婚約破棄小説一覧

13,317 12345
1
恋愛 連載中 長編
 目が覚めたら牢獄の中にいた。どうやら姉二人と一緒にスリをして捕まってしまったらしい。しかしおかしい。スリをした覚えはないし、ましてや一人っ子だ。姉二人とやらはどこからどう見ても外人だし、あたしは生まれも育ちも日本だ。 「まあ、可哀そうに……こんなところに閉じ込められて、怖かったでしょう?」  状況が飲み込めない中、ようやく見覚えのある女性が近づいてきた。でも待って、この女性って確か、あたしの好きなVRMMO【ラビリンス】に出てくる公爵令嬢のレミーゼ・ローテルハルクだったはず。  だとすれば、マズイ……これは非常にマズイ。 「ふふ、怯えなくてもいいの。あたしがここから出してあげるから、ねっ?」  レミーゼの表の顔は【聖女】様。  でも裏の顔は……奴隷を痛めつけるのが趣味の、通称【拷問令嬢】だ。  連れてこられた拷問部屋で、あたしはレミーゼを殺した。これは不慮の事故だ。あたしの意志でやったことじゃない。でも、初めて人を殺してしまった。  騒ぎを聞きつけたのか、屋敷の外で待機していた護衛が中に入ってくる。  どうすればいい? どうすればこの状況を乗り切ることができる? 「……もう、これしかない。あたしが……あたしがレミーゼになって誤魔化すしか……!」  死体を放置したまま、変身魔法を唱える。すると姿形がレミーゼそっくりに変化した。 「演じるのよ……あたしが、拷問令嬢レミーゼ・ローテルハルクを……!」 ※完結まで更新します。
24h.ポイント 1,307pt
小説 994 位 / 184,281件 恋愛 470 位 / 56,536件
文字数 41,056 最終更新日 2024.03.04 登録日 2024.03.01
2
恋愛 完結 長編
伯爵令嬢のリリカとキャサリンは二卵性双生児。生まれつき病弱でどんどん母似の美女へ成長するキャサリンを母は溺愛し、そんな母に父は何も言えない……。そんな家庭で育った父似のリリカは、とにかく自分に自信がない。幼い頃からの許婚である伯爵家長男ウィリアムが心の支えだ。しかしある日、ウィリアムに許婚の話をなかったことにして欲しいと言われ…… リリカとキャサリン、ウィリアム、キャサリンの許婚である公爵家次男のスターリン……彼らの物語を一緒に見守って下さると嬉しいです。 ⭐︎2023.4.24完結⭐︎ ※2024.2.8~追加・修正作業のため、2話以降を一旦非公開にしていました。  →2024.3.4再投稿。大幅に追加&修正をしたので、もしよければ読んでみて下さい(^^)
24h.ポイント 21pt
小説 24,988 位 / 184,281件 恋愛 10,661 位 / 56,536件
文字数 80,807 最終更新日 2024.03.04 登録日 2023.04.06
3
恋愛 連載中 短編 R15
恋人と結婚を約束していたサツキはある日、恋人に振られ傷心旅行として小豆島を訪れる。未練の残るサツキは彼にプレゼントして貰ったペアリングをまだ外せずにいた。そんな時、サツキは小豆島に住むメイタと出会う。民泊として家を一部解放してらメイタはサツキに自分の家に来ることを提案し、サツキはメイタの家に宿泊することになる。メイタはサツキを近所にある自分の行きつけの居酒屋に誘い、2人で行くことになる。その居酒屋にはサツキの元恋人と仲良くしていた後輩のユウキがいて、サツキはつい小さなプライドからくだらない嘘をついてしまうのだが…
24h.ポイント 398pt
小説 3,125 位 / 184,281件 恋愛 1,463 位 / 56,536件
文字数 22,409 最終更新日 2024.03.04 登録日 2024.02.21
4
恋愛 連載中 短編
婚約者が包み込まれるような愛について語り出した。 おかしいと思って調べた結果、浮気が明らかになり、浮気相手との愛を見せつけられ婚約破棄された。 障害だらけの二人だけど燃え上がったのなら応援してあげる。 あの二人なら何があっても負けないと信じているから。
24h.ポイント 10,536pt
小説 184 位 / 184,281件 恋愛 112 位 / 56,536件
文字数 10,508 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.03
5
恋愛 連載中 長編 R15
「王家の念願は今度こそ叶うのか!?」とまで言われるビルワーツ侯爵家令嬢との婚約ですが、毎回婚約破棄してきたのは王家から。  政より自分達の欲を優先して国を傾けて、その度に王命で『婚約』を申しつけてくる。その挙句、大勢の前で『婚約破棄だ!』と叫ぶ愚か者達にはもううんざり。  ビルワーツ侯爵家の資産を手に入れたい者達に翻弄されるのは、もうおしまいにいたしましょう。  地獄のような人生から巻き戻ったと気付き、新たなスタートを切ったエレーナは⋯⋯幸せを掴むために全ての力を振り絞ります。  全てを捨てるのか、それとも叩き壊すのか⋯⋯。  祖父、母、エレーナ⋯⋯三世代続いた王家とビルワーツ侯爵家の争いは、今回で終止符を打ってみせます。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結迄予約投稿済。 R15は念の為・・
24h.ポイント 7,534pt
小説 235 位 / 184,281件 恋愛 132 位 / 56,536件
文字数 285,193 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.30
6
恋愛 連載中 長編
長い銀髪にブルーの瞳。 見事に乙女ゲーム『キラキラ・プリンセス〜学園は花盛り〜』の悪役令嬢に転生してしまった。でも、もやしっ子(個人談)に一目惚れなんてしません。 私はガチの自衛隊好き。 たった一つある断罪エンド目指して頑張りたいけど、どうすれば良いの?
