歴史・時代 江戸時代小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 江戸時代×
28
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  平山清記は、足元に斃れた女を一瞥して、そう呟いた。  初めて惚れた女だった。しかし、斬れと命じられた。  女は好いた男と脱藩したのだ。斬らねば、自分の将来がない。  だから、斬った。自らの心と共に――。  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、組織からも人の心からも腐敗臭を放ちだした頃。  魔剣・念真流の次期宗家である平山清記は、夜須藩を守る刺客として、鬱々とした日々を過ごしていた。  念真流の奥義〔落鳳〕を武器に、無明の闇を遍歴する清記であったが、門閥・奥寺家の剣術指南役を命じられた事によって、執政・犬山梅岳と中老・奥寺大和との政争に容赦なく巻き込まれていく。  己の心のままに、狼として生きるか?  権力に媚びる、走狗として生きるか?  悲しき剣の宿命という、筑前筑後オリジンと呼べる主旨を真正面から描いたハードボイルド時代小説にして、アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に繋がる、念真流サーガのエピソード1。 ――受け継がれるのは、愛か憎しみか―― ※この作品は「天暗の星」を底本に、9万文字を25万文字へと一から作り直した作品です。現行の「狼の裔」とは設定が違う箇所がありますので注意。
24hポイント 327pt
小説 2,547 位 / 68,182件 歴史・時代 19 位 / 782件
文字数 155,826 最終更新日 2020.04.03 登録日 2020.01.26
時は幕末。身近な人の死や借金取りなどの不幸に追い詰められ自殺を決意した加恵の前に浅葱色を基調とした羽織袴の男が現れる。 男は衰弱しきった加恵を宿まで運び、銭を握らせてこう言った。「素直に親切を受けろ」と。 死ぬつもりだったのに成り行きに身を任せているうちに生きる気力が湧いてきた加恵は………
24hポイント 285pt
小説 2,859 位 / 68,182件 歴史・時代 24 位 / 782件
文字数 10,180 最終更新日 2020.04.03 登録日 2020.03.30
「天明の夜明け」が長くなり過ぎましたので、いったん切りました。
24hポイント 255pt
小説 3,155 位 / 68,182件 歴史・時代 31 位 / 782件
文字数 39,552 最終更新日 2020.03.25 登録日 2020.03.14
4
歴史・時代 連載中 長編 R15
玄界灘。 この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。 人の命でさえも――。 九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を盗み出して脱藩したと知らされる。大楽は脱藩の裏に政争の臭いを嗅ぎつけるのだが――。 賄賂、恐喝、強奪、監禁、暴力、拷問、裏切り、殺人――。 開国の足音が聞こえつつある田沼時代の玄界灘を舞台に、禁じられた利を巡って繰り広げられる死闘を描く、アーバンでハードボイルドな時代小説! 美しくも糞ったれた、江戸の犯罪世界をご堪能あれ!
