ファンタジー 追放ざまぁ小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 追放ざまぁ×
70 12
「アリア。お前はクビだ」 教育者として上位ギルド『白金の刃』で働いていたアリアはギルド長であるクラウスに不要だと追放されてしまう。 自分の無力さを嘆いていたアリアだが、彼女は求人募集の貼り紙を見て底辺ギルドで教育者として働くことになった。 しかし、クラウスは知らなかった。アリアの天才的な教育にただ自分の隊員がついていけなかったということを。 実はアリアは最強冒険者の称号『至極の三剣』の三人を育てた天才であったのだ。 アリアが抜けた白金の刃ではアリアがいるからと関係を保っていたお偉いさんたちからの信頼を失い、一気に衰退していく。 そんなこと気にしないアリアはお偉いさんたちからの助力を得て、どんどんギルドを再建していくのだった。 これは英雄の血を引く英傑な教育者が異次元な教育法で最弱ギルドを最強ギルドへと再建する、そんな物語。
24hポイント 12,306pt
小説 257 位 / 127,967件 ファンタジー 47 位 / 32,645件
文字数 118,885 最終更新日 2022.01.19 登録日 2021.12.05
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ある日荷物持ちのロインは、パーティーを追放される。その理由は、戦闘能力がないから、というなんとも身勝手なものだった。  ロインはもともと、冒険者になる気なんてなかった。しかし戦闘に参加しなくていいからという条件つきで、パーティーにしぶしぶ入ったのだった。  ロインは生まれつき運がよく、それをあてにしたパーティーリーダーのグフトックが、ロインを無理やり誘ったのだった。  しかし、追放されたロインは、なんとかモンスターを倒せるようになり、自分の隠された能力をしる。それはレアドロップが必ず出るというものだった!  一方でロインに酷い仕打ちをしたグフトックは、アイテムがドロップしないことに腹を立てる。なんとロインがいたおかげで、グフトックのドロップ率も上がっていたのだった!  ロインは冒険者ランク最下位から、どんどんランクを上げていくが、グフトックはどんどんほしい物が得られないようになっていく……。 ※カクヨム日間3位週間5位!!!! ※カクヨム累計153位、異世界125位 カクヨム、アルファポリスにて連載中
24hポイント 10,054pt
小説 312 位 / 127,967件 ファンタジー 57 位 / 32,645件
文字数 218,201 最終更新日 2022.01.20 登録日 2021.12.22
3
ファンタジー 連載中 長編 R18
 憧れのマドンナを守るために車にひかれて死んだ主人公天原翔は異世界召喚に巻き添こまれて転生した。  神っぽいサムシングはお詫びとして好きなスキルをくれると言う。  未使用のまま終わってしまった愚息で無双できるよう不死身でエロスな能力を得た翔だが。 「なんと破廉恥な!」  鑑定の結果、クソの役にも立たない上に女性に害が出かねないと王の命令により幽閉されてしまった。  だが幽閉先に何も知らずに男勝りのお転婆ボクっ娘女騎士がやってきて……。  魅力Sランク性的魅了Sクラス性技Sクラスによる攻めで哀れ連続アクメに堕ちる女騎士。  性行為時スキル奪取の能力で騎士のスキルを手に入れた翔は壁を破壊して空へと去っていくのだった。  そして様々な美少女を喰らい(性的な意味で)勇者となった翔の元に王から「戻ってきて力を貸してくれと」懇願の手紙が。  今更言われてももう遅い。知らんがな!  このままもらった領土広げてって――。 「俺、魔王になりまーす」  喰えば喰うほどに強くなる!(性的な意味で) 強くなりたくば喰らえッッ!! *:性的な意味で。  美少女達を連続絶頂テイムしてレベルアップ!  どんどん強くなっていく主人公! 無双! 最強!  どんどん増えていく美少女ヒロインたち。 エロス! アダルト!  R18なシーンあり!  男のロマンと売れ筋爆盛りでお贈りするノンストレスご都合主義ライトファンタジー英雄譚!
24hポイント 497pt
小説 3,080 位 / 127,967件 ファンタジー 530 位 / 32,645件
文字数 163,455 最終更新日 2021.12.23 登録日 2021.05.04
僕は勇者を代行して戦う剣士だ。 仲間の勇者は戦うことができない。剣も魔法も使えないのである。 しかし、お金は持っている。 そのお金で僕たち仲間は勇者から雇われているのである。今日もラスボスを討伐するが、勇者は同行して見物するだけ。 しかし、ラスボスは勇者が倒したことにしなくてはならない。 勇者の名誉UPのためである。 そして、さらに重要なことは戦闘で勇者を怪我させてはならないこと。 勇者の安全確保は絶対なのである。 しかし、ある日、大変なことに。 勇者が頭から血を流すほどの、大怪我をさせてしまった。 勇者パーティからはもちろんギルドの元老院からも僕は目の敵にされ始めた。そして、僕の波瀾万丈はここから、始まる。
24hポイント 491pt
小説 3,120 位 / 127,967件 ファンタジー 528 位 / 32,645件
文字数 82,028 最終更新日 2022.01.20 登録日 2022.01.08
抜群の鑑定力を発揮する【魔眼】と調整力を持つギルドマネージャーである主人公、横暴ギルド長が追放した被害者を助けていたら、彼らが勇者や聖女に成長して力を貸してくれるように。可愛いサキュバス彼女もいるしせっかくなんで最強ギルドを作ってみる物語。 【詳細なあらすじ】 冒険者ギルドでチーフマネージャーを務めるクレイ。 余計な事をしては”追放ざまぁ”を食らう無能ギルドマスターに振り回される日々。 『せっかく私が才能アリと”鑑定”したのに……』 相手の才能と欲求を見抜く”心眼・魔眼”の力を使い、追放被害者を助け、新たな就職先を紹介する。 冒険者のことを第一に考えるクレイは、彼らの信頼を集めていく。 彼らはどんどん成長し、いつの間にか勇者、聖女、大魔導士となっていた。 フォローしきれない横暴ギルドマスターが転落していく中、クレイが築いた絆が世界を救う鍵となる。 そして気が付いたら自分のギルドが世界最強になってました。 これは、美人な事務員さんと最愛の同居人(サキュバスちゃん)に支えられ、 無能上司の後始末をしていた敏腕マネージャーの青年が、無自覚に人々の信頼を積み重ね……人生大逆転する物語。 ※他サイトでも連載しています。
24hポイント 377pt
小説 3,792 位 / 127,967件 ファンタジー 635 位 / 32,645件
文字数 8,343 最終更新日 2022.01.20 登録日 2022.01.20
