恋愛 公爵令嬢小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 公爵令嬢×
246 12345
1
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢のアドリアーナは血筋だけは国一番であるが平凡な令嬢だった。 魔力はなく、スキルは縫合という地味な物だった。 優しい父に優しい兄がいて幸せだった。 ただ一つの悩みごとは婚約者には愛する人がいることを知らされる。 世間では二人のロマンスが涙を誘い、アドリア―ナは悪役令嬢として噂を流されてしまう。 婚約者で幼馴染でもあるエイミールには友人以上の感情はないので潔く身を引く事を宣言するも激怒した第一皇女が王宮に召し上げ傍付きに命じるようになる。 公爵令嬢が侍女をするなど前代未聞と思いきや、アドリア―ナにとっては楽園だった。 幼い頃から皇女殿下の侍女になるのが夢だったからだ。 皇女殿下の紹介で素敵な友人を紹介され幸せな日々を送る最中、婚約者のエイミールが乗り込んで来るのだったが…。
24hポイント 144,770pt
小説 10 位 / 111,553件 恋愛 4 位 / 32,100件
文字数 40,967 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.11
2
恋愛 連載中 長編
★6月12日小説家になろう様、7月1日カクヨム様にも投稿開始しました★ ミネルバ・バートネット公爵令嬢は、異世界人セリカを虐め抜いたという罪で王太子フィルバートから婚約破棄された。 愛してくれる両親と3人の兄たちの尽力で、なんとか次の婚約者を探そうとするが、近寄ってくるのは一見まともでも内面がろくでもない男達ばかり。 いっそ修道院に入ろうか、と思った矢先、隣国の皇帝陛下の弟との結婚話が持ち上がる。 女嫌いで真面目で堅苦しく、いつも黒づくめで『悪魔公爵』と呼ばれるルーファスとの関係は、当然冷ややかなものになるだろうと思われた。 しかし元婚約者から『傲慢・高飛車・可愛げがない』と評されたミネルバの振る舞いが、ルーファスには『すべて好ましい』ものに見えるらしく……? 人間不信気味の誇り高い公爵令嬢が旦那様の誠実な愛情で癒され、幸せになることで『ざまぁ』してしまう物語です。
24hポイント 92,897pt
小説 28 位 / 111,553件 恋愛 19 位 / 32,100件
文字数 111,423 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.06.10
3
恋愛 連載中 短編
リメリアは、フェルリンド公爵家に仕えている使用人である。 彼女は、公爵家の長女であるアルキーナによく思われていなかった。そのため、リメリアは彼女にいびられる日々を送っていた。 ある時、リメリアはアルキーナによって怪我を負わされた。そんな彼女を助けてくれたのは、第三王子のウェリクスだった。 彼は、アルキーナの婚約者である。しかし、彼女に対して疑念を持っているようだった。 そんなウェリクスは、リメリアに事情を聞いてきた。紆余曲折の末、彼女はウェリクスにアルキーナの犯行を伝えるのだった。 その結果、ウェリクスはアルキーナに婚約破棄を言い渡した。使用人を虐めるような女性とは一緒にいられない。それが、彼の主張だった。 アルキーナと色々とあったため、リメリアは公爵家に居づらくなってしまった。 そんな彼女を、ウェリクスは王城に招いてくれた。 こうして、リメリアは公爵家から解放されて、王城で働くことになったのである。
24hポイント 40,757pt
小説 72 位 / 111,553件 恋愛 49 位 / 32,100件
文字数 11,609 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.23
4
恋愛 連載中 長編
 王家の血を引くアルヴィア公爵家の娘シルフィーラ。  何不自由ない生活。家族からの溢れる愛に包まれながら、彼女は社交界の華として美しく成長した。  そんな彼女の元に縁談が持ち上がった。相手は北の辺境伯フェリクス・ベルクール。今までシルフィーラを手放したがらなかった家族もこの縁談に賛成をした。  いつかは誰かの元へ嫁がなければならない身。それならば家族の祝福してくれる方の元へ嫁ごう。シルフィーラはやがて訪れるであろう幸せに満ちた日々を想像しながらベルクール辺境伯領へと向かったのだった。  しかしそこで彼女を待っていたのは自分に無関心なフェリクスと、病弱な身体故に静養と称し彼の元に身を寄せる従兄妹のローゼリアだった……
