再生小説一覧

タグ 再生×
14
ある事件が元で心を失い裏の世界の住人となった隆一は、奇妙な中年女と出会う。
24hポイント 49pt
小説 15,361 位 / 148,419件 現代文学 130 位 / 6,587件
文字数 19,614 最終更新日 2021.09.15 登録日 2021.09.13
静(しずか)の婚約者、良一(りょういち)は鳥類の研究者。 開けても暮れても、絶滅してしまった「リョコウバト」について考えている。 そんな良一が、リョコウバトのDNAを復活させるプロジェクトに誘われて……!? 今ではもう、地上で見られなくなったリョコウバトの再生に尽力する男の 迷いと決意を描きました。 ほっこり、じんわりです。 トップ画はVizetellyによるPixabayからの画像
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ライト文芸 6,155 位 / 6,155件
文字数 2,624 最終更新日 2022.07.23 登録日 2022.07.23
新卒で就職した会社に失敗した茂雄は、ちょっとした産廃業者の総務部に転職した
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 青春 5,446 位 / 5,446件
文字数 11,323 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.06.30
4
恋愛 完結 長編
古の森の娘ユーラは、使命を持って叔父と一緒に生まれて初めて人の国へと旅立った。山脈と古き森に抱かれ外界と隔絶されたその国では、王太子である息子に相応しい妃をと、王妃が国中から年頃の令嬢たちを招待していた。だが王太子リューセドルク本人は、くだらない催しだと興味がない。彼は、昔森の民から国に託された大切な竜たちが、この数年衰弱していることに頭を悩ませていた。竜について情報を得るためだけに、リューセドルクは代々森と交流を保つ辺境領の領主の娘と接触しようとする。だがその娘は、辺境から城まで同道したユーラたちを何故かひどく嫌っていた。一方ユーラは、王城で竜を探すうちに見かけたリューセドルクを、自らの運命の相手と確信する。だが、リューセドルクは竜のことのみならず、母から押し付けられる理想の王太子像に辟易し、疲弊していた——。 王太子と彼を救う娘の定石通りの物語、けれども実は、誰もが悩み、誰もが臆病で、そして誰かを想っている。 
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 恋愛 46,779 位 / 46,779件
文字数 105,673 最終更新日 2022.06.05 登録日 2022.05.15
マンションのガス爆発事故でぼくら兄妹はあっけなく他界。まあ、それは仕方ないんだけど、生まれ変わった先がかなり問題のある世界だった。そこはまるで中世の、そう、ハッキリ言って異世界そのもの。超常現象日常茶飯事で、強大な魔法が支配する、しかもどこもやみくもに戦争を繰り返している終末世界だった!そんな世界を治めようと現れたのは最強の魔導師で魔族の王、魔王メティア。魔族軍と魔獣族を率いて人間族に戦いを挑んだ魔王は連戦連勝。この世界の勇者はほとんど倒されてしまって、あとはほんの数人、といったありさま。やがて人族は魔王によって滅ぼされる…それは時間の問題でした。ぼく?ぼくは勇者。なのですが、なにをやってもダメダメの落ちこぼれ勇者なんです。しかも超貧乏。こんなぼくには幸いなことに誰も声をかけません。そんな人類存亡のとき、ついにぼくに…え?売られちゃった?鉱山で働けって。ムリっす!そんなのすぐ死んじゃうに決まってるじゃないですか!ああ、妹よ、助けてえ! これは死に別れた兄と妹がお互い敵同士にして骨肉相食む物語、となるはずですが、あいにく兄はバカがつくほどのシスコンで、妹は妹で超がつくほどのブラコン。この二人が、人類と魔族を巻き込んで崩壊に向かっている世界を再生する、なんて少しも考えてない超自己優先な二人の壮大な緩いおはなし…なのです。
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ファンタジー 35,365 位 / 35,365件
文字数 162,270 最終更新日 2022.03.12 登録日 2021.09.13
繊細過ぎる故に、生きづらさを感じていたハナ。 誰からも必要とされていないような、いつでもここは自分の居場所ではないというような、孤独感を感じていた。 自分に対しても周りに対しても、傷つかないように傷つけないように、ぼんやりとしたシールド超しの、刺激の少ない、色を感じない世界で過ごすようになって久しいハナが、ある喪失体験をきっかけに、「薬」の語源を持つバリ島ウブドに旅立った。 自然や植物の持つ美しさとエネルギーに力をもらい、バリの人々の笑顔に癒され、信仰が日常的なバリの文化から浄化され、本来のみずみずしい感性を取り戻していった。 そんなバリでの滞在中に出会ったヨガインストラクターのマリコ。その佇まいや、発する言葉の数々が、豊かな感受性を取り戻したハナに、自分自身を見つめる自己対話を促し、再生していく物語。
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 現代文学 6,587 位 / 6,587件
文字数 29,085 最終更新日 2021.07.28 登録日 2021.07.21
