恋愛 異世界恋愛小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 異世界恋愛×
38
1
恋愛 完結 長編 R15
細々と仕事をして生きてきた薬師のノアは、経済的に追い詰められて仕方なく危険な仕事に手を出してしまう。それは因縁の幼なじみ、若き公爵ジオルドに惚れ薬を盛る仕事だった。 失敗して捕らえられたノアに、公爵は「俺の人生を狂わせた女」などと言い、変身魔術がかけられたチョーカーを付けて妙に可愛がる。 ジオルドの指示で王子の友人になったノアは、薬師として成長しようと決意。 公爵から逃げたいノアと、自覚のない思いに悩む公爵の話。 ※毎午前中に数話更新します。
24hポイント 50,488pt
小説 53 位 / 96,701件 恋愛 45 位 / 26,710件
文字数 82,599 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.02.27
2
恋愛 完結 長編 R15
「私がほんとは行きたかったのよ? でもね、どうみても釣り合わないの。だから貴女がいってちょうだい、きっとお似合いよ」 姉のカサブランカと両親に押し切られ、私は騎士団帰りと言われる次期伯爵家に見合いもなく身代わりとして嫁ぐことになった、ミモザ。ノートン子爵家の次女、花もはじらうどころか人見知りの引きこもりの17歳。 釣書は騎士団入隊前の12歳の時の絵姿らしいが、どう見てもデ……肥満体型の子供が蝶ネクタイをない首に着けておすまししている姿。 伯爵からはカサブランカを指名されていたけれど、華やかさとは無縁で人見知りの私が『体の弱い姉に変わって』嫁いできたら、なんだか……あれっ、大歓迎されている?! しかも、次期伯爵は……?! 気弱根暗令嬢とイメチェン次期伯爵騎士の、新婚から始めるラブストーリー! ※この作中のミモザは、オジギソウの方のミモザです。 ※私がパーシヴァルの名前をいただいたのは円卓の騎士からです。 ※一部感想を操作ミスでネタバレなし状態で公開してしまいました!すみません! ※お気に入り13000超えありがとうございます!(2/12)14000超えありがとうございます!(2/18) ※HOT1位ありがとうございます!(2/2 21時) ※恋愛・小説1位ありがとうございます!(2/3 9時) ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて長編改稿し連載しています。
24hポイント 10,678pt
小説 236 位 / 96,701件 恋愛 142 位 / 26,710件
文字数 50,652 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.01
3
恋愛 完結 長編 R15
結婚を控えた姉が急にいなくなってしまった。公爵令嬢マシェリは双子の姉の代わりに皇太子に嫁いだのだが、結婚式当日から夫の態度はそっけなく、不審に思うマシェリに彼は言った――「妻としての役目は期待していない」と。 安心したマシェリだったが、夫の様子は日に日に変わり始める。愛のない結婚のはずだったのに、妻を愛しているかのように振舞う皇太子。疑問だらけで過ごしていたある日、とうとう姉と入れ替わっていたことがバレてしまい、皇太子の態度は豹変した。怯えるマシェリに彼は「子供の頃のように、さあ踊れ」と命じたのだった――。
24hポイント 5,864pt
小説 395 位 / 96,701件 恋愛 213 位 / 26,710件
文字数 81,851 最終更新日 2021.01.30 登録日 2021.01.30
4
恋愛 連載中 短編 R15
フリージア・ドントベルン侯爵令嬢は、自分のことをどこにでもいる平凡な令嬢だと思っている。内心で自分のことを『テンプレート』『判で押したような』と思っているが、それを口に出すのは避けていた。 ブルネットの髪に茶色の瞳、中肉中背で、身分に見合ったドレスを着ていなければ、きっと誰からも見落とされると。 しかし、見るからに『ヒロイン』な分家の従姉妹であり幼馴染のジャスミン・ユルート伯爵令嬢からの強い崇拝を受けている。お陰で少しでも「私なんて」と言ってはいけないとクセがついていた。言えば、100倍の言葉で褒め称えてくるからだ。怒りもするし泣きもする。 彼女の金の眩い髪に夏の空色の瞳、メリハリのある何を着ても着こなす身体。 一体何が良くてフリージアを崇拝しているのかは謎だが、慕われて悪い気はしないので仲良くしていた。 そんなフリージアとジャスミンは同い年で、デビュタントの日も一緒となり……そこに招かれていた公爵家のバロック・レディアン令息と侯爵家のローラン・フュレイル令息は、それぞれ一目惚れをした。 二人の美形青年令息と従姉妹命のヒロイン属性令嬢による、テンプレ令嬢を中心にしたドタバタ恋愛騒動、開幕。 ※コメディ風味です、頭を緩くしてお読みください。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載予定です。
24hポイント 1,803pt
小説 989 位 / 96,701件 恋愛 525 位 / 26,710件
文字数 11,933 最終更新日 2021.03.04 登録日 2021.02.25
