戦国時代小説一覧

152 1234
1
キャラ文芸 連載中 長編 R18
古くから敵対してきた不知火一族と狭霧(さぎり)一族。 銀鼠色の髪に藍色の瞳の主人公・翔隆(とびたか)は、様々な世代の他人の生と業と運命を背負い、この戦乱の世に生まれた。 戦国時代の武将達と関わりながら必死に生きていく主人公の物語。 BLな伽と、男女の関係も付け足しますね。 (2023年11月21日から付け足します) BL性表現有りは、題名の後に※ 男女の性表現有りは、題名の後に* 短い物、軽い物は、題名の後に*
24h.ポイント 306pt
小説 3,813 位 / 183,616件 キャラ文芸 32 位 / 4,376件
文字数 616,909 最終更新日 2024.04.23 登録日 2022.11.11
2
恋愛 連載中 長編 R18
トリップした先は戦国時代。 そこで出逢った一人の武将。 この瞬間から、貴女と彼等との恋の物語は始まる___。
24h.ポイント 334pt
小説 3,487 位 / 183,616件 恋愛 1,666 位 / 55,977件
文字数 27,331 最終更新日 2024.04.23 登録日 2024.02.20
武田家滅亡に伴い、赴任先から故郷川中島に戻った春日信達。 新たな上司と揉め事を起こす国人衆を宥めすかし、 やっと落ち着きを取り戻した矢先。 本能寺の変の報せが。 弔い合戦を試みる森長可に恨みを晴らそうと不穏な動きを見せる国人衆。 そこに付け入る上杉景勝からの甘い誘い。 判断に困った春日信達は……。  小説家になろうと重複投稿しています。
24h.ポイント 476pt
小説 2,491 位 / 183,616件 歴史・時代 7 位 / 2,108件
文字数 9,433 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.14
信長以前の戦国時代の畿内。 そこでは「両細川の乱」と呼ばれる、細川京兆家を巡る同族の血で血を洗う争いが続いていた。 勝者は細川 氏綱か? それとも三好 長慶か? いや、本当の勝者は陸の孤島とも言われる土佐国安芸の地に生を受けた現代からの転生者であった。 史実通りならば土佐の出来人、長宗我部 元親に踏み台とされる武将「安芸 国虎」。 運命に立ち向かわんと足掻いた結果、土佐は勿論西日本を席巻する勢力へと成り上がる。 もう一人の転生者、安田 親信がその偉業を裏から支えていた。 明日にも楽隠居をしたいと借金返済のために商いに精を出す安芸 国虎と、安芸 国虎に天下を取らせたいと暗躍する安田 親信。 結果、多くの人を巻き込み、人生を狂わせ、後へは引けない所へ引き摺られていく。 この話はそんな奇妙なコメディである。 設定はガバガバです。間違って書いている箇所もあるかも知れません。 特に序盤は有名武将は登場しません。 不定期更新。合間に書く作品なので更新は遅いです。
24h.ポイント 242pt
小説 4,766 位 / 183,616件 ファンタジー 840 位 / 42,140件
文字数 292,544 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.02.25
5
歴史・時代 連載中 長編 R18
 権太の村にひとりの男がやって来た。  男は、干からびた田畑に水をひき、病に苦しむ人に薬を与え、襲ってくる野武士たちを撃ち払ってくれた。  村人から敬われ、権太も男に憧れていたが、ある日男は村を去った、「天下を取るため」と言い残し………………男の名を十兵衛といった。  ―― 『法隆寺燃ゆ』に続く「燃ゆる」シリーズ第2作目『本能寺燃ゆ』     男たちの欲望と野望、愛憎の幕が遂に開ける!
