恋愛 追放小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 追放×
212 12345
1
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『目には目を歯には歯を、婚約破棄には婚約破棄を』 サヴィル公爵家の長女ヒルダはメクスバラ王家の第一王子メイナードと婚約していた。だが王妃の座を狙う異母妹のヘーゼルは色情狂のメイナード王子を誘惑してモノにしていた。そして王侯貴族が集まる舞踏会でヒルダに冤罪を着せて婚約破棄追放刑にする心算だった。だがそれはヒルダに見破られていたのだった。
24hポイント 41,451pt
小説 54 位 / 96,473件 恋愛 43 位 / 26,628件
文字数 9,884 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.02.26
2
恋愛 連載中 長編 R15
──私が君を愛することは、ない。  クロアには前世の記憶がある。前世の記憶によると、ここはロマンス小説の世界でクロアは悪役令嬢だった。けれど、クロアが敗戦国の王に嫁がされたことにより、物語は終わった。  そして迎えた初夜。夫はクロアを愛せず、抱くつもりもないといった。 「イエーイ、これで自由の身だわ!!!」  クロアが喜びながらスローライフを送っていると、なんだか、夫の態度が急変し──!? 「初夜いった言葉を忘れたんですか!?」
24hポイント 34,001pt
小説 65 位 / 96,473件 恋愛 48 位 / 26,628件
文字数 46,830 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.01.09
3
恋愛 完結 短編 R15
アルリナとイルリナは、双子の姉妹である。 顔はそっくりな二人だが、優秀な妹のイルリナに、姉のアルリナはあらゆる面で劣っていた。そのため、両親はイルリナばかり贔屓して、アルリナは罵倒される毎日を送っていた。 しかし、そんな環境でも姉妹の仲は良かった。 イルリナは虐げられるアルリナを慰めて、そんな妹を姉は支えにしていた。 ある時、イルリナは国外追放されることになった。王子の婚約者になった彼女を疎む者達から、無実の罪を着せられてしまったのだ。 そこで、アルリナは彼女の代わりに自分がその罰を受けることにした。顔がそっくりの自分なら、身代わりになれると思ったからである。 こうして、アルリナは国外に追放された。 森でさまようアルリナだったが、そんな彼女に手を差し伸べてくれる人がいた。 それは、隣国の第三王子のソルバンである。 彼に保護されたアルリナは、隣国で生活することになった。 優しい王子の元で、アルリナの第二の人生が始まったのである。
24hポイント 20,504pt
小説 117 位 / 96,473件 恋愛 78 位 / 26,628件
文字数 25,198 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.25
4
恋愛 完結 短編
再婚した父と後妻、そして二人の娘であるリリア。 三人から虐げられてきたレジーネは、ある日、リリアから「お願いがある」と言われ……。
24hポイント 14,272pt
小説 170 位 / 96,473件 恋愛 106 位 / 26,628件
文字数 2,756 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.03.04
5
恋愛 連載中 長編
ある日、私はありもしない罪を聖女様に押し付けられ、婚約者に婚約破棄された挙げ句、魔物の森へ追放されてしまった。絶望していた私が森で出会ったのは、怪我をした幻獣カーバンクル。怪我を手当してあげると、カーバンクルはなんと私を不思議な力で隣国へ転移させてしまった!いろいろあって隣国の冒険者ギルド『銀狼王の盾』に助けられた私は、自立するため、令嬢生活を捨ててギルド内にある喫茶店で働かせてもらうことに。せっかくなので、これは第二の人生だと思って、カーバンクルと一緒に自由を謳歌しようと決意。するといつの間にか人気の看板娘になっていたり、チートな付加魔法が使えることが発覚したり、最強の杖騎士様に溺愛されたりと、私を待っていたのは意外にも幸せな生活で……!?◆◆……え? 婚約破棄は勘違いだから戻ってきてほしい? 能力を国で生かしてほしい? カーバンクルをよこせ!? いえいえ、第二の人生はカーバンクルと自由に生きるって決めたので、国には絶対帰りません!◆◆迫害されていた元ご令嬢クーナが、本当の強さを手に入れて幸せになるお話。【※カクヨム様にも掲載しております】
24hポイント 13,383pt
小説 182 位 / 96,473件 恋愛 112 位 / 26,628件
文字数 166,024 最終更新日 2021.03.04 登録日 2020.09.01
6