24hポイント 221pt
小説 3,585 位 / 68,182件 歴史・時代 38 位 / 782件
文字数 16,759 最終更新日 2020.04.03 登録日 2020.04.01
江戸の町奉行だった、暖才善右衛門。 哀れ真面目過ぎたが故に江戸を放逐され、人っ子一人居ない僻地の宿場町へと追いやられる。 そうしてたどり着いた誰もいないはずのその町で、善右衛門は一匹の化け狸と出会う。 どうやらその狸は暖才善右衛門のことを知っているようで……? そんな化け狸との出会いから始まる、古の日本を舞台とした妖怪と神々が入り交じる風変わりな日々の中で奉行、暖才善右衛門は今日も沙汰を下すのだった。
24hポイント 106pt
小説 5,411 位 / 68,182件 歴史・時代 53 位 / 782件
文字数 182,341 最終更新日 2020.04.01 登録日 2019.04.17
「息をするように人を斬る」 刺客の子として生まれた平山小弥太は、父と共に殺しの旅に出た。 念真流という一族の秘奥を武器に、行く先々で人を斬って生き血を浴び、獣性を増しながら刺客として成長していく。 少年期の「小弥太篇」と元服後の「雷蔵篇」からなる、天暗の宿星を背負って生まれた少年の、血塗られた生を描く、第一回アルファポリス歴史時代小説大賞の特別賞を受賞した、連作短編集。その完全版が登場!! ――受け継がれたのは、愛か憎しみか―― ※小説家になろう・カクヨムにも掲載中。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「本朝徳河水滸伝」題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 42pt
小説 8,817 位 / 68,182件 歴史・時代 80 位 / 782件
文字数 514,396 最終更新日 2017.11.22 登録日 2017.01.19
 滝川三九郎一積は、織田信長の重臣であった滝川一益の嫡孫である。しかし、父の代に没落し、今は浪人の身であった。彼は、柳生新陰流の達人であり、主を持たない自由を愛する武士である。  三九郎は今、亡き父の遺言により、信州上田へと来ていた。そして、この上田でも今、正に天下分け目の大戦の前であった。その時、三九郎は、一人の男装した娘をひょんな事から助けることとなる。そして、その娘こそ、戦国一の知将である真田安房守昌幸の娘であった。  上田平を展望する三九郎の細い瞳には何が映って見えるのだろうか?これは、戦国末期を駆け抜けた一人の歴史上あまり知られていない快男児の物語である。
24hポイント 42pt
小説 8,817 位 / 68,182件 歴史・時代 80 位 / 782件
文字数 139,993 最終更新日 2018.11.10 登録日 2018.11.10
「てめえには欠点がある。それがわかるまで、俺の下で人生修行だ。」 上州勢多郡馬場村の孝市郎はその一言で、両親から引き離され、上州博徒の巨魁、大前田栄五郎の部屋住みとなる。孝市郎は、幼いころ評判の乱暴者だった。だが卓玄和尚の学問のおかげで人のことを考える生き方を志すようになった。乱暴な振る舞いも減り、幼き日にいじめた兵造とも今は友達になれている。通う本間念流の道場でも孝市郎は、年長者からもほめられていた。「正義感が強いから道を踏み外さず生きていける。」と。間違いがあったとしても、大きく間違えてはいないはずだ。そう思う孝市郎だが、栄五郎は「いらん口を叩くな。」と拳固をくれるばかりだ。  孝市郎の欠点とは。  そして、何ゆえに正義感の強い少年だった孝市郎は無宿となるのか。  訂正:十六にて「上総の源七」とあるのを「間の川の政五郎」に修正しました。私のミスです。
24hポイント 42pt
小説 8,817 位 / 68,182件 歴史・時代 80 位 / 782件
文字数 156,159 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.04.12
9
歴史・時代 完結 ショートショート R15
忍者は汚い仕事をこなす すべては里の為に
24hポイント 21pt