24h.ポイント 688pt
小説 1,801 位 / 184,281件 恋愛 844 位 / 56,536件
文字数 2,433 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.01
7
恋愛 連載中 短編
聖女なヒロインに、婚約者を奪われ、更に聖女どころか王家まで害した罪で家を取り潰されてしまったルシアナ。2年ののち、恩赦として王家の命令により、聖女を守った騎士ケイレブのところに結婚するために出向いて行きましたが・・・誰にも歓迎されないルシアナは、しあわせをつかめるのでしょうか? 拙作「そうです。私がヒロインです。羨ましいですか?」のスピンオフ。 悪役令嬢ルシアナと聖女を守った騎士ケイレブの恋物語です。
24h.ポイント 1,414pt
小説 926 位 / 184,281件 恋愛 432 位 / 56,536件
文字数 91,943 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.31
8
恋愛 連載中 長編 R18
 昔むかしこの世界には魔王がいて勇者がいて魔法があったという  全てがおとぎ話となり、魔法の消えた“その後”の世界の物語  メイジス国五大貴族の一つ、レグルス家侯爵令嬢であるスカーレットは王立学園の卒業パーティでレオナルド王太子に婚約破棄を突きつけられてしまう  家からも勘当され行くあてもなく彷徨うスカーレットに声をかけたのは自らを宮廷魔術師と名乗る怪しい男だった  オズという名の自称宮廷魔導師はスカーレットにとある提案を持ちかける 「一年の間、君の魔法の師匠になってあげる。一年後、君が行く先を見つけられなかったら僕のお嫁さんになってよ」 半ば賭け事じみた提案にスカーレットは応じることにした オズという男の正体とは、そして自身に迫る黒い影にスカーレットは立ち向かうことが出来るのか どうぞお楽しみくださいませ (絡みが濃いシーンには★をつけております。ご参考までに) 表紙はLINEのAIイラストくんにて生成しました
24h.ポイント 768pt
小説 1,629 位 / 184,281件 恋愛 768 位 / 56,536件
文字数 47,833 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.11.27
9
恋愛 連載中 長編 R15
ああ、本当に綺麗だなぁ。 目の前を睦まじい様子で歩く二人を見て、私は眩しいような気持ちで目を眇めた。 私が婚約者兼護衛として子供の頃から傍で守ってきた王子、ロベール様はこのところ一人の少女に夢中になっている。談笑する二人を一歩下がった位置から見守る私に、ロベール様から無情な決定が報告された。 「ああそうだ、レオニー。お前との婚約が正式に破棄される事が決定したぞ」 泣きそう。 なんでそんなに晴れやかな笑顔なんだ。 ************************* 王子の婚約者としての任も護衛の任も突如解かれたレオニー。 傷心で集中力を削がれた彼女は剣術の模擬戦で顔に傷を負う。高身長に婚約破棄、顔に傷。自分の女性としてのマイナススペックに苦笑しつつ騎士として生きていくことを決意する彼女の前に現れたのは……。 ◆1000文字程度の更新です
24h.ポイント 697pt
小説 1,784 位 / 184,281件 恋愛 834 位 / 56,536件
文字数 77,367 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.20
10
恋愛 連載中 長編 R15
妖と恋をする一風変わった和風乙女ゲームの世界に、妖狐:千尋様の許嫁として転生した真白。 大好きなキャラクターだというのに、弱者の性か巨大な妖力を持つ千尋様が怖くて怖くて仕方がない。もう本能の領域ゆえに震える手足を何とかするのは諦めて、大切な千尋様はヒロインにお任せし、自身は恙無く乙女ゲームの舞台から退場する事にした。 千尋様からの婚約破棄を受け、乙女ゲームの舞台から無事に何とか退場した真白。ついでに一族からも追放されて、一月経った今では街の居酒屋で『よろず仕事請負人』として働く毎日。 そんな彼女に、初めての『指名依頼』が。 喜び勇んで出かけてみれば、依頼主はなんと『ヒロイン』。 しかも入れ替わりで、千尋様までやって来て……。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■毎回1000文字程度の更新です。 ざまぁ系ではございません。
24h.ポイント 448pt
小説 2,770 位 / 184,281件 恋愛 1,303 位 / 56,536件
文字数 59,777 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.23
11
恋愛 連載中 長編 R15
(週一更新になります。楽しみにしてくださる方々、申し訳ありません。) この物語の主人公、ソフィアは五歳の時にデメトリアス公爵家の養女として迎えられた。 両親の不幸で令嬢になったソフィアは、両親が亡くなった時の記憶と引き替えに前世の記憶を思い出してしまった。 この世界が乙女ゲームの世界だと気付くのに時間がかからなかった。 自分が悪役令嬢と知ったソフィア。 婚約者となるのはアレン・ミットライト王太子殿下。なんとしても婚約破棄、もしくは婚約しないように計画していた矢先、突然の訪問が! 驚いたソフィアは何も考えず、「婚約破棄したい!」と、言ってしまう。 死亡フラグが立ってしまったーー!!?  早速フラグを回収してしまって内心穏やかではいられなかった。 そんなソフィアに殿下から「婚約破棄はしない」と衝撃な言葉が……。 しかも、正式に求婚されてしまう!? これはどういうこと!? ソフィアは混乱しつつもストーリーは進んでいく。 なんとしてても、ゲーム本作の学園入学までには婚約を破棄したい。 攻略対象者ともできるなら関わりたくない。そう思っているのになぜか関わってしまう。 中世ヨーロッパのような世界。だけど、中世ヨーロッパとはわずかに違う。 ファンタジーのふんわりとした世界で、彼女は婚約破棄、そして死亡フラグを回避出来るのか!? ※この作品はフィクションです。 実在の人物、団体などに一切関係ありません。 誤字脱字、感想を受け付けております。 HOT ランキング 4位にランクイン 第1回 一二三書房WEB小説大賞 一次選考通過作品 この作品は、小説家になろう、カクヨムにも投稿しています。
24h.ポイント 391pt
小説 3,197 位 / 184,281件 恋愛 1,489 位 / 56,536件
文字数 310,899 最終更新日 2024.03.03 登録日 2022.11.12
12
恋愛 連載中 長編
