恋愛 微ざまぁ小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 微ざまぁ×
85 123
1
恋愛 連載中 長編 R15
「悪いが、キミのことは好みじゃないんだ」 そんな一言と共に、六年連れ添った婚約者イライジャに公衆の面前で婚約を破棄された侯爵令嬢シェリル。しかも、イライジャの隣には異母妹が寄り添っていた。それを見たシェリルは、一瞬で理解する。 ――あぁ、自分は捨てられたのだと。 そして、婚約を破棄された翌日。シェリルの次の嫁入りが決まった。相手は――冷酷と有名な辺境伯爵ギルバート。挙句の果てには、彼の年齢は三十三歳。十八歳のシェリルからすれば十五歳も年上の男性だった。 だが、実際に会ったギルバートは冷酷とは程遠く、ただ女性嫌いを拗らせすぎた結果独身を貫いていたということが判明する。 さらには――ギルバートの不器用な優しさなどに、シェリルは徐々に惹かれていき――……。 「え? 今更よりを戻したいって言われても、私幸せなので戻るつもりはありませんけれど?」 冷酷(他称)な辺境伯爵(33)と婚約者に捨てられた美貌の侯爵令嬢(18)のすれ違って勘違いしての年の差ラブ。 ♢hotランキング 最高3位 ※小説家になろうにも掲載中。 ※表紙は自作してみました。 ※【年の差恋愛】をテーマにしたシリーズです。元々短編予定でしたが、予想外に長くなってしまいましたので長編です。
24hポイント 22,813pt
小説 138 位 / 105,223件 恋愛 95 位 / 29,598件
文字数 79,863 最終更新日 2021.06.17 登録日 2021.04.25
2
恋愛 連載中 長編 R15
侍女に嘗められっぱなしの気弱な伯爵夫人ラムは、嫁入り先で辛い思いをしていた。新婚のはずなのに夫の伯爵にも見向きもされない。そんなある日、壁に頭をぶつけて前世の記憶を取り戻す。前世のラムは国で最強と謳われる偉大な魔女だった。窮屈な生活にうんざりした彼女は記憶を取り戻したのをいいことに、好き勝手に生きることにする。
24hポイント 21,413pt
小説 147 位 / 105,223件 恋愛 103 位 / 29,598件
文字数 55,830 最終更新日 2021.06.12 登録日 2021.05.12
3
恋愛 連載中 長編 R15
「わたしの家はね、兄上を中心に回っているんだ。ああ、いや。正確に言うと、兄上を中心にしたい母が回している、という感じかな?」 虚弱な兄上と健康なわたし。 明確になにが、誰が悪かったからこうなったというワケでもないと思うけど……様々な要因が積み重なって行った結果、気付けば我が家でのわたしの優先順位というのは、そこそこ低かった。 そんなある日、家族で出掛けたピクニックで忘れられたわたしは置き去りにされてしまう。 そして留学という体で隣国の親戚に預けられたわたしに、なんやかんや紆余曲折あって、勘違いされていた大切な女の子と幸せになるまでの話。 『愛しいねえ様がいなくなったと思ったら、勝手に婚約者が決められてたんですけどっ!?』の婚約者サイドの話。彼の家庭環境の問題で、『愛しいねえ様がいなくなったと思ったら、勝手に婚約者が決められてたんですけどっ!?』よりもシリアス多め。一応そっちを読んでなくても大丈夫にする予定です。 設定はふわっと。 ※兄弟格差、毒親など、人に拠っては地雷有り。 ※ほのぼのは6話目から。シリアスはちょっと……という方は、6話目から読むのもあり。 ※勘違いとラブコメは後からやって来る。 ※タイトルは変更するかもしれません。
24hポイント 4,232pt
小説 454 位 / 105,223件 恋愛 268 位 / 29,598件
文字数 240,119 最終更新日 2021.06.18 登録日 2020.11.22
4
恋愛 完結 短編
侯爵令嬢アメリアの婚約者であるミュスカーは、幼馴染みであるリリィばかりを優先する。 リリィは繊細だから僕が支えてあげないといけないのだと、誇らしそうに。 結婚を間近に控え、アメリアは不安だった。 指輪選びや衣装決めにはじまり、結婚に関する大事な話し合いの全てにおいて、ミュスカーはリリィの呼び出しに応じて行ってしまう。 そんな彼を見続けて、とうとうアメリアは彼との結婚生活を諦めた。 けれど正式に婚約の解消を求めてミュスカーの父親に相談すると、少し時間をくれと言って保留にされてしまう。 仕方なく保留を承知した一ヵ月後、国外視察で家を空けていたミュスカーの兄、アーロンが帰ってきてアメリアにこう告げた。 「必ず幸せにすると約束する。どうか俺と結婚して欲しい」 ずっと好きで、けれど他に好きな女性がいるからと諦めていたアーロンからの告白に、アメリアは戸惑いながらも頷くことしか出来なかった。