恋愛 完結 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」に同時投稿しています。 『無敵の魅了眼で世直しします』  トッテナム王国のバイロン王太子と相思相愛で婚約をしていたテンペスト公爵家令嬢ローズマリーは裁判にかけられていた。王国を簒奪しようとしているタイラー侯爵と、タイラー侯爵の妹である母親のサヴァナ、サヴァナが不義密通を重ねて生んだ妹のセリーナ。この3人の仕掛けた罠で死刑を宣告されそうになっていた。更に3人はローズマリーを囮にしてバイロン王太子を陥れようとしていた。追い込まれたローズマリーは愛するバイロン王太子は命懸けの大魔術を唱えようとしていた。
24hポイント 3,365pt
小説 510 位 / 96,473件 恋愛 257 位 / 26,628件
文字数 9,655 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.02.25
7
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『父上の仇は討たせてもらいます、毒母』 ストラット伯爵家は王家から降嫁してきたシュザンヌという王妹に蝕まれていた。シュザンヌは愛人のジョイシー男爵と結託して夫のストラット伯爵ナタナエルを謀殺していた。ジョイシー男爵も女伯爵となったシュザンヌと決婚するために妻のサビーナを謀殺していた。だが王妹シュザンヌは悪女毒婦だったが、国王のフィリップは正義感を持っていた。妹の暴走を知った国王は王国軍を率いてストラット伯爵領にに行き、妹のシュザンヌとジョイシー男爵家族に厳罰を与えたのだが……
24hポイント 3,210pt
小説 530 位 / 96,473件 恋愛 270 位 / 26,628件
文字数 2,192 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.03.05
8
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『目には目を歯には歯を』 プランケット公爵家の令嬢ユルシュルは王太子から求婚された。公爵だった父を亡くし、王妹だった母がゴーエル男爵を配偶者に迎えて女公爵になった事で、プランケット公爵家の家中はとても混乱していた。家中を纏め公爵家を守るためには、自分の恋心を抑え込んで王太子の求婚を受けるしかなかった。だが求婚された王宮での舞踏会から公爵邸に戻ろうとしたユルシュル、徒党を組んで襲うモノ達が現れた。
24hポイント 3,111pt
小説 546 位 / 96,473件 恋愛 280 位 / 26,628件
文字数 3,480 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.03.04
9
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『我慢にも限度というモノがあるのです』 ファインズ辺境伯家の長女ブリジットは鍛錬という名目で虐待を受けていた。夫のファインズ辺境伯オーギュストを、愛人の騎士アドルフと手を組んで毒殺した母親アドリーヌにだ。アドリーヌはファインズ辺境伯家を自分の思うように動かしたかったから夫をころしたのだ。だが父親に似て誇り高いブリジットはアドリーヌの思い通りには動こうとしなかった。そのためアドリーヌは実の娘のブリジットを正騎士になるための鍛錬による事故死という名目で殺そうとしていたのだ。
24hポイント 2,658pt
小説 627 位 / 96,473件 恋愛 323 位 / 26,628件
文字数 5,362 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.03.02
10
恋愛 連載中 短編 R15
落ちこぼれ聖女だったフィアルカは料理で「ある症状」を救うことができた。 その腕を見込まれて領主と婚約までしたが、あるとき濡れ衣を着せられて婚約破棄され、追放されてしまう。 人にもなれる相棒の俺様オオカミと一緒に、危険な森に足を踏み入れる。 するとそこで、同じく魔物を狩ろうとする青年・ユーリイと出会う。 ユーリイはいかにも貴族に見えるし、わけありの様子。 だがフィアルカの目の前で「ある症状」を発して倒れてしまった。 フィアルカはとっさに、自分の作った保存食を食べさせてユーリイを助ける。 するとユーリイはフィアルカの料理の腕を見込んで助けてほしいと言ってくる。 もう雇われるのはこりごりだと思っていたフィアルカだったが、見捨てることはできず…
24hポイント 2,409pt
小説 680 位 / 96,473件 恋愛 349 位 / 26,628件
文字数 2,462 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.03.05
11
恋愛 連載中 短編 R15
──お前の笑い方は下品だと、言われた。  だから、笑うのをやめた。 ──お前の涙は、鬱陶しいと言われた。  だから、泣くのをやめた。  第二王子の婚約者に、無機質すぎると婚約を解消され、公爵家から追放され、平民になったブレンダは、貴族も通う全寮制の学校に特待生として、通うことになる。  そこで、感情を殺すことをやめた彼女は、無機質ではなく、とても感情豊かな少女で周囲を魅了していく。それは、元婚約者の第二王子も例外ではなく……。
24hポイント 2,307pt
小説 705 位 / 96,473件 恋愛 365 位 / 26,628件
文字数 66,583 最終更新日 2021.02.22 登録日 2020.06.13
