華夏帝王奇譚 §チャイニーズ・バンパイア・ファンタジー§

『二夜 蜃の楼』に登場する幻術師の蜃は、同時掲載作『魔窟降臨伝』R-18 に登場する蜃と同一人物です。

 死に切れない宿命を持つという一族の少年、舜と、その父親だという青年、黄帝。
 中国の山奥、雲海を臨む最峰の頂で黄帝と暮らしていた舜は、やっとのことで、街へ降りる許しをもらい、勢い込んで上海へと向かう。
 しかし、そこへ現れたのは、炎帝と貴妃という、『同族』の二人であった。
  凄まじい炎と、闇の衣を纏う二人に襲われ、舜は《聚首歓宴の盃》と、《朱珠の実》の秘密を渡すように迫られる。
 この世の大初から存在しているのではないかと云われる黄帝は、珍しいものや、曰くつきのものをたくさん持っていた。そして、そんなものをたくさん持っている黄帝の被害に遭うのは、その息子たる舜であったのだ。
  貴妃に腕を切り落とされた舜は、一旦、山へ戻り、腕を取り返すために、《聚首歓宴の盃》と《朱珠の実》を自分に預けて欲しい、と黄帝に頼む。
 しかしそれは、自ら血を求めるという、恐ろしい曰くつきの盃であった。
 それを欲しがる炎帝とは。
 そして、そんなものを持っている黄帝とは。
 舜は、敵地へと乗り込むが……。
※以前、他サイトで掲載していたものです。
※一部、性描写(必要描写です)があります。苦手な方はお気を付けください。
※表紙画:フリーイラストの加工です。
24hポイント 7pt
小説 15,751 位 / 58,622件 ファンタジー 4,237 位 / 19,013件