ある大きな悲しみを抱えた女性が、歴史ある京都で不思議な経験をします。 この世界には、光があたらない、悲しい出来事や人の心が、数えきれないほどにあります。そこに少しでも光を灯し、誰かに慰めを与えられたら。そんな思いで、丁寧に音符を並べるように、ひとつの優しい曲を創作するように、言葉を紡ぎました。 あなたの心に優しい陽が差し込みますように。
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 現代文学 6,587 位 / 6,587件
文字数 18,935 最終更新日 2022.03.26 登録日 2021.06.05
困ってる人をかくまってほしいと頼まれた。やってきたのはツムギと名乗る若い女……
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 現代文学 6,587 位 / 6,587件
文字数 5,510 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.03.08
月と魔法使いと壊れた自動人形
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ファンタジー 35,365 位 / 35,365件
文字数 55,700 最終更新日 2020.04.21 登録日 2020.04.06
役者になることを夢見て上京して8年。 マサトに残酷な現実が突きつけられる。 「前向性……健忘?」 苦心の末にようやく掴んだチャンスは、あっけなくその手から離れていった。 一方、ある町で喫茶店を営むナルとマドカのもとに、同級生のソウタがやってくる。 コーヒーを注文したソウタが告げたのは、ある意外な知らせだった。 これは、一級河川の天戸川の下流、都会でもない田舎でもない、美しい自然を残した町を舞台に繰り広げられる、希望と絶望と、そこからの未来を紡ぎだす物語。
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 現代文学 6,587 位 / 6,587件
文字数 38,317 最終更新日 2020.02.16 登録日 2020.02.02
『アウル・オーカスト』はどこにでもいるCランク冒険者。ギルド『金色の塔』に所属していた。彼には幼馴染みの『レイラ・マーカル』と『マイカル・ケリオン』がいるがレイラには『歌巫女』、マイカルには『黄金騎士』の肩書きがあり、Sランクになっていた。なんとか追いつこうと頑張ってきたアウルだったが決定的な事が起こり心が折れ・・・・・・。これは夢破れた若者の人生再生の物語。
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ファンタジー 35,365 位 / 35,365件
文字数 14,319 最終更新日 2019.08.30 登録日 2019.08.17
私は冬の街でコインロッカーに遺棄されていた乳児に出会った。思わず連れて帰って世話をするうちに、去年の夏の出来事を回想した。一時の感情に流され、過ちを犯した苦い記憶。心の傷がうずき出し、無力な自分に涙があふれ出す。それでも私の心に夜明けが訪れた。
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ライト文芸 6,155 位 / 6,155件
文字数 15,412 最終更新日 2019.06.14 登録日 2019.06.14
『武器と魔法の世界で怪盗が悪霊と人を不幸していく物語で、主なテーマは再生』  魔法が台頭する時代に、正体不明の怪盗団が現れた。怪盗団の目的は世界の再生で、現状の魔法が優位になりすぎている現状を打破するために魔法を盗んでいく。そうすることによって、魔法によって弾圧され続けてきた国民たちを救おうと考えているらしい。そんな怪盗団を快く思っていないのは何も権力のもと血肉をむさぼりつくしてきた領主たちだけではない、魔法をこよなく愛する少年である。しかし、少年はひょんなことから怪盗団の一員として人々から魔法を奪い続ける日々が始まってしまった。魔法をなくしたくないという心と、魔法を人々の弾圧のために使ってほしくないという葛藤の中で、少年は何を思うのだろうか
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ファンタジー 35,365 位 / 35,365件
文字数 53,648 最終更新日 2018.07.28 登録日 2018.06.20
目の前の光景をどう捕らえれば良いのだろう? 世界の狭間、雲海に浮かぶ小さな小舟の上でオールを持ったまま呆然としている美しいスーツ姿の男性がつぶやいた。 雲海、凪いだ海の彼方にはポツポツと小さな島が見える。 天空には天使達の住む宮殿か遥か上空に見え、雲海の下には悪魔や魔物の住む暗く殺伐とした魔界が見える。 その遥か下方に有るのが人間の世界、今は世界対戦の真っ最中だ。 「ルードビッヒ、君がまだ近くにいてくれて良かったよ」 そう言った先にはゆらゆらと魂の球体が浮かんでいる。 「僕の姿を思い出してくれないか?」 そう言った声の主のことを思いうかべた
24hポイント 0pt
小説 148,419 位 / 148,419件 ファンタジー 35,365 位 / 35,365件
文字数 4,912 最終更新日 2018.02.07 登録日 2018.02.04
14