ライト文芸 じんわり小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ じんわり×
391 12345
ある日突然、父が再婚した。そして再婚後、たった三ヶ月で失踪した。 残されたのは私、橋坂由依(高校二年生)と、継母の琴子さん(32歳のキャリアウーマン)の二人。 「ああ、この人も出て行くんだろうな。私にどれだけ自分が不幸かをぶちまけて」 そう思って覚悟もしたけれど、彼女は出て行かなかった。 そうして始まった継母と私の二人だけの日々は、とても淡々としていながら酷く穏やかで、極めて平凡なものでした。 ※他のサイトにも重複投稿しています。 ※表紙は【ガーリー素材】様のイラストを利用しての自作です。
24hポイント 3,622pt
小説 508 位 / 144,235件 ライト文芸 4 位 / 6,112件
文字数 75,214 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.04.30
大学に入ったばかりの泉竹志は、母の知人から、家政夫のバイトを紹介される。 派遣先で待っていたのは、とてもノッポで、無愛想で、生真面目な初老の男性・野保だった。 妻を亡くして気落ちしている野保を手伝ううち、竹志はとあるノートを発見する。 それは、亡くなった野保の妻が残したレシピノートだった。 野保の好物ばかりが書かれてあるそのノートだが、どれも、何か一つ欠けている。 「さあ、最後の『美味しい』の秘密は、何でしょう?」 これは謎でもミステリーでもない、ほんのちょっとした”はてな”のお話。 「はてなのレシピ」がもたらす、温かい物語。 表紙は若月しょうさんに描いていただきました! https://illust.daysneo.com/illustrator/t0mar0n15/ 第五回ライト文芸大賞「家族愛賞」を頂きました! 皆々様、本当にありがとうございます! ※こちらの作品はエブリスタの方でも公開しております。
24hポイント 2,044pt
小説 857 位 / 144,235件 ライト文芸 8 位 / 6,112件
文字数 113,954 最終更新日 2022.05.29 登録日 2022.04.29
少し悩んだ上で物語の中で、できる限りリアル描くことで、理解を深めたいと思い書きました。当たり前のように過ごせる日々の有り難さ。そんなことを毎日考えて、いつ誰が起こりうることか分かりません。未来は分からないから。家族や大切な人、友人との〝絆 〟〝純愛 〟〝別れ 〟 
24hポイント 1,449pt
小説 1,167 位 / 144,235件 ライト文芸 11 位 / 6,112件
文字数 11,262 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.07.02
「ずっと、一緒に居られると思ってた」 安達 心春 悠斗の事が出会った時から好き 相沢 悠斗 心春の幼馴染 上宮 伊織 神社の息子  テーマは、「切ない別れ」からの「未来」です✨ 私の感じる切ないをめいっぱいつめこみましたが、読後感は良いお話にしたつもりです。 最後までお読み頂けたら、嬉しいです(*'ω'*) 
24hポイント 1,079pt
小説 1,520 位 / 144,235件 ライト文芸 15 位 / 6,112件
文字数 75,163 最終更新日 2022.05.31 登録日 2022.04.30
ひとり暮らしのこの部屋に、どうやら誰かいる。 もちろん住人である私を除いて、だ。 残業を通り越して完徹し、始発の電車で帰ってきたまだ薄暗い朝方。 二日ぶりに帰宅した我が家のテーブルの上にふたり分の朝ごはんが並んでいた。 「――……え?」 ◇ 仕事に恋にどん底の早苗の部屋にあらわれた、 『誰か』からのメッセージの正体とは――? ---------✄--------- 別名義および別サイトにも投稿している短編です。
24hポイント 938pt
小説 1,727 位 / 144,235件 ライト文芸 16 位 / 6,112件
文字数 6,755 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.07.01
二十五歳の淳美は、小学校の図工の先生になって三年目。 初夏のある日、隣家に住む三つ年下の幼馴染・浩哉にスパゲティをご馳走した出来事がきっかけとなり、病で療養中の浩哉の祖父・菊次にも、毎週土曜日にスパゲティを振る舞うことになる。 淳美はさまざまなメニューに挑戦し、菊次を支える浩哉の母・佳奈子を交えて、露原家の人々と週末の昼限定で、疑似的な家族生活を送っていく。 そんな日々に慣れた頃、淳美は教え子の小学生・美里が同級生から疎まれている問題に直面する。さらに、菊次の病の後遺症が、露原家の平穏な空気を少しずつ変え始めて……。