☆気に入っていただけましたら、ファンタジー小説大賞の投票よろしくお願いします!☆ 「申し訳ないが、ウチに必要な機械を使役できない君はクビだ」 ”上の世界”から不思議な”機械”が落ちてくる世界……機械を魔法的に使役するスキル持ちは重宝されているのだが……なぜかフェドのスキルは”電話”など、そのままでは使えないものにばかり反応するのだ。 あえなくギルドをクビになったフェドの前に、上の世界から潜水艦と飛行機が落ちてくる……使役用の魔法を使ったところ、現れたのはふたりの美少女だった! 彼女たちの助力も得て、この世界の技術レベルのはるか先を行く機械を使役できるようになったフェド。 持ち前の魔力と明るさで、潜水艦と飛行機を使った世界最強最速の運び屋……トランスポーターへと上り詰めてゆく。 これは、世界最先端のスキルを持つ主人公が、潜水艦と飛行機を操る美少女達と世界を変えていく物語。 ※他サイトでも連載予定です。
24hポイント 278pt
小説 4,881 位 / 127,967件 ファンタジー 841 位 / 32,645件
文字数 89,169 最終更新日 2022.01.20 登録日 2021.08.27
病気がちな母を持つセシリアは将来母の病気を治せる薬を調合出来るようにと薬の勉強をしていた。 しかし婚約者のクロードは幼馴染のエリエと浮気しており、セシリアが毒を盛ったという冤罪を着せて追放させてしまう。 追放されたセシリアは薬の勉強を続けるために新しい街でセシルと名前を変えて薬屋を開き、そこでこれまでの知識を使って様々な薬を作り、人々に親しまれていく。 さらにたまたまこの国に訪れた隣国の王子エドモンドと出会い、その腕を認められた。 一方、クロードは相思相愛であったエリエと結ばれるが、持病に効く薬を作れるのはセシリアだけだったことに気づき、慌てて彼女を探し始めるのだった。 ※医学・薬学関係の記述はすべて妄想です
24hポイント 234pt
小説 5,576 位 / 127,967件 ファンタジー 1,031 位 / 32,645件
文字数 99,466 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.03.09
※第二章までの主人公やヒロインの口調は完結させたあとに直しますが、第三章以降と口調が違っています。 性格は同じです。 「ようやく追放できてせいせいする」 「こんなクズ放っておこうよ」 「とっとと消えなさい。クズの親を持った自分を恨むことね」  実の父と義母、義弟から散々な言われようで、レイスは家を追い出された。  これはレイスの左目に宿る【魔眼】の影響だった。  魔眼による事故、事件のせいで魔眼の力は恐れられ、忌み嫌われていたのだ。  伯爵である父、バルスは古いしきたりを大切にするため、魔眼への偏見が強くあったのだ。  物心ついた頃から幽閉され、自立できる年齢になった途端追い出される。  絶望的な状況の中、今は亡き実母の言葉だけがレイスの支えになっていた。 ーー貴方のその綺麗な眼で、綺麗な世界を作ってね  そんな中魔眼持ちを押さえ込み続けた国王が急遽、魔眼持ちの第四王子を次期国王に指名した。  レイスにとって、新国王の即位は大きなチャンスだった。  一方魔眼持ちというだけで差別的な言動を繰り返してきた実家や大臣たちは窮地に追い込まれることになり……。  これは忌み嫌われた魔眼持ちの少年と王が、世界を少しずつ綺麗なものにしていくための物語。 ※本作品は共著となっています プロット担当 すかいふぁーむ 執筆担当 よどら文鳥 ※なろう小説でも投稿しています
24hポイント 220pt
小説 5,937 位 / 127,967件 ファンタジー 1,127 位 / 32,645件
文字数 94,789 最終更新日 2021.12.26 登録日 2021.01.03
「テール。お前には才能がなく、俺らにはあった。ただそれだけだ。じゃあな」  突然のパーティ追放に心身ともに打ちのめされた土魔法使いテール。  そんな彼の下に突如現れたのは第二王女アナスタシアだった。 「ええ。私はテール様のことを信用しています」  彼女に告げられた驚きの事実、それはダンジョンが成長すること、そしてそれに必要なのは周囲に暮らす人口を増やすことだった。  アナスタシアはテールにダンジョン周辺の領地開拓を依頼する。 「わかった。話を受けよう。ただし、条件が一つだけある。俺も成長したダンジョンに潜らせろ」  不要と追放されたテールは領地開拓とダンジョン探索に忙しい毎日を過ごす。  前人未踏の深度への到達を目指して。
24hポイント 198pt
小説 6,471 位 / 127,967件 ファンタジー 1,282 位 / 32,645件
文字数 26,005 最終更新日 2021.10.19 登録日 2021.10.15
辺境のキルシュブリューテ王国に、美味い料理とデザートを出すカフェ・ユグドラシルという店があった。 この店を経営しているのは篁 紗雪という二十代半ばの日本人女性である。 彼女は、数年前にウィスティリア王国の王太子であるエドワード、紗雪と共に異世界召喚された近藤 茉莉花、王国騎士であるギルバードとラルク、精霊使いのカーラと共に邪神を倒したのだ。 表向きはそう伝わっているが、事実は大いに異なる。 エドワードとギルバード、そして茉莉花は戦いと邪神の恐ろしさにgkbrしながら粗相をしていただけで、紗雪一人で倒したのだ。 邪神を倒しウィスティリア王国に凱旋したその日に、紗雪はエドワードから「未来の王太子妃にして聖女である純粋無垢で可憐なマリカに嫉妬して虐めた」という事実無根な言いがかりをつけられた挙句、国外追放を言い渡されてしまう。 (純粋無垢?可憐?プフー。近藤さんってすぐにやらせてくれるから、大学では『ヤリマン』とか『サセコ』って呼ばれていたのですけどね。それが原因で、現在は性病に罹っているのよ?しかも、高校時代に堕胎をしている女を聖女って・・・性女の間違いなんじゃないの?それなのに、お二人はそれを知らずにヤリマン・・・ではなく、近藤さんに手を出しちゃったのね・・・。王太子殿下と騎士さんの婚約者には、国を出る前に真実を伝えた上で婚約を解消する事を忠告しておくとしましょうか) 「王太子殿下のお言葉に従います」 羽衣と霊剣・蜉蝣を使って九尾の一族を殲滅させた直後の自分を聖女召喚に巻き込んだウィスティリア王国に恨みを抱えていた紗雪は、その時に付与されたスキル【ネットショップ】を使って異世界で生き抜いていく決意をする。 紗雪は天女の血を引くとも言われている千年以上続く陰陽師の家に生まれた巫女にして最強の退魔師です。 篁家についてや羽衣の力を借りて九尾を倒した辺りは、後に語って行こうかと思っています。
24hポイント 198pt
小説 6,492 位 / 127,967件 ファンタジー 1,280 位 / 32,645件
文字数 135,268 最終更新日 2022.01.18 登録日 2021.06.20