小説 12,944 位 / 68,182件 歴史・時代 114 位 / 782件
文字数 2,100 最終更新日 2020.03.10 登録日 2020.03.10
10
歴史・時代 連載中 ショートショート
 時は江戸。将軍秀忠の時代、上野に診療所を開く顔立ちが整った男は何故か刀を持っている。  何を隠そうこの男は、医師でありながら将軍家縁者であったのだ。 この作品はフィクションです この作品は通常毎週土曜日更新です。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 2,840 最終更新日 2020.03.28 登録日 2020.02.22
江戸時代/微ホラー/微ファンタジー/微SF/逃走/神隠し/etc. 【時代物ファンタジー/SF】  世は徳川幕府の権力下に置かれた江戸時代。 巷では神隠しと評される児童失踪事件が相次いで起きていた。 それが、一人の児童が消えたのを最後に、10年余りなりを潜めることとなる。  世捨て人の茅は、廃れた村跡で暮らしていたが、ある時、倒れている少年を拾う。 彼は「月」から逃げてきた、と茅に助けを求めるのだった。  神隠しに遭った少年と、元科学者助手の世捨て人は、「月」の正体を暴いていくこととなる。 *不定期更新。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 方言に尽きましては、明確に何処のものとは決まっておらず、作者が適当に方言ぽい感じを出しているだけです。ご了承下さいませ。 以上のことご理解頂けたらと思います。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 10,735 最終更新日 2018.07.07 登録日 2018.07.07
【忍者だって 転職 したい!!】 明暦4年。 江戸で口入屋を営む青年・一成(いちなり)は、 道で行き倒れていた伊賀の抜け忍の女・名無し(ななし)に出会う。 ひょんなことから名無しにいつかれてしまうも、 仕事をする条件で同居を許可した一成。 しかし、名無しは仕事もまともにできない問題視で、 すぐにクビになってしまう日々が続いていた。 まったく反省しない名無しに呆れる一成。 その一方で、江戸ではひそかに『辻斬り』が横行していた。 名無しは辻斬りを恐れた同心から警護を頼まれ、 ノリノリで仕事に応じたが……
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 11,333 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.04.24
——「人はばけもの」。世の中で一番恐ろしくて怖いものは、幽霊や鬼なんかじゃない。生きている人間の思い込みだよ。  時は江戸後期。  唐人屋敷を舞台に蘭癖美青年と新米唐通事が事件解決に向けて奔走する。  現在、カテゴリを「歴史・時代」としていますが、「キャラ文芸」または「ミステリー」に変更する可能性があります。  「カクヨム」「小説家になろう」にも投稿中。  原題「若様は噂話がお好き」  表紙は「かんたん表紙メーカー」様HPで作成しました。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 48,034 最終更新日 2020.03.30 登録日 2020.03.08
 八幡神社裏のお稲荷さんに願掛けをすると恋の願いが叶う。そんな噂を聞きつけて、神社の縁日にやってきた仙台藩士の娘、佐保は奇抜な身なりをした若者と会う。見た目とは違い、思いやりのある態度に好感を抱くがなにやら彼には秘密があるようで……
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 98,321 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.04.30
