恋愛 精霊小説一覧

215 12345
1
恋愛 連載中 長編 R15
貧乏子爵令嬢のラシェルは、クリストフ王子に身染められ、婚約者候補となり王宮で暮らすことになった。しかし、王妃の宝石を盗んだと、王宮を追い出されてしまう。 離宮へ更迭されることになるが、王妃は事故に見せかけてラシェルを殺す気だ。 殺されてなるものか。精霊の力を借りて逃げ切って、他人になりすまし、公爵家のメイドになった。 ……なのに、どうしてまたクリストフと関わることになるの!? 若き公爵ヴァレリアンにラシェルだと気付かれて、今度は公爵の婚約者!? 勘弁してよ! 【短編】王子の婚約者なんてお断り の本編になります。(一話目と、他一部重複しております) ご感想、ご指摘等ありがとうございます。
24h.ポイント 17,673pt
小説 115 位 / 185,000件 恋愛 72 位 / 56,183件
文字数 109,223 最終更新日 2024.05.22 登録日 2024.05.03
2
恋愛 連載中 長編
18の誕生日を目前に、公爵令嬢ギルベルタは婚約者である第三王子レオンハルトとの婚約解消の打診を受ける。 ある出来事がきっかけで成長が止まったギルベルタ。 それでもレオンハルトは優しかったが、彼だけ学園に通うようになると会いにくることが少なくなっていた。 一歳年下の婚約者、レオンハルト。 二歳年下の妹、シャルロッテ。 ふたりの仲の噂も聞いていたギルベルタは、こんな日がくるのではないかと薄々感じていた。 ※設定はユルいです ※他サイトにも掲載
24h.ポイント 56pt
小説 13,171 位 / 185,000件 恋愛 6,072 位 / 56,183件
文字数 70,822 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.04.01
3
恋愛 連載中 長編
 クローディア・レティスティアは魔法使いだ。  魔法の天才ともいえるほどの技量を身に着けた彼女は、「精霊のいたずら」という傷を持つ令嬢。精霊のいたずら――精霊に対価をささげる際に何らかの不備が起きて精霊につけられた傷は、忌むべきものとされる。  結婚など半ば諦め、このまま実家の森でいつまでも狩猟採集の日々を続けられたら。  そんな希望もむなしく、クローディアはあろうことかルクセント王国王子・アヴァロンの妻になる。  そして、その地位は、クローディアの望むものからは程遠かった。  甘味を対価として精霊に願うことで魔法を使える世界にあって、ルクセント王国の王族の女性は魔法を使ってはいけない。その決まりは、王子に嫁いだクローディアにも適用された。  魔法を使えず、これまでとはかけ離れた生活。  けれど不幸中の幸いというべきかアヴァロン王子が見向きもしないことをいいことに、クローディアは城を抜け出し、森で魔物対峙にいそしむ。  そんなある日、クローディアは勝てない魔物と遭遇し、逃げる先でアヴァロン率いる討伐隊に出くわしてしまう。協力して魔物から逃げることに成功するも、去り際に精霊がいたずらをしてクローディアはアヴァロンにフードの奥の瞳を見られて――  「スミレの乙女」と呼ばれるクローディアとアヴァロン王子が、幸福な未来をつかみ取るまでの物語。 ※小説家になろうでも投稿しています。
24h.ポイント 163pt
小説 6,542 位 / 185,000件 恋愛 2,927 位 / 56,183件
文字数 267,895 最終更新日 2024.05.13 登録日 2024.01.05
4
恋愛 完結 短編
 突然、婚約破棄を突き付けられたアンリエッタ。彼女は、公爵家の長男ランドリックとの結婚を間近に控えていた。  結婚日も決まっていた直前になって、婚約者のランドリックが婚約を破棄したいと言い出した。そんな彼は、本気で愛する相手が居ることを明かした。  婚約相手だったアンリエッタではなく、本気で愛している女性レイティアと一緒になりたいと口にする。  お前など愛していなかった、だから婚約を破棄するんだ。傲慢な態度で煽ってくるランドリック。その展開は、アンリエッタの予想通りだと気付かないまま。  婚約を破棄した後、愛する女性と必ず結婚することを誓う。そんな内容の契約書にサインを求めるアンリエッタ。内容をよく確認しないまま、ランドリックはサインをした。  こうして、婚約関係だった2人は簡単に取り消すことの出来ない、精霊の力を用いた特殊な契約を成立させるのだった。 ※本作品は、少し前に連載していた試作の完成版です。大まかな展開や設定は、ほぼ変わりません。加筆修正して、完成版として連載します。 ※カクヨムにも掲載中の作品です。
24h.ポイント 3,372pt
小説 424 位 / 185,000件 恋愛 206 位 / 56,183件
文字数 35,706 最終更新日 2024.05.09 登録日 2024.04.26