12
恋愛 連載中 長編
アメリア・ガーデンは〈聖女〉としての激務をこなす日々を過ごしていた。 ある日突然国王が倒れ、クロード・ベルト皇太子が権力を握る事になる。 翌日王宮へ行くと皇太子からいきなり「お前はクビだ!」と宣告された。 アメリアは聖女の必要性を必死に訴えるが、皇太子は聞く耳を持たずに解雇して国から追放する。 追放されるアメリアを馬鹿にして笑う皇太子。 しかし皇太子は知らなかった。 聖女がどれほどこの国に貢献していたのか。どれだけの人を癒やしていたのか。どれほど魔物の力を弱体化させていたのかを……。 散々こき使っておいて「役立たず」として解雇されたアメリアは、聖女の力を使い国に対して復讐しようと決意する。 【再アップしました!】
24hポイント 2,189pt
小説 733 位 / 96,473件 恋愛 378 位 / 26,628件
文字数 2,254 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.03.05
13
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『目には目を歯には歯を、呪いには呪いを』 ベイリー公爵家の長女マリアンヌはとても幸せだった。幼馴染で王国一の美男子と評判なだけでなく、長剣を持っても王国有数の名手であるマクシミリアン王太子との結婚が正式に決まったのだ。幼い頃から婚約していたが、適齢期になっても互いに何の問題もなく、マリアンヌの十八歳の誕生日を待って挙式することになっていた。だがそれは、日頃から自分は聖女だとアピールして、マクシミリアン王太子の婚約者の座を奪おうとしていた妹のサロメに悪の決断をさせることになった。悪魔女である母親カトリーヌの血を色濃く継ぐサロメは、姉マリアンヌに最悪の呪いをかけたのだった。
24hポイント 1,749pt
小説 883 位 / 96,473件 恋愛 464 位 / 26,628件
文字数 1,147 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.03.06
14
恋愛 連載中 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『心の声に救われました』 アースキン公爵家の令嬢クリステルは激怒していた。 あくどい金貸しで力を付けてきたバカン伯爵家の令嬢セシリアが、事あるごとに婚約者のブルードネル王太子を誘惑するのだ。 憤懣が溜まり過ぎたクリステルが兄のボスヴィルに思いを打ち明けると、ボスヴィルが味方を募って叩き伏せろと助言してくれた。借金でで苦しめられている下級貴族が味方してくれるという。 兄の言葉に従ってセシリアを叩き潰す気になったクリステルの心に、どこからともなく声が聞こえてきた。
24hポイント 1,691pt
小説 915 位 / 96,473件 恋愛 479 位 / 26,628件
文字数 8,920 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.02.27
15
恋愛 完結 短編
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」に同時投稿しています。 第2章、後日談と悪女の陰謀反撃を書くことにしました。
24hポイント 1,526pt
小説 988 位 / 96,473件 恋愛 521 位 / 26,628件
文字数 52,967 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.01.30
16
恋愛 連載中 長編
大学生だったルナはある日、突然異世界に聖女として召喚された。 しかしそれから五年、突然聖女の能力(精霊と会話する力)が使えなくなる。 すると、王族や神官達は新しい聖女を召喚しようとし、用済みになったルナは聖獣とともに逃げるように国を去る。 失意の末に向かったのは、隣国の寂れた集落。 隣国シャンバラは、内乱と大干ばつにより土地が荒れ、食料不足に苦しんでいた……。
24hポイント 1,407pt
小説 1,045 位 / 96,473件 恋愛 549 位 / 26,628件
文字数 90,253 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.02.05
17
恋愛 完結 長編 R18
聖女候補のジゼルは、不名誉な噂を立てられ「聖女候補失格である」と告げられる。 ジゼルは聖女になどなりたくなかったので、これ幸いと王都を離れ、自領地の修道院で働くことにした。 のびのびアグリライフを謳歌していたジゼルは、ある日、薄汚れた死にかけの犬を拾う。 一命を取り留めた犬に、ジゼルはイザックと名をつけて可愛がり、イザックもまたジゼルに懐いて片時も離れなかった。だが、なぜか司祭様は「その獣は部屋に入れてはならない」と言う。でもモフモフしたいジゼルは、毎晩こっそりとイザックを自分のベッドに招き入れて……。 タイトルがネタバレのテンプレ、ラブコメです。呪われてますが切なさ皆無……のはずでしたが、ちょこっと切なさもありつつラブコメです。 ■本編完結しました。ありがとうございました。番外編の投稿を予定しています。 ■表紙絵はまるぶち銀河さま(Twitter→@maru_galaxy)に頂きました😊ありがとうございます✨ わんこ!もふもふ! ■初出・ムーンライトノベルズ(本編終話を一部加筆しています)
