現代文学小説一覧

タグ 現代文学×
46 12
あらすじ どこにでもある様な温泉宿に、どこを探しても見つけることができない幻想的なお客さんたち。お客さんはエルフにリザードマンやら盛りだくさん。異種族の者達が普通の日常を求めてやってくるそんな矛盾が織りなす宿飯幻想ファンタジーです。 生活して風呂に入って飯を食べる。それこそが生きる証 お腹が空くので、ダイエット中や寝る前には読まないでください
24hポイント 278pt
小説 4,049 位 / 100,176件 ファンタジー 936 位 / 26,934件
文字数 135,156 最終更新日 2021.04.21 登録日 2021.02.23
あらすじ  これは少し未来の全てに通ずるお話。  人類は目覚ましい科学力によって誰しもが楽をして暮らせる世の中を作り上げた。  しかし、仮初の平和も束の間。堕落した人間が優れた技術を使いこなせるはずもなく地球の資源はみるみる内に枯渇していった。  食料問題やオーバーテクノロジーによる戦争によって世界の7割は砂漠と化す。そこに突如異世界からの支援物資が世界の主要都市に届く。なぜ、異界の人々は我々に貴重な食ベ物をくれるのか?なぜ、異界に通じるゲートが開いたのか疑う事はなかった。  最低限の主要都市を復興させたのも束の間、異世界と繋がる新しいゲートが日本で開き、そこから溢れ出る魔物達。偶々居合わせた異界人がその場を収めるが、日本と通じている異世界では魔物の数が多く、侵略されかけその余波が日本を襲っていると判明し、異界からの食べ物を多く摂取すると身体に魔力が宿り、魔物と互角以上に戦える事が解明された。  日本は、異界での魔物の侵略を食い止めた分だけゲートの先につながるエルタネ公国から土地や食糧を渡してもらう盟約を締結。 それにより、一つの制度が発表される。 『異世界調査隊』制度  一番魔力の保有率が高かった10代から20代の少年少女達から青年期の者を異界で魔物と戦わせ、貢献した者に土地や食糧を分配するという制度だ。  これに、財閥筋の家柄の者達が便乗。本人達の意思とは関係なく末っ子や家の問題児を異界に送り込む社会現象が起こった。  様々な想いや策略が交錯する中で青年達は武器をとるしか選択できない。  貴方は大切な物の為に命を投げ出せるか?それが例え利用されているだけだとしても
24hポイント 249pt
小説 4,412 位 / 100,176件 ファンタジー 1,048 位 / 26,934件
文字数 100,795 最終更新日 2021.04.21 登録日 2021.02.23
人間関係を煩わしく思い、できるだけ避けて生きてきた秦海優梨(はたみゆり)が数ヶ月の間に経験する、地味でいて衝撃的、退屈であり刺激的、ありふれていてここにしかない、そんな日常のお話。
24hポイント 99pt
小説 7,710 位 / 100,176件 現代文学 70 位 / 5,237件
文字数 43,292 最終更新日 2019.01.28 登録日 2018.12.05
4
現代文学 完結 ショートショート
久美子は変わっていく街並みに寂しさを感じていた
24hポイント 49pt
小説 11,129 位 / 100,176件 現代文学 107 位 / 5,237件
文字数 840 最終更新日 2021.03.29 登録日 2021.03.29
◆あらすじ 極道連合の龍帝会に所属するポンコツ少女は、 師匠の下で大和十三仏霊場に行って仏教を学び、 天武神社にて三本目の短剣を受け取り、 三位一刀流・大和十三仏五十六心剣を極める。  一方、天帝と呼ばれる十二人の支配者は、 少数派の弱者を天門に送って人権を与えると欺き、 好き放題に人々をもて遊ぶ…… 正しき秩序とは何か。   動き出す時代の輪廻に身を委ね。     ツクヨミとスサノオは互いに激突する。  そして、少女は日本の神であるアマテラスに、 弱き者達の救済を託され、戦場へと誘われる。 ——————————————————————— ◆文章/構成/見どころ   極道+SF!——禁断の組み合わせ!    読んでみたい、感じてみたい     そんな貴方の小説です!是非ご覧あれ! 膨大な情報量を日本神話で描き彩る。至高の物語!  改行と段落を駆使して    文章を素早く読めるように、      レイアウトを工夫!読み易さを追求! ——————————————————————— ◆連絡事項 ・日々小説の勉強中、技術が圧倒的に足りない! ・ある程度勉強して面白くなる見込みがあるなら  書き直すかもしれません…… ——————————————————————— パッチ・1.02 2020年12月28日 エピソードⅠ 1-1 1-2 1-3 1-4 パッチ・1.02 2020年12月29日  エピソードⅡ 2-1 2-2 2-3 2-4
24hポイント 49pt
小説 11,129 位 / 100,176件 現代文学 107 位 / 5,237件
文字数 82,072 最終更新日 2021.01.08 登録日 2021.01.07
