現代文学 少女小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 少女×
8
1
現代文学 完結 ショートショート
「早く死ねばいいのにな。お前に生きる価値なんてねーのに」 『自分に大それた価値なんてないのは知ってるけど、だからってはい今死にますって気も起きないよね』 「なんでまだ生きてんの? なんかやりたいことでもあんの?」 『やらなきゃいけないこともない。やりたいと言えるものもない』 「だったらさっさと死ねばいーじゃん。嫌なこともめんどいことも無くなるし」 『それもいいとは思えるね。漫画の続き読めなくなるなーってさっき思ったけれど』
24hポイント 99pt
小説 5,160 位 / 60,332件 現代文学 54 位 / 2,620件
文字数 1,479 最終更新日 2019.11.08 登録日 2019.11.08
仙台の定禅寺通りの欅並木も葉が茂り始めた5月の深夜。愛犬シーズーのシーと近所のセブンイレブンまで買い物に行くと、ある美しい少女と出会いました。しかし少女はどこかさみしげだったのです…
24hポイント 49pt
小説 7,492 位 / 60,332件 現代文学 98 位 / 2,620件
文字数 2,421 最終更新日 2018.06.25 登録日 2018.06.25
小学五年生の菜摘は、対立するクラス担任の濱田結衣に復讐しようと決意する。顔見知りの男性・三橋勇気の協力のもと、計画を推し進めるが、思わぬ落とし穴が菜摘を待っていた。
24hポイント 49pt
小説 7,492 位 / 60,332件 現代文学 98 位 / 2,620件
文字数 22,449 最終更新日 2018.12.06 登録日 2018.11.30
4
現代文学 完結 ショートショート
あの子がおとなになったのは、唇を染めた時? スカートを短くした時?
24hポイント 49pt
小説 7,492 位 / 60,332件 現代文学 98 位 / 2,620件
文字数 450 最終更新日 2019.11.12 登録日 2019.11.12
5
現代文学 連載中 短編 R18
「ねぇ、先生?私人を殺しました。どうしたらいい?」それは、教師をしてる小早川にある生徒からきた電話が始まりだった。  小島遥香は、会社員をしている父·欣二とふたり暮らし。母親が亡くなり、1年が過ぎたある日。友達と遊んていて帰りが遅くなった遥香は、父親にぶたれてしまう。  泣きながら謝り続け、その場は収まったかに思えたが、以来遥香は、約束をきちんと守っているのにもかかわらず、欣二から腕や腹をつねられたり、どつかれるようになった。  夏になり、学校も夏休みに入ろうとした日の深夜、身体の上に酒臭い息を吐きながら欣二が乗っているのに気付いた遥香は、暴れ叫ぶが···
24hポイント 21pt
小説 12,373 位 / 60,332件 現代文学 324 位 / 2,620件
文字数 7,161 最終更新日 2019.07.28 登録日 2019.07.27
今朝の夢で見た、ちょっと切ない怪談話のような話。
24hポイント 0pt
小説 60,332 位 / 60,332件 現代文学 2,620 位 / 2,620件
文字数 826 最終更新日 2018.10.18 登録日 2018.10.18
7
現代文学 完結 ショートショート R18
バスターミナルで潰れた少女
24hポイント 0pt
小説 60,332 位 / 60,332件 現代文学 2,620 位 / 2,620件
文字数 1,930 最終更新日 2019.07.08 登録日 2019.07.08
あれ、こんな貧相なお話に来てしまったのですか。周りにはもっと沢山面白い話をしてくれる人がいるというのに…。 まあいいでしょう。どうです、せっかくなので私の話を聞いていきませんか。 「白いワンピース」を着た少女のお話を____。
24hポイント 0pt
小説 60,332 位 / 60,332件 現代文学 2,620 位 / 2,620件
文字数 1,531 最終更新日 2019.08.23 登録日 2019.08.23
8