ファンタジー ざまあ小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ ざまあ×
166 12345
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
目が覚めると私は牢屋で寝ていた。意味が分からない……。 どうやら私は何故か、悪事を働き処刑される寸前の白豚令嬢【ソフィア・グレイドル】に生まれ変わっていた。 何で?そんな事が? 処刑台の上で首を切り落とされる寸前で神様がいきなり現れ、『魂を入れる体を間違えた』と言われた。 ちょっと待って?! 続いて神様は、追い打ちをかける様に絶望的な言葉を言った。 魂が体に定着し、私はソフィア・グレイドルとして生きるしかない と…… え? この先は首を切り落とされ死ぬだけですけど? 神様は五歳から人生をやり直して見ないかと提案してくれた。 お詫びとして色々なチート能力も付けてくれたし? このやり直し!絶対に成功させて幸せな老後を送るんだから! ソフィアに待ち受ける数々のフラグをへし折り時にはザマァしてみたり……幸せな未来の為に頑張ります。 そんな新たなソフィアが皆から知らない内に愛されて行くお話。 実はこの世界、主人公ソフィアは全く知らないが、乙女ゲームの世界なのである。 ヒロインも登場しイベントフラグが立ちますが、ソフィアは知らずにゲームのフラグをも力ずくでへし折ります。 毎朝6:00時投稿です。偶にずれる事もあります。
24hポイント 8,237pt
小説 249 位 / 140,165件 ファンタジー 75 位 / 34,270件
文字数 281,417 最終更新日 2022.05.20 登録日 2021.09.01
【守護の力】と呼ばれる異能を持つ貴族の令嬢セレネ。彼女は出生や宿した異能の異質さもあって周囲から厄介者扱いされており、妹の引き立て役のような日々を送っていた。 そんな彼女は周囲の思惑に振り回され、あげく命を落としてしまうのだが……気づけば婚約者から婚約の破棄を告げられた場面に戻っていた。それから何度も似たような運命をたどり、苦しい死を迎えてはループする。 ループの原因はわからず、周りに頼り気を遣っても最終的には辛い死を迎えてしまう。ついに精神の限界に達したセレネは決意する。 私はもう誰も信じない。 次のループは、自分だけのために生き抜いてループを越えてみせる。 その邪魔をする者は、何人たりとも許さない。 幸せな最後を迎えるためなら、悪役にでもなってやる!
24hポイント 6,817pt
小説 294 位 / 140,165件 ファンタジー 90 位 / 34,270件
文字数 75,082 最終更新日 2022.05.20 登録日 2022.04.26
 毎日のようにいじめを受けていた主人公の如月優斗は、ある日自分の学校が異世界へ転移したことを知る。召喚主によれば、生徒たちの中から救世主を探しているそうで、スマホを通してスキルをタダで配るのだという。それがきっかけで神スキルを得た如月は、あっという間に最強の男へと進化していく。
24hポイント 4,900pt
小説 379 位 / 140,165件 ファンタジー 120 位 / 34,270件
文字数 77,703 最終更新日 2022.05.20 登録日 2022.04.28
4
ファンタジー 完結 ショートショート
「アイリス・フローリア! 貴様との婚約を破棄する!」 私の婚約者のレオナルド・シュワルツ王太子殿下から、突然婚約破棄されてしまいました。 さらには隣の男爵令嬢が新しい聖女……ですか。 ところでその男爵令嬢……聖女検定はお持ちで?
24hポイント 4,735pt
小説 388 位 / 140,165件 ファンタジー 123 位 / 34,270件
文字数 4,369 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.05.16
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
★ファンタジーカップ参加作品です。  応援していただけたら執筆の励みになります。 《俺、貸します!》 これはパーティーを追放された男が、その実力で上り詰め、唯一無二の『レンタル冒険者』として無双を極める話である。(新形式のざまぁもあるよ) ここから、直接ざまぁに入ります。スカッとしたい方は是非! 「君みたいな平均的な冒険者は不要だ」 この一言で、パーティーリーダーに追放を言い渡されたヨシュア。 しかしその実、彼は平均を装っていただけだった。 レベル35と見せかけているが、本当は350。 水属性魔法しか使えないと見せかけ、全属性魔法使い。 あまりに圧倒的な実力があったため、パーティーの中での力量バランスを考え、あえて影からのサポートに徹していたのだ。 それどころか攻撃力・防御力、メンバー関係の調整まで全て、彼が一手に担っていた。 リーダーのあまりに不足している実力を、ヨシュアのサポートにより埋めてきたのである。 その事実を伝えるも、リーダーには取り合ってもらえず。 あえなく、追放されてしまう。 しかし、それにより制限の消えたヨシュア。 一人で無双をしていたところ、その実力を美少女魔導士に見抜かれ、『レンタル冒険者』としてスカウトされる。 その内容は、パーティーや個人などに借りられていき、場面に応じた役割を果たすというものだった。 まさに、ヨシュアにとっての天職であった。 自分を正当に認めてくれ、力を発揮できる環境だ。 生まれつき与えられていたギフト【無限変化】による全武器、全スキルへの適性を活かして、様々な場所や状況に完璧な適応を見せるヨシュア。 目立ちたくないという思いとは裏腹に、引っ張りだこ。 元パーティーメンバーも彼のもとに帰ってきたいと言うなど、美少女たちに溺愛される。 そうしつつ、かつて前例のない、『レンタル』無双を開始するのであった。 一方、ヨシュアを追放したパーティーリーダーはと言えば、クエストの失敗、メンバーの離脱など、どんどん破滅へと追い込まれていく。 ヨシュアのスーパーサポートに頼りきっていたこと、その真の強さに気づき、戻ってこいと声をかけるが……。 そのときには、もう遅いのであった。
24hポイント 4,167pt
小説 440 位 / 140,165件 ファンタジー 135 位 / 34,270件
文字数 66,914 最終更新日 2022.05.19 登録日 2022.04.30
6
ファンタジー 連載中 長編 R15
雑魚モブキャラだって負けない! 俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる! 俺、ケン・アキヤマ25歳は、某・ダークサイド企業に勤める貧乏リーマン。 絶対的支配者のようにふるまう超ワンマン社長、コバンザメのような超ごますり部長に、 あごでこきつかわれながら、いつか幸せになりたいと夢見ていた。 社長と部長は、100倍くらい盛りに盛った昔の自分自慢語りをさく裂させ、 1日働きづめで疲れ切った俺に対して、意味のない精神論に終始していた。 そして、ふたり揃って、具体的な施策も提示せず、最後には 「全社員、足で稼げ! 知恵を絞り、営業数字を上げろ!」 と言うばかり。 社員達の先頭を切って戦いへ挑む、重い責任を背負う役職者のはずなのに、 完全に口先だけ、自分の部屋へ閉じこもり『外部の評論家』と化していた。 そんな状況で、社長、部長とも「業務成績、V字回復だ!」 「営業売上の前年比プラス150%目標だ!」とか抜かすから、 何をか言わんや…… そんな過酷な状況に生きる俺は、転職活動をしながら、 超シビアでリアルな地獄の現実から逃避しようと、 ヴァーチャル世界へ癒しを求めていた。 中でも最近は、世界で最高峰とうたわれる恋愛ファンタジーアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』に、はまっていた。 日々の激務の疲れから、ある日、俺は寝落ちし、 ……『寝落ち』から目が覚め、気が付いたら、何と何と!! 16歳の、ど平民少年ロイク・アルシェとなり、 中世西洋風の異世界へ転生していた…… その異世界こそが、熱中していたアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』の世界だった。 もう元の世界には戻れそうもない。 覚悟を決めた俺は、数多のラノベ、アニメ、ゲームで積み重ねたおたく知識。 そして『ステディ・リインカネーション』をやり込んだプレイ経験、攻略知識を使って、 絶対! 前世より1億倍! 幸せになる!  と固く決意。 素晴らしきゲーム世界で、新生活を始めたのである。 カクヨム様でも連載中です!
