婚約破棄小説一覧

タグ 婚約破棄×
4,098 12345
41
恋愛 連載中 短編
 シシュリカ・レーンには姉がいる。儚げで美しい姉――病弱で、家族に愛される姉、使用人に慕われる聖女のような姉がいる――。    優しい優しいエウリカは、私が家族に可愛がられそうになるとすぐに体調を崩す。  今までは、気のせいだと思っていた。あんな場面を見るまでは……。      ※他の作品と書き方が違います※  『メリヌの結末』と言う、おまけの話(補足)を追加しました。この後、当日中に『レウリオ』を投稿予定です。一時的に完結から外れますが、本日中に完結設定に戻します。
24hポイント 30,011pt
小説 100 位 / 99,372件 恋愛 82 位 / 27,646件
文字数 49,388 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.03.30
42
ファンタジー 連載中 長編 R15
全63話 4月18日完結予定 サラは突然、異世界に聖女として召喚される。 温かく迎えられたサラはライナス王国の聖女として懸命に尽くす。 王太子との婚約、優しい侯爵令嬢の聖女‥サラは幸せだった。 聖女の役目だという大結界を張るまではーー。 大結界を張る日に‥‥サラは皆に騙された事を知る。 国を守る結界に使われているのは異世界から召喚された聖女の命‥。 死を前にもがくサラに告げられる婚約破棄と騙されていた真実。 「ありがとう‥最後にライナス王国とわたくし達の役に立ってくれて」 死んだサラは全ての元凶である女神に時を戻させて、ライナス王国と聖女に復讐を誓う‥!! (‥‥全て、ぶっ壊してやる)
24hポイント 29,020pt
小説 103 位 / 99,372件 ファンタジー 15 位 / 26,730件
文字数 100,607 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.03.19
43
恋愛 連載中 短編
乙女ゲームの設定では悪役令嬢だった公爵令嬢サエナリア・ヴァン・ソノーザ。そんな彼女が行方不明になるというゲームになかった事件(イベント)が起こる。彼女を見つけ出そうと捜索が始まる。そして、次々と明かされることになる真実に、妹が両親が、婚約者の王太子が、ヒロインの男爵令嬢が、皆が驚愕することになる。全てのカギを握るのは、一体誰なのだろう。 ※初めての悪役令嬢物です。
24hポイント 28,905pt
小説 104 位 / 99,372件 恋愛 85 位 / 27,646件
文字数 72,952 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.01.16
44
恋愛 完結 短編
妹の傍にいたいがためにないがしろにされる私、婚約破棄されたので次の恋に。(※重複投稿作品)
24hポイント 27,583pt
小説 111 位 / 99,372件 恋愛 90 位 / 27,646件
文字数 4,795 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.04.12
45
恋愛 完結 ショートショート
「シャーロット、お前のような女とは結婚できない! 婚約破棄だ!」 パーティ会場で私はそう告げられました。婚約者の話によると、私が彼の隣にいる女性をいじめていたということみたいです。全くの濡れ衣ですね。婚約者は大勢の前で得意げに、私がいじめていた証拠も出してきますが、穴があったので論破してあげました。 あんなに、イキがっていたのに残念でしたねぇ。
24hポイント 27,370pt
小説 113 位 / 99,372件 恋愛 91 位 / 27,646件
文字数 1,554 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.04.10
46
恋愛 連載中 短編
「お前との婚約を破棄する!」 あらまぁ...別に良いんですよ だって、貴方と婚約なんてしたくなかったですし。
24hポイント 26,619pt
小説 114 位 / 99,372件 恋愛 92 位 / 27,646件
文字数 47,820 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.03.08
47
恋愛 連載中 長編