24hポイント 2,912pt
小説 631 位 / 105,223件 恋愛 369 位 / 29,598件
文字数 28,372 最終更新日 2021.05.09 登録日 2021.04.22
5
恋愛 完結 短編 R15
※短編集に投稿していた番外編をこちらに統合いたしました。新しいお話を追加したわけではありませんのでご注意ください。 ユリアは妹のニーアと二人姉妹で、ブラクストン侯爵家の長女だ。 ニーアが生まれてからずっと、妹ばかり可愛がる両親に虐げられ生きてきた。 妹はすっかり歪んで育ち、男をとっかえひっかえしてはユリアに自慢してくる。 歴代彼氏にも自慢話にも興味はなかったが、唯一若き伯爵の名前だけはなぜかずっと記憶に残っていた。 出会いもないまま二十歳を過ぎた頃、妹の代理でたまたま参加したパーティでその若き伯爵、ジェレミー・オーウェンと出会うことでユリアの人生は大きく変わり始めた。
24hポイント 1,783pt
小説 908 位 / 105,223件 恋愛 528 位 / 29,598件
文字数 76,974 最終更新日 2021.03.15 登録日 2020.10.08
6
恋愛 完結 短編 R15
「……すまない」 初夜の床で、彼は言いました。 「君ではない。私が欲しかった辺境伯令嬢のアンリエット殿は君ではなかったんだ」 悲しげに俯く姿を見て、私の心は二度目の死を迎えたのです。
24hポイント 1,263pt
小説 1,198 位 / 105,223件 恋愛 694 位 / 29,598件
文字数 32,417 最終更新日 2020.03.01 登録日 2020.02.16
7
恋愛 完結 長編 R18
学園入学式の日、ミーナ・サンド男爵令嬢は唐突に前世の記憶が甦った。ここ、乙女ゲームの世界じゃん!しかも私、ヒロインポジ!?なんてツイてる!このゲームをやったことがあるミーナは、おもわずガッツポーズした。 『きみの心を僕にください』というまんまタイトルのこの乙女ゲームは、攻略対象者は全部で4人。 王太子、 宰相の息子である公爵家子息、 騎士団長の息子である侯爵家子息、 魔法師団団長の息子である侯爵家子息。 彼らのそれぞれの婚約者は、 公爵家令嬢、 侯爵家令嬢、 伯爵家令嬢、 伯爵家令嬢。 ヒロインがそれぞれのルートに入った場合、婚約者である彼女たちは悲惨な運命を辿る結末である。ヒロインが幸せになればよい、というめちゃくちゃ依怙贔屓理論により、そして「ざまぁされる悪役令嬢見たいでしょ」という製作会社の人を人と思わない…悪役令嬢はただの引き立て役であり、どーでもよいと思っているのがあからさまな末路を辿る。 王太子ルートの場合、公爵令嬢は勘当された上、王太子の命令で娼館に売り飛ばされる。 公爵子息ルートの場合、公爵子息に純潔を散らされたあげく妊娠し、婚約も破棄されて実家放逐。 騎士団長子息ルートの場合、剣の腕がたつからと剣舞をみせて性的接待もする流浪の民に売り飛ばされる。 魔術師団団長子息ルートの場合、魔術師団の中でも魔術にしか興味のない上級魔術師に実験台として渡される。 そしてヒロインがハーレムルートを選んだ場合、4人全員がそれぞれの末路に落とされる。 せっかくだからとミーナは逆ハールートを目指す。攻略対象者にちやほやされるなんて最高だし、高位貴族にたまたま産まれたってだけで今までいい目を見て来たんだからもういいでしょ? それに、ほら、ひとりばっかり不幸になるんじゃ可哀想でしょ?悪役令嬢ポジなんだし、みんなで不幸になるほうが傷の舐め合いもできるじゃない?あたしってば、なんて優しいのかしら! ざまぁの断罪劇が行われる卒業式を楽しみに待つミーナ。 断罪された悪役令嬢たちの行方は。 タイトルと中身が合ってるのか…?疑問しかありません… ご都合主義&緩い設定です、許せる方だけお読みください。タグもぜひご覧ください。 前回アップした『もう一度きみの心に触れさせて』がうまく進まず、書きたいことが書けずにキャラクターを変えたらなんとか仕上がった次第です。ご迷惑をおかけいたしました。
