歴史・時代 家族小説一覧

59 12
嵐のような晩だった。 銀次は押し込み強盗「おかめ盗賊」の一味だった。「金は盗っても命は取らぬ」と誓っていたのに、仲間が失態をおかし、人殺し盗賊に成り下がってしまう。銀次は何の因果かその家の一人娘を連れ去ることに。 そして、おかめ強盗に命を散らされた女中、鈴の兄源助は、妹の敵を討つために一人、旅に出るのだった。 追われ、追いかけ、過去を悔い、そんな人生の長い旅路を過ごす者達の物語。 ※ 地名などは全て架空のものです。 ※ 詳しい下調べはおこなっておりません。作者のつたない記憶の中から絞り出しましたので、歴史の中の史実と違うこともあるかと思います。その辺をご理解のほど、よろしくお願いいたします。
24h.ポイント 1,840pt
小説 714 位 / 185,445件 歴史・時代 7 位 / 2,373件
文字数 47,884 最終更新日 2024.06.13 登録日 2024.05.30
2
歴史・時代 連載中 長編 R15
第三章開始しました。以下は第一章のあらすじです。 志緒(しお)のいいなずけ駒井幸之助は文武両道に秀でた明るく心優しい青年だった。祝言を三カ月後に控え幸之助が急死した。幸せの絶頂から奈落の底に突き落とされた志緒と駒井家の人々。一周忌の後、家の存続のため駒井家は遠縁の山中家から源治郎を養子に迎えることに。志緒は源治郎と幸之助の妹佐江が結婚すると思っていたが、駒井家の人々は志緒に嫁に来て欲しいと言う。 無口で何を考えているかわからない源治郎との結婚に不安を感じる志緒。果たしてふたりの運命は……。
24h.ポイント 42pt
小説 17,005 位 / 185,445件 歴史・時代 184 位 / 2,373件
文字数 88,019 最終更新日 2024.06.09 登録日 2023.05.29
ーその茜色の箱の底に見る世界は。 軍靴が静かに迫っている時代。 久子に豆腐を買いに行ってほしいと言われて家を出れば、怪し気な人間が箱の中を見ろという。折しも学校では箱を見せて人をさらうという怪人の噂が流れていた。 全3話。『恒久の月』書籍化記念、発売日まで1日1作短編公開キャンペーン中。6/4の更新。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 7,570 最終更新日 2024.06.04 登録日 2024.06.04
戦国のIloveyou #1 愛を伝えたいんだ 12,297文字24分 愛を伝えたいんだは戦国のl loveyouのプロローグ作品です。本編の主人公は石田三成と茶々様ですが、この作品の主人公は於次丸秀勝こと信長の四男で秀吉の養子になった人です。秀勝の母はここでは織田信長の正室濃姫ということになっています。織田信長と濃姫も回想で登場するので二人が好きな方もおすすめです。秀勝の青春と自立の物語です。
24h.ポイント 21pt
小説 25,229 位 / 185,445件 歴史・時代 250 位 / 2,373件
文字数 12,061 最終更新日 2024.06.02 登録日 2024.06.02
旧題:調べ、かき鳴らせ 第8回歴史·時代小説大賞、大賞受賞作品。本所松坂町の三味線師匠である岡安久弥は、三味線名手として名を馳せる一方で、一刀流の使い手でもある謎めいた浪人だった。 文政の己丑火事の最中、とある大名家の内紛の助太刀を頼まれた久弥は、神田で焼け出された少年を拾う。 出自に秘密を抱え、孤独に生きてきた久弥は、青馬と名付けた少年を育てはじめ、やがて彼に天賦の三味線の才能があることに気付く。 青馬に三味線を教え、密かに思いを寄せる柳橋芸者の真澄や、友人の医師橋倉らと青馬の成長を見守りながら、久弥は幸福な日々を過ごすのだが…… ある日その平穏な生活は暗転する。生家に政変が生じ、久弥は青馬や真澄から引き離され、後嗣争いの渦へと巻き込まれていく。彼は愛する人々の元へ戻れるのだろうか?(性描写はありませんが、暴力場面あり)
24h.ポイント 2,683pt
小説 491 位 / 185,445件 歴史・時代 5 位 / 2,373件
文字数 177,365 最終更新日 2024.05.29 登録日 2022.05.11
6
歴史・時代 連載中 ショートショート