24h.ポイント 221pt
小説 5,209 位 / 183,616件 歴史・時代 25 位 / 2,108件
文字数 585,889 最終更新日 2024.04.22 登録日 2021.06.09
6
歴史・時代 連載中 長編 R15
何故に滅んだ。また滅ぶのか。やるしかない、機会を与えられたのだから。 戦国時代、出雲の国を本拠に山陰山陽十一カ国のうち、八カ国の守護を兼任し、当時の中国地方随一の大大名となった尼子家。しかしその栄華は長続きせず尼子義久の代で毛利家に滅ぼされる。その義久に生まれ変わったある男の物語
24h.ポイント 213pt
小説 5,408 位 / 183,616件 歴史・時代 29 位 / 2,108件
文字数 45,272 最終更新日 2024.04.21 登録日 2024.03.16
世は戦国末期。織田信長の愛娘と同じ『目』を持つ、一人の女性がいました。 戦国乱世に終止符を打ち、およそ250年続く平和を達成したのは『誰』なのでしょうか? 織田信長? 豊臣秀吉? 徳川家康? それとも……? この小説は、良くも悪くも歴史の『裏側』で暗躍していた人々にスポットを当てた歴史小説です。 【前編(第壱章~第伍章)】 凛を中心とした女たちの闘いが開幕するまでの序章を描いています。 【後編(第陸章〜最終章)】 視点人物に玉(ガラシャ)と福(春日局)が加わります。 一人の女帝が江戸幕府を意のままに操り、ついに戦いの黒幕たちとの長き闘いが終焉を迎えます。 あのパックス・ロマーナにも匹敵した偉業は、どのようにして達成できたのでしょうか? (他、いずもカリーシで掲載しています)
24h.ポイント 21pt
小説 24,538 位 / 183,616件 歴史・時代 136 位 / 2,108件
文字数 235,062 最終更新日 2024.04.18 登録日 2021.04.18
8
大衆娯楽 連載中 長編 R15
とある王国の物語となっています
24h.ポイント 7pt
小説 35,476 位 / 183,616件 大衆娯楽 759 位 / 5,562件
文字数 23,047 最終更新日 2024.04.09 登録日 2024.03.15
9
SF 連載中 長編
2002年、白い死神と呼ばれた男・シモヘイヘが静かに生涯を終えようとしていた。 目を閉じて、来世への思いを馳せる。 そして、彼が転生したのは 1598年の日本。 様々な思惑が入り乱れるこの国で、彼もまた権力争いに巻き込まれていく。
24h.ポイント 63pt
小説 12,699 位 / 183,616件 SF 98 位 / 5,091件
文字数 69,016 最終更新日 2024.04.01 登録日 2022.04.02
東北大地震が発生した1週間後、小笠原清秀と言う青年と長岡与一郎と言う老人が道路巡回車で仕事のために東北自動車道を走っていた。 この1週間、長岡は震災による津波で行方不明となっている妻(玉)のことを捜していた。この日も疲労困憊の中、老人の身体に異変が生じてきた。徐々に動かなくなる神経機能の中で、老人はあることを思い出していた。 長岡が青年だった頃に出会った九鬼大佐と大和型戦艦4番艦桔梗丸のことを。 ~1941年~大和型戦艦4番艦111号(仮称:紀伊)は呉海軍工廠のドックで船を組み立てている作業の途中に、軍本部より工事中止及び船の廃棄の命令がなされたが、青木、長瀬と言う青年将校と岩瀬少佐の働きにより、大和型戦艦4番艦は廃棄を免れ、戦艦ではなく輸送船として生まれる(竣工する)ことになった。 船の名前は桔梗丸(船頭の名前は九鬼大佐)と決まった。 輸送船でありながらその当時最新鋭の武器を持ち、癖があるが最高の技量を持った船員達が集まり桔梗丸は戦地を切り抜け輸送業務をこなしてきた。 その桔梗丸が修理のため横須賀軍港に入港し、その時、長岡与一郎と言う新人が桔梗丸の船員に入ったが、九鬼船頭は遠い遥か遠い昔に長岡に会ったような気がしてならなかった。もしかして前世で会ったのか…。 それから桔梗丸は、兄弟艦の武蔵、信濃、大和の哀しくも壮絶な最後を看取るようになってしまった。 ~1945年8月~日本国の降伏後にも関わらずソビエト連邦が非道極まりなく、満洲、朝鮮、北海道へ攻め込んできた。桔梗丸は北海道へ向かい疎開船に乗っている民間人達を助けに行ったが、小笠原丸及び第二号新興丸は既にソ連の潜水艦の攻撃の餌食になり撃沈され、泰東丸も沈没しつつあった。桔梗丸はソ連の潜水艦2隻に対し最新鋭の怒りの主砲を発砲し、見事に撃沈した。 この行為が米国及びソ連国から(ソ連国は日本の民間船3隻を沈没させ民間人1.708名を殺戮した行為は棚に上げて)日本国が非難され国際問題となろうとしていた。桔梗丸は日本国から投降するように強硬な厳命があったが拒否した。しかし、桔梗丸は日本国には弓を引けず無抵抗のまま(一部、ソ連機への反撃あり)、日本国の戦闘機の爆撃を受け、最後は無念の自爆を遂げることになった。 桔梗丸の船員のうち、意識のないまま小島(宮城県江島)に一人生き残された長岡は、「何故、私一人だけが。」と思い悩み、残された理由について、探しの旅に出る。その理由は何なのか…。前世で何があったのか。与一郎と玉の古の愛の行方は…。
