やり直し小説一覧

156 1234
1
恋愛 連載中 長編 R15
「ごきげんよう。このたび、あなたの正妃として嫁いでまいりました、モルディア国第一王女にしてマグドネル国王の養女、ヴィオレーヌと申します。あなたが殺害を計画した、女です」 ヴィオレーヌは、夫となるルーファスに剣を突きつけて微笑んだ。 戦に負けたマグドネル国からの人質として、ヴィオレーヌは今日、ルウェルハスト国へ嫁いで来たのだ。 そして一度目の人生で今日夫ルーファスに殺されたヴィオレーヌは、人生をやり直して今日に戻って来た。殺されぬよう、絶大な力を手に入れて。 「禁術で旦那様の心臓とわたしの心臓をつなげさせていただきました。文字通りの運命共同体ですわ。ふふっ、夫婦らしくていいでしょう?」 笑顔で宣言するヴィオレーヌに、ルーファスは愕然と目を見開く。 祖国モルディア国のため、敵国だった国で自分を殺そうとした夫の側で、うまく立ち回り生きていくことを決意するヴィオレーヌ。 周囲が敵ばかりの国で、ヴィオレーヌは己の力を見せつけ、少しずつ味方を増やしていく。 それはやがて、いつしかヴィオレーヌを疎んじていたはずのルーファスの心まで動かしていき―― 力をつけて、覚悟を決めて挑んだヴィオレーヌが、やり直しの人生でトラブルに巻き込まれながらも幸せをつかんでいくお話です。
24h.ポイント 3,679pt
小説 377 位 / 185,012件 恋愛 176 位 / 56,204件
文字数 186,096 最終更新日 2024.05.21 登録日 2024.03.29
2
恋愛 連載中 長編 R15
「貴様はナイーゼ家内の部屋に軟禁させてもらうこととする」 「お願い、どうかそれだけはっ」  実の妹に数々の悪事を働いた公爵令嬢リリア・ナイーゼ。彼女は遂に皇太子の手によって断罪された。それも、大勢の貴族の前で。  けれどもリリアは無実だった。  ずっと愛し続けた皇太子に捨てられた彼女は、苦しみの中ひっそりと一度目の生涯を終えた。 "今度出会うことがあるのなら、今度は彼を愛さない"    そう決心して。  彼女の思いに応えるように、次に目を覚ますと、彼女は幼少期まで戻っていた。 ※序章ー皇太子視点  本編ーリリア視点(皇太子視点有り)  番外編ーラミア視点  の3部構成となっております。
24h.ポイント 1,861pt
小説 692 位 / 185,012件 恋愛 323 位 / 56,204件
文字数 37,656 最終更新日 2024.05.20 登録日 2024.05.06
3
BL 連載中 長編 R18
ひたすら自分に厳しく練習と経験を積んできた斎川莉音はアイドルグループResonance☆Seven(レゾナンスセブン)のメンバーの1人で、リオンとして活動中。 アイドルとして節目を迎える年に差し掛かる。 だがメンバーたちとの関係はあまり上手くいってなかった。 最初は同じ方向をみんな見ていたはずなのに、年々メンバーとの熱量の差が出てきて、莉音はついに限界を感じる。 メンバーたちに嫌われた自分が消えて上手く回るのなら自分はきっと潮時なのだろう。 莉音は引退を決意。 そして契約更新の年、莉音は契約の更新をしなかった。卒業ライブもせずにそのまま脱退、世間から姿を消した。 しばらくはゆっくりしながら自分のやりたいことを見つけていこうとしていたら色々あって死亡。 死ぬ瞬間、目標に向かって努力して突き進んでも結局何も手に入らなかったな……と莉音は大きな後悔をする。 そして目が覚めたら10歳の自分に戻っていた。 どうせやり直すなら恋愛とか青春とかアイドル時代にできなかった当たり前のことをしてみたい。 グループだって俺が居ない方がきっと順調にいくはず。だから今回は芸能界とは無縁のところで生きていこうと決意。 10歳の年は母親が事務所に履歴書を送る年だった。莉音は全力で阻止。見事に防いで、ごく普通の男子として生きていく。ダンスは好きだから趣味で続けようと思っていたら、同期で親友だった幼馴染みやグループのメンバーたちに次々遭遇し、やたら絡まれる。 あまり関わりたくないと思って無難に流して避けているのに、何故かメンバーたちはグイグイ迫って来るし、幼馴染みは時折キレて豹変するし、嫌われまくっていたやり直し前の時の対応と違いすぎて怖い。 何で距離詰めて来るんだよ……! ほっといてくれ!! そんな彼らから逃げる莉音のやり直しの日常。 ※アイドル業界、習い事教室などの描写は創作込みのふんわりざっくり設定です。その辺は流して読んで頂けると有り難いです。
24h.ポイント 33,335pt
小説 56 位 / 185,012件 BL 7 位 / 23,935件
文字数 72,398 最終更新日 2024.05.20 登録日 2024.04.13
忘れたい過去、ありますか。やり直したい過去、ありますか。 元高校球児の大学一年生、千葉新(ちばあらた)は通り魔に刺され意識を失った。 気が付くと何もない真っ白な空間にいた新は隣にもう1人、自分自身がいることに理解が追い付かないまま神を自称する女に問われる。 「どちらが元の世界に残り、どちらが異世界に転生しますか」 実質的に帰還不可能となった剣と魔術の異世界で、青年は何を思い、何を成すのか。 消し去りたい過去と向き合い、その上で彼はもう一度立ち上がることが出来るのか。 異世界人アラタ・チバは生きる、ただがむしゃらに、精一杯。 少なくとも始めのうちは主人公は強くないです。 強くなれる素養はありますが強くなるかどうかは別問題、無双が見たい人は主人公が強くなることを信じてその過程をお楽しみください、保証はしかねますが。 異世界は日本と比較して厳しい環境です。 