹は誰よりも美しいが、やっぱり君の方が良かった」 間もなくして、リーンハルトは私とよりを戻そうと擦り寄ってきます。 いえ、私はもう隣国の王太子の元に嫁ぐ予定ですから今さら遅いです。 語学も含めて、古今の様々な教養を厳しく叩き込んでくれた両親に感謝ですね。 何故か妹は鬼のように甘やかされて教養も何もなく、我儘放題に育ちましたが……。
24hポイント 177,765pt
小説 5 位 / 96,006件 恋愛 5 位 / 26,454件
文字数 28,605 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.09
5
恋愛 連載中 長編
サンフロール王国の筆頭公爵家である、ラストラス家の令嬢のセレナは、王太子であるフリードの婚約者である。 しかし、学園の卒業パーティーでフリードはあろうことか、大衆の面前で婚約破棄を言い渡す。 殿下、あなたはこの婚約の意味を理解していないようですわね? しかし、あなたが婚約破棄を宣言したことはもう覆りませんわよ。
24hポイント 175,302pt
小説 6 位 / 96,006件 恋愛 6 位 / 26,454件
文字数 11,851 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.20
6
恋愛 連載中 長編 R15
魔物の脅威から大陸中を守護している一人の聖女と三人の巫女、通称『四聖(しせい)』。 その四聖候補のうちの一人、男爵令嬢アリーヤは他の候補者とともに神殿で修行を積む日々を送っている。といってもアリーヤは落ちこぼれ。 そんなアリーヤに幼馴染で婚約者のキールが突然婚約破棄を告げてきた。「四聖になれると思ったから婚約したのに落ちこぼれのお前じゃ意味がない」しかもキールは伯爵家の婿養子に入ることがすでに決まっているという。 見下されるわ、浮気相手は登場するわ、アリーヤは散々だ。 だがキールは知らない。 アリーヤがキールと結婚するためにとんでもない力を隠し続けていたことを。 ※10万字ほどの予定です。
24hポイント 170,409pt
小説 7 位 / 96,006件 恋愛 7 位 / 26,454件
文字数 62,200 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.15
7
恋愛 連載中 長編
聖女のクラリスは王子のことを溺愛していた。だが「お前のような悪女の傍にいることはできない」と一方的に婚約を破棄されてしまう。 絶望するクラリスに、王子は新たな婚約者を紹介する。その人物とは彼女と同じ癒しの力を有する妹のリーシャであった。 婚約者を失い、両親からも嫌われているクラリスは、王子によって公爵に嫁ぐことを強要される。だが公爵はクラリスのことを溺愛したため、思いの外、楽しいスローライフを満喫する。 一方、王子は本物の悪女がクラリスではなく、妹のリーシャだと知り、婚約破棄したことを後悔する。 この物語は誠実に生きてきた聖女が価値を認められ、ハッピーエンドを迎えるまでのお話である。 ★★★小説家になろうでも連載中です。https://ncode.syosetu.com/n1590gt/★★★
24hポイント 160,475pt
小説 8 位 / 96,006件 恋愛 8 位 / 26,454件
文字数 37,341 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.18
8
恋愛 連載中 長編 R15
公爵令嬢カリーナは幼い頃から後妻と義妹によって悪者にされ、孤独に育ってきた。15歳になり入学した王立学園でも、悪知恵の働く義妹とカリーナの婚約者でありながら義妹に洗脳されている第二王子の働きにより、学園中の嫌われ者になってしまう。しかも再会した初恋の第一王子にまで軽蔑されてしまい、さらに止めの一撃のように第二王子に「性悪」を理由に婚約破棄を宣言されて……!? 恋愛&悪が報いを受ける「ざまぁ」もの。作者を信じて最後までついてきて欲しいです。※※※主人公は最終的にチート能力に目覚めます※※※
24hポイント 155,443pt
小説 9 位 / 96,006件 恋愛 9 位 / 26,454件