(時代小説新人賞最終選考落選歴あり、別名義、別作品) 父が惨殺される場面を目撃し、“ひきこもり”となっていた宗左衛門。彼は瓜二つの顔をした双子の妹、あきに御役目を任せ登城させていた。人の視線を恐れるようになっている宗左衛門は、人目の絶える夜中に散歩に出かける習慣ができている。その日も例のごとく他出する宗左衛門。だが、そこで彼は忍び者に追われる娘と遭遇する――
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 100,158 最終更新日 2024.05.25 登録日 2024.05.21
 元禄十三年秋、広島藩浅野家家臣徒目付の藤村数馬は、実父沢村次郎右衛門の死によって心ならずも公儀隠密の役目を継ぐことになる。数馬には、三歳年下の愛しい妻美寿々がいた。美寿々は現在妊娠中で、出産予定日は、来年の三月半ば過ぎだった。同年、晩秋、数馬は藩の上役で大目付の三枝から、秋山文六左衛門と云う男を上意討ちにしろと命を受ける。秋山を討ち果たした数馬は、徒目付組頭に昇進。  翌元禄十四年、美寿々が長男長太郎を出産したその日、三月十四日、江戸城松の大廊下で赤穂藩主浅野内匠頭が、高家筆頭吉良上野介に刃傷に及ぶ。事件に対処するため、数馬は三枝と他の藩士たちと赤穂へ向かう。大石内蔵助を説得するためだ。数馬の繋ぎ役月舟尼こと於倫は、大石の身を護れと命じ、三枝からは大石を斬れと云う相反する命令を受ける。無二の親友青木幹之助も数馬同様公儀隠密で二人して大石を護り、三枝たちを斬る。全ては美寿々と幼い我が子を護るための行動だった。  翌元禄十五年、数馬は幹之助とともに川崎平間村の軽部屋敷に逗留する大石の許を訪れ、そこで同朋の井本善兵衛と妻美寿々の兄宇佐美慎之介に正体がばれ、激しい戦闘の末、幹之助と義兄慎之介は死亡する。その後数馬は、三次浅野家屋敷近くの南部坂で吉良方の刺客と戦闘の末、絶命する。  二十年後の享保七年、再婚した美寿々の許へ謎の僧侶が現れ、数馬の形見の品、千手院和泉守守正の業物と梅の飾りが付いた簪を渡す。美寿々は、何も真実を知らないまま、最愛の良人数馬の形見を見て泣き崩れる。全ては数馬の思惑通り進み、家族の命は救われたのである。
24h.ポイント 21pt
小説 25,229 位 / 185,445件 歴史・時代 250 位 / 2,373件
文字数 82,032 最終更新日 2024.05.18 登録日 2024.05.18
政争に敗れ、流罪となった貴族の娘、ささらが姫。 紅蓮の髪を持つ鬼の子、イダテン。 ――その出会いが運命を変える。 鬼の子、イダテンは、襲い来る軍勢から姫君を守り、隣国にたどり着けるか。 毎週金曜日、更新。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 188,372 最終更新日 2024.04.26 登録日 2022.08.18
9
歴史・時代 完結 ショートショート
東北のとある兄妹のおhなし
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 4,721 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.04.20
行方知れずになった父を捜して江戸に出た娘・お鈴が助けられた先は、閑古鳥が鳴く料理屋「みと屋」 それもそのはず、店主の銀次郎は料理が壊滅的に下手な上、顔がいかつく客あしらいも不得手。 なにより、銀次郎の仕事は札付きの「やくざ」だというのだから、お客が来るわけがない。 料理の才のあるお鈴は「ここで働け」と迫られるが、そこへ誘拐事件が舞い込んで――—
24h.ポイント 42pt
小説 17,005 位 / 185,445件 歴史・時代 184 位 / 2,373件
文字数 361,722 最終更新日 2024.01.18 登録日 2020.05.30
11
歴史・時代 連載中 長編 R15
信長が天下統一します。主人公と結婚します。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 1,919 最終更新日 2023.11.03 登録日 2023.11.03
甲斐源氏・武田家は室町幕府や鎌倉府からも一目置かれた名家。 上杉禅秀の乱を皮切りに、どの国よりも早い戦国ともいえる騒乱の地と化していく。 武田信長は敵から恐れられ、味方からは軍神のごとく敬われた。 この物語は、甲斐から名を馳せた男が、上総へと進出していく物語である。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 178,467 最終更新日 2023.09.16 登録日 2023.07.30