「トール。お前気づいてるだろ? 俺達、最強の勇者パーティーに何もしない荷物持ち(ポーター)は必要ないんだよ」 15歳の時に天職を与えられる世界。幼馴染の俺達五人は勇者パーティーとして旅立つ事になった。 『ジョブ・レンダー』という職業を貸与する天職を与えられた俺。他のパーティーメンバーは外れ職業しか授かっていなかったのである。 俺は幼馴染の4人にチート職業を貸与する。 『ジョブ・レンダー』には四人までの使用制限があった。俺は四人に職業を貸与しているため、無力な存在となってしまう。仕方なく俺はパーティーの荷物持ち(ポーター)をする事に。 チート職業を得た勇者パーティー連戦連勝を繰り返す。 その事を自分達の力だと思い始めた勇者達は、俺を何もしないただの荷物持ち(ポーター)だとして糾弾を始める 「本当にいいのか? 俺はただの荷物持ち(ポーター)なんかじゃない。ジョブ・レンダーとしてお前達に職業を与えてたんだぞ」 「いいから、出てけよ。俺達のパーティーに何もしない無能は必要ないんだよ!」  「そうか。わかった。出てくよ」 仲間達からそう言われ、パーティーをあとにすることを決めた俺は去り際に呟く。 「お前達に貸した職業は返して貰うからな」 その直後、勇者パーティーは絶体絶命の危機に直面することになる。 「お、俺が実は勇者じゃなくて村人だと!?」 「う、嘘! 私って大魔法使いじゃなくてただの遊び人!?」 「お、俺は聖騎士じゃなくてただの農民だったのか!」 「え!? 僕って大僧侶じゃなくて、ただの無職だったの!?」 勇者パーティーがチート職業に就けたと思っていたのは俺がジョブ・レンダーとして職業を貸していたからであった。 ただの外れ職業に成り下がった勇者パーティーは連戦連敗。周囲からの評判も地の底へと落ちていく。 そんな時、俺は幼馴染の王女と再会を果たす。俺は彼女に『聖女』を貸し与えた。 「う、うそ! わ、私が聖女! こ、こんな事が!!」 こうして俺と彼女は危機に陥っている王国を救う事に。 それから俺は自由で気ままな冒険者ライフを楽しむ事を決めた。 『ただのお荷物』として馬鹿にされていた少年が『ジョブ・レンダー』として大陸中にその名を轟かせる。 これはそんな成り上がりの英雄譚である。 ※カクヨム、なろうでも連載中です ファンタジーカップ参加予定
24hポイント 142pt
小説 7,735 位 / 127,967件 ファンタジー 1,451 位 / 32,645件
文字数 100,761 最終更新日 2021.04.22 登録日 2021.02.28
12
ファンタジー 完結 長編 R15
 突如パーティーから追放されてしまった主人公のカイン。彼のスキルは【削除&復元】といって、荷物係しかできない無能だと思われていたのだ。独りぼっちとなったカインは、ギルドで仲間を募るも意地悪な男にバカにされてしまうが、それがきっかけで頭痛や相手のスキルさえも削除できる力があると知る。カインは一流冒険者として名を馳せるという夢をかなえるべく、色んなものを削除、復元して自分ものにしていき、またたく間に最強の冒険者へと駆け上がっていくのだった……。
24hポイント 134pt
小説 7,995 位 / 127,967件 ファンタジー 1,484 位 / 32,645件
文字数 202,341 最終更新日 2021.06.01 登録日 2021.05.01
錬金術士学院を首席で卒業し、念願であった宮廷錬金術師になったエルクはコストカットで王国を追放されてしまう。 しかし国王は知らなかった。王国に代々伝わる聖剣が偽物で、エルクがこっそりと本物の聖剣を錬成してすり替えていたという事に。 宮廷から追放され、途方に暮れていたエルクに声を掛けてきたのは、冒険者学校で講師をしていた時のかつての教え子達であった。 「————先生。私達と一緒に冒険者になりませんか?」  悩んでいたエルクは教え子である彼女等の手を取り、冒険者になった。 ————これは、不当な評価を受けていた世界最強錬金術師の冒険譚。錬金術師として規格外の力を持つ彼の実力は次第に世界中に轟く事になる————。
24hポイント 92pt
小説 9,813 位 / 127,967件 ファンタジー 1,762 位 / 32,645件
文字数 116,744 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.11.03
「ノルン様、貴女のように男を誘惑する女の事を何と言うのかご存じでしょうか?・・・阿婆擦れです!」 「所詮は野蛮な地を治める辺境伯のご息女ですもの」 「猿であって当然ですわね」 「「「「「「獣風情が聖女とは片腹痛い!!!」」」」」」 ロイヤルミント王国の王宮では王国の建国祭が催されていたのだが、参加した聖女にしてアメジストセージ辺境伯の長女であるノルンは婚約者である王太子のヴィルヘルムと彼が夢中になっている公爵令嬢のルミナ、王太子の側近AとBことシャルルとカール、二人の婚約者達に罵られてしまう。 (猿?それってルミナ様、エトラ様、ベローナ様、そしてヴィルヘルム様、シャルル様、カール様の事ですよね?) ロイヤルミント王国が他国に侵攻されないのは、平穏無事で天災が起こらないのは、アメジストセージ家と私が契約している精霊王様が護っているからなのですけど? 国防の要とでも言うべきアメジストセージ家を猿だの、獣だのと罵る彼等の真実の姿を皆様方に披露するといたしましょう! これは森羅万象を司る精霊王と契約しているノルンが、自分と家族を馬鹿にした王太子達に盛大(?)な仕返しをする話。 ・ルミナ達はノルンを猿と言っていますが、実際は彼女達の方が婚約者以外の男とやりまくっているし、自分の息子のお初を奪った上で楽しもうと計画している猿です!(ヤリ〇ンとも言う) ・王太子達はエロ同人誌に出てくるヒロインを肉便器扱いする男のように、女であれば見境なくやりまくっているし、自分の娘が年頃になったら母娘丼をしようと計画しているクズなゲス野郎です!(ヤリ〇ンとも言う) ・設定がゆるゆるでふわふわ、ツッコミどころ満載の話であるのはいつもの事です。 ・精霊王というのは、ファンタジーものを読んでいたら出てくるサラマンダーやウンディーネといった精霊達の親玉というか、上司といった存在になります。 【乙女ゲームに転生した男の人生】で話の流れはこうだと決まっていても、それの表現が上手くできずスランプに陥ってしまったので気分転換の意味もあって書いています。 直接的に表現はしていませんが、匂わせるシーンがありますので念の為にR-18にしています。
24hポイント 63pt
小説 12,053 位 / 127,967件 ファンタジー 2,100 位 / 32,645件
文字数 9,825 最終更新日 2021.11.23 登録日 2021.11.14
「お前のように魔術を使えない人間はただの家畜だ。ヴァーミリア家に家畜は必要ない」 ホロウ・ヴァーミリア、五歳。ヴァーミリア家の三男として生まれ、二人の優秀な兄同様魔術の才能を持っていると信じられていた。 しかし、魔術を初めて使ったこの日、全てが変わる。 魔術に対する激しい身体の拒絶反応。――ホロウの身体は魔術を使えない身体だったのだ。 魔術全盛の時代、魔術こそが全てと言われるこの時代でホロウはまさに落ちこぼれだった。 その結果、ホロウは父からお前は家畜だと切り捨てられた。 ――しかし、魔術に嫌われるかのようなその体質は、逆に魔術を破壊出来るという規格外の力を秘めていた。剣による魔法陣の破壊、形成された魔術の否定。ホロウの体質は、魔術の根底を否定した。 ホロウは魔術が使えず家畜と蔑まれ、期待されず最底辺の人間として生きてきた。しかし、その魔術を破壊する力とその力によって出会った妖刀と共に、剣術を磨き、数多いる最強の魔術師たちを凌駕していく。 魔術師、魔剣使い、騎士、吸血鬼、冒険者、魔術学院……様々な出会いと戦いの中で、ホロウはその剣術で最強を目指す。 これは、家畜と蔑まれた魔術を使えない最底辺の少年が、己の剣術と妖刀を駆使しすべてを見返して、最強の座につく物語である。