5
恋愛 完結 長編 R15
わけあって山村で生きてきた王女セイラには、聖なる巫女という不思議な力があった。何も知らずに暮らしていた彼女だが、ある日突然、敗戦国の姫として敵国に嫁ぐことになってしまう。 夫となった王子は見惚れるような美男子だったが愛情表現が病的で、いつでも妻と一緒にいようとする。重たい愛に疲れてくるセイラ。 彼の愛をかわしたいと思っていたのに、聖の女神は「巫女の使命は夫と真実の愛を誓うこと」などと、とんでもない神託を授けてきた。 女神の力によって王子の過去を知ったセイラは彼を懸命に愛そうとするのだが、王子の心の闇はなかなか深く……。 (過去になろうで公開していた作品です。)
24hポイント 1,583pt
小説 1,089 位 / 96,701件 恋愛 582 位 / 26,710件
文字数 70,890 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.03.01
6
恋愛 連載中 長編 R15
<もうあなた方の事は信じません>―私が二度目の人生を生きている事は誰にも内緒― 私の名前はアイリス・イリヤ。王太子の婚約者だった。2年越しにようやく迎えた婚約式の発表の日、何故か<私>は大観衆の中にいた。そして婚約者である王太子の側に立っていたのは彼に付きまとっていたクラスメイト。この国の国王陛下は告げた。 「アイリス・イリヤとの婚約を解消し、ここにいるタバサ・オルフェンを王太子の婚約者とする!」 その場で身に覚えの無い罪で悪女として捕らえられた私は島流しに遭い、寂しい晩年を迎えた・・・はずが、守護神の力で何故か婚約式発表の2年前に逆戻り。タイムリープの力ともう一つの力を手に入れた二度目の人生。目の前には私を騙した人達がいる。もう騙されない。同じ失敗は繰り返さないと私は心に誓った。 ※カクヨム・小説家になろうにも掲載しています
24hポイント 1,307pt
小説 1,262 位 / 96,701件 恋愛 675 位 / 26,710件
文字数 145,295 最終更新日 2021.03.07 登録日 2020.12.18
7
恋愛 完結 長編
貧乏ゆえに自給自足の日々を送っていた令嬢リヴィは、ある日山の中で行き倒れた美少年を拾う。美少年はアーサーと名乗り、悪魔のような賢さで家庭内の頂点に君臨し、学校での女子よけにリヴィを仮の恋人にしたりする。弟だと思って我慢していたリヴィだが、一年経ったころに美少年の迎えが来て彼女の生活は一変した。 「君はもう僕の婚約者になったから逃げられないよ」……だまされた!! こうなったら逃げてやる!! こうしてリヴィの逃亡生活は始まったのだった。 (注:ヒーローはやや変態です)
24hポイント 1,178pt
小説 1,358 位 / 96,701件 恋愛 723 位 / 26,710件
文字数 63,855 最終更新日 2021.02.01 登録日 2021.02.01
8
恋愛 完結 短編 R15
第二王子のアンドリュー・メルト殿下の婚約者であるリーン・ネルコム侯爵令嬢は、3年間の期間を己に課して努力した。 しかし、アンドリュー殿下の浮気性は直らない。これは、もうだめだ。結婚してもお互い幸せになれない。 婚約破棄を申し入れたところ、「やっとか」という言葉と共にアンドリュー殿下はニヤリと笑った。私からの婚約破棄の申し入れを待っていたらしい。そうすれば、申し入れた方が慰謝料を支払わなければならないからだ。 この先の人生をこの男に捧げるくらいなら安いものだと思ったが、果たしてそれは、周囲が許すはずもなく……? 調子に乗りすぎた婚約者は、どうやら私の周囲には嫌われていたようです。皆さまお手柔らかにお願いします……ね……? ※幾つか同じ感想を頂いていますが、リーンは『話を聞いてすら貰えないので』努力したのであって、リーンが無理に進言をして彼女に手をあげたら(リーンは自分に自信はなくとも実家に力があるのを知っているので)アンドリュー殿下が一発で廃嫡ルートとなります。リーンはそれは避けるべきだと向き合う為に3年間頑張っています。リーンなりの忠誠心ですので、その点ご理解の程よろしくお願いします。 ※HOT1位ありがとうございます!(01/10 21:00) ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載予定です。
24hポイント 1,036pt
小説 1,500 位 / 96,701件 恋愛 785 位 / 26,710件
文字数 30,300 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.09
9
恋愛 完結 短編 R15