24hポイント 873pt
小説 1,590 位 / 105,223件 恋愛 891 位 / 29,598件
文字数 88,153 最終更新日 2021.05.21 登録日 2021.05.14
8
恋愛 完結 長編 R15
新年のパーティーで婚約破棄?の話が出る。 王子妃教育にも疲れてきていたので、婚約の解消を望むミレイユ 頑張っていても落第令嬢と呼ばれるのにも疲れた。 ゆるい設定です
24hポイント 575pt
小説 2,256 位 / 105,223件 恋愛 1,220 位 / 29,598件
文字数 57,665 最終更新日 2021.02.11 登録日 2021.01.07
9
恋愛 完結 短編
※素人作品、ご都合主義、ゆるふわ設定※ 3月30日、あらすじ訂正しました。 欲求→要求。変わる→代わる。ご指摘ありがとうございました(ᴗ͈ˬᴗ͈⸝⸝) 私達の家系は、代々龍神の巫女を担ってきた。龍神の巫女とは、龍神を癒す者の事です。龍神を癒し力を貸して貰うんです。 妹は、龍神の中でも最も力ある龍神王を呼び出しました。姉である私は、小さな龍神様と契約しました。 蛮国と噂される、砂漠に囲まれた隣国サンドリア王国国王が、妹に結婚を申し込んだ。 しかし、妹は……蛮国に嫁ぐなんて嫌よ!と叫んだ。 可愛く、愛らしい妹を溺愛する両親は、姉を身代わりにする事を決定した。姉の婚約者も、王も、妹を庇い姉を身代わりにする事に賛成した。 双子とは言え、愛されない姉は痩せ細りみすぼらしい。身代わっても直ぐにバレると思っていた。もちろん隣国の王は直ぐに身代わりと気付くが、様子見を決定した。 結婚式の日、妹は家族と共に隣国に渡る。 初めて見た王に一目惚れした妹は、姉に代わるよう要求した…… しかし…… 龍神王は果たして、本当は誰の元に降りたのか…… プロローグ含め、本編6話完結+おまけ2話。
24hポイント 475pt
小説 2,634 位 / 105,223件 恋愛 1,411 位 / 29,598件
文字数 26,657 最終更新日 2021.05.01 登録日 2021.03.28
10
恋愛 完結 ショートショート R15
「デホタに謝ってくれ、エマ」 「なにをでしょう?」 「この数ヶ月、デホタに嫌がらせをしていたことだ」 「謝ってくだされば、アタシは恨んだりしません」 「デホタは優しいな」 「私がデホタ様に嫌がらせをしてたんですって。あなた、知っていた?」 「存じませんでしたが、それは不可能でしょう」
24hポイント 411pt
小説 2,954 位 / 105,223件 恋愛 1,550 位 / 29,598件
文字数 10,927 最終更新日 2020.08.10 登録日 2020.08.05
11
恋愛 完結 短編 R15
私は、ニコライ陛下が好きでした。彼に恋していました。 幼いころから、それこそ初めて会った瞬間から心を寄せていました。誕生と同時に母君を失った彼を癒すのは私の役目だと自惚れていました。 ずっと彼を見ていた私だから、わかりました。わかってしまったのです。 ──彼は今、恋に落ちたのです。
24hポイント 319pt
小説 3,614 位 / 105,223件 恋愛 1,840 位 / 29,598件
文字数 46,849 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.06.07
12
恋愛 完結 ショートショート R15
私の子がいなくなって半年と少し。 王都へ行っていた夫が、久しぶりに伯爵領へと戻ってきました。 満面の笑みを浮かべた彼の後ろには、ヴィエイラ侯爵令息の未亡人が赤毛の子どもを抱いて立っています。彼女は、彼がずっと想ってきた女性です。 ※上記でわかる通り子どもに関するセンシティブな内容があります。
24hポイント 305pt
小説 3,780 位 / 105,223件 恋愛 1,893 位 / 29,598件
文字数 15,104 最終更新日 2020.08.06 登録日 2020.08.01
13
恋愛 連載中 短編 R15