24hポイント 7,987pt
小説 298 位 / 111,553件 恋愛 165 位 / 32,100件
文字数 91,888 最終更新日 2021.07.19 登録日 2021.05.12
5
恋愛 完結 短編
「殿下、婚約破棄致しましょう」 「はぁ?」 「浮気性な貴方にはもう付き合いきれません」   婚約者である私を放っておいて、いつも誰かを侍らせている殿下。夜は舞踏会を遊び歩き、私には目もくれない。 私は都合のいい女と思われているようだけれど、さすがの私も嫌になってしまった。きっと婚約破棄したほうがお互いの為になる。 家族からは叱られたものの、晴れて婚約から解放された私は自由の身。 「さて、これからどうしましょうか」
24hポイント 5,213pt
小説 400 位 / 111,553件 恋愛 212 位 / 32,100件
文字数 19,855 最終更新日 2021.04.05 登録日 2021.03.21
6
恋愛 完結 短編
「私なんて傷物だから生きていても仕方がない」  ランザ王国のバルトロイ公爵家令嬢のリリーシアは六歳の時にハロルド王子と婚約し、七歳の時に王子妃の教育に通っていたところ誘拐事件に巻き込まれ酷い怪我を負った。それでも婚約破棄されることなくハロルド王子と結婚したものの形だけで愛されることはなかった。王子やその愛人のミランダから傷物王子妃として虐げられてきた。ある日とうとうミランダに王宮のバルコニーから突き落とされてしまった。だが、次にリリーシアが目を覚ますと五歳の頃に戻っていた。 「生きていていいの。私だって今度は幸せになりたい」  ハロルド王子との婚約を回避し、誘拐事件に遭わないことを決意する。リリーシアは領地に引き籠ることを決め領主城へ向かうとそこにはお隣の辺境伯の子息であるイーサンが盗賊から重傷を受けて療養していた。サマーズ辺境拍の嫡男でリリーシアと同じ年の彼とは傷を受けた令嬢と令息として、心を通わせることになり婚約する。「幸せになろう。リア」  ※ 序盤に少し残酷な描写がありますのでお気をつけください。十話目からヒーローがでます。  「小説家になろう」にも掲載しております。  2021.7.9ホットランキング入りありがとうございます。11日、5位まで上がりました。  Unauthorized duplication is a violation of applicable laws. ⓒえとう楽野
24hポイント 5,147pt
小説 403 位 / 111,553件 恋愛 214 位 / 32,100件
文字数 55,171 最終更新日 2021.07.19 登録日 2021.06.23
7
恋愛 完結 短編
「婚約破棄だ!俺はアリスと結婚する!」 そう言われた瞬間、私は思わずニヤリとしてしまった。 公爵令嬢のリンナ・タウネシアは少し、いやかなり目つきが悪いがとても美しい人物であった。 彼女は候爵家の令息、クロム・ダクセンと婚約していたのであるが…彼は同い年の男爵家令嬢、アリス・バロウズにご執心であった。 アリスはそんなクロムと結婚しようとリンナの悪評をじわりじわりと周りに振りまいていたのだが、ついにある夜会でアリスがリンナに仕掛けてきて…… さぁ、反撃ですわ! 短めの話で七話で完結します! おまけ、というか後日談みたいなものが完結後数話あります。
24hポイント 2,087pt
小説 791 位 / 111,553件 恋愛 410 位 / 32,100件
文字数 24,269 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.04.25
8
恋愛 連載中 短編
乙女ゲームの設定では悪役令嬢だった公爵令嬢サエナリア・ヴァン・ソノーザ。そんな彼女が行方不明になるというゲームになかった事件(イベント)が起こる。彼女を見つけ出そうと捜索が始まる。そして、次々と明かされることになる真実に、妹が両親が、婚約者の王太子が、ヒロインの男爵令嬢が、皆が驚愕することになる。全てのカギを握るのは、一体誰なのだろう。 ※初めての悪役令嬢物です。
24hポイント 1,611pt
小説 983 位 / 111,553件 恋愛 523 位 / 32,100件
文字数 124,392 最終更新日 2021.07.20 登録日 2021.01.16