文字数 62,853 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.31
9
恋愛 連載中 短編
この国の全ての女性を虜にする程の美貌を備えた『華の騎士』との愛称を持つ、 アイロワニー伯爵令息のラウル様に一目惚れした私の妹ジュリーは両親に頼み込み、ラウル様の婚約者となった。 しかしその後程なくして、何者かに狙われた皇子を護り、ラウル様が大怪我をおってしまった。 一命は取り留めたものの顔に傷を受けてしまい、その上武器に毒を塗っていたのか、顔の半分が変色してしまい、大きな傷跡が残ってしまった。 今まで華の騎士とラウル様を讃えていた女性達も掌を返したようにラウル様を悪く言った。 "醜草の騎士"と…。 その女性の中には、婚約者であるはずの妹も含まれていた…。 そして妹は言うのだった。 「やっぱりあんな醜い恐ろしい奴の元へ嫁ぐのは嫌よ!代わりにお姉様が嫁げば良いわ!!」 ※醜草とは、華との対照に使った言葉であり深い意味はありません。 ※ご都合主義、あるかもしれません。 ※ゆるふわ設定、お許しください。
24hポイント 126,814pt
小説 12 位 / 96,006件 恋愛 12 位 / 26,454件
文字数 23,459 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.11
10
恋愛 連載中 ショートショート
妹ばかり溺愛する両親、妹は思い通りにならないと泣いて私の事を責める 婚約者も妹の味方、そんな私の味方になってくれる人はお兄様と伯父さんと伯母さんとお祖父様とお祖母様 私を愛してくれる人の為にももう自由になります
24hポイント 124,563pt
小説 13 位 / 96,006件 恋愛 13 位 / 26,454件
文字数 5,968 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.23
11
恋愛 連載中 短編 R15
公爵令嬢セレストには親友アンナと婚約者ガーランド王太子殿下がいた。 しかしある日、親友から 「じ、実は私、ガーランド殿下と付き合ってるの…!だから、別れてほしいの!」 と言われてしまう。 裏切られたセレストは冷たく二人を突き放し、セレストに突き放された二人は地獄のような日々を送る事になる
24hポイント 113,905pt
小説 18 位 / 96,006件 恋愛 18 位 / 26,454件
文字数 1,358 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.26
12
恋愛 連載中 長編 R15
聞こえないはずの魔術の音を聞き、見えないはずの魔術を見てしまう伯爵令嬢のレイフィア。 ある時、他の貴族の婚約解消の場に居合わせてしまったら…赤い糸でぐるぐる巻きにされてる人たちを見てしまいます。 何も聞いてません。見てません。だから、ほっといてもらえませんか??
24hポイント 113,721pt
小説 19 位 / 96,006件 恋愛 19 位 / 26,454件
文字数 75,056 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.29
おいしい物が大好きのオルロンド公爵家の長女エリサは次期国王と目されているケビン王子と婚約していた。 それを羨んだ妹のシシリーは悪い噂を流してエリサとケビンの婚約を破棄させ、自分がケビンの婚約者に収まる。 そしてエリサは田舎・偏屈・頑固と恐れられる辺境伯レリクスの元に厄介払い同然で嫁に出された。 当初は見向きもされないエリサだったが、次第に料理や作物の知識で周囲を驚かせていく。 一方、ケビンは極度のナルシストで、エリサはそれを知っていたからこそシシリーにケビンを譲らなかった。ケビンと結ばれたシシリーはすぐに彼の本性を知り、後悔することになる。
24hポイント 102,488pt
小説 20 位 / 96,006件 ファンタジー 1 位 / 26,058件
文字数 34,287 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.15
14
恋愛 連載中 長編