24h.ポイント 21pt
小説 24,538 位 / 183,616件 歴史・時代 136 位 / 2,108件
文字数 60,821 最終更新日 2024.03.31 登録日 2024.03.31
11
BL 完結 長編
 放課後の教室で。何気なく拾った一冊のノート。  誰の?  名前も何もないノート。誰のものか確かめたくて、ノートを読んだ俺は、胸が苦しく切なく、泣きたいぐらい、ワケのわからない衝動に駆られる。  「読んだのか? これを」  慌てて戻ってきたノートの持ち主。クラスメートの桜町。  「頼むから、このノートのことは忘れてくれ」  そう懇願され、俺も忘れるつもりだったのに。  そこから、少しずつ、少しずつ。  友だち、五木と川成とバカをやるだけの日常が変わっていく。  ついさっきまで見てたはずなのに全く覚えてない夢。自分の体なのに、別の誰かが乗り移ったような動き。不気味な既視感。  歯車が軋んでズレていくように、俺のなかの何かが少しずつ変化してる――気がする。  「頼む! あのノートの小説、もう一回読ませてくれ!」  拝み倒し、どうにかノートを借りることに成功するも、桜町から「これはあくまでフィクションだから」、「読んだら内容は忘れてること」と念を押されて。  (……これって、まさか)  小説の内容と、掴むことのできなかった夢の記憶が、少しずつ重なっていく。遠いとおい昔、戦乱の世にあった、悲しい男女の物語。俺の身の上に起きた、遠いとおい過去の記憶。  (俺の前世って、まさか……姫?)  悲恋の片割れ、千寿姫。瞼を閉じるたびにまざまざと浮かび上がる姫の姿。胸に響く姫の心情。これで俺が姫じゃなければ、誰だったっていうんだ。  (ってことは、どこかにアイツも、どこかで生まれ変わってるのか?)  久慈三郎真保。姫の父親を殺した男。許嫁のいた姫を、領地と一緒に我が物にした、傲慢極まりない男。俺がここに生まれ変わってるってことは、アイツもこの世界のどこかいにるってことか?  千寿姫だった俺と、真保かもしれない桜町と。  前世の俺と、現世の俺と。前世のアイツと、現世のアイツと。  過去と今を巡る、新里千尋と桜町和真の物語。
24h.ポイント 21pt
小説 24,538 位 / 183,616件 BL 5,844 位 / 23,717件
文字数 87,541 最終更新日 2024.03.09 登録日 2024.02.11
性別不詳、年齢不詳。東京都郊外にある精神科「ぶなの森病院」で、金曜日に診察する、通称「ドクター・フライディ」こと鈴木医師。人の心を読みとくための、超常的な能力を用いて、患者の心を癒してゆく。人から人へのうわさを頼りに、今日も悩みを抱えた人々が、診察室の扉をノックする。今回の患者は、他人に言葉を発しない、緘黙症(かんもくしょう)の少女… 三話目だけでも独立した物語になっていますが、できれば一話目から読んでいただくと、物語の筋がよりわかっていただけると思います。
24h.ポイント 7pt
小説 35,476 位 / 183,616件 ファンタジー 5,616 位 / 42,140件
文字数 13,628 最終更新日 2024.03.09 登録日 2024.02.20
(わたくしを、斯様にも想ってくれるのか、この子は……。) 「私の夢がかなうとすれば、それを姫さまに、見ていただきたかった……!」 「約定じゃよ、新三郎どの。」 本編完結。番外編連載中です。 戦国・永禄年間の北奥州・津軽。 蝦夷代官家の三男坊の少年、蠣崎天才丸(のちの新三郎慶広)と、名族浪岡北畠氏の姫君の、恋と戦いの物語。 少年が迷路の果てに見るのは、地獄か、極楽か。 蝦夷島自立の野望を秘めた父の思惑で、故郷松前を離れ、北奥州きっての名族の本拠地・浪岡城に送り込まれた数え十三歳の聡明な少年は、迷路のごとく入り組んだ城のなかで、城の構造そのものの複雑な人間関係に触れることになる。謎めいた陰のある姫君に仕える日々。やがて天才丸は、姫と忌まわしい過去を共有するらしい美貌の青年武将に、命がけの戦いを挑む羽目にもなった。 やがて元服し、猶子として「御所さま」に認められた天才丸改め新三郎は、次第に姫さまと心通わせるが、蝦夷島の実家での悲劇に、さらには浪岡城と浪岡北畠氏をゆるがす惨劇「川原御所の乱」とそれに続く内紛にしたたかに翻弄される。 傾いていく浪岡北畠氏の本拠地で、新三郎 とさ栄姫の二人は齢も身分も越えて、身も心も寄り添わせていくのだが……