9
恋愛 連載中 長編 R15
メディチ家の公爵令嬢プリシラは、かつて誰からも愛される少女だった。しかし、数年前のある事件をきっかけに周囲の人間に虐げられるようになってしまった。 唯一の心の支えは、プリシラを慕う義妹であるロザリーだけ。 だがある日、プリシラは異母妹を苛めていた罪で断罪されてしまう。 プリシラは処刑の日の前日、牢屋を訪れたロザリーに無実の証言を願い出るが、彼女は高らかに笑いながらこう言った。 「ぜーんぶ私が仕組んだことよ!!」 唯一信頼していた義妹に裏切られていたことを知り、プリシラは深い悲しみのまま処刑された。 ──はずだった。 目が覚めるとプリシラは、三年前のロザリーがメディチ家に引き取られる前日に、なぜか時間が巻き戻っていて──。 逆行した世界で、プリシラは義妹と、自分を虐げていた人々に復讐することを誓う。
24hポイント 1,605pt
小説 985 位 / 111,553件 恋愛 525 位 / 32,100件
文字数 16,855 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.25
10
恋愛 完結 短編
「リリー、お前との婚約は破棄させてもらう」   突然呼び出されたと思ったら、ありもしない事を理由に婚約破棄を切り出された。その理由は、私が妹を虐めていた、という内容だった。 そんな事実は無いが、平凡な私なんかより完璧な妹の方が、殿下の婚約者にはふさわしい。そう思って黙って受け入れたが…… こんなことになるとは思いませんでした。
24hポイント 1,583pt
小説 995 位 / 111,553件 恋愛 530 位 / 32,100件
文字数 25,537 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.10
11
恋愛 連載中 長編
婚約破棄されたばかりの令嬢アイリス(6歳) けれどすぐに人質といった形で、隣国の王子エレンと婚約する事に。 ホームシックなアイリスが大事に大事に溺愛されるまでのお話。
24hポイント 1,313pt
小説 1,153 位 / 111,553件 恋愛 621 位 / 32,100件
文字数 24,908 最終更新日 2021.05.31 登録日 2020.10.04
12
恋愛 完結 短編 R15
 わたくしはシャーロット・サンチェス。ベネット王国の公爵令嬢で次期女公爵でございます。  旦那様とはお互いの祖父の口約束から始まり現実となった婚約で結婚致しました。結婚生活も順調に進んでわたくしは子宝にも恵まれ旦那様との子を身籠りました。  しかし、わたくしの出産が間近となった時それは起こりました……。  突然公爵邸にやってきた男爵令嬢によって告げられた事。 「私のお腹の中にはスティーブ様との子が居るんですぅ! だからスティーブ様と別れてここから出て行ってください!」  へえぇ〜、旦那様? わたくしが妊娠している時に浮気ですか? それならご覚悟は宜しいでしょうか? ※本編は完結済みです。
24hポイント 1,270pt
小説 1,182 位 / 111,553件 恋愛 637 位 / 32,100件
文字数 85,152 最終更新日 2021.02.23 登録日 2020.11.08
13
恋愛 完結 短編
★5/23 小説家になろう様に投稿しました★ 8大公爵家のひとつミルバーン公爵家の令嬢イブリンは、2か月後に嫁ぐ予定だった。 婚約者は同じく8大公爵家テイラー家の嫡男バーナード。 しかし彼は平民の娘を屋敷に引き入れ、あろうことかイブリンのドレスや宝石をまとわせて愛を囁いていた。 しかも彼女のお腹の中には子供がおり、いずれイブリンを追い出して彼女を愛人として迎え入れると言うのだ。 イブリンは物分かりのいい婚約者を演じ、着々と彼らを破滅へと導く準備を始める。
24hポイント 1,121pt
小説 1,326 位 / 111,553件 恋愛 721 位 / 32,100件
文字数 33,549 最終更新日 2021.05.27 登録日 2021.05.19
14
恋愛 連載中 長編 R18
第一王子ユリシスとのお茶会は、マリーにとっていつも憂鬱だ。ユリシスはマリーに甘い言葉をくれる。初めて会ったその日から変わらずずっと。 だがマリーには、ユリシスの態度には何か裏があるのではないかと思えて……? *本編は完結しましたが、不定期に番外編公開します!
