公爵令嬢小説一覧

520 12345
──元禄二百三十三年、大魔法都市トーキョー。 二十二世紀からの転生者であるエンドー・トウヤは、彼の師匠である怪盗十九号から学んだ盗みの技術で、『怪盗ジューク』として街を騒がせていた。 お宝は、この街の全ての魔法。 魔人《マヒト》が非魔人《ミソギ》を支配するトーキョーに、正義などなかった。 あるのは、差別と貧困という、秩序の崩壊した二十二世紀と変わらないものだけ。 トウヤ、そして師匠が憧れた、夢に満ちた大正時代の東京を取り戻すべく、怪盗ジュークは今宵も夜空を翔ける。 そんな彼に挑戦状を叩き付けたのは、英国で法治国家を学んだ公爵令嬢ノノミヤ・ヒカルコ。 彼女は怪盗を捕らえるべく優秀な探偵を求めるのだが、そこで彼女は恋に落ちる……。 互いの思惑がぶつかり合った先にあるのは、ヒノモトの統治者である神帝イザナヒコ。 強大な力を持つ大魔術師が求めるのは、かつて英国海軍率いる連合艦隊を壊滅させた極大魔法。 それを再び手にしようと画策する彼の思惑とは……。 五つの魔法石を巡る冒険が、いざ、幕を開ける── 大正時代風のディストピア世界を舞台にした、魔法とSFの入り交じった冒険活劇。 【2章まで全54話・毎日19時更新】 ※バトルに伴う流血等のシーンがございます ※書影及び挿絵はCanvaにて制作
24h.ポイント 214pt
小説 5,206 位 / 183,830件 ファンタジー 959 位 / 42,183件
文字数 21,831 最終更新日 2024.04.24 登録日 2024.04.19
2
恋愛 連載中 長編
一つ下の妹のキャンディは愛嬌は良く可愛い妹だった。 「私ね、お姉様が大好きです!」 「私もよ」 私に懐く彼女を嫌いなわけがない。 公爵家の長女の私は、常に成績トップを維持し、皆の見本になるようにしていた。 だけど……どんなに努力をしていても、成績をよくしていても 私の努力の結果は《当たり前》 来月私と結婚を控えている愛しい婚約者のアッサム様…… 幼馴染であり、婚約者。とても優しい彼に惹かれ愛していた。 なのに……結婚式当日 「……今なんと?」 「……こ、子供が出来たんだ。キャンディとの」 「お、お姉様……ごめんなさい…わ、私…でも、ずっと前からアッサム様が好きだったの!お姉様を傷つけたくなくて……!」 頭が真っ白になった私はそのまま外へと飛びだして馬車に引かれてしまった。 私が血だらけで倒れていても、アッサム様は身籠もっているキャンディの方を心配している。 あぁ……貴方はキャンディの方へ行くのね… 真っ白なドレスが真っ赤に染まる。 最悪の結婚式だわ。 好きな人と想い合いながらの晴れ舞台…… 今まで長女だからと厳しいレッスンも勉強も頑張っていたのに…誰も…誰も私の事など… 「リゼお嬢様!!!」 「……セイ…」 この声は我が家の専属の騎士……口も態度も生意気の奴。セイロンとはあまり話したことがない。もうセイロンの顔はよく見えないけれど……手は温かい……。 「俺はなんのために‥‥」 セイロンは‥‥冷たい男だと思っていたけど、唯一私の為に涙を流してくれるのね、 あぁ、雨が降ってきた。 目を瞑ると真っ暗な闇の中光が見え、 その瞬間、何故か前世の記憶を思い出す。 色々と混乱しつつも更に眩しい光が現れた。 その光の先へいくと…… 目を覚ました瞬間‥‥ 「リゼお姉様?どうしたんですか?」 「…え??」 何故16歳に戻っていた!? 婚約者になる前のアッサム様と妹の顔を見てプツンと何かが切れた。 もう、見て見ぬフリもしないわ。それに何故周りの目を気にして勉強などやらなければならいのかしら?!もう…疲れた!!好きな美味しいお菓子食べて、ぐーたら、したい!するわ! よくわからないけれど……今世は好き勝手する!まずは、我慢していたイチゴケーキをホールで食べましょう!