24hポイント 63pt
小説 12,053 位 / 127,967件 ファンタジー 2,100 位 / 32,645件
文字数 89,242 最終更新日 2021.11.09 登録日 2021.10.17
フェイ・レプリカは宮廷鍛冶師として王宮で働き、聖剣や魔剣の贋作を作っていた。贋作鍛冶師として馬鹿にされ、低賃金で長時間労働の過酷な環境の中、ひたすら贋作を作り続ける。 そんな環境の中、フェイは贋作鍛冶師の代わりなどいくらでもいると国王に追放される。 フェイは道中で盗賊に襲われているエルフの皇女を救い、エルフの国に招かれる。まともな武具を持たないエルフの民に武器や武具を作る専属鍛冶師になったのだ。 しかしフェイ自身も国王も知らなかった。 贋作を作り続けたフェイが気づいたら本物の聖剣や魔剣を鍛錬できるようになっていた事。そして世界最強の鍛冶師になっていた事を。 フェイを失った王国は製造する武具が粗悪品の贋作ばかりで売れなくなり没落する一方、フェイはエルフの国で最高に楽しい鍛錬ライフを送るのであった。
24hポイント 63pt
小説 12,053 位 / 127,967件 ファンタジー 2,100 位 / 32,645件
文字数 101,467 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.11.26
17
ファンタジー 連載中 長編 R15
「錬金術師なんて、ハズレジョブを引くとは、この恥晒しが! 今すぐ、この家から出ていけ!」  15歳のステータスを手に入れられる儀式の中。ユレンは〈錬金術師〉という非戦闘系のハズレジョブを引いてしまう。 〈錬金術師〉なんかでは、とてもじゃないが戦うことはできない。そんなジョブだ。  だが、ユレンはこの世界について、すでに『ゲーム』で予習済みであった。  しかも、『縛りプレイ』をするほど、その『ゲーム』をやり込んでいた。  そんなユレンにとって、錬金術師こそ、まさに自分が求めていたジョブだった。  そして、ユレンは『ゲーム』でしてきたように、この世界でもレベル1固定という縛りプレイして楽しむことにした。  そしてユレンは、レベル1であっても策略と知識があれば、レベル9999のモンスターでも攻略できることをユレンは証明することになる。
24hポイント 56pt
小説 12,804 位 / 127,967件 ファンタジー 2,219 位 / 32,645件
文字数 114,649 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.09.30
18
ファンタジー 完結 長編 R15
小説家になろうでジャンル別日間ランキング入り!  世界最強の剣聖――エルフォ・エルドエルは戦場で死に、なんと赤子に転生してしまう。  美少女のように見える少年――アル・バーナモントに転生した彼の身体には、一切の魔力が宿っていなかった。  忌み子として家族からも見捨てられ、地元の有力貴族へ売られるアル。  そこでひどい仕打ちを受けることになる。  しかし自力で貴族の屋敷を脱出し、なんとか森へ逃れることに成功する。  魔力ゼロのアルであったが、剣聖として磨いた剣の腕だけは、転生しても健在であった。  彼はその剣の技術を駆使して、ゴブリンや盗賊を次々にやっつけ、とある村を救うことになる。  感謝されたアルは、ミュレットという少女とその母ミレーユと共に、新たな生活を手に入れる。  深く愛され、本当の家族を知ることになるのだ。  一方で、アルを追いだした実家の面々は、だんだんと歯車が狂い始める。  さらに、アルを捕えていた貴族、カイベルヘルト家も例外ではなかった。  彼らはどん底へと沈んでいく……。 フルタイトル《文字数の関係でアルファポリスでは略してます》 魔力ゼロの忌み子に転生してしまった最強の元剣聖は実家を追放されたのち、魔法の杖を「改造」して成り上がります~父が老弱して家が潰れそうなので戻ってこいと言われてももう遅い~新しい家族と幸せに暮らしてます こちらの作品は「小説家になろう」にて先行して公開された内容を転載したものです。 こちらの作品は「小説家になろう」さま「カクヨム」さま「アルファポリス」さまに同時掲載させていただいております。
24hポイント 56pt
小説 12,804 位 / 127,967件 ファンタジー 2,219 位 / 32,645件
文字数 142,495 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.07.16
19
ファンタジー 連載中 長編 R18
ネトラ・レオンはある日、トラックに轢かれて前世の記憶を思い出し、自分がNTRエロゲーの主人公だということ知った。 原作知識によると、ヒロイン達はこのままだと間男たちにNTRて惨めで悲惨な思いをすることになることを知る。 レオンはヒロインを寝取られるのを見るのが嫌なので、散々口汚くビッチヒロイン達を説教で罵った後、NTRゲーの舞台となる故郷の街・N県から自分自身を追放して、ビッチヒロイン達から逃げてざまぁして自由の身となる。 レオンはネト・リオンと名前を変えて、NTRゲーの原作者である漫画家が書いている同じ世界観に存在する超大人気異能学園バトルファンタジー漫画の舞台である異能特区・木更津市へと辿り着く。 そこは超能力、魔術、呪術、気功等々の異能力者やエルフやドワーフ、鬼や吸血鬼、あるいは神霊などのファンタジー種族が暮らす超カオスな場所! リオンは原作知識の生々しいヒロインNTR記憶によって、脳を破壊されたので、ふわっとしてそれでいて凄く雑な『王の力』なる謎のチート異能力をゲットしていた。 それならばやることは一つしかない! リオンはチーレム無双俺TUEEEE異能学園バトルファンタジー主人公を原作知識を使って邪魔しまくって、ヒロイン達を寝取りまくる間男系チーレム無双転生主人公になることを決める…のではなく、原作主人公の傍にいるサポート系親友キャラクターになることを決意する。 異能学園バトル主人公は可愛くてちょっとエッチでなのに一途なヒロイン達でハーレムを築き上げているすごく羨ましい存在! リオンは主人公の親友キャラクターとなり、いずれエンディングを迎えた時にハーレムから一人くらいはあぶれるはずのヒロインと付き合うことを目指す! そしてビッチヒロイン達は謎の中二病パワーを手に入れて、リオンをストーカーする! この物語はビッチヒロイン達から逃げ回りつつ、異能学園で萌える青春を過ごす少年の物語である! *** 現代舞台の異能学園とか好きな人にお勧め! 魔術とか超能力とか呪術とか陰陽道とかさらには神話や伝説まで、なんかもう思いつく限りの様々な異能が登場します! エルフや鬼、吸血鬼、さらには神霊とかまで登場するので、世界観はすごく広いぞ!絶対に好みのヒロインが見つかる!! ダンジョンやらステータスシステム、はては魔王、勇者までウェブ小説のテンプレートはほぼ取り揃えているよ! 一応18禁だけどそこまでハードではないです。ちょっとエッチくらい!
