連れ去られた先で頼まれたから異世界をプロデュースすることにしました。あっ、別に異世界転生とかしないです。普通に家に帰ります。

 初めまして。主人公の白夜 零斗です。どうだ、実に厨二っぽい名前だろう?

 確実にツッコまれるから、一番最初に処理しておく。キミたちに言われるまでもなく、そんなことは分かってるんだ。
 しかし、悲しいがこれが俺の本名だ。ご理解をお願いします。

 名前のせいで、いじられることも多々あった。その度に、みなごろしたのはいい思い出だ。
 若干名、羨ましがられることもあったな。ごく一部な。

 だけど、人間に大事なのは中身だろう? そうだよな? な? ……これで名前の話は終わりだ。

 ──もう終わりにしよう? ね?

 さて、本題だ。この話だが俺が異世界をプロデュースする。
 悪魔に騙され、異世界に連れていかれ、怖いおっさんたちに囲まれ、くそ長い話を聞かされ……頼まれた。

 そして、俺がつまらない世界を変えた。
 いい方向なのかはわからない。ただ、笑顔は増えた。いろんな意味で!

 これは、いかにして世界を面白楽しくしていくのかと言う物語だ。
 あらずじはこんなところだ。後は本文に続く。


 ※

 小説家になろうにも掲載しております。現在のところ後追いとなっております。



24hポイント 0pt
小説 63,549 位 / 63,549件 ファンタジー 19,927 位 / 19,927件