24h.ポイント 6,375pt
小説 256 位 / 183,830件 恋愛 141 位 / 55,979件
文字数 79,967 最終更新日 2024.04.23 登録日 2023.06.30
3
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢であるエリーネは義母と義姉に虐げられる日々を過ごしている。 ある日義姉が皇太子妃候補になって···
24h.ポイント 255pt
小説 4,339 位 / 183,830件 恋愛 1,964 位 / 55,979件
文字数 519 最終更新日 2024.04.23 登録日 2024.04.22
4
恋愛 連載中 短編 R15
完結しました。随時番外編を追加していく予定です。 公爵令嬢セレーネはついにブチ切れた。 何度も何度もくだらない理由で婚約破棄を訴えてくる婚約者である第三王子。それは、本当にそんな理由がまかり通ると思っているのか?というくらいくだらない内容だった。 第三王子は王家と公爵家の政略結婚がそんなくだらない理由で簡単に破棄できるわけがないと言っているのに、理解出来ないのか毎回婚約の破棄と撤回を繰り返すのだ。 それでも第三王子は素直(バカ)な子だし、わがままに育てられたから仕方がない。王家と公爵家の間に亀裂を入れるわけにはいかないと、我慢してきたのだが……。 しかし今度の理由を聞き、セレーネは迎えてしまったのだ。 そう、我慢の限界を。 ※こちらは「【完結】婚約者を断捨離しよう!~バカな子ほど可愛いとは言いますけれど、我慢の限界です~」を応募用に書き直しているものです。内容はほぼ同じですが、色々と手直しをしています。ときどき修正していきます。
24h.ポイント 17,938pt
小説 101 位 / 183,830件 恋愛 70 位 / 55,979件
文字数 105,294 最終更新日 2024.04.23 登録日 2024.04.10
5
恋愛 連載中 短編 R15
今まで婚約者、立ち振る舞い、性格、趣味、生き方……全てを親や周りに決められてきた公爵令嬢・アリアネット。やりたかったこと、生き方――全てを押し殺し、他人の感情を読むことによって衝突を避けながら、公爵令嬢を演じてきたのに……。 ある日婚約者から向けられた言葉――。 「アリア?あいつは見た目が良いから婚約してやっただけ。アクセサリーみたいな?実際無個性で人に対する肯定ばかりだし、俺に言われるがままで、何されても反抗もしてこないんだぜ!役に立たないし、誰にも必要とされない人間ってああいうやつのこと言うんだぜ?本当、哀れな生き物だよなあ」 嫌われたくないから、自分を殺してまで嫌われない選択肢を選んできた。 けれどそれは無意味だったのだ。 全てが虚しくなったアリアネットは婚約破棄して、変わることを決意する。 ****** ・以前書いていたものを3人称から1人称に変えて投稿しています。(理由は近況ボード参照)
24h.ポイント 11,352pt
小説 153 位 / 183,830件 恋愛 95 位 / 55,979件
文字数 41,224 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.10
6
恋愛 連載中 長編
 ウインド公爵家のレミリア・ヴェントス公女は、前世で婚約を破棄された上に断罪され、称号を剥奪されたのちに命まで落とすことになってしまう。ところが死んだと思っと直後、十三歳の頃に戻って来来ることになった。  他者を振り回し、婚約者近づく者を憎らしく思い、感謝の気持ちなどこれっぽちもない。見た目の美しさと、公爵令嬢という部分以外は全く褒められたところが無い。  そんな前世の失敗を噛みしめて、断罪を回避する為に全力で挑む。二度目の人生、絶対に失敗なんてしてやるものかと心に誓い上を向く。
24h.ポイント 241pt
小説 4,620 位 / 183,830件 恋愛 2,079 位 / 55,979件
文字数 1,238 最終更新日 2024.04.21 登録日 2024.04.21
ある日、自分が異世界に転生した元日本人だと気付いた公爵令嬢のクリステア・エリスフィード。転生…?公爵令嬢…?魔法のある世界…?ラノベか!?!?混乱しつつも現実を受け入れた私。けれど…これには不満です!どこか物足りないゴッテゴテのフルコース!甘いだけのスイーツ!! もう飽き飽きですわ!!庶民の味、プリーズ! ファンタジーな異世界に転生した、前世は元OLの公爵令嬢が、周りを巻き込んで庶民の味を楽しむお話。 まったりのんびり、行き当たりばったり更新の予定です。ゆるりとお付き合いいただければ幸いです。
24h.ポイント 2,435pt
小説 536 位 / 183,830件 ファンタジー 130 位 / 42,183件
文字数 1,386,132 最終更新日 2024.04.21 登録日 2017.04.22
8
恋愛 完結 短編
政略に基づく婚約を破棄した結果
24h.ポイント 1,498pt
小説 823 位 / 183,830件 恋愛 379 位 / 55,979件