24hポイント 1,171pt
小説 1,216 位 / 96,473件 恋愛 641 位 / 26,628件
文字数 54,219 最終更新日 2021.02.01 登録日 2021.01.24
18
恋愛 連載中 短編
色んな回復アイテムを生み出せるエメラダは、冒険者パーティ内で生命線として活動をしていた。しかし…… 「新しい支援役が出来たから、お前は不要だ。消えろ」 パーティのリーダーから一方的に追放されてしまった。新しい支援役の女性はどうやら、リーダーの恋人の模様。支援役は何人居ても困らないはず、とエメラダは言ったが、以前にリーダーからの告白を断っていたという理由を明かされ、嫌がらせとして追放されてしまう。 仕方がないので、エメラダは冒険者を引退し、薬屋として自分の能力を活かすことにした。これが大繁盛し、王子様の耳にも届くことになる。そして、王子様の支援を受けられるようになり、国一番の薬屋としての道を歩むのだった。 ところで、エメラダを追放したパーティは新しく入った支援役の能力不足もあり、どんどん衰退していくことになる。
24hポイント 1,166pt
小説 1,218 位 / 96,473件 恋愛 643 位 / 26,628件
文字数 17,502 最終更新日 2020.09.01 登録日 2020.07.25
19
恋愛 完結 短編
「追放刑を受けました。形ばかりの婚姻でしたが、大変お世話になりました。離婚届は寝室の引き出しの一番上に入れてありますから、いつでも使ってください」 「え? 離婚なんてしないよ」
24hポイント 1,102pt
小説 1,266 位 / 96,473件 恋愛 668 位 / 26,628件
文字数 43,659 最終更新日 2020.10.18 登録日 2020.09.26
20
恋愛 完結 短編
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」に同時投稿しています。 「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」に同時投稿しています。  リバコーン公爵家の長女ソフィアは、全貴族令嬢10人の1人の聖獣持ちに選ばれたが、その聖獣がこれまで誰も持ったことのない小さく弱々しいトカゲでしかなかった。それに比べて側室から生まれた妹は有名な聖獣スフィンクスが従魔となった。他にもグリフォンやペガサス、ワイバーンなどの実力も名声もある従魔を従える聖女がいた。リバコーン公爵家の名誉を重んじる父親は、ソフィアを正室の領地に追いやり第13王子との婚約も辞退しようとしたのだが……  王立聖女学園、そこは爵位を無視した弱肉強食の競争社会。だがどれだけ努力しようとも神の気紛れで全てが決められてしまう。まず従魔が得られるかどうかで貴族令嬢に残れるかどうかが決まってしまう。
24hポイント 1,022pt
小説 1,341 位 / 96,473件 恋愛 706 位 / 26,628件
文字数 51,808 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.21
21
恋愛 連載中 長編
辺境伯爵子息のアルトは召喚士でありながら魔獣を服従することができない出来損だった。 召喚できるのも低級魔獣のみで、パーティーリーダーには婚約者を奪われ虐げられていた。 ある日、リーダーと仲間に騙される形で魔獣の生贄にされ捨てられてしまう。 「お前は真の仲間じゃない!せめて最後ぐらい役に立て!」 アルトは追剥のように杖も使い魔も奪われ、危険なダンジョンに捨てられてしまうのだが、ドワーフに救われる。 一方、アルトを捨てダンジョンを攻略したと思っていたはずのパーティーメンバーだったが、契約していた精霊が暴走してしまい、これまで順調だった彼等は窮地に追い込まれてしまう。 何故なら、アルトは今まで精霊を服従させることなく心を通わせていたからだった。 一方、優しいドワーフに保護されたアルトはドワーフの為にお酒を求めて森を散策していた。 そこで一人の少女で出会うのだった。
24hポイント 972pt
小説 1,402 位 / 96,473件 恋愛 734 位 / 26,628件
文字数 16,281 最終更新日 2021.01.31 登録日 2021.01.22
22
恋愛 完結 長編 R18
婚約者に殴られた衝撃で、突如前世の記憶を思い出したレジーナ。 前世と比べ、王妃候補としての生活がどれだけ窮屈なものだったか知ってしまった。 潔白の証明なんて面倒なことをするより、さっさと解放されたい! 追放宣告を承諾し、さぁ第二の人生スタート! と浮かれて海を目指したのも束の間、見知らぬイケメンに拉致されてしまった。 連れていかれた先はなんと海賊船。 このまま海賊たちの慰み者になってしまうのか――? 絶望するレジーナをよそに、海賊たちは陽気で親切。 手を出されることもなく、むしろ褒められ守られ大事にされるばかり。 王宮暮らしよりも伸び伸び暮らせて、その上無駄に鍛えた剣の腕も活かせそう。 これってもう海賊として生きた方が楽しいのでは? そう気付いてレジーナは海賊として生きることにした。 ※短編集に短編一本投稿しました。作者ページ作品リストからご覧いただけますので良かったら読んでみてください。
