江戸小説一覧

418 12345
1
SF 連載中 短編
第一部 天下の浮世絵師、葛飾北斎が平成の世にタイムスリップ!?売れない漫画家岡田とともに、江戸時代へ帰る方法を見つけ出さなければ!そのヒントは”とある大発明家”に隠されていて……。
24h.ポイント 42pt
小説 16,315 位 / 186,081件 SF 127 位 / 5,045件
文字数 41,928 最終更新日 2024.02.22 登録日 2024.02.22
深淵なる江戸の闇には、怨霊や妖魔の類が巣食い、昼と対なす穢土があった。 その魔を斬り払う闇の稼業、魔斬。 坊主や神主の手に負えぬ退魔を金銭で請け負う江戸の元締は関東長吏頭・浅草弾左衛門。忌むべき身分を統べる弾左衛門が最後に頼るのが、武家で唯一の魔斬人・山田浅右衛門である。昼は罪人の首を斬り、夜は怨霊を斬る因果の男。 幕末。 深い闇の奥に、今日もあやかしを斬る男がいる。 2023年オール讀物中間発表止まりの作品。その先の連作を含めて、いよいよ御開帳。
24h.ポイント 42pt
小説 16,315 位 / 186,081件 キャラ文芸 216 位 / 4,495件
文字数 167,867 最終更新日 2024.02.21 登録日 2023.10.29
─── あらすじ 時は宝暦。 御上の厳しい改革により、江戸最大の色街・吉原遊廓は存亡の危機に陥っていた。 多くの遊女屋は廃業を強いられ、女郎や従業員達の行き場は無くなり、路頭に迷う者が続出した。 【夕風屋】の筆頭花魁・吉野はその悲劇を打開すべく、馴染みの客たちに協力を仰いだ。 幕府に対する反対の声を受けて、御上は改革を断念。遊郭は徐々にかつての栄光を取り戻していった。 その後の吉原の存続は許され、売春防止法が成立するまでの200年間続けられた。 お客のみならず、女郎たちから慕われてきた吉野が如何にして羅生門河岸の切見世女郎から最高位の花魁へ登り詰めることが出来たのか。その壮絶な人生のストーリーを解き明かす。 ─── *注意 吉原遊廓の遊女を主人公にしている為、性的表現が多く出て参ります。「※」と章前に記載することにします。しかし、規制は一切しませんことをご了承ください。 また、性的表現のみならず、心中表現、客から遊女に対する暴力描写もございますので、お読みになられる際はご注意願います。
24h.ポイント 21pt
小説 24,556 位 / 186,081件 歴史・時代 159 位 / 2,105件
文字数 233,351 最終更新日 2024.02.17 登録日 2021.01.01
転生も魔法も超能力もない、普通の時代小説です。 皆さんお馴染みの、昭和の古臭い時代劇をイメージして書きました。 剣術だけが取り柄のしがない独身中年浪人が食うために用心棒を始め、そしてやがて大きな事件に巻き込まれていきます。 主人公には野望や志は特になく、ただただ生活のために働こうとしているだけなのですが、そこは小説ですから平穏無事にはいきません。 巻き込まれ型主人公として苦労していく様を御覧ください。
24h.ポイント 21pt
小説 24,556 位 / 186,081件 歴史・時代 159 位 / 2,105件
文字数 73,028 最終更新日 2024.02.15 登録日 2024.02.15
元録末期。 徳川綱吉による生類憐れみの令は、人々を苦しめだしていた。 その裏に妖魔の気配を察知して動きだした浪人が一人。 十種神宝を操り〝名無しの権兵衛〟を名乗るこの謎の青年は、歴史に隠された妖との戦いを始めようとしていた。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 キャラ文芸 4,495 位 / 4,495件
文字数 11,237 最終更新日 2024.01.25 登録日 2023.05.03
行方知れずになった父を捜して江戸に出た娘・お鈴が助けられた先は、閑古鳥が鳴く料理屋「みと屋」 それもそのはず、店主の銀次郎は料理が壊滅的に下手な上、顔がいかつく客あしらいも不得手。 なにより、銀次郎の仕事は札付きの「やくざ」だというのだから、お客が来るわけがない。 料理の才のあるお鈴は「ここで働け」と迫られるが、そこへ誘拐事件が舞い込んで――—
24h.ポイント 170pt
小説 6,580 位 / 186,081件 歴史・時代 33 位 / 2,105件