6
現代文学 完結 ショートショート
私は月が憎くてたまらない。
24hポイント 49pt
小説 11,129 位 / 100,176件 現代文学 107 位 / 5,237件
文字数 3,921 最終更新日 2019.12.02 登録日 2019.12.02
7
恋愛 完結 短編
空耳ならぬ、空言葉。 なぜか恋愛シチュエーションだと思ってしまう『なんちゃって恋愛ストーリー』を短編で書きました。 すべて1話完結ですが、ぼちぼち更新していきます。 ゆる~い、ちょっとコメディな短編集なので、お気軽にお立ち寄りくださいませ(*‘∀‘)
24hポイント 7pt
小説 23,544 位 / 100,176件 恋愛 9,901 位 / 27,968件
文字数 11,346 最終更新日 2019.08.11 登録日 2019.07.03
8
現代文学 完結 ショートショート
大介は小川の向こうの小さなモミジの木が心配だった。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 1,289 最終更新日 2021.04.17 登録日 2021.04.17
9
現代文学 完結 ショートショート
遥香は薄暗い部屋で休日を過ごしていた
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 841 最終更新日 2021.04.04 登録日 2021.04.04
10
現代文学 連載中 ショートショート
和年は日本一周を目指して、海辺の道を歩いていた
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 3,753 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.31
11
現代文学 連載中 ショートショート
リュックこわれた
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 348 最終更新日 2021.03.29 登録日 2021.03.29
12
現代文学 完結 ショートショート
穂は落胆した
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 818 最終更新日 2021.03.25 登録日 2021.03.25
13
現代文学 連載中 ショートショート
詩の創作を始めたので、誰かに読んでいただきたいと思い、投稿しました。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 2,214 最終更新日 2021.04.17 登録日 2021.03.24
14
現代文学 完結 ショートショート
洋平は妻との会話が少なくなった事を寂しく思っていた
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 1,155 最終更新日 2021.03.19 登録日 2021.03.19
15
現代文学 完結 ショートショート
私は通学路の桜の木が好きだった
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 625 最終更新日 2021.03.18 登録日 2021.03.18
16
現代文学 完結 ショートショート
心を荒らすものに対する焦燥
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 195 最終更新日 2021.02.19 登録日 2021.02.19
17
現代文学 完結 ショートショート
 近年季節を感じることがなくなってきました
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 264 最終更新日 2021.02.14 登録日 2021.02.14
18
青春 連載中 長編
誕生日の夜、30歳になった佐山美邦(みくに)は寄り道をした埠頭で同じアパートの隣に引っ越して来たばかりのシングルマザーを見かける。 彼女はとある理由から男達と街を去る事になった。 その際、彼女から必死にお願いをされ断りきれず引き受けてしまう。この日を契機に佐山の生活は一変する。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 青春 3,930 位 / 3,930件
文字数 9,133 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.03.12
夢破れて都落ちした青年、聡太。失意の先に彼は「夢列車」で何を見、何を感じるか———
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 9,247 最終更新日 2021.01.27 登録日 2021.01.24
