片想い/片思い小説一覧

タグ 片想い/片思い×
13
1
恋愛 連載中 長編
これは誓約の証。虹色の聖水に誓うは、ただひとつの想い。揺るぎない意志とともに永久(とわ)に捧げし、その身の代償は――。 シュギルとルリーシェ。 創造神を崇め、竜神にひれ伏す古(いにしえ)の時代。黎明の天(そら)に煌めく暁月(あかときづき)に照らされ、ふたりは出逢う。 国の英雄と、生贄の少女。相容れぬ運命を縒り合わせるのは、ただひとつの愛のみ。 素敵な表紙は南城千架様作画です。 ◆本文、画像の無断転載禁止◆ No reproduction or republication without written permission.
24hポイント 292pt
小説 3,769 位 / 86,867件 恋愛 1,719 位 / 22,919件
文字数 121,576 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.09.15
2
BL 連載中 短編
幼なじみの男子高校生ふたりのギクシャクした恋模様。 強引な攻も、鈍感受には弱い? ※短編集です。 --------------------- ○カットは市瀬雪さまに描いていただいたものを文字入れなどして加工したりしています。 (作品シェア以外での無断転載など固くお断りします) ○雪さま (Twitter)https://twitter.com/yukiyukisnow7?s=21 (pixiv)https://www.pixiv.net/users/2362274 (エブリスタ)https://estar.jp/users/117421755 ○ タイトルに*が入った箇所は、性的表現を含みますのでご注意ください。 ---------------------
24hポイント 256pt
小説 4,157 位 / 86,867件 BL 731 位 / 8,476件
文字数 17,534 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.11.19
―――貴方は、知っているだろうか。 ある街のある場所に、女神の名を冠する一軒の店がある。 その店の名は「AFRODITE」(アフロディーテ)。 かのオリュンポス十二神に名を連ね、美と愛を司る女神の一柱として名を馳せる。 美において誇り高く、また戦の女神としての側面も持つ美神の名を持つその店は、名の通り人を美しくする事を生業としている。 『必ず美しくなれる美容室』と評判の店は、現代の瓦版とも言うべきSNSなどを通じて、密かに静かに女性達の間で噂されていた。 そんな中、今日もまた一人女神の名を持つ店に訪れる客がいる。 彼女は一体、どのように美しくなるのか。 そして、美しさとは。 ※注:「AFRODITE」はイタリア語表記となっております。
24hポイント 28pt
小説 13,576 位 / 86,867件 ライト文芸 192 位 / 3,762件
文字数 27,149 最終更新日 2018.04.30 登録日 2018.03.31
高校最後の夏休み、親友に誘われて夏祭りへ繰り出した私。 けれど、向かった先で待っていたのは、親友だけではなく、親友の彼氏とクラスメイトの男子だった。
24hポイント 28pt
小説 13,576 位 / 86,867件 青春 131 位 / 3,735件
文字数 4,733 最終更新日 2017.07.16 登録日 2017.07.16
5
青春 連載中 長編
短大卒業後、事務職に就いて二年目が経過した涼香。一方で、朋也は高校卒業してすぐ、自立して職に就いた。 それぞれ違う道を歩むふたりが再会した時、運命の歯車はゆっくりと動き始める―― ※※※ こちらは『雪花』のスピンオフ、六年後が舞台となっています。多少のネタバレを含みますので、先に『雪花』を読まれることを推奨します。特に気にならない方は、こちらから読んで頂いても構いません。
24hポイント 28pt
小説 13,576 位 / 86,867件 青春 131 位 / 3,735件
文字数 69,301 最終更新日 2017.03.09 登録日 2017.02.12
6
恋愛 完結 長編 R18
魔女の森に入り込んだ青年が、魔女と過ごしたいと願う話。 注意:ヒーローとヒロインの視点は話ごとに変わります。 ※ムーンライトノベルズにも掲載しています。
24hポイント 14pt
小説 17,971 位 / 86,867件 恋愛 7,376 位 / 22,919件
文字数 73,572 最終更新日 2019.07.14 登録日 2019.05.21
7
ファンタジー 連載中 長編 R15
本編1th~4th完結 蛇足編5th~8th 召喚士達の住む大地がある。 ──召喚獣は強大なドラゴンからペガサスまで、様々な幻獣──。  中でも長い歴史のあるガミカ国。  13歳の誕生日を迎えたパールフェリカ姫は初めての召喚の儀式を行う。  そして、召喚されたのは ── なぜか──  山下未来希(ヤマシタミラノ) 27歳 元派遣社員、現無職。  召喚獣に、人類の敵・モンスターも沢山住む大地にやって来たクールな元OLミラノ。  ミラノは“召喚獣”として“うさぎのぬいぐるみ”の格好に……。  パールフェリカ姫のイケメンな兄達、シュナヴィッツやネフィリムに振り回されつつ……歯車は動き始める。  神による巨大な召喚獣が暴れはじめて――。 ※各プロローグのみ一人称、読み飛ばしOK ・アリアンローズ新人賞(女性向け)一次選考通過 ・MFブックス&アリアンローズ小説家になろう大賞2014 MFブックス部門(男性向け)一次選考通過 ・第六回ネット小説大賞一次選考通過 ○本編1st~4thまで完結済み 一人称は各プロローグのみ、他は三人称です。 ○蛇足編5th~8th執筆中。 形式は本編と同じ 感想欄は閉じたり開いたりしてます。 ◆個人サイトからの転載。 なろうさん https://ncode.syosetu.com/n6108p/ ★空行ありバージョン↓ノベプラさん https://novelup.plus/story/268346707