元戦国武将の父に仕官先に連れて行ってもらえず隠れ里に弟と二人元服後家臣数人と置いていかれた。父の愛着があるというこの地を守り村にせよと。 武士の子として育てられたが畑仕事はしていた為すぐに切り替え百姓に転職し村の名主になった。十五年近くの歳月をかけて近隣との交流をしながら村らしくしたがまだまだ人は少ないし貧しい。数年前から少ないとはいえ年貢を取られるようになると更に貧しさに拍車がかかる。この時代自然は恵みもくれるがそれ以上に災害をくれる。ほぼ何もない所から少数精鋭でやり続けていくが…… 真面目で愛妻家の青年二人の苦しい環境にもめげないほのぼの村作り物語。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 44,249 最終更新日 2023.07.01 登録日 2023.05.12
江戸時代。村々を土砂災害から守る為に働いていた侍がいる。 数馬(かずま)は貧乏御家人の三男坊として生を受けたが、運よく町方与力である豊島家の婿養子となる。 義父から豊島家の家督を継ぎ、奉行所で働き始めた数馬だが、周囲からのやっかみがあり孤立していた。 仕事に対してやる気が持てず、義父や上司への恩義の気持ちだけでなんとか勤めをこなしていた。 もうすぐ父親になるというのに、その自覚すら持てない。 不安な気持ちを抱えたまま、日々を過ごしていた。 そんな中、土砂流出現場を視察するため、上司と共に地方巡回に出かける。 そこで出会う人々と触れ合うことで、数馬は少しずつ自分の在り方を学んでいく。 2023/8/3 第9回歴史・時代小説大賞で奨励賞をいただきました。 応援してくださった皆様、ありがとうございます!
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 37,403 最終更新日 2023.06.23 登録日 2023.05.31
引きこもり半兵衛の籠城戦記 〜私は世に出たくないのです〜 秀吉に三顧の礼で迎えられたとされている竹中半兵衛。 彼は気ままな隠居生活を望んでいたのだが、敵の策略により、補給路を絶たれ引きこもり生活が終焉する。 これは、今孔明と名高い竹中半兵衛の隠居生活にスポットライトを当てた、あるかもしれない想像のお話。 こちらの作品は短編集です。
24h.ポイント 21pt
小説 25,229 位 / 185,445件 歴史・時代 250 位 / 2,373件
文字数 4,148 最終更新日 2023.06.01 登録日 2023.05.31
 江戸時代。とある藩に島田正之助という男がいた。彼は齢にして六十、子はおろか孫にも恵まれた傍目には理想の隠居生活を送っていた。  しかし彼の目にはいつも暗い光が灯っており、時折悲しそうな瞳で孫らを見ている。そしてその孫の一人である平次郎が元服を迎えた秋の事。正之助は平次郎に渡したいものがあると言って廃寺へと誘う。  そして元服の祝いにと孫へ一振りの竹光を差し出すと、徐に島田家の過去について語り始める。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 11,049 最終更新日 2023.05.30 登録日 2023.05.30
 遅れて生まれたがために天下を取れなかった伊達政宗。その猛々しい武将としての一面は表向きだ。長く心にあった、母親との確執。それゆえ隠してきた秘密。老い先短い母親のために政宗の出来ることはひとつだった。
24h.ポイント 21pt
小説 25,229 位 / 185,445件 歴史・時代 250 位 / 2,373件
文字数 6,556 最終更新日 2023.05.06 登録日 2023.05.06
大東亜戦争の最中 四国の片田舎で、空を夢見る少年の話 家族と夢の物語
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 1,324 最終更新日 2023.03.31 登録日 2023.03.31