24h.ポイント 21pt
小説 24,538 位 / 183,616件 歴史・時代 136 位 / 2,108件
文字数 496,993 最終更新日 2024.03.05 登録日 2023.05.14
 ときは戦国時代。学問の神と知られている菅原道真公であった鬼と、日の国の退魔の巫女と呼ばれた神楽の小さな恋愛話。    鬼は神楽の持つ2本の剣を求めて人里に悪さを働いては神楽が追い返す毎日。  そんな鬼でも、元は人間。そんな彼を、他の幽霊も妖怪も好くことはなかった。そんな彼にとっては、いつしか彼女といることで暖かい何かを覚えていた。    そしてまた、さらりと妖怪を退治する神楽もまた人間から恐れられ、16歳のひとりの少女でこそあるが誰とも親しくはできていなかった。  とうのカグラも女であることより巫女であることを重視しており、親しみなどは関係ないと考えていた。  孤独であったはずのふたりの出逢いが、お互いの心を塗り替えていく-- ※注意※  この作品には過激、残酷なシーンが含まれます。その際には「グロシーン有」とタイトルに表記させて頂きます。  また、そういったシーンを避けたい方用にも軽めの表現に置き換えた話もご提供していきます。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 ファンタジー 42,140 位 / 42,140件
文字数 3,301 最終更新日 2024.03.04 登録日 2024.03.04
旅行先で目を覚ましたら武田勝頼になった私。 武田家の当主として歴史を覆すべく、父信玄時代の同僚と共に生き残りを図る物語。
24h.ポイント 42pt
小説 16,335 位 / 183,616件 ファンタジー 2,497 位 / 42,140件
文字数 334,894 最終更新日 2024.03.02 登録日 2023.04.20
16
SF 連載中 長編 R18
西暦1943年初頭、(1月〜4月の間)日本海軍の連合艦隊は、ミッドウェー島、ガダルカナル島、南太平洋など攻略…占領成功。 日本海軍は、残り敵アメリカ•イギリス連合軍の拠点 オーストラリア及びニュージーランドを攻略するため出撃した。 途中、渦巻きような嵐、遭遇…艦隊が渦巻きの嵐に入り、行方不明になった。 日本連合艦隊は、居たのは西暦1578年11月の戦国時代だった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 SF 5,091 位 / 5,091件
文字数 456,745 最終更新日 2024.02.27 登録日 2022.04.02
織田信長は、戦国の世における天下統一の先駆者として一般に強くイメージされますが、当然ながら、生まれついてそうであるわけはありません。 守護代・織田大和守家の家来(傍流)である弾正忠家の家督を継承してから、およそ14年間を尾張(現・愛知県西部)の平定に費やしています。そして、そのほとんどが一族間での骨肉の争いであり、一歩踏み外せば死に直結するような、四面楚歌の道のりでした。 織田信長という人間を考えるとき、この彼の青春時代というのは非常に色濃く映ります。 そこで、本作では、天文16年(1547年)~永禄3年(1560年)までの13年間の織田信長の足跡を小説としてじっくりとなぞってみようと思いたった次第です。 毎週の月曜日00:00に次話公開を目指しています。 スローペースの拙稿ではありますが、お付き合いいただければ嬉しいです。 (2022.04.04) ※信長公記を下地としていますが諸出来事の年次比定を含め随所に著者の創作および定説ではない解釈等がありますのでご承知置きください。 ※アルファポリスの仕様上、「HOTランキング用ジャンル選択」欄を「男性向け」に設定していますが、区別する意図はとくにありません。
24h.ポイント 127pt
小説 7,894 位 / 183,616件 歴史・時代 40 位 / 2,108件
文字数 435,350 最終更新日 2024.02.26 登録日 2022.04.03
18
恋愛 完結 長編 R18
トリップした先は戦国時代。 そこで出逢ったのは刻(とき)という神様の使いだった。 私が戦国時代の武将に愛を教えないと未来はなくなる!? 武将に愛を教えるって、いったいどうすれば……。 ※物書きを始めて間もない頃に書いた作品のため、今と書き方も違い読みづらいと思います。 時間ができた際に書き直します!
