投稿小説一覧

タグ 発達障害×
9
母親を理解するのに30年かかった。 一度は絶縁さえ考えた。 そんな私が、様々の苦悩の末、30歳にしてアスペルガー症候群と診断された。 北原 佳純(かすみ) 30歳。 ちょっと変わった親子の経験。 名前と年齢以外は、『実話』です。
24hポイント 71pt
小説 5,311 位 / 43,145件 エッセイ・ノンフィクション 82 位 / 932件
文字数 61,299 最終更新日 2019.02.02 登録日 2017.01.19
ちょっぴり変わったところはあるけれど、何がって問われると上手く言えない不思議な娘、七緒。 年齢にそぐわないほど利発な七緒だが、どうも意思の疎通がうまくいかない。 三歳を迎え保育園に入園させるが、そこで母夕子は家庭での虐待を疑われる。 「本人のためにも一度専門機関に見ていただいてはどうですか」 保育園に勧められ療育センターを訪ねた夕子はそこで娘が発達障害ではないかと告げられる。 にけ作:なろう、カクヨム マグネット!連載 『黒いネコの友達』スピンオフでもあります。(本作は独立しています) 『星に願う』の主人公『深町夕子』は本編のヒロイン『深町七緒』の母親として登場しています。 表紙イラストは線画にけ 着色デザイン雪華さん 本文内イラストは桔梗さんです
24hポイント 28pt
小説 7,915 位 / 43,145件 ライト文芸 297 位 / 1,795件
文字数 109,409 最終更新日 2018.12.15 登録日 2018.06.12
わたるとゆい 18歳の恋の物語。 通信制の学校で、出逢い互いに似ているところに惹かれる。 同じ、音漏れのイヤホンで聴く、 そして互いにある傷。 27歳になったゆいは、わたるの絵の展示を見に行き、 わたるの辛い過去を絵で知る。 ふと、自分の辛い過去を思い出し、 また、わたるに会いたくなる。 そして、泣きながらも、 夢に向かうゆい。
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 恋愛 10,468 位 / 10,468件
文字数 3,762 最終更新日 2018.01.14 登録日 2018.01.12
広汎性発達障害と診断されている主人公が、獣医師として生きていくお話。
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 現代文学 1,450 位 / 1,450件
文字数 13,565 最終更新日 2018.03.19 登録日 2018.01.15
てるるの絵的人生。 多分、自分とあなたのためだけに 描いているのです、わたしも。 (アイ・キャッチャーは好きな作家さんの 作品の擬人化)
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 エッセイ・ノンフィクション 932 位 / 932件
文字数 50,274 最終更新日 2018.06.16 登録日 2018.02.10
作者が、叫びたいことです。 こんな、未来が、分岐点が、あったら、素敵だと思ったから書きました。 授業を真面目に受けることができる人には、共感しにくい表現があるかもしませんが、あたたかい目で読んでいたたげると幸いです。 主人公の思考や、最初の方の出来事などは、半分近く実体験を元にしています。 一応、中学二年生の設定です。 (作者の中学二年生の時はもっと中二病半端ありませんでしたが(笑)) 簡単に言うと、事実を元にしたフィクションです。
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 ライト文芸 1,795 位 / 1,795件
文字数 4,082 最終更新日 2018.06.24 登録日 2018.06.24
虐待され死んだウェイズは、異世界にわたる。 そこで師匠となる少女セリエと出会うことに。 ウェイズは修行して青年になる。 この異世界ではアルファ病というものがあり。 地球では発達障害、アスペルガー症候群などと言われている。 ただ違うのは、アルファ病は超能力みたいなもので、治療しないと死に至る病、完治することのない、ウェイズもアルファ病で、彼は自分と同じ人を助けるため。 ブレインドクターとなった!!
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 ファンタジー 14,783 位 / 14,783件
文字数 8,445 最終更新日 2018.09.01 登録日 2018.09.01
発達障害の長男と母としての私の関わり方の記録というか、私なりの子育てについて、語ろうと思います。 ただし、私は専門家でもなんでもありません。 私は私の息子の専門家なだけです。心理学とか、医学の知識もありません。きっと正しくないことも語るでしょう。 うちの子とは症状が違うから、参考になんてならない方も沢山いらっしゃるでしょう。というよりも、症状は一人一人違うのだから、違うのは当たり前です。 ですからあなたは、あなたのお子さんなり、ご家族の方の専門家になって下さい。 願わくば、その切っ掛けになりますよう。 ※私の実際の経験と、私の主観をつらつらと書くので、あまり纏まりがないエッセイかもしれません。 2018年現在、長男は中学3年、次男小6年、三男小4年です。 発達障害だと発覚した頃は、長男3歳、次男6カ月、三男はまだ産まれていません。 本作は2017年に、小説家になろうに掲載していたものを転記しました。 こちらでは、2018年10月10日に完結。
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 エッセイ・ノンフィクション 932 位 / 932件
文字数 41,784 最終更新日 2018.11.09 登録日 2018.09.30
9
ライト文芸 連載中 長編 R15
「僕のせいで……」と言って涙ぐんだ。男として、大人として、上手く生きられない愛しい夫。  ひょろひょろの身体に青白い肌。趣味は魚たちや亀の世話をすること。頭にイヤーマフ装備。  雑音を受け付けない感覚過敏。ゆえに何処に行っても仕事が続けられなかった。言葉もほとんど話せない。そしていつも申し訳なさそうな顔をしている。それが主人公・葉月の夫である。  反して製薬会社でバリバリ働く勝気なキャリアウーマン。そんな葉月は、自分こそがこの家庭の大黒柱になると覚悟を決める。  “養う”という言葉を嫌う葉月。本当は声を大にして伝えたい。自分はこんなにも夫に支えられていると。  男が泣くのはおかしいか?  出世を目指す主婦は出しゃばりだと叩かれる?  こんな形の夫婦が居てもいいじゃない?  あらゆる人格、あらゆる障害、そしてそれぞれの家庭に於いてあらゆる問題が存在している。“当たり前”というのはまさにこのことではないのか。  障害に対する特別扱いではなく、実は思っているよりもずっと身近に在ることを伝えたいので、あえてあまり重くない作風にしています。  ※“夫”の障害(感覚過敏)に関しては、著者自身に現れた症状を参考にしています。症状の出方には個人差があるので、同じ障害を持つ全ての人がこのようになるという意味ではございません。  ☆印は挿絵入りです。  ©️七瀬渚/nagisa nanase 2018  禁止私自转载、加工  禁止私自轉載、加工  無断複写・転載を禁止します。
24hポイント 0pt
小説 43,145 位 / 43,145件 ライト文芸 1,795 位 / 1,795件
文字数 88,430 最終更新日 2019.03.19 登録日 2019.02.01
9