24hポイント 1,740pt
小説 932 位 / 140,165件 ファンタジー 260 位 / 34,270件
文字数 219,390 最終更新日 2022.05.20 登録日 2022.02.18
旧題:転生幼女、レベル782 ~ケットシーさんと行く、精霊使いの転生幼女(10歳)やりたい放題のんびり生活日誌~ ありふれた不幸な境遇。 ありふれた義理の両親からのイジメ。 ありふれた家からの追放。 ありふれた魔獣ひしめく森の中に置き去り。 ありふれた絶体絶命。 皇帝の庶子として産まれ、辺境貴族の養子となったクリスティーナ(10歳)は死地において、絶望を抱きました。 ただ一つありふれていないことは、彼女のレベルが782で、無自覚に人類最強だったことなのです。 つまりは、『追放したらヤバい系』のちょっと……いや、とってもアレな子だったのです。 はたして、追放したイジワルな義理の両親は無事に済むのでしょうか? もちろん、無事に済むはずはありません。 これは転生幼女と猫の魔物ケットシーさんによる≪やりたいほうだい≫で≪ほのぼの?≫な、時折殺伐とした物語です。 ※ 書籍化します
24hポイント 1,512pt
小説 1,041 位 / 140,165件 ファンタジー 292 位 / 34,270件
文字数 251,932 最終更新日 2022.05.18 登録日 2021.04.14
8
ファンタジー 連載中 ショートショート
大手クランでは、サポーターのパーティー追放が流行っていた。そんなとき、ヴァレオはあるパーティーが言い争っているのを目撃する。そのパーティーでも、今まさに一人の少年が追放されようとしていた。必死に泣きついていた少年が気になったヴァレオは、彼を自分のパーティーに誘う。だが、少年は他の追放された人々とは違い、規格外の存在であった。「あれ、僕の魔法ってそんなに凄かったの?」。何も知らない常識外れの少年に驚かされながら、ヴァレオは迷宮を攻略していく。
24hポイント 789pt
小説 1,915 位 / 140,165件 ファンタジー 472 位 / 34,270件
文字数 40,951 最終更新日 2022.04.30 登録日 2020.06.24
 オラルト伯爵家に生まれたレイは、水色の髪と瞳という非凡な容姿をしていた。あまりに両親に似ていないため両親は彼女を幼い頃から不気味だと虐待しつづける。  レイは考える事をやめた。辛いだけだから、苦しいだけだから。心を閉ざしてしまった。    十数年後。法官として勤めるエメリック公爵によって伯爵の罪は暴かれた。そして公爵はレイの並外れた才能を見抜き、言うのだった。 「私の娘になってください。」 と。  養女として迎えられたレイは家族のあたたかさを知り、貴族の世界で成長していく。 前題 公爵家の養子になりました~最強の氷魔法まで授かっていたようです~
24hポイント 759pt
小説 1,993 位 / 140,165件 ファンタジー 492 位 / 34,270件
文字数 172,322 最終更新日 2022.05.17 登録日 2020.11.15
10
ファンタジー 連載中 長編 R15
 体育の授業中、突如として異世界へ召喚された高校生三十人は魔王を倒せと命令されてしまう。  召喚された時にもらえるスキルを調べていくとクラスメイトは戦闘に特化したスキルを当たり前のように持っていたが、谷上克樹が得たスキルは戦闘の役に立たない【サバイバー】だった。  戦えないスキルに用はないなどと言い放った王女に追放されたことで魔物が蔓延る森の中に送り込まれてしまうが、【サバイバー】の強みを理解していた克樹は無事に生き延びる。  最初は自分で掘った横穴での生活となったが、日を追うごとに装備も克樹自身も成長し、あっという間に成り上がる。
24hポイント 433pt
小説 3,381 位 / 140,165件 ファンタジー 752 位 / 34,270件
文字数 41,203 最終更新日 2022.05.19 登録日 2022.04.28
11
ファンタジー 連載中 長編 R15
十六歳で勇者というジョブを授かった俺、アロルドは、国から全面的な支援を受けて魔王退治の旅に出た。 国王の指示により、最強の剣士に最高の聖職者、最恐の魔道士と素晴らしいメンバーが集められたが、一人だけ役立たずの荷物持ちが居たので、ダンジョンの奥にあるボス部屋で囮にして捨てる事に。 ところがその後に、その荷物持ちが別のパーティと――聖騎士と一緒に魔王を倒し、しかも俺の所へ来て税金の無駄遣いだと言って、俺を斬りつける。 ……あ、あれ? 何故かダンジョンに居て、あの荷物持ちが一緒に居る!? ……え? 今からボス部屋に!? もしかしてこれは、時間が巻き戻って……その荷物持ちは見捨てないっ! 俺は殺されたくないんだっ! 殺されたくない一心でボスを倒すと、俺の光魔法が時魔法に進化し、しかも聖騎士が打倒魔王の為に俺のパーティへ。 荷物持ちも聖騎士も、俺の事を殺そうと思わないように、優しくしないと……え? 俺に恋人となって欲しい? え? えぇぇ!? ※第○話:主人公視点  挿話○:タイトルに書かれたキャラの視点  となります。
24hポイント 433pt
小説 3,381 位 / 140,165件 ファンタジー 752 位 / 34,270件
文字数 40,356 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.04.23
12
ファンタジー 完結 ショートショート
誕生日に買ってもらったドレスを欲しがる妹 そんな妹を溺愛する両親は、笑顔であげなさいと言ってくる もう限界がきた私はあることを決心するのだった
24hポイント 390pt
小説 3,740 位 / 140,165件 ファンタジー 827 位 / 34,270件
文字数 4,198 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.26
