剣聖小説一覧

36
 神の楽園−惑星ハームス、かつてこの星はそう呼ばれた。 星々の輝く雲なき夜空に、島ほどの長大な神龍が空を渡り、 次いで姿を見せた神鳥はその広大な翼で夜を統べる珠月レイマーを隠す。 灯の灯る客室を吊り下げた飛鯨船が緩やかに尾びれを一打ちする。 巨体はグンと速度を上げ宙に群れなす羽虫を数万平げた。獣王の統べる深い森は、 神話にある生物に溢れ、浮魚の群れが樹林を縫うように泳ぐ。  知的種族の住む世界において、主な動力源の一つに『ワール』がある。 脳内の未知なる領域の深淵に眠る霊門「マノン」は、広大な虚未界「パースル」に 通じる唯一の門である。そこに点在するのは未分化エネルギーの激流が渦を巻くエルゴ領域だ。 マノンを通して導き出された未分化エネルギーは、脳内に構築された回路「ヨルト」を通ることで 「ワール」となり、人々の生活に欠かせないエネルギー源となっていた。  ワールによって駆動する物を総じて“気従器“という。船の推進器として使う者もあれば、 より高度な手足のついた気従器で農作業、土木、建築などにも使われることもある。  そしてその力は当然、軍事に使われる。軍事用気従器は操甲体と呼ばれ、 より運動性能が高く、大きく重い武器を軽々と扱い、防御に優れる。    軍事用気従器である操甲体は、古くより存在し、年代を重ねるにつれて その多様性を増した。各年代、各地域に名工が生まれ、名作と呼ばれる操甲体が生み出されることとなった。  一般の操甲体に比べ、より運動性能の高いものをメルタインと呼び、 陸上の軍事力においては中核をなす強力な装備となっている。 そして、名工、名匠により生み出された更に高い性能を有する操甲体が存在する。  −エメルタイン−装着者を選ぶこの操甲体は各国において軍事力の象徴とされる程の存在となっていた。  戦の絶えぬこの時代、武人にとって重要な要素、それは武具、そして武術だ。    ここに、一人の男の子があった。名をクリスイン・エルガーという。 剣の名流「ニイン流」宗家 クリスイン家の血を受け継ぐこの男子は、幼年よりニイン流を体得し、 成長して後に剣聖と称えられるようになる。が、その若い頃の話はこれまで語られることはなかった。  墜落した飛鯨船から救助された人物。エメルタインという高度な戦闘用甲冑を終始身につけ、 姿を見せること一切なく、また一言も喋らない謎の人物。縁のあった森のフルワ族から、この人物をある場所まで警護してほしいとエルガーは頼まれる。  猿虎にまたがる小さなナーダム族の女性 弓の名手ナーサム、豹人のグルファと共に旅に出ることとなったエルガー。  世界が変わろうと大きく動き出す。そしてそれを阻止すべく動きだす“闇の剣士“。 真ニイン流の開祖となり、剣聖と呼ばれるようになるクリスイン・エルガーの若き頃の物語。
24h.ポイント 14pt
小説 29,870 位 / 186,139件 ファンタジー 4,029 位 / 41,601件
文字数 26,306 最終更新日 2024.02.23 登録日 2023.08.15
王国屈指の剣の使い手と評されて〘剣聖〙とまで言われた俺、カーライル=ルドルフ 平民から、5年賭けて自分を磨いた俺は、悲痛な叫びをしていた。 「ぎゃぁぁぁぁ!!なんじゃこりゃ!?」 それは鍛え上げられた肉体は、女性特有の筋肉へと変わり果てていた、そう俺は何故か女の子となっていたのだ。 そんな俺の悲痛な叫びを聞いて駆けつけた婚約者の第三王女は 「きゃぁぁ!!可愛い!!」 そう言って婚約を破棄されると思っていた俺は抱きしめられて襲われる。 そして学園でも、俺を慕う女の子達が次々と来て、何だか女の子でも良いかもと思い、俺はこの日から私へと変わる。 そんな癖に目覚めた俺が婚約者と俺を慕う女の子たちと百合百合しい関係を持つ物語。 ※大体文字数2000前後予定、たまにオーバーします。 ※投稿日は不定期更新です。暇な合間に書くのでお許しください。 性的描写がある時は〈✡〉がありますのでよろしくです。
24h.ポイント 7pt
小説 36,231 位 / 186,139件 ファンタジー 5,269 位 / 41,601件
文字数 9,395 最終更新日 2024.02.18 登録日 2024.02.12
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
アルムート王国最強の『七大剣聖』の一人、の『神眼』ラスティス・ギルハドレットことラスは、王都から遠く離れた辺境、もといド田舎のギルハドレット領地で領主としての~んびり過ごしていた。 だが、年に一度、七大剣聖によって行われる『一年会議』に参加するため嫌々王都へ。 そこで、ラスと同じ七大剣聖の一人にして、王国最強と名高い『神剣』ランスロットので娘、サティと出会う。 「あたし、お父さんに捨てられました」 「は?」 才能はあるが、力の制御がヘタクソな少女サティ。 七大剣聖ではあるが、やる気がイマイチな剣士ラス。 いろいろあって、ラスはサティを鍛えることになり……そこに、人間の敵である『魔族』も現れ、平穏だったラスの日常が変わっていく。 これは、七大剣聖『神眼』のラスティスの日常。冒険でもあり、たまに英雄譚。