24hポイント 56pt
小説 12,804 位 / 127,967件 ファンタジー 2,219 位 / 32,645件
文字数 116,634 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.03.02
20
ファンタジー 連載中 長編 R15
かつてサムライとニンジャという理由で仲間に裏切られ殺された男がいた。そして彼は三度目の人生で『サムジャ』という天職を授かる。しかし刀や手裏剣を持たないと役に立たないとされる二つの天職を合わせたサムジャは不遇職として扱われ皆から馬鹿にされ冷遇されることとなる。しかし彼が手にした天職はニンジャとサムライの長所のみを引き継いた最強の天職だった。サムライの居合とニンジャの忍法を合わせた究極の居合忍法でかつて自分を追放し殺した勇者や賢者の剣術や魔法を上回る刀業と忍法を手にすることとなり、これまでの不遇な人生を一変させ最強への道を突き進む。だが彼は知らなかった。かつてサムライやニンジャであった自分を殺した賢者や勇者がその後どんどんと落ちぶれていったことを。そしてその子孫が逆恨みで彼にちょっかいをかけ返り討ちにあってしまう未来が待っていることを――
24hポイント 56pt
小説 12,804 位 / 127,967件 ファンタジー 2,219 位 / 32,645件
文字数 297,763 最終更新日 2021.11.07 登録日 2020.07.28
21
ファンタジー 連載中 長編 R15
「何もしない無能暗殺者は必要ない!お前はクビだ! シン・ヒョウガ」 それはある日突然、皇子の護衛としてパーティーに加わっていた暗殺者——シンに突き付けられた追放宣告。  実際のところ、何もしていなかったのではなく、S級の危険モンスターを一瞬で倒し、皇子の身を守っていたのだが、冗談だと笑われ聞き入れられない。  あえなくシンは宮廷を追放される事となる。  途方に暮れていたシンは、Sランクのモンスターに襲われている少女を助けた。彼女は神託により選ばれた勇者だという。 「あなたの力が必要なんです! 私と一緒に旅をして、この世界を救ってください!」 こうしてシンは彼女のパーティーに入り旅に出る事となる。  ――『絶対即死スキル』で魔王すら即死させる。これは不当な評価で追放された最強暗殺者の冒険譚である。
24hポイント 42pt
小説 14,869 位 / 127,967件 ファンタジー 2,543 位 / 32,645件
文字数 101,208 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.12.06
22
ファンタジー 連載中 長編 R15
「貴様の代わりなどヒーラーでも務まる! クビだ! シオン・キサラギ!」 ブラックギルド【ブラック・リベリオン】でドクターをしていたシオンは日々、過酷な業務をこなし、ギルドメンバーの怪我や病気を治していた。そんなある日の事、シオンは代わりに安く雇えるヒーラーを雇うからとクビになってしまう。 「ヒーラーではなくドクターにしか治せない怪我や病気もあります! このままではギルドは大変な事になります!」 事実を告げたが、クビを逃れたいが故の見苦しい言い訳だと断定され、ギルド長にクビを言い渡される。しかしギルド長は知らなかった。シオンの言っている事は本当でありスキル【ドクター】は唯一無二のチートスキルであった事。そして彼がヒーラーでは代用できない特別な存在である事を。 途方に暮れていたシオンはモンスターに襲われている獣人の少女を助ける。彼女は獣人の姫を名乗る。彼女は病に犯された獣人の国を救う為にドクターであるシオンを頼ってきたのだ。 「わたし達の国には多くの病に犯された獣人達がいます! 是非我が国に来てください!」 こうして主人公は獣人の国に専属ドクターとして超好待遇で招かれる事となる。そこでシオンは遺憾なく手腕を発揮していき『神の手(ゴッドハンド)』と呼ばれ崇められる。 一方その頃、ブラックギルドではシオンの言う通り、ドクターでしか治せない怪我や奇病が大量発生し、ストライキが起こるなど労務問題が起こる。 シオンを執拗に呼び戻そうとした結果、獣人国との抗争を起こしかける。それを恐れた王国がブラックギルドの監査に入り、悪事が暴かれ、ギルドは解体されていく。 ※ 私って言ってますけど男主人公ものです。 旧題 獣人の国の宮廷ドクター〜ブラックギルドでこき使われヒーラーでも代わりは効くと追放されたがチートスキル【ドクター】は唯一無二のものでした。私じゃなきゃ治せないから戻ってこいと言われても、もう手遅れですよ ※カクヨム アルファポリスでも掲載中
24hポイント 35pt
小説 16,712 位 / 127,967件 ファンタジー 2,800 位 / 32,645件
文字数 101,439 最終更新日 2021.01.09 登録日 2020.12.26
「フィリア! お前のような卑怯な女はいらん! 即刻国から出てゆくがいい!」 「え? いいんですか?」  聖女候補の一人である私、フィリアは王国の皇太子の嫁候補の一人でもあった。  聖女となった者が皇太子の妻となる。  そんな話が持ち上がり、私が嫁兼聖女候補に入ったと知らされた時は絶望だった。  皇太子はデブだし臭いし歯磨きもしない見てくれ最悪のニキビ顔、性格は傲慢でわがまま厚顔無恥の最悪を極める、そのくせプライド高いナルシスト。  私の一番嫌いなタイプだった。  ある日聖女の力に目覚めてしまった私、しかし皇太子の嫁になるなんて死んでも嫌だったので一生懸命その力を隠し、皇太子から嫌われるよう塩対応を続けていた。  そんなある日、冤罪をかけられた私はなんと国外追放。  やった!   これで最悪な責務から解放された!  隣の国に流れ着いた私はたまたま出会った冒険者バルトにスカウトされ、冒険者として新たな人生のスタートを切る事になった。  そして真の聖女たるフィリアが消えたことにより、彼女が無自覚に張っていた退魔の結界が消え、皇太子や城に様々な災厄が降りかかっていくのであった。
24hポイント 35pt
小説 16,687 位 / 127,967件 ファンタジー 2,800 位 / 32,645件
文字数 75,475 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.10.08
24
ファンタジー 連載中 長編 R15