日常的に人が死ぬことはありませんがそれに近いことはままありますし日本に比べればどうしても命の危険は大きいです。 主人公死亡で主人公交代! なんてこともあり得るかもしれません。 つまり主人公だから最強! 主人公だから死なない! そう言ったことは保証できません。 最初の主人公は普通の青年です。 大した学もなければ異世界で役立つ知識があるわけではありません。 神を自称する女に異世界に飛ばされますがすべてを無に帰すチートをもらえるわけではないです。 もしかしたらチートを手にすることなく物語を終える、そんな結末もあるかもです。 ここまで何も確定的なことを言っていませんが最後に、この物語は必ず「完結」します。 長くなるかもしれませんし大して話数は多くならないかもしれません。 ただ必ず完結しますので安心してお読みください。 ブックマーク、評価、感想などいつでもお待ちしています。 この小説は同じ題名、作者名で「小説家になろう」、「カクヨム」様にも掲載しています。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ファンタジー 42,511 位 / 42,511件
文字数 2,366,109 最終更新日 2024.05.08 登録日 2021.09.18
私には前世の記憶がある。 自分の力に溺れ、唆された末に悪の道へと進んでいった私は従者であった彼に殺された。 彼は最後まで私に『力に溺れずに強くあってください。』と言っていたのに、私はその忠告を無視した。 今度は間違わない。そしてこの力を今度は正義のために使う。私はそのためだったら、どれだけ辛いことも耐えてみせる。
24h.ポイント 14pt
小説 28,829 位 / 185,012件 ファンタジー 4,196 位 / 42,511件
文字数 17,656 最終更新日 2024.05.05 登録日 2024.04.27
6
恋愛 連載中 長編 R18
優しい母と父の愛を一身に受けて育ったイーリスはある日、父の正妻を名乗るダリアに最愛の母を殺されてしまう。 セドリックの養女として生きることになったイーリスは、異母姉弟と出会う。 ダリアから凄惨な虐待を受ける日々、そんな妻を放任するセドリック… 見せかけだけの家族の中で、唯一優しさを向けてくれる弟シリウスがイーリスの心を支えていた。 しかし、舞踏会での王子との出会いをきっかけに全てが変わってしまう。 嫉妬に狂う姉アネスティラ。 誘拐事件を機に、平然と人を殺めるようになってしまったシリウス。 ダリアによる卑劣な罠により断頭台で命を散らしたはずのイーリスは、最愛の母を亡くした日に戻ってきたことを知る。 復讐のために…再び伯爵家へ戻ることを決めるイーリス。 自身を殺したダリアと、まだ無垢な姉弟に再び出会う為に…─── ※残酷・虐待描写があります。 ※R18に☆付けてます。 ※タグをご確認下さい。 《9/30〜不定期更新》 お気に入り登録&感想頂けると励みになります! なろう様でも連載中です。 アイリスとシリウスのイラストを頂きました! ありがとうございます〜( *´꒳`*)
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 恋愛 9,008 位 / 56,204件
文字数 656,270 最終更新日 2024.04.15 登録日 2022.08.31
7
恋愛 完結 長編 R18
 昔むかしこの世界には魔王がいて勇者がいて魔法があったという  全てがおとぎ話となり、魔法の消えた“その後”の世界の物語  メイジス国五大貴族の一つ、レグルス家侯爵令嬢であるスカーレットは王立学園の卒業パーティでレオナルド王太子に婚約破棄を突きつけられてしまう  家からも勘当され行くあてもなく彷徨うスカーレットに声をかけたのは自らを宮廷魔術師と名乗る怪しい男だった  オズという名の自称宮廷魔導師はスカーレットにとある提案を持ちかける 「一年の間、君の魔法の師匠になってあげる。一年後、君が行く先を見つけられなかったら僕のお嫁さんになってよ」 半ば賭け事じみた提案にスカーレットは応じることにした オズという男の正体とは、そして自身に迫る黒い影にスカーレットは立ち向かうことが出来るのか どうぞお楽しみくださいませ (絡みが濃いシーンには★をつけております。ご参考までに)
24h.ポイント 134pt
小説 7,490 位 / 185,012件 恋愛 3,353 位 / 56,204件
文字数 161,746 最終更新日 2024.04.14 登録日 2023.11.27
ある日唐突に世界から12歳以下の少年少女が消えた。 子を持つ親達は皆血眼になり子供を探すが、皆神隠しのように目の前で消えたのだ。探し方がわからない。 そんな中、全世界へアナウンスが流れる。 『皆様へご報告があります。皆様で魔物を駆逐してください。』 突如として現れる魔物に対し、逃げ惑う人々。 この世界は何故こんなことになってしまったのか?私たちはどうなってしまったのか? それがわからないまま人は皆蹂躙されてゆく。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ファンタジー 42,511 位 / 42,511件
文字数 13,747 最終更新日 2024.04.12 登録日 2024.04.06
9
恋愛 完結 短編 R15