 あれは、我が父と弟だった。天保11年夏、高家旗本の千川家が火付盗賊改方の襲撃を受け、当主と嫡子が殺害された−−。千川家に無実の罪を着せ、取り潰したのは誰の陰謀か?実は千川家庶子であり、わけあって豪商大鳥屋の若き店主となっていた紀堂は、悲嘆の中探索と復讐を密かに決意する。  片腕である大番頭や、許嫁、親友との間に広がる溝に苦しみ、孤独な戦いを続けながら、やがて紀堂は巨大な陰謀の渦中で、己が本当は何者であるのかを知る。  絡み合う過去、愛と葛藤と後悔の果てに、紀堂は何を選択するのか?(性描写はありませんが暴力表現あり)  
24h.ポイント 63pt
小説 13,304 位 / 185,445件 歴史・時代 149 位 / 2,373件
文字数 235,925 最終更新日 2023.01.30 登録日 2023.01.21
20
歴史・時代 完結 ショートショート
西南戦争末期、賊将が家族にあてた手紙を書いている時の心情を想像して書いてみました。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 3,036 最終更新日 2022.10.21 登録日 2022.10.21
短篇です。江戸堀留町の口入屋『出雲屋』は、乳母奉公と養子縁組ばかりを扱う風変わりな口入屋だった。子を失い、横暴な夫に命じられるまま乳母奉公の口を求めて店を訪れた佐和は、女店主の染から呉服商泉屋を紹介される。 店主の市衛門は妻を失い、乳飲み子の香奈を抱えて途方に暮れていた。泉屋で奉公をはじめた佐和は、市衛門を密かに慕うようになっていたが、粗暴な夫の太介は香奈の拐かしを企んでいた。 夫と離縁し、行き場をなくした佐和を、染は出雲屋に雇う。養子縁組の仕事を手伝いながら、佐和は自分の生きる道を少しずつ見つけて行くのだった。
24h.ポイント 21pt
小説 25,229 位 / 185,445件 歴史・時代 250 位 / 2,373件
文字数 36,711 最終更新日 2022.09.16 登録日 2022.09.06
出てくる皆が主人公! 幸せに暮らしていたある地方領主の娘である灘姫。突然味方の裏切りに会い城と家族を無くし、敵に誘拐されてしまいます。生き残ったくノ一、弥生とともに茶屋へと潜入し、自国を滅亡へと陥れた敵国の情報を探っていると、事はただの領土争いではなく非常に複雑な展開を迎えます。 敵は恐山にあり!? 六月は21時頃更新予定です。 第八回歴史時代小説大賞 エントリー作品。 (旧タイトル灘姫は新月と共に) 主な登場人物 【灘姫】 羽後にある曉国の姫。両親を殺され、裏切者に捕えられるが逃げだすことに成功。忍頭の言葉を頼りに旅に出る。容姿端麗で頭脳明晰な完璧美女。 【弥生】 灘姫の侍女兼護衛。 裏切者から逃げ出した灘姫に再会し 一緒に旅に出る。 運動神経抜群のくノ一。 【弥助】 城の忍部隊の中堅。 兄弟子に師匠を殺され自信喪失。 師匠より預かった巻物と遺言を頼りに 灘姫を探す旅に出る。 【左京】 灘姫を連れ去った忍。 姫を解放した後行方不明。 【才蔵】 弥助と弥生が幼き頃より親代わりとして育ててくれた、暁国の忍頭。 【風魔小太郎】 弥助の師匠である、才蔵の師匠。 師匠を亡くした弥助の手助けを してくれる心優しき翁。 【猿飛佐助】 弥助、弥生の実の父親。 才蔵とは幼なじみであるが 性格は正反対の孤高の忍者。 己の利益のみを考えて動く。 ※本編は予告なく加筆修正します。 本作の中の国名は架空です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 116,698 最終更新日 2022.08.01 登録日 2022.05.29
江戸時代前期(徳川家光)の時代に発生した連続高女行方不明事件を歴史的か一人の武士の視点で解決していく歴史ストーリーであり、愛をテーマに女性の想いに応える強気想いの作品でもある。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 11,437 最終更新日 2022.07.17 登録日 2022.07.17
庄屋の息子勝太と、子守奉公にきた隣村の娘はつ。 11歳のふたりが過ごした一年間。 恋と呼ぶにはまだ幼い、少年少女の出逢いと別れ。 甘酸っぱく切ない青春のものがたり。 ライト文芸風な時代小説です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 19,835 最終更新日 2022.06.08 登録日 2022.05.30
第二次世界大戦時の夫婦の物語です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 27,902 最終更新日 2022.05.31 登録日 2022.02.26