卒業パーティーの当日、王太子に婚約破棄された公爵令嬢フルール。 それをあっさり受け入れた瞬間から、彼女のモテ期が始まった。 才色兼備で資産家の娘である彼女は、超優良物件にも拘らず、生まれた時から王太子の婚約者ということで今まで男性から敬遠されていたのだ。 思ってもみなかった人達にアプローチされて戸惑うフルールだが……。 ※タイトル変更しました。
24hポイント 24,467pt
小説 127 位 / 99,372件 恋愛 102 位 / 27,646件
文字数 67,020 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.03.05
48
恋愛 連載中 長編
ギルバルト伯爵家の姉妹である私ーーアイリスと義妹のディアンナ。 私は亡くなった母の意思を継ぎ、薬の研究に没頭していました。 そんな私を継母と義妹は根暗と蔑み、日々過酷な扱いをしてきました。 ある日、義妹は私が毒薬を研究していると嘘を言ってきました。義妹は婚約者を寝取る為、私が邪魔だったようです。 私は無実の罪を着せられ実家を追い出されてしまいます。 そんな時に私は隣国に薬師として招待されます。 「病に侵された王子の命を助けて欲しい」 そう言われた私は隣国に行き、王子の病を薬で治すのです。 すると王子から「あなたは命の恩人です。是非僕と結婚してください」と求婚されてしまいます。 一方その頃。妹と婚約者それから継母は流行病に侵されたそうです。 そしてあろうことか、私に戻ってきて欲しいと要求してきます。 しかし私を雇っている宮廷がその要求を断っていました。 その頃、私は王子に求婚されている上にホワイトな宮廷で薬師として重宝されていました。作った薬は貴重となり大変高価に取引されるようになったのです。薬を購入するため、義妹達は屋敷を売り払わなければなりませんでした。 生活のため、義妹は否応なく、宮廷でメイドとして働き始めるのです。 これは嘘つきの義妹に婚約者を略奪された私が、王子に求婚され、ホワイトな宮廷で幸せになるお話です。
24hポイント 24,340pt
小説 127 位 / 99,372件 恋愛 101 位 / 27,646件
文字数 88,212 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.02.22
49
恋愛 連載中 短編
ラタナトイ王国の伯爵令嬢ローザは侯爵閣下と婚約していたが、酷過ぎる妹に奪われてしまった。 妹が奪うのは、ローザの全て……住んでいた屋敷の私物から屋敷全体までを掌握されてしまうのだ。 「姉さまにこんな豪華な屋敷は必要ないわ。私が全て貰ってあげる」 ローザは事実上の追放を受けてしまうのだった。 その状況を助けてくれたのが、大公殿下であるバルサークだ。 ローザにふさわしい、より豪華な屋敷を1から提供してくれたのだ。受け取れないと断る彼女だが、ローザのことを以前から愛していたバルサークは婚約を申し出る。二人の仲は急速に進展するのだった。 一方、侯爵の力で好き勝手していた妹は手痛いしっぺ返しを喰らうことになってしまい……。
24hポイント 24,255pt
小説 129 位 / 99,372件 恋愛 104 位 / 27,646件
文字数 26,561 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.22
50
恋愛 連載中 短編
 魅力を全く感じなくなった。運命の人ではなかった。お前と一緒にいる価値はない。  かつて一目惚れをした婚約者のクリステルに飽き、理不尽に関係を絶った伯爵令息・クロード。  それから1年後。そんな彼は再びクリステルの前に現れ、「あれは勘違いだった」「僕達は運命の赤い糸で繋がってたんだ」「結婚してくれ」と言い出したのでした。
24hポイント 24,162pt
小説 128 位 / 99,372件 恋愛 102 位 / 27,646件
文字数 26,966 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.03.21
51
恋愛 連載中 短編 R15
春の女神に例えられる双子の妹になにもかも奪われた。母の命、父の愛、初恋の王子様。それでも公爵令嬢フェリシアは正体が醜い魔物である妹の幸せと、二人の「真実の愛」の成就を願う~これは、妹に婚約者の第一王子の心を奪われ婚約破棄された姉が、初恋に裏切られた傷心を抱えながらも、聖女の一族としての自分の役割を果たすため、命を捨てる目的の最期の旅へ出る物語。※アルファポリスオンリー
24hポイント 24,148pt
小説 129 位 / 99,372件 恋愛 103 位 / 27,646件