24hポイント 512pt
小説 2,936 位 / 144,235件 ライト文芸 29 位 / 6,112件
文字数 42,881 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.07.02
国立大学の教務課で働く桜井満留は、病床 に臥す母親を抱えながらひとり、鬱々とした 日々を過ごしていた。余命幾ばくもない母の ため、大学と同一敷地内に隣接する国立病院 に泊まり込みで看病をしていた満留は、ある 夜、お化けが出ると噂のある中庭で一人の 少年と出会う。半年前に亡くなった祖母を 想いながらこの中庭によく足を運ぶのだと話 をしてくれた少年、満に、自分と同じ孤独を 垣間見た満留はひと時の癒しを求め中庭で会 うように。 一方、大学でタイムマシンの原理を研究し ているという風変わりな准教授、妹崎紫暢 ともある出来事をきっかけに距離が縮まり、 意識するようになって……。 誰とでも仲良くなれるけれど「会いたい」 「寂しい」と、自分から手を伸ばすことが 出来ない満留はいつもゆるい孤独の中を 生きてきた。けれど、母の手紙に背中を 押された満留は大切な人たちとの繋がり を失わぬよう、大きな一歩を踏み出す。 勇気を出して手を伸ばした満留が知る 真実とは?  母娘の絆と別れ。親子のすれ違いと再生。 異なる種類の孤独を胸に抱えながらもそれ を乗り越え、心を通わせてゆくヒューマン・ ラブストーリー。 (※この物語は一部、実話を交えています。 主人公の母、芳子は四十九歳の若さで他界 した作者の祖母の名であり、職業こそ違う ものの祖母の人生を投影しています) ※この物語はフィクションです。 ※表紙の画像はミカスケ様のフリーイラスト からお借りしています。 ※作中の画像はフリー画像サイトpixabayから お借りしています。 ※作中に病気に関する描写がありますが、 あくまで作者の経験と主観によるものです。 ===== 参考文献・参考サイト ・Newtonライト3.0 相対性理論 ゼロからわかる相対性理論入門書 ・タイムマシン、空想じゃない 時空の謎に迫る研究者 https://www.asahi.com/articles/ ASNDS2VNWND2PISC011.html ・日本物理学会 https://www.jps.or.jp/books/gakkaishi/ files/71-09_70fushigi.pdf ・メンタル心理そらくも https://sorakumo.jp/report/archives/125
24hポイント 484pt
小説 3,106 位 / 144,235件 ライト文芸 31 位 / 6,112件
文字数 51,897 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.06.25
最初は二国間の領土問題による紛争がきっかけだった。世界大戦など空想の産物、絵空事だと誰もが思っていた。 メディアは紛争による惨劇について、当事者意識を欠いたまま連日ニュースやワイドショーで報道し、拡散して行く。いつしか人々は紛争が遠くの何処かでの戦いとして認識し始めた。 そしてその紛争が世界全体の国家を巻き込む大戦へと及ぶとは誰にも想像できなかった。 どこの国からの攻撃なのか、報復なのかもわからない、戦術核などの大量破壊兵器が世界中の空を飛び交い、街は瞬く間に焦土と化し、無数の廃墟となった。 これに加えてどこの国が放ったかもわからない戦闘用ドローンが地上を蹂躙し、逃げ惑う人類を無差別に攻撃し続けた。破壊しても次々と無尽蔵に送り込まれるドローンに圧され、同時に撃ち込まれる戦術核によって人類は後退を余儀なくされ、次第に追い込まれて行く。 程なくして人類の文明は終焉を迎えた。 滅亡したかに見えた世界で、わずかに残った人類は襲い来るドローンや賊徒に怯え、絶望と失意の中で肩を寄せ合い、明日をも知れない未来を生き抜いて行く。 ※ご注意ください 一部知的障害や発達障害などの行動に言及する記述や国家や人種に言及する記述がございますが、その方々を貶めたり、誹謗中傷するような意図は全くございません。何卒ご了承のほどお願いいたします。
24hポイント 427pt
小説 3,432 位 / 144,235件 ライト文芸 36 位 / 6,112件
文字数 114,381 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.06.15

余命-24h

レンタル有り