文字数 361,722 最終更新日 2024.01.18 登録日 2020.05.30
7
ライト文芸 連載中 長編 R15
ある日鏡に入ってしまった私。 そしてそこで出会うは、 平安イケメン狐・玉藻前。 江戸イケメン・一郎さん。 飴幽霊や鬼火や河童が出たですって!? 事件(異変)が舞い込むお菓子屋さんへ ようこそ! ※なお、お菓子は勝手に店頭へ並べられています。
24h.ポイント 28pt
小説 21,012 位 / 186,081件 ライト文芸 199 位 / 7,016件
文字数 68,406 最終更新日 2024.01.07 登録日 2022.10.25
江戸初期の江戸城大奥を舞台にした物語です。「玉の輿」の元祖といわれ、後に五代将軍の母となる桂昌院ことお玉をはじめ、三代将軍家光と四人の側室の物語です。生まれながらの貴族の姫君であるお万の方以外は、いずれも出自が極めて卑しく、そしてあやしい女性ばかりですが、やがて不思議な運命により大奥入りして、ついには大奥の頂点にまで登りつめる一種のシンデレラストーリーでもあります(史実をベースにしながらもフィクションの部分や筆者の創作の部分、あれいはファンタジーぽい部分も多くありますので、その点御了承ください)
24h.ポイント 447pt
小説 2,736 位 / 186,081件 歴史・時代 9 位 / 2,105件
文字数 106,996 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.04.29
江戸吉原の妓楼に売られてきた少女・たきは、姉女郎の花越(はなこし)の人柄に心底惚れ込んで行く。 次第に姉の出世を我がことのように望むようになり、敬慕はいつしか変質していく……。 1/7(日)いちのイチで、新刊として発行予定です。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 7,456 最終更新日 2023.12.09 登録日 2023.12.09
江戸時代、五街道の内の一つ、甲州街道が整備され、宿場町として賑わった勝沼は、天領、つまり、徳川幕府の直轄地として代官所が置かれていた。この頃、江戸幕府の財政は厳しく、役人の数も少なかったので、年貢の徴収だけで手がいっぱいになり、治安までは手が回らなかった。その為、近隣在所から無宿人、博徒、浪人などが流れ込み、無政府状態になっていた。これは、無頼の徒が活躍する任侠物語。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 17,320 最終更新日 2023.12.05 登録日 2023.05.31
11
BL 連載中 短編
【おお奥さん密ですよ!~走屍の乱編~】ガチ妄想 名作爆誕 呼吸困難 腹筋崩壊 もちまる吹いた かずならぬ身を万千代川の網代には多くの鯱を煩はすかな                          元和五年十月三十日 若男子醍醐鯱 万光 作 これは金輪奈落で戯れる上様(ぬこさま)と、お万の方との愛と友情の物語である。 【!!登場人物紹介!!】名作爆誕呼吸困難コーラ吹いた 【主人公:江戸幕府の三代将軍徳川家光、3光(さんみつ)、源氏長者、光源(ビカゲン)。「ヒカル広がる響き合う」が座右の銘らしい。】 【ミカエル東藤局(はるふじのつぼね)】 御年寄(おとしより)、若御台の側近、猫大奥四天使の筆頭。天子の使者だから四天使という呼称を名乗っている。 【ガブリエル夏椿局(なつつばきのつぼね)】 中年寄(ちゅうどしより)。 【ラファエル秋風局(あきかぜのつぼね)】 御中﨟(おちゅうろう)、春日局の息子。 【ウリエル冬月局(いてつきのつぼね)】 御右筆(ごゆうひつ)、猫大奥四天使最弱キャラ。 【醍醐虎 万光(テコンドー まんこう)、詠光院(えいこういん)、お万の方】 千年以上の歴史を持つ京都醍醐虎(だいごと)寺の住職であったが、当代無双の容貌を持っている美猫であるため、春日局にスカウトされた。猫大奥の次席であるが、大人の事情で首座に抜擢。三代将軍徳川家光最愛の側室。なぜかテコンドーの必殺技を体得している。 【本桐 圭翔(ほんきり けいと)、桂翔院(けいといん)、お翔又はお玉の方】 醍醐虎(だいごと)寺の和尚、住職であった醍醐虎 万光の下僕。