ギルバルト伯爵家の姉妹である私ーーアイリスと義妹のディアンナ。 私は亡くなった母の意思を継ぎ、薬の研究に没頭していました。 そんな私を継母と義妹は根暗と蔑み、日々過酷な扱いをしてきました。 ある日、義妹は私が毒薬を研究していると嘘を言ってきました。義妹は婚約者を寝取る為、私が邪魔だったようです。 私は無実の罪を着せられ実家を追い出されてしまいます。 そんな時に私は隣国に薬師として招待されます。 「病に侵された王子の命を助けて欲しい」 そう言われた私は隣国に行き、王子の病を薬で治すのです。 すると王子から「あなたは命の恩人です。是非僕と結婚してください」と求婚されてしまいます。 一方その頃。妹と婚約者それから継母は流行病に侵されたそうです。 そしてあろうことか、私に戻ってきて欲しいと要求してきます。 しかし私を雇っている宮廷がその要求を断っていました。 その頃、私は王子に求婚されている上にホワイトな宮廷で薬師として重宝されていました。作った薬は貴重となり大変高価に取引されるようになったのです。薬を購入するため、義妹達は屋敷を売り払わなければなりませんでした。 生活のため、義妹は否応なく、宮廷でメイドとして働き始めるのです。 これは嘘つきの義妹に婚約者を略奪された私が、王子に求婚され、ホワイトな宮廷で幸せになるお話です。
24hポイント 95,969pt
小説 22 位 / 96,006件 恋愛 21 位 / 26,454件
文字数 17,817 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.22
15
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のシャルナは、妹のメープルに婚約者である公爵を奪われてしまう。 妹は昔から甘やかされて育ち、その外見の良さと甘え上手な態度から守ってあげたくなるのだ。 シャルナの両親もメープルには甘く、彼女はずっと煮え湯を飲まされていた。 今回は婚約破棄までされ、とうとう彼女も我慢の限界を超えるが、その時に助けてくれたのが第二王子殿下だった。 シャルナは第二王子殿下と婚約を果たし、幸せな生活の一歩を踏み出すことになる。 対して妹のメープルは、婚約した公爵の欠点や本性が見え始め、婚約を取り消したいと泣きついてくるのだが……いまさらそんなこと言われても、遅すぎる。
24hポイント 81,523pt
小説 25 位 / 96,006件 恋愛 24 位 / 26,454件
文字数 37,205 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.04
16
恋愛 完結 短編
その日、アナスタシアは婚約破棄を言い渡された。 理由は性悪だという身も蓋もない噂。 落ち込んでいるかと周りは心配したが、どうやらそうでもないようで…… 婚約破棄された公爵令嬢の自由気ままなスローライフ!
24hポイント 69,379pt
小説 32 位 / 96,006件 恋愛 29 位 / 26,454件
文字数 13,907 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.20
17
恋愛 完結 短編
「オリヴィア・アトワール公爵令嬢。貴殿の罪は王太子の婚約者という立場でありながら、妃教育を軽んじ、必要な教養を身に着けなかったことである。よって今日これをもってオリヴィアと王太子の婚約は破棄。かわりにこちらの、教養高き我が娘ティアナ・レモーネ伯爵令嬢を王太子であるアラン王子の婚約者とす」。突然城に呼び出されたオリヴィアはレモーネ大臣にそう告げられて唖然とした。視線の先では、婚約者であった王太子アランが、レモーネ伯爵令嬢ティアナととも立っている。何を隠そうオリヴィアに向かって「馬鹿のふりをしろ」と言ったのはアランであるのに。「それとも愚かなその頭では、現状すら理解できないか?」オリヴィアに向かってそう言う王太子アランは、過去に自分が何を命じたかを忘れてしまったのだろうか?そしてあきれるオリヴィアのもとに颯爽と現れたた第二王子サイラスが突然求婚⁉なにがどうなっているの?状況が把握できないオリヴィアだが、これだけは言える。殿下、わたし、もう馬鹿のふりはしなくてよろしいですわね? ※12月は奇数日に更新します(_ _)
24hポイント 67,237pt