24h.ポイント 21pt
小説 24,538 位 / 183,616件 恋愛 10,727 位 / 55,977件
文字数 99,171 最終更新日 2024.02.19 登録日 2023.11.12
霧深い夜に伊達家の屋敷で未来の大名、伊達政宗が生まれた。彼の誕生は家臣たちに歓喜と希望をもたらし、彼には多くの期待と責任が託された。政宗は風格と知恵に恵まれていたが、幼少期に天然痘により右目の視力を失う。この挫折は、彼が夢の中で龍に「龍眼」と囁かれた不安な夢に魘された夜に更なる意味を持つ。目覚めた後、政宗は失われた視力が実は特別な力、「龍眼」の始まりであることを理解し始める。この力で、彼は普通の人には見えないものを見ることができ、人々の真の感情や運命を見通すことができるようになった。虎哉宗乙の下で厳しい教育を受けながら、政宗はこの新たな力を使いこなし、自分の運命を掌握する道を見つけ出そうと決意する。しかし、その道は危険と陰謀に満ちており、政宗は自分と国の運命を変える壮大な物語の中心に立つことになる。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 6,710 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.02.12
戦国時代の日本を背景に、織田信長の若き日の物語を語る。荒れ狂う風が尾張の大地を駆け巡る中、夜空の星々はこれから繰り広げられる壮絶な戦いの予兆のように輝いている。この混沌とした時代において、信長はまだ無名であったが、彼の野望はやがて天下を揺るがすことになる。信長は、父・信秀の治世に疑問を持ちながらも、独自の力を蓄え、異なる理想を追求し、反逆者とみなされることもあれば期待の星と讃えられることもあった。彼の目標は、乱世を統一し平和な時代を創ることにあった。物語は信長の足跡を追い、若き日の友情、父との確執、大名との駆け引きを描く。信長の人生は、斎藤道三、明智光秀、羽柴秀吉、徳川家康、伊達政宗といった時代の英傑たちとの交流とともに、一つの大きな物語を形成する。この物語は、信長の未知なる野望の軌跡を描くものである。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 11,653 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.02.12
21
恋愛 連載中 長編
「私と付き合って」逢羽眞白はある日、クラスメイトである「赤星祈明」に告白し交際がスタートする。しかし、眞白には秘密があった。それは私が犬神筋の生まれであり前世の記憶を取り戻したからであった。彼もまた自分と同じ転生した人物であり、彼の記憶を呼び戻すため自分たちの前世で共に暮らしていた思い出の地である岩村城へと彼をデートに誘う。 祈明と眞白、時と場所、時代と次元、悠久の時をを超えて男女は何度も巡り合う。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 恋愛 55,977 位 / 55,977件
文字数 31,244 最終更新日 2024.02.04 登録日 2024.01.29
 その男は、幼名を“奇妙丸”という。人の名前につけるような単語ではないが、名付けた父親が父親だけに仕方がないと思われた。  父親の名前は、織田信長。その男の名は――織田信忠。  稀代の英邁を父に持ち、その父から『天下の儀も御与奪なさるべき旨』と認められた。しかし、彼は父と同じ日に命を落としてしまう。  明智勢が本能寺に殺到し、信忠は京から脱出する事も可能だった。それなのに、どうして彼はそれを選ばなかったのか? その決断の裏には、彼の辿って来た道が関係していた――。  ◇この作品は『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n9394ie/)』でも同時掲載しています◇
24h.ポイント 42pt
小説 16,335 位 / 183,616件 歴史・時代 87 位 / 2,108件
文字数 562,006 最終更新日 2024.02.03 登録日 2023.12.23
浅井賢政(のちの長政)の初陣となった野良田の合戦で先陣をつとめた磯野員昌。 その後の働きで浅井家きっての猛将としての地位を確固としていく員昌であるが、浅井家が一度は手を携えた織田信長と手切れとなり、前途には様々な困難が立ちはだかることとなる……。 姉川の合戦において、織田軍十三段構えの陣のうち実に十一段までを突破する「十一段崩し」で勇名を馳せた武将の一代記。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 154,755 最終更新日 2024.02.02 登録日 2024.01.01
24
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は戦国時代。占い師の助言に従い旅に出た夫婦は、命を救った男の用心棒として伊勢へ行くことになる。その男は恨みを買い、命を狙われる身であった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 419,007 最終更新日 2024.01.28 登録日 2023.01.08
25
ファンタジー 連載中 長編 R18
異世界でよくある魔王退治を果たし、無事地球に帰還した主人公。だが、地球に帰ってきたのは良かったが帰ってくる時間軸を間違えてしまった。 時は1574年 やっとの思いで帰ってきた地球はいわゆる、戦国時代真っ只中である。