24hポイント 972pt
小説 1,522 位 / 111,553件 恋愛 815 位 / 32,100件
文字数 519,433 最終更新日 2021.03.02 登録日 2020.07.06
15
恋愛 連載中 長編
真実の愛(笑)とやらに目覚めたとかで、貴族の集まる公の場で王太子様に婚約破棄されたわたしは、エヴァンジェリスタ公爵令嬢のロクサーナと申します。 王太子様に愛する男爵令嬢をいじめたとかで難癖をつけられましたが論破。 しかし、聞くに堪えない酷い侮辱を受けたので、公爵家ともども王家を見限ることにしました。 その後、王太子様からわたしの元に書状がたくさん舞いこんできますが、もう関わりたくもないですし、そちらが困ろうが知ったことではありません。 どうぞ運命のお相手と存分に仲良くなさってくださいませ。
24hポイント 972pt
小説 1,522 位 / 111,553件 恋愛 815 位 / 32,100件
文字数 53,718 最終更新日 2019.07.25 登録日 2017.05.07
16
恋愛 完結 短編
このたびめでたく大嫌いな王子から婚約破棄されました。 それはともかく、浮気したあげく冤罪押しつけるってなめてますよね? 誠意のかけらもありません。 それならば、あなた方の立場をきっちりと分からせてあげましょう。
24hポイント 804pt
小説 1,773 位 / 111,553件 恋愛 937 位 / 32,100件
文字数 28,378 最終更新日 2018.02.01 登録日 2017.10.30
17
恋愛 完結 長編
ネメシア公爵家長女のリラ・ネメシアはクロヴィス・ラシアン王太子殿下の婚約者である。 半獣族の王子様のクロヴィス殿下の婚約者に選ばれたのはリラが10歳の時。 リラは半獣族ではないけれどクロヴィスの幼馴染という立場だったので、婚約も腐れ縁のうちだと思っていた。 一つ年上のクロヴィスが先に入学していた王立魔道学園に入学したあと、いつも威風堂々としていたクロヴィスの態度が変わり始める。「そのうち運命の女とやらが現れて、俺はリラを裏切ってしまい、リラに捨てられる」のだという。 妄想甚だしく怯える殿下の愛らしさを只管愛でる話です。 王子様が不憫じゃない話を書きたい。それだけの話です。
24hポイント 766pt
小説 1,840 位 / 111,553件 恋愛 970 位 / 32,100件
文字数 132,563 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.03.26
18
恋愛 完結 短編 R15
「ジーナとはそんな関係じゃないから、昔から男友達と同じ感覚で付き合ってるんだ」 婚約者で侯爵家の嫡男であるニッグには幼馴染のジーナがいる。 ジーナとニッグは私の前でも仲睦まじく、肩を組んだり、お互いにボディタッチをしたり、していたので私はそれに苦言を呈していた。 しかし、ニッグは彼女とは仲は良いがあくまでも友人で同性の友人と同じ感覚だと譲らない。 「あはは、私とニッグ? ないない、それはないわよ。私もこんな性格だから女として見られてなくて」 ジーナもジーナでニッグとの関係を否定しており、全ては私の邪推だと笑われてしまった。 しかし、ある日のこと見てしまう。 二人がキスをしているところを。 そのとき、私の中で何かが壊れた……。
24hポイント 710pt
小説 1,964 位 / 111,553件 恋愛 1,031 位 / 32,100件
文字数 25,551 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.03
19
恋愛 完結 長編
卒業パーティーの当日、王太子に婚約破棄された公爵令嬢フルール。 それをあっさり受け入れた瞬間から、彼女のモテ期が始まった。 才色兼備で資産家の娘である彼女は、超優良物件にも拘らず、生まれた時から王太子の婚約者ということで今まで男性から敬遠されていたのだ。 思ってもみなかった人達にアプローチされて戸惑うフルールだが……。 ※タイトル変更しました。 ※カクヨムにも投稿しています。
24hポイント 631pt
小説 2,162 位 / 111,553件 恋愛 1,128 位 / 32,100件
文字数 114,351 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.03.05
20
恋愛 完結 長編
 サンフロール王国の筆頭公爵家である、ラストラス家の令嬢であるセレナは、王太子であるフリードの婚約者である。  しかし、学園の卒業パーティーでフリードはあろうことか、大衆の面前で婚約破棄を言い渡す。  殿下、あなたはこの婚約の意味を理解していないようですわね? しかし、あなたが婚約破棄を宣言したことはもう覆りませんわよ。 とりあえず完結です。 第2章的なのをやる予定ではいます。
24hポイント 591pt
小説 2,282 位 / 111,553件 恋愛 1,178 位 / 32,100件
文字数 22,040 最終更新日 2021.03.18 登録日 2021.02.20
21
恋愛 完結 ショートショート
王国の夜会で第一王子のフィリップからアマーリエ公爵令嬢に婚約破棄を言い渡された。よくある婚約破棄の一場面です。前中後編で終わります。ゆるっとふわっと仕様です。
24hポイント 589pt
小説 2,292 位 / 111,553件 恋愛 1,181 位 / 32,100件
文字数 5,355 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.06.12
22
恋愛 連載中 長編
「王国の繁栄はロワンズ家あってのもの」 まことしやかに言われ国王すら認める王国一の公爵家、ロワンズ。 その長女として生まれたレティシア・ロワンズは次期当主として今日まで研鑽を重ね、その能力は家督を継ぐに十分なものとなってはいるが、自身の力だけではどうにもならないことに頭を悩ませていた。 跡継ぎの問題である。 これまでの婚約者達は父によって能力不十分と判断されるなどの理由によって婚姻には至らず、ついにその数二十二人にまで上る。 この状況に、とうとう国王が動き出す。有力貴族を集めての結婚相手探しに、さらには王子も加わって……。 はてしてレティシアは無事、正しい相手と結婚し家を繁栄へと導くことができるのだろうか? ※ストックが切れるまでは毎日10時台に投稿します。
24hポイント 555pt
小説 2,393 位 / 111,553件 恋愛 1,233 位 / 32,100件
文字数 47,700 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.10
23
恋愛 完結 短編
ジノフィリアは王太子の部屋で婚約解消を言い渡された。 それを快諾するジノフィリア。 この婚約解消を望んだのは誰か? どうやって婚約解消へとなったのか? そして、婚約解消されたジノフィリアは?