婚約者がいる身でありながら、浮気をした上でその謝罪も無く婚約破棄にいたる正式な手続きもせず公衆の面前で罵倒した皇太子、そして貴族のルールに則らず、多くの貴族子弟に粉をかけた男爵令嬢。 悪いことをした人がその報いを受けないなんて許さない。 ならば私が断罪して差し上げましょう。 ーーーーーーーーーーーーーーー 今書いている話の目処がついたので始めます。
24h.ポイント 9,188pt
小説 205 位 / 184,281件 恋愛 121 位 / 56,536件
文字数 53,682 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.30
13
恋愛 連載中 長編 R18
魔術国家ディノート。 その国で魔術ではなく法術を扱うのは平民生まれの聖女のサラ・ジュソウ。 サラは歴代の聖女と同じく国を守る”聖破邪結界”を張り続けていたが、傲慢な婚約者である第1王子から「平民の聖女など無用」と言われ婚約破棄される。 神殿を追われ再び平民となったサラは「聖女を信じてくれる者」にだけ加護を展開させた。 加護を失った日から皇太子や貴族は不幸に見舞われ、転落人生を歩んでいく。 「助けてくれ?」 殿下が連れて来た「真の聖女」に助けて貰えばよいんじゃないですか? もともと平民とし生まれたサラは神殿を追い出されてもアパートを借り、貧乏暮らしを満喫しながら今日も己を信じるものにだけに加護を与える。 「ドラゴンが出た?」 では真の聖女に何とかして貰って下さいね。 リアリスト聖女のサラは今日も蔑ろにしてきた者には慈悲を与えない。 「そんな事より今日は玉葱が特売日ですから!」 結界や慈悲より大切なモノが平民には存在するのだ。 まぁ上流階級の者にはわからないでしょうけどね。 ※尊厳破壊、下系の下品な回があります。  苦手な方は避けて読んで下さい。 BL要素がある話しには題名に※マークがついております。 苦手な方は飛ばしてお読みください(*- -)(*_ _)ペコリ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〇聖女の力を姉に譲渡し国を出て行った元聖女は実は賢者でした~隣国の後宮で自重せずに生きていこうと思います~ 〇聖女が今日もウザいですー男として育てられた公爵家の令嬢は聖女の侍女として第2の人生を歩み始めましたー  上記2作品と同じ世界観です。  その内、話しもリンクしていきます。 〇この話単体でも読めますので、気軽に読んで下さると嬉しいです。
24h.ポイント 1,770pt
小説 755 位 / 184,281件 恋愛 353 位 / 56,536件
文字数 417,392 最終更新日 2024.03.03 登録日 2020.08.26
14
恋愛 連載中 長編
 魔力がない平民として乏しめられてきた伯爵令嬢のデレア・リフェイラには『完全記憶能力』という特殊な力を持っていたが、それは周りの者だけではなく本人すらも気づいていない魔力であった。  魔力無しは平民以下の証と蔑まれ、貴族に馬鹿にされていた彼女は貴族の事が大嫌い。そんな貴族嫌いのデレアは十四歳のとある日、父ギランから紹介された婚約者に婚約破棄を言い渡される。 「私の知った事か、クソ虫がッ!」  しかし負けん気の強いデレアはそんな風に口汚なく言い返してその場を去った。  デレアは元々平民の娘だったがワケあって伯爵令嬢として育てられていた。その為、義母や義理妹、侍女たちに煙たがられるようにリフェイラの屋敷の中で生活している。  本だけが大好きな彼女は本を読み続ける事だけを生き甲斐に、屋敷や学院でもなるべく貴族とは関わらないように過ごす日々の中で、デレアの周りで起こる様々なトラブルや事件をその負けん気の強さと類い稀なる豊富な知識力で解決、乗り越えていき、次第に彼女自身も成長していく物語。  そんな中、徐々に彼女の魅力に気づき始めた周囲の人間たちもデレアに惹かれていった。  父に人を知れ、と言われた事や亡き実母との思い出と幼き日の難解な魔導書の記憶を強く胸に抱き、デレア・リフェイラはこの理不尽な世の中に一石を投じ続けて生き抜いていく。  その生き様は、やがて大きな波紋となって――。 ※序盤は恋愛要素薄めです。中盤以降からじわじわと。 ※この物語に登場する人物、団体名、病名、症状等はフィクションです。特に疾病に関しては実在する病とは異なるものである事を念頭にお読みください。 ※全4章構成です。 ※こちらの作品は小説家になろう様の方でも掲載されておりますが、こちらでは最新のエピソードの追加や加筆がされております。
24h.ポイント 47,887pt
小説 41 位 / 184,281件 恋愛 35 位 / 56,536件
文字数 201,046 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.27
15
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のケリーティアは侯爵令息であるウィリアムとの結婚を控えている。 いわゆる婚約者同士ということだ。 両家の話し合いもまとまって、このまま行けば順当に式を挙げることになっていたが…… ウィリアムとは血の繋がらない妹のルイスが、いつまでも二人の結婚を反対していた。 ルイスの度重なる嫌がらせは次第に犯罪じみたものになっていき、ウィリアムに訴えても取り合われない……我慢の限界を迎えたケリーティアは、婚約破棄を決意する。 そして婚約破棄をしたケリーティアは遠慮することなくルイスの悪行を暴いていく。 広がってゆく義妹の悪評は、彼女がベタ惚れしているルイス自身の婚約者の耳に入ることとなって…… ※ゆるゆる設定です
24h.ポイント 64,052pt
小説 24 位 / 184,281件 恋愛 23 位 / 56,536件
文字数 85,210 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.10.25
16
恋愛 連載中 長編
 戦場では無双し、魔王軍との戦いで多くの勝利へと導いている軍人令嬢エレシュキガル。  軍の中では『勝利の銀魔女』として有名な彼女だが、学園での扱いは全く違った。  「エレシュキガル・レイルロード! お前との婚約を破棄する!」  非常に寡黙なエレシュキガルは婚約者に浮気され、愛想がないという理由で婚約破棄されてしまう。  また、彼女はいじめられており、友人もいないため、1人静かな学園生活を送ろうとしていた。  だが、エレシュキガルはなぜか第2王子に目をつけられて話しかけられるようになり、しまいには一緒に行動を共にするようになっていって……。  「全部エレちゃんのだからね。全部食べちゃって」  「アーサー様、これ、ぜ、ぜんぶよいのですか?」  「もちろーん!」  これは堅物な軍人令嬢エレシュキガルがふわふわ王子アーサーに甘やかされていく物語。  ハッピーエンドです。  ※毎週日曜日更新です。   7月9日:今日の更新が難しいので、明日7月10日最新話44話を投稿します。ぜっーたい更新します! よろしくお願いいたします!