小説 34 位 / 96,006件 恋愛 31 位 / 26,454件
文字数 69,391 最終更新日 2021.02.27 登録日 2020.12.09
18
恋愛 完結 長編 R15
私よりも美しく、そして、貴族社会の華ともいえる妹のローズが、私に紹介してくれた婚約者は、田舎貴族の伯爵、ロンメルだった。 正直言って、公爵家の令嬢である私マリアが田舎貴族と婚約するのは、問題があると思ったが、ロンメルは素朴でいい人間だった。  ところが、このロンメル、単なる田舎貴族ではなくて……。
24hポイント 65,199pt
小説 35 位 / 96,006件 恋愛 32 位 / 26,454件
文字数 30,052 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.18
19
恋愛 完結 短編
エルヴィラ・ランヴァルドは第二王子アランの幼い頃からの婚約者である。仲睦まじいと評判だったふたりは、今では社交界でも有名な冷えきった仲となっていた。 定例であるはずの茶会もなく、婚約者の義務であるはずのファーストダンスも踊らない そんな日々が一年と続いたエルヴィラは遂に解消を決意するが──
24hポイント 63,587pt
小説 37 位 / 96,006件 恋愛 33 位 / 26,454件
文字数 13,126 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.20
20
恋愛 連載中 長編
私の婚約者だった王子は、誕生日パーティーの夜、みんなの前で私に婚約破棄を突きつけた。 国益を重視し、隣国の王女と結婚するためだ。 誰がどう見てもその方が国のため。 私情を押さえ込み、私は、婚約破棄を受け入れると返事をした。そのとき。 「ハイ、じゃあ、オレ、平民ですけど新しい婚約者に立候補します!!」 という声が。 乱入してきたのは、物語から抜け出してきたかと思うほどめちゃくちゃ好みのタイプな男子。 ……あれ? 激務と産めハラで心労しかない未来の王妃より、平民の年下イケメンと結婚して好きなように生きるほうが、結局楽しいんじゃない? そう気づいた私は、王宮のしがらみから解放されて彼と人生を歩むことを決めた。 なぜかうまくいっていない王子には恨まれてるけど、もうかかわらないでいただきたい。 ※12話からは朝更新予定です。 ※魔法が存在する世界観です。『小説家になろう』で先行して投稿。ざまぁ成分は8話以降。
24hポイント 60,926pt
小説 39 位 / 96,006件 恋愛 34 位 / 26,454件
文字数 82,071 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.04
婚約者が妹に奪われた挙句、家から絶縁されました。 なので、これからは自分自身の為に生きてもいいですよね?
24hポイント 60,464pt
小説 40 位 / 96,006件 ファンタジー 6 位 / 26,058件
文字数 135,143 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.11.25
22
恋愛 連載中 長編 R15
「私、王子との婚約はアリアに譲って平民として生きようと思うんです」 魔法貴族として名高いドロテア家に生まれたドロシーは事あるごとに千年に一度の天才と謳われる妹と比較され続けてきた。 「どうしてお前はこの程度のことも出来ないのだ? 妹を見習え。アリアならこの程度のこと簡単にこなすぞ」 「何故王子である俺の婚約者がお前のような二流の女なのだ? お前ではなく妹のアリアの方が俺の婚約者に相応しい」 権力欲しさに王子と結婚させようとする父や、妹と比較して事あるごとにドロシーを二流女と嘲笑う王子。 努力して、努力して、それでも認められないドロシーは決意する。貴族の地位を捨てて平民として自由に生きて行くことを。
24hポイント 58,514pt
小説 42 位 / 96,006件 恋愛 35 位 / 26,454件
文字数 105,708 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.21
23