24h.ポイント 49pt
小説 14,894 位 / 183,616件 ファンタジー 2,281 位 / 42,140件
文字数 244,166 最終更新日 2024.01.07 登録日 2023.10.13
1〜20までスカウトや内政ターン 20〜33まで戦タイム 安房攻め 34〜49戦後処理と内政 目標11/3日までに書き溜め 50〜61河東の戦い1 62〜70河東の戦い2 71〜80河東の戦い3 81〜85河東の戦い 後始末 86〜 川越夜戦 やばい、話の準備してるとどんどん内容が増えて予定通りにいかんのだがー? 時代物が好きなのでかきました。 史実改変物です。基本的な大きな歴史事件は史実通りに起こります。しかし、細かい戦や自分から仕掛ける戦はべつです。関東に詳しくなく細かい領地の石高や農業に関することはわからないのでご都合主義ですしある程度は史実とは違うことをするので全体的にご都合主義です。 北条氏親がいない世界線です。変更はこれだけです。あとは時代知識を使って漁夫の利を桶狭間でとったり、河東を強化して領内を強くして川越夜戦の援軍に駆けつけて関東統一にのりだします。史実通り豊後に来たポルトガル船を下田に呼んで史実より早めの鉄砲入手や、浪人になったり登用される前の有名武将をスカウトしたりします。ある程度は調べていますが細かい武将までは知りません。こういう武将がいてこんなことしましたよ!とか意見ください。私の好きなものを書きます。
24h.ポイント 42pt
小説 16,335 位 / 183,616件 ファンタジー 2,497 位 / 42,140件
文字数 417,723 最終更新日 2024.01.02 登録日 2021.11.15
27
歴史・時代 連載中 短編 R15
甲斐国躑躅ヶ崎に、春日源五郎という者がいた。彼はもともと百姓の身であり武田信玄に才を買われて近習として仕えた。最終的には上杉の抑えとして海津城の城代となる。異例の大出世を遂げたが、近習時代は苦しい日々だったという。 そんな彼の近習時代を中心に書いてみました。 ※いつも通り創作戦国です。武将のキャラ設定は主観です。基本的に主人公視点で物語は進みます。 内容もあくまで筆者の想像にすぎません。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 16,145 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.11.18
諏訪湖の中央に、巨大な石箱が沈んでいることが発見された。その石箱の蓋には武田家の紋章が。 ―――これは武田信玄の石櫃なのか? 石箱を引き上げたその夜に大惨劇が起きる。逃げ場のない得体のしれないものとの戦い。 頭脳派の時貞と、肉体派の源次と龍信が立ち向かう。 しかし、強靭な外皮をもつ不死身の悪魔の圧倒的な強さの前に、次々と倒されていく……。 それを目の当たりにして、ついに美人レポーターの碧がキレた!! ___________________________________________________ この物語は、以下の4部構成で、第1章の退屈なほどの『静』で始まり、第3章からは怒涛の『動』へと移ります。 映画やアニメが好きなので、情景や場面切り替えなどの映像を強く意識して創りました。 読んでいる方に、その場面の光景などが、多少でも頭の中に浮かんでもらえたら幸いです^^ ■第一章 出逢い   『第1話 激情の眠れぬ女騎士』~『第5話 どうやって石箱を湖に沈めた!?』 ■第二章 遭遇   『第6話 信長の鬼伝説と信玄死の謎』~『第8話 過去から来た未来刺客?』 ■第三章 長い戦い   『第9話 貴公子の初陣』~『第15話 遅れて来た道化師』 ■第四章 祭りの後に   『第16話 信玄の石棺だったのか!?』~『第19話 仲間たちの笑顔に』 ※ごゆっくりお楽しみください。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 ミステリー 4,163 位 / 4,163件
文字数 152,542 最終更新日 2023.12.24 登録日 2023.11.22
異世界転移ならぬ「異世界から集団で戦国時代転移」です ★あらすじ  異世界から来た賢者・豪商・暗殺・娼婦・魔女・凡人の計六人の「ノブナガ」。  彼らは織田三郎信長のいる日本の戦国時代に転移し、ここでの行動が元いた世界ひいては各々の特殊能力に影響を与えると神様アマテラスから説明される。  そのまま「本能寺の変」が起きて信長が亡くなった方がいい本流派と、逆に生き延びた方が自身が強くなる改変派の二組に分かれてしばらく暗躍していたが、手違いで織田信長を○してしまい、「凡人」ことオズワルド・ノブナガが信長の代役を務める事に。  更に他の異世界からどんどん戦国武将の代わりの転移者がやってきて、世界は大混乱。  果たして異世界の信長たちは生き残る事が出来るのか。 ※設定wiki https://w.atwiki.jp/isekaiyoyo/ ※直接描写は避けてますが若干アダルティな内容あり、特に四話以降。 ※(絵)マークのある話は挿絵あり 画像はcanva→お絵描きばりぐっと君のAI機能で作成しています ※話数が英数字になってる(1、3、5など)回は主人公以外視点。 ※ファンタジーカップ参加予定(終了時の文字数次第)
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 ファンタジー 42,140 位 / 42,140件