24h.ポイント 305pt
小説 4,081 位 / 186,139件 ファンタジー 590 位 / 41,601件
文字数 447,624 最終更新日 2024.02.16 登録日 2023.08.13
よくある異世界転生無双モノ?!と思いきや、呼ばれた主人公にはチートな能力一切なし?!呼んだ魔道師が悪かった。癖のない平凡な魂を平凡な肉体に入れる事しかできなかったと言うから仕方がない。 しかしそれじゃぁ可愛そうと、その魔道師がくれたのが「なんでも斬れる剣」だった。 それを振り回していた主人公、いつのまにか剣聖と呼ばれるように・・・? いや、道具の力であって剣は素人の見習い魔法使いなんですが?! ※カクヨムにも掲載されております。 ※以前書いた作品(処女作)のリバイバル投稿です。
24h.ポイント 78pt
小説 11,475 位 / 186,139件 ファンタジー 1,583 位 / 41,601件
文字数 264,689 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.11.26
僕は清水亮(しみず りょう)、僕と三人はカルム王国という場所にある日突然に勇者召喚された、本当なら僕たちはただの十七歳の高校性だった。そんな僕らはこの異世界オペラシオンに召喚されたのだ、そして魔王を倒さないと日本に帰れないと僕らは言われた。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 7,597 最終更新日 2023.12.25 登録日 2023.12.25
 『シルバの剣は人を斬るにあらず、故に不殺の剣』    義父であるアリウム国王の教えを遵守し、その剣才を振るう事無く育てられたシルバ王女。彼女は戦災孤児であった為に、血筋を重視する家臣団は王の病死を機にシルバ王女を謀略に陥れた。    その結果、シルバ王女は辺境の地であるジニア村に事実上の追放処分を受け、その道中に暗殺集団”黒き刃”の襲撃を受けて物語は動き出す。    国境付近にある片田舎のジニア村の発展とアリウム国の繁栄、様々な妨害をされながらも圧倒的な剣の才、そして潜在的なカリスマ性を輝かせ、少女は剣聖と呼ばれる王女と成って往く。  ―――不殺の教えは、果たして守られるだろうか?  揺れ動く約束、神に匹敵する剣才。  シルバは自身に与えられた才能をどう使い、民をどう導くか、無双の姫は動き出す!!
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 126,823 最終更新日 2023.12.06 登録日 2023.03.02
かつて剣聖と呼ばれた男――ツルギはいま死に瀕していた。 剣の道を極めたいだけだったのに、何もかもが上手くいかなかった。 そして死後に出会ったのは怪しげな美女で……。 「これは〈転生型録〉。新たな人生を買うことができるの」 転生斡旋士を名乗る女から来世を買い取った。 「わしは今度こそ、剣の道を極めるのじゃ! もう誰にも邪魔はさせぬ!」 沸き起こる面倒事が次々とツルギに襲いかかる。 更には美少女の弟子までできてしまって……?! 「いい加減、剣術の修行に集中させてもらえんかのう……」 剣聖と呼ばれた男が、本当の剣の頂に辿り着くための物語。 (他サイトに重複投稿があります)
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 31,790 最終更新日 2023.11.22 登録日 2022.07.11
主人公のアベルは転生者だ。一度目の人生は剣聖、二度目はでは賢者として活躍していた。 三度目の人生はのんびり過ごしたいため、アベルは今までの人生で得たスキルを封印し、貴族として生きることにした。 そして、15歳の誕生日でスキル鑑定によって何のスキルも持ってないためアベルは追放されることになった。 アベルは追放された土地でスローライフを楽しもうとするが、そこは凶悪な魔物が跋扈する魔境であった。 襲い掛かってくる魔物を討伐したことでアベルの実力が明らかになると、領民たちはアベルを救世主と崇め、貴族たちはアベルを取り戻そうと追いかけてくる。 果たしてアベルは夢であるスローライフを送ることが出来るのだろうか。
24h.ポイント 71pt
小説 12,155 位 / 186,139件 ファンタジー 1,677 位 / 41,601件
文字数 48,118 最終更新日 2023.10.22 登録日 2023.10.20
9
BL 完結 長編 R18