24h.ポイント 583pt
小説 2,142 位 / 184,281件 恋愛 1,016 位 / 56,536件
文字数 293,159 最終更新日 2024.03.03 登録日 2022.08.29
17
恋愛 完結 ショートショート
伯爵令嬢のリリアは侯爵令息で美形の青年クラウスと婚約した。しかし、クラウスが結婚式の前日に婚約破棄を申し出た。それに対し、リリアは…?!
24h.ポイント 2,889pt
小説 483 位 / 184,281件 恋愛 236 位 / 56,536件
文字数 1,043 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.03
18
恋愛 連載中 長編 R15
ある国で、双子が生まれた。 双子の妹は、太陽の神の加護を与えられ、その性格も明るく、優しさに溢れていると、人々から愛され、そして宝とされた。 多くの愛を受けて美しく愛らしく成長した彼女は、その能力と彼女の努力で太陽神の使いだと崇められる。 誰もが彼女を愛した。 だが、その姉は違った。 月の神の加護を与えられた彼女は、常に妹の影に隠れていた。 そして慈愛に満ちた妹に対して彼女は酷く根暗で捻くれていた──と人々は言った。 そして、彼女は嫉妬に狂い妹を害そうとしたとして婚約破棄と身分を剥奪の上、国外追放を言い渡される。 身に覚えのない罪の数々を着せられた彼女は全てを失い生きる希望さえも失っていた。 ──ああ、これで楽になれる 死が近づく中、彼女はそう安堵したが、事は思わぬ方向へと進む。 ***** ※ゆるふあ設定の為、あまり深く突っ込まないでいただきたいです。 ※誤字脱字を何故か見つけられない病なので、ご容赦ください。努力はします。 ※日本語の勘違いもよくあります。方言もよく分かっていない田舎っぺです。
24h.ポイント 8,647pt
小説 215 位 / 184,281件 恋愛 124 位 / 56,536件
文字数 23,291 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.01
19
恋愛 連載中 長編 R15
未婚、アラフォーの薫が転移した先は全然悪役令嬢ではない悪役侯爵令嬢、スカーレットの中。しかも婚約破棄真っ只中。 そんな薫の役割は、婚約破棄後のスカーレットになり人生を謳歌することだった。ついでに、諸事情でまともに恋愛をしてこれなかった分を取り返すこと。 けれど、新しい世界の毎日が楽しくて、恋愛に割く時間がなくて…。 *話の中に出て来る様々なことは無駄に長いお一人様生活をしてきた主人公の個人的な意見、個人的な経験です。
24h.ポイント 1,918pt
小説 697 位 / 184,281件 恋愛 323 位 / 56,536件
文字数 370,871 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.10.13
20
恋愛 連載中 長編
「メアリー、用済みとなった貴様との婚約を破棄する」  魔物の被害に苦しんでいた公爵家は、問題解決のため、優秀な魔術師であるメアリーとの婚約を果たしたにも関わらず、魔物問題が解決した途端に婚約破棄を宣言する。  道理に反した行いに呆れたメアリーだが、あっさりと婚約破棄を受け入れ、実家である辺境領へと帰還する。  彼女がすんなりと婚約破棄を受け入れたのには理由があった。メアリーは他人の生命力を視認できるため、残りの寿命を知ることができたのだ。  婚約者の寿命は残り三ヶ月。彼に別れを告げ、実家に帰った彼女は、幼馴染である隣国の王子から熱烈なアプローチを受けるのだった。  一方、公爵は寿命が近づくに連れて、周囲の人たちから見放されていく。孤独に暮らすようになった彼は、メアリーとの婚約破棄を後悔するのだった。  本作品は婚約破棄された令嬢が辺境領に戻り、ハッピーエンドを迎えるまでの物語である。
24h.ポイント 9,458pt
小説 201 位 / 184,281件 恋愛 119 位 / 56,536件
文字数 59,331 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.10
21
恋愛 連載中 長編
とある侯爵家に生まれた美しい姫ユリエラは、誰もが恐れるガチ悪な令嬢としてすくすく育っていった。 そんな周りを見下すユリエラは、つんとあごを上げ過ぎて足元がおろそかになり、階段を踏み外してしまう。 その転がり落ちる衝撃で、前世の「霧島ゆり」としての記憶を思い出す。 ユリエラはこの世界が乙女ゲーム「ダークバラード」の世界だと知り、そして自分が悪役令嬢ユリエラに転生したことを知った。 ユリエラは何とか自分が処刑される卒業イベント「ユリエラ断罪」、それに続く「魔王へ寝返る」イベントを回避するため、自分のカルマ値のマイナスっぷりに凹みつつ、日々居酒屋で癒されながら頑張るのだった。
24h.ポイント 2,374pt
小説 576 位 / 184,281件 恋愛 276 位 / 56,536件
文字数 69,981 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.11
22
恋愛 連載中 短編
子爵令嬢のジュスティーナは、裕福な伯爵家の令息ルドヴィクの婚約者。しかし、ルドヴィクはいつもジュスティーナではなく、彼女の妹のフェリーチェに会いに来る。 自分に対する態度とは全く違う優しい態度でフェリーチェに接するルドヴィクを見て傷つくジュスティーナだが、自分は妹のように愛らしくないし、魔法の能力も中途半端だからと諦めていた。 そんなある日、ルドヴィクが妹に婚約者の証の契約石に見立てた石を渡し、「君の方が婚約者だったらよかったのに」と言っているのを聞いてしまう。 さらに婚約解消が出来ないのは自分が嫌がっているせいだという嘘まで吐かれ、我慢の限界が来たジュスティーナは、ルドヴィクとの婚約を破棄することを決意するが……。 ◆エールありがとうございます! ◇表紙画像はGirly Drop様からお借りしました💐