ご両親は江戸という大都市で「本桐屋」という八百屋のチェーン店を経営している。強迫性障害になるくらいな強い執着で自分の金玉を入念にケアしたり、マッサージしたりしているから、御主人様の醍醐虎 万光(テコンドー まんこう)からお玉と呼ばれている。お玉という名前は御主人様にのみ、使用が許される呼称で、御主人様以外からはお翔と呼ばれている。下僕なのできれいな金玉を持っているにもかかわらず、ずっと童貞のままだ。若御台の下僕である常夏 荀と激しく対立。また、仕事を中断して自分の金玉をモフモフしていることが多いため、御主人様の醍醐虎 万光にしばしばめちゃ怒られる。本桐の意味は本当の妻、上様(ぬこさま)の寵愛を受けているからこそ本妻、一方で、寵愛を受けていない正室が本妻であるとは言えないカオスな状態に陥っている意味である。 【鷹司 藤理(たかつかさ とうり)、本理院、従三位若御台】
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 BL 23,712 位 / 23,712件
文字数 36,545 最終更新日 2023.11.12 登録日 2023.10.11
⭐祝!2022年は福山城築城400年です! ⭐5年3ヶ月ぶりにタイトル画像を着替えました。令和の大普請、完成おめでとうございます。 ⭐最新番外編『はぐれやさぐれ藤十郎』⭐2020年1月21日、5月4日に福山市の『福山城築城400年』Facebookでご紹介いただきました。https://m.facebook.com/fukuyama400/ 備後福山藩初代藩主、水野勝成が若い頃放浪を重ねたあと、備中(現在の岡山県)の片隅で居候をすることになるお話です。一番鑓しかしたくない、天下無双の暴れ者が、備中の片隅で居候した末に見つけたものは何だったのでしょうか。 →本編は完結、番外編と関連の話題を適宜更新中です。 2022年秋に福山城築城にまつわる番外編を掲載予定。
24h.ポイント 85pt
小説 10,612 位 / 186,081件 歴史・時代 61 位 / 2,105件
文字数 383,963 最終更新日 2023.10.24 登録日 2017.05.15
温故知新。 安政の世を知り令和の現世をさとる物差しとして、一筆啓上。 令和とよく似た時代、幕末、安政。 疫病に不景気に世情不穏に政治のトップが暗殺。 そして震災の陰におびえる人々。 この時代から何を学べるか。狂乱する群衆の一人になって、楽しんで欲しい……! オムニバスで描く安政年間の狂喜乱舞な人間模様は、いまの、明日の令和の姿かもしれない。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 29,255 最終更新日 2023.10.23 登録日 2023.09.24
島原の乱を経て数年、参勤交代が始まり多くの大名が江戸に住まう。隻眼の七郎は、武の深奥を求めるため、江戸の平和を守るために戦う。武の深奥と女心はよく似ている。どちらも難解だ。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 52,870 最終更新日 2023.10.07 登録日 2023.05.10
15
歴史・時代 完結 ショートショート
蝦夷地を探検し、「北海道」と名付けた松浦武四郎の波乱にとんだ人生をお楽しみください。 (ノンフィクションです)
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 5,148 最終更新日 2023.10.07 登録日 2023.10.07
江戸享保年間 将軍のお代替わりが間近に迫る頃 奥深い信濃の険しい山奥の猟師の娘として生まれた少女の数奇な運命 BL 遊郭 花魁 江戸幕府 将軍 御庭番 御家騒動 領地召し上げ 
24h.ポイント 21pt
小説 24,556 位 / 186,081件 歴史・時代 159 位 / 2,105件
文字数 127,799 最終更新日 2023.09.30 登録日 2023.09.16
17
恋愛 完結 長編