24hポイント 511pt
小説 2,559 位 / 111,553件 恋愛 1,307 位 / 32,100件
文字数 9,188 最終更新日 2021.07.04 登録日 2021.07.04
24
恋愛 連載中 長編 R18
大陸の東に位置する小国ウォルシュ聖国は、小国でありながら、各国へ大きな発言権を持っていた。 それはウォルシュ聖国が、この世界の大半が信仰するオドノイアー教の聖地に位置している事、そして神に選ばれた聖女を有する事が主な理由だった。 聖国の公女であるカテリーナ ラングフォードは、その日、儀式により聖女に選ばれた。 前任の聖女が崩御した事により、国中の純潔な乙女達が集められ、その中より神に選ばれたのだ。 これによりカテリーナ聖女は、幼い頃に結んでいた皇太子フィリップ ウォルシュとの婚約は、神の神託により破談となった。 その身を神殿に保護される前の短い時間、カテリーナは幼い頃からの婚約者であるフィリップに別れを言う事を許される。 そこで幼い頃から良く知る優しい婚約者は、初めてカテリーナに仄暗い表情を見せた。 「ねぇ、カテリーナ。神託くらいで僕から逃げられると思ってないよね?はぁ…こんな事になるなら必死に我慢して、君の純潔を守るんじゃなかったよ。」 「フィリップ殿下…?」 「大丈夫だよ、カテリーナ。今からでも遅くは無いと思わないかい?純潔でなければ聖女にはなれないのだから。」 嬉しそうに笑うフィリップを最後に、カテリーナの意識がゆっくりと沈んでいった。 ------------------------------------ 病んでる皇太子を書きたかっただけの小説です。 R18表現は予告なく入ります…というか、ほぼ全編で入ります。 2020/3/10 本編完結致しました。 今後は番外編を更新して参ります! よろしくお願いします。
24hポイント 489pt
小説 2,656 位 / 111,553件 恋愛 1,352 位 / 32,100件
文字数 111,138 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.02.28
25
恋愛 連載中 長編 R15
公爵令嬢エリーナ・ラナ・ユースクリフは、迎えた5度目の生に絶望した。 家族にも、付き合いのあるお友達にも、慕っていた使用人にも、想い人にも、誰からも愛されなかったエリーナは罪を犯して投獄されて凍死した。 それから生を繰り返して、その度に自業自得で凄惨な末路を迎え続けたエリーナは、やがて自分を取り巻いていたもの全てからの愛を諦めた。 これは、愛されず、しかし愛を求めて果てた少女の、その先の話。 ※暇な時にちょこちょこ書いている程度なので、内容はともかく出来についてはご了承ください。
24hポイント 482pt
小説 2,692 位 / 111,553件 恋愛 1,366 位 / 32,100件
文字数 226,981 最終更新日 2021.07.24 登録日 2020.11.17
26
恋愛 連載中 長編
レティシアは魔力を持つことが当たり前の世界でただ一人、魔力を持たずに生まれてきた公爵令嬢である。 そのために、家族からは冷遇されて育った彼女は10歳のデビュタントで一人の少年と出会った。その少年の名はイサイアス。皇弟の息子で、四大公爵の一つアルハイザー公爵家の嫡男である。そしてイサイアスは周囲に影響を与えてしまうほど多くの魔力を持つ少年だった。 イサイアスとの出会いが少しづつレティシアの運命を変え始める。 これは魔力がないせいで冷遇されて来た少女が幸せを掴むための物語である。 ※1章完結※ 追記 2020.09.30 2章結婚編を加筆修正しながら更新していきます。
24hポイント 482pt
小説 2,692 位 / 111,553件 恋愛 1,366 位 / 32,100件
文字数 89,488 最終更新日 2021.04.04 登録日 2019.06.01
27
恋愛 連載中 長編
噂によると、私『ユーフェミア・アージュ』は今日婚約破棄をされるらしい。 婚約者であるマーランナ国の王太子『アレックス・バーングラット』に。 ...ということはこれが殿下の婚約者として出る最後のパーティーってことよね? だったら最後くらいちゃんとした格好をしてもいいですよね?