文字数 14,997 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.04.01
52
BL 連載中 長編 R18
 完璧を目指すエレンには、のほほんとした子犬のような婚約者のオリバーがいた。十三年間オリバーの尻拭いをしてきたエレンだったが、オリバーは平民の子に恋をする。婚約破棄をして欲しいとお願いされて、快諾したエレンだったが……  「頼む、一緒に父上を説得してくれないか?」    頭の中がお花畑の婚約者と、浮気相手である平民の少年との結婚を認めてもらう為に、なぜかエレンがオリバーの父親を説得することになる。  
24hポイント 23,019pt
小説 138 位 / 99,372件 BL 4 位 / 9,861件
文字数 39,749 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.03.31
53
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢のレミュラは、公爵閣下と婚約関係にあったが、より位の高い令嬢と婚約しレミュラとは婚約破棄をした。 その事実を知ったヤンデレ気味の姉は、悲しみの渦中にあるレミュラに、クラレンス王子殿下を紹介する。それを可能にしているのは、ヤンデレ姉が大公殿下の婚約者だったからだ。 レミュラとクラレンス……二人の仲は徐々にだが、確実に前に進んでいくのだった。 ところでレミュラに対して婚約破棄をした公爵閣下は、新たな侯爵令嬢のわがままに耐えられなくなり、再びレミュラのところに戻って来るが……その時にはレミュラの心強い味方は鬼の形相になっていたとさ。
24hポイント 22,798pt
小説 140 位 / 99,372件 恋愛 110 位 / 27,646件
文字数 19,526 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.31
54
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢であるスフィアは、8歳の時に王子兄弟と会った事で前世を思い出した。 同時に、今、生きているこの世界は前世で読んだ小説の世界なのだと気付く。 さらに自分はヒーロー(第二王子)とヒロインが結ばれる為に、 婚約破棄されて国外追放となる運命の悪役令嬢だった…… とりあえず、王家と距離を置きヒーロー(第二王子)との婚約から逃げる事にしたスフィア。 それから数年後、そろそろ逃げるのに限界を迎えつつあったスフィアの前に現れたのは、 婚約者となるはずのヒーロー(第二王子)ではなく…… ※ 『記憶喪失になってから、あなたの本当の気持ちを知りました』 に出てくる主人公の友人の話です。 そちらを読んでいなくても問題ありません。
24hポイント 22,217pt
小説 141 位 / 99,372件 恋愛 110 位 / 27,646件
文字数 83,207 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.03.25
55
恋愛 連載中 短編 R15
妹ばかり溺愛する両親、妹は思い通りにならないと泣いて私の事を責める 婚約者も妹の味方、そんな私の味方になってくれる人はお兄様と伯父さんと伯母さんとお祖父様とお祖母様 私を愛してくれる人の為にももう自由になります
24hポイント 21,889pt
小説 147 位 / 99,372件 恋愛 113 位 / 27,646件
文字数 43,178 最終更新日 2021.04.06 登録日 2021.02.23
56
恋愛 完結 長編 R15
社交界で芋くさ令嬢と馬鹿にされているアニエスは、王女に婚約破棄された公爵令息ナゼルバートを偶然助けることに。しかし、それを見た王女がナゼルバートに罰としてアニエスとの結婚を命じる。私との結婚が罰ゲームって酷くないですか?ほら、ナゼルバート様だって嫌がって……いないだと?これは、芋くさ令嬢と公爵令息が見当違いなすれ違いをしながら距離を縮めたり、古い家のしきたりから自由になった芋くさ令嬢がにょきにょきと活躍するお話。
24hポイント 21,379pt
小説 149 位 / 99,372件 恋愛 115 位 / 27,646件
文字数 212,030 最終更新日 2021.04.13 登録日 2020.10.16
57
恋愛 連載中 短編