就活もせず、web小説ばかり書いている青年、「僕」。彼には憧れの女性がいた。まるで『LEON』のマチルダのような女性との思い出と再会、そして———
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 5,683 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.23
21
現代文学 完結 ショートショート
私にはない
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 409 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.23
ある時ふと見つけた英文プリント。 これは主人公の思考のリズムを崩していく。クリスマスを話題にした内容から、何か深い芸術と信頼を感じたのだが……
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 1,449 最終更新日 2020.12.24 登録日 2020.12.24
23
現代文学 完結 ショートショート
学校をサボった 僕は学校が畢竟嫌いなので サボってやった。 僕はアートをしていた。 だから学校という鎖から離れる事に 或美意識が働いた。 ただ面倒だとかそういう類のものでは毛頭ない。 ただ僕は僕の美意識を否定される場に 1人で向かって行くような そんな登校に或吐き気を覚えただけである。僕は昔からHSPの傾向があったような気がする。 初見の友達から「お前は誰だ」と問われた時、僕は何故かその「或吐き気」を感じたのである。 僕がそれを感じる時分というのは大体 僕が喜ばしい事の最中にいた時であった。 だから嫌だった。 人の感情や美意識を 知らず知らずに押し込まれているような気質。 こんな生きづらい性分の人間というのは 社会に適応できるのだろうかと 或吐き気を堪えながら考えていくと ある程度、いや、客観的には存外やっていけている様なのである。 だから助けを呼んだとしても 物理的証拠がないから 理解されない。 ただ僕はこれからもその 「或吐き気」を避け続けるだろう Aidez-moi...
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 425 最終更新日 2020.12.09 登録日 2020.12.09
24
青春 完結 長編
母が死んで二年、父が見知らぬ女を連れてきて「彼女と結婚する」と言った。 いきなり赤の他人と同居などご免だと家を出て寮生活を送っていたある夜、帰省したはずの同級生、蒼葉が目の周りに絵にかいたような青あざを作って戻ってきた。「父さんに殴られた」と言って。 父の再婚が受け入れられず背を向けたオレと父親に殴られ逃げてきた蒼葉。そんな不器用なガキだったオレ達の高校1年の頃の物語。 鬱展開です。苦手な方は読まないでください。 *表紙はエブリスタで活躍中のイラストレーターGiovanniさん(https://estar.jp/users/153009299)からお借りしています。 軍服姿の麗しい青年を勝手にDK蒼葉くんにしてしまいました(^◇^;) 表紙が凄過ぎて、中身伴ってません。あしからず。 *本文中のイラストはpicrewあまあま男子メーカー、背景は、悦さんのフリー素材「沈丁花」、アイビスペイントの既存画像を使用させていただきました。 ****** 昔々に、書きっぱなしで終わることなく、放置されてた物語の主人公の旦那さん、笹原亮一という中年のおっさんの少年時代を書いてみたいと思い立って、書き始めました。 なので、やや昔の、携帯やスマホの無かった頃のお話です。 長編になってますが3万字弱の短編に近いものです。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 青春 3,930 位 / 3,930件
文字数 29,972 最終更新日 2020.11.08 登録日 2020.10.30
25
現代文学 完結 ショートショート
或衝動は彼の歴史を掻き回す。 古典的文章で書かれた現代文学。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 777 最終更新日 2020.10.02 登録日 2020.10.02
26
大衆娯楽 連載中 長編 R15
『童貞』。その固有名詞を青年コトブキは何よりも恐れていた。職練に通い始めたが、他の受講者は全員女だった。女たちからの質問責め、下ネタ、ラジコンにされながら男の面子を保つ為、頑なに無口で通した。やがて『先生』の存在がコトブキを外の世界へと駆り立てていく。「匿名で生きることを選んだ今を欲望の側面から描きだす。アングラなインターネット文学!」
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 大衆娯楽 3,073 位 / 3,073件