名前のない王女、それが私の呼称。名無し様、とか、名無し姫、とか呼ばれている。現在16歳。そろそろ婚約とか、世の中の令嬢は考える歳、だそう。 一人だけ離宮に住んでいて、趣味は流浪の民だった母の形見の札で行う札占い。 気紛れに手を出された母は私を産んで亡くなった。王は私に関心など無く、母も居ないので、名前は与えられなかった。 食事と衣服は与えられたが、教育も教養も私には無い。離宮の中で王家の責任も何も無く苦労もせず世俗から隠されて暮らす。 ある日、隣国の大使が来ると侍女たちが噂をしていた。 他の国にも私みたいなのはいるのかしら、という興味から、有り余った体力と躾のなさで鍛えた木登りをしていたら、大使と目があってしまう。 「君は?」 「……名無し」 「名無し……、そう、そうなったのか……」 意味深な言葉を呟いた若い大使は、私を売ってくれと国王に掛け合い、見事二束三文で売られた先の隣国で、私は本物のお姫様のように扱われて……?! 占い札に導かれた、シンデレラストーリー開幕! ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載しています。
24hポイント 553pt
小説 2,446 位 / 96,701件 恋愛 1,223 位 / 26,710件
文字数 32,299 最終更新日 2021.02.01 登録日 2021.01.25
10
恋愛 完結 ショートショート
ユエール王国のとある学園において、男爵令嬢が第1王子を始めとする高位貴族子息たちを虜にして、最後はみんな断罪されるという事件が起きた。 そしてその3ヶ月後。 今度は別の男爵令嬢が、第2王子を誘惑しているらしく……? ○「追放された悪役令嬢は断罪を満喫する」と同じ世界。エピローグから3ヶ月後の学園の様子です。 こちらも、以前掲載していたものの再掲になります(タイトルは変えました) ○小説家になろうにも掲載中。「とある庶民派令嬢と王子と騎士のはなし」 ○2話でさくっと終わります。
24hポイント 525pt
小説 2,553 位 / 96,701件 恋愛 1,270 位 / 26,710件
文字数 3,771 最終更新日 2020.11.20 登録日 2020.11.18
11
恋愛 完結 長編
「ーー婚約の解消?」  私の目の前には、申し訳なさそうに眉を下げる金髪の青年と、やけに着飾った義妹のペスカが並んでソファーに座っている。  私がそう訊き返すと、義妹は急に瞳に涙を溜めて、隣にいるその青年に縋り付いた。  その青年は私の婚約者だ。  どうやら、婚約者と義妹はそういう仲らしい。  今までも彼女は私のものを幾度となく欲しがり、その度に渡してきたけれど、婚約者まで取られるなんて。  あれ? でも翌日から、義妹の様子がおかしい。  らのべ?ぱふぇ?なんのこと?  様子のおかしい義妹と、元婚約者と、従者とのおはなし。 ○よくある婚約者奪われもの……ですが、ざまあ系ではありません。物作りをしたり、パフェを食べたりします。 ○勢いで書いております(^^)
24hポイント 497pt
小説 2,673 位 / 96,701件 恋愛 1,326 位 / 26,710件
文字数 67,096 最終更新日 2021.01.17 登録日 2020.09.27
12
恋愛 完結 短編 R15
斜陽貴族もいい所なメイプル伯爵家の令嬢・キャロルは、貧乏故にずっと男装で生きてきた。 姿も立居振る舞いも兄の真似をしていたので、社交界では令息と誤解されている。いちいち事情を説明するのも面倒なので、誤解は止まる事を知らないまま、18歳になっていた。 そんな彼女にお見合いの申し入れがあった。家の借金を肩代わりして持参金も要らない、結納金はたっぷり出すという条件付き。 何か裏がある、と思いながらも服が無いのでいつもの男装姿でお見合いに向かったキャロルのお相手は、巷で噂の宰相閣下、『完璧な貴族』の二つ名を持つコンラッド・アダム公爵で……?! 「そっちの趣味がおありですか?」 と、うっかり聞いてしまったキャロルに対する、コンラッドからの偏愛が始まってしまう、結婚から始まるラブストーリー。 ※途中にざまぁ要素あります。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載予定です。
24hポイント 489pt
小説 2,709 位 / 96,701件 恋愛 1,341 位 / 26,710件
文字数 34,763 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.05
13
恋愛 完結 短編 R15
婚約者であるパーシバル殿下に婚約破棄を言い渡されました。それも王侯貴族の通う学園の卒業パーティーの日に、大勢の前で。わたしより格下貴族である伯爵令嬢からの嘘の罪状の訴えで。幼少時より英才教育の過密スケジュールをこなしてきたわたしより優秀な婚約者はいらっしゃらないと思うのですがね、殿下。 わたしは国のため早々にこのパーシバル殿下に見切りをつけ、病弱だと言われて全てが秘されている王位継承権第二位の第一王子に望みを託そうと思っていたところ、偶然にも彼と出会い、そこからわたしは昔から想いを寄せられていた事を知り、さらには彼が王位継承権第一位に返り咲こうと動く中で彼に溺愛されて……? 陰謀渦巻く王宮を舞台に動く、万能王太子妃候補の恋愛物語開幕!(ただしバカ多め) 小説家になろう様でも別名義で連載しています。 ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照してください。
24hポイント 468pt
小説 2,808 位 / 96,701件 恋愛 1,383 位 / 26,710件