24hポイント 946pt
小説 1,437 位 / 96,473件 恋愛 747 位 / 26,628件
文字数 160,796 最終更新日 2020.09.21 登録日 2020.07.18
23
恋愛 完結 ショートショート
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」に同時投稿しています。 『父性愛に目覚めました』 ダウンシャー公爵フランシスは親友だと思っていた幼馴染で主治医のブランデル男爵に毒殺されかけていた。そのダウンシャー公爵が死ぬ寸前にある男の魂が宿り死を免れた。男は自分が乙女ゲーム制作者でこの世界が自分の作ったゲームの世界だと思いだした。妻が王国転覆を企むジェラルド侯爵と浮気してダウンシャー公爵を殺し、王太子の婚約者だったダウンシャー公爵令嬢のシェリルに王国転覆を企む悪女の汚名を着せて王家とダウンシャー公爵を戦わせる設定だった。だがダウンシャー公爵と融合した父性愛に目覚めた男は娘を助けるために戦う事を決意する。
24hポイント 901pt
小説 1,507 位 / 96,473件 恋愛 781 位 / 26,628件
文字数 9,734 最終更新日 2021.03.04 登録日 2021.02.24
24
恋愛 連載中 長編
「私、魔女なんかじゃない!」  そう叫んだ声は誰にも拾われないまま、王太子の妃候補だったレダリカは、その王太子を呪った“魔女”として追放されてしまった。  何が起きたのか、レダリカ自身にもわからなかった。彼女はただ、妹ルゼの自由奔放さを羨みながらも、王太子の婚約者として栄光と努力を積み重ねていただけだったのに。  それなのに、ある朝突如『王太子を呪った魔女』という濡れ衣を着せられ、投獄された。そして僻地“日没の森”へと、身ひとつで追放されてしまったのだ。  残してきた妹ルゼの身を心配しながらも、森の城に住む魔法使いフラウリッツに助けられたレダリカ。しかし連れてこられた魔法使いの城で、よりにもよって王太子とルゼが共謀して、自分を裏切っていたことを知ってしまう。  悲嘆にくれたレダリカは決意した。このまま本当に魔女となって、自分を陥れた者たちに報復してやろうと。  というわけで。 「弟子にして、フラウリッツ」  カールロット公爵令嬢レダリカ、この時をもって王家に仇なす魔女を志すこととする。  ……それにしても、このフラウリッツとかいう魔法使いとその仲間たちの、ゆるいことといったら。
24hポイント 796pt
小説 1,638 位 / 96,473件 恋愛 842 位 / 26,628件
文字数 168,970 最終更新日 2021.03.05 登録日 2020.10.10
25
恋愛 完結 長編
公爵令嬢である私シルア・アリュシオンはアドラント王国第一王子クリストフと政略婚約していたが、私だけが精霊と会話をすることが出来るのを、あろうことか悪魔と話しているという言いがかりをつけられて婚約破棄される。 しかもクリストフはアイリスという女にデレデレしている。 王宮を追い出された私だったが、地水火風を司る四大精霊も私についてきてくれたので、精霊の力を借りた私は強力な魔法を使えるようになった。 そして隣国マナライト王国の王子アルツリヒトの招待を受ける。 一方、精霊の加護を失った王国には次々と災厄が訪れる。 ※「小説家になろう」「カクヨム」から転載
24hポイント 773pt
小説 1,671 位 / 96,473件 恋愛 856 位 / 26,628件
文字数 80,766 最終更新日 2020.07.17 登録日 2020.07.06
26
恋愛 連載中 長編 R15
ゲーム好きの獣医、綾川詩織は事故にあい異世界に転生した。彼女が転生したのは神獣に守護された王国ファリーン。公爵家の令嬢ルナとして転生した詩織は16歳の時、王太子のジェラルドに婚約破棄を言い渡される。いわれのない罪まで背負わされて国を追われるルナだったが、それを知った神獣セイランは激怒する。彼女はかつてセイランの子を治療し、命を救った恩人だったのだ。王家は騒然となり彼女を呼び戻そうと奔走するが、ルナは『獣の治癒者』の称号と前世でやり込んでいたゲームキャラのスキルの力で気ままに旅を続けていく。 ☆いつもお読み頂きましてありがとうございます。皆さんの応援のお蔭でこの作品の第二巻が発売されることになりました。発売は2月下旬になります。また、それに伴って該当部分が取り下げられています。ご容赦くださいませ。
24hポイント 717pt
小説 1,775 位 / 96,473件 恋愛 908 位 / 26,628件
文字数 356,527 最終更新日 2020.08.10 登録日 2019.01.18
27
恋愛 完結 短編