女の子なら誰しもが憧れるであろうシンデレラ・ストーリー。 でも!私はそんなの望んでないんです! それなのに絡んでくる彼。え?私たちが前世で夫婦?頭おかしいんじゃないですか? これは今世でも妻を手に入れようとする彼とその彼から逃げようとする彼女との溺愛?ストーリー。 ※【人生の全てを捨てた王太子妃】の続編なので前作を読んだ後、こちらを読んだ方が理解が深まります。読まなくても(多分)大丈夫です。 ただ、前作の世界観を壊したくない方はそっ閉じ推奨。 ※相変わらずヤンデレですが、具合はゆるくなりました(作者比) ※前作のその後だけ知りたい方は25.26日分を読んで下さい。
24hポイント 298pt
小説 3,843 位 / 105,223件 恋愛 1,913 位 / 29,598件
文字数 58,437 最終更新日 2021.05.08 登録日 2021.04.22
14
恋愛 完結 短編 R15
「……だから申し上げましたのに。私は貴方の番(つがい)などではないと。私はなんの衝動も感じていないと。私には……愛する婚約者がいるのだと……」 シンシアの瞳に涙はない。もう涸れ果ててしまっているのだ。 ──番じゃないと叫んでも聞いてもらえなかった花嫁の話です。
24hポイント 284pt
小説 4,003 位 / 105,223件 恋愛 1,964 位 / 29,598件
文字数 20,816 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.09.20
15
恋愛 完結 ショートショート
人は見た目じゃないーーと、お母様の教えの元、丸々ぷっくり太っていた私は、ある日の茶会で婚約者に失態を犯してしまう。そのせいで醜いと言われ、婚約破棄になってしまった。それから三年後…。
24hポイント 269pt
小説 4,176 位 / 105,223件 恋愛 2,025 位 / 29,598件
文字数 12,740 最終更新日 2020.08.22 登録日 2020.08.16
16
恋愛 完結 ショートショート R15
「君だ!」 そのとき、アルバート殿下が叫びました。 殿下は立ち上がり、私を見つめてまくし立てます。 「私の初恋の相手は君だ!」 なろう様でも公開中です。
24hポイント 262pt
小説 4,263 位 / 105,223件 恋愛 2,060 位 / 29,598件
文字数 7,943 最終更新日 2020.12.31 登録日 2020.12.27
17
恋愛 完結 ショートショート R15
虐げられていた侯爵令嬢は、婚約者である王太子のことが感知できなくなってしまった。 なろう様でも公開中です。 ※1/11タイトルから『。』を外しました。
24hポイント 248pt
小説 4,464 位 / 105,223件 恋愛 2,137 位 / 29,598件
文字数 9,726 最終更新日 2020.02.11 登録日 2020.02.08
18
恋愛 完結 短編
私はずっと、貴方のことが好きなのです。 でも貴方は私を嫌っています。 だから、私は命を懸けて今日も嘘を吐くのです。 貴方が心置きなく私を嫌っていられるように。 貴方を「嫌い」なのだと告げるのです。
24hポイント 241pt
小説 4,591 位 / 105,223件 恋愛 2,178 位 / 29,598件
文字数 8,367 最終更新日 2020.08.02 登録日 2020.07.31
19
恋愛 完結 長編
家族に冷遇され未来に希望のないモニカは、慎ましやかに目立たずに生きようとしていた。たとえ、周囲に逆ハー築いた聖女様がいようとも、悪役令嬢と揶揄される公爵令嬢を虐めていようとも・・・。 大精霊を名乗る未確認もふもふ生物に「聖女と悪役令嬢を助けるんだ!」と無茶難題をふっかけられるまでは!! 「私はただの人間なので御用は聖女様にお申し付け下さい。屑で結構、聖女様や悪役令嬢が逆ハー作って学園を混乱へ陥れようと私には関係な……………………いったあああ!!!」 ※小説家になろうでも掲載中※ ※二部は溺愛?※
24hポイント 227pt
小説 4,814 位 / 105,223件 恋愛 2,270 位 / 29,598件
文字数 210,594 最終更新日 2020.03.28 登録日 2019.11.10
20
恋愛 完結 ショートショート R15
いるのは、愛に狂った女だけ── なろう様でも公開中です。
24hポイント 220pt
小説 4,936 位 / 105,223件 恋愛 2,323 位 / 29,598件
文字数 7,926 最終更新日 2021.01.24 登録日 2021.01.22
21