24hポイント 461pt
小説 2,784 位 / 111,553件 恋愛 1,408 位 / 32,100件
文字数 61,153 最終更新日 2020.12.15 登録日 2020.10.28
28
恋愛 完結 短編
大資産家であるバーミリオン公爵家の令嬢、ルージア・バーミリオンは突然、王国の皇太子マークスに婚約破棄される。 「前から思ってたんだけど、君って贅沢だよね?」  贅沢に溺れる者は国を滅ぼすと何かの本で読んだマークスは高級品で身を固めているルージアを王室に害をもたらすとして、実家ごと追放しようと目論む。 しかし、マークスは知らない。 バーミリオン公爵家が既に王室を遥かに上回る財を築いて、国家予算の八割を貸しつけていることを。 「平民の娘は素朴でいい。どの娘も純な感じがして良かったなぁ」 王子という立場が絶対だと思い込んでいるマークスは浮気を堂々と告白し、ルージアの父親であるバーミリオン公爵は激怒した。 「爵位を捨てて別の国に出ていきますから、借金だけは返してもらいますぞ」 マークスは大好きな節約を強いられることになる――
24hポイント 447pt
小説 2,872 位 / 111,553件 恋愛 1,440 位 / 32,100件
文字数 56,571 最終更新日 2021.02.07 登録日 2020.12.30
29
恋愛 完結 短編 R15
実父も婚約者も、ぶりっ子な義妹の味方ばかりをする。「お父様は、義母や義妹に騙されている」と公爵令嬢のレティシアは公爵の父に訴えるが、逆に濡れ衣を着せられ屋敷から追い出されてしまう。 行くあてもなく、1人街を彷徨っていた時、ある親切な男に声をかけられついて行くが……なんと人攫いだった。レティシアは男にベッドへ押さえ付けられ襲われる。諦めかけた時、美青年のディオが現れレティシアを助けてくれた。だが、助けてくれた彼もまた人攫いのようで……。 「私、食べてもっ美味しくないですっ」 「僕にはとても甘美に見えるよ……特にぷっくりとした、この唇」 美味しそう……。
24hポイント 406pt
小説 3,110 位 / 111,553件 恋愛 1,551 位 / 32,100件
文字数 28,053 最終更新日 2021.03.17 登録日 2021.03.05
30
恋愛 連載中 短編
 カルディア王国公爵家令嬢シャルロットには7歳の時から婚約者がいたが、何故かその相手である第二王子から酷く嫌われていた。  顔を合わせれば睨まれ、嫌味を言われ、周囲の貴族達からは哀れみの目を向けられる日々。  我慢の限界を迎えたシャルロットは、両親と国王を脅……説得して、自分たちの婚約を解消させた。  そしてパーティーにて、いつものように冷たい態度をとる婚約者にこう言い放つ。 「私と殿下の婚約は解消されました。今までありがとうございました!」  そうして笑顔でパーティー会場を後にしたシャルロットだったが……次の日から何故か婚約を解消したはずのキースが家に押しかけてくるようになった。 「なんで今更元婚約者の私に会いに来るんですか!?」 「……好きだからだ」 「……はい?」  いろんな意味でたくましい公爵令嬢と、不器用すぎる王子との恋物語──。 ※タグをよくご確認ください※
24hポイント 404pt
小説 3,117 位 / 111,553件 恋愛 1,553 位 / 32,100件
文字数 19,184 最終更新日 2021.02.02 登録日 2020.09.10
31
恋愛 連載中 長編 R15
死霊を祓うことのできる霊媒師・ミシェラは皇太子から婚約破棄を告げられた。だけどそれは皇太子の優しさだと知っているミシェラは彼に恩返しの手紙を送る。 そのまま新興国の王妃となったミシェラは夫となった皇帝が優しい人で安心する。しかもゆるい王妃様ライフを送ってもいいと言う。 破格の条件だとにこにこするミシェラはとてつもないポジティブ思考の持ち主だった。 勘違いものです ゆるゆる更新で気が向いた時に更新します
24hポイント 390pt
小説 3,219 位 / 111,553件 恋愛 1,597 位 / 32,100件
文字数 31,261 最終更新日 2021.05.26 登録日 2021.05.18
32
恋愛 完結 長編