【書籍化しました! 好評発売中!!】 『砂状病(さじょうびょう)』もしくは『失踪病』。 致死率100パーセント、病に気付くのは死んだ後。 罹患した人間に自覚症状はなく、ある日突然、体が砂のように崩れて消える。 検体が残らず自覚症状のある患者も発見されないため、感染ルートの特定も、特効薬の開発もされていない。 全世界で症例が報告されているが、何分死体が残らないため、正確な症例数は特定されていない。 世界はこの病にじわじわと確実に侵食されつつあったが、現実味のない話を受け止めきれない人々は、知識はあるがどこか遠い話としてこの病気を受け入れつつあった。 この病には、罹患した人間とその周囲だけが知っている、ある大きな特徴があった。 『発症して体が崩れたのち、24時間だけ、生前と同じ姿で、己が望んだ場所で行動することができる』 あなたは、人生が終わってしまった後に残された24時間で、誰と、どこで、何を成しますか? 砂になって消えた人々が、余命『マイナス』24時間で紡ぐ、最期の最後の物語。
24hポイント 397pt
小説 3,699 位 / 144,235件 ライト文芸 46 位 / 6,112件
文字数 147,994 最終更新日 2021.10.15 登録日 2020.04.02
 紬は多動性発達障害で実の親から捨てられた。捨てられた先は、お祖母ちゃんの家だった。そこは牧場でお母さんの妹の礼子さんと弟、お祖母さんが住んでいた。  礼子さんは実は有名な画家でお金持ち、たくさんのお弟子さんがいるすごい人。お医者さん一家やレストランのオーナー一家との交流や、お祖母ちゃんや叔父さんとの交流を通して、成長していく物語。  これは暗い話ではありません。現実よりも明るめの展開かもしれません。周りの人間に恵まれて、すくすくと育っていき、才能を開花させていくようなお話の流れです。  自然とのふれあい。人間同士の絆。ボランティア活動。芸術に癒やされる的展開。恋もあり。  ざまぁ要素あり。毒親以外、善人多めなお話展開です。 ※最初、悲しいです。胸くそ注意! 毒親に注意…… いったん本編完結とします。6月からは不定期で番外編を投稿予定です。
24hポイント 369pt
小説 3,970 位 / 144,235件 ライト文芸 51 位 / 6,112件
文字数 132,096 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.04.30
「誕生日、一緒にお祝いしよっか?」 彼、水瀬彗はそう言った。 高校最後の夏休み目前となったある日。長い黒髪を制服に這わせ「それいいかも、そうしたい!」と歓声を上げる、奏小波。 しかし小波と別れた帰り道、水瀬彗は突然帰らぬ人となった──。 七年後、パティシエとして働く小波は二十五歳になっていた。夢でもあった講師の仕事が小波の元に舞い込む。その仕事先で一人の青年と出会う。順調にも思えた人生の歯車が狂い始めていく。 叶わなかった約束。愛することを決してやめなかった小波。幾つもの世界を交差しながら成長していく。 じんわりと切なくて、お菓子のように甘くて心が温かくなる純愛物語。
24hポイント 285pt
小説 4,990 位 / 144,235件 ライト文芸 69 位 / 6,112件
文字数 42,284 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.06.17
遠距離恋愛だった恋人との結婚が決まり、上京してきた琴子。しかし二人で住むはずの家には婚約者の姿はなかった。 婚約者から裏切られ、家族も友人もいない東京に一人で暮らし始めた琴子は、偶然見つけたピアノバーで『雨だれのプレリュード』を耳にする。雨だれのような一つ一つの音が琴子の心に響き、少しずつ溶かしていく。 ※エブリスタにも投稿しております。 ※ライト文芸ランキング5位(24hポイント順)ありがとうございます!(2022.6.30)
24hポイント 284pt
小説 5,026 位 / 144,235件 ライト文芸 71 位 / 6,112件
文字数 6,710 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.06.30
記憶を失くし鎌倉の街を彷徨っていたエイトは、夜の闇に浮かび上がる奇妙な店に辿り着いた。 古道具や小物を扱う雑貨店『おもひで堂』の店主・南雲は美貌の持ち主で、さらには行くあてもないエイトを雇ってくれるという。思いがけず、おいしいごはんとゆったりとした時間に癒やされる共同生活がはじまることに。 ところが、エイトが店番をする雑貨店には、「恋人からもらうはずだった指輪と同じものが欲しい」など、困った客ばかりがやってくる。そして南雲は、そんな客たちの欲しいモノを次々と見つけ出してしまうから驚きだ。 そんななかエイトは、『おもひで堂』に訪れる客たちのある秘密に気付いてしまった。それらは、失った記憶ともどうやら関係があるようで……? 夏の匂いがする鎌倉での、ささやかな謎と切なくも優しい奇蹟の物語。
24hポイント 255pt