文字数 26,397 最終更新日 2023.10.10 登録日 2023.03.13
時は戦国の世。 あぁ… どうして、生まれてくる時を、場所を選べないんだろう 病弱な彼は、考えていた。考えることが、仕事だった 忍の、それも一族の当主の家系に生まれたのに頭脳しか使えない ただ考えていることしかできない、彼の小さな世界 世界は本当はとても広い それに、彼は気づかされる 病弱を理由に目の前にある自分の世界しか見えていなかった 考えること以外にも、自分は色々できるのだと、気づく 恨みを持つ一族の襲撃。双子の弟の反逆。同盟を結ぶ一族との協力 井の中の蛙 大海を――知った 戦国の世に生きる双子の忍の物語。迫り来るその時までに、彼は使命を果たせるのか…? 因果の双子
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 162,441 最終更新日 2023.10.08 登録日 2023.08.08
※完結しました  史実では殉職扱いとなり後のローマ教皇に聖人として祀られる日本二十六聖人。  彼らはなぜ豊臣秀吉に処刑を命じられたのか。  その謎に迫る物語です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 16,198 最終更新日 2023.10.07 登録日 2023.05.31
「龍神の詩 -リュウジンのウタ-」 バトルあり、友情あり、恋愛ありの戦国和風ファンタジー。王道寄り。 舞台は和:中華=8:2の乱世。 お日さま系の明るく元気なお姫様が、影を負った青年の心の闇を晴らしていく物語。兼、純愛物語。 ※ ハッピーエンド確約 ※ キャラクターそれぞれが違う個性を持ち寄って、前に進んでいく。 読後ほっこりできるような、感動とやさしさを詰め込みました。 第一部は4万字ほどなので、読みやすいです。 --- 南に強大な敵国を抱える小国「中州(なかす)」 戦火で先代の城主を亡くしたこの国の行く末は、若干二十歳の青年に託されていた。 ◆ 乱世に不似合いな理想を陽気に語る姫君 ◆ 敵国から送り込まれてきた暗殺者 ◆ 恋心と政治のしがらみの間で揺れる少年 ◆ 捕虜だった過去を持つ護衛官 ◆ 能力だけで上を目指す、庶民出身の若き大臣 etc... 様々な境遇を持つ若者と、それを見守り、時に支える「強くてかっこいい」大人たちが出てきます。 戦闘アリ、日常アリ、恋愛アリ、時には喧嘩したり、一緒に遊んだり。 たくさんの出来事を通して成長していく群像劇です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 ファンタジー 42,140 位 / 42,140件
文字数 406,265 最終更新日 2023.09.23 登録日 2021.10.26
クラスメイトがおふざけの延長で駅のホームから突き落としたことにより亡くなった宮島冬璃。 そんな彼は、気づけば魔法と工学が発展した異世界に転生していた。 日本を生きていた頃はその家庭環境により、無気力に生きていた冬璃だが、暖かい両親、そして魔法工学という新しい技術にすっかりのめり込み、魔法技師としてその腕を磨いていた。 しかし、 「いやどこだよここ!!?日本!?日本なのここ!?」 何故か再び日本にトリップ!? しかも自分が死んだ令和よりも約500年前の戦国時代、天文19年!? 「か、川から神様が……!?」 「違います。」 小さな川沿いの村にトリップしてしまったせいで、神として崇められるわ、かの有名な武将、武田信玄が来るわ、来てそうそうに周辺では戦が始まるわで、異世界転生したにも関わらず、戦国時代のあれやこれに巻き込まれることになった宮島冬璃、基ピーター・ルウェリン・パーンのドタバタ戦国コメディ。 **** 【注意】1部の史実を都合よく解釈したり、主人公の介入により改変したりします。 作者は歴史に物凄く詳しいわけではないので、歴史に矛盾が生じるかもしれません。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 ファンタジー 42,140 位 / 42,140件
文字数 17,608 最終更新日 2023.09.11 登録日 2023.08.31
※完結しました。続編執筆予定。 雑賀衆の一人「銀」が尾張国に持ち込んだのは、賢者の石と巨大絡繰人形!? それが戦国女子達の運命を変える! ◆あらすじ 秘薬「賢者の石」の効果で、生まれながらにして天才になってしまった、織田信長の妹であるお市。 更に愛染明王そっくりな、女性しか乗れない巨大絡繰人形に彼女が乗り込み、付喪神の三種の神器や戦国時代に生まれた歴史上有名な女性達まで巻き込んで歴史は斜め上の方向に進んでいくのだった。 ◆章紹介 第1章 天文26年 お市0歳(赤子編) 天文28年 お市2歳(上洛編) 天文28年 お市12歳(女学校、愛染学院編) 天正3年 お市?才(九州編) 第二章 天正10年 織田内閣←今ここ! ※挿絵ありのページは★マーク(AI画MidJourneyで作成→canvaに変更)
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 159,864 最終更新日 2023.08.06 登録日 2023.03.06