侯爵家の令嬢であるリルミアは、わがままな妹のレルミアに辟易としていた。 甘やかされて育った妹は、とても自分勝手である。そんな妹を両親も擁護するため、彼女のわがままは止まらないのだ。 ある時、リルミアは婚約者から婚約破棄を告げられる。 なんでも、妹に告白されて、そちらと結婚したいらしいのだ。 多少わがままな方が可愛いという婚約者の主張に呆れ果て、リルミアは婚約破棄を受け入れるのだった。 婚約破棄したリルミアは、第二王子のイルファーに呼び出されていた。 そこで、イルファーに婚約して欲しいという話を持ち掛けられる。 紆余曲折あったが、リルミアはイルファーとの婚約を受け入れた。第二王子との婚約という利益ある婚約に、リルミアは喜ぶのだった。 そんなリルミアの元に、元婚約者がやって来た。 妹のわがままに疲れ果て、復縁して欲しいと言い出したのだ。 だが、リルミアにそんなことを受け入れる義務はない。今更、復縁したという自分勝手なことは許されないのである。
24hポイント 20,697pt
小説 154 位 / 99,372件 恋愛 118 位 / 27,646件
文字数 56,015 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.03.02
58
恋愛 完結 ショートショート R15
そこまで申されるなら、貴方が私になれば良いのです──。
24hポイント 20,107pt
小説 156 位 / 99,372件 恋愛 119 位 / 27,646件
文字数 19,248 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.13
59
恋愛 連載中 長編
姉の婚約破棄により、公爵家だった我が家は衰退の一途をたどり。 嫉妬に狂った姉は壊れて行った。 世間では悪役令嬢として噂を流されてしまう。 どうしてこうなってしまったのだろうか。 姉はただ愛を望んだだけだったのに、そんなことを想いながらマリーは目を覚ますと体が小さくなっていた。 二度目の人生を終えて新たな転生を果たしたと思ったら何故か再び転生して、悪役令嬢の妹として転生するのだが…何故か姉のポジションになり私は誓った。 こうなったら私が悪役令嬢になって私が姉と家族を守ろうと誓ったが… 悪役令嬢ってどうしたらいいんだけっけ? 間違った方向に努力を続けたら、冷たい婚約者は何故か優しく微笑んで来たり、ライバル令嬢も何故か優しくしてくれる。 「あれ?おかしくね?」 自称悪役令嬢の奮闘劇が始まる!
24hポイント 20,017pt
小説 157 位 / 99,372件 恋愛 120 位 / 27,646件
文字数 109,802 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.01.12
60
恋愛 連載中 長編
パーティーの日に公爵令嬢であるロアナ・エンザリアは無実の罪をきせられ婚約破棄をされる。 それによって自暴自棄となり昔見つけた魔法書の禁忌の魔法に手を出してしまった。 一時は生死をさまようが回復すると幼女になってしまっていた! そして王太子となった第二王子が現れ...
24hポイント 19,739pt
小説 158 位 / 99,372件 恋愛 121 位 / 27,646件
文字数 16,215 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.01.31
「私、王子との婚約はアリアに譲って平民として生きようと思うんです」 魔法貴族として名高いドロテア家に生まれたドロシーは事あるごとに千年に一度の天才と謳われる妹と比較され続けてきた。 「どうしてお前はこの程度のことも出来ないのだ? 妹を見習え。アリアならこの程度のこと簡単にこなすぞ」 「何故王子である俺の婚約者がお前のような二流の女なのだ? お前ではなく妹のアリアの方が俺の婚約者に相応しい」 権力欲しさに王子と結婚させようとする父や、妹と比較して事あるごとにドロシーを二流女と嘲笑う王子。 努力して、努力して、それでも認められないドロシーは決意する。貴族の地位を捨てて平民として自由に生きて行くことを。
24hポイント 18,809pt
小説 163 位 / 99,372件 恋愛 124 位 / 27,646件
文字数 149,422 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.01.21
62
恋愛 完結 長編
好きな人ができたんだ。 婚約者であるフェリクスが切々と語ってくる。 でもどうすれば振り向いてくれるか分からないんだ。なぜかいつも相談を受ける プレゼントを渡したいんだ。 それならばこちらはいかがですか?王都で流行っていますよ? 甘いものが好きらしいんだよ それならば次回のお茶会で、こちらのスイーツをお出ししましょう。