異世界『エーデルラーム』。 二十一年前にハロルド・エルセイドにより八つの異世界から召喚魔が無数に流入させられ、世界を混沌に陥れて今の形となった。 剣聖となり本部に戻っていたノインは、[異界の愛し子]の保護者としてともに騎士となったシドと新たな任務を振り分けられる。 レンブランズ連合国の最南端にある奇妙な遺跡の調査。 そこでノインが遭遇したのは『エルセイドの呪い』だった。 ムーンライトに書き溜め掲載。 『流星群の落下地点で〜集団転移で私だけ魔力なし判定だったから一般人として生活しようと思っているんですが、もしかして下剋上担当でしたか?〜』のシド×ノインのエンディングルート。
24h.ポイント 14pt
小説 29,870 位 / 186,139件 BL 7,764 位 / 23,672件
文字数 131,170 最終更新日 2023.09.21 登録日 2023.08.25
10
BL 完結 長編 R18
異世界『エーデルラーム』。 二十年前にハロルド・エルセイドにより八つの異世界から召喚魔が無数に流入させられ、世界を混沌に陥れて今の形となった。 恩人であり初恋の人であるリグ・エルセイドに告白していいのかを悩む召喚魔法師フィリックス・ジード。 大犯罪者の息子で自罰的な彼にどうしたら“恋”を理解してもらえるのか、フィリックスは彼の双子の兄シド・エルセイドに相談してみることにして……。 アルファポリス、ムーンライトに掲載。 『流星群の落下地点で〜集団転移で私だけ魔力なし判定だったから一般人として生活しようと思っているんですが、もしかして下剋上担当でしたか?〜』のフィリックス×リグのエンディングルート。
24h.ポイント 28pt
小説 21,247 位 / 186,139件 BL 5,618 位 / 23,672件
文字数 110,825 最終更新日 2023.09.08 登録日 2023.08.14
6月更新開始!!! 生まれつき視力に異常のあったユーグス。 しかし彼は諦める事なく運命に抗った、抗って抗って抗って...。 そして、その日彼はドラゴンの家族になった。 本編に入るまでは長めの作品となっております。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 27,895 最終更新日 2023.08.23 登録日 2023.05.02
【二日に一回更新中】&第一章大幅改修実施中 ある日突然、同級生に殺害されてしまった少年は、二度目の人生を歩む権利と使いこなすのには多大な努力を要するものの、使いこなせればチートとも言えるような能力を得た。今度こそ後悔のないように生きると決意を固めた彼は、本来転生する権利のなかった彼に、その権利を与えたことで無職になったポンコツな駄女神、ルアンメシアと共に新たな世界へ歩み出す。彼はレイジ・アルフェリス、ルアンメシアはルア・アルフェリスとして。    (番外編または特別編は、基本的に週末に更新してます。) 番外編などで、サイドストーリーも詳細に補完するようにしてます!(そのせいで多少設定に変更が入ることがありますが……) そちらも、是非ご覧ください! よかったらお気に入りをよろしくお願い致します! *この小説は、カクヨムでも掲載しています。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 118,376 最終更新日 2023.06.06 登録日 2023.04.17
13
恋愛 完結 短編
 生まれた時の備わったスキルと称号と 「強き者」が優遇される「オートヴァン勇者王国」で代々「剣聖」を輩出してきた公爵家に生まれた主人公の「メイナス・ブラウン」  彼はスキル、称号なしで生まれた。そのことに両親は「家の恥さらしだ!」と生まれたばかりの彼を屋敷から離れた小屋で庭師の「ジョン」に育てさせる。ひっそりと隠すように。  そんなメイナスだが、成長し、みんなに認められようと日々、素振りを1万回行う。  「頑張っていれば、そのうち、みんなが認めてくれる」という一心で、現実を振り払うように……  そんな彼にも唯一、仲の良い第一王女「ナタリー・オートヴァン」と森の中で追いかけっこをする時だけ現実を忘れられた。  「こんな時間がずっと続けばいいな……」  互いの存在が掛け替えのないものとなってしまった2人。  しかし、いつだって「現実」は理不尽。そんな互いを思い合う2人の前に貴族社会という「現実」が立ちはだかる。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 恋愛 58,624 位 / 58,624件
文字数 12,805 最終更新日 2023.03.13 登録日 2023.03.11
14
恋愛 完結 短編
女性にしては高すぎる身長と低めの声、中性的な顔。一部の女性からはウケが良いが、男性からは悪い。友人曰く、そこらへんの貴族男性よりもスペックが高いせいで顰蹙を買っているのだとか。  正直『男女(おとこおんな)』と陰口を叩かれるのが気にならないわけではない。ただ、それでも自分を変えようと思わなかったのは彼がいたからだ。 「カミラはそのままでいいよ。君の良さは僕がわかっているから」  幼馴染でもあるオスヴィンの言葉に何度救われた事か。惹かれるのは自然の流れだったと思う。婚約が決まった時は本当に嬉しかった。間違いなく、私の世界はオスヴィンを中心に回っていた。————あの日までは。 ※同様の内容をなろう、カクヨムにも掲載しています。