応仁の乱から六十年。信長登場以前の戦国時代がここにある。 第一章 動乱前夜  茶聖・千利休誕生の前年、将軍義稙公が出奔。天皇践祚の儀に将軍が列席しないという前代未聞の事態に幕府は動揺する。しかし、細川高国は一顧だにせず、次の将軍義晴公を擁立した。  そんな中、堺の今市町にある千屋では、赤子の誕生を今か今かと待っていた。風雲急を告げるかのような雨が俄に降り始めたが、赤子は無事産み落とされる。のちに茶聖と呼ばれた千利休であった。  その千屋に赤子の千熊丸を連れた三好家の重鎮・三好之秀が訪れたのはその年のことである。三好之長が討死して以後、之長の四男・元長が家督したが、三好氏は主君細川澄元とともに阿波へ逼塞し、澄元亡き後は澄元の子・六郎|元《もとい》を奉じていた。斜陽の三好宗家を余所に之長の異母弟・|長《なが》|尚《なお》は高国に通じ在京して力を付けていく。危機感を覚えた之秀は千屋の当主・与右衛門と組んで十河氏への介入を強めた。  翌年に入ると、堺を潤していた日明貿易に陰が差した。大内氏と細川氏の対立が、貿易先の明で激化、寧波の乱を引き起こす。博多からの知らせで事件を知った津田宗柏は田中与右衛門に話して聞かせるのであった。  大永四年、細川尹賢への褒美として典厩邸御成を快諾した義晴の御前に高国が伺候する。御成の準備に余念がない同朋衆・千阿弥に義晴は高国饗応の茶を点てるよう命じた。  数日後、細川典厩邸御成では、細川一門が勢揃いし、評定衆らも名を連ね、虎益丸と宮寿丸の元服が話題に上る。宴は盛り上がったが、香西元盛が酔って尹賢を詰った。元々仲が悪い二人であるが、面目を失った尹賢は元盛を陥れることを画策しはじめる。  御成から半年弱が過ぎたある日、細川京兆邸にて高国、稙国、持国、虎益丸、聡達丸が夕餉を囲んでいた。話題に挙がるのは、先年総州家の家督を継いだ畠山義宣挙兵の噂である。稙国出兵を決めた高国だったが、事態は思わぬ方向へと進む。    稙国出兵と入れ違うように、武田元光が京の警固の任に就くため若狭を立った。これは、細川高国が細川元常のくわだてた河内・和泉の奪還作戦に対して稙国以下三〇〇〇の兵を畠山稙長の援軍として派遣したためである。武田元光は一路、朽木谷を目指した。  朽木谷に入った武田元光は、朽木稙綱と酒を酌み交わす。外様衆であり、将軍家直参の朽木氏は将軍家の盾であったが、六角氏の圧力によってその傘下に収まりつつあり、独立不羈を願う朽木氏としては苦々しさを隠せなかった。武田元光と朽木稙綱は細川高国政権に危うさを見ていたが故に歩調を合わせようとする。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 91,593 最終更新日 2023.07.01 登録日 2022.03.17
元戦国武将の父に仕官先に連れて行ってもらえず隠れ里に弟と二人元服後家臣数人と置いていかれた。父の愛着があるというこの地を守り村にせよと。 武士の子として育てられたが畑仕事はしていた為すぐに切り替え百姓に転職し村の名主になった。十五年近くの歳月をかけて近隣との交流をしながら村らしくしたがまだまだ人は少ないし貧しい。数年前から少ないとはいえ年貢を取られるようになると更に貧しさに拍車がかかる。この時代自然は恵みもくれるがそれ以上に災害をくれる。ほぼ何もない所から少数精鋭でやり続けていくが…… 真面目で愛妻家の青年二人の苦しい環境にもめげないほのぼの村作り物語。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 44,249 最終更新日 2023.07.01 登録日 2023.05.12
舞台は1500年頃、尾張津島。 吉法師(のちの織田信定)と五棒(のちの平手政秀)は幼い頃から津島の天王社(津島神社)に通い、神職の子である次郎とよく遊び、夏に行われる天王祭を楽しみにしていた。 天王祭にて吉法師と五棒はさる人物に出会い、憧れを抱く。御師となった次郎を介してその人物と触れ合い、志を共にするが・・・。 織田信長の先祖の織田弾正忠家が、勢力拡大の足掛かりをどのようにして掴んだかを描きました。 挿絵は渡辺カヨ様です。 ※この物語は史実を元にしたフィクションです。実在する施設や人物等には一切関係ありません。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 58,624 最終更新日 2023.06.25 登録日 2023.05.31
38
ファンタジー 連載中 長編 R18
普通のサラリーマンがゲームにハマり数々の課金アイテムを使い遊んでいた。とある、課金アイテムの副賞を使うと気付けばリアルな戦国時代に飛ばされた!?
24h.ポイント 14pt
小説 29,243 位 / 183,616件 ファンタジー 4,321 位 / 42,140件
文字数 587,118 最終更新日 2023.06.10 登録日 2022.09.23
時は戦国、傭兵集団「鬼道衆」総隊長・斎藤司狼には溺愛してやまない妻がいるが、夫婦は子宝に恵まれずにいる。  そんななか二人の隊員は司狼の甥・足達一樹の相棒・孝に側室となり司狼の子を産むことを要求するが…… 昨年投稿した「凶祭」の続編
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 キャラ文芸 4,376 位 / 4,376件
文字数 5,046 最終更新日 2023.06.07 登録日 2023.06.07
戦国時代初期、険しい山脈に囲まれた国。樋野(ひの)でも狭い土地をめぐって争いがはじまっていた。 黒田三郎兵衛は反乱者、井藤十兵衛の鎮圧に向かっていた。
24h.ポイント 0pt
小説 183,616 位 / 183,616件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 98,675 最終更新日 2023.06.04 登録日 2018.12.27
152 1234