チートスキル小説一覧

タグ チートスキル×
6
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ぼっち高校生、冷泉刹華(れいぜい=せつか)は突然クラスごと異世界への召喚に巻き込まれる。スキル付与の儀式で物騒な名前のスキルを授かるも、試したところ大した能力ではないと判明。いじめをするようなクラスメイトに「ビビらせんな」と邪険にされ、そして聖女に「スキル使えないならいらないからどっか行け」と拷問されわずかな金やアイテムすら与えられずに放り出され、着の身着のままで異世界をさまよう羽目になる。しかし路頭に迷う彼はまだ気がついていなかった。自らのスキルのあまりのチートさゆえ、世界のすべてを『殺す』権利を手に入れてしまったことを。不思議なことに自然と集まってくる可愛い女の子たちを襲う、残酷な運命を『殺し』、理不尽に偉ぶった奴らや強大な敵、クラスメイト達を蚊を払うようにあしらう。おかしいな、俺は独りで静かに暮らしたいだけなんだがと思いながら――。
24hポイント 2,300pt
小説 521 位 / 48,730件 ファンタジー 199 位 / 16,197件
文字数 221,130 最終更新日 2019.06.08 登録日 2019.03.31
気が付くと知らない場所にいた。 隣には女子高生っぽい子がいる。 周りにいた人たちが話しかけてきた。 そして私じゃない子だけを連れて出ていった。 一人ぼっちの私、「ステータス」と言ってみるとホントに出た。 どうやら私はあの子を召喚する際に巻き込まれたらしい。 置いていったってことは、好きにしていいってことでしょ? なら私は自由にこの世界を楽しむことにします。
24hポイント 2,152pt
小説 543 位 / 48,730件 ファンタジー 209 位 / 16,197件
文字数 16,804 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.06.01
神童ラグナス・ツヴァイト。 ラグナスにはレベルの上昇が人よりも格段に速いという天性の才能があった。 ゆえに、彼は「神の申し子」と呼ばれ皆から期待され、もてはやされていた。 ある日、10歳になった少年少女に執り行われるスキル開花式に彼も参加をする。 これは、その人物にみあった特殊なスキルを人生に一つだけ授けてくれるありがたいもの。 しかしスキル開花式で彼が授かったのは「レベルリセット」と呼ばれる最悪のゴミスキルだった。 毎日、日が変わる瞬間にレベルが1に戻るだと? 「神の申し子」たる彼の能力を全て無に帰すそのスキルを手に入れたばかりに、彼の人生は転落していく。 手のひらを変える同級生、家族、そして幼馴染。 全てに裏切られ、孤独となった彼は世界を恨みながらも旅に出る。 しかし彼は気付いた。ゴミスキルだと思っていたそれが、とんでもないチートスキルだったことに。 俺を見限った奴ら、全員思い知るがいい。 この力でもう一度神の申し子として蘇ってやる。
24hポイント 1,210pt
小説 852 位 / 48,730件 ファンタジー 297 位 / 16,197件
文字数 21,965 最終更新日 2019.06.20 登録日 2019.06.14
4
ファンタジー 連載中 長編 R15
国際援助のためとあるアフリカの国にやってきた主人公が所属する部隊、空港からベース基地向かう途中民兵から攻撃を受け、その時、近くにいた民間人を助けようとして盾になり敵の銃弾をくらい死亡、目が覚めると赤ん坊になっていた? 現代知識と特殊スキルによって、帝国と呼ばれる大国に立ち向かう小国の軍団の話しである
24hポイント 205pt
小説 3,344 位 / 48,730件 ファンタジー 1,098 位 / 16,197件
文字数 124,253 最終更新日 2019.05.11 登録日 2018.01.08
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
「出て行けっ! この家にお前の居場所はない!」――父にそう告げられ、家を追い出された澪は、一人途方に暮れていた。 そんな時、幻聴が頭の中に聞こえてくる。 『秋篠澪。お前は人生をリセットしたいか?』。澪は迷いを一切見せることなく、答えてしまった――「やり直したい」と。 その瞬間、トラックに引かれた澪は異世界へと飛ばされることになった。 スキル『倉庫(アイテムボックス)』を与えられた澪は、一人でのんびり二度目の人生を過ごすことにした。だが転生直後、レイは騎士によって迷宮へ落とされる。 ※2018.10.31 hotランキング一位をいただきました。(11/1と11/2、続けて一位でした。ありがとうございます。) ※2018.11.12 ブクマ3800達成。ありがとうございます。
24hポイント 177pt
小説 3,580 位 / 48,730件 ファンタジー 1,161 位 / 16,197件
文字数 75,008 最終更新日 2018.11.26 登録日 2018.10.25
金……。 最期にこう言い残した男が目を覚ますと、そこは異世界だった。 そこには人間だけではなく様々な種族が混在し、互いが助け合う理想の世界。 そんな世界では、ある年齢に達するとスキルが授けられるという。 転生した男もその年齢になると、自身のスキルを確認するのだが。 そこに表示されたのは農家のスキルではなく、【金を無限に生み出す】と言ったスキルであった。 かくして少年は、錬金術師として街へ繰り出すのである。
24hポイント 56pt
小説 6,477 位 / 48,730件 ファンタジー 1,834 位 / 16,197件
文字数 29,247 最終更新日 2019.06.03 登録日 2019.05.10
6