24h.ポイント 14pt
小説 29,870 位 / 186,139件 恋愛 13,020 位 / 58,624件
文字数 7,808 最終更新日 2023.03.05 登録日 2023.03.04
15
恋愛 完結 長編 R18
――あれは、世界を救った勇者の成れの果て―― 魔王を倒すために心と身体の制御を外し、強大な能力を手にした勇者ロミオは世界を救う役目を終えた後、理性を失くし本能のままに振る舞う獣のような状態になっていた。 森の奥深く神殿に隠されるように居た彼が自分の世話をすることを許しているのは、ほんの少しの聖魔法しか使うことが出来ない、序列末席に居た聖女とは名ばかりのミルドレッドだけ。 ミルドレッドは勇者のお世話係を任され、彼の性欲をも自分の仕事として解消させていた。だがロミオは、なぜか最後の一線は越えない。 ある日、いつまで経っても家に戻ってこないミルドレッドに焦れて連れ帰ろうと婚約者が現れ、乱暴に扱われる彼女を見たロミオの蒼い目に光が灯り……。 家族からも愛されずに見放されていた聖女が、理性を失っても尚ただ一人に愛を捧げる勇者に溺愛されて幸せになる話。 ※ドキドキしそうなRシーンには★をつけています。
24h.ポイント 14pt
小説 29,870 位 / 186,139件 恋愛 13,020 位 / 58,624件
文字数 120,353 最終更新日 2022.11.22 登録日 2022.11.05
HAL
高坂マコト。28歳。 24時間暗い部屋の中でPCとスマホだけをいじる日々。 そんなある日、いつものように眠りにつくと…ただのニートが異世界へ。 まともな生活を送ってきたわけでもないのだから、聖剣に認められることもない。 そりゃそうだろう? そんなマコトになぜか目をつけた大人しいお姉さんと生意気な女の子。 …これって一体どういうことだ?
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 2,561 最終更新日 2022.09.05 登録日 2022.09.05
17
ファンタジー 連載中 長編 R15
人狼族のルーシーは、変身が出来ず武器がないと戦えないと仲間達から迫害され、奴隷のような生活を強いられていた。 何もかも諦めていたある日、ルーシーは森の中で【魔獣塊】と呼ばれる凶悪な魔物を錆びた剣であっさりとぶった斬ってしまう。 彼は最強の剣士であるスキル【剣聖】の保有者だったのだ。 亡国の姫セッカは、そんなルーシーの剣技を認め、護衛として(半ば嵌めるような形で)彼を引き入れる……故郷を滅ぼした呪いの力、その保有者達と対峙させるために。 こうして、剣聖ルーシーの戦いが始まった。 目指すはセッカの国を滅ぼし、各地に散らばった力と呪いの塊【九尾の尾】。 その全てを保有者から奪い封印するために、剣聖の刃が今、全てをぶった斬る。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 108,599 最終更新日 2022.05.19 登録日 2022.05.07
18
恋愛 完結 短編 R18
『──お前を、そういう目で見る事は出来ねぇ』 十年間愛情込めて自分を育ててくれた、伝説級のSランク冒険者の剣聖エドワルド(三十代前半)の事が大好きな魔女メルセデス(十八歳)は、高位悪魔討伐から帰還したエドワルドに告白し、見事に玉砕した。 捨て台詞を吐いて家を飛び出し、ギルドに併設されている宿屋兼酒場に入り浸り、聖女リリーツェとエドワルドの交際を知ってからは日々やけ酒の毎日だった。 だが、しばらくするとエドワルドが王都を破壊するというとんでもない悪夢を見るようになる。 そんな時、聖女とエドワルド破局の記事を見てさらに卑屈になったメルセデスの元に、アースという黒兎の精霊が現れ「フラれたエドワルドを慰めに行こうよ!契約をすれば、僕が手伝うよ」と唆される……という感じの話です。 ※詳しい描写はしていませんが、ヒーローが過去に性的虐待を受けています。苦手な方は自衛をお願いします。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 恋愛 58,624 位 / 58,624件
文字数 24,522 最終更新日 2022.02.18 登録日 2022.02.11
19
ファンタジー 完結 長編 R15