鬼の少年・流(りゅう)は常に他の鬼に殺されそうになりながら戦って生きのびてきた。流は10歳くらいの子供らしい。 親はおらず、ずっと一人だった。流の腕には文字が書かれている。 襲ってくる鬼の中には流と同じように体に字が書かれている者がいた。 山の中で大ケガをして倒れた時、人間の少女に助けられた。 10歳くらいに見えるその少女・水緒は山奥の村で暮らしていた。 流は水緒の家で暮らし始める。 ある日、流の父に仕えている保科と名乗る鬼が現れ、流が狙われる理由を教えてくれた。 死ぬまで命を狙われ続けると聞かされ、一度は水緒の安全のためにと離れたものの、どうしても忘れることが出来なかった。 君想う。幾度も。君に恋焦がれ……。 カナ表記してますが「ぐる」は和語です。 >浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「目代になる此の乳母はぐる也」 ネタも和語です(種の逆さ言葉)。 他のカナ表記も和語です。 アルファポリス、小説家になろうにも同じものを投稿しています。 アルファポリスとなろうは細切れ版です。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 恋愛 58,350 位 / 58,350件
文字数 124,165 最終更新日 2023.09.30 登録日 2023.08.10
【第9回歴史・時代小説大賞特別賞受賞作】北の小藩の青年藩士、黒須新九郎は、女中のりよに密かに心を惹かれながら、真面目に職務をこなす日々を送っていた。だが、ある日突然、新九郎は藩の産物を横領して抜け売りしたとの無実の嫌疑をかけられ、切腹寸前にまで追い込まれてしまう。新九郎は自らの嫌疑を晴らすべく奔走するが、それは藩を大きく揺るがす巨大な陰謀と哀しい恋の始まりであった。 謀略と裏切り、友情と恋情が交錯し、武士の道と人の想いの狭間で新九郎は疾走する。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 259,015 最終更新日 2023.09.10 登録日 2021.05.31
19
歴史・時代 完結 ショートショート
俺の名前は中浜万次郎。 土佐(高知県)で魚とりをしている。 ある日、俺達の乗った船が難破した。 たどりついたのは無人島。 一生、この島から出られないのかと諦めていたが、そこにやってきたのは、太平洋で捕鯨を行っていたメリケンの蒸気船であった……
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 5,960 最終更新日 2023.09.09 登録日 2023.09.09
※ 漢字の「口(くち)」を三つ書いて、「ろろろ」と読みます。 大食い&悪食の妖怪少女が、現世を脅かすモノを食べて駆除する歴史ファンタジーです。 ----- 江戸時代中期。乱世が終わり、庶民文化が花開く裏側で世界を蝕むものがいた。 あの世とこの世の境目がほつれ、交わり、侵入してきた「怪異」たち。 それは、人々を豊かにすることもあれば、この世の環境を破壊したり、現世の生き物に悪影響を与えたりすることもある。 大食い悪食ヒロイン「スズ」の使命は、現世を脅かす怪異たちを大きなお口で食べまくること! 「それじゃ、今日も『いただきます』!」
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 26,562 最終更新日 2023.09.02 登録日 2023.05.28
母は出戻り幽霊。居候はしゃべる猫。 父は何の因果か輪廻の輪からはずされて、地獄の官吏についている。 そんな九坂家は由緒正しいおんぼろ道場を営んでいるが、 門弟なんぞはひとりもいやしない。 寄りつくのはもっぱら妙ちきりんな連中ばかり。 かような家を継いでしまった藤士郎は、狐面にていつも背を丸めている青瓢箪。 のんびりした性格にて、覇気に乏しく、およそ武士らしくない。 おかげでせっかくの剣の腕も宝の持ち腐れ。 もっぱら魚をさばいたり、薪を割るのに役立っているが、そんな暮らしも案外悪くない。 けれどもある日のこと。 自宅兼道場の前にて倒れている子どもを拾ったことから、奇妙な縁が動きだす。 脇差しの付喪神を助けたことから、世にも奇妙な仇討ち騒動に関わることになった藤士郎。 こんこんちきちき、こんちきちん。 家内安全、無病息災、心願成就にて妖縁奇縁が来来。 巻き起こる騒動の数々。 これを解決するために奔走する狐侍の奇々怪々なお江戸物語。
24h.ポイント 42pt
小説 16,315 位 / 186,081件 歴史・時代 101 位 / 2,105件
