恋愛 公爵令嬢小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 公爵令嬢×
206 12345
1
恋愛 連載中 長編
知らないうちに学園の令嬢たちを陥れたことにされたアンジェリク。幼いころからの婚約者である第二王子に婚約を破棄され、辺境の貧乏伯爵に嫁がされることになった。 意味がわからない。いずれ誤解は解いてやるとして、ひとまず辺境に行ってみたら意外と面白いところだった。伯爵はイケメンでなんだかいい人。貧乏は確かに貧乏なのだけれど、そこはアンジェリクがなんとかしようと考える。 領地のお金のことは私に任せて! ついでに領民の生活も考えましょう。いつか仕返しもしてやるから。 ところでドラゴンてなんですか? 読んでくださってありがとうございます(思いのほかたくさんの方にお読みいただけてとても嬉しい一方、勢いで付けたタイトルがなんだか…とソワソワしています。何かいい感じのタイトルないかな……)。
24hポイント 199,159pt
小説 3 位 / 96,254件 恋愛 3 位 / 26,533件
文字数 33,293 最終更新日 2021.03.03 登録日 2021.02.27
2
恋愛 連載中 長編
 サンフロール王国の筆頭公爵家である、ラストラス家の令嬢であるセレナは、王太子であるフリードの婚約者である。  しかし、学園の卒業パーティーでフリードはあろうことか、大衆の面前で婚約破棄を言い渡す。  殿下、あなたはこの婚約の意味を理解していないようですわね? しかし、あなたが婚約破棄を宣言したことはもう覆りませんわよ。
24hポイント 138,196pt
小説 11 位 / 96,254件 恋愛 10 位 / 26,533件
文字数 15,663 最終更新日 2021.03.03 登録日 2021.02.20
3
恋愛 連載中 短編
乙女ゲームの設定では悪役令嬢だった公爵令嬢サエナリア・ヴァン・ソノーザ。そんな彼女が行方不明になるというゲームになかった事件(イベント)が起こる。彼女を見つけ出そうと捜索が始まる。そして、次々と明かされることになる真実に、妹が両親が、婚約者の王太子が、ヒロインの男爵令嬢が、皆が驚愕することになる。全てのカギを握るのは、一体誰なのだろう。 ※初めての悪役令嬢物です。
24hポイント 53,508pt
小説 42 位 / 96,254件 恋愛 34 位 / 26,533件
文字数 40,551 最終更新日 2021.03.03 登録日 2021.01.16
4
恋愛 完結 短編
アルフィーナ・ラムウェバーは、ギルバムド王国の第一王子であるガラードと婚約している。ガラードはとても無口な男性である。そのため、アルフィーナは婚約者が何を考えているかわらず、少し怖く思っていた。 ある日、アルフィーナは市で怪しい占い師と会う。 その占い師から、アルフィーナは心が読めるようになるネックレスを渡された。 なんでも、それをつけていると他人の心を読めるらしいのだ。 信じられなかったアルフィーナだったが、つけてみると実際に占い師の心の声が聞こえてきた。よくわからないが、本物であるようなのだ。 後日、アルフィーナはガラードと会っていた。 そこで、アルフィーナは彼の心の内を知ることになる。どうやら、ガラードは心の中で色々なことを考えているようだ。 ガラードの心の内を知ったことで、アルフィーナは彼にどう接していけばいいか理解した。 こうして、二人の関係性は大きく変化することになったのだ。
24hポイント 33,392pt
小説 70 位 / 96,254件 恋愛 54 位 / 26,533件
文字数 17,107 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.26
5
恋愛 連載中 短編
私の名前は、ラルネア・ルーデイン。エルビネア王国に暮らす公爵令嬢である。 といっても、私を公爵令嬢といっていいのかどうかはわからない。なぜなら、私は現当主と浮気相手との間にできた子供であるからだ。 普通に考えて、妾の子というのはいい印象を持たれない。大抵の場合は、兄弟や姉妹から蔑まれるはずの存在であるはずだ。 しかし、何故かルーデイン家の人々はまったく私を蔑まず、むしろ気遣ってくれている。私に何かあれば、とても心配してくれるし、本当の家族のように扱ってくれるのだ。たまに、行き過ぎていることもあるが、それはとてもありがたいことである。 ※下記の関連作品を読むと、より楽しめると思います。
24hポイント 14,094pt
小説 175 位 / 96,254件 恋愛 108 位 / 26,533件
文字数 32,856 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.02.18
6
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢エミア・シュタイトは婚約者である第二王子アリオス・ルーンファクトを心から愛していた。 けれど幼い頃からの恋心をアリオスは手酷く否定し続ける。その度にエミアの心は傷つき自己嫌悪が深くなっていった。 そして婚約から十年経った時「お前は俺の子を産むだけの存在にしか過ぎない」とアリオスに言われエミアの自尊心は限界を迎える。 消えてしまいたいと強く願った彼女は己の人格と引き換えに前世の記憶を取り戻した。 救国の聖女「エミヤ」の記憶を。 表紙は三日月アルペジオ様からお借りしています。 --- 第14回恋愛小説大賞 に参加しています。 宜しければ投票頂けると大変嬉しいです。
24hポイント 9,495pt
小説 235 位 / 96,254件 恋愛 139 位 / 26,533件
文字数 70,079 最終更新日 2021.03.02 登録日 2020.12.06
7
恋愛 完結 長編 R18
第一王子ユリシスとのお茶会は、マリーにとっていつも憂鬱だ。ユリシスはマリーに甘い言葉をくれる。初めて会ったその日から変わらずずっと。 だがマリーには、ユリシスの態度には何か裏があるのではないかと思えて……? *本編は完結しましたが、不定期に番外編公開します!