文字数 31,082 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.10.30
14
恋愛 完結 短編 R15
アナスタシアは18歳の若さで聖女として顕現した。 聖女・アナスタシアとなる前はアナスタシア・リュークス侯爵令嬢。婚約者は第三王子のヴィル・ド・ノルネイア。 王子と結婚するのだからと厳しい教育と度を超えた躾の中で育ってきた。 アナスタシアはヴィルとの婚約を「聖女になったのだから」という理由で破棄されるが、元々ヴィルはアナスタシアの妹であるヴェロニカと浮気しており、両親もそれを歓迎していた事を知る。 聖女となっても、静謐なはずの神殿で嫌がらせを受ける日々。 どこにいても嫌われる、と思いながら、聖女の責務は重い。逃げ出そうとしても王侯貴族にほとんど監禁される形で、祈りの塔に閉じ込められて神に祈りを捧げ続け……そしたら神が顕現してきた?! 虐げられた聖女の、神様の溺愛とえこひいきによる、国をも傾かせるざまぁからの溺愛物語。 ※HOT1位ありがとうございます!(12/4) ※恋愛1位ありがとうございます!(12/5) ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載開始しました。改稿版として内容に加筆修正しています。
24hポイント 454pt
小説 2,897 位 / 96,701件 恋愛 1,425 位 / 26,710件
文字数 38,726 最終更新日 2020.12.08 登録日 2020.12.02
15
恋愛 連載中 短編 R15
「ルシアナ、今日も綺麗だね」 私、ルシアナ・ユーグレイシアの朝はこの一言に始まる。 侍従長を務める伯爵のお父様、その後継として遠縁から引き取られたお義兄様、優しく穏やかなお母様、侍女、そして王立学園に行けば、登校中から教室に入ってまで。 見てくれだけを褒められ続けた結果、私の心は荒み、荒廃し、内心やさぐれていた。 白銀の髪にアイスブルーの瞳、白くて大理石のように滑らかな肌に、細くて長い手脚とメリハリのある体。 暴飲暴食、夜更かしに偏食、何をやっても変わらないこの見た目。 いつしか私の見た目を褒める人は皆敵と思って無表情で過ごすようになれば高嶺の花ときた。 仕方がないので、笑顔で躱す癖もつけました。 そんな時、隣国からの留学生として第一王子が転校してきた。 彼はとても愛想が良く、万人に優しく、そして私にとっても救いの神だった。 「君、すっごく可愛くないね」 爽やかな笑顔で言われた言葉の裏には、彼の秘密があって……? ※感想については近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも掲載予定です。
24hポイント 447pt
小説 2,937 位 / 96,701件 恋愛 1,440 位 / 26,710件
文字数 17,852 最終更新日 2021.02.16 登録日 2021.02.06
16
恋愛 完結 ショートショート R15
私(ポージ)は爵位はないが、王宮に勤める文官(セオドア)の妻だ。姉(メイヴ)は老男爵に嫁ぎ最近、未亡人になったばかりだ。暇な姉は度々、私を呼び出すが、私の夫を一人で寄越すように言ったことから不倫が始まる。私は・・・・・・ すっきり?ざまぁあり。短いゆるふわ設定なお話のつもりです。
24hポイント 440pt
小説 2,980 位 / 96,701件 恋愛 1,456 位 / 26,710件
文字数 7,782 最終更新日 2021.01.28 登録日 2021.01.25
17
恋愛 完結 長編 R18
 鎮護国家のための神社を継承せし、巫女・神楽は、十八の誕生日に竜の贄となる使命が課せられている。  人の形をした竜に、竜の贄として身体を捧げる毎日が続く神楽。  彼女には、数年前に結婚を約束した人がいる。  白髪紅瞳の竜と、黒髪黒瞳の約束の彼――。  似ても似つかぬ容姿の二人が、神楽にはなぜか重なって見える。  最初は仕方なく竜に身を委ねざるを得なかった彼女。だけれど、本来は寡黙で優しい彼に次第に心惹かれ――?  竜である青年と、その贄である巫女。二人が相思相愛になるまでの物語。   「どんな姿の貴方でも、私は愛しております――」 ※本編32話+幕間3話+後日談8話 ※ムーンライト様でのR18初連載、完結作品。 ※ほぼエロ(性描写のある話の横に※つけます)、シチュエーション重視。色んなパターンのR18が楽しめます? ※人外(竜の姿のまま)、竜の舌(触手に近い)、野外の性描写があります。 ※相手役の竜の名前は、しばらく話数が進んでから出ます。最初は無理やり、後から優しくなります。
24hポイント 390pt
小説 3,298 位 / 96,701件 恋愛 1,592 位 / 26,710件
文字数 90,659 最終更新日 2021.02.13 登録日 2020.08.23
18
恋愛 完結 短編 R15
ルーニア・ウェル伯爵令嬢は、マルクセス王国の王太子ジュード・マルクセスの婚約者だった。 王太子妃教育の為に王宮に住んでいたが、ジュードからいきなりの婚約破棄を告げられる。なんでも、真実の愛を見つけたのだとか。 「はぁ、婚約破棄、ですか。構いませんよ。……本当にいいんですね?」 とは言ったもののあっさりとそれを承諾して家に帰ったルーニアだが、3日後にはジュードが頭を下げにきて……その理由、婚約破棄を言う前に分かっていた事でしょうに。 ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 369pt