恋愛 完結 ショートショート R15
令嬢は冤罪で処刑され過去へ死に戻った。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 213pt
小説 5,039 位 / 105,223件 恋愛 2,373 位 / 29,598件
文字数 10,110 最終更新日 2019.12.29 登録日 2019.12.26
22
恋愛 完結 ショートショート R15
「うわー、可愛いなあ。妖精かな? 翼の生えた小さな兎がいるぞ!」 嘘つき皇子が叫んでいます。 どうせ嘘でしょう? なろう様でも公開中です。
24hポイント 198pt
小説 5,294 位 / 105,223件 恋愛 2,470 位 / 29,598件
文字数 8,295 最終更新日 2020.12.27 登録日 2020.12.21
23
恋愛 完結 ショートショート R15
「届かなかった祈りは朽ち果ててしまいました。私も悪かったのでしょう。だれかになにかを求めるばかりだったのですから。だから朽ち果てた祈りは捨てて、新しい人生を歩むことにしたのです」 「魅了されていた私を哀れに思ってはくれないのか?」 なろう様でも公開中です。
24hポイント 198pt
小説 5,294 位 / 105,223件 恋愛 2,470 位 / 29,598件
文字数 9,393 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.11.23
24
恋愛 完結 ショートショート R15
お莫迦な婚約者様から逃げるには、どうしたら良いのでしょう? なろう様でも公開中です。
24hポイント 198pt
小説 5,294 位 / 105,223件 恋愛 2,470 位 / 29,598件
文字数 10,470 最終更新日 2020.01.17 登録日 2020.01.13
25
恋愛 完結 ショートショート R15
──恋は毒。恋を解毒した令嬢は新しい毒と出会う。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 198pt
小説 5,294 位 / 105,223件 恋愛 2,470 位 / 29,598件
文字数 10,325 最終更新日 2020.01.09 登録日 2020.01.04
26
恋愛 連載中 長編 R15
クラーラが男爵令嬢だった頃、公爵令息のヴァルラムは彼女の婚約者だった。 けれど父の死によって没落して、彼との結婚は叶わぬ未来となったことを悟った。 一方的な婚約破棄を告げる手紙をヴァルラムに送ったクラーラは、辺境の地にある植物研究者として働くことになる。 それから3年の月日が経ったある日、研究所で人事異動がありクラーラの前に新しい上司が現れた。 新しい上司は─── かつての婚約者であるヴァルラムだった。 上司と部下という関係になってしまったクラーラは、彼の幸せの為に身を引きたいと間違った方向に頑張る。 そんな婚約者に戸惑い傷付きながらも、ヴァルラムは絶対に手放す気が無い。 そして頼んでもいないのに、二人の関係を余計にややこしくするクラーラの妹が登場したり、元執事がヴァルラムと火花を散らしたり。 個性的な研究所の先輩たちに冷やかされたり、見守られながら、二人にとって一番良い結末を模索する二度目の恋物語。 ※小説家になろう様でも重複投稿してます。
24hポイント 191pt
小説 5,422 位 / 105,223件 恋愛 2,523 位 / 29,598件
文字数 129,949 最終更新日 2021.05.29 登録日 2020.12.30
27
恋愛 完結 短編 R18
獣人将軍×他国の元貴族令嬢 少女は裏切りに絶望していた 青年は半身を探すのを諦めきれなかった 少女は死ぬはずだった だがそのおかげでー、青年は半身を見つけた 番という運命を信じ続けた1人の獣人と、幼少より運命られた相手を殺しかけたという罪で死にかけた少女が、真実運命の出会いを果たす、そんな話。 ※本編(全21話)完結済みです。 R指定は後日談の為のタグ付けの為、 本編でのエロ展開は皆無です。ご了承下さい。
24hポイント 184pt
小説 5,524 位 / 105,223件 恋愛 2,571 位 / 29,598件
文字数 48,884 最終更新日 2021.06.06 登録日 2020.10.17