24hポイント 8,721pt
小説 248 位 / 96,254件 恋愛 143 位 / 26,533件
文字数 519,433 最終更新日 2021.03.02 登録日 2020.07.06
8
恋愛 連載中 短編
追放された想い人を幸せにするため、公爵令嬢クラリスは今日も今日とて奔走する…! 王位継承権に破れた第一王子 ✖️ 第一王子に恋焦がれる公爵令嬢 突然舞い降りたチャンスをものにしたい公爵令嬢が頑張る話(?)
24hポイント 5,076pt
小説 378 位 / 96,254件 恋愛 200 位 / 26,533件
文字数 6,899 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.17
9
恋愛 連載中 短編 R18
大陸の東に位置する小国ウォルシュ聖国は、小国でありながら、各国へ大きな発言権を持っていた。 それはウォルシュ聖国が、この世界の大半が信仰するオドノイアー教の聖地に位置している事、そして神に選ばれた聖女を有する事が主な理由だった。 聖国の公女であるカテリーナ ラングフォードは、その日、儀式により聖女に選ばれた。 前任の聖女が崩御した事により、国中の純潔な乙女達が集められ、その中より神に選ばれたのだ。 これによりカテリーナ聖女は、幼い頃に結んでいた皇太子フィリップ ウォルシュとの婚約は、神の神託により破談となった。 その身を神殿に保護される前の短い時間、カテリーナは幼い頃からの婚約者であるフィリップに別れを言う事を許される。 そこで幼い頃から良く知る優しい婚約者は、初めてカテリーナに仄暗い表情を見せた。 「ねぇ、カテリーナ。神託くらいで僕から逃げられると思ってないよね?はぁ…こんな事になるなら必死に我慢して、君の純潔を守るんじゃなかったよ。」 「フィリップ殿下…?」 「大丈夫だよ、カテリーナ。今からでも遅くは無いと思わないかい?純潔でなければ聖女にはなれないのだから。」 嬉しそうに笑うフィリップを最後に、カテリーナの意識がゆっくりと沈んでいった。 ------------------------------------ 病んでる皇太子を書きたかっただけの小説です。 R18表現は予告なく入ります…というか、ほぼ全編で入ります。 短編予定…でしたが、皇太子のねちっこい性格により少し長引いております。 よろしくお願いします。
24hポイント 3,467pt
小説 509 位 / 96,254件 恋愛 256 位 / 26,533件
文字数 13,377 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.02.28
10
恋愛 完結 短編 R15
 わたくしはシャーロット・サンチェス。ベネット王国の公爵令嬢で次期女公爵でございます。  旦那様とはお互いの祖父の口約束から始まり現実となった婚約で結婚致しました。結婚生活も順調に進んでわたくしは子宝にも恵まれ旦那様との子を身籠りました。  しかし、わたくしの出産が間近となった時それは起こりました……。  突然公爵邸にやってきた男爵令嬢によって告げられた事。 「私のお腹の中にはスティーブ様との子が居るんですぅ! だからスティーブ様と別れてここから出て行ってください!」  へえぇ〜、旦那様? わたくしが妊娠している時に浮気ですか? それならご覚悟は宜しいでしょうか? ※本編は完結済みです。
24hポイント 2,754pt
小説 603 位 / 96,254件 恋愛 309 位 / 26,533件
文字数 85,152 最終更新日 2021.02.23 登録日 2020.11.08
11
恋愛 完結 短編