小説 3,461 位 / 96,701件 恋愛 1,652 位 / 26,710件
文字数 36,746 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.26
19
恋愛 連載中 短編
よくある婚約破棄ものです 公爵令嬢であるナディア・フォン・サルトレッティは、王家主催の夜会の最中に婚約者である王太子ジョバンニ・ダッラ・ドルフィーニによって婚約破棄を告げられる。 ええ、かまいませんよ。 でもしっかり反撃もさせていただきます。 それと、貴方達の主張は全部ブーメランですからね。 さっくりざまぁさせていただきます! ざまぁ本編は一応完結(?)です。 ブーメラン後の話の方が長くなってます(;'∀') 元婚約者が反省したり(遅い) 隣国の王族が絡んできたりします! ナディアが段々溺愛されていきます(笑)
24hポイント 362pt
小説 3,513 位 / 96,701件 恋愛 1,676 位 / 26,710件
文字数 121,400 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.12.30
20
恋愛 完結 ショートショート
王侯貴族の令息令嬢が通う王立学園の卒業パーティーにて、ユーグレース・ザイン伯爵令嬢は、婚約者のリンク・ユシュグライド第一王子に、キリアン・ルーチェ子爵令嬢を虐めたという虚偽の罪で公の場で断罪され、婚約破棄を申し渡される。 リンク殿下とキリアン様の周りには取り巻きのように控える騎士を目指す男爵令息、魔導師として将来を嘱望される伯爵令息、宰相閣下の息子である公爵令息、教皇令息が控えていた。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載しています。 ※思いつきの1話完結です。 ※色々頭を緩くしてお楽しみください。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。
24hポイント 347pt
小説 3,619 位 / 96,701件 恋愛 1,722 位 / 26,710件
文字数 3,217 最終更新日 2021.01.27 登録日 2021.01.27
21
恋愛 完結 短編 R15
王侯貴族の集うルイズ学園の卒業パーティーで、婚約者のアイゼン・ジクリード公爵令息から婚約破棄を告げられたフローラ・ジュペル伯爵令嬢。 理由は、フローラが不当にアイゼンの隣に居るアンジュ・ネイビア子爵令嬢をいびり、虐め、貶めたというもの。 全く心当たりがないのに、次々と証人が出てくる。 パーティーという晴れの場で完全に孤立したフローラを救ったのは、ガブリエル・ド・ルイズ殿下……この国の第二王子だった。 ガブリエルの求婚によって婚約者となったフローラは、その後ガブリエルの秘密の趣味を教えられ、それを使って復讐をする事になった。 ガブリエルの真意は見えない。不当な婚約破棄に怒りと悲しみに打ちひしがれていたフローラが、ガブリエルとの『復讐』で幸せになっていく物語。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて長編改稿連載しています。
24hポイント 340pt
小説 3,682 位 / 96,701件 恋愛 1,750 位 / 26,710件
文字数 35,506 最終更新日 2021.01.09 登録日 2021.01.03
22
恋愛 完結 短編 R15
「ニア・ユーリオ伯爵令嬢、君との婚約は破棄する。そして、アリアナ・ヴィンセント子爵令嬢への殺人未遂で捕らえさせてもらう」 グレアム・ミスト侯爵子息からの宣言に、私は死を悟った。 学園の卒業パーティー、私からグレアム様を掠め取ったアリアナ嬢が憎くて、憎くて、憎くて……私は、刃物を持ち込んでしまった。そして、殺人を犯す間際にグレアム様に刃物を叩き落とされた。 私の凶行によって全て無くし、死刑を待つ牢屋の中で、どうしてこうなったのかを考えていたら……そもそも、グレアム様に固執するのがよくなかったのでは無いか?あんな浮気男のどこがいいのか?と、思い至る。 今更気付いた所でどうにもならない、冷たい鉄の板に薄布が敷かれた寝台の上で「やり直せるなら、間違わないのに」そう呟いた瞬間、祖父からもらった形見のネックレスが光を放って……気付けば学園入学時に戻っていた?! よくわからないけどやり直せるならやり直す!浮気男(共)の本性はわかっている、絶対に邪魔はしない、命あっての物種だ! だから私、代表して晴の舞台で婚約破棄というざまぁをされます! さぁ皆さん、ヒロインのアリアナ嬢はあちらです! ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照ください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 319pt