文字数 907,730 最終更新日 2023.09.02 登録日 2022.05.31
時は万延から文久の頃。開国で横浜・神戸・長崎などで外国人居留地も生まれ、海外の知識も流入し始めた江戸時代時代の末期───。 小太りで短躯の太道典次郎と、痩せぎすで長身の鳥呉柄裕之進の二人は、御家人仲間に金銭をせびられていたイジメられっ子。耐えかねて反抗しても、多勢に無勢。だが二人は、偶然通りかかった奇妙な老人・暮石六庵の、不思議な武技によって救われる。 弟子入りを志願する二人だったが、武術だけでなく医術と食術を六庵から学ぶことになり……。 食と健康と武術を考える、健康・健全・健啖生活追求の、ショートストーリー連作。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 22,836 最終更新日 2023.08.31 登録日 2023.06.29
13歳の孤児の少年、菊市(きくち)光夜(こうや)はある日、男装をした十代半ばの少女と出会う。 彼女の名前は桜井花月、16歳。旗本の娘だった。 花月は四人の牢人を一瞬で倒してしまった。 しかし男の格好をしているものの話し方や内容は普通の女の子だ。 男装しているのは刀を差すためだという。 住む家がなく放浪していた光夜は剣術の稽古場をしている桜井家の内弟子として居候することになった。 桜井家で道場剣術とは別に実践的な武術も教わることになる。 バレる、キツい、シャレ(洒落)、マジ(真面目の略)、ネタ(種の逆さ言葉)その他カナ表記でも江戸時代から使われている和語です。 二字熟語のほとんどは明治以前からあります。 愛情(万葉集:8世紀)、時代(9世紀)、世界(竹取物語:9世紀末)、社会(18世紀後半:江戸時代)など。 ただ現代人が現代人向けに現代文で書いた創作なので当時はなかった言葉も使用しています(予感など)。 主人公の名前だけは時代劇らしくなくても勘弁してください。 その他、突っ込まれそうな点は第五章第四話投稿後に近況ノートに書いておきます。 特に花月はブッチギレ!の白だと言われそうですが5章終盤も含め書いたのは2013年です。 カクヨム、小説家になろうにも同じものを投稿しています。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 119,094 最終更新日 2023.08.25 登録日 2023.03.21
もしもの歴史があった場合、それには独自の魅力があるかもしれません。本書の目的は、そうしたもしもの歴史について、人工知能を使って再現し、その魅力を伝えることです。この文章自体も、人工知能が生成したものです。本書では、手作業を極力避け、人工知能を活用して文章を作成していきます。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 エッセイ・ノンフィクション 7,963 位 / 7,963件
文字数 3,633 最終更新日 2023.08.19 登録日 2023.04.16
25
SF 連載中 長編
この世には不思議があふれている。 時には異世界に転生、時には異世界に転移、時には過去に逆行、時には未来に順行 そして前世へ 普通の男子高校生、朝比奈朔也の前世はまさかの江戸町奉行大岡越前だった。 本来、変換できないはずの歴史が変化された影響で存在が消えそうな大岡越前そして朝比奈が消えかけた時半妖半神に助けられるが歴史の改変は止まっていないことを聞かされる。 朝比奈は身をもって歴史の改変の恐ろしさを知り家族や友人の今と未来を守るために半妖半神の提案を受け入れ大岡越前として江戸を生きていくことになった。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 SF 5,045 位 / 5,045件
文字数 29,953 最終更新日 2023.08.17 登録日 2023.08.17
貧乏御家人の次男坊・田嶋新八郎は実家を飛び出し、噺家の萬葉亭蛾蝶に弟子入り。だが萬葉亭新八の前座名で修行中の寄席で、椿家須美之助が急死、前座仲間が下手人として疑われる。取り調べに現れた同心は、犬猿の仲の実兄。冤罪を晴らすため、幼馴染のお葉の助けを借り、東奔西走する新八だったが……。時代劇コメディ&ミステリー開演!