24h.ポイント 108,846pt
小説 8 位 / 184,281件 恋愛 8 位 / 56,536件
文字数 39,409 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.10
23
ファンタジー 連載中 長編 R15
百合成分超強め。過去改変ファンタジー 王国の第一貴族の天才令嬢、ヘルムート=シャマシュは世界の終末「カリ・ユガ」を迎え、崩壊するローラシア王国の姿を見ていた。 そして国を守りながらも裏切り者のせいで後ろから刺され、虫の息だった最愛の女性。ミシェウの手を握って、その最期を見届ける。 ミシェウとの思い出。そして自分の無力さと足を引っ張ってきた奴らへの憎悪。そんな中シャマシュのもとにやってきた一人の少女アルル。 アルルは言った。 「もう一度、あなたに可能性を与えるわ」 復讐に燃えるシャマシュ。コクリとうなづいて過去へ戻って、もう一度この世界をやり直すこととなる。 戻ってきた場所は、彼女の運命を大きく変えた国王カイセド=コール=シュレイダーからの婚約破棄を突き付けられる場面だった。 そしてシャマシュは最も好きだった最愛の女性。ミシェウ=クリス=シュレイダーと結婚することを王国の貴族たちの前で告げる。 突然の、それも同性からのプロポーズに戸惑うミシェウ。そして世界を破滅から救うための復讐劇が始まった。 魔法に恵まれ、優秀ながらもその冷徹さ故に煙たがれていた冷徹令嬢。 魔法に恵まれず、占星術を研究する。明るくて誰からも好かれる少女。 そんな正反対の性質を持つ王女2人の、恋に落ちながらも、ミシェウを殺し王国を滅ぼそうとしている裏切り者たちを粛正していき、終末を乗り越えた平和な世界。通称ヘスペリデスの園を目指していく物語。 【作者が考える作品のセールスポイント】 1.主人公シャマシュの、最愛の人ミシェウのためにひたむきに復讐のために戦っていくシーン 2.ヒロインミシェウが、不遇な扱いを受けても前向きに明るく生き、復讐のために戦っていく描写 3.性格の違う2人が最初は違和感を覚えつつも、どんどん恋愛感情が芽生えていき互いの恋心に気づいていく過程
24h.ポイント 542pt
小説 2,301 位 / 184,281件 ファンタジー 398 位 / 41,677件
文字数 126,674 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.08.10
24
恋愛 連載中 長編 R15
 伯爵令嬢のジュエルは、王太子であるシリウスから求婚され、王太子妃になるべく日々努力していた。  そんなある日、ジュエルはシリウスが一人の女性と抱き合っているのを見てしまう。  その日以来、何度も何度も彼女との逢瀬を重ねるシリウス。  そんなに彼女が好きなのなら、彼女を王太子妃にすれば良い。  ジュエルが何度そう言っても、シリウスは「彼女は友人だよ」と繰り返すばかり。  堂々と嘘をつくシリウスにジュエルは・・・
24h.ポイント 43,682pt
小説 50 位 / 184,281件 恋愛 43 位 / 56,536件
文字数 90,628 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.12.09
25
恋愛 完結 長編 R18
 もうすぐ幼馴染と結婚する主人公のもとに、王子様との結婚のお知らせが届いた。  断りに行く主人公だったが、王家の伝統で昔から結婚相手を占いで決めてきたとあって逆に丁重にもてなされることに。  初めて間近で見る王子は、サラサラの銀髪にアイスブルーの目をした丹精な顔の持ち主で、婚約中の身でありながら心ならずもときめいてしまう。  だが会ったこともない主人公との結婚に乗り気ではなかった王子にボロクソに貶さて…… 「あなたとは結婚しません!」  そういって退場しようとするが「もう夜だから泊まっていけ」といわれ、そのままお城に泊まることに…… 顔はいいのに性格の悪い傲慢な王子とのNTRな恋愛もの
24h.ポイント 1,359pt
小説 962 位 / 184,281件 恋愛 449 位 / 56,536件
文字数 8,421 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.01
26
恋愛 連載中 長編
シナリオライターの霧崎祥子は、仕事に疲れて帰ってきたある日、乙女ゲームの世界に転生してしまう。 しかし、転生してきたのは嫌いな乙女ゲームの世界。 キャラやストーリー展開の遅さなどが得意ではなく、友人との付き合いだけでプレイしていただけのゲームだった。 転生したのは、モブキャラであるアニータ・デムーロ男爵令嬢。 悪役令嬢にいじめられるだけの役回りであり、本編にはほとんど絡まないキャラであるが、彼女はストーリーの裏側で人知れず婚約破棄を突き付けられていたらしい。 転生して速攻、婚約破棄の憂き目にあった祥子は決意する。 「もう誰ともかかわらずに、のんびりモブキャラ男爵令嬢として生きていく」と。 しかし、ひょんなことから、王太子・エリゼオが女性関係に苦悩しているシーンに出くわしたアニータはついつい放っておけず……。 得意のシナリオでもって彼を助けることとなり、偽の恋人関係を結ぶこととなった。 はじめはただの演技だったが、やがてエリゼオは本気でアニータのことを気に入るようになっていく。それが王子による溺愛の始まりであった。 「君のそばにいられるなら、僕はなんだってやるさ」 ゲームをしていたときは、情けなくて優柔不断なキャラだったはずのエリゼオは、どんどんと祥子にとって魅力的な男へと変わり、積極的なアピールをしてくる。 それに心を動かされつつも、静かに平穏に過ごしたいアニータは、元シナリオライターとしていろいろな策でもって展開を変えようとするが、なにをどうしても王子からの溺愛だけは止まらない!? なんで、こうなるのっ!