(国のために役に立ちたかった…) 国のため敵国に嫁ぐことを決めたアンゼリーヌは敵国に向かう道中で襲われ剣で胸を貫かれてしまう。そして薄れゆく意識の中で思い出すのは父と母、それに大切な従者のこと。 (もしもあの時違う道を選んでいたら…) そう強く想いながら息を引き取ったはずだったが、目を覚ませば十歳の誕生日に戻っていたのだった。 ※恋愛要素薄目です ※設定はゆるくご都合主義ですのでご了承ください ※小説になろう様にも掲載してます
24h.ポイント 177pt
小説 6,164 位 / 185,012件 恋愛 2,733 位 / 56,204件
文字数 54,090 最終更新日 2024.04.03 登録日 2024.03.29
10
恋愛 完結 長編 R15
全21話。他サイトでも掲載しています。 一度目の人生、愛した夫には他に想い人がいた。 侯爵令嬢リリア・エンダロインは幼い頃両親同士の取り決めで、幼馴染の公爵家の嫡男であるエスター・カンザスと婚約した。彼は学園時代のクラスメイトに恋をしていたけれど、リリアを優先し、リリアだけを大切にしてくれた。 二度目の人生。 リリアは、再びリリア・エンダロインとして生まれ変わっていた。 「次は、私がエスターを幸せにする」 自分が彼に幸せにしてもらったように。そのために、何がなんでも、エスターとだけは結婚しないと決めた。
24h.ポイント 333pt
小説 3,478 位 / 185,012件 恋愛 1,604 位 / 56,204件
文字数 67,528 最終更新日 2024.03.27 登録日 2024.03.16
11
恋愛 完結 短編
Rj
騎士の父を持ち自身も騎士になったイーサンは、幼馴染みで騎士の娘のリンダと結婚し幸せだったが妻の献身にあぐらをかき離婚の危機をむかえた。かろうじてやり直しのチャンスを得たイーサンだが、リンダが環境をかえ今後のことを考えるために王都で働くことになった。リンダに捨てられると恐怖にかられたイーサンはリンダを追い王都へむかう。イーサンはリンダと本当の意味でやり直すことができるのか。 *所々に下品な表現があります。 『騎士の妻ではいられない』の続編ですが前作を未読でも問題なくお読み頂けます。
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 恋愛 9,008 位 / 56,204件
文字数 49,447 最終更新日 2024.03.02 登録日 2024.02.17
12
恋愛 完結 長編
リザ・テレシア・ラブリエラは1度目の人生で殺された。 夫達以外の一人の男性を愛してしまった彼女の、5人の夫の手によって。 首謀者は不明。 五人の夫もその場で命を絶ち、地獄絵図と化した。 “もう一度だけチャンスを上げましょう。真実の愛を見つけて、どうか幸せに” という謎の声に導かれ、リザは人生を巻き戻され、二度目のリザを生きることに。 「人生のやり直し、ね」 なんとか18歳まで生きてきたものの、二度目の人生には異性の求婚、求愛の言葉が「ピー」という自主規制音になってしまう、【プロポーズ無効化スキル】なんてものが備わっていた!? 加えて婚約者候補として、一度目の人生の夫のうち4人と会うことになったり、閨授業の講師として残りの一人の夫が来ることになったり、「いきなり詰んだ……!!」な状態に。 二度目の人生こそ生き残るため。 そして幸せになるため。 幼馴染で護衛騎士のセイシスを連れて、婚約者候補達のフラグを折ろうと奮闘する。 自分を殺すことをたきつけた首謀者であろう5人の一度目の人生の夫の中の一人は誰なのか。 そして一度目の人生、彼女がただ一人本気で愛してしまった男とは? 元悪役王女の、生き残りと国の存亡を駆けた謎解きやりなおし恋愛ファンタジー!! 小説家になろう、カクヨムでも公開中。
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 恋愛 9,008 位 / 56,204件
文字数 100,747 最終更新日 2024.03.01 登録日 2024.02.16
とある野球少年はプロを目指した。彼はなんとかプロになった。 体が病弱であるがために万年二軍ではあったが度々一軍になることができた。しかし病弱であるが故に直ぐに2軍に落ち注目を集めることは叶わなかった。そして怪我をした。 彼は引退を余儀なくされた。どんな形でもいいから、と諦め切れず野球にしがみついた。裏方として働き続け、気づけば幾十年が経っていた。 すっかり老けた彼が珍しく酒を飲んだことによって物語は始まる。 これは元病弱の野球少年がエースを目指してやり直す物語。 注)筆者は野球に詳しいわけではありません。そこのところご了承ください。 物理法則なんかもネットからの聞き齧りです。 超次元野球ではありませんが、オーラとかが見える可能性があります。 企業名やら団体名やら人物名はフィクションです。実際に存在するような色々とは関係ございません。 人物名は基本ランダム……企業とか団体名はそれっぽいのを適当に書いています。 感想を貰えると筆者のやる気が出ます。
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 ライト文芸 395 位 / 7,554件
文字数 312,441 最終更新日 2024.02.24 登録日 2019.07.15
14
恋愛 連載中 長編 R15
目が覚めたら私は、妙な懐かしさを感じる部屋にいた。 「お嬢様、目を覚まされたのですねっ!」 怠い体を起こそうとしたのに力が上手く入らない。 何とか顔を動かそうとした瞬間、大きな声が部屋に響いた。 お嬢様? 私がそう呼ばれていたのは、遥か昔の筈。 結婚前、スフィール侯爵令嬢と呼ばれていた頃だ。 私はスフィール侯爵の長女として生まれ、亡くなった兄の代わりに婿をとりスフィール侯爵夫人となった。 その筈なのにどうしてあなたは私をお嬢様と呼ぶの? 疑問に感じながら、声の主を見ればそれは記憶よりもだいぶ若い侍女だった。 主人公三歳から始まりますので、恋愛話になるまで少し時間があります。
