異界小説一覧

タグ 異界×
9
1
恋愛 完結 長編
麗国の神都には、東西南北の要に鎮守者と呼ばれる者達がいる。 東の鎮守者、夜家の服仕家である明妃は、神の気配を全く感じられなかった。 しかしながら、その目は神界を人の世と同じように鮮やか見ることが出来た。
24hポイント 14pt
小説 15,038 位 / 65,815件 恋愛 5,353 位 / 16,926件
文字数 55,902 最終更新日 2019.05.08 登録日 2019.05.07
人界は三階層にわかれている。 上層街は〝空の王ドラグーン〟と、 竜の騎士団が支配している。 下層街は実質、 黒騎士団の支配下だ。 そして地下街は、 賞金稼ぎどもの寄せ集め、 〝土竜騎士団〟のスポンサーである、 バグ・パーが支配している。 俺はミル・ハウ。 下層街に住む、 有名な彫刻師(エングレイバー)の一族、 ハウ家の落ちこぼれだ。 五年前に殺された父さんは、 竜騎士団所属の彫刻師だった。 兄のソル・ハウも、 今は上層街で、竜騎士団に所属している。 騎士どもの持つ〝神銃〟には、 神や悪魔、獣や竜の印を彫刻した、 銃弾が必要だ。 だから騎士団には必ず、 腕のいいエングレイバーが所属する。 腕のいいエングレイバーとは、 強力な印を扱える彫り師のことだ。 俺はまだ、 あまり印を扱えない初心者、 と言うか、ほとんど素人だ。 兄は、俺なんかとは持って生まれた才能が違う。 俺の年齢の時にはもう、強力な法弾や、 獣弾、魔弾までも、扱えていたという。 畜生。 でも俺には、 父さんののこしてくれた最強の銃弾、 〝竜弾〟がある。 こいつでいつか、父さんの仇、 黒騎士〝エイオアタ・ソング〟を殺す。 竜弾は三発。 こいつに刻まれた印は、 強力な竜神と契約したものだと、 父さんは言っていた。 そいつが三発。 名のある竜騎士だって、 こいつを全弾食らえば、 ひとたまりもないだろう。 ましてや黒騎士団なんて、 騎士崩れのならず者集団なんだから、 この竜弾なら絶対に殺せるはずだ。 賞金稼ぎどもよりも先に、 俺があの黒騎士を殺す。 ー必ず。
24hポイント 14pt
小説 15,038 位 / 65,815件 ファンタジー 3,325 位 / 20,282件
文字数 293,573 最終更新日 2020.02.19 登録日 2019.08.06
裏世界に”シフト”する 平凡な女子高生だった高山唯は、ひょんなことから裏世界と呼ばれる異空間で異形の魔物と戦うことに!?そのきっかけとなった少女、東山彩奈と特別な絆で結ばれ、お互いに相手を守るために命すらかけて戦うことを決意するのだった。 皆の知らないところで世界を救う現代ファンタジー!
24hポイント 7pt
小説 17,771 位 / 65,815件 ファンタジー 4,366 位 / 20,282件
文字数 210,780 最終更新日 2019.08.11 登録日 2019.05.05
4
恋愛 連載中 短編 R15
姫巫女。それは、癒しの力を持つ特別な人間。 しかし、先代から代替わりの儀式を受けることが出来なかった現姫巫女は癒しの力を持っていなかった。姫巫女の代理である小夜は先代の行方と神器を探している最中、一人の異形の少年と出会う。 ※小説家になろうにも投稿しています
24hポイント 0pt
小説 65,815 位 / 65,815件 恋愛 16,926 位 / 16,926件
文字数 21,305 最終更新日 2018.05.26 登録日 2018.05.20
5
ホラー 完結 ショートショート
あるはずなない九階に着いた。
24hポイント 0pt
小説 65,815 位 / 65,815件 ホラー 2,398 位 / 2,398件
文字数 683 最終更新日 2018.06.14 登録日 2018.06.13
25歳の中間管理職だった佐竹 高虎はいつも通り早朝に出勤し、いつも通りの道順で会社へと向かっていた。 しかし、いつも通りの日常は急に壊れる事となる。 現状に不満しかない高虎は待ってましたと言わんばかりに非日常へと進み出す。 欲望の赴くままに人間らしく生きる師匠に憧れ、自分もその様に生きようと決意する。 ソレを成すには力が必要である。 高虎は楽しく生きるために初めて死に物狂いで努力をするのだった。 魔王も勇者もいない、チートでも最強でもないが、欲望に忠実に泥臭く一歩一歩しっかりと前へと進む物語。
24hポイント 0pt
小説 65,815 位 / 65,815件 ファンタジー 20,282 位 / 20,282件
文字数 2,088 最終更新日 2018.10.30 登録日 2018.10.30
「風鈴の音って見えるんだ」 中学三年生の赤里露子は、自分がどこにいるのかがわからなくなっていた。確かなのは空を飛んでいる風鈴の音と噛み跡がついた制服の袖口だけ。 「多分、こっちかな」 記憶の無い見覚えのある道へと引き返す露子は、感じたこと思ったこと全てをあやふやなままにして家えへと帰ろうとした。そこでクラスの担任や行きつけの本屋が現れて―ー 不思議の国のアリスみたいな話になったとおもいます。
24hポイント 0pt
小説 65,815 位 / 65,815件 ライト文芸 2,488 位 / 2,488件
文字数 5,751 最終更新日 2019.05.08 登録日 2019.05.08
「第2回ホラー・ミステリー大賞」最終選考奨励賞受賞作品 舞台は観光地としてと有名な熱海。 主人公の菅野真太郎がいる「出雲の駄菓子屋」は、お菓子の他にも、古く珍しい骨董品も取り扱っていた。 中には、いわくつきの物まで。 年に一度、夏に行われる供養式。「今年の供養式は穏便にいかない気がする」という言葉の通り、数奇な運命の糸を辿った乱入者たちによって、会場は大混乱へ陥り、そして謎の白い光に飲み込まれてしまう。 目を開けると、そこは熱海の街にそっくりな異界――まさに「死の世界」であった。
24hポイント 0pt
小説 65,815 位 / 65,815件 ホラー 2,398 位 / 2,398件
文字数 92,035 最終更新日 2019.06.24 登録日 2019.05.25
トラックに轢かれ神様に会い転移する極有り触れた転移譚。 妖怪、都市伝説、神様、幽霊に振り回されるお話です。
24hポイント 0pt
小説 65,815 位 / 65,815件 ファンタジー 20,282 位 / 20,282件
文字数 1,233 最終更新日 2019.11.11 登録日 2019.10.03
9