24hポイント 17,612pt
小説 173 位 / 99,372件 恋愛 130 位 / 27,646件
文字数 79,514 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.02.19
63
恋愛 完結 短編 R15
  貴族や平民などの立場に関わらず、保有する魔力の量が多いほど偉いと言う世界。   しかし、長い時間が流れその認識は徐々に薄れて行った。 今はただ、魔力を多く保有しているのは貴族に多く、そのため魔力を多く保有していると言うよりも貴族であるからこそ偉いと言う認識が広がっているのだ。  そんな世界に平民でありながら、保有する魔力が異常な程多く生まれ持っていたレイアは、国の意向で無理やり王子と婚約させられていた。 本音を言えば拒否したかったレイアではあるが、いくら魔力を多く保有しているとはいえ平民の出である以上、貴族主義の国の意向に逆らうことは出来ないため、国王と話し合った上で渋々その婚約を受け入れていた。 そんな中、国王も出席している会食でいきなり王子から直接、婚約破棄を突き付けられる。 理由は、レイアが平民出身だから。 周りが騒めきに包まれている中、王子はレイアを見下しながら一人の令嬢を自身の隣に招く。そして何故か濁った瞳を大きく開いて宣言した。 「お前との婚約を破棄し、俺はお前の義妹であるアイリと婚約する!」 しかし、レイアはそれを聞いて内心では歓喜していた。 「おい国王! 聞いていましたね! 契約通り私は自由にさせてもらいますね!!」 レイアは王子と婚約する際に、賭けとして国王と契約していたのだ。 契約内容は、正式に婚姻する前に王子が私情で婚約破棄を宣言した場合、レイアが自由にしても良いという物。 国王との賭けに勝ったレイアは、今まで自由にできなかった時間を取り戻すかのように、自由気ままに行動を開始するのであった。 ※この世界での王族は、広い意味で貴族扱いです。 ※基本的に、朝に更新します ※一部誤字修正しました(2021.03.04)(2021.03.19)
24hポイント 16,351pt
小説 183 位 / 99,372件 恋愛 135 位 / 27,646件
文字数 84,839 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.02.28
パトリシアは卒業パーティーで婚約者の王子から婚約廃棄を言い渡される。 しかし、これは、本人が待ちに待った結果である。さぁこれからどうやって私の13年を返して貰いましょうか。 覚悟して下さいませ王子様! 転生者嘗めないで下さいね。 追記 すみません短編予定でしたが、長くなりそうなので長編に変更させて頂きます。 モフモフも、追加させて頂きます。 よろしくお願いいたします。 カクヨム様でも連載を始めました。
24hポイント 15,976pt
小説 184 位 / 99,372件 ファンタジー 31 位 / 26,730件
文字数 194,177 最終更新日 2021.04.12 登録日 2020.10.13
65
恋愛 完結 短編
侯爵令嬢であるアルネアには、婚約者がいた。 しかし、ある日その彼から婚約破棄を告げられてしまう。なんでも、アルネアの妹と婚約したいらしいのだ。 「熱烈な恋がしたいなら、勝手にしてください」 身勝手な恋愛をする二人に対して、アルネアは呆れていた。 堅実に生きたい彼女にとって、二人の行いは信じられないものだったのである。 数日後、アルネアの元にある知らせが届いた。 妹と元婚約者の間で、何か事件が起こったらしいのだ。
24hポイント 15,818pt
小説 185 位 / 99,372件 恋愛 136 位 / 27,646件
文字数 18,105 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.30
66
恋愛 完結 短編
自分を可愛いと思い込んでいる三つ年下の妹が、婚約者アスベルを奪いにきた……。
24hポイント 15,124pt
小説 191 位 / 99,372件 恋愛 139 位 / 27,646件
文字数 2,268 最終更新日 2021.04.13 登録日 2021.04.12
67
恋愛 完結 短編