小説 3,901 位 / 96,701件 恋愛 1,838 位 / 26,710件
文字数 32,087 最終更新日 2020.12.17 登録日 2020.12.11
23
恋愛 完結 ショートショート R18
 エスト・グランテ王国には、『竜の聖女』を手にしたものが『真の王』になるという伝承がある。  まがまがしい金の瞳を持ち、災いをもたらすと言われ、村を追放されて、奴隷の身に墜ちたラピス。  彼女は、国の宰相であるシュタールに買ってひきとられ、毎夜身体を弄られていた。  ある時、ラピスが『竜の聖女』であると気づいた愚王によって、彼女は王の妾にされてしまうことになり――?  媚薬をもられたラピスは、このまま王に処女を奪われてしまうのか――?  シュタールはその時、王位簒奪を――? ※ムーンライト様に投稿した短編作品 ※長編「無垢な花嫁は、青焔の騎士に囚われる」と対になる話です
24hポイント 255pt
小説 4,692 位 / 96,701件 恋愛 2,155 位 / 26,710件
文字数 6,791 最終更新日 2020.08.30 登録日 2020.08.30
24
恋愛 完結 ショートショート R18
海軍の娘であるオリビアは、とある目的のために最恐の海賊団が乗る船へと男装をして乗り込む。 彼女の狙いは、最強の海賊の証である『深海の心臓』と呼ばれる秘宝。 海賊達の目を盗んでオリビアは船室内へ足を踏み入れるが、そこで海賊の船長であるレオンに見つかってしまい── 変態気味な海賊船長と海軍の娘が、お宝を巡ってエッチな攻防をする話。 ※全七話で完結します。 ※ムーンライトノベル様でも投稿中です。
24hポイント 205pt
小説 5,511 位 / 96,701件 恋愛 2,449 位 / 26,710件
文字数 13,601 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.22
25
恋愛 完結 短編 R15
「おっきくなったらミーシャのこと、お嫁さんにしてくれる?」 「当たり前だろ。ミーシャは俺がいないと何にもできないんだから、ずっと俺が守ってやるよ」 そんな約束をしたこともあったな、とミーシャ・ジェニック伯爵令嬢は窓の外を見て溜め息を吐いた。 小さな頃は身分なんて関係なかった。大好きだった男の子のヴァンツァーは、今この領地にいない。7年前に「冒険者になる」と出て行ったのだ。 私は約束を忘れられず、お見合いを断り社交も避けて、もうすぐ20歳になろうとしていた。 いつまでもこのままではいけない、そろそろちゃんと身を固めないと……、と思っていた所にヴァンツァーが帰ってきて。 「ミーシャ、俺と結婚してほしい」 帰ってきて第一声の、いきなりのプロポーズに私は何がどうしてそうなったのか、全く理解ができずに、一度保留にして素っ気ない態度をとってしまう。 しかし、ヴァンツァーは全くあきらめる気配は無く……。 ※気が向いたら番外編を書きますが、一旦完結とします。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載しています。
24hポイント 198pt
小説 5,625 位 / 96,701件 恋愛 2,481 位 / 26,710件
文字数 24,907 最終更新日 2021.01.02 登録日 2020.12.26
26
恋愛 完結 短編 R15
小さい頃から山猿姫と呼ばれて、領民の子供たちと野山を駆け回り木登りと釣りをしていた、リナ・イーリス子爵令嬢。 成人して社交界にも出たし、今では無闇に外を走り回ったりしないのだが、元来の運動神経のよさを持て余して発揮しまった結果、王都でも山猿姫の名前で通るようになってしまった。 もうこのまま、お父様が苦労してもってくるお見合いで結婚するしか無いと思っていたが、ひょんな事から、木の上から落ちてしまった私を受け止めた公爵様に婚約を申し込まれてしまう。 しかも、公爵様は「私の天使」と私のことを呼んで非常に、それはもう大層に、大袈裟なほどに、大事にしてくれて……、一体なぜ?! 両親は喜んで私を売りわ……婚約させ、領地の屋敷から王都の屋敷に一人移り住み、公爵様との交流を深めていく。 一体、この人はなんで私を「私の天使」などと呼ぶのだろう? 私の中の疑問と不安は、日々大きくなっていく。 ずっと過去を忘れなかった公爵様と、山猿姫と呼ばれた子爵令嬢の幸せ婚約物語。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載しています。
24hポイント 170pt
小説 6,089 位 / 96,701件 恋愛 2,708 位 / 26,710件
文字数 34,041 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.24
27
恋愛 完結 ショートショート R18
 元メイド×伯爵の新婚カップルの前に、伯爵が一時期引きこもる原因を作った元婚約者(ご令嬢)が現れる。  屋敷に居座ろうとする彼女を撃退するために2人が、ご令嬢に覗かれながらえっちなこと(立位・後背位)をする話。  今年7月にムーンライト様で発表した短編です。  作者のお家芸、誰かに見せつけながらえっちをするシチュエーションになります。 ※ムーンライト様では日間短編1位をいただきました。
