パラレヌ・ワールド(完)

「……は? ……宇宙人? そんなの、――――そこらじゅうにいるじゃん」

太陽系戦争に敗北した地球は、太陽系共有の植民地となり、姿も形も区別のつかない人型エイリアンたちで溢れ返っていた――――

〝黒い〟地球人にして高校生の主人公、カズマは人口流星群の降る日、親友にして月星人のゲンタから、〝星の力〟を持たない〝黒い異星人〟の噂を耳にし、その異星人が現れるという三つ子山にて、彗星人のトモカと出会う。それをきっかけに学内でも友達を増やしていくカズマ。
気づけば美少女異星人たちとのハーレム生活が始まっていて――――!?

「――――探せ。宇宙を統べる、緑の帝王を」
 宇宙を否定した地球人と、すべてを肯定した異星人たちの物語。
 七人の異星人たちが集う時、誰も予想だにしなかった真実が明かされる――――

学園宇宙SFハーレム、ここに開幕!!

――――――――――――――――――――――――――――――――
ツイッターを開設しました。質問、小説の相談など、お気軽にどうぞ↓
http://twitter.com/@akira_zensyu
24hポイント 7pt
小説 18,897 位 / 77,271件 ファンタジー 4,198 位 / 22,293件