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 68,223 最終更新日 2023.08.15 登録日 2023.04.30
27
歴史・時代 連載中 長編 R15
天下泰平の時代、江戸。 旗本十一男、榊原謎時(さかきばらのなぞとき)は密室の城で起こった大名殺人事件の検分をするため、幼馴染の女忍者あおばをお供に来栖国へと向かった。 来栖国にて待ち受けていたのは、いかにも胡散臭い四人の容疑者たち。 ――茶屋の娘、おみつ。 ――浪人、笹木小四郎。 ――巫女、やちよ婆。 ――流れ仏僧、赤龍法師。 呪いか祟りに殺されたと噂される密室大名殺人事件を、謎時は解き明かさねばならないのだが――ひとつ、問題があった。 この榊原謎時、いかにも謎が解けそうな名前とは裏腹に、謎解きなんてまったくしたことがないぼんくらの昼行燈なのである。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 110,006 最終更新日 2023.08.07 登録日 2023.08.05
 生活に必要な鉄製品を作る鍛冶屋を野鍛冶という。  小春は野鍛冶として生計をたてている。  仕事帰り、小春は怪我をして角兵衛獅子の一座から捨てられた子供、末吉を見つけ、手元に置くことになった。  ある事情から刀を打つことを封印した小春だったが、末吉と共に暮らし、鍛冶仕事を教えているうちに、刀鍛冶への未練が残っていることに気がつく。  刀工華晢としてもう一度刀を鍛えたい。小春の心は揺れていた。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 31,592 最終更新日 2023.08.04 登録日 2022.06.09
29
歴史・時代 完結 ショートショート
ある村八分の青年を気に掛ける娘がおり、村人たちはそれをいぶかしんでいた。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 2,173 最終更新日 2023.07.08 登録日 2023.07.08
Some 100 stories of cats(猫にまつわる小篇たち)のシリーズ第20作目。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 2,805 最終更新日 2023.07.06 登録日 2023.07.06
天保15年。江戸を荒らしまわった盗賊団が捕まった。盗賊団の首領・八十助は時の北町奉行・遠山景元を相手に、命がけの茶番劇に挑む。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 12,625 最終更新日 2023.07.03 登録日 2023.07.01
神坂(こうさか)藩の家老、谷崎家の用人として仕える老剣客、寺田文右衛門ことテラモン。 自称“終活侍”のかれが見聞したほっこり、じんわりの人情シリーズ
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 27,556 最終更新日 2023.07.02 登録日 2023.06.30
神坂(こうさか)藩の家老、谷崎家の用人として仕える老剣客、寺田文右衛門ことテラモン。 自称“終活侍”のかれが見聞したほっこり、じんわりの人情シリーズ
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 15,660 最終更新日 2023.07.01 登録日 2023.06.30
神坂(こうさか)藩の家老、谷崎家の用人として仕える老剣客、寺田文右衛門ことテラモン。 自称“終活侍”のかれが見聞したほっこり、じんわりの人情シリーズ
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 14,742 最終更新日 2023.07.01 登録日 2023.06.30
享保の時代、板橋宿に女力持ちと評判の娘がいた。 娘の名はお初。 畑でとれた野菜を毎日山のように背負い、駒込の青果市場まで運んでいた。 ある日、飲んだくれの父が大きな借金を作ってきてしまう。 母は急遽、宿場の飯盛り女として働かされる羽目に。 たまたま居合わせた謎の男・半次郎が、「娘の怪力を商売にすれば、あっという間に借金はなくなる」と助け船を出す。 お初は家の窮地を救うため、半次郎とともに見世物で有名な浅草寺に向かう。 力持ちの芸で銭を稼ぎながら、やがてどんな荷物でも運ぶ「荷運び屋」となっていく。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 5,278 最終更新日 2023.07.01 登録日 2023.05.31
36
歴史・時代 連載中 短編 R15
志緒(しお)のいいなずけ駒井幸之助は文武両道に秀でた明るく心優しい青年だった。祝言を三カ月後に控え幸之助が急死した。幸せの絶頂から奈落の底に突き落とされた志緒と駒井家の人々。一周忌の後、家の存続のため駒井家は遠縁の山中家から源治郎を養子に迎えることに。志緒は源治郎と幸之助の妹佐江が結婚すると思っていたが、駒井家の人々は志緒に嫁に来て欲しいと言う。 無口で何を考えているかわからない源治郎との結婚に不安を感じる志緒。果たしてふたりの運命は……。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 78,427 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.05.29
神坂(こうさか)藩の家老、谷崎家の用人として仕える老剣客、寺田文右衛門ことテラモン。 自称“終活侍”のかれが見聞したほっこり、じんわりの人情シリーズ
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 14,541 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.06.30
神坂(こうさか)藩の家老、谷崎家の用人として仕える老剣客、寺田文右衛門ことテラモン。 自称“終活侍”のかれが見聞したほっこり、じんわりの人情シリーズ
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 10,254 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.06.30
Some 100 stories of cats(猫にまつわる小篇たち)のシリーズ第14作目。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 3,263 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.06.30
外様大名でありながら名門といわれる美濃赤吹二万石の三代目藩主、永野兼成は一部の家来からうつけの殿様とか寝ぼけ殿と呼ばれていた。江戸家老はじめ江戸屋敷の家臣たちは、江戸城で殿様が何か粗相をしでかしはしないかと気をもむ毎日であった。しかしその殿様にはごく少数の者しか知らない別の顔があった。
24h.ポイント 0pt
小説 186,081 位 / 186,081件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 9,873 最終更新日 2023.06.29 登録日 2022.05.27
418 12345