僕の『甘い魔女の報告書』 worth a thousand words.

君に 帰りたい場所は あるか。

本音を 曝け出せる場所は あるか?

唯一の場所、もの、ひと、は在るか?


これは簡単に言えば、僕が魔女の森で
甘い   に会い、馬鹿になる話だ。

そんな僕が「俺」に宛てて書いた
秘密の報告書。
こっそり読むなら途中で僕が馬鹿になっても
文句は言わないでくれ。

だって人は皆
他人には見られたくない一面を持っているものだろう?なぁ?


そうして回る 巡る 否が応でも 

      それは  まさに  運命の輪
24hポイント 256pt
小説 4,209 位 / 100,199件 ライト文芸 119 位 / 4,350件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

チート幼女は異世界を満喫する!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1598pt お気に入り:745

ココロノアリカ〜35歳男が中学生女子になったその日から〜

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:85pt お気に入り:14

四人の令嬢と公爵と

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:718pt お気に入り:27

堕落園

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:1