文字数 59,968 最終更新日 2020.11.02 登録日 2020.09.27
27
青春 完結 短編
息苦しい学校生活を送っている女子高生・松田と、一匹狼なクラスメイト・高梨の一夏の思い出。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 青春 3,930 位 / 3,930件
文字数 10,247 最終更新日 2020.07.15 登録日 2020.07.15
28
現代文学 連載中 ショートショート
心が少しザワつく掌編たちを集めました。 背筋がゾワッとしたり、ゾッとしたり、ヒヤッとしたり むず痒がったり、歯がゆかったり 心が寒かったり、あったかかったり そんな掌編たちです
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 17,458 最終更新日 2020.06.22 登録日 2020.06.22
29
BL 連載中 長編 R18
4話程の中編。 ※不定期
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 BL 9,940 位 / 9,940件
文字数 41,812 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.06.23
30
恋愛 連載中 長編
最初の頃ほど大きくはないけど、それでも細く細く絶えることなく恋してる。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 恋愛 27,968 位 / 27,968件
文字数 3,587 最終更新日 2020.03.10 登録日 2020.02.24
31
現代文学 連載中 短編 R15
 大川恵里は、ただの中学生ではない。『200のサヴァン』と呼ばれる天才、少数派の中の少数派。しかし彼女は、この世という地獄において、それは弱者の首輪だと断じていただろう。傷の舐め合い、共依存、どうこう謗られようと、彼女はとある運命の恋に縋りつく。何より理解者こそを得るために。  しかし、何処までいっても実っても、恋は未熟で熟さない。それを許せない者ほど踏み外す。  本編『白金~アルビノ~零』に繋がる短編、その第弐番。  いつの間にか流され呑まれる、清流が囁くホワイトラムを、読み手の貴方に……。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 59,238 最終更新日 2020.07.28 登録日 2020.03.06
孤独と絶望、それが私の本質でした
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 5,200 最終更新日 2020.01.07 登録日 2020.01.07
33
現代文学 連載中 長編 R15
 白金明日美は、『ありきたりな理由の自殺した』とされて、討ち殺された。この世こそが地獄で、死ねば無になるものと思っていただろう。しかしそんな地獄は、怨霊もとい悪鬼の犯罪都市にて続行される。  白痴の無為か、異端の無体か。そんな地獄で、死んでも死に切れなかった魂は、再び燃える事を許される。  人間を、ひたすらに尊んだ、忠実な僕の物語。    そんな物語の、書き始め。  やはり先ずは反逆に酔いましょう、土埃が映えるウィスキーを、読み手の貴方に……。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 76,403 最終更新日 2020.11.16 登録日 2020.01.08
独特な感性や言葉選びを好む譲葉と単純なものが好きな悠子、譲葉が愛おしく悠子を追いかける理由。 悠久へ向かう君はいつも新しい。だから僕はいつも新鮮に生まれ変われる。ある恋人のひとつの在り方。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 3,684 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.12.15
35
現代文学 完結 ショートショート
私は彼の記憶を自らの中に閉じ込めようとした。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 2,954 最終更新日 2019.12.07 登録日 2019.12.07
36
大衆娯楽 完結 長編 R15
メロウに揺蕩う、その退廃が。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 大衆娯楽 3,073 位 / 3,073件
文字数 98,458 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.10.04
37
現代文学 連載中 ショートショート