24h.ポイント 1,847pt
小説 719 位 / 184,281件 恋愛 333 位 / 56,536件
文字数 18,607 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.02
27
恋愛 連載中 長編 R15
「お母様……」 冷たく薄暗く、不潔で不快な地下の罪人牢で、彼女は独り、亡き母に語りかける。その掌の中には、ひと粒の小さな白い錠剤。 古ぼけた簡易寝台に座り、彼女はそのままゆっくりと、覚悟を決めたように横たわる。 「言いつけを、守ります」 最期にそう呟いて、彼女は震える手で錠剤を口に含み、そのまま飲み下した。 こうして、第二王子ボアネルジェスの婚約者でありカストリア公爵家の次期女公爵でもある公女オフィーリアは、獄中にて自ら命を断った。 そして彼女の死後、その影響はマケダニア王国の王宮内外の至るところで噴出した。 「ええい、公務が回らん!オフィーリアは何をやっている!?」 「殿下は何を仰せか!すでに公女は儚くなられたでしょうが!」 「くっ……、な、ならば蘇生させ」 「あれから何日経つとお思いで!?お気は確かか!」 「何故だ!何故この私が裁かれねばならん!」 「そうよ!お父様も私も何も悪くないわ!悪いのは全部お義姉さまよ!」 「…………申し開きがあるのなら、今ここではなく取り調べと裁判の場で存分に申すがよいわ。⸺連れて行け」 「まっ、待て!話を」 「嫌ぁ〜!」 「今さら何しに戻ってきたかね先々代様。わしらはもう、公女さま以外にお仕えする気も従う気もないんじゃがな?」 「なっ……貴様!領主たる儂の言うことが聞けんと」 「領主だったのは亡くなった女公さまとその娘の公女さまじゃ。あの方らはあんたと違って、わしら領民を第一に考えて下さった。あんたと違ってな!」 「くっ……!」 「なっ、譲位せよだと!?」 「本国の決定にございます。これ以上の混迷は連邦友邦にまで悪影響を与えかねないと。⸺潔く観念なさいませ。さあ、ご署名を」 「おのれ、謀りおったか!」 「…………父上が悪いのですよ。あの時止めてさえいれば、彼女は死なずに済んだのに」 ◆人が亡くなる描写、及びベッドシーンがあるのでR15で。生々しい表現は避けています。 ◆公女が亡くなってからが本番。なので最初の方、恋愛要素はほぼありません。最後はちゃんとジャンル:恋愛の予定です。 ◆ドアマットヒロインを書こうとしたはずが。どうしてこうなった? ◆作中の演出として自死のシーンがありますが、決して推奨し助長するものではありません。早まっちゃう前に然るべき窓口に一言相談を。 ◆作者の作品は特に断りなき場合、基本的に同一の世界観に基づいています。が、他作品とリンクする予定は特にありません。本作単品でお楽しみ頂けます。 ◆この作品は小説家になろうでも公開します。話数調整の関係でなろう版がやや先行しています。 ◆24/2/17、HOTランキング女性向け1位!?1位は初ですありがとうございます!
24h.ポイント 56,604pt
小説 34 位 / 184,281件 恋愛 29 位 / 56,536件
文字数 114,994 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.30
28
ファンタジー 連載中 長編 R15
 そこは皇宮のダンスホール。  玉座に座り頬杖をついていた女性がいた。  彼女の名前はルルシア・フォン・ランダール。 「ルル、貴様!」 「あら?新しい皇妃に向かって不敬じゃないかしら?」  そんな彼女を睨み付けるのは元皇子であるシュナイダー。  皇子はかつて冤罪でルルを貶め、処刑をしようとした。  しかし今は惨めに兵士達に這いつくばらされている。  そう言って思い切り頭を踏みつけて来る男はかつて皇子の取り巻きの一人だった男だった。 「どうかしら?貴方の言った嘘が本当になった感想は?」 「貴方は、いいえ貴方達はやり過ぎた。その報いはそれ相応に返ってくるものなのよ?」  これは魔法が一般的ではない騎士の国で、魔法が使えたが故に虐げられてきた少女が大切な物を失い、逆境を乗り越えていく物語
24h.ポイント 306pt
小説 4,162 位 / 184,281件 ファンタジー 662 位 / 41,677件
文字数 342,615 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.10.01
29
恋愛 連載中 長編 R18
幼い頃から、愛のない婚約かとずっと思っていた。 婚約解消を言い出した私の言葉に、彼が豹変するまでは……。 8/11、第2部スタートしました。 小説家になろう様にも投稿しています。
24h.ポイント 2,060pt
小説 655 位 / 184,281件 恋愛 313 位 / 56,536件
文字数 146,839 最終更新日 2024.03.03 登録日 2021.06.15
30
恋愛 連載中 長編
元伯爵令嬢だった私、ビアラ・ミゼライトにはホーリル・フェルナンディという子爵令息の婚約者がいる。とある事情で両親を亡くした私は、フェルナンディ子爵家から支援を受けて、貴族が多く通う学園ではあるけれど、成績次第では平民でも通える学園に通っていた。 ある日、ホーリルから呼び出された私は、彼から婚約を破棄し学費や寮費援助を打ち切ると告げられてしまう。 しかも、彼の新しいお相手は私の腐れ縁の相手、ディラン・ミーグス公爵令息の婚約者だった。 その場に居たミーグスと私は婚約破棄を了承する。でも、馬鹿な元婚約者たちが相手では、それだけで終わるはずもなかった―― ※完結保証です。 ※史実とは関係ない異世界の世界観であり、設定はゆるゆるで、ご都合主義です。魔法も存在します。 ※誤字脱字など見直して気をつけているつもりですが、やはりございます。申し訳ございません。教えていただけますと有り難いです
24h.ポイント 17,873pt
小説 118 位 / 184,281件 恋愛 82 位 / 56,536件
文字数 73,188 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.26
31
BL 連載中 長編 R18