24h.ポイント 163pt
小説 6,559 位 / 185,012件 恋愛 2,920 位 / 56,204件
文字数 121,007 最終更新日 2024.02.16 登録日 2021.01.28
15
恋愛 完結 短編
※02/13 本編最終話、ヒーロー視点の二話を修正して再投稿しています。 合わせてタイトルも変更しています。 塔の上から落ちて死んだ死んだミランダ。 目が覚めると、子供の頃に戻っていた。 人生をやり直せると分かった時、ミランダの心に浮かんだのは、子供時代の苦い思い出だった。 父親の言うことに従い、いい子でいようと努力した結果、周囲は敵だらけで、誰かに殺されてしまった。 二度目の人生では、父や継母に反抗して、自分の好きなように生きると決意する。 一度目の人生で、自分を突き落としたのは誰なのか。 死の運命から逃れて、幸せになることはできるのか。 執愛の色に染まる時、全てが明らかに…… ※なろうで公開していた短編(現在削除済み)を修正して、新たにお話を加えて連載形式にしました。 プロローグ 本編12話 エピローグ(ヒーロー視点一話)
24h.ポイント 127pt
小説 7,713 位 / 185,012件 恋愛 3,477 位 / 56,204件
文字数 60,834 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.01.31
16
恋愛 完結 長編 R15
 デビュタントを一年後に控えた王太子の婚約者であるフィーネは、自分の立場を疑ったことなど今まで一度もなかった。王太子であるハンスとの仲が良好でなくとも、王妃になるその日の為に研鑽を積んでいた。  しかしある夜、亡き母に思いをはせていると、突然、やり直す前の記憶が目覚める。  異母兄弟であるベティーナに王妃の座を奪われ、そして魔力の多い子をなすために幽閉される日々、重なるストレスに耐えられずに緩やかな死を迎えた前の自身の記憶。    そんな記憶に戸惑う暇もなく、前の出来事を知っているというカミルと名乗る少年に背中を押されて、物語はやり直しに向けて進みだす。    
24h.ポイント 142pt
小説 7,210 位 / 185,012件 恋愛 3,234 位 / 56,204件
文字数 334,822 最終更新日 2024.02.05 登録日 2023.10.03
17
恋愛 完結 長編
公爵令嬢エヴェリーナは、婚約者の王子からいつも冷たい扱いを受けてきた。 いつか変わってくれると笑顔で耐えていたエヴェリーナだったが、王子は自由奔放な聖女を気にしてばかり。ついには王子から聖女に危害を加えたと覚えのない罪で断罪され、婚約破棄されてしまう。 二人を憎んだエヴェリーナは聖女の暗殺を依頼するが、計画は失敗。反対に処刑を言い渡される。 牢の中で生気をなくして生きるエヴェリーナ。しかし刑が執行されることはなく、ある日あっさり釈放された。 後になって専属執事のサイラスが自分の身代わりになるため犯人だと偽って投獄されたことを知ったエヴェリーナは、王子のことも聖女のことも忘れてサイラスのために生きると決意する。 一方、王子は婚約破棄されても応えていないエヴェリーナが気に入らないようで……。 ◆以前投稿した作品の改稿版です!3万字ほどの短編に7万字程加筆して長編にしています。 ◇小説家になろう等他サイトにも上のタイトルで掲載しています ◆エールありがとうございます! ◇表紙画像はGirly Drop様からお借りしました 旧題: 殿下、そちらの聖女様がお好きなのでしたら私は身を引きますね
24h.ポイント 617pt
小説 1,911 位 / 185,012件 恋愛 900 位 / 56,204件
文字数 126,043 最終更新日 2024.02.02 登録日 2024.01.03
18
恋愛 完結 長編 R15
ある日、『セレナと闇の魔女』という絵本に登場するリリーナ・アッシュスタインになっていた私。 世界で2番目に美人とされるリリーナは、王子様と婚約した世界1の美女である妹に嫉妬し、闇の魔法を手に入れて呪いをかけてしまう。 妹は王子様のキスで息を吹き返し無事に結婚するが、リリーナは処刑される運命にあった。 「私、好きな人に告白する予定だったんだけど――」 高校の卒業式を控えていたことと、同級生の男子に告白するつもりだったことを思い出した私は処刑されず、妹を幸せにして、現実世界に帰還することを誓った。 何度も同じ期間をループする中で試行錯誤を繰り返し、10回目の失敗から目覚めると王子様の様子がおかしくなって……? これは、悪役の姉が破滅の運命を打ち破る物語。 ※小説家になろう、カクヨムにも投稿しています。
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 恋愛 9,008 位 / 56,204件
文字数 103,434 最終更新日 2024.01.30 登録日 2024.01.29
19
恋愛 完結 ショートショート
お飾りの妻になるなんて思わなかった。貴族の娘なのだから政略結婚は仕方ないと思っていた。でも、きっと、お互いに歩み寄り、母のように幸せになれると信じていた。 それなのに……。 独自の異世界の緩いお話です。
24h.ポイント 149pt
小説 6,922 位 / 185,012件 恋愛 3,114 位 / 56,204件
