嘘つきな唇〜もう貴方のことは必要ありません〜

 伯爵令嬢のジュエルは、王太子であるシリウスから求婚され、王太子妃になるべく日々努力していた。

 そんなある日、ジュエルはシリウスが一人の女性と抱き合っているのを見てしまう。

 その日以来、何度も何度も彼女との逢瀬を重ねるシリウス。

 そんなに彼女が好きなのなら、彼女を王太子妃にすれば良い。

 ジュエルが何度そう言っても、シリウスは「彼女は友人だよ」と繰り返すばかり。

 堂々と嘘をつくシリウスにジュエルは・・・
24h.ポイント 30,565pt
117,157
小説 59 位 / 185,733件 恋愛 42 位 / 56,334件