今を生きる者、世を去った者。 多くの人々のこころざしと希望を受け継ぎ、追放された少年は生きて行く。 元冒険者クレメンテ・ジェラルディの一子ディーノ。父と共に引き取られたルサージュ辺境伯家で令嬢ステファニーに従者として仕えていた。しかしディーノの幼馴染みを自称するステファニーは怒らせると魔物オークをグーパン一発で倒す恐るべき凶悪な美少女。そしてディーノに対する意味不明な片思いから意地悪、パワハラ、モラハラ猛爆の日々……ストレスと恐怖が頂点に達していたディーノであったが、父の死をきっかけに、ルサージュ家を追放された。渡りに船とばかりに、ディーノは「ざまぁ」の置手紙を残し、ステファニーの下を旅立った。広大な未知の世界を見たい! 愛する真の『想い人』に巡り会いたい! 自分が何者なのか、何を成し得るのか? そして限界を突破出来るのか? いろいろ知りたい! こうして……新たな人生の旅に出たディーノの不思議な冒険が始まった。彼は長い旅の中で、多くの出会いと別れを重ねて行く…… ※『絶縁した幼馴染! 追放された導き継ぐ者ディーノの不思議な冒険譚』を改稿、加筆大幅修正した作品です。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。
24hポイント 28pt
小説 18,443 位 / 127,967件 ファンタジー 3,105 位 / 32,645件
文字数 231,264 最終更新日 2022.01.19 登録日 2021.10.22
主人公のアークは、ドラゴンテイマーとして国に仕えてきた。 彼の仕事は国のドラゴンを調教し、管理する事であった。だがある日突然クビを宣告される。 「竜の調教や管理などビーストテイマーでもできる! 高い金を払ってまでお前を雇う必要はない!」 「いいんですか。俺がいないと竜達が暴れまわって大変な事になりますよ!」 事実を告げたが見苦しい言い訳だと断定され、アークは国外追放処分をされてしまう。 国を出たアークの元に、一人の美少女が現れる。彼女は自分がかつて怪我をしていたところを助けてくれた竜だと語る。 「私を助けてくれたお礼に、ぜひ我が竜の国に招待したいのです」 その助けた竜は竜の国の王女だった。 アークは王女を助けたと言うことで、超好待遇で竜の国に招かれる。 かつての国での過酷な待遇から一転、アークは竜の国で神として崇められる。 一方でアークを追放した事で、彼の言う通り、竜達は言う事を聞かずに暴れ出し、国家は滅亡への道を辿っていく事となる。
24hポイント 28pt
小説 18,443 位 / 127,967件 ファンタジー 3,105 位 / 32,645件
文字数 8,183 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.06
 「お姉様〜エリフレーナ病弱だから〜荷物なんて持てないの〜お姉様が持ってよ〜」  「いいでしょ〜エリフレーナ病弱なんだから〜それに比べてお姉様は無駄に力と体力だけはあるものね〜。 聖女の癖にまともに結界も張れないんだから〜荷物持ってればいいのよ約立たずのブスお姉様〜」  「荷物持ちしかできないブスは必要ない」  「ベアトリーセ、お前のように聖女の癖に結界術も5流回復術も5流防御術も5流、荷物持ちだけは一流の 荷物持ち聖女には婚約破棄パーティ追放第一聖女クビを告げてやる」  「お前の妹のエリフレーナは病弱で自分の荷物も持てないが、結界術は一流開腹術防御術は二流だ。 そして何より可愛く美しく人格的にも優れている。 俺様は真実の愛に目覚めた。 俺様はエリフレーナと結婚する」  荷物持ち聖女と婚約破棄パーティ追放解雇された私は、実は最強だったようです。 殴りたい者は殴って殺したい者は殺して、護りたい者は護ります。私は生きたいように生きます。 もう虐げられるだけの人生は終わりです。 私を虐げてきた蔑ろにしてきたお父様お母様、殺しに行きますね。 隣国のイケメン王太子は私を溺愛したいようです。 イケメン美男子達に溺愛されながら私は生きています。 私が殺した妹も元婚約者も両親も、私が殺してきた全ての者に感謝します。 貴方達がいたから、貴方達を殺したから、私は生きてるのです。 殺してきた者達に敬意を払い、これからも私は生きていきます。 皆、ありがとう。 もふもふは可愛くて、スローライフを満喫してます。 イケメン美男子達に溺愛されこんなに素晴らしい幸せを享受できないなんて、 残念ですねぇ妹よ。 悔しいですか妹よ。 悔しければ、また私を殺しに来たらどうですか。 魂までは消滅していないでしょう。 待っていますよ妹よ。 貴女のいない現世は何かが足りません。 また貴女と遊びたいのです。 また殺してあげるわ妹よ。 貴女の鼻を折るの、大好きなのよ。 貴女を殺した瞬間は私の人生で一番の幸福な瞬間なのよ。
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 3,172 最終更新日 2021.12.29 登録日 2021.12.26
 主人公ユノンは、同じ村出身の幼馴染たちと組んだパーティーで、パーティーリーダーを務めていた。だが、パーティーリーダーとは名ばかりで、その実態は、戦闘以外を全部押し付けられる雑用係だった。ユノンはそれでも、仲間たちと冒険できることに満足していた。なぜなら彼は病気の妹を村に残しており、仕送りを続けなければならなかったからだ。お金さえちゃんともらえればそれでよかった。  パーティーは順調に成長していき、Aランクパーティー【金色の刃】として名を馳せていた。Aランクパーティーになった彼らは《上級スキル》の選定式に参加する。今年は魔王が復活したこともあって、《勇者》の登場がまことしやかに噂されていた。そんな中、新進気鋭のパーティー【金色の刃】に注目が集まるのは必然だった。  仲間たちは順調に最強スキルを手にしていく、そしてなんとついに、《勇者》が出たのだ。だがその勇者はユノンではなく、前衛職のギルティアだった。だが勇者パーティーのリーダーとして、当然ユノンのスキルにも期待がかかる。そんな中ユノンが手に入れたのは魔族が得意とする闇スキルと呼ばれるスキルの一つ《憑依》だった。  ユノンはあらぬ疑いをかけられ、殺される。だが、その間際にユノンが使った《憑依》によって、運良くある魔物に憑依することができた。その魔物は中ボス魔物の【メタモルスライム】だった。これではすぐに殺されてしまう!そう考えたユノンだったが、ダンジョンの仕組みが自分のよくしっているゲーム《ダンジョンズ》にそっくりなことに気づく。これならなんとかなりそうだ! ※カクヨム、なろう、アルファ、ハーメルンにて掲載。カクヨム版のみ内容が少し違います。 ※第5,6話は少し溜め回になってるので、はやく読みたい場合は読み飛ばし可能です。 ※ピンチでも、ヒロインは無事なので安心してください。 ※17~19話は強烈なざまぁ回です。作品の雰囲気だけでもお試しで読んでみてください! ※ダンジョン運営好きの方は、本格的なダンジョン運営は《SANDBOX》編からはじまるのでぜひそこだけでも! ※なろうハイファン日間8位週間10位!日間総合39位!