「すまないシャロン、エマの元に行かなくてはならない」 いつだって幼馴染を優先する婚約者。二人の関係は共依存にも近いほど泥沼化しておりそれに毎度振り回されていた公爵令嬢のシャロン。そんな二人の関係を黙ってやり過ごしていたが、ついに堪忍袋の尾が切れて婚約破棄を目論む。 伯爵家の次男坊である彼は爵位を持たない、だから何としても公爵家に婿に来ようとしていたのは分かっていたが…… 「流石に付き合い切れないわね、こんな茶番劇」 愛し合う者同士、どうぞ勝手にしてください。
24hポイント 13,823pt
小説 204 位 / 99,372件 恋愛 143 位 / 27,646件
文字数 51,770 最終更新日 2021.03.15 登録日 2021.02.22
68
恋愛 完結 短編
「ごめん、リア。出かける直前に、アビーの具合が急に悪くなって」  これが、公爵家令嬢リアの婚約者である、公爵家令息モーガンがデートに遅刻したときする、お決まりの言い訳である。  モーガンは病弱な妹のアビーを異常なまでにかわいがっており、その言葉を決して疑ったりはしない。  リアが怒っていなくても、アビーが怒っていると泣けば、モーガンはそれを信じてリアを責める。それでもリアはモーガンを愛していたから、ぐっとたえていた。  けれど。ある出来事がきっかけとなり、リアは、モーガンに対する愛情が一気に冷めてしまう。 「──わたし、どうしてあんな人を愛していたのかしら」
24hポイント 13,575pt
小説 206 位 / 99,372件 恋愛 144 位 / 27,646件
文字数 31,135 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.03.05
69
恋愛 完結 短編 R18
三年前、傲慢な婚約者に逆らったことで婚約を破棄されたシア。 高位貴族である実家からも追放されて、流れ着いた貧民街で養父に拾われた。 もともと実家が大嫌いだった彼女は現状を受け入れ、マッサージ師の養父の店を手伝い貧しいながらも平穏に暮らしていた。 ある日、全く交流のなかった元家族から呼び出しを受けて屋敷へ行くと、「妹の代わりに後宮へ入れ」と命じられた。 妹はシアの元婚約者との婚約が成立したばかりで、後宮入りなどありえないという。 嫌だったが養父を人質に取られてシアは頷くしかなかった。 後宮初夜、現れた王様は取り付く島もないほどの塩対応で、処女だと告げるシアに死ぬほど面倒臭そうなため息をついた――。 その態度にムカついたシアは、勘当中に養父のもとで鍛えたマッサージの腕で、王様をメロメロにすることに成功する。 ※ヒロインの地の文での口が悪めです。 ※やることやっているのでR18設定ですが、エロくはないです。 ※中華風後宮でもなく中世ヨーロッパ風世界観でもなく、どっちも混ざったような架空の世界のお話です。
24hポイント 13,381pt
小説 207 位 / 99,372件 恋愛 147 位 / 27,646件
文字数 43,896 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.15
70
恋愛 完結 長編
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」に同時投稿しています。 『思い詰めて毒を飲んだら周りが動き出しました』 フィアル公爵家の長女オードリーは、父や母、弟や妹に苛め抜かれていた。 それどころか婚約者であるはずのジェイムズ第一王子や国王王妃にも邪魔者扱いにされていた。 そもそもオードリーはフィアル公爵家の娘ではない。 イルフランド王国を救った大恩人、大賢者ルーパスの娘だ。 異世界に逃げた大魔王を追って勇者と共にこの世界を去った大賢者ルーパス。 何の音沙汰もない勇者達が死んだと思った王達は……
24hポイント 12,197pt
小説 223 位 / 99,372件 恋愛 155 位 / 27,646件
文字数 101,145 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.01.12
71
恋愛 完結 長編 R15
【完結】「ディアーナ・フォークト! 貴様との婚約を破棄する!!」見目麗しい第二王子にそう言い渡されたとき、ディアーナは騎士団長の子息に取り押さえられ膝をついていた。王子の側近により読み上げられるディアーナの罪状。第二王子の腕の中で幸せそうに微笑むヒロインのユリア。悪役令嬢のディアーナはユリアに斬りかかり、義理の兄で第二王子の近衛隊のフリードに斬り殺される。 三日月杏奈は漫画好きの普通の女の子、バナナの皮で滑って転んで死んだ。享年二十歳。 目を覚ました杏奈は少女漫画「クリンゲル学園の天使」悪役令嬢ディアーナ・フォークト転生していた。破滅フラグを壊す為に義理の兄と仲良くしようとしたら溺愛されました。 私の事を大切にしてくれるお義兄様と仲良く暮らします。王子殿下私のことは放っておいてください。 ムーンライトノベルズにも投稿しています。pixivにも掲載予定です。アルファポリス先行更新。 「Copyright(C)2021-九十九沢まほろ」 第14回恋愛小説大賞に参加してます。 表紙素材はあぐりりんこ様よりお借りしております。