24hポイント 14pt
小説 17,971 位 / 86,867件 ファンタジー 3,754 位 / 24,851件
文字数 541,692 最終更新日 2019.09.04 登録日 2018.05.31
8
恋愛 完結 ショートショート
恋愛が始まる前のちょっぴり甘いお話。
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 恋愛 22,919 位 / 22,919件
文字数 2,328 最終更新日 2020.11.16 登録日 2020.11.16
個人サークル【玉響さつき庵】発行の個人誌『どうして、その子なの?』サンプルです。(書籍はBOOTHにあります) 都築鮎佳(つづき あゆか)・高1。 真面目でお堅くて、自分に厳しいぶん他人にも厳しい。 責任感は強いけど、融通は利かないし口を開けば辛辣な台詞ばかりが出てくる、キツい子。 それが、他人から見た私、らしい。 「友だちになりたくない女子の筆頭。ただのクラスメートで充分」 こんな陰口言われてるのも知ってる。 うん。私、ちゃんとわかってる。 そんな私が、あの人の恋愛対象に入れるわけもないってこと。 でも、ずっと好きだった。 ずっと、ずっと。十年も、ずっと好きだったのに。 「――どうして、その子なの?」 ずっと好きだった幼なじみに、とうとう彼女ができました。 ☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*☆ 素敵な表紙は香咲まり様作画です。 ◆本文、画像の無断転載禁止◆ No reproduction or republication without written permission.
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 恋愛 22,919 位 / 22,919件
文字数 9,018 最終更新日 2020.02.18 登録日 2020.02.18
10
恋愛 完結 ショートショート
――彼女の背中からはチクタク音がする。幼馴染みの水口に密かな思いを寄せていた南都子だが。女子高生の失恋百合。
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 恋愛 22,919 位 / 22,919件
文字数 3,162 最終更新日 2019.12.30 登録日 2019.12.30
11
BL 完結 ショートショート
Twitterにて #一次創作BL版深夜の真剣60分一本勝負に投稿した作品です 重複投稿:カクヨム、アルファポリス、エブリスタ
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 BL 8,476 位 / 8,476件
文字数 1,708 最終更新日 2019.05.26 登録日 2019.05.26
12
BL 連載中 長編
俊一と凛は幼なじみで、小中高と同じ学校に通っていた。凛は中学生の頃から自分が同性しか好きになれないと知った。 そんな凛が思いを馳せているのが俊一だった。 高二になったある日、凛が同性しか好きになれないと俊一に知られる。 はたして凛の恋の行く末はどうなるのか
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 BL 8,476 位 / 8,476件
文字数 8,155 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.05.01
予想外の恋。 それは、twitterで見付けた一枚のイラスト。 顔も知らない君に、僕は恋をした。 生まれつき身体の弱かった僕は入退院の繰り返しで、学校もまともに通えず友達と呼べる存在も少なかった。 だから、当然恋人と呼べる人もいない。 恋というものは、自分には無縁だと思っていた。 だって僕は、いつまで生きられるか分からないのだから……。 暫くそのイラストを眺めて、”いいね!”ボタンを押すと、その人のページにいって、さっと覗いて……。気付いたら、フォローしてた。 相互フォローとかも、期待してなかったし。この時は、コメントとか書いたりメッセージする気もなかった。 ただ、またそのイラストを見たいと思ったんだ。 それだけ。 それだけだったのに……。 君がフォローを返してくれた瞬間。閉ざしていた窓が開いて、風が駆け抜けて、光が射して、真っ暗闇に閉じ込もって居た僕を照らしてくれたような気がしたんだ。 毎日朝を迎えられる喜び、Twitterを通じて会える幸せ、当たり前の日々を愛おしいと思わせてくれたのは、君でした。 2019年3月30日(土) 投稿・連載開始 丁寧に書き上げたい作品なので亀更新かも知れませんが、よろしくお願いしますm(__)m
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 ライト文芸 3,762 位 / 3,762件
文字数 6,872 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.03.30
13