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 121,903 最終更新日 2021.12.20 登録日 2021.12.11
 ウッドヴィル王国の魔導士団には、攻撃魔法に特化した黒魔導士と補助魔法や治癒魔法を担当する赤魔導士が存在する。  クラウス・フィンレイは魔力量が膨大で採用されたものの、治癒魔法しか適性がないため、『色なし』と呼ばれ雑用と治療室の補助としてこき使われてきた。  そして規定採用期間の五年を過ぎたクラウスは、団長からクビを宣告されてしまう。  失意のどん底で声をかけてきたのは、お世話になっていた冒険者ギルドのギルドマスターだ。とんとん拍子で冒険者として働くことになり、妹を養っていけると安堵するクラウス。  そして、ある魔物の依頼を受けた際に聖獣玄武の主人と認定され、新たな道を歩み始めるのだった。  一方魔導士団長は、活躍しだしたクラウスをスカウトして来いと国王から命令されて青くなる。  これが世界でたったひとりの青魔導士であり、最後の魔皇帝と呼ばれるクラウス・フィンレイの始まりだとは、まだ誰も知らない—— ※小説家になろう、カクヨムでも公開しています。
24hポイント 21pt
小説 21,097 位 / 127,967件 ファンタジー 3,519 位 / 32,645件
文字数 180,218 最終更新日 2021.11.11 登録日 2021.09.28
29
ファンタジー 連載中 ショートショート
水の聖女は「雨女である」という理由で太陽が大好きな王子様に砂漠へ追放されました 当たり前のことですが、砂漠で水は超重要な戦略資源! 水の聖女様は瞬く間に重要人物に…そして遺跡から鉄の巨人を発見します 渇水で苦しむ王都は水の聖女を取り戻そうと企みます しかし鉄の巨人がそんな勝手を許すはずがないのです
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 136,173 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.06.04
魔王討伐の為、国王の元へ召集された勇者とその仲間達。その中の一人、謙虚な剣聖クラリネッタ・フォーテルミナは国王お墨付きの少女だった。 クラリネッタは騎士や冒険者ではなく伯爵令嬢だが、何度も村を守ってきた英雄。尊敬の意を込めて剣聖と呼ばれている。 「こやつがおれば、魔王などちょろいぞ!」 そんな国王のクラリネッタに対する並々ならぬ高い評価に、期待する勇者達。 だがモンスターを前にしても一切剣を抜かない彼女を見て、勇者がキレる。 「おい、いつになったら剣を抜くんだ!」 「もう何度も抜いています」 「敵は全部俺達が倒してる!」 「そう見えるかもしれませんが、実は私の初撃で既に死んでいるのです。すみません」 「そんな話が信じられるか!」 事実を言っても信じてもらえず、役立たずの烙印を押されて追放されるクラリネッタ。 「お役に立てずすいません。ところで私達の目的は魔王討伐でしたよね?ならばせめてものお詫びに、私が魔王を倒して参ります」 「何をふざけた事を......!」 勇者達は彼女を相手にしなかった。だが翌日、国中に衝撃のニュースが流れる。魔王がクラリネッタによって倒されたと。 真に役立たずの烙印を押されたのは、勇者達。その後の彼らの運命は、とても惨めなものとなる。 一方クラリネッタは、もてはやされながらも謙虚を貫いて行くのだった。 表紙画像はイラストACより、イラストレーター「I」様の著作権フリーイラストです。
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 9,296 最終更新日 2021.02.10 登録日 2021.02.10
オークキングの息子の俺は、若くして出世しオークロードとなった。だがとあるエルフの村を襲った際、勇者エステルに殺されかけて前世の記憶が蘇る。そして気付く。今の現状は、俺が前世でプレイしていた、エンシェントソーサリー・クエストの世界にそっくりである事を。 このまま再度エルフの村を焼き討ちに行けば、俺は仲間共々勇者に殺される運命。 自分と仲間の死を回避する為、父親であるオークキングにエルフを見逃すよう懇願するが受け入れられず、あまつさえ無能と罵られる事に。レアスキル【エルブン・オーク】で仲間のレベルを二倍にしていた事も信じてもらえず、俺はオーク族から追放される事となる。 俺を庇った母(エルフ美女)と共に、俺は山奥の小屋へと逃げ、隠れ住む事に。 これで俺はストーリーから無関係。つまり俺と母の命だけは助かる。だが、前世においてエルフ大好き青年だった俺が、いたいけなエルフ達を見捨てて置けるはずもなく、エルフ達を助ける事に。 エルフを守りたい。その一心が奇跡を呼んだ。【エルブン・オーク】が真の力に覚醒。俺はエルフとオークのハイブリッドとでも言うべき姿に変身し、自分を含めた仲間「エルフ」達のレベルを十倍に。圧倒的な力でオークの軍勢を一蹴する。 どうやらオークもしくはエルフに限り、その種族を強く愛する事で覚醒するスキルだったらしい。 危機が去った後は、エルフに囲まれのんびりハーレムなスローライフ。 何? オークの国が滅びそうだから戻って来て欲しい? いやいや、もう遅いぜ! ※表紙イラストは著作権フリーの画像を組み合わせて作成したものです。
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 112,647 最終更新日 2021.08.25 登録日 2021.01.18
32
ファンタジー 連載中 長編 R15
オルメイア魔法王国の宮廷錬金術師アルスは国内への魔物の侵入を阻む”賢者の石”という世紀の発明を完成させるが、弟子のクルトにその手柄を奪われてしまう。 さらにクルトは第一王女のエレナと結託し、アルスに濡れ衣を着せて国外へ追放する。 アルスは田舎の山中で工房を開きひっそりとスローライフを始めようとするが、攻めてきた魔物の軍勢を撃退したことで彼の噂を聞きつけた第三王女や魔王の娘などが次々とやってくるのだった。 一方、クルトは”賢者の石”を奪ったものの正しく扱うことが出来ず次第に石は暴走し、王国には次々と異変が起こる。エレナやクルトはアルスを追放したことを後悔するが、その時にはすでに事態は取り返しのつかないことになりつつあった。 ※他サイト転載
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 122,623 最終更新日 2021.04.13 登録日 2020.12.21
いつか聖域者(パラディン)になる! 俺を見捨てた奴らも、馬鹿にする奴らも全部踏み台にして、俺が最強だって認めさせてやるんだ! 魔術師の名門エメロード家の次男として生まれたリンテンス。 彼は類まれなる魔術の才能を持ち、幼い頃から神童と呼ばれていた。親や周囲からの期待も高く、最初から成功が約束されたような人生。ゆくゆくは魔術学校に通い、最高位の称号である聖域者に至ると誰もが思っていた。勝ち組街道まっしぐらに思われたが、ある日突然悲劇は起こる。 一筋の雷がリンテンスに落ち、十一種の属性が扱えた魔術が、雷属性一つしか使えなくなってしまった。名門の生まれで一属性しか使えない魔術師などゴミ同然。家族は手の平を返すように彼を見捨て、離れた別荘へと追いやる。 神童から出来損ないになったリンテンスは、一人ぼっちで絶望の淵にいた。自死すら考えた彼を救ったのは、聖域者の称号を持つアルフォース。 アルフォースに才能を見出されたリンテンスは、彼の弟子となり、自分を見捨てた家族や周囲を見返すために再び立ち上がる。 これから始まるのは、一度全てを失った少年が努力と秘めたる力で成り上がり、最強の聖域者となる物語。 そして彼は、彼の元に集った仲間たちと共に、世界の存亡をかけた戦いに身を投じていく。 ※ざまぁは遅めです