文字数 3,679 最終更新日 2024.04.21 登録日 2024.04.21
9
恋愛 完結 短編
「あのドレスは似合わない……いえ、ドレスそのものが似合わないのかしら」  彼女を目にした時、ミットー公爵令嬢ロメリアは、そんな感想を抱いた。  古くから優れた武官を輩出してきたミットー公爵家の屋敷の庭では、この日、お茶会が催されていた。  お節介焼きの祖母により、十歳になったばかりのロメリアは、半ば無理やりこのお茶会の主催に祭り上げられていた。  そんな中、彼女の取り巻きを気取る令嬢達が、会場の隅に置かれたテーブルで一人ポツンと所在なげにしている男爵令嬢メルを嘲笑う。 「ヒバート男爵といえば、昇級試験に四度も落ちて、今もまだ平民の文官の下で働いているそうですわ」 「そんな風だから、奥様にも逃げられてしまうんだわ。あのメルって子も、気の毒ですわねぇ」  自分を挟んでクスクスと笑い合う彼女達を、ロメリアは冷ややかに眺めていた。  そんな中、暴走した兄の馬が乱入し、お茶会は騒然となる。  その時、似合わないピンクのドレスを翻して馬の背に飛び乗り混乱を収めたのは、この場で最も格下として扱われていた、メルだった。  それを見たロメリアは、自分の心がかつてないほど浮き立つのを感じた。
24h.ポイント 404pt
小説 2,787 位 / 183,830件 恋愛 1,311 位 / 55,979件
文字数 6,084 最終更新日 2024.04.21 登録日 2024.04.21
10
恋愛 完結 短編
婚約者である王太子殿下から妹のことが好きだったと言われ、婚約破棄を告げられた。 受け入れた私に焦ったのか、王太子殿下は冗談だと言った。 妹は昔から王太子殿下の婚約者になりたいと望んでいた。 今でもまだその気持ちがあるようだし、王太子殿下の言葉を信じていいのだろうか。 …そもそも冗談でも言って良いことと悪いことがある。 だから私は婚約破棄を受け入れた。 それなのに必死になる王太子殿下。
24h.ポイント 6,283pt
小説 259 位 / 183,830件 恋愛 144 位 / 55,979件
文字数 14,946 最終更新日 2024.04.15 登録日 2024.04.13
11
恋愛 連載中 長編
学園の卒業パーティーで、王太子が浮気相手(?)の聖女をエスコートした。 そして王太子が婚約者である公爵令嬢に婚約破棄を宣言したところ...「そなたと婚約を破...婚約破...こ・ん・や・く・は・kぅっ...くっっっはぁあっああっ」と途中までしか言えず取り乱す始末。なんだか様子がおかしい...。  ◇ なぜ、王太子は少し前までは仲の良かったはずの公爵令嬢との婚約を破棄をしようと思ったのか。 なぜ、王太子は「婚約破棄」が最後まで言えないのか。 聖女はどんな気持ちなのか? などなど
24h.ポイント 347pt
小説 3,247 位 / 183,830件 恋愛 1,516 位 / 55,979件
文字数 7,696 最終更新日 2024.04.06 登録日 2024.02.19
12
恋愛 連載中 長編 R15
    男女比が5:1、一妻多夫が当たり前な世界。  前世、大災害により高校1年生(16歳)で死亡した相模ほのか(サガミ ホノカ)だった記憶のある公爵令嬢アンジュ=リーノ=エルドラードは、そんな世界に転生した。  記憶と生来の性格もあってか、基本心優しい努力家な少女に育った。前世、若くして死んでしまったほのかの分も人生を楽しみたいのだが…    双子の兄に、未来の騎士団長、隠れヤンデレな司書、更には第2王子まで…!ちょっ、なんでコッチ来るの?!  という風になる(予定の)、ご都合主義合法逆ハーレムファンタジー開幕です! *上記のようになるまで、かなり時間(話)がかかります。30,000文字いってもまだまだ新たな婚約者が出てきません。何故こうなった… *腐女子(親友)が出てきます。苦手な方は自衛して下さい。忠告はしたので、文句は受け付けません。  ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽  この作品は『野いちご』『エブリスタ』でも投稿しています。  作者学生のため、カタツムリ更新です。文才皆無なので、あまり期待しないで下さい。   *表紙は ぽやぽやばぶちゃんメーカー で作ったアンジュ(幼少期)イメージです。  メーカーは下記のリンク⇓ https://picrew.me/ja/image_maker/11529 *うわぁぁーっ!!お気に入り登録100ありがとうございます! 2022/10/15 *お気に入り登録208ありがとうございます!2023/03/16 *お気に入り登録300ありがとうございます!2023/05/07 *教会➂➃の属性の部分をいくつか修正しました。作者である僕ですら意味分からないのもあったので…w 2023/04/25 *お気に入り登録400ありがとうございます!2023/07/15
24h.ポイント 142pt