【現代ドイツ×クリスマス×恋愛ファンタジー】 【全16話、完結済み】 魔女や精霊の存在を実在の「精霊文化」として受け入れるようになった世界。 まだ差別は存在するものの、ドイツでは魔女が職業として成り立つようになっていた。 魔女のエルナは、子供の頃に自分を助けてくれたクランプスに恋をしている。 クランプスとは、「悪い子に石炭をあげる」「袋に詰めて連れ去る」などの伝説で語られる、<黒いサンタクロース>の一種だ。 成長して会えなくなってしまった彼に会うため、いろいろと手段を探していたところ、とある大学の無料講座で手がかりを見つけるが……。 少しずつ育つ恋心と、甘い結末を楽しみたい方向けです♪ (カクヨム、ノベルデイズでも掲載しています)
24h.ポイント 7pt
小説 34,796 位 / 185,000件 恋愛 15,464 位 / 56,183件
文字数 28,396 最終更新日 2024.04.18 登録日 2024.04.09
6
恋愛 連載中 長編 R15
    男女比が5:1、一妻多夫が当たり前な世界。  前世、大災害により高校1年生(16歳)で死亡した相模ほのか(サガミ ホノカ)だった記憶のある公爵令嬢アンジュ=リーノ=エルドラードは、そんな世界に転生した。  記憶と生来の性格もあってか、基本心優しい努力家な少女に育った。前世、若くして死んでしまったほのかの分も人生を楽しみたいのだが…    双子の兄に、未来の騎士団長、隠れヤンデレな司書、更には第2王子まで…!ちょっ、なんでコッチ来るの?!  という風になる(予定の)、ご都合主義合法逆ハーレムファンタジー開幕です! *上記のようになるまで、かなり時間(話)がかかります。30,000文字いってもまだまだ新たな婚約者が出てきません。何故こうなった… *腐女子(親友)が出てきます。苦手な方は自衛して下さい。忠告はしたので、文句は受け付けません。  ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽  この作品は『野いちご』『エブリスタ』でも投稿しています。  作者学生のため、カタツムリ更新です。文才皆無なので、あまり期待しないで下さい。   *表紙は ぽやぽやばぶちゃんメーカー で作ったアンジュ(幼少期)イメージです。  メーカーは下記のリンク⇓ https://picrew.me/ja/image_maker/11529 *うわぁぁーっ!!お気に入り登録100ありがとうございます! 2022/10/15 *お気に入り登録208ありがとうございます!2023/03/16 *お気に入り登録300ありがとうございます!2023/05/07 *教会➂➃の属性の部分をいくつか修正しました。作者である僕ですら意味分からないのもあったので…w 2023/04/25 *お気に入り登録400ありがとうございます!2023/07/15
24h.ポイント 142pt
小説 7,168 位 / 185,000件 恋愛 3,257 位 / 56,183件
文字数 45,423 最終更新日 2024.03.31 登録日 2022.09.12
7
恋愛 連載中 長編
とある国の平凡な伯爵家の娘として産まれたレティシア・フォレグナーは社交界にほとんど顔を出さないが彼女を一目みたもの達からはその人間離れした儚い美貌から鳥籠姫と呼ばれていた。 しかし、実際は幾つになっても町をほっつき歩いてばかりのお転婆娘だった。 ある日いつものように町を歩いていたら、何故か見ず知らずの怪しい男に結婚を申し込まれて、さらに何故か了承してしまった。 魔法なんて使えなかったのに何故か使えるようになるし、何がどうなってるの?! 私の前世が関係してるって?そんなの知らない!とりあえず間違えただけだから早く離婚してー! 過去と今、放置されたと思ったら今度は溺愛?!レティシアは思い通り離婚できるのか?
24h.ポイント 42pt
小説 15,801 位 / 185,000件 恋愛 7,258 位 / 56,183件
文字数 8,301 最終更新日 2024.03.30 登録日 2024.03.29
8
恋愛 連載中 長編 R15
 第一章 完結番外編更新中  異母妹に嫉妬して修道院で孤独な死を迎えたベアトリーチェは、目覚めたら10才に戻っていた。過去の婚約者だったレイノルドに別れを告げ、新しい人生を歩もうとした矢先、レイノルドとフェリシア王女の身代わりに呪いを受けてしまう。呪い封じの魔術の所為で、ベアトリーチェは銀色翠眼の容姿が黒髪灰眼に変化した。しかも、回帰前の記憶も全て失くしてしまい。記憶に残っているのは数日間の出来事だけだった。  実の両親に愛されている記憶しか持たないベアトリーチェは、これから新しい思い出を作ればいいと両親に言われ、生まれ育ったアルカイドを後にする。  第二章   ベアトリーチェは15才になった。本来なら13才から通える魔法魔術学園の入学を数年遅らせる事になったのは、フロンティアの事を学ぶ必要があるからだった。  フロンティアはアルカイドとは比べ物にならないぐらい、高度な技術が発達していた。街には路面電車が走り、空にはエイが飛んでいる。そして、自動階段やエレベーター、冷蔵庫にエアコンというものまであるのだ。全て魔道具で魔石によって動いている先進技術帝国フロンティア。  護衛騎士デミオン・クレージュと共に新しい学園生活を始めるベアトリーチェ。学園で出会った新しい学友、変わった教授の授業。様々な出来事がベアトリーチェを大きく変えていく。  一方、国王の命でフロンティアの技術を学ぶためにレイノルドやジュリア、ルシーラ達も留学してきて楽しい学園生活は不穏な空気を孕みつつ進んでいく。  第二章は青春恋愛モード全開のシリアス&ラブコメディ風になる予定です。  ベアトリーチェを巡る新しい恋の予感もお楽しみに!  ※印は回帰前の物語です。