身に覚えのない罪を着せられ、婚約者である第二王子エルネストから婚約を破棄されたアンジェリクは、王の命令で辺境の貧乏伯爵セルジュに嫁ぐことになった。エルネストに未練はないし、誤解はいずれ解くとして、ひとまずセルジュの待つ辺境ブールに向かう。 初めて会ったセルジュは想定外のイケメン。恋など諦めていたアンジェリクだが、思わずときめいてしまう。けれど、城と領地は想像以上に貧乏。おまけになぜかドラゴンを飼っている!? 公爵家を継ぐために磨いた知識でセルジュと一緒にせっせと領地改革に励むアンジェリクだったが……。 改革を頑張るあまり、なかなか初夜にたどりつけなかったり、無事にラブラブになったと思えば、今後は王都で異変が……。 そして、ドラゴンは? 読んでくださってありがとうございます。 他サイトですが「第2回べリーズカフェファンタジー小説大賞」で部門賞(異世界ファンタジー部門)をいただきました(//∇//) ※「小説家になろう」様「エブリスタ」様「べリーズカフェ」様「Pixiv」様にも投稿しています。
24hポイント 383pt
小説 3,264 位 / 111,553件 恋愛 1,615 位 / 32,100件
文字数 94,588 最終更新日 2021.03.18 登録日 2021.02.27
33
恋愛 連載中 長編
わたしはルーシエ・ローゼス公爵令嬢。 舞踏会の場で、男爵令嬢を虐めた罪とかで王太子様に婚約破棄、国外追放を命じられました。 国外追放されても別に困りませんし、この方と今後関わらなくてもいいのは嬉しい限りです! 喜んで国外追放されましょう。 ……ですが、わたしの周りの方達はそうは取らなかったようで……。どうか皆様穏便にお願い致します。
24hポイント 305pt
小説 3,998 位 / 111,553件 恋愛 1,895 位 / 32,100件
文字数 26,656 最終更新日 2017.08.24 登録日 2017.02.20
34
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢エミア・シュタイトは婚約者である第二王子アリオス・ルーンファクトを心から愛していた。 けれど幼い頃からの恋心をアリオスは手酷く否定し続ける。その度にエミアの心は傷つき自己嫌悪が深くなっていった。 そして婚約から十年経った時「お前は俺の子を産むだけの存在にしか過ぎない」とアリオスに言われエミアの自尊心は限界を迎える。 消えてしまいたいと強く願った彼女は己の人格と引き換えに前世の記憶を取り戻した。 救国の聖女「エミヤ」の記憶を。 表紙は三日月アルペジオ様からお借りしています。
24hポイント 276pt
小説 4,349 位 / 111,553件 恋愛 2,035 位 / 32,100件
文字数 72,796 最終更新日 2021.03.10 登録日 2020.12.06
35
恋愛 連載中 長編 R18
【R18】わたくしクローディア・リーデンベルグ公爵令嬢は、エレミア国第三王子のジェシー殿下に身に覚えのないことである日突然断罪、婚約破棄されました。 ツッコミどころ満載な殿下とその恋人である男爵令嬢の馬鹿さ加減に開いた口がふさがりませんが、程々にされませんとわたくしのセクハラ護衛騎士やお友達が黙っていませんことよ? これは、見た目豪奢でナイスバディ、けれど中味堅実なご令嬢が周囲にツッコミつつも振り回される物語である。
24hポイント 255pt
小説 4,637 位 / 111,553件 恋愛 2,142 位 / 32,100件
文字数 52,772 最終更新日 2019.08.05 登録日 2016.10.24
36
恋愛 連載中 長編 R18
公爵令嬢リーデハルトは見た目こそ儚げで華奢だが、その実かなりのぐーたら娘だった。 社交界での言葉遊びや腹の探り合いに辟易した彼女は、自身を病弱だと偽り、引きこもりの生活を送るようになった。 だけどそんなある日、彼女はひょんなことからこの国の第一王子であるユーリアスと婚約することになった。ユーリアスはなんちゃって病弱なリーデハルトとは違い、本物の病弱である。 お互いの利害が一致したがための婚姻であったため、てっきり白い結婚になるだろうとリーデハルトは思っていたけれど。 *エセ病弱ヒロインとガチ病弱ヒーローが色々頑張るお話です
24hポイント 248pt
小説 4,762 位 / 111,553件 恋愛 2,189 位 / 32,100件