小説 7,001 位 / 183,830件 恋愛 3,137 位 / 55,979件
文字数 45,423 最終更新日 2024.03.31 登録日 2022.09.12
13
恋愛 連載中 短編
誰にも言えない戯れを楽しむ王子の話です。
24h.ポイント 7pt
小説 34,766 位 / 183,830件 恋愛 15,339 位 / 55,979件
文字数 1,187 最終更新日 2024.03.22 登録日 2024.03.22
14
恋愛 連載中 長編 R15
 教会を兼ねた孤児院で育てられた青年アベルは、今日も貴族嫌いのシスター・エルのせいで仕事をひとつ潰されてしまう。  吟遊詩人をやって生計を成り立てている彼にとって、貴族も裕福な金持ちも大事なお得意様だ。  しかし貴族嫌いのシスターのせいで、彼はよく仕事を潰される。  運命の岐路を迎えたこの日もそうだった。  運命の運び手の少女と出逢ったときも、彼は仕事を潰され時間を持て余していたのだ。  深い意味のないような、どこにでも転がっている出逢い。  それが自分の運命を根底から変えてしまうとも知らずに。  彼はひとつの出逢いを体験する。  その出逢いが次の出逢いを呼び、アベルの運命は急速に変わっていくのだった。  この作品は複数のサイトで公開しています。
24h.ポイント 0pt
小説 183,830 位 / 183,830件 恋愛 55,979 位 / 55,979件
文字数 215,578 最終更新日 2024.03.22 登録日 2022.07.04
15
恋愛 完結 短編
王太子殿下との望まない婚約はお互いに不幸の始まりだった。 後に関係改善を望んだ王太子から指輪が贈られたけど嫌な気持ちしか抱けなかった。 でもそれは私の勘違いで、嫌な気持ちの正体はまったくの別物だった。 ――指輪は呪われていた。 妹が指輪を盗んでくれたので私は無事だったけど。
24h.ポイント 369pt
小説 3,072 位 / 183,830件 恋愛 1,437 位 / 55,979件
文字数 14,298 最終更新日 2024.03.18 登録日 2024.03.16
16
恋愛 連載中 長編
「話は聞かせて頂きましたわ!!」 預言者の力を持って生まれてきた少女は、今日も高らかに叫ぶ。  使えるならば王子でも使う。預言された悪事を暴くためなら、どんな人でもシナリオの駒にする。 「今度はどんな寸劇を見せてくれるんだいッ!?」 「駒として使われている自覚あります?」  嬉々として手を貸す王子に呆れつつ、今日も彼女の独壇場が始まるーー。
24h.ポイント 0pt
小説 183,830 位 / 183,830件 恋愛 55,979 位 / 55,979件
文字数 112,807 最終更新日 2024.03.17 登録日 2022.07.22
とある国の公爵家に生まれたヘルガ・ヘーゼロッテは前世の記憶を持っていた。 夢を掴めず就職もできなかったかつての人生。 今世は順風満帆……と思いきや、7歳になった頃に―― 『婿養子の父親はじつは復讐のために身内に入り込んでおり、ヘルガが20歳になったら見せしめとして殺すつもり』 『祖父はヘルガを忌子として嫌っており、社交界デビュー前に殺すつもり』 『姉は唯一父親と同じ髪色と目の色を受け継いだヘルガに嫉妬し自分が成人したら殺しを依頼するつもり』 ――という話を一気に知ってしまう。 このままじゃ圧倒的集中砲火で殺される! そう感じたヘルガは各人の不満を取り除くため、成長する前に解決策を模索し始めるのだった。 ※カクヨムにも掲載中
24h.ポイント 7pt
小説 34,766 位 / 183,830件 ファンタジー 5,349 位 / 42,183件
文字数 83,189 最終更新日 2024.03.10 登録日 2022.06.25
18
恋愛 完結 長編
「愛しているよ、エルシー…。たとえ正式な夫婦になれなくても、僕の心は君だけのものだ」「ああ、アンドリュー様…」  王宮で行われていた晩餐会の真っ最中、公爵令嬢のメレディアは衝撃的な光景を目にする。婚約者であるアンドリュー王太子と男爵令嬢エルシーがひしと抱き合い、愛を語り合っていたのだ。心がポキリと折れる音がした。長年の過酷な淑女教育に王太子妃教育…。全てが馬鹿げているように思えた。  嘆く心に蓋をして、それでもアンドリューに嫁ぐ覚悟を決めていたメレディア。だがあらぬ嫌疑をかけられ、ある日公衆の面前でアンドリューから婚約解消を言い渡される。  深く傷付き落ち込むメレディア。でもついに、 「もういいわ!せっかくだからこれからは自由に生きてやる!」 と吹っ切り、これまでずっと我慢してきた様々なことを楽しもうとするメレディア。ところがそんなメレディアに、アンドリューの弟である第二王子のトラヴィスが急接近してきて……?! ※作者独自の架空の世界の物語です。相変わらずいろいろな設定が緩いですので、どうぞ広い心でお読みくださいませ。 ※この作品はカクヨムさんにも投稿しています。
24h.ポイント 788pt
小説 1,434 位 / 183,830件 恋愛 663 位 / 55,979件