24h.ポイント 1,022pt
小説 1,199 位 / 185,000件 恋愛 589 位 / 56,183件
文字数 108,522 最終更新日 2024.03.16 登録日 2024.01.31
9
恋愛 完結 長編 R15
改稿前のものと話の流れは同じですが、内容が変わっている部分があります。 *完結しました* サーフィリア・ルナ・アイラックは前世の記憶を思い出した。だが、彼女が転生したのは乙女ゲームの悪役令嬢だった。しかもその悪役令嬢、ヒロインがどのルートを選んでも邪竜に殺されるという、破滅エンドしかない。 ーなんで死ぬ運命しかないの⁉︎どうしてタイプでも好きでもない王太子と婚約しなくてはならないの⁉︎誰か私の破滅エンドを打ち破るくらいの運命の人はいないの⁉︎ー 破滅エンドを回避し、永遠の愛を手に入れる。 前世では恋をしたことがなく、物語のような永遠の愛に憧れていた。 そんな彼女と恋をした人はまさかの……⁉︎ そんな2人がイチャイチャラブラブする物語。 *「私と運命の番との物語」の改稿版です。 *改稿前のものも、公開したままにしてあります。
24h.ポイント 56pt
小説 13,171 位 / 185,000件 恋愛 6,072 位 / 56,183件
文字数 119,450 最終更新日 2024.03.13 登録日 2022.09.30
10
恋愛 連載中 短編
雨の向こうに、彼女は立っていた。 灰色の空が彼女の心情と重なり、雨滴が頬を伝って流れていく。 彼女の名前は小雪。 幼い笑顔とは程遠く、悲しみがその瞳に宿っていた。
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 12,732 最終更新日 2024.03.08 登録日 2024.02.01
11
恋愛 完結 短編
「ちがう。この人じゃない」 リオン王を見たポポはガッカリした。 捨て子のポポが聖女として、王宮にあがる決心をしたのは、リオン王が過去に会った推しだと思ったから。 この国には、「聖女は時の王と結婚すること」という掟があった。 なのに、日に日にリオン王のことが嫌いになってゆくポポ。 かわりに、護衛騎士レオンの事は、なぜか気になってしかたない。 そんな時、リオン王に真実の愛の相手エリザが現れ、王はエリザを国の聖女にすえることにする。 聖女交代の手続きの時、ポポは毒殺された。 失ってゆく意識の中でも、ポポはレオンの言葉をはっきりと聞く。 「本当はオレが」と。 そして、2度目の人生が始まる。 1度目の記憶をもったポポは、自分の推しを探す為、王都の市場で働いていた。 ある日、リオン王とレオン騎士は双子だと知る。 双子が忌み嫌われている国では、弟のレオンは姿をかえ存在を消していたのだ。 再び聖女として、王宮にあがったポポは、今度こそ幸せになろうと奮闘する。 出来損ない聖女とバカにされていたポポが、転生して幸せをつかむ話です。
24h.ポイント 28pt
小説 20,269 位 / 185,000件 恋愛 9,099 位 / 56,183件
文字数 81,448 最終更新日 2024.03.02 登録日 2024.03.02
12
恋愛 完結 長編 R18
異世界トリップした少女が【精霊の巫女】と崇められ、王太子に恋して婚約者である悪役令嬢に虐められるも最後はハッピーエンドになる恋愛小説の世界だと、エヴァは気付いた。そして自分はその悪役令嬢だとも。 エヴァは王太子に無理矢理抱かれた挙句、子を身籠りお産で母子共々命を落とすいう酷い結末を迎える役目だった。エヴァは貞操の危機寸前でそれを思い出し、咄嗟に思いついた死亡回避行動は拗れていた二人の仲が改善されるきっかけとなる。
24h.ポイント 113pt
小説 8,321 位 / 185,000件 恋愛 3,800 位 / 56,183件
文字数 69,490 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.02.07
13
恋愛 完結 長編 R15