子爵家の令嬢であるクロエは、仕える身である伯爵家の令嬢、マリーに頭が上がらない日々が続いていた。加えて、母が亡くなって以来、父からの暴言や暴力もエスカレートするばかり。 「ゴミ、屑」と罵られることが当たり前となっていた。 そんな、クロエに社交界の場で、禁忌を犯したマリー。 そして、クロエは完全に吹っ切れた。 「私は、屑でゴミですから、居なくなったところで問題ありませんよね?」 これで自由になれる。やりたいことが実は沢山ありましたの。だから、私、とっても幸せです。 「仕事ですか?ご自慢の精神論で頑張って下さいませ」
24hポイント 319pt
小説 4,509 位 / 140,165件 ファンタジー 975 位 / 34,270件
文字数 37,561 最終更新日 2020.12.14 登録日 2020.10.10
「僕は真実の愛を見つけたんだ。だから、君ではなく、彼女と添い遂げたい」  アルベローナ伯爵家が次女、リーファ・アルベローナは自身の婚約者にある日突然そう告げられ、婚約破棄を迫られた。  元々、魔法が好きだったリーファは、魔法師に憧れていた。そして、いつか立派な魔法師になる為に鍛錬だって必死にやっていた。  けれど、婚約者に選ばれた時に全てを捨てた。良い妻になろう。婚約者である彼を支えよう────そう、思ったから。  でも、その結果が真実の愛を見つけたと口にする婚約者からの婚約破棄。  しかし、気落ちするリーファの下に、一人の青年が訪れた。 「宮廷魔法師として、力を貸してくれないか、リーファ」  それはかつて通っていた〝魔法学園〟で、共に切磋琢磨をした旧友の言葉だった。  リーファは決めた。  婚約破棄された事に後悔をする暇があるのなら、その分、自由に生きてやろうと。私のしたいように、生きたいように。誰もが羨むくらい素敵な人生を送ってやろうと。  手を差し伸べてくれた旧友と共に、今度は魔法師として────。  だから、自分を押し殺すのはもうやめる。
24hポイント 305pt
小説 4,743 位 / 140,165件 ファンタジー 1,019 位 / 34,270件
文字数 7,954 最終更新日 2021.10.16 登録日 2021.10.15
15
ファンタジー 連載中 長編 R15
 龍を狩る者、龍脈衆のセレットは危険な龍が湧く場所――龍脈で毎日何十体と龍を狩り、国と城の安全を守っていた。  しかし「サボっているのだろう?」と彼は私利私欲のために龍脈を利用したい者達に無実の罪を着せられて追放されてしまう。  絶望に暮れて追放されている時に助けてくれたのは幼馴染のアイシャだった。「私と一緒に帝国に亡命しない?」彼女に助けられ請われる形で実力主義の帝国に行く。  今まで人前に晒されていなかったセレットの力が人の目に見られ、その実力が評価される。何十人と集まり、連携を深め、時間をかけて倒す龍を一撃で切り裂いていくセレットの実力は規格外だった。  亡命初日に上級騎士、そして、彼のために作られた龍騎士という称号も得て人々から頼りにされていく。  その一方でセレットを追放した前の国は、龍脈から龍が溢れて大事件に。首謀者たちはその責任を取らされて落ちぶれていくのだった。  これはいいように使われていた最強の龍脈衆が、最高最強の龍騎士になる物語。  小説家になろう様でも投稿しています。
24hポイント 305pt
小説 4,743 位 / 140,165件 ファンタジー 1,019 位 / 34,270件
文字数 184,121 最終更新日 2021.05.16 登録日 2021.03.05
今から七年前。 婚約者である王太子の都合により、ありもしない罪を着せられ、国外追放に処された一人の令嬢がいた。偽りの悪業の経歴を押し付けられ、人里に彼女の居場所はどこにもなかった。 そして彼女は、『魔の森』と呼ばれる魔窟へと足を踏み入れる。 そして現在。 『魔の森』に住まうとある女性を訪ねてとある集団が彼女の勧誘にと向かっていた。 彼らの正体は女神からの神託を受け、結成された魔王討伐パーティー。神託により指名された最後の一人の勧誘にと足を運んでいたのだが——。
24hポイント 291pt
小説 4,961 位 / 140,165件 ファンタジー 1,064 位 / 34,270件
文字数 123,337 最終更新日 2020.03.24 登録日 2019.09.20
ランドロール公爵家は、数百年前に王国を大地震の脅威から護った『要の巫女』の子孫として王国に名を残している。 そして15歳になったリシア・ランドロールも一族の慣しに従って『要の巫女』の座を受け継ぐこととなる。 さらに王太子がリシアを婚約者に選んだことで二人は婚約を結ぶことが決定した。 しかし本物の巫女としての力を持っていたのは初代のみで、それ以降はただ形式上の祈りを捧げる名ばかりの巫女ばかりであった。 それ故に時代とともにランドロール公爵家を敬う者は減っていき、遂に王太子アストラはリシアとの婚約破棄を宣言すると共にランドロール家の爵位を剥奪する事を決定してしまう。 だが彼らは知らなかった。リシアこそが初代『要の巫女』の生まれ変わりであり、これから王国で発生する大地震を予兆し鎮めていたと言う事実を。 そして「もう私は必要ないんですよね?」と、そっと術を解き、リシアは国を後にする決意をするのだった。 ※小説家になろうにも同タイトルで投稿しています。
24hポイント 284pt
小説 5,080 位 / 140,165件 ファンタジー 1,082 位 / 34,270件
文字数 19,729 最終更新日 2020.09.28 登録日 2020.05.13
18
ファンタジー 完結 長編 R15