文字数 132,036 最終更新日 2024.03.04 登録日 2024.01.26
19
恋愛 完結 短編 R18
ここは魔法が使える世界。公爵家令嬢マルティナは眉目秀麗の完璧な王太子ハビエルと婚約していた。魔力の少ないマルティナがハビエルの婚約者になったのは、他に家格の合う同年代の御令嬢がいなかったから。周囲からは『王太子の婚約者として相応しくない』と悪口を言われていた。 ハビエルは常に優しかった。だけど、本音はマルティナが好みではないようで……? ついに素直で可愛い留学生の下級貴族ビビアナに心惹かれ、浮気をしてしまうハビエル。 「殿下、私はもうあなた様の顔も見たくありません」 マルティナとハビエルの運命は⁉︎ ★番外編を2/6〜から追加しています。秘密のデート編をどうしても書きたくなりました。 ※どんな形であれ最後はハッピーエンドにします。 ※小説家になろうに一話完結で掲載したものを、加筆して掲載しています。 ※R18部分には念のため印をつけています。苦手な方はご遠慮ください(話の後半にしかありませんのでご了承ください) 恋愛小説大賞応募しています。 応援していただけると、とても嬉しいです。
24h.ポイント 298pt
小説 3,763 位 / 183,830件 恋愛 1,727 位 / 55,979件
文字数 66,267 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.01.20
20
恋愛 完結 短編
「イリスリア=マーベン、貴様との婚約を破棄する!」 学園の卒業パーティーの席で婚約者ではない女性の腰を抱き声高らかに宣言するのはこの国の第一王子であるライノール。 ざわついていた会場が一気に静まり注目を浴びてしまう。そんな中わたくしは返事をする。 「はい、喜んで!」 それはもう満面の笑みで。 ※短めな話です。 ※1/16、少し題名を追加変更しました。
24h.ポイント 56pt
小説 13,145 位 / 183,830件 恋愛 6,014 位 / 55,979件
文字数 21,327 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.01.15
21
恋愛 完結 短編 R15
才色兼備の公爵令嬢は他人を常に見下し、罵倒し、意地悪な性格が災いして国王の息子に不敬を働き断罪を言い渡される。刑が執行する当日、光に包まれて年寄りの執事と日本に転移するが・・・
24h.ポイント 0pt
小説 183,830 位 / 183,830件 恋愛 55,979 位 / 55,979件
文字数 16,344 最終更新日 2024.02.21 登録日 2024.02.20
22
恋愛 完結 短編 R15
尊敬できる部分が何一つない第一王子殿下との婚約は不本意なものだった。 その第一王子がよりにもよって第二王子殿下の婚約者と浮気したことが判明する。 これはもう王家の一大事であり、理性の欠片もない第一王子が責任を取らされるのも当然だった。 そして第二王子と婚約することになり、今度こそ幸せになるために最善を尽くすことになる。
24h.ポイント 411pt
小説 2,741 位 / 183,830件 恋愛 1,284 位 / 55,979件
文字数 11,913 最終更新日 2024.02.19 登録日 2024.02.18
23
恋愛 完結 ショートショート R15
婚約者の第2王子から冷遇されている公爵令嬢のフレイアは、バレンタインデーの日にどうしてか手作りチョコを持ってきていた。そしてチョコに媚薬入りの疑いをかけられていたところ、飛び込んできたのは冷遇してきた第2王子のヴィヴィアン!しかしヴィヴィアンはどこか様子がおかしかった。
24h.ポイント 49pt
小説 14,323 位 / 183,830件 恋愛 6,520 位 / 55,979件
文字数 7,931 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.02.12
24
恋愛 完結 短編
公爵邸に静かに住まう少女アリア・ロックブラドは詫びしい誕生日を過ごしていた。その夜に現れた刺客は眉目秀麗な美少年だった。アリアは「あなたは贈り物でしょう?」と少年を捕まえに強硬手段に出る!一方捕まった少年はそんなアリアのことが気になり出して───?
24h.ポイント 7pt
小説 34,766 位 / 183,830件 恋愛 15,339 位 / 55,979件
文字数 7,646 最終更新日 2024.02.03 登録日 2023.12.13
25
恋愛 完結 ショートショート
 バージンロード、それは花嫁が通る美しき華道。  しかし、本日行われる王太子夫妻の結婚式は、どうやら少し異なっている様子。 「ジュリアンヌ・ネモフィエラ!王太子妃にあるまじき陰湿な女め!今この瞬間を以て、僕、いいや、王太子レアンドル・ハイリーの名に誓い、貴様との婚約を破棄する!!」  不穏な言葉から始まる結婚式の行き着く先は———?