「稀代の大聖女が聞いて呆れる。フィアナ・イースフィル、君はこの国の聖女に相応しくない。職務怠慢の罪は重い。無能者には国を出ていってもらう。当然、君との婚約は破棄する」 アウゼルム王国の第二王子ユリアンは聖女フィアナに婚約破棄と国家追放の刑を言い渡す。 フィアナは侯爵家の令嬢だったが、両親を亡くしてからは教会に預けられて類稀なる魔法の才能を開花させて、その力は大聖女級だと教皇からお墨付きを貰うほどだった。 そんな彼女は無能者だと追放されるのは不満だった。 なぜなら―― 「君が力を振るうと他国に狙われるし、それから守るための予算を割くのも勿体ない。明日からは能力を1%に抑えて出来るだけ働くな」 何を隠そう。フィアナに力を封印しろと命じたのはユリアンだったのだ。 彼はジェーンという国一番の美貌を持つ魔女に夢中になり、婚約者であるフィアナが邪魔になった。そして、自らが命じたことも忘れて彼女を糾弾したのである。 国家追放されてもフィアナは全く不自由しなかった。 「君の父親は命の恩人なんだ。私と婚約してその力を我が国の繁栄のために存分に振るってほしい」 隣国の王子、ローレンスは追放されたフィアナをすぐさま迎え入れ、彼女と婚約する。 一方、大聖女級の力を持つといわれる彼女を手放したことがバレてユリアンは国王陛下から大叱責を食らうことになっていた。
24hポイント 681pt
小説 1,850 位 / 96,473件 恋愛 938 位 / 26,628件
文字数 36,326 最終更新日 2021.01.07 登録日 2020.12.12
28
恋愛 完結 短編 R15
代々聖女の家系であるアウルメナス伯爵家の長女として生まれたミネアは双子の妹であるジルと比べて魔力が圧倒的に少なく、聖女には成れなかったので、虐げられて過ごしてきた。 それでもミネアは努力して、自然界の力を自分の力に変換する精霊術を修得して妹をも上回る力を手に入れたが、両親には認められずにいた。 「ミネア、お前はジルの代わりに人質としてベルゼイラ王国に行くのだ」 アウルメナス伯爵によると敵国であるベルゼイラ王国は休戦の条件として聖女の身柄を要求してきたとのこと。 国王と話し合った結果、ミネアが聖女である妹の身代わりとして人質になることが決定する。 食事も満足に得られていないミネアはここに居ても地獄だと、それを了承して敵国の人質となることに。 「聖女ジルよ。予言に従って君と結婚したい」 しかし、敵国で待っていたのはその国の第二王子からの熱烈なプロポーズだった。 ミネアは思っていた人質生活と全く違うことに困惑する。 王子の勢いに押されて婚約してしまう彼女だが、聖女ジルでないとバレれば婚約破棄どころでは済まないのでは、とドキドキしながら新たな生活をスタートするのだった。
24hポイント 610pt
小説 2,026 位 / 96,473件 恋愛 1,017 位 / 26,628件
文字数 21,281 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.11.27
29
恋愛 連載中 長編
「リルディア・フォン・シャルナディーク。 貴女の伯爵家令嬢としての身分、権限、それらの全てをここで剥奪します!」 王女殿下による一言で、リルディアは何処かも分からない薄気味の悪い森の中へと捨てられた────。 後あっさり殺されてしまう。 「いえ、どうして悪役扱いされているのかも分かっていないのですが?!」 状況把握すら出来ていないまま事態は進んでいき、何も分からないまま殺された次の瞬間。 「…え、生き返って、いえ。時間が巻き戻っている?」 しかも、リルディアと一緒に殺された綺麗な顔をした魔法使いの少年。 死ぬ前は一言も口を利いてくれなかったというのに、2回目からは何故かぐいぐい来る。 リルディアのことを揶揄っているのか、助けてくれているのか分からない彼は、性格が悪いとも、腹黒だとも言い切れない。 けれどこれだけは言えます。 「ぜっっったいに意地悪です!!ええ、とても、とびきりに!!」 だけど、今度こそは貴方と二人で生き残りたい。
24hポイント 555pt
小説 2,172 位 / 96,473件 恋愛 1,090 位 / 26,628件
文字数 29,429 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.02.26
30
恋愛 連載中 短編
絶世の美女 それが私だ。でも、周りからは本当に容姿しか見て貰えない。それが余りにも辛くて、私はおまじないに手を出した。それは、人の見た目を変えるというもの。 美を失った私は、利用価値のないものとして、両親に罵倒され家を追い出された。 行く当てもなく、彷徨う私の目の前に現れたのは1人の青年。彼の心遣いで、住み込みで働かせてもらうことになるが。 名を捨て、新たな人生を歩むことを決めた。そんな私の将来は、どんな色が広がるのだろう。
24hポイント 418pt
小説 2,747 位 / 96,473件 恋愛 1,319 位 / 26,628件
文字数 6,732 最終更新日 2020.10.16 登録日 2020.10.08
31
恋愛 完結 短編
「お前のような嫉妬深い蛇のような女を妻にできるものか。婚約破棄だアイリスフィア!僕は聖女レノアと結婚する!」 「そんな!ジルク様、貴男に捨てられるぐらいなら死んだ方がましです!」 「ならば今すぐ死ね!お前など目障りだ!」  公爵令嬢アイリスフィアは泣き崩れ、そして聖女レノアは冷たい目で告げた。 「でもアイリ様を薬で洗脳したのはジルク王子貴男ですよね?」
24hポイント 369pt
小説 3,071 位 / 96,473件 恋愛 1,458 位 / 26,628件
文字数 27,538 最終更新日 2020.12.14 登録日 2020.11.07
