王の愛は血より濃し 吸血鬼のしもべ第2部

吸血鬼の王は、奇跡の力を持つ血液が流れていた。あらゆる病や傷を癒す万能薬ーー真血。
真血の主・朱昂(しゅこう)のそばには、血の一滴までも捧げると誓うしもべ・伯陽(はくよう)がいる。
仲睦まじい主従には、目を背けたくなるほどの過去があった。真血の主従とは、そして「月鳴」とは――?
※シリーズ前作「吸血鬼のしもべ」:https://fujossy.jp/books/10726をお読みいただくと、より世界観が分かります。

第一章 暁を之く少年
吸血鬼の王子・朱昂はある日、人間の少年に出会う。父からの異常な愛を注がれながら、朱昂は少年と交流を進めるが、人間の成長はあまりに早く、別れの日が訪れる。主従の出会いと朱昂の犯した罪が語られる。
第二章 月ニ鳴ク獣
父殺しの罪により、伯陽の牙が奪われてしまった。しもべと離ればなれになる中、朱昂は必死に「牙のない吸血鬼」を探す。やがて、ある男娼の名が朱昂の耳に入る。男娼の名は――月鳴。
朱昂が吸血族の玉座を求めながら、月鳴を身請けするまでが語られる。
第三章 我、太陽の如き愛の伯(おさ)とならん
伯陽をようやく取り戻すことができた朱昂。主従の契りを交すが、伯陽の牙は戻らない。それでも、朱昂は幸せだった。
「全部俺のものだよ、伯陽」
主従の初夜が中心です。

中華風吸血鬼BL「吸血鬼のしもべ」シリーズ第二弾。朱昂と月鳴主従のなれ初めを語ります。
残酷表現、流血描写、親殺しがありますので、ご注意ください。
R18内容
第二十五話 ケモ耳×男娼 風呂
第二十六話 淫魔の王×男娼 挿入あり、騎乗位 
第三十八話 従者(おじさん)×主(おじさん) 尽くし攻め×女王様受け・誘い受け 挿入あり、いちゃらぶ。
fujossy、ムーンライトノベルズ、ピクシブ、エブリスタと同時掲載しています
24hポイント 14pt
小説 19,235 位 / 91,450件 BL 3,324 位 / 9,001件