「書棚を見せてもろうてもよろしいか。勿論触ったりせんよって」  高価で貴重な書を繙かせてもらえるとはさすがに思わないが、学で身を立てているというこの男がどんな書を揃えているのか。書を好む者なら、せめてそれだけでも知りたいと思うのが人情だろう。  少し間があった。 「題簽を眺めて意味があるか」  言葉に刀身の閃きを観たような気がした。ぞくりと、背を何かが走る。  男は真っ直ぐに源佐を見据えている。 「書は珍しい玉や色鮮やかな鳥とは違う。眺めて有難がるのは時間の無駄だ。やめておけ」    ☆  江戸初期の儒学者・神道家、山崎闇斎(1619-1682)の生誕400年記念作品。山崎闇斎とその向かいに住む儒者、伊藤仁斎を描く創作歴史小説です。 【登場人物】 伊藤源佐   市井の儒者。号は仁斎。その学は古義学と呼ばれる。 伊藤源蔵   源佐の長男。号は東涯。 板垣民部   板垣民部信直。下御霊神社神主、闇斎門人。後に出雲路と改姓、出雲路信直と名乗る。父は元専。 浅見安正   山崎闇斎の門人。号は絅斎。 山崎闇斎   儒者・神道家。名は嘉右衛門。その門流は崎門と呼ばれる。垂加神道の創始者。 なろうでも公開中。 https://ncode.syosetu.com/n4280fs/ また、BOOTHで冊子(有償)とDL配布(無償)を公開しています。 https://fukahiro.booth.pm/items/1478695
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 17,367 最終更新日 2020.03.26 登録日 2020.03.21
二人の幼馴染と華が舞い降りたのは幕末だった。 降り立ったのは新選組屯所。 三人は時代に翻弄されながら新たな人生を歩みだす。 「…………何があろうとお前だけは元の時代に戻してやる」 「無理することないよ、大丈夫。俺達がついてるから」 素直に慣れないツンツン男性と華を甘やかす甘々男性。 出会う新選組メンバーに翻弄される三人の運命は。 幸か不幸か。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 578 最終更新日 2019.12.08 登録日 2019.12.08
春川藩主の妾腹の子として生まれた慎之介は、春川藩元剣術指南役杉山平兵衛に密かに育てられていた。しかし、藩主夫人が慎之介の存在に気付き、刺客を送り慎之介を亡き者にしようと画策する。杉山平兵衛は刺客を撃退したものの、やむなく国許の平沢村へと身を移し、手習い所を開く傍ら、子供たちへ剣術を教え始めた。慎之介は村の子供たちの、権太や庄吉、そして慎之介に思いを寄せるお里と共に成長する。  慎之介は、少しずつ天賦の才を開花させてゆく。何事もなく日々が過ぎ去ってゆくが、安穏の暮らしは続かなかった。江戸の奥方がまたも刺客を送り込んできた。刺客共は、子供を拐かし慎之介を討ちとろうとする。慎之介は子供を助け、刺客を死闘の末に倒した。  ある年、村は旱魃に見舞われた。平兵衛も高齢の為、寝たきりとなってしまった。病床の平兵衛は云う。 「剣の神は百年に一度天才を地上へ遣わすという。それが慎之介じゃ」と。  慎之介は旱魃の村を救う為、一計を案じ、雨乞いを行って雨を降らせ村人を仰天させる。丁度その時、杉山平兵衛が生涯を閉じた。  慎之介は降りしきる天を仰ぎ、師匠へ語りかけた。 「この雨はお師匠様が降らせてくれたのですね」と。  生き返った村は収穫の秋を迎えるが、名主、奥村治右衛門宅へ盗賊が押し入った。丁度名主宅に居たお里は、慎之介に知らせようとして盗賊に殺される。盗賊が江戸に居るようだと知った慎之介は決意する。刺客、盗賊、総ての元凶は江戸にある。  慎之介は江戸へと旅立つ。江戸へ着いた慎之介は、かつて杉山平兵衛の弟子であった北町奉行所定町廻り同心と共に、刺客の首魁へと辿り着き一掃する。そして盗賊を見つけ出し大店へ忍び込む一味を一網打尽にし、お里を殺した男と対峙した……。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 152,097 最終更新日 2019.03.24 登録日 2019.03.24
18
歴史・時代 完結 ショートショート
天下の大泥棒・石川五右衛門、その最期は釜茹でではなかった!?