 婚約して同棲までしていた相手に、グレースはある日突然、出て行けと言われてしまった。  それもそのはず、オメガ令嬢だと偽って彼と婚約していたが、グレースは立派な男オメガであり、その事実を指摘されてしまえば到底、婚約破棄を拒むことは出来ない。  屋敷を叩きだされて、トランク片手に街へと向かうと、そこには馬車と、グレースの従者だと名乗る使用人がいて、グレースをさっさと馬車へと乗せる。  ついた先には、女嫌いの公爵子息がおり、彼がグレースと結婚することになっていると言いはじめ、奇妙な二人の番生活は幕を開けたのだった。  がっつりエッチな五万文字ぐらいのBLです。ちょっとだけ主人公が不憫かもしれません。サクサク上げていくので、よろしければ読んでってください。
24h.ポイント 7,456pt
小説 238 位 / 184,281件 BL 42 位 / 23,709件
文字数 21,001 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.01
32
恋愛 連載中 短編 R18
   王太子であるレアンドルと婚約していた令嬢シェリルは、異世界から聖女アイカが召喚されると、その立場を弱くした。  それだけであったのなら、少し不幸だったという話で済んだはずだが、シェリルの言動はおかしくなり、ある日、レアンドルを傷つけて投獄されてしまう。  誰も助けに来ない暗闇の中、死の淵に立たされ命をじりじりと削られる。恐怖と苦痛に狂いながら日々を過ごす。そんな時、突然助け出されてベットで目が覚める。そこには幼なじみのジェラルドだと名乗る男がいて……。  二万文字弱のエロい短編です。メンタルをおかしくした主人公が、王宮に戻ろうとするので、幼なじみが引き留めてに無理やり犯します。エロいと思っていただけましたら嬉しいです。
24h.ポイント 1,371pt
小説 951 位 / 184,281件 恋愛 445 位 / 56,536件
文字数 15,817 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.01
ランドロール公爵家は、数百年前に王国を大地震の脅威から護った『要の巫女』の子孫として王国に名を残している。 そして15歳になったリシア・ランドロールも一族の慣しに従って『要の巫女』の座を受け継ぐこととなる。 さらに王太子がリシアを婚約者に選んだことで二人は婚約を結ぶことが決定した。 しかし本物の巫女としての力を持っていたのは初代のみで、それ以降はただ形式上の祈りを捧げる名ばかりの巫女ばかりであった。 それ故に時代とともにランドロール公爵家を敬う者は減っていき、遂に王太子アストラはリシアとの婚約破棄を宣言すると共にランドロール家の爵位を剥奪する事を決定してしまう。 だが彼らは知らなかった。リシアこそが初代『要の巫女』の生まれ変わりであり、これから王国で発生する大地震を予兆し鎮めていたと言う事実を。 そして「もう私は必要ないんですよね?」と、そっと術を解き、リシアは国を後にする決意をするのだった。 ※小説家になろう・カクヨムにも同タイトルで投稿しています。
24h.ポイント 16,586pt
小説 124 位 / 184,281件 ファンタジー 25 位 / 41,677件
文字数 53,533 最終更新日 2024.03.03 登録日 2020.05.13
34
恋愛 連載中 長編
貴族であるファーラ伯爵との婚約を結んでいたセイラ。しかし伯爵はセイラの事をほったらかしにして、幼馴染であるレリアの方にばかり愛情をかけていた。それは溺愛と呼んでもいいほどのもので、そんな行動の果てにファーラ伯爵は婚約破棄まで持ち出してしまう。しかしそれと時を同じくして、セイラはその姿を伯爵の前からこつぜんと消してしまう。弱気なセイラが自分に逆らう事など絶対に無いと思い上がっていた伯爵は、誰もいなくなってしまったセイラの部屋を見て…。 ※カクヨム、小説家になろうにも投稿しています!
24h.ポイント 24,815pt
小説 84 位 / 184,281件 恋愛 63 位 / 56,536件
文字数 88,371 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.29
35
恋愛 連載中 長編 R18
 我慢して、御行儀良く、息を殺して生きてきたのに。  それでも貴方だけは、忘れられなかった。  山藤陽菜、二十三歳。契約社員として医療事務をしている。父親似の容姿や田舎独特の確執で、母親から虐待された過去がある。顔と膝に消せない傷や消せない暴力の跡でいつも下を向いて、ひっそりと生きていた。  そんなある日、救急外来に良く出没する" 笑わない医者 "である循環器内科医の最賀と時間を共にするうちに、段々距離が近付く。  だが、院内の噂で最賀には婚約者がいると知った矢先に、因縁の母親から見合い話を持ちかけられ……。  二人は逃げるように、短い逃避行に身を投じる。  幸せだった。けれども、キャリアのある彼を縛り付け、何も持たない陽菜には相応しくない、だから……。  逃避行の終末から、五年。  状況は好転する兆しは無い。家族との確執は広がるものの、漸く心を許せる友人も出来た。でも、そこにあの人はまだいない。  何があっても、愛している。  ただ、側に居られるだけで良かったのに。  長い月日を経て再会を果たした二人は不器用に、また恋を始める。  愛を知らない二人の行く末は──。    歳の差すれ違いラブストーリー。  笑わぬ循環器内科Dr. × 陰のある幸薄医療事務 ※毎日20時更新予定。なろう様でも掲載中。 ※性的描写、虐待・暴力描写、毒親、差別描写含まれておりますのでR指定です。 ※10000%ハッピーエンド。不遇スタート、愛されストーリーになるので途中経過色々ありますが、悪は必ず消えます。ざまあ描写勿論、あります。 ※50万文字以上の長編です。 ※途中から登場するナースとドクターの恋愛ストーリーも追々掲載予定。準備中。 ※性的描写あるシーンはタイトル横に※追加致します。 ※この物語は完全なるフィクションです※ 犯罪行為や暴力等推奨するものでは御座いません。 田舎独特の描写御座いますが、創作物であり犯罪や偏見、侮辱行為の助長を促すものでは無いです。 パートナーシップ制度等を取り入れている地名使用しておりますが、その他は基本的には地名はフィクションです。
24h.ポイント 377pt
小説 3,340 位 / 184,281件 恋愛 1,549 位 / 56,536件
文字数 367,909 最終更新日 2024.03.03 登録日 2023.10.30
36
恋愛 連載中 長編