32
恋愛 連載中 長編 R15
「私と結婚してほしい」真っ直ぐな飾り気のない求婚は、自分の犯した罪深さを思い知らせるものだった。この人の厚い胸に飛び込んで、助けて、と言えたのなら、きっと彼は叶えてくれるだろう。__全てを知らず。 いわゆる令嬢として何不自由ない生活を送ってきたキルシェだが、利発さが災いし、父に疎まれ虐げられてきた半生だった。 そんな彼女が厳しい父に反対されることもなく帝都の大学に在籍することができたのは、父にとって体の良い追放処置だから。ある日、担当教官からとある学生の指導を頼まれた。志を持って暇をもらい、学を修めている青年龍騎士のリュディガーである。 ふたりはやがて心を通わせ合うが、絶対的な父の影がちらつくキルシェは多くを明かさないまま、リュディガーの前から消えた。 しかし、ふたりの物語はそこで終わりにはならなかった__。 制約が多く全てを明かせない訳ありの追放令嬢と、志を抱いた愚直な騎士が紡ぐ恋物語。 ※他サイト様にも連載中 ※「【完結】わするるもの 〜龍の騎士団と片翼族と神子令嬢〜」と同じ世界観で、より前の時代の話ですが、こちらだけでもお楽しみいただける構成になっています。
24hポイント 313pt
小説 3,542 位 / 96,473件 恋愛 1,624 位 / 26,628件
文字数 189,642 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.01.16
33
恋愛 完結 長編 R15
精霊の加護を受け、普通の人には見る事も感じる事も出来ない精霊と、会話が出来る少女リディア。 聖女として各地の精霊石に精霊の力を込め、国を災いから守っているのに、突然第四王女によって追放されてしまう。 暫くは精霊の力も残っているけれど、時間が経って精霊石から力が無くなれば魔物が出て来るし、魔導具も動かなくなるけど……本当に大丈夫!? 一先ず、この国に居るとマズそうだから、元聖女っていうのは隠して、別の国で趣味を活かして生活していこうかな。 ※第○話:主人公視点  挿話○:タイトルに書かれたキャラの視点  となります。
24hポイント 312pt
小説 3,557 位 / 96,473件 恋愛 1,630 位 / 26,628件
文字数 129,508 最終更新日 2020.10.08 登録日 2020.07.03
34
恋愛 連載中 長編
 ブッフェトガルト王国の第二王子であるフランサと婚約していたバーンハルト伯爵の娘、エウロペ。  しかし、陰謀に巻き込まれた伯爵が、不正を働いたとして捕まってしまった上、不正を働いた人の娘とは結婚出来ないと婚約は破棄されてしまう。  その後エウロペは、フランサの侍女の助言により、辺境伯を頼ろうと旅に出たのだが……
24hポイント 305pt
小説 3,638 位 / 96,473件 恋愛 1,654 位 / 26,628件
文字数 14,218 最終更新日 2021.01.27 登録日 2021.01.23
35
恋愛 完結 短編 R15
ボルメルン王国の聖女、クラリス・マーティラスは王家の血を引く大貴族の令嬢であり、才能と美貌を兼ね備えた完璧な聖女だと国民から絶大な支持を受けていた。 代々聖女の家系であるマーティラス家に仕えているネルシュタイン家に生まれたエミリアは、大聖女お付きのメイドに相応しい人間になるために英才教育を施されており、クラリスの側近になる。 クラリスは能力はあるが、傍若無人の上にサボり癖のあり、すぐに癇癪を起こす手の付けられない性格だった。 それでも、エミリアは家を守るために懸命に彼女に尽くし努力する。クラリスがサボった時のフォローとして聖女しか使えないはずの結界術を独学でマスターするほどに。 そんな扱いを受けていたエミリアは偶然、落馬して大怪我を負っていたこの国の第四王子であるニックを助けたことがきっかけで、彼と婚約することとなる。 幸せを掴んだ彼女だが、理不尽の化身であるクラリスは身勝手な理由でエミリアをクビにした。 さらに彼女はクラリスによって第四王子を助けたのは自作自演だとあらぬ罪をでっち上げられ、家を潰されるかそれを飲み込むかの二択を迫られ、冤罪を被り国家追放に処される。 絶望して隣国に流れた彼女はまだ気付いていなかった、いつの間にかクラリスを遥かに超えるほどハイスペックになっていた自分に。 そして、彼女こそ国を守る要になっていたことに……。 エミリアが隣国で力を認められ巫女になった頃、ボルメルン王国はわがまま放題しているクラリスに反発する動きが見られるようになっていた――。
24hポイント 298pt
小説 3,701 位 / 96,473件 恋愛 1,687 位 / 26,628件
文字数 43,500 最終更新日 2020.09.01 登録日 2020.07.17
36
恋愛 完結 長編
各務紗奈(カガミサナ)は異世界に聖女として召喚された。 だが、サナには低ランクの闇魔法適性しかなかった。 「そんなのが豊穣の聖女であるはずがない」と追放され、更には奴隷として売られてしまった。 サナは成り行きで銀髪の狼獣人、リベリオに助けられ、獣人の国アニムニアで暮らすことに。 常夏のアニムニアで、サナはおばあちゃんから教わったレシピと、闇魔法を駆使して、涼しい空間と冷たい飲み物を提供するカフェを開くことにしたのだが── ※序盤に少しだけ辛いシーンがあります。 獣人は基本耳と尻尾のみです。
