王子小説一覧

タグ 王子×
1,848 12345
1
恋愛 連載中 短編
国王唯一の王子エドワード。 彼は婚約者の公爵令嬢であるキャサリンを公の場所で婚約破棄を宣言した。 次の婚約者は恋人であるアリス。 アリスはキャサリンの義妹。 愛するアリスと結婚するには「妃教育を修了させること」だった。 同じ高位貴族。 少し頑張ればアリスは直ぐに妃教育を終了させると踏んでいたが散々な結果で終わる。 八番目の教育係も辞めていく。 王妃腹でないエドワードは立太子が遠のく事に困ってしまう。 だが、エドワードは知らなかった事がある。 彼が事実を知るのは何時になるのか……それは誰も知らない。 他サイトにも公開中。
24hポイント 115,717pt
小説 4 位 / 140,730件 恋愛 4 位 / 43,607件
文字数 13,952 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.12
2
恋愛 連載中 短編 R15
「──わかった、これまでのことは謝罪しよう。とりあえず、国に帰ってきてくれ。次の聖女は急ぎ見つけることを約束する。それまでは我慢してくれないか。でないと国が滅びる。お前もそれは嫌だろ?」  出来るだけ優しく、テンサンド王国の第一王子であるショーンがアーリンに語りかける。ひきつった笑みを浮かべながら。  だがアーリンは考える間もなく、 「──お断りします」  と、きっぱりと告げたのだった。
24hポイント 100,132pt
小説 8 位 / 140,730件 恋愛 8 位 / 43,607件
文字数 19,191 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.09
3
恋愛 連載中 短編 R18
■ストーリー■ アリーセ・プラームは伯爵令嬢であり、現在侯爵家の嫡男であるルシアノと婚約をしている。 しかし、ルシアノが妹であるニコルに思いを寄せている事には気付いていた。 ルシアノは普段からアリーセにも優しく接していたので、いつか自分に気持ちが向いてくれるのではないかと信じていた。 そんなある日、ルシアノはニコルを抱きしめ「好きだ」と言っている所を偶然見てしまう。 ショックを受けたアリーセは、元同級生であり現在仕えている王太子のヴィムに相談する。 するとヴィムは「婚約解消の手伝いをしてやるから、俺の婚約者のフリをして欲しい」と取引を持ち掛けて来る。 アリーセは軽い気持ちでその取引を受け入れてしまうが……。 **補足説明** 思いつきで書き始めた短編作品になります。 設定はかなり適当です。 R18作品になりますのでご注意ください。 基本的に前戯~本番に※(キスや軽いスキンシップには入れていません)
24hポイント 73,408pt
小説 18 位 / 140,730件 恋愛 17 位 / 43,607件
文字数 25,476 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.21
4
恋愛 連載中 長編
辺境地に住まう伯爵令嬢のメアリ。 婚約者は幼馴染で聖騎士、親友は魔術師で優れた能力を持つていた。 対するメアリは魔力が低く治癒師だったが二人が大好きだったが、戦場から帰還したある日婚約者に別れを告げられる。 相手は幼少期から慕っていた親友だった。 彼は優しくて誠実な人で親友も優しく思いやりのある人。 だから婚約解消を受け入れようと思ったが、学園内では愛する二人を苦しめる悪女のように噂を流され別れた後も悪役令嬢としての噂を流されてしまう 学園にも居場所がなくなった後、悲しみに暮れる中。 一人の少年に手を差し伸べられる。 その人物は光の魔力を持つ剣帝だった。 一方、学園で真実の愛を貫き何もかも捨てた二人だったが、綻びが生じ始める。 聖騎士のスキルを失う元婚約者と、魔力が渇望し始めた親友が窮地にたたされるのだが… タイトル変更しました。
24hポイント 72,482pt
小説 19 位 / 140,730件 恋愛 18 位 / 43,607件
文字数 23,750 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.14
5
恋愛 連載中 短編 R15
 公爵令嬢のシルフィーナ・アストライアは公爵令息のエドガー・サウディス達によって冤罪をかけられてしまった。 『男爵令嬢のリリア・アルビュッセを虐め倒し、心にまで傷を負わせた』として。  存在しない事実だったが、シルフィーナは酷い虐めや糾弾を受けることになってしまう。  持ち物を燃やされ、氷水をかけられ、しまいには数々の暴力まで。  そんな仕打ちにシルフィーナが耐えられるはずがなく……。 虐めて申し訳ない? 数々の仕打ちの報いは、しっかり受けていただきます ※設定はゆるめです。 ※暴力描写があります。
24hポイント 54,648pt
小説 33 位 / 140,730件 恋愛 27 位 / 43,607件
文字数 30,216 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.07
6
恋愛 完結 短編