文字数 3,143 最終更新日 2024.01.29 登録日 2024.01.29
20
恋愛 完結 長編 R15
ただの街娘な私。薬屋の両親の手伝いをして毎日を過ごしていた。ある日、偶然見知らぬ少年に助けてもらう。その少年は赤い瞳をしていた。赤い瞳に銀髪。私は、その瞳に魅せられた。綺麗で、何か凄い物が眠ってそうな瞳に。未だにバクバクする心臓のあたりをギュッと抑えた。それが、彼との出会い。 幸薄になった少女と不幸少年の幸せを探す物語。 ※なろう様でも掲載
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 恋愛 56,204 位 / 56,204件
文字数 4,645 最終更新日 2024.01.27 登録日 2024.01.26
21
恋愛 連載中 短編 R15
強すぎる魔力のせいで寿命が残り少なかったアリア。 老い先短いながらも、愛する家族に看取られながら二十二歳というその短い生涯を終えた、筈だった。 『──宿命を背負い懸命に生きた彼女に祝福を』 そんな声が聞こえたと思ったら、アリアは新しい姿に転生していた。 長い耳にまだ小さな羽。そして魔法を自在に操る力を持った新しい彼女はその力を使って今度こそ家族を幸せにすることを決意。 しかし家族には様々な問題が生まれていた。 ※小説家になろう様にも掲載しています 家族愛をテーマにした試験的作品なので更新はマイペース気味です
24h.ポイント 7pt
小説 35,259 位 / 185,012件 恋愛 15,374 位 / 56,204件
文字数 12,042 最終更新日 2024.01.18 登録日 2024.01.14
22
恋愛 連載中 長編 R15
過去の記憶がない幼くして奴隷であった私を買ったのは変わり者のお嬢様。 「私は自分のことしか考えられない最低の女なの。だから、せめて貴方が幸せになれるよう励むわ」 自分を最低な女だと言いながら奴隷の私を幸せにするおかしな人。 「私、未来がわかるの。だから貴方があるべき場所に返してあげられない……ごめんなさい」 未来がわかると言って奴隷の私に謝る変な人。 「なんで………っなんでなの!」 そして急に泣き叫んではまるで私に悪いことをしたとばかりに罪悪感を帯びる目で見るお嬢様。 「貴方はね、王子様なの。私が死にたくなかったばかりに貴方が戻れるチャンスをだめにした。ごめんなさい、ごめんなさい」 奴隷の私を王子様などという世迷い言を言いながらも私を抱き締め、頭を撫でてくれる手は温かく、今で十分に幸せだからいいのになんて私はひそかに思い始めたあの日から数年後。 「貴方の奴隷契約を解除するわ」 「どう、して……」 「私が死ぬからよ」 そう宣言して私の奴隷解除を行い、一ヶ月後お嬢様は処刑された。 人は大切なものほど失ってから気づくとはよく言ったものだと思う。その処刑を見てしまった僕はその日ただただお嬢様の言う未来を信じなかった自分への怒りと守れなかった悔しさとお嬢様を処刑した人たちへの恨みと……色んな気持ちが混ざって………。 シリアスから始まり、やり直しからのハッピーエンド!の予定です。R15にしてますが、R18にする可能性もあります。今のところ予定はありません。
24h.ポイント 21pt
小説 24,018 位 / 185,012件 恋愛 10,431 位 / 56,204件
文字数 8,835 最終更新日 2024.01.17 登録日 2020.08.01
主人公 鈴木悠斗。幼馴染兼会社の同僚 伊藤凛  飲みに行こうとしたときに突然緑の化け物が現れた。 そいつは足が遅かったから助かったがそれを不審に思いスマートフォンで確認したら全世界で洞窟のような建造物が急に発現していて、その中から化け物が大量に放出されていたのだ。 それに驚き道端で止まっていると、まいたと思っていた緑の化け物が近づいてきていた。俺は先に気づいて距離をとったが凛のほうは腰を抜かしてしまいその場に力なく座り込んでしまっていた。 俺はすぐさま駆けつけようとしたが緑の化け物が持っているこん棒を振りかぶるのが先で凛の頭にたたきつけられてしまった。 俺は怒りで緑の化け物を突き飛ばしてから馬乗りになり頭をタコ殴りにしていた。朝になるまで、、、 そしてついに緑の化け物が息を絶えた。 すると脳内でこんな機械音が流れた。 「個体名 鈴木悠斗はスキル『やり直し』を獲得しました」と、、
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ファンタジー 42,511 位 / 42,511件
文字数 9,090 最終更新日 2024.01.16 登録日 2024.01.14
24
恋愛 連載中 長編 R15
アザリアは疫病を広めた魔女として国中から憎まれながら死んだ。 人々の傷や病を引き受け、聖女の奇跡としてきたアザリアは「どうしてこんな死に方をしなければならないのか」と絶望の内に意識を失う。 と、思ったら、次の瞬間、目の前には王子アルフレッド。婚約者レイチェルの顔の傷を治すよう命じられた。それは自分が殺される一年前の出来事……。 「嫌です」と、はっきり答えるアザリア。 聖女として周囲の望むように従順に生きて来た人生が、焼かれて終わったのだから、二度目の今度は他人に悪女と言われても構わない。嫌なものは嫌、と、好きなように生きよう。それで燃やされるならそれもよし! 一度目の人生で疎遠だった家族に溺愛され、王家にハメられた商人の息子が……おや、どうやら……自分は、彼が好きになってしまったようだ。振り向いてほしい!全力で復讐を手伝いますから!!