第17回恋愛大賞、12位ありがとうございました。そして、奨励賞まで⋯⋯応援してくださった方々皆様に心からの感謝を🤗 「貴様とは婚約破棄だ!」⋯⋯な〜んて、聞き飽きたぁぁ! あちこちでよく見かける『使い古された感のある婚約破棄』騒動が、目の前ではじまったけど、勘違いも甚だしい王子に笑いが止まらない。 断罪劇? いや、珍喜劇だね。 魔力持ちが産まれなくて危機感を募らせた王国から、多くの魔法士が産まれ続ける聖王国にお願いレターが届いて⋯⋯。 留学生として王国にやって来た『婚約者候補』チームのリーダーをしているのは、私ロクサーナ・バーラム。 私はただの引率者で、本当の任務は別だからね。婚約者でも候補でもないのに、珍喜劇の中心人物になってるのは何で? 治癒魔法の使える女性を婚約者にしたい? 隣にいるレベッカはささくれを治せればラッキーな治癒魔法しか使えないけど良いのかな? 聖女に聖女見習い、魔法士に魔法士見習い。私達は国内だけでなく、魔法で外貨も稼いでいる⋯⋯国でも稼ぎ頭の集団です。 我が国で言う聖女って職種だからね、清廉潔白、献身⋯⋯いやいや、ないわ〜。だって魔物の討伐とか行くし? 殺るし? 面倒事はお断りして、さっさと帰るぞぉぉ。 訳あって、『期間限定銭ゲバ聖女⋯⋯ちょくちょく戦闘狂』やってます。いつもそばにいる子達をモフモフ出来るまで頑張りま〜す。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結まで予約投稿済み R15は念の為・・
24h.ポイント 426pt
小説 2,727 位 / 185,000件 恋愛 1,335 位 / 56,183件
文字数 372,226 最終更新日 2024.02.28 登録日 2024.01.30
14
恋愛 完結 長編 R18
旧題:王太子の婚約者は、隣国の王子に奪われる。〜氷の公女は溺愛されて溶けていく〜 ラルサス王子は留学先で美しいシャレードに一目惚れした。しかし、彼女はこの国の王太子の婚約者だった。手の届かない人なのに、学園生活を送る中で想いは募るばかり。王太子のシャレードの扱いがひどいのにも腹が立つ。ある時、倒れかけたシャレードを抱きとめると、彼に付いている精霊に、衝撃的なことを告げられる。ラルサスは──。 ※完結投稿です。
24h.ポイント 28pt
小説 20,269 位 / 185,000件 恋愛 9,099 位 / 56,183件
文字数 145,495 最終更新日 2024.02.15 登録日 2022.08.29
15
恋愛 完結 長編
私の婚約者は、妹に夢中だ。 二人は、恋人同士だった賢者と聖女の生まれ変わりだと言われている。 「俺たちは真実の愛で結ばれている。おまえのような偽物の王女とは結婚しない! 婚約を破棄する!」 お好きにどうぞ。 だって私は、偽物の王女だけど、本物だから。 賢者の婚約者だった聖女は、この私なのだから。
24h.ポイント 106pt
小説 8,691 位 / 185,000件 恋愛 3,963 位 / 56,183件
文字数 87,240 最終更新日 2024.02.13 登録日 2024.01.26
16
恋愛 完結 短編
 あれ?    何で私が悪役令嬢に転生してるの?  えっ!   しかも、断罪後に思い出したって、私の人生、すでに終わってるじゃん!  国外追放かぁ。  娼館送りや、公開処刑とかじゃなくて良かったけど、これからどうしよう……。  そう思ってた私の前に精霊達が現れて……。  愛し子って、私が!?  普通はヒロインの役目じゃないの!?  
24h.ポイント 2,451pt
小説 540 位 / 185,000件 恋愛 257 位 / 56,183件
文字数 96,296 最終更新日 2024.02.09 登録日 2024.01.12
17
恋愛 連載中 長編 R15
転生獣人少女は父の失踪と母の記憶喪失により、エルトナ王国にあるエルトナ学園への入学を決意する。ひっそりとした学園生活を心掛けていたはずだったが、ある日突然王子の婚約者である侯爵令嬢に声をかけられる。何でも、お付きのメイドが獣人で、教育に困っていたらしい。お金もかなりくれると言われ、すんなり彼女は提案に乗る。教師として侯爵令嬢と連むようになったそんな時、侯爵令嬢の婚約者の不貞現場を見てしまう。 断罪回避を目論む悪役令嬢と巻き込まれ獣人少女のお話。 ※人間に近い耳と尻尾が生えた半獣として書いています! なろう様でも掲載中
24h.ポイント 7pt
小説 34,796 位 / 185,000件 恋愛 15,464 位 / 56,183件
文字数 39,142 最終更新日 2024.01.29 登録日 2024.01.19
18
恋愛 完結 短編
カテナ子爵家令嬢アリアンは、踊ることができなかった。身に覚えのない『記憶』のせいで踊ることが怖く、貴族学校の社交ダンスの授業さえも拒絶するほどだ。そのせいで婚約話が流れ、同級生に嘲笑われてしまう。 ある日アリアンがレポート提出のために図書館へ行くと、高等部の学生で精霊使いのクリュニーと出会う。精霊ジーナとジーニーを使役するクリュニーは、踊りを嫌悪するアリアンのためにひと肌脱ぐことに。
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 31,497 最終更新日 2023.12.22 登録日 2023.12.20
19
恋愛 連載中 長編 R15