大資産家であるバーミリオン公爵家の令嬢、ルージア・バーミリオンは突然、王国の皇太子マークスに婚約破棄される。 「前から思ってたんだけど、君って贅沢だよね?」  贅沢に溺れる者は国を滅ぼすと何かの本で読んだマークスは高級品で身を固めているルージアを王室に害をもたらすとして、実家ごと追放しようと目論む。 しかし、マークスは知らない。 バーミリオン公爵家が既に王室を遥かに上回る財を築いて、国家予算の八割を貸しつけていることを。 「平民の娘は素朴でいい。どの娘も純な感じがして良かったなぁ」 王子という立場が絶対だと思い込んでいるマークスは浮気を堂々と告白し、ルージアの父親であるバーミリオン公爵は激怒した。 「爵位を捨てて別の国に出ていきますから、借金だけは返してもらいますぞ」 マークスは大好きな節約を強いられることになる――
24hポイント 2,655pt
小説 623 位 / 96,254件 恋愛 323 位 / 26,533件
文字数 56,571 最終更新日 2021.02.07 登録日 2020.12.30
12
恋愛 完結 短編
「婚約破棄だ!俺はアリスと結婚する!」 そう言われた瞬間、私は思わずニヤリとしてしまった。 公爵令嬢のリンナ・タウネシアは少し、いやかなり目つきが悪いがとても美しい人物であった。 彼女は候爵家の令息、クロム・ダクセンと婚約していたのであるが…彼は同い年の男爵家令嬢、アリス・バロウズにご執心であった。 アリスはそんなクロムと結婚しようとリンナの悪評をじわりじわりと周りに振りまいていたのだが、ついにある夜会でアリスがリンナに仕掛けてきて…… さぁ、反撃ですわ! 短めの話で七話で完結します! おまけ、というか後日談みたいなものが完結後数話あります。
24hポイント 2,556pt
小説 644 位 / 96,254件 恋愛 333 位 / 26,533件
文字数 24,269 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.04.25
13
恋愛 連載中 短編
 カルディア王国公爵家令嬢シャルロットには7歳の時から婚約者がいたが、何故かその相手である第二王子から酷く嫌われていた。  顔を合わせれば睨まれ、嫌味を言われ、周囲の貴族達からは哀れみの目を向けられる日々。  我慢の限界を迎えたシャルロットは、両親と国王を脅……説得して、自分たちの婚約を解消させた。  そしてパーティーにて、いつものように冷たい態度をとる婚約者にこう言い放つ。 「私と殿下の婚約は解消されました。今までありがとうございました!」  そうして笑顔でパーティー会場を後にしたシャルロットだったが……次の日から何故か婚約を解消したはずのキースが家に押しかけてくるようになった。 「なんで今更元婚約者の私に会いに来るんですか!?」 「……好きだからだ」 「……はい?」  いろんな意味でたくましい公爵令嬢と、不器用すぎる王子との恋物語──。 ※タグをよくご確認ください※
24hポイント 2,307pt
小説 695 位 / 96,254件 恋愛 359 位 / 26,533件
文字数 19,290 最終更新日 2021.02.02 登録日 2020.09.10
14
恋愛 連載中 短編
 卒業記念パーティーの最中、ディートリヒ王子から前触れもなく婚約破棄を告げられたオリヴィア。  彼女が最初に取った行動は婚約破棄を嘆くことでもなく、王子の近くに寄り添っている女性を責めることでもなく、医者を呼ぶことだった。  突然の心変わりに、王子の精神病を疑ったからだ。  婚約破棄に至る病、突然の心変わりは一つの病として知られていた。
24hポイント 2,038pt
小説 775 位 / 96,254件 恋愛 404 位 / 26,533件
文字数 2,705 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.03.01
15
恋愛 連載中 長編 R15