24hポイント 142pt
小説 6,705 位 / 96,701件 恋愛 3,003 位 / 26,710件
文字数 5,051 最終更新日 2020.09.04 登録日 2020.09.03
28
恋愛 連載中 長編
「私、魔女なんかじゃない!」  そう叫んだ声は誰にも拾われないまま、王太子の妃候補だったレダリカは、その王太子を呪った“魔女”として追放されてしまった。  何が起きたのか、レダリカ自身にもわからなかった。彼女はただ、妹ルゼの自由奔放さを羨みながらも、王太子の婚約者として栄光と努力を積み重ねていただけだったのに。  それなのに、ある朝突如『王太子を呪った魔女』という濡れ衣を着せられ、投獄された。そして僻地“日没の森”へと、身ひとつで追放されてしまったのだ。  残してきた妹ルゼの身を心配しながらも、森の城に住む魔法使いフラウリッツに助けられたレダリカ。しかし連れてこられた魔法使いの城で、よりにもよって王太子とルゼが共謀して、自分を裏切っていたことを知ってしまう。  悲嘆にくれたレダリカは決意した。このまま本当に魔女となって、自分を陥れた者たちに報復してやろうと。  というわけで。 「弟子にして、フラウリッツ」  カールロット公爵令嬢レダリカ、この時をもって王家に仇なす魔女を志すこととする。  ……それにしても、このフラウリッツとかいう魔法使いとその仲間たちの、ゆるいことといったら。
24hポイント 113pt
小説 7,556 位 / 96,701件 恋愛 3,382 位 / 26,710件
文字数 168,970 最終更新日 2021.03.05 登録日 2020.10.10
29
恋愛 完結 短編 R15
王太子リック、その婚約者である公爵令嬢ライラ、そして王太子剣術指南ジンの三人は親友同士。 普段は仲の良い三人。ジンは将来夫婦になるであろうリックとライラを微笑ましく見ていた。 だが、リックは正式な場でライラに対し婚約破棄を言い渡す。 ジンはライラに成り代わり、リックに決闘を申し込むも返り討ちにあい押し倒されてしまう。 そして、気持ちを伝えられるのだ。男装の麗人ジンへの恋心を。
24hポイント 21pt
小説 18,039 位 / 96,701件 恋愛 7,497 位 / 26,710件
文字数 28,883 最終更新日 2020.09.30 登録日 2020.09.16
30
恋愛 完結 長編 R18
 ラウィーニア王国国王の方針により、女性も要職に就ける時代となり、王族の末端である公女ネイディーンは宰相を目指すことに決めた。  そのために月一回、国王の甥であるフレデリックとともに、下町で奉仕活動を続けている。  ある日、いつものように下町でシチューを配給していると、旅人の男が並んできた。  しかもその旅人は、十三年前に誘拐された王太子ライオネルだと名乗ったのだ。  驚いたネイディーンとフレデリックは旅人を王宮へと連れていき、国王と対面させる。  国王は旅人を息子のライオネルと認め、王族貴族の間では長年行方不明となっていた王太子が帰郷したと話題になっていた。  ところが誘拐後、遠い大陸で苦労してきたせいか、ライオネルはすっかり王族としての品性や教養を失っていた。  そこで国王は親戚の公女らを集め、ライオネルが国王となったとき補佐できるようにと、彼女たちを王太子妃候補とした。  野性化した王太子の妃になることなど耐えられないネイディーンや他の公女たちは、ライオネルに剣術の試合を挑むことにするのだが……。
24hポイント 14pt
小説 21,040 位 / 96,701件 恋愛 8,583 位 / 26,710件
文字数 139,857 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.12.24
31
恋愛 完結 長編
 大好きだった恋人が、自殺した。知らない女への遺書を残して。  ……そんなわけで傷心中の、成り上がりの貴族令嬢シャーロット。彼女の恋は公爵令息である相手との格差ゆえに、世間に隠していたため、そうとは知らない叔母の夜会に引きずり出されてしまう。  そこで名門伯爵家の当主・ヴィクターと出会うと一転、眉目秀麗な彼の立ち姿に、シャーロットの目は釘付けとなった。  ――正しくは、彼が持つ、『シャーロットが亡き恋人に贈ったはずの懐中時計』に。  なぜ彼が持っているのか? そう考えたとき、シャーロットの頭は、恐ろしい結論にたどり着いてしまう。――伯爵が、死んだ彼から奪ったのだと。 「許せない……。誰も気がつかないと思ったら大間違いよヴィクター・ワーガス!」  怒りに任せて、シャーロットはその夜とんでもない行動に出たのであった。 ◇  共通する目的のため、世間を欺き婚約したシャーロットとヴィクター。かたや向こう見ずですぐ手が出る成り上がり男爵の令嬢、かたや冷静で毒舌な名門の伯爵。家格も性格も何かと噛み合わないふたりが抱える、秘密と醜聞と、ままならなかった恋の傷。……ただ感傷に浸るには、彼らはちょっと喧嘩が多くて、騒がしい。
24hポイント 14pt
小説 21,040 位 / 96,701件 恋愛 8,583 位 / 26,710件
