怖がり伯爵令嬢は逃げも隠れもしますので構わないでください!

 伯爵令嬢マリー・コースフェルトは設立からわずか十年も満たない学び舎に幼少の頃から通い十五歳で高等部に進学することが決まった。

 怖がりのマリーの前に現れたのは、目つきが鋭く長身の公爵家の後継ぎ息子ギルベルト・ハウクル・バルツァー。

 目が合ったというだけで怖がりのマリーは走って逃げだしたが、その後すぐにまた今朝は何故逃げ出したのか? と声をかけられる。が、また逃げ出してしまった。

 創立からまだ十年も満たない学び舎には高等部に通う生徒は少なく、始まったばかりの高等部生活は、いきなり息苦しいものになる。

 一方、自分から逃げ出すマリーのことを珍しいと思ってつい目で追うようになったギルベルトはことあるごとに彼女にちょっかいを出そうとするのであった。
24hポイント 0pt
小説 95,680 位 / 95,680件 恋愛 26,306 位 / 26,306件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

愛されたくて、飲んだ毒

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:78960pt お気に入り:3467

今さら跡継ぎと持ち上げたって遅いです。完全に心を閉ざします

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:35962pt お気に入り:2003

5年も苦しんだのだから、もうスッキリ幸せになってもいいですよね?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:87029pt お気に入り:10752

【R18】幼馴染みスワッピング

恋愛 / 完結 24h.ポイント:972pt お気に入り:76