息ができない苦しさで目を覚ました私は、何故か赤ん坊になっていたことに気がつく。 ツェツィーリエ、と名付けられた私は美男美女の両親の元、愛情を一杯に受けてすくすくと育つが、三歳になってしばらくしたある日、でっぷりと太った公爵様の養子になることに。 『美しすぎるツェリを危険から守りきることが出来ないから』 両親にそう涙ながらに説得され、でっぷりと太った公爵様、フィリップス様のお屋敷に行き、そこで自分の姿を鏡で初めて見て、崩れ落ちた。 鏡の中には、前世で『白豚』と呼ばれ続けた懐かしい姿があったからだ。 え?この姿が美少女?豚は最上級の褒め言葉? 美醜が逆転した世界で、前世の価値観を持ったまま産まれた私。 そんな中、月の王子と呼ばれる、この国の第一王子、レオナード殿下の話し相手になることに。 だがしかし、初めて会う王子は、何故か衝立の向こうに隠れたままで…? これは、黒豚と呼ばれるほどに美しい令嬢が、月の王子と呼ばれる不憫な王子を甘やかして幸せにするお話。 ※『小説家になろう』様『カクヨム』様に先行投稿しております。
24hポイント 1,932pt
小説 801 位 / 96,254件 恋愛 419 位 / 26,533件
文字数 110,804 最終更新日 2021.03.03 登録日 2021.01.15
16
恋愛 完結 短編
伯爵家の嫡男であり、リムルの夫であるエリックは婚約しているときから、「浮気したら婚約破棄だからな」としつこい位に念押ししていた。 リムルはそれでもそこまで言うのは愛情が深いからだと特に気にすることなく結婚。 結婚してからも「不倫をしたら許さん。お前も相手も地獄に叩き落とす」と事あるごとに言い放ち、彼女を束縛していたが、リムルはそれでも夫に尽くしていた。 「お前が不倫していると聞いた。一昨日の夕方に男と会っていただろう。知ってるんだぞ。やっぱり僕とは財産狙いで結婚したのだな!」 胸倉を掴み、エリックはリムルに不倫をしたと凄む。 しかし、その日の夕方……リムルはエリックと共にいた。 彼女はそのことを話すと彼は納得しかけるも、首を振って「じゃあ他の日だった」と謝らない。 リムルはそんな彼に腹を立てる。財産狙い発言も自分の父親は公爵であるし、エリックの父親が頭を下げて成立した縁談なので納得がいかなかった。 そして、事件は起こった。 エリックにリムルが浮気していたと吹き込んだ友人たちが彼に「浮気現場を発見した」と騒ぎ出し、彼らはその現場に突入して二人に暴力を振るう。 しかし、そこにいたのはリムルの双子の妹のメリルとその婚約者。 しかも、メリルの婚約者は隣国の皇太子で……。 ちょうど、その頃……夫の愛人という女がリムルを訪ねていた。
24hポイント 1,831pt
小説 839 位 / 96,254件 恋愛 443 位 / 26,533件
文字数 24,604 最終更新日 2020.12.27 登録日 2020.12.11
17
恋愛 連載中 短編
「マルグリット・エレオス、お前との婚約は破棄させてもらう!」 公爵令嬢マルグリットは、女遊びの激しい婚約者の王子様から婚約破棄を告げられる しかし、それはマルグリット自身が仕組んだものだった……
24hポイント 1,776pt
小説 861 位 / 96,254件 恋愛 452 位 / 26,533件
文字数 6,554 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.02.28
18
恋愛 連載中 短編
「えぇっ?! 殿下とローラ様って、ご婚約されていたんですか?!」 婚約破棄イベントを前にして、友人が突然そんな素っ頓狂を言い出した。 *** 私の家が主催する夜会で、なんと王太子が公爵令嬢に婚約破棄を言い渡した。 しかし前世でそういう系の小説が大好物だった私だ。 突然目の前で勃発した『婚約破棄イベント』に、どうしようもなくワクワク、ドキドキ……。 しかしそれも『素っ頓狂』なあの一言を皮切りに、何やら変な方向へと転がり始める。 「あぁもう、この子は。……仕方がない」 これは目の前で巻き起こった『婚約破棄イベント』で、モブだった筈の私が、同じくモブだった筈の愛すべきおバカ(親友)のために一肌脱がざるを得ないお話。 ※この物語は「テンプレから生まれる非テンプレ」第1弾『婚約破棄』を題材にした作品です!