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のオリヴィアは平凡な令嬢だった。 社交界の華及ばれる姉と、国内でも随一の魔力を持つ妹を持つ。 対するオリヴィアは魔力は低く、容姿も平々凡々だった。 それでも家族を心から愛する優しい少女だったが、家族は常に姉を最優先にして、蔑ろにされ続けていた。 けれど、長女であり、第一王子殿下の婚約者である姉が特別視されるのは当然だと思っていた。 …ある大事件が起きるまで。 姉がある日突然婚約者に婚約破棄を告げられてしまったことにより、姉のマリアナを守るようになり、婚約者までもマリアナを優先するようになる。 両親や婚約者は傷心の姉の為ならば当然だと言う様に、蔑ろにするも耐え続けるが最中。 姉の婚約者を奪った噂の悪女と出会ってしまう。 しかしその少女は噂のような悪女ではなく… *** タイトルを変更しました。 指摘を下さった皆さん、ありがとうございます。
24hポイント 57,122pt
小説 43 位 / 96,006件 恋愛 36 位 / 26,454件
文字数 73,444 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.06
24
恋愛 連載中 短編 R15
居場所と笑顔を失い、誰にも信じてもらえず、邪魔者となったので毒を飲みましたーー。 2/24:タグ修正しました。
24hポイント 53,796pt
小説 44 位 / 96,006件 恋愛 37 位 / 26,454件
文字数 41,526 最終更新日 2021.02.21 登録日 2021.01.06
25
恋愛 連載中 短編 R15
ヒメル王国の第二王子ブロックと婚約している公爵令嬢エルシャはひょんな事から婚約者が浮気している事を知ってしまう。 「浮気ね…。もう良いわ、婚約破棄させて頂きましょう」 徹底的に婚約者を潰す事を決めた公爵令嬢のお話 不定期更新、ゆるふわ設定。
24hポイント 47,768pt
小説 49 位 / 96,006件 恋愛 40 位 / 26,454件
文字数 2,207 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.26
26
恋愛 連載中 長編
「レイア、婚約破棄の理由は分かっているな? お前が裏で妹のジルをイジメているとは思わなかった。聖女であることがそんなに偉いのか?」 公爵家の嫡男であるフィリップは伯爵家の長女であるレイアと一方的に婚約破棄をする。 彼女が妹を虐めているなど事実無根であるが、ジルは自虐しながら周囲から同情を買うことが上手く、しかも容姿端麗なのでフィリップは完全にジルの味方だった。 「信じて頂けないのなら結構です。これから結界を張りに行かねばなりませんので」 信頼関係を築けない者と結婚しても続かないと思ったレイアはあっさりと婚約破棄を受け入れ、そのまま聖女としての職務を果たしに森へと向かう。 「君が妹を虐めているという聖女なのかい?」 その後、レイアはこの国の王太子であるエリックに声をかけられる。 正義感が強い彼は友人の話を聞いてレイアは聖女として相応しくないと思ったのだ。 そんなエリックだったがレイアに絡んでいるうちに、人となりを見て興味を惹かれるようになり、いつしか自分の妻にしたいと思うようになる。
24hポイント 46,728pt
小説 50 位 / 96,006件 恋愛 41 位 / 26,454件
文字数 88,204 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.22
27
恋愛 連載中 長編
侯爵令嬢であるアーデルハイドは妹を苛めた罪により婚約者に捨てられ流罪にされた。 全ては仕組まれたことだったが、幼少期からお姫様のように愛された妹のことしか耳を貸さない母に、母に言いなりだった父に弁解することもなかった。 言われるがまま島流しの刑を受けるも、その先は隣国の南の島だった。 食料が豊作で誰の目を気にすることなく自由に過ごせる島はまさにパラダイス。 アーデルハイドは家族の事も国も忘れて悠々自適な生活を送る中、一人の少年に出会う。 その一方でアーデルハイドを追い出し本当のお姫様になったつもりでいたアイシャは、真面な淑女教育を受けてこなかったので、社交界で四面楚歌になってしまう。 幸せのはずが不幸のドン底に落ちたアイシャは姉の不幸を願いながら南国に向かうが…