「愛するアデラの代わりに生贄になってくれ」愛した婚約者の皇太子の口からは思いもしなかった言葉が飛び出してクローディアは絶望の淵に叩き落された。 元々18年前クローディアの義母コニーが祖国ダレル王国に侵攻してきた蛮族を倒すために魔導爆弾の生贄になるのを、クローディアの実の母シャラがその対価に病気のクローディアに高価な薬を与えて命に代えても大切に育てるとの申し出を、信用して自ら生贄となって蛮族を消滅させていたのだ。しかし、その伯爵夫妻には実の娘アデラも生まれてクローディアは肩身の狭い思いで生活していた。唯一の救いは婚約者となった皇太子がクローディアに優しくしてくれたことだった。そんな時に隣国の大国マーマ王国が大軍をもって攻めてきて・・・・ しかし地獄に落とされていたシャラがそのような事を許す訳はなく、「おのれ、コニー!ヘボ国王!もう許さん!」怒り狂ったシャラは・・・ 怒涛の逆襲が始まります!史上最強の「ざまー」が展開。 そして、第二章 幸せに暮らしていたシャラとクローディアを新たな敵が襲います。「娘の幸せを邪魔するやつは許さん❢」 シャラの怒りが爆発して国が次々と制圧されます。 下記の話の1000年前のシャラザール帝国建国記 皇太子に婚約破棄されましたーでもただでは済ませません! https://www.alphapolis.co.jp/novel/237012270/129494952 小説家になろう カクヨムでも記載中です
24hポイント 234pt
小説 6,150 位 / 140,165件 ファンタジー 1,323 位 / 34,270件
文字数 102,988 最終更新日 2021.09.13 登録日 2021.05.24
19
ファンタジー 完結 長編 R15
勇者パーティに属するルーナ(17)は悩んでいた。 補助魔法が使える前衛としてスカウトされたものの、勇者はドスケベ、取り巻く女の子達は勇者大好きという辟易するパーティだった。 しかも勇者はルーナにモーションをかけるため、パーティ内の女の子からは嫉妬の雨・・・。 そんな中「貴女は役に立たないから出て行け」と一方的に女の子達から追放を言い渡されたルーナはいい笑顔で答えるのだった。 「ホントに!? 今までお世話しました! それじゃあ!」  ルーナの旅は始まったばかり!  第11回ファンタジー大賞エントリーしてました!
24hポイント 213pt
小説 6,725 位 / 140,165件 ファンタジー 1,483 位 / 34,270件
文字数 1,374,166 最終更新日 2020.09.12 登録日 2018.06.03
「レオン、お前は有罪だ。反論の余地はない」  突然宣告された有罪判決によって、祓魔師(エクソシスト)のレオンは一方的に国外追放されてしまう。  レオンが追放された先は、ルージュ・デザライト。悪魔族の住処とよばれ、食うか食われるかの弱肉強食の世界だ。  最強の祓魔師レオンは、襲いかかってくる悪魔族を倒し、魔物を食糧にして飢えを凌いでいた。  そこへ美女の上位悪魔、ベリアルがやってくる。縄張りを荒らした償いで、下僕になれと言われ、断ると怒り狂って襲いかかってきた。しかし、あっさり倒してしまう。  すると倒したベリアルから、下僕になるから助けてくれとお願いされる。契約して願いも叶えると言うのでOKしたら、思いきり懐かれてしまう。  これが大魔王への一歩だった。  一方、冤罪によってレオンを追い出した主犯のシュナイクは、レオンが抜けて大きく戦力ダウンし、悪魔族との戦いに苦戦していた。  シュナイクたちはジワジワと没落していくのだった。  最強の祓魔師だけど、どこか抜けてるレオンの無双物語。
24hポイント 205pt
小説 6,958 位 / 140,165件 ファンタジー 1,542 位 / 34,270件
文字数 190,153 最終更新日 2021.08.28 登録日 2021.07.31
「お前との婚約を破棄させて貰う。僕は、お前ではなく、マリーと婚約をする事にした」 アルデラート公爵家が嫡女であるエストは、ある日、婚約者であった侯爵令息ライオスから婚約破棄をすると告げられた。 曰く、エストには愛想がないから。 だから、エストとの婚約を破棄し、愛想のある愛らしいエストの妹のマリーと婚約をするのだとか。 しかし、彼は何も知らなかった。 己と婚約をした人間がアルデラート公爵家の次期当主になるのだという勘違いを何故か抱いていたライオスは、そもそも、エストの妹のマリーにはアルデラート公爵家の血すら流れておらず、次期当主はエストで決定している事を。
24hポイント 184pt
小説 7,520 位 / 140,165件 ファンタジー 1,630 位 / 34,270件
文字数 8,614 最終更新日 2021.10.02 登録日 2021.09.27
22
ファンタジー 連載中 長編 R15
「お前、役に立たないからパーティから出て行けよ」 幼馴染の勇者バテテルに言われたラステル。 彼は底辺職の【呼び寄せ士】だった。戦闘はほとんど出来ない、撒き餌を使ってモンスターを呼び寄せるだけの職業。そのため、雑用や補助魔法、薬品作りもこなしていた。 そんな彼を役立たずとして、パーティから追い出した勇者バテテル。 しかし、彼の撒き餌、補助魔法、そしてアイテム作りの腕は規格外だったのだ。 彼が抜けた事で落ちぶれていく勇者パーティ。 そして、自分の実力にも気がつかずパーティを追い出され辺境の村に行った、そんな彼を迎えたのは亜人の女の子二人のパーティだった。 「お兄さまは最強で最高よ」 「ありがとね、ラステル」 さらに彼を大好きな妹と彼の事が気になる元勇者メンバーの女剣士が加わり、美少女四人となったパーティは四大魔王討伐の旅へと向かう。
24hポイント 177pt
小説 7,705 位 / 140,165件 ファンタジー 1,660 位 / 34,270件
文字数 69,026 最終更新日 2022.05.15 登録日 2022.02.27
「レオ・グライス。君は呪いの悪霊を呼び寄せ、危険極まりない! よって本日をもって退学に処す!!」  最終学年に上がったところで、魔法学園を退学になったレオ。  この世界では魔物が跋扈しており、危険から身を守るために魔法が発達している。  だが魔法が全く使えない者は、呪われた存在として忌み嫌われていた。  魔法が使えないレオは貴族だけが通う魔法学園で、はるか昔に失われた【古代召喚魔法】を必死に習得した。  しかし召喚魔法を見せても呪いの悪霊だと誤解され、危険人物と認定されてしまう。  学園を退学になり、家族からも見捨てられ居場所がなくなったレオは、ひとりで生きていく事を決意。  森の奥深くでエルフの王女シェリルを助けるが、深い傷を負ってしまう。だがシェリルに介抱されるうちに心を救われ、王女の護衛として雇ってもらう。  そしてシェリルの次期女王になるための試練をクリアするべく、お互いに想いを寄せながら、二人は外の世界へと飛び出していくのだった。  一方レオを追い出した者たちは、次期女王の試練で人間界にやってきたシェリルに何とか取り入ろうとする。  そして邪魔なレオを排除しようと画策するが、悪事は暴かれて一気に転落していくのだった。 ※きゅんきゅんするハイファンタジー、きゅんファン目指してます。