28
恋愛 完結 ショートショート R15
「……本当なのか、妃よ」 「エドワード陛下がそうお思いならば、それが真実です」 この偽りはまだ終わるべきときではない。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 184pt
小説 5,524 位 / 105,223件 恋愛 2,571 位 / 29,598件
文字数 10,341 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.21
29
恋愛 完結 ショートショート R15
魔導学園の入学式の朝、私の三度目の人生が始まりました。 アルノー王国ギャルニエ公爵令嬢ベアトリーチェの一度目の人生は、婚約者のフリート王太子殿下に婚約を破棄されて不幸のどん底に沈みました。 二度目のときは一度目の経験を活かして婚約破棄を回避し、王妃となって── 今回の人生では殿下に真実の愛を確かめていただくつもりです。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 177pt
小説 5,622 位 / 105,223件 恋愛 2,630 位 / 29,598件
文字数 7,750 最終更新日 2020.07.25 登録日 2020.07.23
30
恋愛 完結 短編 R15
「……本当に良かったのかい、エカテリナ。こんな嘘をついて……」 「……いいのよ。私に新しい相手が出来れば、周囲も殿下と男爵令嬢の仲を認めずにはいられなくなるわ」 なろう様でも公開中ですが、少し構成が違います。内容は同じです。
24hポイント 163pt
小説 5,883 位 / 105,223件 恋愛 2,748 位 / 29,598件
文字数 13,300 最終更新日 2020.08.30 登録日 2020.08.25
31
恋愛 完結 ショートショート R15
「……今夜で忘れます」 そう言って、私はジョアキン殿下を見つめました。 黄金の髪に緑色の瞳、鼻筋の通った端正な顔を持つ、我がソアレス王国の第二王子。大陸最大の図書館がそびえる学術都市として名高いソアレスの王都にある大学を卒業するまでは、侯爵令嬢の私の婚約者だった方です。 今はお互いに別の方と婚約しています。 「忘れると誓います。ですから、幼いころからの想いに決着をつけるため、どうか私にジョアキン殿下との一夜をくださいませ」 なろう様でも公開中です。
24hポイント 163pt
小説 5,883 位 / 105,223件 恋愛 2,748 位 / 29,598件
文字数 10,207 最終更新日 2020.06.21 登録日 2020.06.19
32
恋愛 完結 ショートショート R15
──今度は私が笑顔でなくても愛してくださる方、私を笑顔にしてくださる方と出会いたいと願っています。 そんな相手が現れるようにと俺は願った。 その人物になりたいと願うことは、俺には許されていない。
24hポイント 156pt
小説 6,017 位 / 105,223件 恋愛 2,822 位 / 29,598件
文字数 4,066 最終更新日 2020.07.24 登録日 2020.07.24
33
恋愛 完結 ショートショート R15
「オードリー、そなたはいつも私達を見ているが、一体なにが楽しいんだ?」 「クロード様の黄金色の髪が光を浴びて、キラキラ輝いているのを見るのが好きなのです」 「……ふうん」 その灰色の瞳には、いつもクロードが映っていた。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 149pt
小説 6,174 位 / 105,223件 恋愛 2,904 位 / 29,598件
文字数 9,940 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.21
34
恋愛 完結 ショートショート R15
『私に残っている人間の部分はもう王妃様への愛情だけ。……だけど……』 リジアはアフォンソが大好きだった微笑みを浮かべて言う。 『私が人間だったころ、どんなにあなたを愛したかは覚えています』
24hポイント 142pt
小説 6,323 位 / 105,223件 恋愛 2,976 位 / 29,598件