「メイベル、きみの所業は俺の耳に入っている。妹をいじめて喜んでいるそうじゃないか。どういうつもりだ?」 「ええ? なにそれ?」 怒りに震えるイアン王子の言葉に、思い当たるふしはない。 私が彼の妹のアンをいじめた? とんでもない。 それどころか、事あるごとにアンから嫌がらせを受けているのは私のほうだ。
24hポイント 44,348pt
小説 41 位 / 140,730件 恋愛 31 位 / 43,607件
文字数 50,093 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
7
ファンタジー 連載中 長編 R15
四歳で前世の記憶を思い出し、現代日本から異世界に転生したと気づいたマーカム王国ローゼン公爵家令嬢、レオナ。異世界転生なんて、無料お試し読みの最初の1話くらいの知識しかないんだけど!と戸惑いつつも、公爵令嬢として真面目に生きていた。 しかし彼女は、三百年前に絶大な魔力を誇った史上最強の悪女『薔薇魔女』と同じく、この世界唯一の深紅の瞳を持っていた―― 十四歳になり王立学院へ入学したレオナは、魔力測定で膨大な魔力、さらに全属性を持っていると判明してしまう。名実ともに『薔薇魔女』の再来だと言われ、クラスメイト達からは嫌われ……だが、徐々に理解してくれる仲間も増えてきて。 元ぼっちで地味喪女、平凡OLだった私は普通に恋愛結婚がしたいだけなのに!と奮闘しつつも、色々なことに巻き込まれていき…… ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 初投稿ですので、試行錯誤中です。色々ご容赦下さい。 小説家になろう様にも掲載しています。 https://ncode.syosetu.com/n3127hq/
24hポイント 34,663pt
小説 61 位 / 140,730件 ファンタジー 16 位 / 34,270件
文字数 61,215 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.18
8
恋愛 連載中 長編 R15
伯爵令嬢のアンネリーゼは侯爵令息のオスカーと結婚をした。籍を入れたその夜、初夜を迎える筈だったが急激な睡魔に襲われて意識を手放してしまった。そして、朝目を覚ますと双子の妹であるアンナマリーが自分になり代わり旦那のオスカーと初夜を済ませてしまっていた。しかも両親は「見た目は同じなんだし、済ませてしまったなら仕方ないわ。アンネリーゼ、貴女は今日からアンナマリーとして過ごしなさい」と告げた。 そして妹として過ごす事になったアンネリーゼは妹の代わりに学院に通う事となり……更にそこで最悪な事態に見舞われて……?
24hポイント 25,755pt
小説 82 位 / 140,730件 恋愛 48 位 / 43,607件
文字数 70,408 最終更新日 2022.05.27 登録日 2021.11.21
9
BL 連載中 長編 R18
「ぼく、あくやくれいそくだ」弟の誕生と同時に前世を思い出した七海は、悪役令息キルナ=フェルライトに転生していた。闇と水という典型的な悪役属性な上、肝心の魔力はほぼゼロに近い。雑魚キャラで死亡フラグ立ちまくりの中、何故か第一王子に溺愛され!!??(ムーンライトノベルズ様にも掲載しています)
24hポイント 19,362pt
小説 113 位 / 140,730件 BL 15 位 / 15,917件
文字数 503,598 最終更新日 2022.05.27 登録日 2021.05.14
10
BL 連載中 長編 R18
朝起きるとイケメンになっていました。薔薇色人生キター!と喜んだのも束の間、自分がBLゲーの悪役死亡キャラだと気づいてしまう。おまけに完全獣人に対しての暴言の数々で城では嫌われまくりの状態。もろタイプである完全獣人の第一王子にまで…。死にたくないし、第一王子とエロい事したいし、どうすれば良いのかとエロい事と動物が大好きな貞操観念緩めの子が頑張るお話です。主人公は人間です。第一王子×第二王子
24hポイント 14,323pt
小説 153 位 / 140,730件 BL 23 位 / 15,917件
文字数 10,634 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.25
11
ファンタジー 連載中 長編
※おかげさまで小説版3巻発売! ありがとうございますm(__)m  書店には4/27くらいから並び始めるんじゃないかなと思います! ※コミカライズも絶賛始まっております! よろしくどうぞ<(_ _)> ~~~ ~~ ~~~  織宮優乃は、目が覚めると異世界にいた。  なぜか身体は幼女になっているけれど、何気なく出会った神獣には溺愛され、保護してくれた筋肉紳士なおじさん達も親切で気の良い人々だった。  優乃は流れでおじさんたちの部隊で生活することになる。  しかしそのおじさん達、実は複数の国家から騎士爵を賜るような凄腕で。  それどころか、表向きはただの傭兵団の一部隊のはずなのに、実は裏で各国の王室とも直接繋がっているような最強の特殊傭兵部隊だった。  彼らの隊には大国の一級王子たちまでもが御忍びで参加している始末。  おじさん、王子、神獣たち、周囲の人々に溺愛されながらも、波乱万丈な冒険とちょっとおかしな日常を平常心で生きぬいてゆく女性の物語。