24hポイント 170pt
小説 7,871 位 / 140,165件 ファンタジー 1,683 位 / 34,270件
文字数 150,676 最終更新日 2021.09.18 登録日 2021.08.14
サポート魔法しか使えないサポーターとして異世界に転生した少年、サイトウケイトは一人の冒険者パーティーから追放されてしまった魔法使いの少女、シエラとの出会いを機に誓う。 『追放者だけのパーティーを築き、俺のサポートと追放者たちの努力で最強のパーティーにしてやる』 と 『そして、追放したやつらを後悔させてやる』 と。
24hポイント 163pt
小説 8,144 位 / 140,165件 ファンタジー 1,715 位 / 34,270件
文字数 2,709 最終更新日 2022.04.27 登録日 2022.04.27
 ダンジョンの発生から50年、今ではダンジョンの難易度は9段階に設定されていて、最も難易度の低いダンジョンは「ノーマーク」と呼ばれ、簡単な試験に合格すれば誰でも入ることが出来るようになっていた。  東京に住む19才の男子学生『熾 火天(おき あぐに)』は大学の授業はそれほどなく、友人もほとんどおらず、趣味と呼べるような物もなく、自分の意思さえほとんどなかった。そんな青年は高校時代の友人からダンジョン探索に誘われ、遺跡探索許可を取得して探索に出ることになった。  青年の探索しに行ったダンジョンは「ノーマーク」の簡単なダンジョンだったが、それでもそこで採取できる鉱物や発掘物は仲介業者にそこそこの値段で買い取ってもらえた。  彼らが順調に探索を進めていると、ほとんどの生物が駆逐されたはずのその遺跡の奥から青年の2倍はあろうかという大きさの真っ白な動物が現れた。  彼を誘った高校時代の友人達は火天をおいて一目散に逃げてしまったが、彼は一足遅れてしまった。火天が扉にたどり着くと、ちょうど火天をおいていった奴らが扉を閉めるところだった。  無情にも扉は火天の目の前で閉じられてしまった。しかしこの時初めて、常に周りに流され、何も持っていなかった男が「生きたい!死にたくない!」と強く自身の意思を持ち、必死に生き延びようと戦いはじめる。白いバケモノから必死に逃げ、隠れては見つかり隠れては見つかるということをひたすら繰り返した。  火天は粘り強く隠れ続けることでなんとか白いバケモノを蒔くことに成功した。  そして火天はダンジョンの中で生き残るため、暇を潰すため、体を鍛え、精神を鍛えた。  瞬発力を鍛え、膂力を鍛え、何事にも動じないような精神力を鍛えた。気づくと火天は一歩で何メートルも進めるようになり、拳で岩を砕けるようになっていた。  力を手にした火天はそのまま外の世界へと飛び出し、いろいろと巻き込まれながら遺跡の謎を解明していく。
24hポイント 163pt
小説 8,144 位 / 140,165件 ファンタジー 1,715 位 / 34,270件
文字数 105,774 最終更新日 2022.04.01 登録日 2022.03.09
【16日0時に一話以外削除予定しました】 ※小説家になろうにて最新話まで更新中です。 錬成師の家系に生まれた長女アリア・ローレンス。彼女は愛人との間に生まれた子供で、家や周囲の人間からは良くない扱いを受けていた。 それでも錬成師の才能があった彼女は、成果を示せばいずれ認めてもらえるかもしれないという期待の胸に、日々努力を重ねた。しかし、成果を上げても妹に奪われてしまう。成果を横取りする妹にめげず精進を重ね、念願だった宮廷錬成師になって一年が経過する。 宮廷付きになっても扱いは変わらず、成果も相変わらず妹に横取りされる毎日。ついには陛下から『給与泥棒』と罵られ、宮廷を追い出されてしまった。 途方に暮れるアリアだったが、小さい頃からよく素材集めで足を運んだ森で、同じく錬成師を志すユレンという青年と再会する。 「行く当てがないなら、俺の国に来ないか?」 実は隣国の第三王子で、病弱な妹のために錬成術を学んでいたユレン。アリアの事情を知る彼は、密かに彼女のことを心配していた。そんな彼からの要望を受け入れたアリアは、隣国で錬成師としての再スタートを目指す。 これは才能以上に努力家な一人の女の子が、新たな場所で幸せを掴む物語。
24hポイント 163pt
小説 8,144 位 / 140,165件 ファンタジー 1,715 位 / 34,270件
文字数 1,155 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.06.28
「ケンシン、てめえは今日限りでクビだ! このパーティーから出て行け!」  ある日、空手家兼サポーターのケンシンは勇者のキースにそう言われて勇者パーティーをクビになってしまう。  そんなケンシンをクビにした理由は魔力が0の魔抜けだったことと、パーティーに何の恩恵も与えない意味不明なスキル持ちだったこと。  そしてケンシンが戦闘をしない空手家で無能だったからという理由だった。  ケンシンは理不尽だと思いながらも、勇者パーティーになってから人格が変わってしまったメンバーのことを哀れに思い、余計な言い訳をせずに大人しく追放された。  しかし、勇者であるキースたちは知らなかった。  自分たちがSランクの冒険者となり、国王から勇者パーティーとして認定された裏には、人知れずメンバーたちのために尽力していたケンシンの努力があったことに。  それだけではなく、実は縁の下の力持ち的存在だったケンシンを強引に追放したことで、キースたち勇者パーティーはこれまで味わったことのない屈辱と挫折、そして没落を経験していくこととなる。  一方のケンシンは勇者パーティーから追放されたことで自由の身になり、国の歴史を変えるほどの戦いで真の実力を発揮することにより英雄として成り上がっていく。  その途中においてケンシンは自分しか使えない継承スキル【神の武道場】を使い、王女(おうじょ)、漢女(おとめ)、聖女(せいじょ)を自分の弟子として鍛え上げることで、一人の空手家としても大きく成長することとなる。  これは後世において【大拳聖(だいけんせい)】と呼ばれた空手家と、その空手家を最後まで支えた【三拳姫(さんけんき)】と呼ばれた三人の女性の若き日の物語――。 【親愛なる読者様へのお知らせ】 ※勇者サイドの話は基本的に【ざまぁ】の前ふりか【ざまぁ】シーンになっています。 ※この作品は小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています
24hポイント 149pt
小説 8,563 位 / 140,165件 ファンタジー 1,786 位 / 34,270件
文字数 292,791 最終更新日 2022.05.15 登録日 2022.01.28
アルカンティア王国の聖女として務めを果たしてたヘスティアは、突然国王から追放勧告を受けてしまう。ヘスティアの言葉は国王には届かず、王女が新しい聖女となってしまったことで用済みとされてしまった。 田舎生まれで地位や権力に関わらず平等に力を振るう彼女を快く思っておらず、民衆からの支持がこれ以上増える前に追い出してしまいたかったようだ。 成すすべなく追い出されることになったヘスティアは、荷物をまとめて大聖堂を出ようとする。そこへ現れたのは、冷徹で有名な公爵様だった。 「行くところがないならうちにこないか? 君の力が必要なんだ」 彼の一声に頷き、冷徹公爵の領地へ赴くことに。どんなことをされるのかと内心緊張していたが、実際に話してみると優しい人で…… 一方王都では、真の聖女であるヘスティアがいなくなったことで、少しずつ歯車がズレ始めていた。 国王や王女は気づいていない。 自分たちが失った者の大きさと、手に入れてしまった力の正体に。 小説家になろうでも短編として投稿してます。
24hポイント 142pt
小説 8,837 位 / 140,165件 ファンタジー 1,825 位 / 34,270件
文字数 2,446 最終更新日 2021.07.30 登録日 2021.07.03
29
ファンタジー 連載中 長編 R18
これは望まぬ運命を押し付けられた少女と、特異点である彼女を取り巻く神々の物語。 果たして彼女に待ち受ける運命とはなんなのか? 「平民のお前は私に相応しくない。婚約を破棄させてもらう!」 「マジで!? おっしゃあ!!」 割とポジティブ思考な少女アリーシャの送る追放後の世界は悪意に満ちていて……女の身一つ。国外に追放されてるから遠く離れた地ではツテもなければコネもない。追い詰められたアリーシャは暴挙に出ることになった。それが、冒険者への道。 「お嬢ちゃんにはまだ無理だよ、あと数年待ってから来な」 「あたしはこう見えて大人だ!」 平民生まれだからと貴族から迫害されてきたアリーシャは栄養失調で成長が遅れ、どう見たって幼女の背丈。 体力も全くないので受付のおじさんですら心配するレベルだった。こうなったら自慢の祈祷力で切り抜けるしかない。 一か八かで勝負に出た結果、アリーシャには無事頼れる同世代の仲間が紹介されて…… 「Dランクでこのレベルのヒーラーなんて凄いにゃ」 「何この回復力、え、貴女本当にDランクでいいの?」 「回復力どころか、この効果は……まるで聖女だわ」 どんどんと増えていく仲間、環境の変化にアリーシャは確かに幸せを掴んだ、しかし聖女だと気がつく人達に外堀を囲まれて、どんどんとあらぬ事件へと巻き込まれていく。 そして最終的に、神々が割って入ってきて台無しにした。 「どうして! どうしてこうなるんだよ!」 どんな道筋を辿ろうと、アリーシャに待ち受けるのはバッドエンドのみ。 それも仲間からの裏切りによる死亡で終わり、それを悪夢として変換、追放前の意識へとすり替わるのだ。前の苦労した記憶を引き継いだ形で。 「夢か……それにしても生々しい」 その事実を知ったアリーシャは、それでも神々の利害関係に巻き込まれ続ける。その結果バッドエンドへと導かれるのだ。 そんなアリーシャは絶対に次こそ上手く行かせて見せる、『絶対にグッドエンドを迎えてやる』と強く胸に刻んだ。 ルート1_女神ノーデンスの決意【完結】 ・聖女様、下町に君臨する ・聖女様、無自覚に制裁する ルート2_女神クトゥーラの願い【完結】 ・聖女様、過去をやり直す ・聖女様、世界を旅する ルート3_女神ハシュタルの望み【執筆中】 ・聖女様、教会に閉じ籠る ※『聖女様、下町に君臨する』だけ読んでいただいても一応ストーリーとして楽しめる内容です。 以降は完全に別物になりますので読む読まないは読者様に一任します(胸糞要素が多分に含まれるので) ルートは6通り。 長丁場になるので覚悟の準備だけはしておいてください。 ※R18は保険(割とボカした描写を使ってますが、気にする人は気にするので)なおR18Gも含みます。
24hポイント 127pt
小説 9,421 位 / 140,165件 ファンタジー 1,912 位 / 34,270件
文字数 288,894 最終更新日 2022.01.29 登録日 2021.11.10
白人の大軍の前に信頼していた宰相に裏切られた王女は十字架に磔にされました。「神様、助けて!」王女がまさに生贄にされようとした時、大海を越えて最強の戦神が来臨しました。「余の前に降伏せよ」絶対的な破壊神の登場に、大軍、ホワイテア帝国軍はどう出るのか。 そして、凄まじい閃光の跡に倒れていたのは・・・・。 一方「人種差別って食えるのか?」全く気にしていない暴風王女と赤い死神は敵国ホワイテア帝国に歓待されました。しかし、 見た目は可憐な少女だけれど実は戦神が憑依しているボフミエ魔導国筆頭魔導師のクリスに自称婚約者のオーウェンはじめボフミエ魔導国の問題児たちが新大陸を席巻し、人種差別も身分差も全て地平の彼方に弾き飛ばします。 「皇太子に婚約破棄されましたーでもただでは済ませません!」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/237012270/129494952 のサイドストーリーですが、この話だけでも楽しめます。