24h.ポイント 99pt
小説 9,078 位 / 183,830件 恋愛 4,096 位 / 55,979件
文字数 13,011 最終更新日 2024.02.03 登録日 2024.02.03
26
恋愛 完結 短編 R15
僕はウィル・トゥーデ・ファウケース、第一王子で王太子だった。でも僕の周囲の世界はおかしかった、僕が愛の女神アモルの加護を貰って生まれたことでおかしくなったのだ。僕は何をしても許された、僕が何をしても褒められた。
24h.ポイント 0pt
小説 183,830 位 / 183,830件 恋愛 55,979 位 / 55,979件
文字数 6,670 最終更新日 2024.01.31 登録日 2024.01.31
27
恋愛 連載中 長編 R18
冷酷で残酷な家門と恐れられる、ゾネントス公爵家の公女ロゼリア。 初恋の相手である王太子の妃候補となるも、王太子が選んだのは、ライバルの伯爵令嬢だった。 けれども、諦めきれないロゼリアの父親は、ライバルの令嬢に媚薬を盛ることをロゼリアに命令する。 悩むロゼリア。最終的に、良心の呵責に耐えきれず途中で断念するも、しかし、手違いで媚薬を自分が飲んでしまうことに。 部屋にはロゼリアを嫌っている、敵対する家門の騎士ロルフ卿がいて―― 嘘と媚薬から始まる、勘違いとすれ違いの執着溺愛ラブストーリー。
24h.ポイント 170pt
小説 6,165 位 / 183,830件 恋愛 2,731 位 / 55,979件
文字数 63,322 最終更新日 2024.01.22 登録日 2023.11.18
28
ファンタジー 完結 ショートショート
王太子ウルリコは政略によって結ばれた婚約が気に食わなかった。それを隠そうともせずに臨んだ婚約者エウフェミアとの茶会で彼は自分ばかりが貧乏くじを引いたと彼女を責める。しかし、見事に返り討ちに遭うのだった。 『小説家になろう』様・『アルファポリス』様の重複投稿、自サイトにも掲載。
24h.ポイント 35pt
小説 17,875 位 / 183,830件 ファンタジー 2,556 位 / 42,183件
文字数 4,635 最終更新日 2024.01.12 登録日 2024.01.12
29
恋愛 完結 短編
私はシャイン・コンセプト・ディアノイアという名の公爵令嬢だった、今日も私は婚約者の第一王子であるデクス様と一緒だった。私たちは皆の注目の的だったが、デクス様の私への溺愛はいつものことだった。
24h.ポイント 7pt
小説 34,766 位 / 183,830件 恋愛 15,339 位 / 55,979件
文字数 6,024 最終更新日 2024.01.09 登録日 2024.01.09
【虐殺者《スレイヤー》】の汚名を着せられた王国戦士エリクと、 【才姫《プリンセス》】と帝国内で謳われる公爵令嬢アリア。 互いに理由は違いながらも国から追われた先で出会い、 戦士エリクはアリアの護衛として雇われる事となった。 そして安寧の地を求めて二人で旅を繰り広げる。 暴走気味の前向き美少女アリアに振り回される戦士エリクと、 不器用で愚直なエリクに呆れながらも付き合う元公爵令嬢アリア。 凸凹コンビが織り成し紡ぐ異世界を巡るファンタジー作品です。
24h.ポイント 71pt
小説 11,403 位 / 183,830件 ファンタジー 1,717 位 / 42,183件
文字数 5,319,946 最終更新日 2024.01.07 登録日 2019.02.26
31
恋愛 完結 短編
私(わたくし)レティ・アマンド・アルメニアはこの国の第一王子と結婚した、でも彼は私のことを愛さずに仕事だけを押しつけた。そうして私は形だけの王太子妃になり、やがて側室の誰かにバルコニーから突き落とされて死んだ。でも、気がついたら私は三歳の子どもに戻っていた。
24h.ポイント 28pt
小説 20,181 位 / 183,830件 恋愛 8,920 位 / 55,979件
文字数 8,590 最終更新日 2024.01.05 登録日 2024.01.05
32
恋愛 完結 ショートショート
 俺の馬鹿兄子が妖精姫と名高いフローラ・オパール公爵令嬢に婚約破棄を叩きつけた。  非道な婚約破棄を受けた清廉潔白な彼女は、どうやら悲しみに泣き暮れているらしい。  父上は俺に言った。「兄上の尻拭いをしてこい」と———。
24h.ポイント 14pt
小説 28,458 位 / 183,830件 恋愛 12,252 位 / 55,979件
文字数 7,059 最終更新日 2024.01.01 登録日 2023.12.31