24hポイント 1,769pt
小説 864 位 / 96,254件 恋愛 455 位 / 26,533件
文字数 54,425 最終更新日 2021.03.02 登録日 2020.10.17
19
恋愛 連載中 長編
真実の愛(笑)とやらに目覚めたとかで、貴族の集まる公の場で王太子様に婚約破棄されたわたしは、エヴァンジェリスタ公爵令嬢のロクサーナと申します。 王太子様に愛する男爵令嬢をいじめたとかで難癖をつけられましたが論破。 しかし、聞くに堪えない酷い侮辱を受けたので、公爵家ともども王家を見限ることにしました。 その後、王太子様からわたしの元に書状がたくさん舞いこんできますが、もう関わりたくもないですし、そちらが困ろうが知ったことではありません。 どうぞ運命のお相手と存分に仲良くなさってくださいませ。
24hポイント 1,256pt
小説 1,149 位 / 96,254件 恋愛 603 位 / 26,533件
文字数 53,718 最終更新日 2019.07.25 登録日 2017.05.07
20
恋愛 連載中 短編 R15
 セシリア・サンダースはこのヴェルデ王国のサンダース公爵家の長女として産声を上げた。  その容姿は精霊姫と呼ばれた母に瓜二つでセシリアも幼い頃から精霊姫と呼ばれていた。  そんなセシリアが幸せでいられたのは3歳までだった……。  3歳の時に最愛の母が亡くなった。母が亡くなってすぐに父は、後妻とその娘を連れて来た。  セシリアは母が亡くなって悲しみに暮れる中、突然現れた新しい母と妹の存在は到底すぐには受け入れられなかった。  しかし、そんな実の娘のことなど気にせず、父である公爵は新しい母と妹のことばかり可愛がる。  そして、調子に乗った新しい母と妹もセシリアのことを虐げていく。  そんな辛い現実に幼いセシリアは耐えられず心は壊れる寸前だった。  辛い毎日に毎晩涙を流していると、聞こえて来た懐かしい優しい声。 『セシリー、もう泣かないの。お母様が居るわよ』  それから、母が告げた真実を境にセシリアは変わっていく……。
24hポイント 1,143pt
小説 1,227 位 / 96,254件 恋愛 636 位 / 26,533件
文字数 13,963 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.20
21
恋愛 完結 短編
「リリー、お前との婚約は破棄させてもらう」   突然呼び出されたと思ったら、ありもしない事を理由に婚約破棄を切り出された。その理由は、私が妹を虐めていた、という内容だった。 そんな事実は無いが、平凡な私なんかより完璧な妹の方が、殿下の婚約者にはふさわしい。そう思って黙って受け入れたが…… こんなことになるとは思いませんでした。
24hポイント 1,057pt
小説 1,288 位 / 96,254件 恋愛 665 位 / 26,533件
文字数 25,537 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.10
22
恋愛 連載中 長編
婚約破棄されたばかりの令嬢アイリス(6歳) けれどすぐに人質といった形で、隣国の王子エレンと婚約する事に。 ホームシックなアイリスが大事に大事に溺愛されるまでのお話。
24hポイント 979pt
小説 1,365 位 / 96,254件 恋愛 704 位 / 26,533件
文字数 20,046 最終更新日 2020.11.18 登録日 2020.10.04
23
恋愛 完結 ショートショート
義理の姉と婚約者が恋仲だったことを知った妹の短い物語。 視点が変る10話完結予定。視点がかわることによって結末が予想される形になっています。 ゆるふわ設定。
24hポイント 923pt
小説 1,443 位 / 96,254件 恋愛 737 位 / 26,533件
文字数 11,587 最終更新日 2021.02.16 登録日 2021.02.13
24
恋愛 完結 短編
ミリティア・メルトーイは、いつも優秀過ぎる姉と比べられて生きてきた。 姉と比べると、落ちこぼれでしかない。それが、彼女に対する多くの者の評価である。 しかし、ある日、ミリティアは第三王子のファムルドの婚約者になることになった。 姉ではなく自分が、王子の婚約者になる。そのことに、ミリティアは疑問を感じずにはいられなかった。 何か裏がある。そのように感じたミリティアは、婚約の裏にある作為を確かめるために、行動を開始するのだった。
24hポイント 894pt
小説 1,475 位 / 96,254件 恋愛 758 位 / 26,533件
文字数 30,301 最終更新日 2021.02.17 登録日 2021.02.08
25
恋愛 連載中 長編 R15
公爵家令嬢のアマーリアは、ある日突然、婚約者であった王太子アドリアンから婚約破棄を言い渡されてしまう。 「それは本当ですの? 殿方に二言はありませんわね!?」  以前から銀の鷲騎士団所属の騎士、ラルフ・クルーガーに憧れていたアマーリア。  けれど、自分には未来の王太子妃としての立場がある……とずっと想いを押し込めてきた。    これは千載一遇のチャンス! 「王太子殿下、ありがとうございます! アマーリアは殿下にいただいたこの機会、きっと叶えてみせますわ!!」 『一度放たれたら標的を射止めるまでは止まらない』と称された公爵家の情熱の血を受け継いだアマーリアの猪突猛進系の初恋はもう誰にも止められない。 ◇表紙画像はフリー写真素材の「ぱくたそ」さんのものを使用させていただいています。
24hポイント 880pt
小説 1,485 位 / 96,254件 恋愛 763 位 / 26,533件
文字数 209,878 最終更新日 2021.02.16 登録日 2020.10.13
26
恋愛 連載中 長編
噂によると、私『ユーフェミア・アージュ』は今日婚約破棄をされるらしい。 婚約者であるマーランナ国の王太子『アレックス・バーングラット』に。 ...ということはこれが殿下の婚約者として出る最後のパーティーってことよね? だったら最後くらいちゃんとした格好をしてもいいですよね?