お市は獣と話せる不思議を使い、今日も人と獣を助けるために直奔る! 戦国が終わって公方様も数えて五代目の世。馬借と宿を営むおつかわし屋の娘お市は、器量もいいが家畜の面倒見がいいことで評判の14歳の元気いっぱいの娘である。美少年の弟藤次郎と見識豊かで指南役の滅法腕の立つ辰吉と共に、今日も商いの修行中。そんな、お市には秘密があった。鳥や獣と話が出来て、言う事を聞かせることが出来るという不思議な力の秘密である。お市はお人好しのお節介焼きで、困っているなら人も獣も手を差し伸べる。そんなお市達が事件に巻き込まれ、持ち前の器量とお市の不思議な力で解決していく、痛快和風ファンタジー
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 144,636 最終更新日 2022.05.14 登録日 2022.05.12
 歴史時代小説部門、4位(^-^)/(初回公開3月時点)  少し改稿しました。約6万字で完結です。    琉球から沖縄になって間もない時代。もと下級武士だった啓恭の父、啓綜は琉球唐手の一派、泊手を教えて生計をたてていた。虚弱な啓恭は道場を継ぐことができず、道場主として将来を嘱望されていた弟の啓泰は事故で死んでしまう。母亡き後、啓綜が連れてきたのは新しい母親と異母妹だった。自分の居場所を無くした啓恭は鬱屈した日々を送っていた。   新しい母をはじめとする人々との出会いが啓恭を変えていく。    
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 60,552 最終更新日 2022.05.08 登録日 2022.02.26
28
歴史・時代 連載中 ショートショート
ちょっと心温まるお弁当屋さんのお話。 ※続くかは微妙です
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 5,679 最終更新日 2022.03.20 登録日 2022.03.20
 歴史・時代小説部門、最高4位 (^^♪  芸妓の息子、芳は父の営む材木商で奉公をしていたが丁稚仲間に吃音をからかわれ口がきけなくなってしまう。医者を探しに行った母親が事故で亡くなったため、同じ置屋の芸妓で母の友人、静恵に引き取られることになった。  静恵とその息子の昌也との出会いが芳を変えていく。  静恵のモデルは私の曾祖母です。彼女は元芸妓でした。シズエさん、ありがとう。    約30000文字で完結します。 「海を奔る竜」(歴史時代小説、3・7、4位)もよろしく(^^)/
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 29,257 最終更新日 2022.03.16 登録日 2022.03.07
日本の江戸時代に似た文化、風土のある国があった。安森家という代々狐憑きが生まれ、莫大な財産、幸運、繁栄という恩恵を受けている一族で、そこにあかりは半ば騙され嫁入りする。嫁入りして一族の内情が分かり始めてくると、今まで自分の周りで起きてきた不可解な出来事、そして安森家の複雑な絡みが解けて線で繋がっていく。 伏線回収系ストーリー 35話完結。 大まかに恋愛編、結婚編、人物編、謎解明編、解決編の流れになっております。 Instagram morioka09 小説についての投稿をしています。 ※狐憑きの身体的特徴の描写は、作品中の中だけの解釈であり、現実社会の差別的偏見で書かれたものではありません。 又、風鼠の描写に関しても、差別的偏見で書かれたものではなく、物語上のフィクションとして書かれているものになります。 こちらの注意を踏まえた上、ご拝読お願いいたします。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 96,465 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.14