33
恋愛 完結 短編
(うぅ……。気持ち悪い……) 窓から差し込む陽光を浴びながら、あたしはテーブルの上でぐでっとしていた。 ……いや、自分で言うのもなんだけど、朝からテーブルでぐでっとする令嬢ってどうなの? 公爵令嬢がそんなことしてていいの? しかも、テーブルにはお気に入りのティーポットやお菓子も並べてある。 そんな、こんなを朝からやっている理由はただひとつ。 「お嬢様! 起きてください! お迎えの馬車が来ちゃいますよ!」 「……もうちょっと……ちょっとだけ……」 「そんなこと言っていつもギリギリまで寝てるじゃないですかー! もう、今日こそはしっかり起きてもらいますからね!」 「あと五分……」 そう。 今日は公爵令嬢としてのお勤めがあるのだ。 しかし、本日はなんと休日! 勉強もしなくていいし、朝食も食べなくていいから眠い。寝たい。何なら一日中寝ていたい。 そんなあたしの願望を知ってか知らずか……いや、当然知らないのだけど、メイドのカレンさんが問答無用であたしをベッドから引きずり出した。 「あああぁぁぁぁぁ……」 「もう、お嬢様っ! そんな情けない声出さないでくださいよ!」 あたしの専属メイドであるカレンさんがそんなことを言ってくるが、眠いものは眠いのだ。 「あたしは今日は休みなのー。だから起きるのはもう少し後でもいいじゃない」 「公爵令嬢がそんなこと言っていいんですか?」 「いいの」 そんな屁理屈をこねるあたしを、カレンさんは容赦なく引っ張り起こしてくる。 「ふわぁ……ほら、着替えますから早く起きてください。じゃないとお嬢様の大好きなお菓子たちが食べられませんよ」 カレンさんの言葉に眠気で閉じていたまぶたをパチっと開くと、テーブルの前に置かれたテーブルにはすでに朝食が並べられていた。 しかも、あたしが大好きなフレンチトーストに、ハムサラダ、フルーツヨーグルトまでついている。 「えぇー! 今日ってフレンチトーストがあるの!? え? なんで!?」 「ふふん♪ 今日は休日ですからね! お城の料理長に頼んで作ってもらったんですよ」 ……やられた。カレンさんが手回ししてたのか。 いや、確かにあたしはこのフレンチトーストが好きだけども! カレンもあたしの好みを知っててここに座ったんだろうけどさ! もう……なんでこんなにあたしのメイドは有能かなぁ。 「……はぁ。仕方ないなぁ」 あたしは渋々とベッドから降り、カレンが差し出してくれた着替えを受け取り……。 「って、これドレスじゃん!」 「はい。公爵令嬢ですからね」 「うぅー! 休日なんだからいつもの格好でいいじゃんかぁ……」 「駄目です」 あたしが抗議するも、カレンさんにピシャリと却下されてしまう。 まぁ、確かにドレスを着るのは面倒だし好きじゃないけどさぁ……。今日はせっかくお休みで、一日中だらだらしようと思ってたのに……。
24h.ポイント 7pt
小説 34,766 位 / 183,830件 恋愛 15,339 位 / 55,979件
文字数 1,237 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.12.31
34
恋愛 完結 短編
西の大陸のエスメラルダ王国の公爵令嬢マリガーネット・ランウェイが東の大陸の月晶帝国の皇太子劉蒼玉の元へ嫁ぐ事になった話。
24h.ポイント 0pt
小説 183,830 位 / 183,830件 恋愛 55,979 位 / 55,979件
文字数 21,444 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.12.31
35
恋愛 完結 ショートショート
◻︎◇◻︎ 「リリアーナ・ポーラーベア!シロクマでありながら最弱な女め!今日こそその弱い力が我慢ならん!今この瞬間をもって、婚約を破棄する!!」  強さが全ての国である獣王国に生まれたリリアーナ・ポーラーベア公爵令嬢は、シロクマ獣人に生まれながら身体が小さく、とても弱い。  リリアーナはずっと前からこの婚約破棄を予想していた。  だからこそ、満面の笑みで頷く。 「はい!承知いたしました!!」  底抜けなポジティブ小熊令嬢は大嫌いな婚約者と婚約破棄した今こそ、隠し玉たる真の力を解き放ち、魔法の呪文を唱える!! 『くまパーンチ!!』  吹っ飛ぶ元婚約者たる王太子、唖然とする貴族たち。 「ふぅー、つまらぬものを吹っ飛ばしてしまったわ!!」  肉体的には軟弱なリリアーナ、しかしながら彼女は人類最高峰の身体強化魔法の使い手であった———。 ◻︎◇◻︎
24h.ポイント 28pt
小説 20,181 位 / 183,830件 恋愛 8,920 位 / 55,979件