義母から毎日の様に暴言を浴びせられ、義父からはセクハラをされ、肝心の夫であるカール・フョードルは両親の事をソフィに押し付けて愛人と遊びくれる日々。この家に嫁ぐ理由となったのはソフィの両親である男爵家に借金がありそれを返すためにはフョードル家か、ゲイベル家に嫁入りするしかなかったのだ。そこでソフィは冷徹と呼ばれる騎士のゲイベルではなく、伯爵であるフョードル家と結婚することを選んだ。その選択の後悔をし続けたままで、ソフィは老衰で六十七歳で亡くなる。次目覚めたときソフィは十七歳。結婚する直前の日に時間が巻き戻っていた。記憶はそのままで、精神年齢は六十七歳。ソフィは新しい人生を起こすために、行動を起こす。
24h.ポイント 1,428pt
小説 914 位 / 184,281件 恋愛 426 位 / 56,536件
文字数 10,758 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.01
37
恋愛 完結 長編 R15
白磁のような肌にきらめく金髪、宝石のようなディープグリーンの瞳のシルヴィ・ウィレムス公爵令嬢。 きらびやかに彩られた学院の大広間で、別の女性をエスコートして現れたセドリック王太子殿下に婚約破棄を宣言された。 傍若無人なふるまい、大聖女だというのに仕事のほとんどを他の聖女に押し付け、王太子が心惹かれる男爵令嬢には嫌がらせをする。令嬢の有責で婚約破棄、国外追放、除籍…まさにその宣告が下されようとした瞬間。 「心当たりはありますが、本当にご理解いただけているか…答え合わせいたしません?」 令嬢との答え合わせに、青ざめ愕然としていく王太子、男爵令嬢、側近達など… 周りに搾取され続け、大事にされなかった令嬢の答え合わせにより、皆の終わりが始まる。 ※R15は、保険。後半恋愛要素あり。ほのぼの系を書いていたので、気分転換にざまぁありの話を書き始めました。45話ほどで完結予定。 追記:気楽な気持ちで書いていたのですが、急なお気に入りの増加にビビっています。ご期待にこたえられるかどうか。あわわ…。結構書き進めていたのですが、もっと楽しんでいただけるよう今絶賛見直し中です。勉強不足、ご都合主義、誤字脱字は、どうか、温かい目でm(__)m
24h.ポイント 233,063pt
小説 2 位 / 184,281件 恋愛 2 位 / 56,536件
文字数 70,186 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.18
38
恋愛 連載中 長編
アルミラ・レイドック侯爵令嬢には伯爵家の次男のオズック・エルモードという婚約者がいた。 わたしと彼は、現在、遠距離恋愛中だった。 サプライズでオズック様に会いに出かけたわたしは彼がわたしの親友と寄り添っているところを見てしまう。 「アルミラはオレにとっては都合のいい女でしかない」 レイドック侯爵家にはわたししか子供がいない。 オズック様は侯爵という爵位が目的で婿養子になり、彼がレイドック侯爵になれば、わたしを捨てるつもりなのだという。 親友と恋人の会話を聞いたわたしは彼らに制裁を加えることにした。 ※独特の異世界の世界観であり、設定はゆるゆるで、ご都合主義です。 ※誤字脱字など見直して気を付けているつもりですが、やはりございます。申し訳ございません。教えていただけますと有り難いです。
24h.ポイント 38,543pt
小説 54 位 / 184,281件 恋愛 45 位 / 56,536件
文字数 4,090 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.03.03
39
恋愛 連載中 長編
 魔石師という特殊な力を持つ家系の伯爵令嬢であるルフィーリアは、デビュタントを数日後に控えたとある日、婚約者であるガウェイン第一王子殿下に婚約破棄を申し渡されてしまう。  その隣には義理の妹のカタリナが不敵な笑みを浮かべていた。そして身に覚えのない罪を突きつけられ、王宮から追い出されてしまう。  仕方なく家に戻ったルビイは、実の両親にも同じく見知らぬ理由で断罪され、勘当され、ついには家からも追放されてしまった。  行くあての無いルフィーリアを救ったのは一人の商会を営む貴族令息であるシルヴァ・オルブライト。彼はルフィーリアの不思議な力を見て「共にガウェインに目に物を見せてやらないか」と誘う。  シルヴァはルフィーリアの力を見抜き、彼女をオルブライト商会へと引き込んだ。     それから月日を重ね、ルフィーリアの噂が広まりだした頃。再びガウェイン第一王子はルフィーリアの元へ訪れる。ルフィーリアは毅然とした態度でガウェインからの誘いを断った。しかし今後のルフィーリアの身を案じたシルヴァは彼女を王都の舞踏会へと誘い、そこで彼女はオルブライトの正式な婚約者である事を謳い、妙なちょっかいを出されないように釘を刺すと言った。だが、その舞踏会には様々な思惑が交錯しており……。 ※この作品は小説家になろう様にも投稿しております。
24h.ポイント 23,885pt
小説 89 位 / 184,281件 恋愛 65 位 / 56,536件
文字数 41,924 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.28
40
恋愛 連載中 長編 R15
「ダイヤ王国女王ソフィーリア・ラウンドルフ・フランシス。貴女との婚約およびダイヤ国とスペード夜王国との同盟を白紙に戻させてもらう」 婚約者であるシン・フェイ王子に裏切られ、ダイヤ王国ソフィーリアは悪役女王として国を滅ぼし殺される。13回目のタイムリープも彼女が即位する18歳から繰り返すと思ったら、まさかの8歳からのスタート!?  フェイ王子との婚約破棄が運命の転機と気づきソフィーリアは「恋なんかしない」と決意。13回目は恋慕の情は捨て「ダイヤ王国の滅亡を回避する!」そう決めたはずなのに「ソフィ、私を選んで欲しい」なぜか猛烈なアタックをかける婚約者のフェイ王子。「この人、本当にシン様?」と困惑している間に、外堀も埋められて婚約してしまう。さらに学でフェイ王子と一緒に暮らすなんて今までなかった展開に発展。 ソフィーリアを悪役女王に仕立て上げた聖女の姿も不在?12回目までと全く異なる展開に、いつの間にか隣国の皇太子や王子たちに求婚されまくることに。 甘々溺愛×両片思い×逆ハーレム
24h.ポイント 803pt
小説 1,564 位 / 184,281件 恋愛 732 位 / 56,536件
文字数 165,544 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.06
13,317 12345