24hポイント 12,845pt
小説 169 位 / 140,730件 ファンタジー 45 位 / 34,270件
文字数 535,976 最終更新日 2022.05.27 登録日 2019.12.28
12
BL 連載中 長編
オメガが保護という名目で貴族のオモチャにされる事がいやだった主人公は、オメガである事を隠して生きていた。田舎で悠々自適な生活を送る主人公の元に王子が現れ、いきなり「番になれ」と要求してきて・・・ オメガバース作品となっております。R18にはならないゆるふわ作品です。コメントをくださると作者が舞い上がり、更新頻度が上がります。7時19時更新です。
24hポイント 10,475pt
小説 207 位 / 140,730件 BL 42 位 / 15,917件
文字数 21,965 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.21
13
ファンタジー 連載中 長編

転生王子はダラけたい

レンタル有り
 大学生の俺、一ノ瀬陽翔(いちのせ はると)が転生したのは、小さな王国グレスハートの末っ子王子、フィル・グレスハートだった。  束縛だらけだった前世、今世では好きなペットをモフモフしながら、ダラけて自由に生きるんだ!  と思ったのだが……召喚獣に精霊に鉱石に魔獣に、この世界のことを知れば知るほどトラブル発生で悪目立ち!  ぐーたら生活したいのに、全然出来ないんだけどっ!  ダラけたいのにダラけられない、フィルの物語は始まったばかり! ※2016年11月。第1巻  2017年 4月。第2巻  2017年 9月。第3巻  2017年12月。第4巻  2018年 3月。第5巻  2018年 8月。第6巻  2018年12月。第7巻  2019年 5月。第8巻  2019年10月。第9巻  2020年 6月。第10巻  2020年12月。第11巻 出版しました。  PNもエリン改め、朝比奈 和(あさひな なごむ)となります。  投稿継続中です。よろしくお願いします!
24hポイント 10,295pt
小説 211 位 / 140,730件 ファンタジー 61 位 / 34,270件
文字数 1,953,909 最終更新日 2022.05.24 登録日 2016.02.01
14
恋愛 完結 短編
義妹が押し付けてきた婚約者の正体が大貴族であると判明した途端、私から彼を奪われたと言って泣き始めました…
24hポイント 8,310pt
小説 255 位 / 140,730件 恋愛 123 位 / 43,607件
文字数 1,037 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
15
恋愛 連載中 長編 R15
仕事に疲れたボロボロアラサーOLの悠里。 遠くへ行きたい…ふと、現実逃避を口にしてみたら 自分の世界を建て直す人間を探していたという女神に スカウトされて異世界召喚に応じる。 その結果、なぜか10歳の少女姿にされた上に 周囲の人達にかまい倒される話。 時々ほんのり色っぽい要素が入るのを目指してます。 初投稿、ゆるふわファンタジー設定で気のむくまま更新予定。 ストックが尽きるまでは基本毎日一回更新、 週末は1日2回更新のつもりです。 よろしくお願いします。
24hポイント 8,265pt
小説 256 位 / 140,730件 恋愛 124 位 / 43,607件
文字数 246,609 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.04.06
16
恋愛 完結 短編
アスラート帝国のカトル公爵家の長女リーナは、プラチナブロンドに青銀の瞳の美しく聡明な少女だったが、 母親と妹からの命令で、カツラを被り、肌を汚して生活していた。 そうしなければ暴力を振るわれたためである。 しかし、母親と妹はリーナの本当の姿も、自分たちが強制したことも忘れて、リーナを“醜い無能”と罵った。 自分の扱いに耐えられなくなったリーナは、ある決意をした。 ───── 「お父様、今日より私は、カトルの姓を捨て、平民として生きたく思います」 リーナの18歳の誕生日、リーナは父親である公爵にそう切り出す。 ───── リーナが公爵家を出た時、公爵家の財政管理、領地管理、他家との関係の保持─── ほとんどの仕事はリーナがしていたのだが…………。 貴族としての身分を捨て、街の食堂で働き始めたリーナはそこで幸せになれるのか!? 密かなにリーナに想いを寄せていて、リーナを追いかけて街に下りた皇子との恋の行方は!? 話、設定、登場人物の口調etc. 色々とブレブレですが、ご容赦くださいm(__)m 本編は最後まで執筆、公開予約済みです。本編完結後、のんびりと番外編を更新していく予定です! 3/18 : Hotランキング 60位→30位→15位→10位→6位 3/19~21 : Hotランキング1位 ありがとうございます!!