24hポイント 43,254pt
小説 53 位 / 96,006件 恋愛 44 位 / 26,454件
文字数 76,070 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.26
28
恋愛 連載中 短編 R15
「他に好きな人が出来たから婚約破棄をしてほしい」 婚約者の侯爵令息から婚約破棄を言い渡された伯爵令嬢ルアナ。 しかも婚約者の好きな相手はルアナの友人であった。 「分かりました。婚約破棄を受け入れます」 普通に婚約破棄を受け入れるルアナ。 実は婚約者の実家はルアナの実家に借金を肩代わりしてもらっていたのだ。 支援してくれる家がなくなった侯爵家は没落していく事に…。 「ま、私には関係ない話だけどね」 迷惑な婚約者がいなくなりのんびり過ごす伯爵令嬢の話です。 隔日更新予定。ゆるゆる設定。
24hポイント 39,760pt
小説 59 位 / 96,006件 恋愛 49 位 / 26,454件
文字数 8,878 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.03
29
ファンタジー 連載中 長編 R15
【書籍化決定】 公爵令嬢であったガブリエルはとある子爵令嬢を虐めたという無実の罪で国外追放されてしまう。 彼女を断罪した人間全員が子爵令嬢の魅了にかかっていたせいだった。 断罪の最中、一人魅了の存在に気が付いたガブリエルは置き土産として自身が国を出て行ってから彼らの魅了が解けるように魔法をかけていく。 彼女がいなくなり魅了が解けた国では後悔の嵐が吹き荒れていた。 自分達はとんでもない事をしてしまった。 彼らが苦しみ続けている一方その頃、ガブリエルは普通に旅行をしていたのだった。 気まぐれ不定期更新です。 ゆるふわ設定ですのでご容赦ください。
24hポイント 39,661pt
小説 60 位 / 96,006件 ファンタジー 10 位 / 26,058件
文字数 84,529 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.11
30
恋愛 連載中 短編
 アデリア・カーティス伯爵令嬢はペイジア王国の王太子殿下の婚約者である。しかしどうやら王太子殿下とは上手くはいっていなかった。それもそのはずアデリアは転生者で、まだ年若い王太子殿下に恋慕のれの字も覚えなかったのだ。これでは上手くいくものも上手くいかない。  しかし幼い頃から領地で色々とやらかしたアデリアの名は王都でも広く知れ渡っており、領を富ませたその実力を国王陛下に認められ、王太子殿下の婚約者に選ばれてしまったのだ。  そのうえ、属性もスキルも王太子殿下よりも上となれば、王太子殿下も面白くはない。ほぼ最初からアデリアは拒絶されていた。  そして月日は流れ、王太子殿下が浮気している現場にアデリアは行きあたってしまった。  基本、主人公はお気楽です。設定も甘いかも。
24hポイント 38,043pt
小説 63 位 / 96,006件 恋愛 50 位 / 26,454件
文字数 89,222 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.31
31
恋愛 連載中 短編 R15
公爵令嬢フルールには第二王子ニコラという婚約者がいる。 しかしニコラはフルールの妹ジゼルばかりを可愛がる。 そして王太子に可愛がられつけ上がった妹は姉を悪役とし、自身を悲劇のヒロインのように振る舞うようになる。 結果、婚約者に責められたフルールは笑顔で言うのだ。 「私との婚約を解消して、妹の婚約者になってあげてください」 ゆるゆる設定です。
24hポイント 37,651pt
小説 66 位 / 96,006件 恋愛 52 位 / 26,454件
文字数 42,278 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.01.27
32
恋愛 連載中 長編 R15