小説 5,474 位 / 144,235件 ライト文芸 81 位 / 6,112件
文字数 108,422 最終更新日 2021.04.21 登録日 2020.07.29
何の変哲もない駅から、いつものように片道切符を握りしめた少女が乗りこむ。 彼女の名は星影 氷空(ほしかげ そら)。 いつもと雰囲気が異なる列車に飛び乗った氷空が見たのは、車掌姿の転校生・宵月 氷雨(よいづき ひさめ)だった。 「何故生者が紛れこんでいるのでしょう」 「いきなり何を……」 訳も分からず、空を駆ける列車から呆然と外を眺める氷空。 氷雨いわく、死者専用の列車らしく…。 少女が列車の片道切符を持っていた理由、少年に隠された過去と悲しき懺悔…ふたりは手を取り歩きだす。 これは、死者たちを見送りながら幸福を求める物語。
24hポイント 200pt
小説 6,785 位 / 144,235件 ライト文芸 101 位 / 6,112件
文字数 93,907 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.04.15
15
ライト文芸 連載中 長編 R15
看護師として働く橘美咲は、ある日、院長室に呼び出される。 そこで、配属先が告げられる。 それは、4西病棟特別室だった。 「えっと、なぜか患者様に狐みたいなケモ耳が見えます。んんっ? ベッドの下に尻尾が二本ある三毛猫? それに騎士様? 気のせいですよね」 「他のスタッフには、普通の人間に見えているはずだ」 神社の家系である美咲と、一部の人間だけに、見えてしまうらしい患者様たちの真実の姿。 特別室で、働き始めた美咲と変わった患者様たちの少し切ない、ほのぼのストーリー。
24hポイント 170pt
小説 7,506 位 / 144,235件 ライト文芸 117 位 / 6,112件
文字数 14,454 最終更新日 2022.05.11 登録日 2022.04.30
★第3回ほっこり・じんわり大賞「心ほっこり賞」受賞。ありがとうございます!( ̄∇ ̄*) このお話は、煮物屋さんというお店で、店長の佳鳴と弟の千隼、そしてお客さまたちと繰り広げられる、暖かくて優しい物語です。 今日も訪れる常連さんたち。さて、今夜はどんなお話が紡がれるのでしょう。
24hポイント 170pt
小説 7,506 位 / 144,235件 ライト文芸 117 位 / 6,112件
文字数 358,788 最終更新日 2021.12.22 登録日 2020.07.11
 京極はかつて大学で研究職を勤めていた。専門はいわゆる超能力。幸運な偶然により、北川という心を読める能力を持つ少年と知り合った京極は、研究と解明の躍進を期した。だがその矢先、北川少年ととても仲のいい少女が、鉄道を狙った有毒ガス散布テロに巻き込まれ、意識不明の長い眠りに就いてしまう。これにより研究はストップし、京極も職を辞する道を選んだ。  いくらかの年月を経て、またも偶然に再会した京極と北川。保険の調査員として職を得ていた京極は、ある案件で北川の力――超能力――を借りようと思い立つ。それは殺人の容疑を掛けられた友人を窮地から救うため、他の容疑者達の心を読むことで真犯人が誰なのかだけでも特定しようという狙いからだった。
24hポイント 113pt
小説 9,642 位 / 144,235件 ライト文芸 145 位 / 6,112件
文字数 29,627 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.04.30
バイト先のリニューアル工事で、突然収入源を絶たれてしまった苦学生のフク。 困り果てていたところで【パラレルライン売店店員募集】という怪しいチラシが降ってきた。背に腹は変えられないと行きついた先には、後悔を抱えた人しか入ることのできない路線、パラレルラインの駅だった。駅長の晴曰く、この路線は「もしも」の世界へと行くことができるという。 こうしてフクはアルバイトに励みながら、後悔を抱えてもしもの世界に移り住むことを希望する人たちを見送ることとなる。やがてフクや晴にも、後悔と向き合うときが訪れる……。 「もしもあのとき、こうすればよかった」を本当に行えるとしたら、未来は変えられますか? サイトより転載となります。
24hポイント 113pt
小説 9,642 位 / 144,235件 ライト文芸 145 位 / 6,112件
文字数 70,893 最終更新日 2022.05.08 登録日 2022.04.30