 わたしエレファは『燐火の魔女』と言われていた。  なぜなら、霊鳥である鳳凰種のセイカと契約をしているため、青い炎を扱うからだ。わたしの魔力は膨大で、高位魔術を扱う。その力で国を滅ぼしたことも・・・。  そんなわたしは今、断頭台に立っていた。  なぜわたしがそこにたっているのか・・・。    それは、ある人のために生きた末の結末であるから・・・。 これは『燐火の魔女』と言われたわたしの話である。 注) *ファンタジー要素高めになっています。ファンタジーだろう!と思うかもしれません。ですが、作者は個人的には恋愛方面でつっぱしります。 *戦い(残酷描写)シーンはあまりないとは思いますが、感情移入するため表現的、精神的な意味で過激になるかもしれません。ご注意ください。(念の為R15にしています) *転生ものでも巻き戻りもの等ではありませんので、ご注意ください。 *かなりスローペース展開だと思います。ド派手(?)な恋愛模様はありません。
24h.ポイント 35pt
小説 17,944 位 / 185,000件 恋愛 8,061 位 / 56,183件
文字数 52,953 最終更新日 2023.12.18 登録日 2023.10.23
20
恋愛 完結 短編
アイメリアは今年十五歳になる少女だ。 家族に虐げられて召使いのように働かされて育ったアイメリアは、ある日突然、父親であった存在に「お前など家族ではない!」と追い出されてしまう。 アイメリアは養子であり、家族とは血の繋がりはなかったのだ。 閉じ込められたまま外を知らずに育ったアイメリアは窮地に陥るが、救ってくれた騎士の身の回りの世話をする仕事を得る。 養父母と義姉が自らの企みによって窮地に陥り、落ちぶれていく一方で、アイメリアはその秘められた才能を開花させ、救い主の騎士と心を通わせ、自らの居場所を作っていくのだった。 ※小説家になろうさま・カクヨムさまにも掲載しています。
24h.ポイント 63pt
小説 12,249 位 / 185,000件 恋愛 5,620 位 / 56,183件
文字数 104,595 最終更新日 2023.11.18 登録日 2021.04.02
21
恋愛 連載中 長編
 突然、神様が話しかけてきた。  地球の神様と異世界の神様が友達同士で、文明の発展の起爆剤になるように、人の魂を行き来させているですって。  毎回、婚約破棄されて結婚しないから、一回ぐらいは結婚してから地球に帰りなよと言われる始末。  私は日本にいた頃、WEB小説にはまっていたから、そのせいかも。  私は、小説を読みながらいつも思ってたのよ、悪役令嬢があまりにも悲惨な目にあいすぎるって、私が友達なら、サポートしてここまで、悲惨な目に合わせないようしてあげたいってね。  神様が話しかけてきたって事は、この異世界での人生がこれで最後という事。  なら私は自分が願っていた事を実現するために頑張ります。
24h.ポイント 49pt
小説 14,387 位 / 185,000件 恋愛 6,612 位 / 56,183件
文字数 53,514 最終更新日 2023.11.04 登録日 2023.09.10
22
恋愛 完結 短編
無実の罪で王太子から婚約破棄を言い渡され、罪人にされてしまった侯爵令嬢のダリア。危機に瀕した彼女の目の前に現れたのは、美しい花の精霊ウィリアム。 ウィリアムは女神の庭園を管理する『花守』の役目を担う特別な精霊で、彼は生贄の花嫁としてダリアを見初める。 「皆があなたの居場所を奪うのであれば、私が攫って花の楽園へお連れしましょう」 そう言い、ダリアの手を引いて女神の庭園へと誘う。 婚約者に疎まれて傷心だったダリアはウィリアムからの愛情に、孤独を抱えていたウィリアムはダリアからの愛情に、救われていく。 これは、悪女にされた令嬢と、そんな彼女を一途に想い続けてきた花の精霊の異類婚姻譚。 ※カクヨム様、小説家になろう様にも掲載しています
24h.ポイント 21pt
小説 23,774 位 / 185,000件 恋愛 10,507 位 / 56,183件
文字数 9,958 最終更新日 2023.09.30 登録日 2023.09.30
23
恋愛 連載中 長編
 現代日本で通り魔に刺されて死に、自分がプレイしていた乙女ゲームの悪役令嬢に転生したリサことリーシャ・ラングリーズ。  そんな彼女はゲームのストーリー通り婚約破棄をされるが、ゲームとは違い、元婚約者であるアルバート第一王子によって監禁される。  そんな彼女は暴走したヒロインに殺され、気づけばなぜか子供の頃に戻っていた。  監禁エンドはごめんだとなんとかしようと動くが、なぜか前の世界では関わることがなかった攻略対象の一人であり獣人の国『シルヴィエ王国』の王子が急接近してくる。  意味が解らなかった彼女は、王子の言葉から彼と共同前線を張ることに__ *小説家になろうでも掲載しています *悪口やめてください
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 10,986 最終更新日 2023.08.28 登録日 2023.08.23
24
恋愛 完結 長編
水底にあるという宮殿。そこに住む河の神の花嫁として選ばれた少女・ルディグナは嫁入りの日を心待ちにしていた。しかし、ある日、彼女の住む御社に一人の侵入者が現れたことから、彼女の運命は大きく変わってゆく。  清らかに保ってきた足の裏を地面につけられてしまい、河の神の花嫁の資格を失ってしまったと嘆く彼女は必ずやあの侵入者を追いかけ、わたしの身を辱しめた(勘違い)復讐をするのだ、と固く心に誓うのだった。 ーーーーー