24hポイント 795pt
小説 1,612 位 / 96,254件 恋愛 828 位 / 26,533件
文字数 61,153 最終更新日 2020.12.15 登録日 2020.10.28
27
恋愛 完結 ショートショート
サミュエル・レオンジ公爵令嬢と王太子様とミシェル・モレン公爵令嬢はいとこ同士で幼い頃から王宮で一緒に遊ぶことが多かったのでした。 ある日、3人で王宮の庭園で遊んでいると大きな穴にミシェルが落ちてしまいました。 その一画は、庭園の木や花を植え替え中で、侵入禁止のキラキラ光るテープがはられているはずでしたのに、それがなかったので3人は、そこで鬼ごっこをしたのでした。 ミシェルは足を大けがして車椅子でないと移動できなくなってしまいました。 サミュエルと王太子様は、実は思い合っていて、婚約するはずでしたが、この事故でミシェルと王太子様が結婚することになりました。 やがて、サミュエルは悪女と、ミシェルは聖女と社交界では呼ばれるようになったのですが・・・・・・この二人はどのような人生を送ることになったのでしょうか? 5話完結
24hポイント 653pt
小説 1,890 位 / 96,254件 恋愛 954 位 / 26,533件
文字数 6,485 最終更新日 2021.02.07 登録日 2021.02.06
28
恋愛 連載中 長編
「お前の婚約者が決まった。相手はレオン・クライトン王子殿下だ」 アーヴァイン公爵令嬢のシルヴィアは、父親に勝手に婚約者を決められてしまう。 しかもその相手は、クライトン王国でやさぐれ王子と悪名高い第二王子のレオン・クライトンだった。 いつかまた、幸せな日常に戻れると信じていたシルヴィアは、突然の婚約に抵抗しようとする。 しかし父親がそれを許すはずもなく、抵抗むなしく婚約が決まってしまう。 こうしてシルヴィアは、やさぐれ王子との婚約生活が始まってしまった。
24hポイント 547pt
小説 2,160 位 / 96,254件 恋愛 1,082 位 / 26,533件
文字数 65,953 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.01.31
29
恋愛 連載中 長編
レティシアは魔力を持つことが当たり前の世界でただ一人、魔力を持たずに生まれてきた公爵令嬢である。 そのために、家族からは冷遇されて育った彼女は10歳のデビュタントで一人の少年と出会った。その少年の名はイサイアス。皇弟の息子で、四大公爵の一つアルハイザー公爵家の嫡男である。そしてイサイアスは周囲に影響を与えてしまうほど多くの魔力を持つ少年だった。 イサイアスとの出会いが少しづつレティシアの運命を変え始める。 これは魔力がないせいで冷遇されて来た少女が幸せを掴むための物語である。 ※1章完結※ 追記 2020.09.30 2章結婚編を加筆修正しながら更新していきます。
24hポイント 532pt
小説 2,209 位 / 96,254件 恋愛 1,108 位 / 26,533件
文字数 76,229 最終更新日 2020.10.15 登録日 2019.06.01
30
恋愛 連載中 短編 R15
公爵令嬢のアンジェリカには双子の妹アンジェラがいる。 生まれたのが数秒早かっただけで人生こんなに変わるもの⁈と思う程の依怙贔屓。 アンジェリカは妹の我儘に付き合わされながら日々を過ごしてきた。両親も何故か妹には甘々で、正直平等など存在しない。 ある日妹のアンジェラが王太子の元へ嫁ぐ事になり婚姻の儀が執り行われた。他国の来賓者達も出席する中アンジェリカはある事を実行に移す。アンジェラの姉として王太子とアンジェラに祝いを述べた最後に。 「アンジェラ、私は本日で貴女の姉を卒業します」と宣言した。無論周囲は騒然とする。妹は呆然と立ち尽くし、王太子は王太子妃を侮辱したとして不敬罪だと激怒し、国から追放すると言う。 アンジェリカは覚悟の上だったが「なら彼女は僕が妃に貰うよ」と隣国の王太子が名乗りを上げた。彼は超がつく程の美男子で実は妹が以前アプローチをしていた人物だった。妹は発狂して…婚儀はめちゃくちゃに…。
24hポイント 525pt
小説 2,230 位 / 96,254件 恋愛 1,116 位 / 26,533件
文字数 41,608 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.08.14
31
恋愛 連載中 短編
公爵令嬢のサリア・ハーマンの何気ない日常です。ただし、時に毒舌、時に無邪気なお嬢様に振り回される人々がおります。 婚約者から見たサリアの話も追加しました。 単発1話形式が基本です。