24hポイント 7,731pt
小説 277 位 / 140,730件 恋愛 131 位 / 43,607件
文字数 103,795 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.03.12
17
恋愛 完結 短編
「アリソン、きみの妹のことなのだけれど……。あれはいったい何なのだ?」 「ああ! 何か言われた? ごめんなさい」 婚約者のライアン王子が困惑しながら私に相談しにきた。 危惧していたことがついに起こってしまった。 「何か言われたどころじゃないよ。自分はアリソンの妹だからと言って、欲しいものをいくつも挙げてくるんだ。べつにぼくには痛くもかゆくもない額ではあるけれど、おかしいだろう?」
24hポイント 7,499pt
小説 290 位 / 140,730件 恋愛 138 位 / 43,607件
文字数 49,260 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
普通のOLだったのに目覚めたらペイシェンス・グレンジャーになっていた。 ペイシェンスは貴族らしいのだが、グレンジャー家はとても貧乏。 可愛い弟達の為に生活魔法で頑張るよ。
24hポイント 7,264pt
小説 297 位 / 140,730件 ファンタジー 91 位 / 34,270件
文字数 413,392 最終更新日 2022.05.27 登録日 2021.12.27
20
恋愛 連載中 長編 R15
第二王子カイルの婚約者、公爵令嬢スカーレットは舞踏会の最中突然婚約破棄を言い渡される。 王子が溺愛する見知らぬ男爵令嬢テレネッツァに嫌がらせをしたと言いがかりを付けられた上、 大勢の取り巻きに糾弾され、すべての罪を被れとまで言われた彼女は、ついに我慢することをやめた。 「この場を去る前に、最後に一つだけお願いしてもよろしいでしょうか」 乱れ飛ぶ罵声、弾け飛ぶイケメン── 手のひらはドリルのように回転し、舞踏会は血に染まった。
24hポイント 5,282pt
小説 370 位 / 140,730件 恋愛 172 位 / 43,607件
文字数 357,431 最終更新日 2022.05.26 登録日 2018.04.10
21
恋愛 連載中 長編
悪役令嬢に転生したそうですが、攻略対象その5以外には興味がありません。 ストーリー?イベント?ヒロインさん?そんなことはどうでも良いので、攻略対象その5に会いたいのです! 「小説を読もう」にて更新・完結をした作品です。「小説を読もう」のアカウント削除に伴い、書き直して投稿します。 【本編完結済】現在番外編更新中です。
24hポイント 5,055pt
小説 384 位 / 140,730件 恋愛 178 位 / 43,607件
文字数 425,029 最終更新日 2021.01.28 登録日 2020.09.13
22
恋愛 完結 ショートショート
一話完結。
24hポイント 4,964pt
小説 389 位 / 140,730件 恋愛 180 位 / 43,607件
文字数 611 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
23
恋愛 完結 短編
短編ざまあ作品になります!