 “少しずつ視野が狭くなってゆく”という病を 高校生の時に発症した純一は、多少の生きづらさ を感じながらも、普通の人と同じように日々を 過ごしていた。  ある日の仕事帰り、自転車でのんびりと住宅街 を走っていた時に、ふとした油断から通行人の女性 にぶつかってしまう。慌てて自転車から降り、転ば せてしまった女性の顔を覗き込めば、乱れた髪の 隙間から“補聴器”が見えた。幸い、彼女は軽く膝を 擦りむいただけだったが、責任を感じた純一は名刺 を渡し、彼女を自宅まで送り届ける。 ----もう、会うこともないだろう。  別れ際にそう思った純一の胸は、チクリと痛みを 覚えていたのだけれど……。  見えていた世界を少しずつ失ってゆく苦しみと、 生まれつき音のない世界を生きている苦しみ。  異なる障がいを持つ二人が恋を見つけてゆく、 ハートフルラブストーリー。 ※第4回ほっこり、じんわり大賞  ~涙じんわり賞受賞作品~ ☆温かなご感想や応援、ありがとうございました!  心から感謝いたします。 ※この物語はフィクションです。作中に登場する 人物や団体は実在しません。 ※表紙の画像は友人M.H様から頂いたものを、 本人の許可を得て使用しています。 ※作中の画像は、フリー画像のフォトACから選んだ ものを使用しています。 《参考文献・資料》 ・こころの耳---伝えたい。だからあきらめない。 =早瀬 久美:講談社 ・与えられたこの道で---聴覚障害者として私が 生きた日々=若林静子:吉備人出版 ・難病情報センター https://www.nanbyou.or.jp/entry/196 ・https://koikeganka.com/news/oshirase/sick/4425
24hポイント 113pt
小説 9,642 位 / 144,235件 ライト文芸 145 位 / 6,112件
文字数 114,937 最終更新日 2021.08.29 登録日 2021.07.22
俳優にして歌手の天城丞一郎は人気に伴う実力を身に付け、運にも恵まれて若手の中ではトップを走っていた。そんな彼を不慮の事故が襲う。天城の乗った大型客船が遭難し、大勢の死者行方不明者が出た。天城の安否も長く不明の状態が続き、熱心なファンの間でもあきらめと哀しみがじわじわと広がる中、芸能界は第二の天城丞一郎を作り出そうと、それぞれがそれぞれの動きを見せ始める。ある事務所は丞一郎の弟に打診し、別の事務所は二代目天城丞一郎を決めるコンテストを催す。そして現れたのは、天城丞一郎と血の縁で結ばれた新たな候補者だった。
24hポイント 113pt
小説 9,642 位 / 144,235件 ライト文芸 145 位 / 6,112件
文字数 42,601 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.04.30
・第4回、第5回ライト文芸大賞にて奨励賞をいただきました!!✌︎('ω'✌︎ )✌︎('ω'✌︎ ) ・春編2まで投稿、完結済み。次回の更新は8月頃予定。 (あらすじ)  〈心の落とし物〉はありませんか?  どこかに失くした物、ずっと探している人、過去の後悔、忘れていた夢。  あなたは忘れているつもりでも、心があなたの代わりに探し続けているかもしれません……。  喫茶店〈LAMP(ランプ)〉の店長、添野由良(ソエノ ユラ)は、人の未練が具現化した幻〈心の落とし物(こころのおとしもの)〉と、それを探す生き霊〈探し人(さがしびと)〉に気づきやすい体質だった。  ある日、由良は店の前を何度も通る男性に目を止め、声をかける。  男性は数年前に移転した古本屋を探していて……。  懐かしくも切ない、過去の未練に魅せられる。
24hポイント 113pt
小説 9,642 位 / 144,235件 ライト文芸 145 位 / 6,112件
文字数 263,971 最終更新日 2022.05.26 登録日 2020.07.31
実はすごく充実した人生だったんだ…最期の最期にそう思えるよ、きっと。 主人公ワクは、十七歳のある日、大好きな父親と別れ、生まれ育った家から、期待に胸をふくらませて旅立ちます。その目的地は、遥かかなたにかすかに頭を覗かせている「山」の、その向こうにあると言われている楽園です。 山を目指して旅をするという生涯を通して、様々な人との出会いや交流、別れを経験する主人公。彼は果たして、山の向こうの楽園に無事たどり着くことができるのでしょうか。 旅は出会いと別れの繰り返し。それは人生そのものです。 ノスタルジックな世界観、童話風のほのぼのとしたストーリー展開の中に、人の温かさ、寂しさ、切なさを散りばめ、生きる意味とは何かを考えてみました。
24hポイント 85pt
小説 11,393 位 / 144,235件 ライト文芸 171 位 / 6,112件
文字数 288,618 最終更新日 2022.06.24 登録日 2022.05.21
23
ライト文芸 完結 ショートショート