24h.ポイント 14pt
小説 28,829 位 / 185,012件 恋愛 12,393 位 / 56,204件
文字数 37,572 最終更新日 2024.01.12 登録日 2024.01.07
【第一部、完結しました!第二部連載まで少々お待ちくださいませ】 目指すは誰も殺さない、いい皇女様!? 無意識に愛されながら周囲を巻き込み未来を変える溺愛ファンタジーです☆ ーーーーあらすじーーーー 『お父様に認められたい一心でわたくしは…………邪魔者を皆殺しにしたのに』 キャンディスの後ろには死体が積み上がっていた。 ディアガルド帝国、唯一の皇女だったキャンディス・ドル・ディアガルドは幼い頃から愛情に飢えていた。今まで気に入らないものをすべて排除していたがキャンディスが十六の時、ルイーズという少女が現れたことですべてが崩れた。 ルイーズはキャンディスがずっと求めていた父の愛情も居場所も婚約者を奪っていく。 キャンディスが嵌められたと気づいた時にはもう牢の中……そこで本当の地獄を知り、『悪の皇女』と呼ばれるようになる。 処刑台の上で告げられたのはルイーズの『邪魔者を排除してくれてありがとう。これで全部、わたしのものよ』という言葉だった。 悲しみと絶望を抱きながらキャンディスは父に首を斬られた……はずだった!? 五歳まで時が戻ったキャンディスは真逆作戦を発案!!! 今度は誰も殺さない『いい皇女』になり、ルイーズが宮殿にやってくる前にはディアガルド帝国を出ようと決意する。 すでに皆に怯えられ嫌われているキャンディスの『いい皇女への道』は前途多難。 次第に嫌われていたはずのキャンディスは皇帝に溺愛されはじめて……?
24h.ポイント 411pt
小説 2,787 位 / 185,012件 ファンタジー 501 位 / 42,511件
文字数 112,083 最終更新日 2024.01.05 登録日 2023.12.25
26
恋愛 完結 長編
「ただいまより、罪人ウィステリアの死刑を執行する!!!」 公爵令嬢ウィステリアは、未来の王太子妃として教育を受けていた。しかし、王太子妃の座を狙っていた王女の陰謀により、彼女を殺そうとした犯人に仕立てられてしまう。 これは、よくある悪女の処刑後のお話。
24h.ポイント 291pt
小説 3,993 位 / 185,012件 恋愛 1,827 位 / 56,204件
文字数 102,179 最終更新日 2024.01.01 登録日 2023.10.25
27
恋愛 連載中 長編
 第三王子の婚約者であった侯爵令嬢アドリアーナだが、第三王子が想いを寄せる男爵令嬢を害した罪で婚約破棄を言い渡されたことによりスタングロム侯爵家から勘当され、平民アニーとして生きることとなった。  なんとか日々を過ごす内に12年の歳月が流れ、ある時出会った10歳年上の平民アレクと結ばれて、可愛い娘チェルシーを授かり、とても幸せに暮らしていたのだが……道に飛び出して馬車に轢かれそうになった娘を庇おうとしたアニーは気付けば6歳のアドリアーナに戻っていた。
24h.ポイント 248pt
小説 4,663 位 / 185,012件 恋愛 2,088 位 / 56,204件
文字数 142,662 最終更新日 2023.12.27 登録日 2023.09.02
28
BL 連載中 長編 R15
kei
【主人至上主義(ある意味)の口が悪い従者による、未来改変やり直し物語】  アルードは幼い頃、辺境伯と呼ばれるハイマン家に救われた。  その恩義から、辺境伯の息子:クリストフに従者として仕え、穏やかな日々を過ごしていた。ある時、王家の権力争いに巻き込まれ  ーーー気がつけば、子どもに戻っていた!!  その事実に戸惑いながらも、アルードは”未来を変えるため”に自分改革を決意する。 「絶対、クリストフを守る!」  しかし、根幹にある自身の性格を変えることはむずかしく、人生2回目だからと言って、全てが思い通りになるわけがなかった…。 ◤辺境伯の主人(包容力爆発王子) ✖️ 口が悪い従者(一途で努力家)◢ 基本はほのぼの(+ほんのりサスペンス?) 世界観はいろいろミックスしている、ゆるっと西洋系ファンタジー。 物語は、幼児からリスタートしますが、さくっと成長させて、少年になった王立学校入学の前後あたりから比較的ゆっくり時間が進んでいく予定です。 ※少ないですが戦闘シーンなどで流血表現が出てきます。 ※途中、身体の一部が不自由になる表現があります。 ※更新は不定期です。公開後に誤字脱字含む加筆修正を行うことがあります(物語の大筋に大きな影響はありません)