「首を刎ねよ」  大切な婚約者の冷えた声。愛を囁いた唇が紡ぐ、死の宣告に項垂れた。もう助けてと叫ぶ気力もない。冤罪と知ってなお、あなたは別の女性を選んだ。  偉大なる神カオスに最期の祈りを捧げた私は、愛する家族の前で首を落とされた――。  21歳で死んだはずの私は、6歳の自分として目覚める。状況が理解できないまま、21歳の記憶を悪夢の出来事なのだと言い聞かせた。しかし現実は記憶通りに動き始め……。私は今度こそ大切な家族のために生きるわ。あなたとの婚約なんて御免よ。  記憶通りに流れていく現実を引き留めるため、努力を積み重ねる私は予想外の人から愛される。知らなかった、愛されるってこんなに幸せなのね。逆行転生した少女は深い愛に溺れる。 ※ハッピーエンド確定です。途中で残酷な場面や胸糞展開の可能性あり。 【同時掲載】アルファポリス、小説家になろう、エブリスタ、カクヨム、ノベルアップ+、ノベルバ
24hポイント 37,120pt
小説 69 位 / 96,006件 恋愛 54 位 / 26,454件
文字数 52,014 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.29
33
恋愛 連載中 短編
公爵令嬢アイラ・ミローレンス・ファンタナルは虚弱な体質で幼い頃から体調を崩しやすく常に病室のベットの上にいる生活だった。 学園に入学してもアイラ令嬢の体は病気がちで異性とも深く付き合うことはなく寂しい思いで日々を過ごす。 そんな時、王太子ガブリエル・アレクフィナール・ワークス殿下と運命的な出会いをして一目惚れして恋に落ちる。 しかし自分の体のことを気にして後ろめたさを感じているアイラ令嬢は告白できずにいた。 出会ってから数ヶ月後、二人は付き合うことになったが、信頼していたガブリエル殿下と親友の裏切りを知って絶望する―― その後アイラ令嬢は命の炎が燃え尽きる。
24hポイント 36,033pt
小説 71 位 / 96,006件 恋愛 55 位 / 26,454件
文字数 29,876 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.01
34
恋愛 連載中 長編
7歳の時から婚姻契約にある我が婚約者は、どんな努力をしても私に全く関心を見せなかった。 13歳の時、寄り添った夫婦になる事を諦めた。夜会のエスコートすらしてくれなくなったから。 16歳の現在、シャンパンゴールドの人形のような可愛らしい令嬢を伴って夜会に現れ、婚約破棄すると宣う婚約者。 そちらが歩み寄ろうともせず、無視を決め込んだ挙句に、王命での婚姻契約を一方的に「破棄」ですか? ただ素直に「解消」すればいいものを⋯⋯ 婚約者との関係を諦めていた私はともかく、まわりが怒り心頭、許してはくれないようです。 恋愛らしい恋愛小説が上手く書けず、試行錯誤中なのですが、一話あたり短めにしてあるので、サクッと読めるはず? デス🙇
24hポイント 35,900pt
小説 72 位 / 96,006件 恋愛 56 位 / 26,454件
文字数 100,891 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.25
35
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『病弱を演じて私から全てを奪う妹よ、全て奪った後で梯子を外してあげます』 メイトランド公爵家の長女キャメロンはずっと不当な扱いを受け続けていた。天性の悪女である妹のブリトニーが病弱を演じて、両親や周りの者を味方につけて、姉キャメロンが受けるはずのモノを全て奪っていた。それはメイトランド公爵家のなかだけでなく、社交界でも同じような状況だった。生まれて直ぐにキャメロンはオーガスト第一王子と婚約していたが、ブリトニーがオーガスト第一王子を誘惑してキャメロンとの婚約を破棄させようとしたいた。だがキャメロンはその機会を捉えて復讐を断行した。
24hポイント 34,058pt
小説 75 位 / 96,006件 恋愛 59 位 / 26,454件
文字数 2,313 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.28
36
恋愛 完結 ショートショート