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 29,499 最終更新日 2023.08.18 登録日 2022.11.08
25
恋愛 完結 長編
ふたりの聖女が並び立つタイメラ王国。パウラは、先輩の聖女テレーシアのことがことごとく気に食わない。「絶対にあの女を引きずり下ろす。わたしがタイメラ唯一の聖女にして、王妃となり、のし上がってやる」パウラは、手っ取り早くテレーシアを失脚させるために、毒を盛られたと嘘をつく。王太子ビリエルはパウラの虚言を信じ、テレーシアを処刑する。だが精霊の力を借りて、テレーシアは刑場から消えた。飛ばされた隣国で、テレーシアは騎士団長のアルフォンスに助けられる。聖女が一人になったことで災厄に見舞われたタイメラ王国。「お前がテレーシアを連れ戻せ」と王太子ビリエルにパウラは命じられる。不服を洩らしながら隣国に向かったパウラは、テレーシアこそが敬愛される聖女であることを見せつけられる。
24h.ポイント 21pt
小説 23,774 位 / 185,000件 恋愛 10,507 位 / 56,183件
文字数 32,187 最終更新日 2023.08.17 登録日 2023.08.15
26
恋愛 完結 長編 R15
その日、国民から愛された皇后様が病気で60歳の年で亡くなった。すでに現役を若き皇王と皇后に譲りながらも、国内の貴族のバランスを取りながら暮らしていた皇后が亡くなった事で、王国は荒れると予想された。 しかし、誰も予想していなかった事があった。 「あら?わたくし生まれ変わりましたわ?」 すぐに辺境の男爵令嬢として生まれ変わっていました。 「まぁ、今世はのんびり過ごしましょうか〜」 ──と、思っていた時期がありましたわ。 orz これは何かとヤラカシて有名になっていく転生お皇后様のお話しです。 おばあちゃんの知恵袋で乗り切りますわ!
24h.ポイント 35pt
小説 17,944 位 / 185,000件 恋愛 8,061 位 / 56,183件
文字数 147,324 最終更新日 2023.08.17 登録日 2023.03.01
27
恋愛 完結 短編
「今までお世話になりました」 あぁ、これでやっとこの人たちから解放されるんだ。 「セレス様、行きましょう」 「ありがとう、リリ」 私はセレス・バートレイ。四歳の頃に母親がなくなり父がしばらく家を留守にしたかと思えば愛人とその子供を連れてきた。私はそれから今までその愛人と子供に虐げられてきた。心が折れそうになった時だってあったが、いつも隣で見守ってきてくれた精霊たちが支えてくれた。 ある日精霊たちはいった。 「あの方が迎えに来る」 カクヨム/なろう様でも連載させていただいております
24h.ポイント 99pt
小説 9,138 位 / 185,000件 恋愛 4,157 位 / 56,183件
文字数 37,927 最終更新日 2023.07.28 登録日 2023.07.26
28
恋愛 完結 ショートショート
「ハミング・シュトライヒ侯爵令嬢! お前との婚約を破棄する!!」  卒業パーティーの会場で婚約者である王太子から突然婚約破棄をされてしまった侯爵令嬢のハミング。  どうやら王太子はイノセント男爵令嬢と恋人関係にあり、彼女と婚約を結び直したいようだ。そして王太子によりハミングに吹っ掛けられる冤罪の数々。  それに対し、ハミングは静かに口を開く。 「……なるほど。王太子殿下は私がイノセント男爵令嬢の教科書をペタペタ~ッと破り、夜会会場ではズシン! ズシン! と彼女の背後から忍び寄り、ピャ~☆ っと彼女のドレスにワインをかけた……とおっしゃりたいのですね?」  妙な擬音と共に。悪役令嬢の反撃が今、始まる――。
24h.ポイント 21pt
小説 23,774 位 / 185,000件 恋愛 10,507 位 / 56,183件
文字数 13,243 最終更新日 2023.07.16 登録日 2023.07.13
29
恋愛 完結 短編
シャーロット・ノックスは卒業記念パーティーで婚約者のエリオットに婚約破棄を言い渡される。 ゲームの世界に転生した悪役令嬢が婚約破棄後の断罪を回避するお話です。 さらっとハッピーエンド。 ぬるい設定なので生温かい目でお願いします。
24h.ポイント 340pt
小説 3,425 位 / 185,000件 恋愛 1,629 位 / 56,183件
文字数 38,199 最終更新日 2023.07.11 登録日 2023.07.11
30
恋愛 連載中 長編