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 134,973 最終更新日 2020.12.18 登録日 2020.10.04
WEB小説の第1話を読んだ瞬間、主人公である爆乳エルフ令嬢フィーリアに憑依してしまうあなた。代々精霊士の家系でありながら、精霊を扱えないフィーリアは、王子シュリーレンとの婚約を破棄され、王国を追放される。 だが実は、フィーリアは王国を守る結界の綻(ほころ)びを修復するのにその力の全てを使っていたのだ。フィーリアが追放された事で結界は再び綻(ほころ)び始め、邪悪な精霊達に侵略されてしまう。 力を自由に使えるようになったフィーリアは、精霊王として覚醒し、あらゆる精霊を使役し、その力を強化出来るようになる。 だが、精霊王の力には代償が伴う。それは精霊とのセックスによる魔力供給。男の娘な双子の弟、ルーラの目前で、犯されるフィーリア。 王国を救って「ざまぁ」する為には、精霊王の力が必須。愛し合う姉弟は、この試練を乗り越えられるのか!それはあなた次第です! この作品はR18です。 ☆はちょいエロ、★は本番セックスです。
24hポイント 21pt
小説 21,114 位 / 127,967件 ファンタジー 3,524 位 / 32,645件
文字数 36,839 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.10.03
レント・ワーヴェルは史上最高の冒険者と謳われた大賢者の生まれ変わりである。 大賢者は自ら構築した転生魔法を用いて、レントへと転生を果たした。 ――が、この転生は見事に失敗していた。 レントは、大賢者の能力も記憶も、何一つ受け継いでいなかった。 それどころか、転生失敗の反動で能力は最低で成長もしにくいという体質に。 冒険者の都オルダームで十年以上冒険者を続けながら、彼は未だに最低ランク。 別にレントが悪いワケではないのに、周囲は彼を『失敗賢者』と呼んで嘲り続けた。 冒険者の街であるオルダームで最大のパーティーに所属する彼だったが、 それも『大賢者の生まれ変わり』という金看板があるからで、 誰も彼自身のことを必要とはしておらず、ついには追放されてしまう。 冒険者ギルドにも見放され、残されたのは蓋の開かないアイテムボックスのみ。 しかしふとしたきっかけでレントはそのボックスの中に吸い込まれてしまう。 そこにあったのは、前世の大賢者が遺した異世界エルシオンだった。 エルシオンの管理者である少女はレントに言った。 「ここは、あなたのための楽園です」 彼女の言葉に従って、レントはエルシオンを自分のものにすることにした。 少女を嫁にして、レベルアップする果実を食べまくってたちまち超高レベルに! やりたいことをやり尽くし、果ては大賢者をも超えて大冒険者に至る。 最強の逆転成り上がりストーリーがここに始まる!!!! 一方、レントを追放したパーティーは没落することとなる。
24hポイント 14pt
小説 24,859 位 / 127,967件 ファンタジー 4,205 位 / 32,645件
文字数 22,097 最終更新日 2021.12.09 登録日 2021.12.03
世界は『厄災人《カタストロフ》』と呼ばれる異形によって危機に陥っていました。 厄災人に対抗するため種族連合が結成され、その主力となる勇者パーティに魔女エマは組み込まれてしまいます。 しかし、魔女でありながらあまりにも弱く無能な彼女に失望した勇者は追放を言い渡します。 途方に暮れるかと思いきや、すべては魔女エマの思惑通りでした。自由の身になるために魔女エマはあえて追放されるような行動をとっていたのです。 しかし実は最強の万能魔女でした。 ようやく自由の身になれた魔術エマは、世界が厄災人によって滅びる前に旅行することにしました。
24hポイント 14pt
小説 24,859 位 / 127,967件 ファンタジー 4,205 位 / 32,645件
文字数 5,725 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.10.08
37
ファンタジー 完結 ショートショート R15
【小説家になろう】で供養に投稿したものです。よろしくお願いします。
24hポイント 14pt
小説 24,859 位 / 127,967件 ファンタジー 4,205 位 / 32,645件
文字数 6,924 最終更新日 2021.06.15 登録日 2021.06.15
Sランク土魔術師のクリフは、所属していたPTからクビ宣言を受ける。 PTを追放された彼は冒険者を辞め、土魔法を活かして農業を始めることにした。 土魔法の力があまりにも強烈過ぎて、早々に農業で無双するクリフ。 その頃、彼を追放したPTは度重なるクエストの失敗で苦しんでいた。 ある日、クリフの元へかつてのPTリーダーが訪れて言う。 「判断を誤った、PTに戻ってきてほしい」 クリフは答える――もう冒険者じゃないので無理だ、と。 そしてクリフは、今日も世界の農家を震え上がらせるのだった。
24hポイント 14pt
小説 24,869 位 / 127,967件 ファンタジー 4,212 位 / 32,645件
文字数 61,127 最終更新日 2021.06.01 登録日 2021.05.14
 ライル・ディスガイズは、将来有望パーティーの雑用係だった。  彼にできるのは、夢でもある『修繕師』としての役割だけ。しかし戦闘技能を持たないライルは、ついにリーダーのダインから追放を言い渡されてしまう。  だが、彼らは知らなかった。  この時の一件を見て、ライルの能力を見出した者がいたことを。  翌日、ライルは一人の剣士から古びた剣の修繕依頼を請け負う。  自分のため、その剣士のため、ライルは全身全霊でその剣を修繕する。――だが実は、剣士の持ってきた古びたそれの正体は、アンティークの非戦闘向きのものだった。  気付かずにそれを直すライル。  すると、その剣は思わぬ力を発揮することになる。  果たして、念願の店を開いた彼のもとには多くの依頼が舞い込む。  王族貴族に一流パーティー……ライルはその腕前で、彼らをサポートしていくのだった。  これは一人の修繕師が多くの人を助け、能力を認められていく物語。 ※追放された最高の修繕師、冒険者を辞めて念願の店を始めたら、一流パーティーや王族からの依頼が止まらない。~今さら戻ってきてほしいって? それに自分たちの装備も直してほしい? 謹んで、お断りします!~ 以上のタイトルで、なろう先行投稿しています。 注意:連載版と短編版があります。
24hポイント 14pt
小説 24,859 位 / 127,967件 ファンタジー 4,205 位 / 32,645件
文字数 4,139 最終更新日 2021.02.07 登録日 2021.02.07
40
ファンタジー 連載中 長編 R15
Aランク冒険者パーティー『エインフェル』に所属するグレイはリーダーからクビを宣告される。 Aランクのみが挑めるSランクダンジョンの攻略の失敗の原因がグレイにあるというのだ。 だが実は、グレイには自分も知らない秘密があった。 失意のグレイが出会った大賢者は言った。 「おんしの加護な、それ、世界最高の加護じゃから」 触れず、壊せず、冒せない。 世界最高の防御技能を持つグレイ・メルタが今ここに飛躍する! 一方、グレイのいなくなった『エインフェル』は瞬く間に没落していくのだった。
24hポイント 14pt
小説 24,859 位 / 127,967件 ファンタジー 4,205 位 / 32,645件
文字数 248,326 最終更新日 2021.01.03 登録日 2020.09.30
70 12