「リリィ・マクミラン!貴様との婚約は今日限りだ!!」  婚約者の声が、卒業パーティーの会場に響き渡った。  こうなるのは薄々わかっていた…。  人魚姫を彷彿させる隣国の留学生に、婚約者の王太子は夢中だった。遅かれ早かれこうなっていたのだ。  謂れの無い罪で攻め立てられ、婚約破棄の後、国外追放を言い渡された。  元婚約者の側近達が、私を追い出そうと詰め寄ってきたとき 「やめろ。彼女に触るな。クソ野郎共」 と、助けてくれる男性の声が。  その人はーーーー。 全四話です。 少しでも楽しんで頂ければ幸いです。
24hポイント 33,810pt
小説 77 位 / 96,006件 恋愛 60 位 / 26,454件
文字数 15,165 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.25
37
恋愛 連載中 短編
幼馴染の王太子アレクサンド殿下から婚約破棄を宣言された聖女のルイーズ公爵令嬢。 「お姉様助けて!彼に一方的に捨てられた!」 泣きつく妹のルイーズを姉のエマは優しく慰める。 「妹が可哀想です!」 溺愛して可愛がっていた妹に同情を誘われた姉はアレクサンド殿下に怒りの抗議をします。 「話が違うでしょ!怒った私が馬鹿みたいじゃないの!」 信頼していた妹に裏切られて姉はキレた。興奮が頂点に達して心が乱れ激しい怒りでいつまでも体が震える。
24hポイント 33,556pt
小説 78 位 / 96,006件 恋愛 61 位 / 26,454件
文字数 6,679 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.28
38
恋愛 連載中 長編 R18
伯爵令嬢のクロエには親が決めた婚約者がいる。 政略的な婚約とはいえ子供の頃から恋い慕ってきた相手であるが、彼は最終的に、クロエではなく妹のエミリィを選ぶ。 やはり自分が選ばれることはないのだと打ちひしがれるクロエ。 そんな彼女の前にある日、思わぬ人物が現れて――。 愛のない契約結婚のはずが、徐々に互いに惹かれ合い、これまで不遇な思いをしてきたヒロインが、擦れ違いの末に執着・溺愛されて、本当の夫婦となるまでの話。
24hポイント 32,892pt
小説 79 位 / 96,006件 恋愛 62 位 / 26,454件
文字数 90,460 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.12.30
39
恋愛 完結 長編 R15
「私は真実の愛に出会ったんだ!お前のような心の醜い女とは婚約破棄だ!!」  王宮のダンスパーティーで、私にそう言い放ったのは、この国の王太子殿下です。  幼い頃に婚約してから、ずっと大好きだった彼は、ここ最近噂になっていた子爵令嬢と真実の愛を見つけたそうです。  もういいです。王太子殿下に婚約破棄された私には、家に戻るわけにもいきません。このまま死ねば、少しは私のこと思い出してくれますか?  そう思って王宮のバルコニーから身を投げました。  なのに、どうして目覚めたら彼に出会う直前の10歳に戻っているんです?  大好きだった王太子殿下。今度はもう婚約はお断りします。
24hポイント 30,330pt
小説 86 位 / 96,006件 恋愛 66 位 / 26,454件
文字数 175,847 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.12.07
40
恋愛 完結 短編
「僕は真実の愛に目覚めてしまった。だからアリーネ……君との婚約を破棄したい!!」 屋敷に呼び出された途端そう言われ、男爵令嬢アリーネは内心溜息を吐いた。 彼女の婚約者であるアルド伯爵家の嫡男レイモンドは好色男として有名だった。 名門伯爵家の長男と貧乏男爵家の次女。格下の立場であるアリーネはレイモンドの浮気を止めることができない。 それどころか彼の「婚約破棄ごっこ」に毎回付き合わされる羽目になるのだった。 結婚してもその悪癖は抜けず妻であるアリーネを嫉妬深い悪女のように周囲に語るのだった。
24hポイント 29,926pt
小説 88 位 / 96,006件 恋愛 67 位 / 26,454件
文字数 16,238 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.16
3,609 12345