24hポイント 4,465pt
小説 419 位 / 140,730件 恋愛 196 位 / 43,607件
文字数 1,063 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
24
恋愛 完結 短編
私の妹は、幼い頃から何でも欲しがった 特に私の持っているものは、何でも そんな甘やかされ続けた妹が次に目を付けたのは、何故か私のことをやたら気にかけてくれる王子様で…… サッと読める短い物語です
24hポイント 4,309pt
小説 432 位 / 140,730件 恋愛 204 位 / 43,607件
文字数 6,417 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.10.24
25
恋愛 完結 短編
主人公、ソフィア・ウィリアムズ公爵令嬢は生まれてからずっと正妃として迎え入れられるべく教育されてきた。 王子の補佐が出来るように、遊ぶ暇もなく教育されて自由がなかった。 しかしある日王子は突然平民の女性を連れてきて「彼女を正妃にする!」と宣言した。 ソフィアは「私はどうなるのですか?」と問うと、「お前は側妃だ」と言ってきて……。 今まで費やされた時間や努力のことを訴えるが王子は「お前は自分のことばかりだな!」と逆に怒った。 ソフィアは王子に愛想を尽かし、婚約破棄をすることにする。 焦った王子は何とか引き留めようとするがソフィアは聞く耳を持たずに王子の元を去る。 それから間もなく、ソフィアへの仕打ちを知った周囲からライアンは非難されることとなる。
24hポイント 3,919pt
小説 474 位 / 140,730件 恋愛 221 位 / 43,607件
文字数 17,042 最終更新日 2022.03.09 登録日 2022.02.03
26
恋愛 連載中 短編
 この世界の貴族は魔法を重視する。  魔法がどれだけ洗練されているか。  魔法を使うのに重要な魔力をどれだけ持っているか。  それが貴族における重要な価値判断の一つとなる。  そして私、男爵家のエルザ・フランスは誰よりも保有する魔力が多かった。  常人の約百倍。  それは国の中でも五本の指に入るほどの魔力量だった。  両親に私に大層期待して、甘やかしてくれた。  あれが欲しい、と言えば何でも買ってくれた程だ。  そしてその魔力量の多さは、フランス男爵家に大きな幸運をもたらした。  公爵家から縁談が来たのだ。  両親は即刻頷き、私は公爵家のジャン・ブルボンと婚約することになった。  両親は喜んだ。  これで公爵家とのパイプができて、かつ上流貴族にもなることができる、と。  私は誇らしかった。  自分がこれほどまでに両親の役に立っていることが。  そんな幸せの歯車が狂ったのは私が魔法を習い始めた、十二歳の頃だった。  私は魔法が全く使えなかったのだ。  どの属性にも適正は無く、唯一使えたのは治癒魔法だけ。  両親は「魔法は使えるまで一年はかかる」と励ましてくれたが、治癒魔法だけしか使えずニ年が過ぎた頃から、両親の態度が変化し始めた。  そしてジャンに「無能とは婚約できない」と婚約を破棄されたことから、両親にも完全に見捨てられ、家から追い出されることとなる。  しかし私には治癒魔法の才能があったようで……?
24hポイント 3,784pt
小説 486 位 / 140,730件 恋愛 226 位 / 43,607件
文字数 2,766 最終更新日 2022.05.06 登録日 2022.05.02
27
恋愛 完結 長編 R15
私、リリーシャには幼い頃から婚約者がいる。この国の第一王子、ルドゥーベル王子殿下。 私はルド様の隣に並ぶに相応しくなる様に、いずれ王太子ひいては国王になる殿下の隣に立つ為に、立派な王太子妃、王妃になるべく、公爵令嬢として恥ずかしくない様に、努力してきた。 厳しい淑女教育、厳しいマナー指導、厳しい王太子妃教育、厳しい王妃教育… 苦手な勉強だって頑張ったわ。 私の教育を担当して下さる先生方の厳しい指導で、何度明け方まで泣いた事か… それでも耐えたわ。 王太子教育も王妃教育も全て終わり、後は婚姻後、国の重要機密を教わるだけ。 15歳になり、王立学院に通う年齢になった時、私の教育を指導して下さった先生方から、「学院に通わず共、卒業出来るだけの学力、能力、淑女の嗜み、全てに秀でてる為、卒業証明の推薦状を書くから、少し休養なさい。長い間良く頑張りました」と言われた時は、涙が出ました。私、本当に頑張ったわ。 それなのに… ルド様は「真実の愛」を見つけて、私は真実の愛を邪魔する悪役令嬢なんですって。 それに、可哀想だから、王妃にはなれないが側妃にしてやる? 側妃として王妃の影として働け? 私、決めました! 悪役令嬢になったつもりもないし、側妃になんてなりたくない! ルド様の事、本当に大好きでした。ルド様の横に並べる様に努力してきました。 私の頑張りを全て水の泡にしたルド様の前から居なくなりたいと思います。 ❈ 作者独自の作品の世界観です。