24hポイント 504pt
小説 2,301 位 / 96,254件 恋愛 1,147 位 / 26,533件
文字数 37,353 最終更新日 2021.02.15 登録日 2021.01.03
32
恋愛 完結 短編
このたびめでたく大嫌いな王子から婚約破棄されました。 それはともかく、浮気したあげく冤罪押しつけるってなめてますよね? 誠意のかけらもありません。 それならば、あなた方の立場をきっちりと分からせてあげましょう。
24hポイント 504pt
小説 2,301 位 / 96,254件 恋愛 1,147 位 / 26,533件
文字数 28,383 最終更新日 2018.02.01 登録日 2017.10.30
33
恋愛 完結 長編
近年大流行となっている悪役令嬢が主役の恋愛小説。 リリーもそれにハマっており、愛されるだけのヒロインよりも芯まで強く挫けない悪役令嬢に憧れていた。 王子との結婚が生まれた瞬間に決まっていたリリーは悪役令嬢のような振舞いは許されず、品行方正に生きてきた。 だが、そんなリリーに転機が訪れる。 「リリー・アルマリア・ブリエンヌ、お前との婚約を破棄する」 婚約者から突然の婚約破棄を言い渡されてしまった。 大勢の生徒が集まる広場での出来事に呆然とするはずが、リリーはあっさりと受け入れただけではなく満面の笑みを浮かべ「はい!」と答えてしまった。 だってこれからは独り身で周りの目など気にせずあの憧れの悪役令嬢になれるのだから!と思ったらつい…。 しかし婚約破棄された翌日から何故か王子がつきまとってきて——— 婚約破棄をされて悪役令嬢になる日がやってきたというのに……どうして周りのほうが悪役令嬢っぽいの!? 小説家になろう様にも投稿しています。 完結いたしました! お読みくださった皆様ありがとうございました!
24hポイント 475pt
小説 2,416 位 / 96,254件 恋愛 1,198 位 / 26,533件
文字数 399,212 最終更新日 2020.08.10 登録日 2020.03.26
34
恋愛 連載中 長編 R18
高慢ちきな美しい公爵令嬢である私は、雷に打たれ三日三晩寝込み、前世の記憶を思い出す。 35歳デブブサ喪女で処女……アパートの部屋で孤独死、それが前世の私。 同時にこの世界が、前世でプレイした事がある乙女ゲーム「恋と戦のプリンセス」であり、自分がその中の登場人物で【死亡END】しかない悪役令嬢フィーネ・マーリン・ジルドアである事に気づくのであった……。コミュ症・元喪女が最愛のお兄様に溺愛されながら、死亡フラグを回避すべく頑張るお話です。 ※なろうとの重複投稿。なろう版は15禁、こちらは加筆し18禁にしていましたが、このたび同じ15禁に合わせる作業をしています。★ただし、アルファ版のほうがラブシーンがかなり多くなっております★※やや過激めの話には※がついています。
24hポイント 461pt
小説 2,476 位 / 96,254件 恋愛 1,226 位 / 26,533件
文字数 232,119 最終更新日 2018.02.28 登録日 2016.11.01
35
恋愛 連載中 長編 R15
公爵令嬢エリーナ・ラナ・ユースクリフは、迎えた5度目の生に絶望した。 家族にも、付き合いのあるお友達にも、慕っていた使用人にも、想い人にも、誰からも愛されなかったエリーナは罪を犯して投獄されて凍死した。 それから生を繰り返して、その度に自業自得で凄惨な末路を迎え続けたエリーナは、やがて自分を取り巻いていたもの全てからの愛を諦めた。 これは、愛されず、しかし愛を求めて果てた少女の、その先の話。 ※暇な時にちょこちょこ書いている程度なので、内容はともかく出来についてはご了承ください。
24hポイント 440pt
小説 2,572 位 / 96,254件 恋愛 1,276 位 / 26,533件
文字数 149,405 最終更新日 2021.02.27 登録日 2020.11.17
36
恋愛 完結 短編
公爵令嬢アデライードは王宮の舞踏会で、男爵令嬢アネットを虐めた罪を断罪され、婚約者である王太子に婚約を破棄されてしまう。ところがアデライードに悲しんだ様子はなく……? ※「婚約破棄の結末と真相」からタイトル変更しました
24hポイント 427pt
小説 2,624 位 / 96,254件 恋愛 1,304 位 / 26,533件
文字数 29,480 最終更新日 2017.07.25 登録日 2017.06.26
37
恋愛 連載中 長編