 アリステアはある歴史の書物を偶然見かけたことで、ある記憶を思い出した。かつて、アリステアとして生きていた記憶を思い出した。  自分はかつて、悪女として処刑されたことを。  確かに、自分はその罪状で処刑されて、家族も私を裏切ったのか、その罪を認めたらしく、助けてくれることはなかった。  でも、全部に見覚えがなかった。そもそも、王子との婚約のきっかけすらも違う。王子に近づく女というのも、貴族として節度を持てと注意しただけだ。それも意味はなく、禁断の愛とやらに溺れていったが。  そこで、アリステアは気づく。  全部、自分達にとって都合のいいようにしたんだと。  アリステアが悪女だということにしておけば、自分達の不義を正当化できると。  思い出せば、自分の罪を立証していたのは、友人だと思っていた令嬢たちだった。王子に近づいている女がいると教え、きちんとマナーを教えたほうがいいと言っていた存在だったと。  その令嬢たちと仲良くなり始めたのは、王子とある令嬢の仲が深まり始めたときだ。 「全部……全部、騙されていたのね」  自分達の真実の愛とやらを貫くために、自分を悪女に仕立てた王子やその令嬢、友人だった存在も、自分の無実をまるで信じてくれなかった家族も、何もかもが憎たらしくなった。 「もう……誰も信じないわ」  このまま黙って処刑されるくらいなら、好きに生きてやる。  そう決めたのに、自分に良くしてくれようとする周りを見ると、アリステアは心が揺らぎそうになってしまう。
24h.ポイント 191pt
小説 5,859 位 / 185,000件 恋愛 2,632 位 / 56,183件
文字数 11,686 最終更新日 2023.06.24 登録日 2023.04.28
31
恋愛 完結 短編
 皆様ごきげんよう。  わたくし、水の精ウンディーネと申します。  遡ること一時間前。  わたくしとフルトブラントは、何故か『にじゅういっせいきのちきゅう。にほんという国』に降り立ってしまいましたの。 ※ フーケー著(1811年)『ウンディーネ』、スラヴ神話のオマージュです。
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 23,621 最終更新日 2023.05.03 登録日 2023.05.02
32
恋愛 完結 ショートショート R15
美雨はクラスメイトの藤岡と一緒に異世界に召喚された。 目の前にはアニメやゲームの世界で見るような剣と魔法の世界。 彼らが言うには、今この国は滅亡の一途を辿っていて、それを防ぐため異世界の聖女の存在が必要だったという。 その聖女というのが藤岡で、美雨は偶然それに巻き込まれた"おまけ"だった。 「あの……帰りたいのですが」 「は?何を馬鹿なことを。2人目がいるのは予想外だったが、お前も国の役に立ってもらわねば」 家に帰ることができなくなった上、関係ない世界の平和に協力させられることとなった美雨。 しかし美雨の魔力とスキルが凡人以下とわかると、彼らは美雨を厭うようになる。 知らない世界での差別と虐め。 孤独に絶望した美雨だったが……
24h.ポイント 7pt
小説 34,796 位 / 185,000件 恋愛 15,464 位 / 56,183件
文字数 11,202 最終更新日 2023.05.01 登録日 2023.04.30
33
恋愛 完結 短編
村の外れにある森に、精霊がいた。その精霊は恋の成就を司り、数多くのカップルを誕生させていた。しかし、幾年月が経ち、恋を実らせ続けることに疲れた。嫉妬心に駆られるようになった。やがて恋の成就を願う人間たちを呪うようになるが、ある青年だけは精霊に恋を願わなかった。彼のことを愛するようになった精霊は、ある日気がついてしまう。彼の左薬指に、指輪があることを……。その事実に悩み苦しんだ精霊は、痩せ衰えた。そしてもはや生命が尽き果てようとしたとき、最後の力を振り絞って、目の前に現れた女の肉体を乗っ取るのであった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 20,169 最終更新日 2023.04.24 登録日 2023.03.29
34
恋愛 完結 長編 R15
伯爵令嬢ラフレーズ=ベリーシュは、王国の王太子ヒンメルの婚約者。 王家の忠臣と名高い父を持ち、更に隣国の姫を母に持つが故に結ばれた完全なる政略結婚。 長年の片思い相手であり、婚約者であるヒンメルの隣には常に恋人の公爵令嬢がいる。 婚約者には愛を示さず、恋人に夢中な彼にいつか捨てられるくらいなら、こちらも恋人を作って一泡吹かせてやろうと友達の羊の精霊メリー君の妙案を受けて実行することに。 ラフレーズが恋人役を頼んだのは、人外の魔術師・魔王公爵と名高い王国最強の男――クイーン=ホーエンハイム。 濡れた色香を放つクイーンからの、本気か嘘かも分からない行動に涙目になっていると恋人に夢中だった王太子が……。 ※小説家になろう・カクヨム様にも公開しています
24h.ポイント 227pt
小説 5,121 位 / 185,000件 恋愛 2,316 位 / 56,183件
文字数 144,459 最終更新日 2023.04.18 登録日 2023.03.06
35
恋愛 完結 短編
神に愛された国、ミシェル王国。 女神の血筋が残る故に、女神に守られている国。 九死に一生を得た事で、人々に精霊の愛し子として慕われる傲慢な義妹、そして私を虐める義母。 挙句に婚約者まで、義妹を選び、私に婚約破棄を突きつけて来た。  ー家族だからー そう思っていたけれど……。 祝福で愛し子とは、まだ確定していませんよね? 殿下も婚約者が愛し子でなければ王太子の座は確定しませんよね? 私は…… 私の『想い』は…… そして祝福の日、全てが動く。 ◇◆◇◆ 息抜きのように、正体が最後バレる系のものを書いてみたかったのです…… 生暖かい目でごゆるりと読んでいただけたら幸いです --------------------- ※こちらの作品はカクヨムにも掲載しています。