短編集。ナポレオンの息子、ライヒシュタット公フランツを囲む人々の、群像劇。 ナポレオンと、敗戦国オーストリアの皇女マリー・ルイーゼの間に生まれた、少年。彼は、父ナポレオンが没落すると、母の実家であるハプスブルク宮廷に引き取られた。やがて、母とも引き離され、一人、ウィーンに幽閉される。 仇敵ナポレオンの息子(だが彼は、オーストリア皇帝の孫だった)に戸惑う、周囲の人々。父への敵意から、懸命に自我を守ろうとする、幼いフランツ。しかしオーストリアには、敵ばかりではなかった……。 ナポレオンの絶頂期から、ウィーン3月革命までを描く。 ※カクヨムさんで完結している「ナポレオン2世 ライヒシュタット公」のスピンオフ短編集です https://kakuyomu.jp/works/1177354054885142129 ※星海社さんの座談会(2023.冬)で取り上げて頂いた作品は、こちらではありません。本編に含まれるミステリのひとつを抽出してまとめたもので、公開はしていません https://sai-zen-sen.jp/works/extras/sfa037/01/01.html ※断りのない画像は、全て、wikiからのパブリック・ドメイン作品です
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 111,283 最終更新日 2021.07.16 登録日 2019.04.28
非本格的時代短編小説 1668年、日照りで苦しむ農民のために立ち上がった男がいた。 水戸藩北部、松井村の名主、沼田惣左衛門。 父から譲り受けた村のまとめ役もそこそこに、廓通いの日々を送っていたのだが、ある日、村の者たちに詰め寄られる。 「このまま行けば、夜逃げしかねえ、そうなって困んのはオメエだ」と。 そこで、惣左衛門は咄嗟に言った。 「『灌漑用水』を山から引く用水路をつくろう!」 実は死んだ父の夢だったのだ。 村に水を引ければ安定して稲作が出来る。村人たちの願いと惣佐衛門の想いが合致した瞬間、物語は動き出す。 350年前の実話をもとに作者が手心を加えた日照りで水田の水に困窮した村人達と若き名主の惣佐衛門が紡ぐ物語。 始まります。 短編。 作中の度量換算、用語、単位、話法などは現代風に置き換えておきました。だって、わかり辛いもんね。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 30,483 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.05.22
 時に元号が宝暦から明和に改まって二年が経つ江戸深川は北森下町六兵衛店。ここには「神酒所(みきしょ)の権左」と二つ名を取る老練な御用聞きが居た。故あって足を悪くし撞木杖を手放せない為、八丁堀の旦那の市中御見廻りの供にも事を欠き、亡き妻が残した髪結い床の裏座敷、通称「権左親分の御神酒所」で日がな一日煙草を呑んでいる。所がどうして、二言目には「隠居も同然」が口癖の彼のもとには今日も様々な相談事や事件が持ち込まれる。  ある日、南組定町廻り、溝呂木彦右衛門は同じ南町奉行所の同僚を連れ、権左の神酒所を尋ねたのだが・・・・    
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 83,398 最終更新日 2021.06.02 登録日 2020.05.17
34
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は平安時代中期…… 一条天皇の時代、のちの世に「酒呑童子」と呼ばれる鬼が現れ、源頼光と藤原(平井)保昌が頼光の四天王と共に大江山へ討伐に赴いた。 「大江山縁起」「御伽草子」にも語られる、古き伝説の戦い。 しかし、ひとはしらない。 その戦いに、ただ一人、女の身で父頼光に付き従い、酒呑童子を討ち果たした姫武士がいたことを。 歴史の彼方に消し去られた頼光の末の姫の物語を。 そして、頼光の娘相模が、百人一首にも残る和歌に込めた哀しき妹姫の悲恋と悔恨を―― 戦いの話ですので、容赦のない暴力表現があります。 恋愛は関わりますが、性的なシーンは一切ないものとお考え下さい。 少年漫画並みの戦闘シーンが入ります。(首をはねる、手足がもがれるなど) ご了承ください。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 16,425 最終更新日 2021.06.01 登録日 2021.05.30
世は、天保の改革の真っ盛りで、巷は不景気の話が絶えないが、料理茶屋「鶴久屋」は、お上のおみねを筆頭に、今日も笑顔が絶えない。 そんな店に足しげく通う若侍、仕事もなく、生きがいもなく、ただお酒を飲む日々……、そんな彼が不思議な話をしだして……………… 小さな料理茶屋で起こった、ちょっと不思議な、悲しくも、温かい人情物語………………