大学4年生の夏、22歳という若さで脳出血を起こし、“当たり前”にできていたことができなくなった元ヤンキーの青年、竜弥。外見上は問題を抱えているようには見えず、障害者雇用枠でも喜んで採用されたのだが……上司から与えられる事務仕事は何をやってもミスばかり。そんな悩みを抱える竜弥の勤め先に突然、超絶過保護な幼馴染2人組が“竜弥の補助員”として転職してきて――。この話は、突然襲い掛かった後天性の障害を受け入れなければならない主人公の葛藤と、障害と共に生きなければならない友人を想い、周囲への理解を求めるために働きかける幼馴染の友情を描いたヒューマンドラマである。 第5回ほっこり・じんわり大賞エントリー中。
24hポイント 85pt
小説 11,393 位 / 144,235件 ライト文芸 171 位 / 6,112件
文字数 24,767 最終更新日 2022.04.29 登録日 2022.04.29
 全てが幻想のようでいて、しかし、全てが真実だった。  誰かが他の誰かを想うことで、ひとつの奇跡にたどり着く。  ──これは、ひと夏の恋の物語。  病気で父親を亡くした少年、高橋都(たかはしいち)は、四年ぶりに故郷である神無し島に戻ってきた。  島根県の沖にあるこの島は、守り神がいるという言い伝えがある反面、神の姿を見た者は誰もいない。そんな状況を揶揄してついた名が、「神無し島」なのであった。  花咲神社の巫女である、花咲夏南(はなさきかな)と向かった先の川で、仲良しグループの面々と川遊びをしていた都。そんなおり、人数が一人増えているのに気が付いた。  しかし、全員が知っている顔で?  誰が、何の目的で紛れ込んだのか、まったくわからないのだった。  ――増えたのは誰か?  真相を知りたければ、御神木がある時超山(ときごえやま)に向かうといいよ、と夏南に聞かされた鮫島真人(さめじままさと)は、新條光莉(しんじょうひかり)、南涼子(みなみりょうこ)、に都を加えた四人で山の中腹を目指すことに。  その道中。『同じ道筋を誰かがたどっていた』痕跡をいくつか見つけていくことで、増えた人物の『正体』が、段々と浮き彫りになっていくのであった。  増えたのは誰だ?  増えた者はいずれ消えるのか?  恋愛×青春ミステリー、ここに開幕。  ※表紙画像は、SKIMAを通じて知様に描いて頂きました。  ※【これは、僕が贈る無償の愛だ】に、幽八花あかね様から頂いたFAを。【十年後。舞台は再び神無し島】に、知様から頂いたFAを追加しました。  ありがとうございました。 【登場人物紹介】 〇高橋都(たかはしいち)  本作の主人公。父親を心臓の病で亡くしたのち、神無し島に戻ってきた少年。心優しく面倒見のよい性格で、泳ぎが得意。医者になるのが、将来の夢。 〇花咲夏南(はなさきかな)  島の守り神を祀っている、花咲神社の巫女。自分のことをボクと呼ぶ、明るく元気な女の子。過去に都と会ったことがある? 〇鮫島真人(さめじままさと)  造園会社の息子で、明るく活発なクラスのムードメーカー。都がやってくるまで水泳部のエース候補だったが、彼が来てからというもの、ずっと二番手に甘んじている。 〇新條光莉(しんじょうひかり)  都と幼馴染の女の子。物静かで、優しい性格。心臓に先天性の病を抱えておりスポーツは苦手。病のせいで、いまひとつ積極的になれない自分の性格がコンプレックス。 〇南涼子(みなみりょうこ)  市会議員など、優秀な人材を輩出することで有名な、南家のお嬢様。  容姿端麗な美少女。都に思いを寄せているが、彼の気持ちが光莉に向いていることで、嫉妬の念を抱いている。
24hポイント 85pt
小説 11,393 位 / 144,235件 ライト文芸 171 位 / 6,112件
文字数 126,672 最終更新日 2022.06.12 登録日 2022.05.15
息子の恋人との顔会わせをする段になった時「あんな~~~な女なんて 絶対家になんて上げないわよ!どこか他所の場所で充分でし!!」と言い放つ鬼畜母。 そんな親を持ってしまった息子に幸せは訪れるでしょうか? 最後のほうでほんのちょこっとですが、わたしの好きな仔猫や小さな子が出て来ます。 2つの小さな幸せを描いています。❀.(*´◡`*)❀. 追記: 一生懸命生きてる二人の女性が寂しさや悲しみを 抱えながらも、運命の男性との出会いで幸せに なってゆく・・物語です。  人の振れ合いや暖かさみたいなものを 感じていただければ幸いです。 注意 年の差婚、再婚されてる方、不快に思われる台詞が    ありますのでご注意ください。(ごめんなさい)    ちな、私も、こんな非道な発言をするような姑は    嫌いどす。 ・(旧) Puzzleの加筆修正版になります。(2016年4月上旬~掲載) 『Happiness 幸福というもの』 
24hポイント 85pt
小説 11,393 位 / 144,235件 ライト文芸 171 位 / 6,112件
文字数 37,275 最終更新日 2021.12.22 登録日 2021.09.19