小説家になろうでジャンル別日間ランキング入り!  世界最強の剣聖――エルフォ・エルドエルは戦場で死に、なんと赤子に転生してしまう。  美少女のように見える少年――アル・バーナモントに転生した彼の身体には、一切の魔力が宿っていなかった。  忌み子として家族からも見捨てられ、地元の有力貴族へ売られるアル。  そこでひどい仕打ちを受けることになる。  しかし自力で貴族の屋敷を脱出し、なんとか森へ逃れることに成功する。  魔力ゼロのアルであったが、剣聖として磨いた剣の腕だけは、転生しても健在であった。  彼はその剣の技術を駆使して、ゴブリンや盗賊を次々にやっつけ、とある村を救うことになる。  感謝されたアルは、ミュレットという少女とその母ミレーユと共に、新たな生活を手に入れる。  深く愛され、本当の家族を知ることになるのだ。  一方で、アルを追いだした実家の面々は、だんだんと歯車が狂い始める。  さらに、アルを捕えていた貴族、カイベルヘルト家も例外ではなかった。  彼らはどん底へと沈んでいく……。 フルタイトル《文字数の関係でアルファポリスでは略してます》 魔力ゼロの忌み子に転生してしまった最強の元剣聖は実家を追放されたのち、魔法の杖を「改造」して成り上がります~父が老弱して家が潰れそうなので戻ってこいと言われてももう遅い~新しい家族と幸せに暮らしてます こちらの作品は「小説家になろう」にて先行して公開された内容を転載したものです。 こちらの作品は「小説家になろう」さま「カクヨム」さま「アルファポリス」さまに同時掲載させていただいております。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 142,636 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.07.16
 ――魔王を倒したのは、勇者じゃなくて剣聖でした。  星をも斬る剣といわれる星剣をもつウォルトは、剣聖として魔王討伐を掲げる勇者パーティに参加していた。  しかし、この勇者パーティとは名ばかりで、パーティの中でまともに戦闘をしているのはウォルトのみ。  村を荒らしまくる魔族も、国に襲い掛かる四天王も、ほぼウォルトが討伐してきた。勇者たちは、その成果を自分たちのものと吹聴し、さらにウォルトはパーティのお荷物だという始末。  果てには世界の敵である魔王ですら、勇者たちはウォルトに押し付け、そして半死になりながらも魔王を倒したウォルトを置き去りにし、国へと凱旋した。  何とか一命を取り留めたウォルトは、魔王を倒した英雄でありながら、ひっそりと旅を続ける。  金や栄誉なんていらない。彼が求めているのは、『  』なのだから。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 18,938 最終更新日 2021.09.10 登録日 2021.05.01
未来からやってきた緑の瞳を持つ少女・ヘティスと、超古代文明の王子・蓮也はある目的のために江戸時代中期へとタイムスリップする。 そこで真里谷円四郎・小田切一雲・金子夢幻や幕末の白井享などの伝説の剣士たちと壮絶なバトルを繰り広げる。 そうした中で蓮也はロータジア王国に伝わる幻の剣術を再興することができるのであろうか。 ※この物語は様々なストーリーが折り重なるパラレルノベルとなっています。 【OPソング・無住心】 https://youtu.be/lRDhNZNaGbc
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 39,893 最終更新日 2021.08.18 登録日 2021.07.15
「この無能が!……王国に仕える騎士の家系に生まれながら、こんな大ハズレ職業に選ばれるとは!」  十五歳の誕生日に行われる、『職業選定の儀』。王国イスカンダルに仕える騎士の家系——アルカディア家に生まれた男児。アトラスはその際に【竜騎士】の天職を授かった。 竜騎士は竜がいなければ何もできない、大ハズレ職業だと断定され、王国からも実家からも追われてしまう。 しかし、アトラスは知っていた。幼き頃に読んだ古代書物から得た知識から、竜騎士こそが最強になれる事を。 アトラスは古代書の知識を利用し、竜を従え、最速で最強の【竜騎士】として成り上がっていく。 そして竜の国を築き、竜王として君臨するのであった。 一方その頃、アトラスを追放した王国と実家は転落の一途を辿っていくのであった。 ※他サイトでも公開
24h.ポイント 7pt
小説 36,231 位 / 186,139件 ファンタジー 5,269 位 / 41,601件
文字数 35,947 最終更新日 2021.08.11 登録日 2021.08.05
魔王討伐の旅の途中、剣聖は女勇者の攻略にも挑む。(全3話) ※ 小説家になろう、カクヨムでも掲載しています
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 4,421 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.06.22