24hポイント 12,039pt
小説 226 位 / 99,372件 恋愛 156 位 / 27,646件
文字数 79,946 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.01.30
72
恋愛 連載中 長編
【第十四回恋愛小説大賞】で激励賞を頂きました。ありがとうございますm(_ _)m  正直、こんな形ばかりの祝賀会、参加したくはありませんでしたの。  だけど、大隊長が参加出来ないのなら仕方ありませんよね。一応、これでも関係者ですし。それにここ、実は私の実家なのです。  というわけで、まだ未成年ですが、祝賀会に参加致しましょう。渋々ですが。  慣れないコルセットでお腹をギュッと締め付けられ、着慣れないドレスを着せられて、無理矢理参加させられたのに、待っていたは婚約破棄ですか。  それも公衆の面前で。  ましてや破棄理由が冤罪って。ありえませんわ。何のパーティーかご存知なのかしら。  それに、私のことを田舎者とおっしゃいましたよね。二回目ですが、ここ私の実家なんですけど。まぁ、それは構いませんわ。皇女らしくありませんもの。  でもね。  大隊長がいる伯爵家を田舎者と馬鹿にしたことだけは絶対許しませんわ。  そもそも、貴方と婚約なんてしたくはなかったんです。願ったり叶ったりですわ。  本当にいいんですね。分かりました。私は別に構いませんよ。  但し、こちらから破棄させて頂きますわ。宜しいですね。 ★短編から長編に変更します★
24hポイント 11,949pt
小説 225 位 / 99,372件 恋愛 152 位 / 27,646件
文字数 398,002 最終更新日 2021.04.12 登録日 2020.05.30
聞こえないはずの魔術の音を聞き、見えないはずの魔術を見てしまう伯爵令嬢のレイフィア。 ある時、他の貴族の婚約解消の場に居合わせてしまったら…赤い糸でぐるぐる巻きにされてる人たちを見てしまいます。 何も聞いてません。見てません。だから、ほっといてもらえませんか?? 4/5完結しました。少し間をおいて番外編かきます。読者賞受賞ありがとうございました。
24hポイント 11,636pt
小説 228 位 / 99,372件 恋愛 154 位 / 27,646件
文字数 117,868 最終更新日 2021.04.05 登録日 2021.01.29
74
恋愛 完結 短編
私の婚約者は、クズだ。私の話は聞かないし、浮気三昧。その上、私の妹にまで手を出した。妹は満更でもなさそうだ。もういい、こんな家知らないと衝動的に窓から飛び降りようとしたら、執事に止められた。その瞬間、思い出したのだ、私は乙女ゲームの悪役令嬢で、妹はヒロイン。そりゃ嫌われるよね。でも、私そんなに悪い事したかしら? 
24hポイント 11,289pt
小説 232 位 / 99,372件 恋愛 156 位 / 27,646件
文字数 53,197 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.03.28
75
恋愛 連載中 長編 R15
「貴様のような下賤な魔女が、のうのうと我が妻の座を狙い画策するなど! 恥を知れ」  味方のない夜会で、婚約者に罵られた少女は涙を零す。その予想を覆し、彼女は毅然と顔をあげた。残虐皇帝の名で知られるエリクはその横顔に見惚れる。  欲しい――理性ではなく感情で心が埋め尽くされた。愚かな王太子からこの子を奪って、傷ついた心を癒したい。僕だけを見て、僕の声だけ聞いて、僕への愛だけ口にしてくれたら……。  僕は君が溺れるほど愛し、僕なしで生きられないようにしたい。  明かされた暗い過去も痛みも思い出も、僕がすべて癒してあげよう。さあ、この手に堕ちておいで。  脅すように連れ去られたトリシャが魔女と呼ばれる理由――溺愛される少女は徐々に心を開いていく。愛しいエリク、残酷で無慈悲だけど私だけに優しいあなた……手を離さないで。  ヤンデレに愛される魔女は幸せを掴む。 【表紙イラスト】しょうが様(https://www.pixiv.net/users/291264) ※メリバ展開はありません。ハッピーエンド確定です。 【同時掲載】アルファポリス、小説家になろう、エブリスタ、カクヨム、ノベルアップ+、ノベルバ