24h.ポイント 227pt
小説 5,121 位 / 185,000件 恋愛 2,316 位 / 56,183件
文字数 16,244 最終更新日 2023.04.10 登録日 2023.03.31
36
恋愛 完結 短編 R15
ランゼーヌの父親が突然、婚約を取り付けたと言い、婚約の顔合わせをする事になった。  だが、その顔合わせで父親たちが喧嘩を始め「婚約は破談だ」と声を揃えて言うのだから周りの者達は驚く。  それなのに、気が付けばランゼーヌの傍には相手のクレイがいるのだった。しかも二人の関係性は、微妙に変化していく――。
24h.ポイント 14pt
小説 28,407 位 / 185,000件 恋愛 12,362 位 / 56,183件
文字数 129,142 最終更新日 2023.04.08 登録日 2023.01.27
37
恋愛 完結 長編
異世界に聖女として召喚されたカナデは、精霊と契約できない落ちこぼれ。 ある日、出会ったのは、金色の美貌を持つ貴族の精霊。 「カナデ、僕の太陽、僕の運命。僕と契約して」 金色の精霊の誘惑に振り回されながら、聖女として成長する物語。 他のサイトにも掲載しています。
24h.ポイント 21pt
小説 23,774 位 / 185,000件 恋愛 10,507 位 / 56,183件
文字数 102,761 最終更新日 2023.03.31 登録日 2023.03.02
旧題:ひっそり生きてきた私、今日も王子と精霊に溺愛されています! ~殿下、お探しの愛し子はそこの妹ではありません~ 双子の姉妹のうち、姉であるアリスティアは双子なのに妹ともあまり似ておらず、 かつ、家族の誰とも違う色を持つ事から、虐げられ世間からは隠されてひっそりと育って来た。 厄介払いをしたかったらしい両親により決められた婚約者も双子の妹、セレスティナに奪われてしまう…… そんなアリスティアは物心がついた時から、他の人には見えない者が見えていた。 それは“精霊”と呼ばれる者たち。 実は、精霊の気まぐれで“愛し子”となってしまっていたアリスティア。 しかし、実は本来“愛し子”となるべきだった人はこの国の王子様。 よって、王家と王子は“愛し子”を長年探し続けていた。 ……王家に迎える為に。 しかし、何故か王家はセレスティナを“愛し子”だと思い込んだようで…… そんなある日、街でちょっとワケありな様子の男性を助けた事から、 その男性と仲良くなり仲を深めていくアリスティア。 だけど、その人は──
24h.ポイント 106pt
小説 8,691 位 / 185,000件 恋愛 3,963 位 / 56,183件
文字数 142,796 最終更新日 2023.03.30 登録日 2022.01.30
39
恋愛 連載中 長編
レギナン国の姫 シャンリリールがフィナンクート国に嫁ぐため入国したところから始まった予期せぬ出来事。 トラブルを乗り越え無事に結婚できるのか?
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 54,050 最終更新日 2023.03.25 登録日 2023.01.29
40
恋愛 完結 短編
「15話3万8026字で完結済みです」ロッシ侯爵家の令嬢アリア、毒を盛られて5年間眠り続けていた。5年後に目を覚ますと、婚約者だった王太子のマッティーアは、同じ家門の親友ヴィットーリアと結婚していた。さらに自分を毒殺した犯人は、家族以上に信頼していた、乳姉のマルティナだと、助けてくれた叡智の精霊ソフィアに聞かされるた。更に追い討ちをかけるように、全てを仕組んだのは家門の代表だった父が最も信頼していたヴィットーリアの父親モレッティ伯爵だった。親友のヴィットーリアも乳姉のマルティナも婚約者のマッティーアも、全員ぐるになってアリアに毒を盛ったのだと言う。真実を聞かされて絶望したアリアは、叡智の精霊ソフィアに助けてもらった事を余計なお世話だと思ってしまった。生きていてもしかたがないと思い込んでしまったアリアは、衝動的に家を飛び出して川に飛び込もうとしたのだが……
24h.ポイント 0pt
小説 185,000 位 / 185,000件 恋愛 56,183 位 / 56,183件
文字数 38,033 最終更新日 2023.03.24 登録日 2023.03.16
215 12345

アルファポリスの恋愛小説のご紹介

アルファポリスの恋愛小説の一覧ページです。
イケメンとの甘々な恋愛から悪役令嬢などの異世界転移ものまで、胸キュン、切ない、純愛などの多彩な恋愛小説が満載です。
悪役令嬢」 「婚約破棄」 「溺愛」 「ざまぁ」 「オフィスラブ」 人気のタグからお気に入りの小説を探すこともできます。ぜひお気に入りの小説を見つけてください。