剣術が浸透する世界の田舎村で、「落ちこぼれ」と呼ばれ蔑まれている少年、コウ。知識も天賦の才も無いそんな少年には、ある出来事が襲いかかる。 ある出来事――魔物の襲来に、何とかしようとコウは抗うが、その魔物とは力差がありすぎた。だから、窮地に陥ったコウは、寸前のところで力を欲した! その結果、何者かの声が聞こえると同時に、コウは異空間――《時の狭間》に飛ばされる。 《時の狭間》とは、現実世界に比べて時の流れが遅く、現実世界に回帰する際には鍛え上げた能力が引き継がれるという、凡人のコウにとっては夢の空間だった!! それを知ったコウは、「落ちこぼれ」を辞めて一から剣術を極め始める――。 剣技を生み出し、剣の理念を悟ったコウは、強くなって現実世界へと回帰し、魔物を見事討伐する。コウの悲願は叶ったのだ。 ――しかし、コウの物語はまだ終わらない。確かにコウを強くなったが、まだ未熟者だった。肉体的にも精神的にも、コウは己の道を征くために成長し続ける! “一から剣術を極めるコウは、最強の道を征く”――至高の学院剣戟ファンタジー‼︎
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 32,698 最終更新日 2021.06.23 登録日 2021.04.18
英雄に憧れた孤児の少年ゼラはある出来事をきっかけに研究所へと連れていかれる。 研究室で行われていたのは人を魔人へと変える非人道的な研究。 そこへ連れ込まれたゼラは独房のような個室に監禁される。 そして、手術台に金属の鎖で厳重に縛り付けられ『死』よりもつらい『生き地獄』を体験することとなる。 どれだけ助けを懇願しようと手を差し伸べてくれるものは誰一人としていなかった。 泣き叫びたくなるような人体実験を試され続けること1年。人であったゼラは『恐怖の象徴』とされる魔人へと姿を変えこの世界に復讐を誓う。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 4,207 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.05.03
26
恋愛 連載中 長編
「ヴィルテローゼ、貴様との婚約破棄をここに宣言する。」 婚約破棄された瞬間、全てを思い出す。 ここは乙女ゲームの世界であり、自分が悪役令嬢だということ。 皇太子が学院を去る卒業パーティーで、 ヴィルテローゼ・ネージュは婚約者の皇太子に婚約破棄を突きつけられる。 婚約破棄を突きつけられた中庭で、聖女の遺跡が光る。そこでヒロインが聖女であることが判明し、 それを虐めたヴィルテローゼが国外追放になるが、 遺跡が反応したのはヒロインではなくヴィルテローゼ。しかもそれは聖女として反応したのではなく、 ヴィルテローゼが剣聖に選ばれた故反応したのだった。 このゲームの攻略対象は、皇太子と騎士団長プラス、聖剣に選ばれた「剣聖」と呼ばれる12人の騎士。 剣聖とは、騎士のトップであり、神器を扱う者達。 ゲームにはないシナリオでヴィルテローゼは剣聖に選ばれ、異例の13番目の剣聖に。 「ローアン・ゼロ・ブリューナク」、それが剣聖として与えられた名。 ……正直言って受けたくない。 国王に「一つ望みを叶えるから剣聖になることを承知して欲しい」と言われ、その時はまだ何も言わなかった。 合同任務を様々な剣聖とこなすが、剣聖達が全くまともな食事を取っていないことに気がつく。 ヴィルテローゼは願いを「夜に仕事をこなすから朝と昼に店を開きたい」とカフェを開店することに。 カフェは剣聖にかなり評判が良くお店も順調。 そんな中騎士団長が店に入り浸るようになり?
24h.ポイント 35pt
小説 19,015 位 / 186,139件 恋愛 8,590 位 / 58,624件
文字数 206,047 最終更新日 2021.03.25 登録日 2020.03.22
27
ファンタジー 連載中 長編 R18
医者なのに剣術に長けたハルトが、楽しく生活する物語。 表の顔は医者であるハルトは実は国家機密組織に所属していて…?! 彼女のユイとも楽しく過ごすが… 気まぐれ更新 あっち系だと思われる章には☆つけます。 無理な方は飛ばしてください。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 43,417 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.04.23