汚い大人達、汚い友人、汚い親、 汚い、汚い、嗚呼、汚い この世に、 綺麗な存在なんて居るのだろうか。 常日頃、そう思っていた 私 だが、ある日、その思いは打ち砕かれる 出逢ってしまったのだ、 そして2人は 綺麗な、美しい、存在に… 貴方と私の短編ストーリー
24hポイント 56pt
小説 14,341 位 / 144,235件 ライト文芸 214 位 / 6,112件
文字数 3,381 最終更新日 2022.04.22 登録日 2022.04.22
不治の病≪肺結晶≫――その闘病生活は、ツラい喘息と苦しい投薬の副作用に耐え続ける過酷なものだ。 そんな毎日に絶望していた少年≪椿くん≫だったが……ある月夜の晩、突如その苦しみから解放される。 それは身体中の細胞が死滅し、ついには”痛み”すら感じなくなる末期症状。 死の三日前に訪れるという、ほんのひと時の”安らぎ”――、 それを昔の人々は――≪天使のくれた休日≫――と呼んだ。 ※本作はオペラ「椿姫」に着想を得たフィクションです。 ※病気および登場人物などは、全て架空の存在となります。 ★第4回ライト文芸大賞に参加中です!  応援よろしくお願いいたします!
24hポイント 56pt
小説 14,341 位 / 144,235件 ライト文芸 214 位 / 6,112件
文字数 8,639 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.04.30
乳がんで余命3ヶ月と宣告された だけど明るく生きる決意をする 命ある限り好きな事をしよう、、 そして出逢ってしまった 大切な人と、、
24hポイント 56pt
小説 14,341 位 / 144,235件 ライト文芸 214 位 / 6,112件
文字数 50,569 最終更新日 2021.11.09 登録日 2020.08.04

神さまのレストラン

レンタル有り
【お知らせ】改題・改稿・加筆(というかほとんど加筆…)の上書籍化して頂くことになりました!つきましては今月28日に削除しますので、よろしくお願いします。 「ここは……どこなの?」 孤独な女ヒナが目覚めたところは、乳白色の霞のかかる見知らぬ場所だった。そして、不安に駆られひたすら歩いて行った先には、どこか懐かしい雰囲気のするレストランがあった。 思わず足を踏み入れたヒナにオーナーはこう告げる。 「ようこそ、あの世とこの世の間の死に神のレストランへ。今日あなたは死にました……。ちなみに、この店にメニューはありません。お客様のお召し上がりになりたいものをご注文ください」 あなたの心の思い出の一皿はなんですか? 死に神たちの運営するレストランと、死者の織りなすオムニバス・ハートフル・ストーリー。 ほっこり・じんわり大賞にエントリー中 ※8/19ちょっとお話の順番を入れ替えたく、一旦第二話「パンケーキの好きな彼女」を非公開とさせていただきます。明日より新しい第二話を始めますのでよろしくお願いします。
24hポイント 56pt
小説 14,341 位 / 144,235件 ライト文芸 214 位 / 6,112件
文字数 157,275 最終更新日 2019.12.02 登録日 2018.07.28
病気のパパといっしょに、二人だけの旅行に出かけたわたし。せつないけれど、かけがけないのない、ひと夏の物語。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 7,079 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.05.18
ー亡き父親の愛車に導かれ、青年は大きな一歩を踏み出す。ー 自分の愛車が故障し、仕方なく亡き父親が使っていた古い車で婚約者・翠を迎えに行く青年・昴。すると、勝手に動き出したカーナビがある目的地へと誘導しようとしていることに気が付く。カーナビが示す目的地とは……?仲違いをしたままこの世を去った父親、重い病で入院している母親。壊れた家族の関係から目を背け続けてきた昴が、亡き父親の愛車に導かれ、一歩踏み出そうとする物語。 ※ほんの一部ですが、今後の展開に暴力描写を含みますのでご了承ください。 ※表紙の写真は私が撮影したものです。夫が実際に所持している車で、この作品のキーとなる「黄色い車」のモデルとなっています。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 54,569 最終更新日 2022.05.16 登録日 2022.04.29