文字数 27,193 最終更新日 2021.05.09 登録日 2021.05.06
37
恋愛 完結 短編
アルムナ・メルスードは、レバデイン王国に暮らす公爵令嬢である。 彼女は、王国の第三王子であるスルーガと婚約していた。しかし、彼は自身に仕えているメイドに思いを寄せていた。 スルーガは、ことあるごとにメイドと比較して、アルムナを罵倒してくる。そんな日々に耐えられなくなったアルムナは、彼と婚約破棄することにした。 婚約破棄したアルムナは、義弟達の誰かと婚約することになった。新しい婚約者が見つからなかったため、身内と結ばれることになったのである。 父親の計らいで、選択権はアルムナに与えられた。こうして、アルムナは弟の内誰と婚約するか、悩むことになるのだった。 ※下記の関連作品を読むと、より楽しめると思います。
24hポイント 220pt
小説 5,317 位 / 111,553件 恋愛 2,367 位 / 32,100件
文字数 26,618 最終更新日 2021.06.15 登録日 2021.06.03
38
恋愛 完結 短編
「えぇっ?! 殿下とローラ様って、ご婚約されていたんですか?!」 婚約破棄イベントを前にして、友人が突然そんな素っ頓狂を言い出した。 *** 私の家が主催する夜会で、なんと王太子が公爵令嬢に婚約破棄を言い渡した。 しかし前世でそういう系の小説が大好物だった私だ。 突然目の前で勃発した『婚約破棄イベント』に、どうしようもなくワクワク、ドキドキ……。 しかしそれも『素っ頓狂』なあの一言を皮切りに、何やら変な方向へと転がり始める。 「あぁもう、この子は。……仕方がない」 これは目の前で巻き起こった『婚約破棄イベント』で、モブだった筈の私が、同じくモブだった筈の愛すべきおバカ(親友)のために一肌脱がざるを得ないお話。 ※この物語は「テンプレから生まれる非テンプレ」第1弾『婚約破棄』を題材にした作品です!
24hポイント 220pt
小説 5,317 位 / 111,553件 恋愛 2,367 位 / 32,100件
文字数 34,475 最終更新日 2021.06.22 登録日 2020.10.17
39
恋愛 連載中 長編
昔から、自分や自分の周りについての未来を視てしまう公爵令嬢である少女・ヴィオレッタ。 彼女はある日、ウィステリア王国の第一王子にして大好きな婚約者であるアシュレイが隣国の王女に恋に落ちるという未来を視てしまう。 その日から少女は変わることを決意した。将来、大好きな彼の邪魔をしてしまう位なら、潔く身を引ける女性になろうと。 なろうで投稿している方に話が追いついたら、投稿頻度は下がります。 プロローグはヴィオレッタ視点、act.1は三人称、act.2はアシュレイ視点、act.3はヴィオレッタ視点となります。 繋がりのある作品:「先読みの姫巫女ですが、力を失ったので職を辞したいと思います」 URL:https://www.alphapolis.co.jp/novel/496593841/690369074
24hポイント 213pt
小説 5,453 位 / 111,553件 恋愛 2,438 位 / 32,100件
文字数 93,393 最終更新日 2020.06.02 登録日 2019.06.14
40
恋愛 完結 長編 R15
伯爵令嬢アムネジアはいじめられていた。 令嬢から。子息から。婚約者の王子から。 それでも彼女はただ微笑を浮かべて、一切の抵抗をしなかった。 そんなある日、三回目の婚約破棄を宣言されたアムネジアは、閉じていた目を見開いて言った。 「――女神の顔も三度まで、という言葉をご存知ですか?」 その言葉を皮切りに、ついにアムネジアは本性を現し、夜会は女達の修羅場と化した。 「ああ、気持ち悪い」 「お黙りなさい! この泥棒猫が!」 「言いましたよね? 助けてやる代わりに、友達料金を払えって」 飛び交う罵倒に乱れ飛ぶワイングラス。 謀略渦巻く宮廷の中で、咲き誇るは一輪の悪の華。 ――出てくる令嬢、全員悪人。 ※小説家になろう様でも掲載しております。
24hポイント 213pt
小説 5,453 位 / 111,553件 恋愛 2,438 位 / 32,100件
文字数 93,110 最終更新日 2019.02.12 登録日 2018.12.28
246 12345