24hポイント 3,684pt
小説 500 位 / 140,730件 恋愛 234 位 / 43,607件
文字数 99,423 最終更新日 2022.04.27 登録日 2022.02.22
28
恋愛 完結 短編 R15
「付き合っている恋人がいるんだ。二人とも愛してる⋯⋯」 はじまりは国王の決めた婚姻だったけれど、毎日のように会いに来て『愛してる』『結婚する日が待ち遠しい』と囁いていた婚約者。 ところが、結婚式の前日になってまさかの二股報告。 とても仲良くしていた日々はなんだったの⋯⋯。 せめてもう少し早く教えてくれたらと思いつつも、婚約者に対してあまり無理を言えない過去を持つリリスティーナは、 「では、⋯⋯⋯⋯」 この決断を死ぬほど後悔した主人公と仲間達の戦い。 前作【育成準備完了しました。お父様を立派な領主にして見せます】登場人物も出てきます。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結迄予約投稿済で、約九万文字程度。 R15は念の為・・
24hポイント 3,613pt
小説 518 位 / 140,730件 恋愛 241 位 / 43,607件
文字数 93,379 最終更新日 2022.05.17 登録日 2022.05.05
29
恋愛 完結 短編
主人公エミリア・パーカーは王子のウィリアム・ワトソンと婚約していた。 当初、婚約した時は二人で国を将来支えていこう、と誓いあったほど関係は良好だった。 しかし、学園に通うようになってからウィリアムは豹変する。 度重なる女遊び。 エミリアが幾度注意しても聞き入れる様子はなく、逆にエミリアを侮るようになった。 そして、金遣いが荒くなったウィリアムはついにエミリアの私物に手を付けるようになった。 勝手に鞄の中を漁っては金品を持ち出し、自分の物にしていた。 そしてついにウィリアムはエミリアの大切なものを盗み出した。 エミリアがウィリアムを激しく非難すると、ウィリアムは逆ギレをしてエミリアに暴力を振るった。 エミリアはついにウィリアムに愛想を尽かし、婚約の解消を国王へ申し出る。 するとウィリアムを取り巻く状況はどんどんと変わっていき……?
24hポイント 3,594pt
小説 522 位 / 140,730件 恋愛 243 位 / 43,607件
文字数 8,038 最終更新日 2022.03.30 登録日 2022.03.18
30
恋愛 完結 短編
王太子アルフレッドは呟くようにアンカソン公爵家の令嬢ツェツィーリアに告げた。 アルフレッドの側近カレドウス(宰相子息)が婚姻の礼を目前に令嬢側から婚約破棄されてしまった。 「運命の出会い」をしたという平民女性に傾倒した挙句、子を成したという。 激怒した宰相はカレドウスを廃嫡。だがカレドウスは「幸せだ」と言った。 身分を棄てることも厭わないと思えるほどの激情はアルフレッドは経験した事がなかった。 その日からアルフレッドは思う事があったのだと告げた。 「恋をしてみたい。運命の出会いと言うのは生涯に一度あるかないかと聞く。だから――」 ツェツィーリアは一瞬、貴族の仮面が取れた。しかし直ぐに微笑んだ。 ※後半は騎士がデレますがイラっとする展開もあります。 ※シリアスな話っぽいですが気のせいです。 ※エグくてゲロいざまぁはないと思いますが作者判断ですのでご留意ください  (基本血は出ないと思いますが鼻血は出るかも知れません) ※作者の勝手な設定の為こうではないか、あぁではないかと言う一般的な物とは似て非なると考えて下さい ※架空のお話です。現実世界の話ではありません。  史実などに基づいたものではない事をご理解ください。 ※作者都合のご都合主義、創作の話です。至って真面目に書いています。 ※リアルで似たようなものが出てくると思いますが気のせいです。 ※爵位や言葉使いなど現実世界、他の作者さんの作品とは異なります(似てるモノ、同じものもあります) ※誤字脱字結構多い作者です(ごめんなさい)コメント欄より教えて頂けると非常に助かります。
24hポイント 3,154pt
小説 592 位 / 140,730件 恋愛 272 位 / 43,607件
文字数 40,995 最終更新日 2022.03.06 登録日 2022.03.05
31
恋愛 完結 ショートショート
本音を口に出してしまう魔法で、私を蔑ろにしてきた人達に復讐しまくった結果
24hポイント 3,124pt
小説 595 位 / 140,730件 恋愛 275 位 / 43,607件
文字数 106 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