●短いあらすじ。 勇者のイルティア王女の身代わりにされ、魔王軍の中に置き去りにされたルカは、神にも匹敵する不死身の力にめざめる。 20万の魔王軍を撃破し、国を救ったルカは人々から真の英雄とたたえられる。 一方でイルティアは魔王の手先と蔑まれ、名声が地に落ちた。 イルティアは、ルカに戦いを挑むが破れ、 自分を奴隷にして欲しいと土下座して許しをこう。 ルカは国王を破って、世界最強国家の陰の支配者となる。さらにはエルフの女王にめちゃくちゃに溺愛され、5億人の美少女から神と崇められてしまう。 ●長いあらすじ 15歳になると誰もが女神様からスキルをもらえる世界。 【変身】スキルをもらったボクは、勇者であるイルティア王女に捨て駒にされた。 20万の魔王軍に包囲された姫様は、ボクを自分に変身させ、身代わりにして逃げてしまったのだ。 しかも姫様は魔王の財宝を手に入れるために、魔族との戦争を起こしたと得意げに語った。 魔法が使えないため無能扱いされたボクだったが、魔王軍の四天王の一人、暗黒騎士団長に剣で勝ってしまう。 どうもボクの師匠は、剣聖と呼ばれるスゴイ人だったらしい。 さらに500人の美少女騎士団から絶対の忠誠を誓われ、幻獣ユニコーンから聖なる乙女として乗り手にも選ばれる。 魔王軍を撃破してしまったボクは、女神様から究極の聖剣をもらい真の英雄として、人々から賞賛される。 一方で勇者イルティアは魔王の手先と蔑まれ、名声が地に落ちた。 これは無能と蔑まれ、勇者の捨て駒にされた少年が、真の力を開放し史上最強の英雄(♀)として成り上がる復讐と無双の物語。 勇者姫イルティアへのざまぁは16話からです。 イルティアを剣で打ち負かし、屈服させて主人公の奴隷にします。 彼女は主人公に土下座して許しをこいます。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 125,058 最終更新日 2021.02.21 登録日 2021.01.30
魔王討伐の為、国王の元へ召集された勇者とその仲間達。その中の一人、謙虚な剣聖クラリネッタ・フォーテルミナは国王お墨付きの少女だった。 クラリネッタは騎士や冒険者ではなく伯爵令嬢だが、何度も村を守ってきた英雄。尊敬の意を込めて剣聖と呼ばれている。 「こやつがおれば、魔王などちょろいぞ!」 そんな国王のクラリネッタに対する並々ならぬ高い評価に、期待する勇者達。 だがモンスターを前にしても一切剣を抜かない彼女を見て、勇者がキレる。 「おい、いつになったら剣を抜くんだ!」 「もう何度も抜いています」 「敵は全部俺達が倒してる!」 「そう見えるかもしれませんが、実は私の初撃で既に死んでいるのです。すみません」 「そんな話が信じられるか!」 事実を言っても信じてもらえず、役立たずの烙印を押されて追放されるクラリネッタ。 「お役に立てずすいません。ところで私達の目的は魔王討伐でしたよね?ならばせめてものお詫びに、私が魔王を倒して参ります」 「何をふざけた事を......!」 勇者達は彼女を相手にしなかった。だが翌日、国中に衝撃のニュースが流れる。魔王がクラリネッタによって倒されたと。 真に役立たずの烙印を押されたのは、勇者達。その後の彼らの運命は、とても惨めなものとなる。 一方クラリネッタは、もてはやされながらも謙虚を貫いて行くのだった。 表紙画像はイラストACより、イラストレーター「I」様の著作権フリーイラストです。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 9,296 最終更新日 2021.02.10 登録日 2021.02.10
30
恋愛 完結 短編 R15
 勇者の活躍を描いた冒険物語が大好きな、小さな村の少年アルト(五歳)。そんなアルトが住む村はある日、魔物の群れに襲われてしまう。アルトは母親に連れられて逃げ出そうとするが、魔物に追いつかれて殺されそうになる。だがそこに、一人の少女が颯爽と現れた。少女は華麗な剣術で、魔物たちをあっという間に倒してしまう。剣聖イーリス──それが少女の呼び名だった。その強く美しい少女の姿は、少年アルトの目に憧れとともに焼き付けられた。  剣聖イーリスに、物語の勇者の姿を重ねて憧れたアルトは、自分もそのようになりたいと願い、努力した。やがて自分に剣の才能がないことを知ったアルトは、十歳の加護識別の儀にて「剣聖」とも並ぶ「賢者」の加護を得て、魔法の道へと進む。神童と呼ばれながらも驕らずに修練を怠らず魔法の力を修めたアルトは、十五歳で冒険者ギルドを訪れる。  一方その頃、剣聖イーリス(二十七歳)は行き遅れに悩んでいた。冒険者一筋で色恋を捨ててきた剣聖は、冒険者ギルドの酒場でくだを巻く。「恋愛とか結婚って、そんなに大事かなぁ。行き遅れってそんなに悪いこと?」「あんたまたその話? 今年に入ってから何度目よ」 十年来の付き合いである親友からそう突っ込まれ、大きくため息をつく剣聖二十七歳。  その冒険者ギルドに、賢者のローブをまとった一人の少年が入ってきた。少年賢者の可愛らしくも真面目そうな姿は、イーリスの好みのド真ん中。しかも彼は、イーリスのもとにやってきて言う。「俺、イーリスさんに憧れて、イーリスさんみたいなすごい冒険者になりたくて、ずっと頑張ってきました! こんなところで出会えるなんて、思ってもいませんでした! 感激です!」「は、はあ……」 そして状況を面白がったイーリスの親友は、自分たちのパーティに入らないかと少年を誘い──  剣聖のお姉さんに憧れる少年賢者と、その少年にほのかな恋心を抱く剣聖二十七歳。矢印が微妙にすれ違うドタバタファンタジーラブコメディ!