24hポイント 298pt
小説 3,701 位 / 96,473件 恋愛 1,687 位 / 26,628件
文字数 158,266 最終更新日 2021.02.14 登録日 2020.06.27
37
恋愛 完結 短編 R15
生まれつき高い魔力を持って生まれたアルゼオン侯爵家の令嬢アレインは、厳しい教育を受けてエデルタ皇国の聖女になり皇太子の婚約者となる。 しかし、皇太子は絶世の美女と名高い後輩聖女のエミールに夢中になりアレインに婚約破棄を求めた。 アレインは断固拒否するも、皇太子は「真実の愛に目覚めた。エミールが居れば何もいらない」と口にして、その証拠に国家予算の半分を慰謝料として渡すと宣言する。 後輩聖女のエミールは「気まずくなるからアレインと同じ仕事はしたくない」と皇太子に懇願したらしく、聖女を辞める退職金も含めているのだそうだ。 婚約破棄を承諾したアレインは大量の金塊や現金を規格外の収納魔法で一度に受け取った。 そして、実家に帰ってきた彼女は王族との縁談を金と引き換えに破棄したことを父親に責められて勘当されてしまう。 仕事を失って、実家を追放された彼女は国外に出ることを余儀なくされた彼女は法外な財力で借金に苦しむ獣人族の土地を買い上げて、スローライフをスタートさせた。 エデルタ皇国はいきなり国庫の蓄えが激減し、近年魔物が増えているにも関わらず強力な聖女も居なくなり、急速に衰退していく。
24hポイント 291pt
小説 3,768 位 / 96,473件 恋愛 1,712 位 / 26,628件
文字数 20,114 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.11.05
38
恋愛 完結 短編
容姿が醜く聖女としての力が弱いリローナ。 リローナは聖女と言うだけで縁談を申し出てきた王子と婚約していた。 ある日違う聖女が現れ、王子はリローナとの婚約を破棄し国外追放してしまう。 リローナには秘密があった… 幼い頃に占い師に呪いで愛する者が死んでいくと言われていた。 その呪いが解かれた時、リローナの本当の正体が明かされる。
24hポイント 291pt
小説 3,768 位 / 96,473件 恋愛 1,712 位 / 26,628件
文字数 21,203 最終更新日 2021.02.08 登録日 2020.08.14
39
恋愛 完結 短編
「私、竜の運命の番だったみたいなのでこのまま去ります! あなたは私に構わず聖女の物語を始めてください!」 ……聖女候補として長年修行してきたティターニアは王子に婚約破棄された。 しかしティターニアにとっては願ったり叶ったり。 何故なら王子が新しく婚約したのは、『乙女ゲームの世界に異世界転移したヒロインの私』を自称する異世界から来た少女ユリカだったから……。 少女ユリカが語るキラキラした物語――異世界から来た少女が聖女に選ばれてイケメン貴公子たちと絆を育みつつ魔王を倒す――(乙女ゲーム)そんな物語のファンになっていたティターニア。 つまりは異世界から来たユリカが聖女になることこそ至高! そのためには喜んで婚約破棄されるし追放もされます! わーい!! しかし選定の儀式で選ばれたのはユリカではなくティターニアだった。 これじゃあ素敵な物語が始まらない! 焦る彼女の前に、青赤瞳のオッドアイ白竜が現れる。 運命の番としてティターニアを迎えに来たという竜。 これは……使える! だが実はこの竜、ユリカが真に狙っていた隠しキャラの竜大王で…… ・完結しました。これから先は、エピソードを足したり、続きのエピソードをいくつか更新していこうと思っています。 ・お気に入り登録、ありがとうございます! ・もし面白いと思っていただけましたら、やる気が超絶跳ね上がりますので、是非お気に入り登録お願いします! ・hotランキング10位!!!本当にありがとうございます!!! ・hotランキング、2位!?!?!?これは…とんでもないことです、ありがとうございます!!! ・お気に入り数が1700超え!物凄いことが起こってます。読者様のおかげです。ありがとうございます! ・お気に入り数が3000超えました!凄いとしかいえない。ほんとに、読者様のおかげです。ありがとうございます!!! ・感想も何かございましたらお気軽にどうぞ。感想いただけますと、やる気が宇宙クラスになります。
24hポイント 291pt
小説 3,768 位 / 96,473件 恋愛 1,712 位 / 26,628件
文字数 32,232 最終更新日 2020.08.13 登録日 2020.08.03
40
恋愛 完結 短編
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。  マクリントック公爵家の長女カチュアは、婚約者だった王太子に斬られ、顔に醜い傷を受けてしまった。王妃の座を狙う妹が王太子を魅了して操っていたのだ。カチュアは顔の傷を治してももらえず、身一つで辺境に追放されてしまった。
24hポイント 284pt
小説 3,865 位 / 96,473件 恋愛 1,749 位 / 26,628件
文字数 27,221 最終更新日 2020.05.25 登録日 2020.04.30
212 12345