32
恋愛 完結 短編 R15
 その昔、精霊女王の加護を賜った少女がプルメリア王国を建国した。 彼女は精霊達と対話し、その力を借りて魔物の来ない《聖域》を作り出した。  人々は『精霊姫』と彼女を尊敬し、崇めたーーーーーーーーーーープルメリア建国物語。  今では誰も信じていないおとぎ話だ。  近代では『精霊』を『見れる人』は居なくなってしまった。  そんなある日、精霊女王から神託が下った。 《エルメリーズ侯爵家の長女を精霊姫とする》  その日エルメリーズ侯爵家に双子が産まれた。  姉アンリーナは精霊姫として厳しく育てられ、妹ローズは溺愛されて育った。  貴族学園の卒業パーティーで、突然アンリーナは婚約者の王太子フレデリックに婚約破棄を言い渡された。  神託の《エルメリーズ侯爵家の長女を精霊姫とする》は《長女》ではなく《少女》だったのでないか。  現にローズに神聖力がある。  本物の精霊姫はローズだったのだとフレデリックは宣言した。  偽物扱いされたアンリーナを自ら国外に出ていこうとした、その時ーーー。  精霊姫を愚かにも追い出した王国の物語です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 初心者のフワフワ設定です。 温かく見守っていただけると嬉しいです。
24hポイント 2,847pt
小説 639 位 / 140,730件 恋愛 298 位 / 43,607件
文字数 33,659 最終更新日 2020.10.01 登録日 2020.09.26
33
恋愛 完結 ショートショート
今だけ! 限定公開中作品。
24hポイント 2,827pt
小説 647 位 / 140,730件 恋愛 304 位 / 43,607件
文字数 99 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
34
BL 連載中 長編 R18
ひょんな事から第3王子のエドワードの婚約者になってしまったアンドル。 容姿端麗でマナーも頭も良いと評判エドワード王子なのに、僕に対しては嘘をついたり、ちょっとおかしい。その内エドワード王子を好きな同級生から意地悪をされたり、一切話す事や会う事も無くなったりするけれど….どうやら王子は僕の事が好きみたい。 婚約者の主人公を好きすぎる、容姿端麗な王子のハートフル変態物語です。
24hポイント 2,564pt
小説 697 位 / 140,730件 BL 132 位 / 15,917件
文字数 122,455 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.03.20
35
恋愛 連載中 長編
アルストロ王国では成人とともに結婚することが慣例、そして王太子に選ばれるための最低の条件だが、三人いる王子のうち最有力候補の第一王子エルロールはじきに19歳になるのに、まったく女性に興味がない。 焦る側近や王妃。 そんな中、視察先で一目惚れしたのは王族に迎えることはできない身分の男爵令嬢で。 優秀なのに奥手の拗らせ王子の恋を叶えようと、王子とその側近が奮闘する。 ========================= ※完結にあたり、外伝にまとめていた リリアンジェラ編を分離しました。 お立ち寄りありがとうございます。 くすりと笑いながら軽く読める作品・・ のつもりです。 どうぞよろしくおねがいします。
24hポイント 2,502pt
小説 718 位 / 140,730件 恋愛 339 位 / 43,607件
文字数 138,236 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.03.18
36
恋愛 連載中 短編 R18
 公爵家に生まれ、両親から甘やかされて育った妹はオークのように肥え太り、わがままの限りを尽くしていた。  いつの頃からか人の物を奪うようになり、また姉を敬うことすらしなくなった妹にとある事情から恨みを買い、その悪癖がどんどんエスカレートしていく。  朝食のパン、交友関係、生徒会長の立場、しまいにはなんと婚約者まで……。 「この屈辱に対する報いは絶対に受けさせてやる……あんたのすべてを奪ってね」  在りし日の妹の言葉が脳裏をよぎる。  だけど私は、私たち姉妹は知らなかった。  いや、決して知らされないようにしていた。  同じ家に生まれて妹だけが甘やかされる本当の理由、それを王家主催の晩餐会で知ることとなる。  ※物語後半に気分を害する恐れのある内容、または不適切な表現がありますのでご注意ください。
24hポイント 2,450pt
小説 725 位 / 140,730件 恋愛 343 位 / 43,607件