24h.ポイント 7pt
小説 36,231 位 / 186,139件 恋愛 16,085 位 / 58,624件
文字数 23,440 最終更新日 2020.08.28 登録日 2020.08.23
31
ファンタジー 完結 長編 R15
有名パーティー【光輝ある剣】の雑用担当であるシスンは、自分の真の実力を知らないリーダーたちによって不遇な扱いを受けていた。 そんな折、リーダーに呼び出されたシスンは、貢献度不足という名目でパーティーからの追放を宣告される。 生活に困って祖父の住む故郷に帰ってきたが、そこは野盗に襲われていた。 野盗を撃退するため、幼馴染みの美少女アーシェと共に、シスンは本来の実力を発揮する。それは元剣聖の祖父から鍛えられた超絶剣技だった。 シスンは真の実力を遺憾なく発揮して、野盗の撃退に成功する。 これはシスンがアーシェと共に旅立ち、英雄の階段を駆け上がる物語。
24h.ポイント 49pt
小説 15,252 位 / 186,139件 ファンタジー 2,069 位 / 41,601件
文字数 368,376 最終更新日 2020.08.21 登録日 2020.05.31
32
恋愛 完結 長編
人類は大魔王率いる魔族軍の侵攻を受けた。 そんな中 絶対神の啓示を受け、 勇者となった辺境国の若き騎士 レオン。 冷静沈着、合理主義のその男は 大魔王を直接討つ事が最も合理的と判断し 討伐の旅にでた。 最初に仲間になったのは聖女。 啓示により「聖女」となったのは、 修道院で修行中の美しい少女 アリシア。 彼女は超マイペースな上、 好奇心旺盛、そして突拍子の無いことをする。 この物語は そんな聖女に一目惚れしてしまった 後世最強と謳われた勇者の苦悩の物語である。 10話完結 1日2話アップします
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 恋愛 58,624 位 / 58,624件
文字数 21,638 最終更新日 2019.10.17 登録日 2019.10.13
33
恋愛 完結 短編
勇者パーティは五年もの歳月を要し、ようやく魔王城にたどり着いた。 そんな中、パーティの一人である剣聖の少女シエラ・ロードは迷っていた。 このまま魔王を倒したところで、勇者は我が国の皇女と結婚するのだ。 シエラはそれがどうしようもなく嫌になる。 未来を考えることが嫌になり、未来を変えたいと願う。 そう。 彼女は勇者に恋をしていたのだ。 ハッピーエンドものです。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 恋愛 58,624 位 / 58,624件
文字数 47,107 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.07.12
34
ファンタジー 連載中 長編 R15
異世界から召喚された、勇者一行と 共に 魔王討伐を命じられた剣聖エルヴィン. フェルディナントは魔王城に乗り込む直前に 国に残した妻が国の王子と繋がりがあり 騙されていた事を知る。 今まで、全てを捧げて来た国の王子と妻に 裏切られた彼は一体どうするのか _____________________________________________ 誤字、脱字等有りましたら報告して 頂ければ幸いです
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 ファンタジー 41,601 位 / 41,601件
文字数 6,481 最終更新日 2019.03.10 登録日 2019.03.09
35
恋愛 完結 短編
 鷹、華と書いてヨウカと読む。  しかしこの街の人間であれば、いやこの地に生きる人であれば誰でも、その言葉の意味を知っている。  鷹華という二文字で綴られたそれを、剣姫という意味で読むのが常であった。剣姫となりて、もし裏返ればそれは剣鬼ともなるのだ。  その生き様は苛烈にして至極。  ありとあらゆる悪を断ち、か弱き人々に救いの手を差し伸べるとされる至高の存在。  しかしてそれは人の枠組みと理とを外れた存在だとも囁かれる。  それら凡そ人間を形容するに相応しくない言葉の数々の羅列が、しかし真実に限りなく近いということを私は知っていた。  これは、鷹華という英雄に出会った少女の物語である。 ーーーー 終盤、甘い恋愛方向に流れてしまったので、カテゴリを「ファンタジー」から「恋愛」に変更しました。 なんとか規定文字数に収まるように手を入れました。 ほとんどはどこかしら削っているだけですので、読み直さないといけないようなところはありません。 ーーーー 虚構少女シナリオコンテストに応募してみようと思い立ち、書いてみることにしました。 完結までお付き合い頂ければ幸いです。 また、よろしければお気に入りや感想などよろしくお願いします。
24h.ポイント 7pt
小説 36,439 位 / 186,139件 恋愛 16,101 位 / 58,624件
文字数 9,497 最終更新日 2018.09.14 登録日 2018.09.12
36
恋愛 連載中 短編
A
 私の名前はエマ・ベルナード。一ヶ月前の災害で家族を失いました。  料理上手で優しいお母さんも  ひょうきん者のお父さんも  いつも私の真似ばかりしていた弟も  あっさり居なくなって土の下です。  未だ家族の面影が残るその家で暮らして一ヶ月。  ボロ切れ拾いました。そして、私も寂しかったのか焼きが回ったのか一緒に住むことにしました。  これは、二人が出会いそして前に進む物語。
24h.ポイント 0pt
小説 186,139 位 / 186,139件 恋愛 58,624 位 / 58,624件
文字数 14,792 最終更新日 2018.05.26 登録日 2018.05.26
36