24h.ポイント 7pt
小説 35,259 位 / 185,012件 BL 9,042 位 / 23,935件
文字数 82,760 最終更新日 2023.11.30 登録日 2023.10.01
29
BL 完結 短編 R18
都築渉には付き合って三ヶ月の恋人、佑月がいた。 ほぼ同棲状態、毎日好きだと言い合って、付き合いは順調だと思われたが、一つだけ気がかりなことがあった。 ある日、佑月の忘れ物を届けようと外へ出た渉は、階段から足を滑られせて落ちてしまう。 気がついた時、渉は五年前にバイトをしていたカフェにいた。 佑月とはそこで出会ったが、その頃、佑月には婚約している女性がいた。 過去と同じことをして、佑月と付き合う未来を再び目指そうとするが、それにはこれから起こる悲劇から、目を逸らさなければいけなかった。 佑月の幸せを願う渉の決断は…… 全三話 全二万字程度
24h.ポイント 42pt
小説 15,975 位 / 185,012件 BL 3,952 位 / 23,935件
文字数 24,612 最終更新日 2023.11.26 登録日 2023.11.26
30
恋愛 完結 短編
「稀代の悪女、ルーリエ・カールストン! 俺はこの場を持って貴様との婚約を破棄し、ボーデン子爵家令嬢のヘレンを伴侶とすることを誓う」 第一王子からの一方的な婚約破棄に驚く暇もなく、ヘレン殺害未遂容疑で牢獄へ強制連行。そして取り調べや裁判もないまま、悪女として平民が集う大広場で公開処刑された……はずだった。 なぜかデビュタントの一年前に戻ったルーリエ。二度も冤罪で死ぬなんて真っ平!どうやって未来を回避しようと悩んでいると、最年少で魔法省長官になったイグナーツが協力を申し出る。だが対価として花嫁に望まれて――。 死に戻り令嬢は、魔法伯の力を借りて二度目の断罪劇に立ち向かう。
24h.ポイント 7pt
小説 35,259 位 / 185,012件 恋愛 15,374 位 / 56,204件
文字数 13,319 最終更新日 2023.11.08 登録日 2023.11.07
31
恋愛 連載中 長編
将来有望なピアニストだった花音は、世界的なコンクールを前にして事故に遭い、ピアニストとしての人生を諦めてしまった。地元で平凡な会社員として働いていた彼女は、事故からすれ違ってしまった祖母をも喪ってしまう。後悔にさいなまれる花音のもとに、祖母からの手紙が届く。手紙には、自宅にある練習室室Cのピアノを弾けば、女の子の霊が力を貸してくれるかもしれないとあった。やり直したいと思った花音は、トラウマを克服してピアノを弾き過去に戻る。やり直しの人生で秀真という男性に会い、恋をするが――。 ※ 表紙はニジジャーニーで生成しました
24h.ポイント 71pt
小説 11,588 位 / 185,012件 恋愛 5,204 位 / 56,204件
文字数 122,750 最終更新日 2023.11.07 登録日 2023.10.05
ある日二人のプレイヤーが伝説のVRMMO、DragonEarthというゲームを極めていた。 そのゲームには一つ面白い特徴がある。 ゲーム自体を荒らす行為以外はチートやハッキング、PK<プレイヤーキル>など何でもしていいという特徴が存在していたのだ。 そんな中最凶の二人のプレイヤー<Kamist>本名 月見龍馬<Kasutomi>本名 月見龍華がこのゲームを無双していたのだ。 そのプレイヤーは最強のクラン、いや、歴史に残るクラン、Strongest≪最強≫のギルドマスターだった。 そしてこのプレイヤーがさらに無双する、そう誰もが思っていた。 だがあるひ一度も喧嘩や仲間割れをしたことがないクランメンバーたちが一斉にこのクランを抜けてしまったのだ。 その二人のプレイヤーは意味が分からない事態に唖然としている途中で最強だった俺たちが何者かにキルされてしまう。 そのせいですべての物資を失われたうえ、拠点をすべて破壊されてしまう。 そのせいで二人のプレイヤーは引退した。 だがその数か月後に運営が発表した神アプデである換金機能、動画投稿サイトの二つが追加されたのだ。 それを知った二人のプレイヤーはまたこのゲームを極めることを決意、そして再度このゲームを無双し、世界ランカーへと成り上がる!!