24hポイント 11,155pt
小説 237 位 / 99,372件 恋愛 159 位 / 27,646件
文字数 116,796 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.01.19
76
恋愛 連載中 長編
前世の記憶が甦った瞬間、シャーリー耳に届いた声は婚約者マティスからの婚約破棄だった。その一年後、城で開かれたパーティー。シャーリーのことを豚だと言って捨てたマティスが、妙に絡んできて、鬱陶しくなったシャーリーは、婚約者に向かって「あなたに興味はございません」と言い放つ。怒ったマティスはシャーリーを罵倒して、シャーリーはパーティーで悪目立ちをしてしまう。そこに颯爽と現れたのは王子ならぬ、王子のようにかっこいい第一王女アデル。アデルにはなにやら悩みがあって、シャーリーはその悩みを解決するためにアデルの侍女になりーー ※恋愛対象は男性です。
24hポイント 10,919pt
小説 238 位 / 99,372件 恋愛 161 位 / 27,646件
文字数 125,757 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.01.13
77
恋愛 完結 長編
婚約者を奪う妹。妹の話を信じる婚約者。婚約破棄された私。+私に話しかける眼鏡君(※重複投稿作品)
24hポイント 10,830pt
小説 242 位 / 99,372件 恋愛 163 位 / 27,646件
文字数 6,600 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.04.12
努力を嫌い、人を見下すことしか出来ない婚約者。 「女が男の会話に口を挟むな!」 男尊女卑の精神で、今日も我が道をいく婚約者の姿にため息をつく。 こんな男が私の未来の夫だなんて…。 親同士が決めた婚約の為、どうやって円滑に婚約破棄が出来るか考えていたら、あちらから婚約破棄してくれるらしい。 ありがとうございました。 え?お金がない?貸してくれ? 元婚約者さんが何か言ってますけど、私には関係ありません。
24hポイント 10,360pt
小説 247 位 / 99,372件 ファンタジー 53 位 / 26,730件
文字数 3,805 最終更新日 2021.03.25 登録日 2021.03.24
79
恋愛 完結 短編
降りしきる雨の中一人、命を落とした公爵令嬢のアミリアス=セントリア。復讐を強く願って…… 彼女の身の回りでは一体なのが起きたのか。復讐が完了したとき、令嬢は何を得るのか。 アミリアスが巧妙に仕掛けた罠を、果たしてターゲットは通るのか……アミリアスの復讐劇が始まる。 *復讐を題材に書きたくて書いた、ゆるふわ設定です。 *10000字程度の短編になります。 *完結済みで約2週間かけて投稿予定です。 *解釈違いを起こしたらごめんなさい……
24hポイント 9,706pt
小説 253 位 / 99,372件 恋愛 166 位 / 27,646件
文字数 10,692 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.03.31
80
恋愛 完結 短編
「誰だって君じゃなくキャンディーと結婚したいと思うさ!」 「へえ」 「狙撃なんて淑女の嗜みじゃないからね!!」 私はジャレッド伯爵令嬢イーディス・ラブキン。 で、この失礼な男は婚約者リーバー伯爵令息ハドリー・ハイランド。 妹のキャンディーは、3つ下のおとなしい子だ。 「そう。じゃあ、お父様と話して。決めるのはあなたじゃないでしょ」 「ああ。きっと快諾してくれると思うよ!」 そんな私と父は、一緒に狩場へ行く大の仲良し。 父はもちろんハドリーにブチギレ。 「あーのー……やっぱり、イーディスと結婚したいなぁ……って」 「は? それ、喜ぶと思ってるの?」 私は躊躇わなかった。 「婚約破棄で結構よ。私はこの腕に惚れてくれる夫を射止めるから」 でもまさか、王子を、射止めるなんて…… この時は想像もしていなかった。
24hポイント 9,592pt
小説 258 位 / 99,372件 恋愛 168 位 / 27,646件
文字数 20,656 最終更新日 2021.04.09 登録日 2021.03.30
4,098 12345