24hポイント 99pt
小説 11,011 位 / 140,165件 ファンタジー 2,139 位 / 34,270件
文字数 75,595 最終更新日 2021.10.13 登録日 2021.10.03
ワイン作りの統括責任者として、城内で勤めていたイラリアだったが、突然のクビ宣告を受けた。この恵まれた大地があれば、誰にでも出来る簡単な仕事だと酷評を受けてしまう。城を追われることになった彼女は、寂寞の思いを胸に新たな旅立ちを決意した。そんな彼女の後任は、まさかのクーラ。美貌だけでこの地位まで上り詰めた、ワイン作りの素人だ。 誰にでも出来る簡単な作業だと高を括っていたが、実のところ、イラリアは自らの研究成果を駆使して、とんでもない作業を行っていたのだ。 彼女が居なくなったことで、国は多大なる損害を被ることになりそうだ。 これは、お酒の神様に愛された女性と、彼女を取り巻く人物の群像劇。
24hポイント 99pt
小説 11,011 位 / 140,165件 ファンタジー 2,139 位 / 34,270件
文字数 60,538 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.09.21
32
ファンタジー 連載中 長編 R15
毎日修行を勤しむ高校生西郷努は柔道、ボクシング、レスリング、剣道、など日本の武術以外にも海外の武術を極め、世界王者を陰ながらぶっ倒した。その後、しばらくの間目標がなくなるが、努は「次は神でも倒すか」と志すが、どうやって神に会うか考えた末に死ねば良いと考え、自殺し見事転生するこができた。その世界ではステータスや魔法などが存在するゲームのような世界で、努は次に魔法を極めた末に最高神をぶっ倒し、やることがなくなったので「だらだらしながら定住先を見つけよう」ついでに伴侶も見つかるといいなとか思いながらスローライフを目指す。 誤字脱字や話のおかしな点について何か有れば教えて下さい。また感想待ってます。返信できるかわかりませんが、極力返します。 また今まで感想を却下してしまった皆さんすいません。 僕は豆腐メンタルなのでマイナスのことの感想は控えて頂きたいです。 不定期投稿になります、週に一回は投稿したいと思います。お待たせして申し訳ございません。 他作品はストックもかなり有りますので、そちらで回したいと思います
24hポイント 92pt
小説 11,489 位 / 140,165件 ファンタジー 2,225 位 / 34,270件
文字数 131,267 最終更新日 2021.05.11 登録日 2020.08.19
「勝手に呼び出して無茶振りしたくせに自分達に都合の悪い聖獣がでたら責任追及とか狡すぎません? せめて裏で良いから謝罪の一言くらいあるはずですよね?」 不況の中、なんとか内定をもぎ取った会社にやっと慣れたと思ったら異世界召還されて勝手に聖女にされました、佐藤です。いや、元佐藤か。 実は今日、なんか国を守る聖獣を召還せよって言われたからやったらフェンリルが出ました。 あんまりこういうの詳しくないけど確か超強いやつですよね? なのに周りの反応は正反対! なんかめっちゃ裏切り者とか怒鳴られてロープグルグル巻きにされました。 勝手にこっちに連れて来たりただでさえ難しい聖獣召喚にケチつけたり……なんかもうこの人たち助けなくてもバチ当たりませんよね?
24hポイント 92pt
小説 11,489 位 / 140,165件 ファンタジー 2,225 位 / 34,270件
文字数 20,843 最終更新日 2020.06.13 登録日 2020.05.27
34
ファンタジー 連載中 長編 R15
◆ 短いあらすじ 冤罪で処刑された聖女が、魔王と手を組んで王国を滅ぼそうとするお話 ◆ まじめなあらすじ 「アリシア。貴様は聖女でありながら、魔族と内通して我が国を混乱に陥れた──よって貴様を処刑する!」  聖女として国を守ってきたアリシアは、ある日、婚約者である王子と浮気相手のフローラに嵌められた、冤罪で投獄されてしまう。  人を人とも思わない過酷な尋問。  名ばかりの取り調べの果てに、アリシアは公開処刑されることになってしまう。 「「死ね! 死ね! 死ね!」」 「「殺せ! 殺せ! 殺せ!」」  アリシアの最期を見るために、広場には多くの国民が集まっていた。  誰もが娯楽として、アリシアの処刑を楽しんでいたのだ。  ──聖女として国を守ってきた結果が、これなの?  ──私の一生は、あんなやつらのためにあったの?  人々の悪意に絶望し、アリシアは最後に願う。  みんな、死んでしまえば良い。  こんな国、滅んでしまえば良いと。  そうして処刑されたアリシアであったが、何故か戦争状態にあった魔王によって生き返らされることになる。  しかも蘇ったアリシアは、聖女の力に加えて闇属性魔法まで使える最強の魔族になっていた。  ──あはっ、これで王国軍を皆殺しにできる  元・敵国でアリシアは薄く笑う。  その瞳に静かな狂気と歓喜を覗かせながら。  これは王国に裏切られ惨たらしく処刑された聖女が、魔王と手を組んで王国を滅ばんとする復讐譚である。 ※ 他サイトにも投稿中です
24hポイント 85pt
小説 11,982 位 / 140,165件 ファンタジー 2,308 位 / 34,270件
文字数 84,213 最終更新日 2021.09.29 登録日 2021.08.30
35
ファンタジー 完結 長編 R15