文字数 8,583 最終更新日 2020.08.05 登録日 2020.08.01
35
恋愛 完結 ショートショート R15
ああ、嫌! こんな風に心の中でオースティン殿下に噛みつき続ける自分が嫌です。 どんなに考えまいとしてもブリガンテ様のことを思って嫉妬に狂う自分が嫌です。 足元にはいつも地獄へ続く闇があります。いいえ、私はもう闇に落ちているのです。どうしたって這い上がることができないのです。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 142pt
小説 6,323 位 / 105,223件 恋愛 2,976 位 / 29,598件
文字数 10,508 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.23
36
恋愛 完結 ショートショート R15
──お願いです。 どうか、あの人を守ってください。 私の大切な、愛しい愛しいあの人を。 なろう様でも公開中です。
24hポイント 142pt
小説 6,323 位 / 105,223件 恋愛 2,976 位 / 29,598件
文字数 8,504 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.23
37
恋愛 完結 短編
私はリリーナ・アインシュタインは、皇太子の婚約者ですが、皇太子アイザック様は他にもお好きな方がいるようです。 人前でキスするくらいお好きな様ですし、婚約破棄して頂けますか? え?勘違い?私の事を愛してる?そんなの今更、結構です。
24hポイント 134pt
小説 6,544 位 / 105,223件 恋愛 3,056 位 / 29,598件
文字数 5,618 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.18
38
恋愛 完結 ショートショート R15
第三王子との婚約を破棄され、冤罪で国外追放されたソーンツェは、隣国の獣人国で静かに暮らしていた。 しかし、そこにかつての許婚が── なろう様でも公開中です。
24hポイント 134pt
小説 6,544 位 / 105,223件 恋愛 3,056 位 / 29,598件
文字数 8,768 最終更新日 2019.12.10 登録日 2019.12.07
39
恋愛 完結 長編 R15
伯爵令嬢であるリヴィア・エルトナはつい先日婚約破棄されたばかり。嘲笑と好奇が自分を取り巻く。 わたくしも自分が婚約していたなんてその時知りましたけどね。 父は昔結ばれなかった女性を今も一途に想い続ける。 リヴィアはそんな父と政略結婚の母との間に産まれた娘で、父は娘に無関心。 貴族だからと言って何故こんな思いをしなければいけないのか、貴族の結婚はそれ程意味のあるものなのか。 そんな思いを抱えるリヴィアは、父と境遇を同じくする第二皇子と知り合い、自身にわだかまる思いを彼にぶつけてしまうのだが…… ※小説家になろう・カクヨムでも掲載してます
24hポイント 120pt
小説 6,968 位 / 105,223件 恋愛 3,256 位 / 29,598件
文字数 241,014 最終更新日 2021.01.03 登録日 2020.11.19
40
恋愛 連載中 長編
寝食を忘れるほど研究にのめり込む婚約者に惹かれてかいがいしく食事の準備や仕事の手伝いをしていたのに、ある日帰ったら「母親みたいに世話を焼いてくるお前にはうんざりだ!荷物をまとめておいてやったから明日の朝一番で出て行け!」ですって? まあ、癇癪を起こすのはいいですけれど(よくはない)あなたがまとめてうちの実家に郵送したっていうその荷物の中、送っちゃいけないもの入ってましたよ? ※またも小説の練習で書いてみました。よろしくお願いします。 ※すみません、婚約破棄タグを使っていましたが、書いてるうちに内容にそぐわないことに気づいたのでちょっと変えました。果たして婚約破棄するのかしないのか?を楽しんでいただく話になりそうです。正当派の婚約破棄ものにはならないと思います。期待して読んでくださった方申し訳ございません。
24hポイント 113pt
小説 7,181 位 / 105,223件 恋愛 3,371 位 / 29,598件
文字数 16,428 最終更新日 2021.06.10 登録日 2021.05.30
85 123