ある目的のため薬を開発し続ける科学者アール。 そんなアールが開発した完璧な薬と、彼の目的とは。 その他、様々なショートショートを書いてあるので気軽に読んでください。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 14,824 最終更新日 2020.07.03 登録日 2019.08.20
大学生の伸五は、6月のたまの晴れ間に、久々に家族水入らずで旅行に出かける事になった。 年の離れた兄と姉、そして父親と4人で、一路鬼怒川を目指す。 年を重ねすっかり丸くなった父親を中心に、過去を思い出しながら旅は続いていく。 この旅の本当の目的とは? 旅の果てに見つかる、家族のあり方とは? 愛しさと暖かさを詰め込んだ、心がじんわりと温かくなる、ホームロードストーリー。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 17,444 最終更新日 2019.07.30 登録日 2019.07.28
39
現代文学 完結 短編 R15
 青海真由は、誰もが優等生と認める高校一年生であり、誰もが謗るであろう悪だった。そのまま進めば、白紙の進路調査書には『悪党』なんて書いたかもしれないが、蛇の道で出逢うのは蛇である。彼女の自身の悪行によって冬眠から覚めた蛇である。  そして彼女の人生は大いに曲がる。片恋の末の狂心か、それとも非合理への渇望か。とにもかくにも大いに曲がる。あくまでも、この世という地獄で喘いだ彼女の息は、いつしか微風となって、伝染させる。  本編『白金~アルビノ~零』に繋がる短編、その第壱番。  今が最後の盛り、焔渦巻かすウォッカを、読み手の貴方に……。 ※訳あって、非道な乱文、御寛恕を。 
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 44,525 最終更新日 2019.12.13 登録日 2019.07.15
 繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し、そしてまた繰り返される。それは誰かにとっては希望そのもので、他の誰かにとっては絶望かもしれない。  誰かじゃなくて僕にとっては?  そんなの愚問だ。だって――……。  どうせ繰り返されるだけなのだ。希望も絶望もあったもんじゃないだろう? この平坦な毎日と同じだ。真平らな道を余所見もせずに歩けるのは、僕の心も真平らで上にも下にも横にも微塵もぶれることがないからで。  そういえば、考えたこともなかった。いつか、終わりや変化がやってくるなんて。そんな馬鹿げた希望を抱き続けて歩き続ける人のほうが多数だけれど。そんな希望を抱いた人の幾人かがそのうち気付いて絶望して行く。僕にはわからない。絶望する以前に、この現状に希望など見出したことなど一度も無いから、僕は絶望もしない。  何もないところから何かが生まれるはずなんてないんだ。入り口や出口すらここには元から無いじゃないか。風穴ひとつ見当たらない。  そんな場所で、どうして何かが変わるかもしれないなんて思えるのだろうか。  かたんと音がして、それから手元に冷たいものが滴った。それは直ぐに手元を過ぎて机から零れ落ち、床でぴちゃんと音が鳴った。  ああ、まただ。  そこまでグラスの中身が零れてから漸く僕は我に返った。  慌てて椅子を引いて立ち上がり布巾と雑巾を取りに向かおうとしたら、既に同居人が布巾と雑巾片手に駆けつけるところだった。 「ごめん」  そう言って彼女が持っていたものを受け取ろうとしたが、彼女はすたすたとそのまま机まで向かい自ら僕が零したグラスの水をふき取りに掛かった。  僕は呆然とそれを見つめていた。 「大丈夫? 」  机の上をさっと拭いた彼女は蹲って床を拭っている。丸まった背中だけが僕には見えていて彼女が今どんな顔をしているのか知らない。彼女の声色がなんだかいつもと違っている気がしてさっぱり想像すら付かない。  僕は言葉に詰まった。  今、彼女が欲しい言葉がわからない。 「どうかしているよね、ホント」  言葉に詰まっていた割りに、それは随分すんなりと出て来た。  本当に僕は最近どうかしている。気が付くとぼうっとしていて、何かを落としたりどこかにぶつかったり――それでいて、まるで他人事のように気付くのが遅い。  たぶん、僕は不安なんだ。  この平坦な繰り返しに何も疑問も持たない僕は僕自身も実に平坦で、希望も絶望も抱くことはないけれど、どんどん平たくなっていく自分が不安なんだ。  僕は僕であって僕じゃなくなって行く。この繰り返しの単なる一部分でしかない。
24hポイント 0pt
小説 100,176 位 / 100,176件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 2,629 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.12.13
46 12