文字数 235,312 最終更新日 2020.10.02 登録日 2020.09.16
32
恋愛 連載中 長編
悪役令嬢ミューラと出会ったことにより、この世界が乙女ゲームの世界であると知った主人公フィーア。 フィーアは悪役令嬢の姉…つまりモブとして、陰ながらミューラを助けようと動き出す! 前世、日本一の剣士だったフィーアは【勇者】【聖女】【賢者】…が存在する世界で【剣聖】を目指し、剣を取る! 全てはミューラの死亡エンドを回避するために……ッ! の、はずだったんだけど…。 「ねぇ、ミューラ。なんで貴方が【聖女】なの?」 「だってお姉さまの傍にいたかったんですもの!…ダメ、でした?」 「ミューラぁあああああああああ!!!!」 最強剣士…だけど、へっぽこでドジっ子なフィーアは今日も多くの人に愛されながら生きていきます! 「あと、セシル様!近いです⁉」 「ん…?気のせいだよ?」 「ぎゃあああああああ―――ッ⁉⁉」
24hポイント 14pt
小説 21,040 位 / 96,701件 恋愛 8,583 位 / 26,710件
文字数 5,170 最終更新日 2020.07.19 登録日 2020.07.05
33
恋愛 連載中 ショートショート
リ―リアには幼い頃からの付き合いを持つ者が四人いる。 その中の一人であり五歳年上の青年―シルビス=ヴェルナードはリ―リアの婚約者。 政治的理由により八歳で”政略婚姻”を果たした二人は少しずつ離れていくことになる。 ”五歳”という差を埋め彼と対等でいたいと努力するリ―リアと、すっかり変わってしまった彼女に困惑と焦りを覚えるシルビス。 舞台は魔法学院。講師となったシルビスと完璧令嬢となったリ―リアの教師×生徒の恋物語が始まる―。
24hポイント 14pt
小説 21,040 位 / 96,701件 恋愛 8,583 位 / 26,710件
文字数 1,632 最終更新日 2020.06.21 登録日 2020.06.19
34
恋愛 完結 短編 R18
木村七緒(ななお)29歳は、弟21歳 七海(ななみ)の 結婚式の帰り、神社の階段から落ち 意識を失った。 気付くと、戦場にいた。 見慣れない景色、夢じゃない現実で 鬼神に…。 読んでくださる皆様へ、ありがとうございます❤️
24hポイント 14pt
小説 21,040 位 / 96,701件 恋愛 8,583 位 / 26,710件
文字数 26,146 最終更新日 2019.06.09 登録日 2019.05.30
35
恋愛 連載中 短編
「破滅したくない・・・なんて我儘は言わないわ。だから・・お願い!私に萌えを頂戴ッ!!」 天才だけど阿呆な少女レティシアは、”悪役令嬢”である彼女が虐めないと物語が始まらないことにも気づかず、MOBとして過ごすため地味な少女を演じる。 …が、攻略対象+レティの妹であるヒロインには彼女の破天荒な性格が見え見えで…?! 最強暗殺者×世界に三人しかいないSSSランク冒険者×天才×破天荒…なレティシア。 そんな”地味ってなんだっけ?”と言いたくなるような主人公と、彼女を愛する周りの人々のお話。 ※最初はシリアスですが、四話目あたりからコメディ入ります。 それまでの辛抱となりますのでご安心ください。
24hポイント 7pt
小説 24,998 位 / 96,701件 恋愛 10,270 位 / 26,710件
文字数 5,132 最終更新日 2020.06.20 登録日 2020.06.16
36
恋愛 連載中 長編
世界で唯一の聖女アルクは世界各国の王子から求められた。 理由は一つ。聖女を娶った国はそのご繁栄するとされているから。 なんとしても聖女を自国に招きたい王子達は、アルクのことをあの手この手で誘惑する。 ろくに恋愛もしてこなかったアルクは、イケメン王子達に翻弄され、恋をする
24hポイント 7pt
小説 24,998 位 / 96,701件 恋愛 10,270 位 / 26,710件
文字数 761 最終更新日 2020.04.13 登録日 2020.04.13
37
恋愛 完結 長編
2種族が生きる世界、 ファンフェイン。 そこは確立された上下関係がある世界だった。 上位種族のリアルド、 下位種族のジーヴス。 その間で結ばれる主従の契約をサクリファイスという。 この世界で繰り広げられる2種族の絆の物語
24hポイント 0pt
小説 96,701 位 / 96,701件 恋愛 26,710 位 / 26,710件
文字数 58,290 最終更新日 2019.09.12 登録日 2019.08.14
38
恋愛 完結 短編
勇者パーティは五年もの歳月を要し、ようやく魔王城にたどり着いた。 そんな中、パーティの一人である剣聖の少女シエラ・ロードは迷っていた。 このまま魔王を倒したところで、勇者は我が国の皇女と結婚するのだ。 シエラはそれがどうしようもなく嫌になる。 未来を考えることが嫌になり、未来を変えたいと願う。 そう。 彼女は勇者に恋をしていたのだ。 ハッピーエンドものです。
24hポイント 0pt
小説 96,701 位 / 96,701件 恋愛 26,710 位 / 26,710件
文字数 47,107 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.07.12
38