24h.ポイント 14pt
小説 28,829 位 / 185,012件 ファンタジー 4,196 位 / 42,511件
文字数 3,531 最終更新日 2023.11.07 登録日 2023.11.06
33
恋愛 完結 短編 R18
あなたの発言はいつも正しくて、迷いがなくて、ぶれない。 曲がったことが嫌いなあなたはいつも綺麗で。 その正しさで、二度と子供が産めない私を週に二度、定期的に抱く。 義務のように―― *R18 *ムーンライトノベルズにも掲載しています。
24h.ポイント 134pt
小説 7,490 位 / 185,012件 恋愛 3,353 位 / 56,204件
文字数 21,130 最終更新日 2023.11.05 登録日 2023.11.01
34
恋愛 完結 短編 R15
 一生大切にすると、次期伯爵のオズワルド様に誓われたはずだった。  それなのに、私が懐妊してからの彼は愛人のリリア様だけを守っている。  リリア様にプレゼントをする余裕はあっても、私は食事さえ満足に食べられない。  そんな状況で弱っていた私は、出産に耐えられなくて死んだ……みたい。  でも、次に目を覚ました時。  どういうわけか結婚する前に巻き戻っていた。    二度目の人生。  今度は苦しんで死にたくないから、オズワルド様との婚約は解消することに決めた。それと、彼には私の苦しみをプレゼントすることにしました。  一度婚約破棄したら良縁なんて望めないから、一人で生きていくことに決めているから、醜聞なんて気にしない。  そう決めて行動したせいで良くない噂が流れたのに、どうして次期侯爵様からの縁談が届いたのでしょうか? ※カクヨム様と小説家になろう様でも連載中・連載予定です。  7/23 女性向けHOTランキング1位になりました。ありがとうございますm(__)m
24h.ポイント 255pt
小説 4,514 位 / 185,012件 恋愛 2,040 位 / 56,204件
文字数 76,218 最終更新日 2023.09.07 登録日 2023.07.21
ガチャを引き、ある男が自分自身の運命を変える話。 ある1人の傲慢な男が死んで後悔し 30年前に戻り自分が見捨てた人達に会い、人生をやり直す話。 ただし戻ったところはパラレルワールド。 ダンジョンやステータス、魔法が存在する世界だった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ファンタジー 42,511 位 / 42,511件
文字数 1,675 最終更新日 2023.08.01 登録日 2023.05.08
主人公ヘリー・ユースの平穏な日々が謎の組織によってぶち壊される。 家族も殺され、仲間も殺され、しまいには街全体を焼かれて全てを失ったヘリーは、周りに知られないように隠し持っていたスキル『タイムリープ』を発動させ、0歳のときからやり直し、家族や仲間、街を守る。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ファンタジー 42,511 位 / 42,511件
文字数 1,672 最終更新日 2023.07.29 登録日 2023.07.29
37
恋愛 連載中 長編 R18
一度目の人生は散々だった。聖女として崇めたてられたラリサは魔王討伐の末にパーティーの中核であった勇者、テオドルスと恋仲になるも彼の女癖の悪さに悩まされ続けた。けれど彼の裏切りによりラリサは捨てられることとなる。悲しみにくれたラリサは心を病み、遠く離れた地で療養することとなるのだが、偶然事故に巻き込まれて命を落としてしまう。けれど気がつけばテオドルスと出会う直前にまで巻き戻っていた。今度こそ真っ当な人生を送りたいと、勇者パーティーへの参加を拒んだラリサ。それからテオドルスを避けて生きてきたが、とうとう勇者たちが無事魔王討伐を終えて帰国することとなった。彼らへの褒美を授与する場に聖女として参列したラリサだが、予想外のテオドルスの要望に耳を疑うことになる。 「聖女ラリサを娶らせていただきたい」 拒否することも出来ず、流されるままにテオドルスと婚姻を結ぶことになってしまったラリサ。彼から逃げ切るために思案するのだが、予想外に彼は溺愛してきて──。
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 恋愛 9,008 位 / 56,204件
文字数 75,659 最終更新日 2023.07.22 登録日 2023.06.18
38
BL 連載中 長編 R18
キーリは目前に迫る死を自覚して、初めて自分の前世を思い出す。 それはこの世界が前世で楽しんでいた、いわゆる乙女ゲー。女性向け恋愛ゲームと同じだったという事実。 そのゲーム内で最難関と言われたラスボスが悪に堕ちた原因は、友人の死だった。 そして、その友人=自分自身だと気付き、死にたくないと叫ぶと目の前に現れたのは……見慣れたゲームのロード画面だった!? セーブとロードだけを手にして、自分の死を回避しながらも友人を守りたい臆病者の物語。
24h.ポイント 156pt
小説 6,712 位 / 185,012件 BL 1,506 位 / 23,935件
文字数 81,900 最終更新日 2023.07.10 登録日 2022.10.02
39
恋愛 連載中 長編 R18
「勝ち残った者が後継者だ。強い者だけが可愛い子供達である。」 父親であるベルガング・ジベリアンの言葉をきっかけに22人もいる兄妹達の生き残りをかけた戦いが始まる。 「そうだな、神は男と女をまず作ったと言うな…息子と娘ひとりずつだ。」 サイコパスな暴君、ベルガングは退屈していた。 大帝国セナウズによりジベリアンに閉じ込められたベルガングは国から一歩も出られず、余命5年という呪いを受けたがそれでも悔い改める事は無く、自らが沢山の妃や、愛妾に産ませた22人もの子供達で退屈しのぎをすることにした…。 闘いを望まぬ第七王女ミネルバ・ジベリアンは王宮の北側の奥にある深雪棟に立て篭もり、最後の三人にまで生き残ったが… 第一王子 イクシオン、第四王女 キオネに騙されて無惨にも殺された… 筈なのに…目を開けば父ベルガングが退屈しのぎを始めた日であった。 「まだ間に合うかしら…、今度は犬死になどしない。」 ミネルバは秘めた力と、様々な才能を開花させて行くが… 次々と死んでいく兄妹達。…果たして生き残る事はできるのか?
24h.ポイント 35pt
小説 18,079 位 / 185,012件 恋愛 7,967 位 / 56,204件
文字数 13,986 最終更新日 2023.06.27 登録日 2021.11.18
40
恋愛 連載中 長編
「あの頃に戻れるなら私は、侯爵じゃなく彼を選ぶのに……」 侯爵に騙されて国家反逆罪の罪を被せられたルビィは処刑前に、宝石騎士団長へとそう呟いた。 そうして渦巻く後悔の中でルビィは処刑された。 そのはず、だった。 気がつくとルビィは侯爵と結婚を決める前へと戻っていた。 戻れたのならばとルビィは未来を変えることを決意して本来の婚約者であった地方騎士との結婚を決める。 けれど少し生意気だったはずの婚約者はルビィを溺愛していて……?
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 恋愛 56,204 位 / 56,204件
文字数 13,700 最終更新日 2023.06.24 登録日 2023.06.06
156 1234