 明石春斗には、好きな女の子が居る。彼女の名前は月村冬美で、春斗と冬美は幼馴染だ。春斗は子供の頃、冬美を将来のお嫁さんにすると心に誓った。そして冬美も、春斗のお嫁さんになると誓っている。  この物語は、ある幸せなバカップルが周りに与える幸せな影響の記録である。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 33,751 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.04.25
33
ライト文芸 完結 ショートショート
出会ってまだ数ヶ月の彼から、結婚を前提に付き合って欲しいと言われた私。 まだ19歳なのに早すぎる、と思い悩む日々の中、いまは亡き母親の形見である鏡台の引き出しに、一冊のノートが入っていた。 それは――死んでしまった母親と、自分を繋ぐ架け橋となって? ※既存作品「冴えない俺と、ミライから来たあの娘」のアフターストーリーでもあります。 ※上記本編作品を読まなくても楽しめます。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 7,512 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.29
34
ライト文芸 完結 ショートショート
 アイドルグループ「サマーライド・ガールズ」のメンバーだった広瀬雪菜(ひろせゆきな)は、ある日突然解雇を通達されてしまう。  落胆し、ふさぎ込んだ彼女に話しかけてきたのは、由紀(ゆき)という名の若い女性だった。  ここから、雪菜の再生物語が始まる。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 6,935 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.29
働かない父親と家出を繰り返す母親と三人で暮らしている小学生のリナ。 ある夜、母親に連れて行かれた山中で首を絞められる。 助けてくれたのは、山の中の工場で働きながら古いアパートで一人で暮らしているおにいさん「ユウ」だった。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 31,420 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.26
仏頂面。そんな言葉がお似合いな、かわいくない表情を初めましての頃から貫き通す男の子。 挨拶はしない、目も合わせない、話しかければ全力スルー。たまに睨みつけてもくる。 これは、そんなかわいくない弟ができた私のとりとめもない日常のお話である。 小説家になろうでも公開しています。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 20,277 最終更新日 2021.08.09 登録日 2021.07.18
37
ライト文芸 連載中 長編 R15
高校2年の安藤次郎は不良たちにからまれ、逃げ出した先の教会でフランチェスカに出会う。 スペインからやってきた美少女はなんと、あのフランシスコ・ザビエルを先祖に持つ見習いシスター!? ゲーマー&ロック好きのものぐさなフランチェスカが巻き起こす笑って泣けて、時にはラブコメあり、時には海外を舞台に大暴れ! 破天荒で型破りだけど人情味あふれる見習いシスターのドタバタコメディー!
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 408,791 最終更新日 2022.04.25 登録日 2021.07.13
38
ライト文芸 完結 ショートショート
――私は異世界漂流者。 日常なんて、そんなもの。 表紙イラスト/ノーコピライトガール様より
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 1,186 最終更新日 2021.07.13 登録日 2021.07.13
闘病中の沖田総司は、黒猫に話し掛けていた。 すると、急に猫が言葉を話し、総司を不思議な空間に誘う。 そこで出会ったのは、自分の首を抱えた新撰組の局長だった。
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 7,429 最終更新日 2021.07.11 登録日 2021.07.05
40
ライト文芸 完結 ショートショート
結婚して十年目。 特別なことはなにもしない。 だけどふと思い立った妻は手紙をしたためることに……。 妻と夫の愛する気持ち。 短編です。 ********** このお話は他のサイトにも掲載しています
24hポイント 28pt
小説 20,733 位 / 144,235件 ライト文芸 300 位 / 6,112件
文字数 2,608 最終更新日 2021.07.02 登録日 2021.07.02
391 12345