文字数 19,021 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.21
37
恋愛 完結 長編 R15
「ユスティーナ様、ごめんなさい。今日はレナードとお茶をしたい気分だからお借りしますね」 先に彼とお茶の約束していたのは私なのに……。 「ジュディットがどうしても二人きりが良いと聞かなくてな」「すまない」貴方はそう言って、婚約者の私ではなく、何時も彼女を優先させる。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 公爵令嬢のユスティーナには愛する婚約者の第二王子であるレナードがいる。 だがレナードには、恋慕する女性がいた。その女性は侯爵令嬢のジュディット。絶世の美女と呼ばれている彼女は、彼の兄である王太子のヴォルフラムの婚約者だった。 そんなジュディットは、事ある事にレナードの元を訪れてはユスティーナとレナードとの仲を邪魔してくる。だがレナードは彼女を諌めるどころか、彼女を庇い彼女を何時も優先させる。例えユスティーナがレナードと先に約束をしていたとしても、ジュディットが一言言えば彼は彼女の言いなりだ。だがそんなジュディットは、実は自分の婚約者のヴォルフラムにぞっこんだった。だがしかし、ヴォルフラムはジュディットに全く関心がないようで、相手にされていない。どうやらヴォルフラムにも別に想う女性がいるようで……。
24hポイント 2,350pt
小説 749 位 / 140,730件 恋愛 356 位 / 43,607件
文字数 103,144 最終更新日 2022.05.15 登録日 2022.03.26
38
恋愛 完結 短編
侯爵令嬢のサーラは、婚約者で王太子のエイダンから冷遇されていた。さらに王太子はなぜか令嬢たちから人気が高かった事から、エイダンに嫌われているサーラは令嬢たちからも距離を置かれている。 そんなサーラの唯一の友人は、男爵令息のオーフェンだ。彼と話している時だけが、サーラが唯一幸せを感じられる時間だった。 そんなある日、エイダンが 「サーラと婚約破棄をしたいが、その話をするとサーラがヒステリックに泣き叫ぶから困っている」 と、嘘の話を令嬢にしているのを聞き、サーラはさらにショックを受ける。 そもそも私はエイダン様なんか好きではない!お父様に無理やり婚約させられたのだ。それなのに、そんな事を言うなんて! よし、決めた!そこまで言うなら、何が何でも婚約破棄してもらおうじゃない!そしてこんな理不尽な貴族社会なんて、こっちから願い下げよ!私は平民になって、自由に生きるわ! ついに立ち上がったサーラは、無事王太子と婚約破棄し、平民になる事はできるのか?
24hポイント 2,250pt
小説 785 位 / 140,730件 恋愛 375 位 / 43,607件
文字数 57,273 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.09.17
39
恋愛 完結 長編 R18
「エレオノーラ・リンゼヴァイド侯爵令嬢、君との婚約を破棄する!」 ルキウス第一王子が高らかに宣言する。 侯爵令嬢の罪状を告発したのは、新入生の歓迎パーティの場だった。 どうしてこうなったのか。 それぞれの視点で語られていく真実をどうぞご覧下さい―― 婚約破棄までの過程は破棄した側から語られるので、胸糞描写が多数あります。 (胸糞描写の回には※表示有) 一部登場人物のいかがわしさのためR18指定にしました。 全23話+最終話+補足の構成です。 ※シャーロッテ視点・ルキウス視点を一部加筆しました。これにより、シャーロッテはより複雑な感情を持った悪女に、ルキウス殿下はよりシモシモになっております。(´-`)
24hポイント 2,209pt
小説 793 位 / 140,730件 恋愛 378 位 / 43,607件
文字数 55,885 最終更新日 2022.01.22 登録日 2022.01.15
40
BL 完結 短編 R18
陰キャ男子高校生のシンヤは、寝て起きたら異世界の騎士団長の寝台に寝ていた。 騎士団長ブライアンに求婚され、強制的に妻にされてしまったが、ある日王太子が訪ねて来て、秘密の交流が始まり……騎士団長と王子の執着と溺愛にシンヤは翻弄される。ダークエルフの王にまで好かれて、嫉妬に狂った二人にさらにとろとろに愛されるように。 後に男性妊娠、出産展開がありますのでご注意を。 ※が性描写あり。 (誤字脱字報告には返信しておりませんご了承下さい)
24hポイント 2,165pt
小説 810 位 / 140,730件 BL 147 位 / 15,917件
文字数 38,105 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.05.08
1,848 12345