昔から、自分や自分の周りについての未来を視てしまう公爵令嬢である少女・ヴィオレッタ。 彼女はある日、ウィステリア王国の第一王子にして大好きな婚約者であるアシュレイが隣国の王女に恋に落ちるという未来を視てしまう。 その日から少女は変わることを決意した。将来、大好きな彼の邪魔をしてしまう位なら、潔く身を引ける女性になろうと。 なろうで投稿している方に話が追いついたら、投稿頻度は下がります。 プロローグはヴィオレッタ視点、act.1は三人称、act.2はアシュレイ視点、act.3はヴィオレッタ視点となります。 繋がりのある作品:「先読みの姫巫女ですが、力を失ったので職を辞したいと思います」 URL:https://www.alphapolis.co.jp/novel/496593841/690369074
24hポイント 426pt
小説 2,635 位 / 96,254件 恋愛 1,309 位 / 26,533件
文字数 93,393 最終更新日 2020.06.02 登録日 2019.06.14
38
恋愛 連載中 長編 R15
【本編既に書き終え済】 公爵令嬢ミレルダは目が覚めた。今まで愛していたと思っていた王太子への想いも、抱え込んでいた孤独も、全て吹き飛んだのだ。 階段から落ちたあの日。起きてすぐミレルダはスッキリとした頭で思った。 「婚約破棄?好きにすればいいじゃない。私も好きにするから」 今まで好き勝手されたぶん、これからは好きに生きていく。 王太子は聖女と呼ばれる義妹と真実の愛とやらを見つけたらしいが、とりあえずその聖女は紛い物だ。ミレルダこそが本物の聖女だった。 そのまま婚約を破棄したミレルダはその足で自国を出ることにした。もう貴族だのなんだのごめんである。今度は好きに生きさせてもらおうと思った矢先、ミレルダは思わぬ人と会ってしまう。 「やぁ、初めまして。僕と恋人契約を結んで欲しいんだけど」 隣国の王太子である。藪から棒の話にミレルダは困惑する。そんなミレルダに、王太子は続けて言った。 「その代わり、身分の保証はするから」 城を爆破させて、公爵家も爆破した、本物の聖女でもある自分を祖国は探すだろう。その話は渡りに船であった。
24hポイント 383pt
小説 2,915 位 / 96,254件 恋愛 1,424 位 / 26,533件
文字数 114,827 最終更新日 2020.11.05 登録日 2020.10.21
39
恋愛 連載中 長編 R15
公爵令嬢セシリアは《王妃の条件》を何一つ守らなかった。 16のある日、セシリアは婚約者のレイアルドに「醜悪だ」と言われる。そしてレイアルドはセシリアとの婚約を無に帰し、子爵令嬢のエミリアと婚約を結び直すと告げた。 「龍神の贄としてセシリア。きみが選ばれた」 レイアルドは人柱にセシリアが選ばれたと言う。しかしそれはただ単純に、セシリアを厄介払いする為であった。龍神の贄の儀式のため、セシリアは真冬の冷たい湖の中にひとり飛び込み、凄まじい痛みと凍えを知る。 痛みの中、セシリアが思うのは今までの後悔と、酷い悔しさだった。 (やり直せるものならば、やり直したいーーー) そう願ったセシリアは、痛みのあまり意識を失ってしまう。そして、目を覚ますとそこは自室でーーー。 これは屑で惰性な人生を歩んでいたセシリアが、何の因果か10歳に戻り、死なないために真っ当な人間になろうとするお話です。
24hポイント 355pt
小説 3,109 位 / 96,254件 恋愛 1,508 位 / 26,533件
文字数 10,870 最終更新日 2021.02.06 登録日 2021.02.05
40
恋愛 連載中 長編 R15
公爵令嬢エリューシア・イルファス それが今の『私』だ。 『わたくし』には前世の記憶がある。日本人であるという記憶が。 ここは『私』が前世プレイしていた乙女ゲーム「アザレア~あなたに愛される幸せ~」の世界に酷似している。そして『わたくし』はアザレアの、悪役令嬢。破滅エンドしかないが運営さんのおかげ(?)でチート能力がそなわった、そんな悪役。 破滅なんていや!絶対回避してみせます! これは破滅系チート悪役に転生してしまったとある日本人のお話。前世の記憶のために苦労するエリューシアの愛と友情の(?)物語である。 今後は不定期で更新したいと思います。2000字前後で書いてます。 小説家になろうさまにて改稿版の投稿はじめました。 1章1話から3章20話まで改行を加えるなど修正作業中です。徐々に進めるので違和感のあるところもあると思いますがご了承下さい
24hポイント 355pt
小説 3,109 位 / 96,254件 恋愛 1,508 位 / 26,533件
文字数 197,478 最終更新日 2021.02.28 登録日 2017.09.04
206 12345