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 1,021 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.04.21
あるライトノベル系の文学賞に投稿するにあたり、ほぼ書き上げた時代小説の主要な登場人物4人のうち、2人までを無理やり女性にしてしまうという、我ながらどうかしていた作品ですが、結局のところ1次を通過してくれたのはこの子だけとなります。ちょっとずつ手を加えてFC2、なろう、カクヨムにも掲載しております
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 22,762 最終更新日 2019.05.26 登録日 2019.05.19
20
歴史・時代 完結 ショートショート
  その寂れた宿場町は、門前雀羅を張るが如くに閑散としていた。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 1,577 最終更新日 2019.06.28 登録日 2019.06.28
「学ぼうとする者を追い払うのか!」  対面前の控えに使われる狭い間の奥に、三人の僧と、彼らに向かって拳を握り、仁王立ちしている若い僧の背が見えた。 「そんな寺なら、火を放って何もかも灰にしてやる。お前たちのお得意や、一切を無に還してやるぞ!」  居並ぶ年長の僧たちを前に、若い僧は言い放った。今にも喉笛に食いつかんとする、虎の咆哮のごとくであった。    ☆ 禅僧だった若い頃の山崎闇斎(絶蔵主)が土佐に渡り、儒学者となる決心をする物語。読んで頂ければ幸いです。 なろう及びpixiv小説にも掲載。 生誕から400年記念冊子をBOOTHにて公開中。冊子は有償、DL版は無償です。 https://fukahiro.booth.pm/items/1478695
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 9,951 最終更新日 2020.03.29 登録日 2020.03.27
紀州徳川家の姫様が寺社参詣の道すがら、たいへんなことを知ってしまいます。自分に何ができるか、思案の末に姫様がとった驚くべき行動とは。 (タイトルイラスト 「ぽぽるぽん」さん)
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 36,097 最終更新日 2017.07.03 登録日 2017.06.21
坂本龍馬をはじめとする、幕末の人物によって繰り広げられるギャグ系小説。度々絵が入っています!あと、授業でも役に立つ知識も入れてありますので、中学生の方などに役立つかと思います!それではどうぞ!あと※諸説あり でござる。 お気に入りしたら作者頑張っちゃう
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 32,744 最終更新日 2019.09.10 登録日 2019.08.04
24
歴史・時代 連載中 長編 R15
「奥州の鬼姫」と呼ばれ、伊達家に嫁いだ最上の姫、「義」。 彼女は優しい夫のため、鬼となり伊達と最上を守ることを決めた。 普段はかかれることのない、伊達政宗の母、保春院視点で戦国時代から江戸時代にかけての伊達家、最上家を書いていきたいと思います。 あくまで筆者の考えが反映されております。 [お読みになる前にご確認ください] この作品の作者は神無乃愛です。著作権は作者に帰属します。当作品の一部または全部を無断で複製・改変・転載・転用・賃貸・配布・配信・販売することを禁じます。 中文:这篇小说的作者是神無乃愛. 禁止私自转载、加工、翻译. 英文:The author of this novel is Noa Kannna. It is forbidden to copy, process and translate without permission.
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 29,127 最終更新日 2019.05.04 登録日 2018.01.03
誰もが(少なくとも大まかには)知ってる人情噺の名作『芝浜』を、あえてうろ覚えのまま小説にしてみました。あまりに有名なのでオチだけ少しアレンジしましたが、できるだけ落語から変えずに、かつどこまで小説らしくなるか、夏休みの自由研究みたいな感覚で挑戦しましたが、なかなか難しいものですね。なろうに掲載しておりましたが、お誘いをうけて「ふたりのバルバリ」をこちらに投稿いたしましたので、厚かましく本作も。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 9,755 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.24
幸せとちょっぴりの切なさを感じるお品書き帖です―― 野州夜須藩の城下・蔵前町に、昼は小売り酒屋、夜は居酒屋を営む鬼八という店がある。父娘二人で切り盛りするその店に、六蔵という料理人が現れ――。 アルファポリス歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」、同最終候補「天暗の星」ともリンクする、「夜須藩もの」人情ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 46,063 最終更新日 2019.08.07 登録日 2019.07.28
江戸時代、武蔵の国の寂れた山村で女が一人の赤子を産んだ。 だが、飢饉に苦しむ村の事情から、生まれたばかりの赤子は産婆の手にかかり 殺されることが示し合わされていた。 涙ながらに母親は赤子を救って欲しいと長の老婆に懇願する。村に伝わる 《オニメ》の許しを得て、《カエゴ》と呼ばれる闇の儀式が行われる事に。 一命を取り留めた少女は己の運命を知らないままに成長していくが……。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 82,196 最終更新日 2018.04.21 登録日 2018.04.14
雨で大井川の川越ができず、はたごに足止めをくった人々。 その中で、おみちが待つのは愛する男なのか? それとも奉行所の捕縛の手なのか?
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 歴史・時代 782 位 / 782件
文字数 22,964 最終更新日 2019.03.20 登録日 2019.03.20
28