文字数 5,181 最終更新日 2023.12.23 登録日 2023.12.23
36
恋愛 完結 短編
「こんなに、こんなにこんなに愛してるのに……!!」 公爵令嬢のサラは婚約者である王太子を盲目的に愛していた。どんなに酷くされても嫌いになれない、そんな感情で狂いそうになりながらも王太子への愛だけを信じ続けてきた。 あるパーティーの夜、大勢の前で辱しめを受けたサラの元に一人の青年が声をかける。どうやらサラは長年、ある人物に魅了と呼ばれる魔術をかけられていた。魔術が解けると…… 「……あれ?何で私、あんなクズのこと愛してたのかしら」 目が覚めた公爵令嬢の反撃が始まる。 ※未完作品のリメイク版。一部内容や表現を修正しております。執筆完了済み。
24h.ポイント 596pt
小説 1,875 位 / 183,830件 恋愛 881 位 / 55,979件
文字数 71,839 最終更新日 2023.12.17 登録日 2023.11.17
37
恋愛 完結 短編 R15
【短編】 公爵家の一人娘、アメリアはある日誘拐された。 「アメリア様、ご無事ですか!」 真面目で堅物な騎士フィンに助けられ、アメリアは彼に恋をした。 助けたお礼として『結婚』することになった二人。フィンにとっては公爵家の爵位目当ての愛のない結婚だったはずだが……真面目で誠実な彼は、アメリアと不器用ながらも徐々に距離を縮めていく。 穏やかで幸せな結婚ができると思っていたのに、フィンの前の彼女が現れて『あの人の子どもがいます』と言ってきた。嘘だと思いきや、その子は本当に彼そっくりで…… あの堅物婚約者に、まさか子どもがいるなんて。人は見かけによらないらしい。 ★アメリアとフィンは結婚するのか、しないのか……二人の恋の行方をお楽しみください。
24h.ポイント 113pt
小説 8,264 位 / 183,830件 恋愛 3,715 位 / 55,979件
文字数 19,491 最終更新日 2023.12.16 登録日 2023.12.12
38
恋愛 完結 短編
私、ユディリーア・パヴォーネ・スカラバイオスは、金の髪に美しい蒼い瞳を持つ公爵令嬢だ。だが今は通っていた学園の最後になる記念の舞踏会、そこで暇を持て余して公爵令嬢であるのに壁の花となっていた。それもこれも私の婚約者である第一王子が私を放っておいたからだった、そして遅れてやってきたヴァイン様は私との婚約破棄を言いだした、その傍には男爵令嬢がくっついていた、だが私はそんな宣言にため息をつくことしかできなかった。
24h.ポイント 14pt
小説 28,458 位 / 183,830件 恋愛 12,252 位 / 55,979件
文字数 5,651 最終更新日 2023.12.10 登録日 2023.12.10
 前世では、愛されることなく死を迎える主人公。実の父親、皇帝陛下を殺害未遂の濡れ衣を着せられ死んでしまう。死を迎え、これで人生が終わりかと思ったら公爵家に転生をしてしまった主人公。前世で愛を知らずに育ったために人を信頼する事が出来なくなってしまい。しばらくは距離を置くが、だんだんと愛を受け入れるお話。
24h.ポイント 21pt
小説 23,806 位 / 183,830件 ファンタジー 3,427 位 / 42,183件
文字数 217,722 最終更新日 2023.12.04 登録日 2022.04.27
40
恋愛 完結 短編
王立バッカウゼン学院での卒院謝恩会の夜会にて、王太子フェリクスが婚約者である公爵令嬢アンネリーンに婚約破棄を宣言した。そして、冤罪で断罪しようとしたフェリクスとその恋人ドリカは、アンネリーンによって逆に国庫横領と讒言の罪を暴かれる。 フェリクスの罪を暴き国家転覆の危機を救ったとアンネリーンは称賛され、その褒美と王家からの賠償を兼ねて第二王子イフナースとの婚姻を提案されるが…… 「どうして、加害者の家族との婚姻が褒美と賠償になると思われるのですか?」 タイトルは第一話部分くらいにしか関係ないかも。 短編のつもりが王国の背景とか色々蛇足的なことを書いてたら長くなっちゃったもの。 王位から逃げたい王子がついでに不満ある高位貴族と結託してついには王家ごとポイしちゃう話になりました。 ※『小説家になろう』様・『アルファポリス』様に重複投稿、自サイトにも掲載。
24h.ポイント 78pt
小説 10,810 位 / 183,830件 恋愛 4,880 位 / 55,979件
文字数 19,853 最終更新日 2023.12.04 登録日 2023.12.01
520 12345