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 26,958 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.05.29
ようやく春らしくなった江戸の空のもと、町奉行所同心秋山小次郎が駆けていた。火付(放火)である。 ボヤであったが、最悪江戸を焼く大火となる可能性もある。火付けは大罪 ―― 死罪である。 どんな馬鹿野郎が犯人かと、囚われている自身番に飛び込むと、そこにはうら若き乙女の姿が……………… 天和三(一六八三)年三月二十九日、ひとりの少女が火付けの罪で、死罪となった。世にいう、八百屋お七事件である。 なぜ、少女は火付けを犯したのか? これは、その真相を探り、なんとか助けてやりたいと奮闘する男たちの物語である。
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 105,530 最終更新日 2021.05.28 登録日 2021.05.28
 いつの世もダメな男はいるもので、酒に、煙草に、博打に、女、昼間から仕事もせずにプラプラと、挙句の果てに女房に手を挙げて………………  そんなバカ亭主を持った女が駆け込む先が、縁切寺 ―― 満徳寺。  寺役人たちは、夫婦の揉め事の仲裁に今日も大忙し。  そこに、他人の揉め事にかかわるのが大嫌いな立木惣太郎が寺役人として赴任することに。  はじめは、男と女のいざこざにうんざりしていたが……………… 若き侍の成長と、男と女たちの痴情を描く、感動の時代小説!!
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 114,674 最終更新日 2021.01.27 登録日 2021.01.21
 誰かにつけられている………………  後ろから足音が近づいてくる。  おすみは早歩きになり、急いで家へと飛び込んだ。  すぐに、戸が叩かれ………………  ―― おすみの家にふいに現れた二人の男、商人を装っているが、本当の正体は……………  江戸時代末期、甲州街道沿いの小さな宿場町犬目で巻き起こる痛快時代小説!!
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 36,155 最終更新日 2021.01.25 登録日 2021.01.25
39
歴史・時代 完結 ショートショート
 宇音美大郎女のもとに急な知らせが入る ―― 夫である蘇我入鹿が亡くなったという。  それが、『女王への反逆』の罪で誅殺されたと聞き、大郎女は屋敷を飛び出し、夫の屋敷へと駆け付けるのだが………………  ―― 645年、古代史上の大悪人である蘇我入鹿が、中大兄皇子と中臣鎌足によって誅殺され、大化改新の先駆けとなった。  だが、入鹿は本当に大悪人だったのか?  これは、敗れた者と、その家族の物語である………………
24h.ポイント 0pt
小説 185,445 位 / 185,445件 歴史・時代 2,373 位 / 2,373件
文字数 23,352 最終更新日 2021.01.18 登録日 2021.01.18
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 尾張徳川家(尾張藩)の第14代・第17代当主の徳川慶勝が、美濃高須藩主・松平義建の次男・秀之助ではなく、夭折した長男・源之助が継いでおり、彼が攘夷派の名君となっていた場合の仮想戦記を書いてみました。夭折した兄弟が活躍します。尾張徳川家15代藩主・徳川茂徳、会津藩主・松平容保、桑名藩主・松平定敬、特に会津藩主・松平容保と会津藩士にリベンジしてもらいます。 もしかしたら、消去するかもしれません。
24h.ポイント 21pt
小説 25,229 位 / 185,445件 歴史・時代 250 位 / 2,373件
文字数 64,349 最終更新日 2020.07.27 登録日 2020.05.30
59 12

アルファポリスの歴史・時代小説のご紹介

アルファポリスの歴史・時代小説の一覧ページです。
架空戦記から時代ものまで様々な歴史・時代小説が満載です。
人気のタグからお気に入りの小説を探すこともできます。ぜひお気に入りの小説を見つけてください。