『アイテムコピー』という外れスキル持ちのアリオン=レイスは他には一切魔法が使えず、 14歳という年齢的にも非力であったため、冒険者パーティーには中々入れなかったが、 なんとか受け入れてくれるパーティーに巡り会うことが出来た。 だがそのパーティーリーダー、ゲイスの目的は別にあった。 それはアリオンの『アイテムコピー』の能力を悪用し、金貨や宝石をコピーさせて大もうけしようと いうものであった。 だがアリオンはそれを頑なに拒絶する。そのため日々パーティーの仲間たちにいじめられ続けていた。 だがある時、ついに痺れを切らしたゲイスによって上級ダンジョンに取り残されるアリオン。 絶体絶命の窮地を救ってくれたのは、美しき剣聖レイナ=ベルンと静かなる賢者ネルヴァ=ロキの二人であった。 彼らはたちまちアリオンの身体から流れる強大な神の力を感じ取る。 そしてアリオンの能力を解放するのだった。 それによってアリオンは上位スキル『能力コピー』を手に入れる。 このスキルはどのような魔法や、魔物の能力でさえもコピーしてしまうというとんでもない能力であった。 アリオンは上級ダンジョンをレイナたちと共にクリアしていく過程で、様々な魔物たちの能力を手に入れていく。 そして無敵の大魔導師へと成長を遂げるのであった。 一方アリオンを追放したゲイス一味は、強大な存在となったアリオンによって痛い目に遭わされたにもかかわらず、まったく改心することなく恨みを持ったがために、どんどんと没落していくのであった……。 小説家になろう様でも《『アイテムコピー』という外れスキル持ちでパーティーを追放された俺だが《 神の力》を解放したことで上位スキル『能力コピー』となり、 どんな強大な魔法もコピーしまくり《無敵の大魔導師》になっちゃいました。》というタイトルで投稿し、 ブックマーク登録2000以上、評価ポイント平均4・5をいただいております。 是非とも一度、ご覧ください。
24hポイント 85pt
小説 11,982 位 / 140,165件 ファンタジー 2,308 位 / 34,270件
文字数 261,220 最終更新日 2021.07.09 登録日 2021.05.02
36
ファンタジー 連載中 長編 R15
美味いメシと酒があったなら、そこがエロゲの世界でも良いんじゃない? そんな感じでオジサンが異世界に転移して、辺境の地でまったりとスローライフをやることにした。 「サトルさんは、獣人や魔物娘は無理ですか?」 「全然無理じゃないです」 これは、18禁エロゲの世界に一人だけ全年齢版として転移してきた男の物語である。 つまりは、ステータスがバグってしまい、無敵の力を背景に美味いメシくって時々無双して、女の子と楽しく過ごす生活記録なのである。 ※ コミックがとても良く売れている拙作「ゆるふわ農家の文字化けスキル」と同コンセプト作品で、お馬鹿なお色気の方向性に更に振ったものです。   頭を空っぽにして読めるスローライフ、あるいは「これは酷いが誉め言葉」の呆れるほどにお馬鹿な、お色気無双コメディです。
24hポイント 85pt
小説 11,982 位 / 140,165件 ファンタジー 2,308 位 / 34,270件
文字数 101,542 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.12
37
ファンタジー 完結 ショートショート
頭の足りない王子とその婚約者はよく「これだから平民は…」「平民のくせに…」とおっしゃられるのですが… 私が平民だとどこで知ったのですか?
24hポイント 85pt
小説 11,982 位 / 140,165件 ファンタジー 2,308 位 / 34,270件
文字数 1,266 最終更新日 2021.05.08 登録日 2021.05.08
母が亡くなって1ヶ月後に 父が再婚しました
24hポイント 85pt
小説 11,982 位 / 140,165件 ファンタジー 2,308 位 / 34,270件
文字数 19,171 最終更新日 2020.09.18 登録日 2020.09.11
39
ファンタジー 連載中 長編 R15
代々英雄を輩出してきたテスター侯爵家の長男として生まれたジークは、十五の歳に執り行われるクラス判 定において、クラス無しとの神託を受けてしまった。クラス無しとなれば侯爵家を継ぐことは出来ないと、 悲観するジーク。だがクラスは無くとも優れた称号があれば侯爵家を継ぐことが出来るのではと思い立ち、 最高クラスの称号である『ドラゴンスレイヤー』を得ようと、最上級ダンジョンに足を踏み入れる。 そしてついにドラゴンとまみえたその時、一緒に組んだパーティー仲間に裏切られることとなる。 彼らはジークの叔父に当るベノン子爵から依頼され、ジークを亡き者にしようと企んでいたのだ。 前門にドラゴン、後門にAクラスパーティーという絶体絶命のピンチであったが、 突如聞き覚えの無い声がジークの頭の中に響き渡る。ジークはその声に導かれて走った。 ドラゴンから逃れるため、パーティーから逃れるため、そして必ず生きて帰ってベノン子爵に復讐するため に、ジークは必死にダンジョンを駆け抜けるのであった。
24hポイント 78pt
小説 12,789 位 / 140,165件 ファンタジー 2,410 位 / 34,270件
文字数 114,571 最終更新日 2022.04.20 登録日 2022.03.25
40
ファンタジー 完結 ショートショート
【頑張る聖女シリーズ第一弾!】 サンマレコ大聖堂に聖女見習いとして通うリリア。彼女は聖女でありながら、動物と意思疎通するという役に立たない力しか持っていなかった。そのことを周囲から馬鹿にされ、婚約者は妹に奪われてしまう。 そんな彼女が森で出会ったのは、騎士の養成所に通う青年だった。彼もリリアと似た境遇で、剣の才能はないが、テイマーとしての才能はあるという。通じ合う二人は互いに惹かれあい、新しい恋が始まろうとしていた。 一方、リリアから婚約者を奪った妹のアイスには秘密があった。秘密を隠しながら聖女として振舞いチヤホヤされる日々。 しかし彼女は知らない。リリアが持つ聖女としての可能性を。 同一世界観の作品が今後も投稿されます。 よければそちらもご一緒に見て頂けると嬉しいです。
24hポイント 78pt
小説 12,789 位 / 140,165件 ファンタジー 2,410 位 / 34,270件
文字数 5,556 最終更新日 2021.07.10 登録日 2021.07.08
166 12345