聖女小説一覧

タグ 聖女×
981 12345
1
恋愛 連載中 短編 R15
アナスタシアは18歳の若さで聖女として顕現した。 聖女・アナスタシアとなる前はアナスタシア・リュークス侯爵令嬢。婚約者は第三王子のヴィル・ド・ノルネイア。 王子と結婚するのだからと厳しい教育と度を超えた躾の中で育ってきた。 アナスタシアはヴィルとの婚約を「聖女になったのだから」という理由で破棄されるが、元々ヴィルはアナスタシアの妹であるヴェロニカと浮気しており、両親もそれを歓迎していた事を知る。 聖女となっても、静謐なはずの神殿で嫌がらせを受ける日々。 どこにいても嫌われる、と思いながら、聖女の責務は重い。逃げ出そうとしても王侯貴族にほとんど監禁される形で、祈りの塔に閉じ込められて神に祈りを捧げ続け……そしたら神が顕現してきた?! 虐げられた聖女の、神様の溺愛とえこひいきによる、国をも傾かせるざまぁからの溺愛物語。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載予定です。
24hポイント 161,306pt
小説 5 位 / 87,379件 恋愛 3 位 / 23,087件
文字数 18,884 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.02
2
恋愛 連載中 短編
母の死と同時に現れた義母と異母妹のロアラ。 私に無関心の父を含めた三人に虐げられ続けた私の心の拠り所は、婚約者である王太子テルディスだけだった。 けれど突然突きつけられる婚約解消。そして王太子とロアラの新たな婚約。 私が妹を虐げていた? 妹は──ロアラは聖女? 聖女を虐げていた私は魔女? どうして私が闇の森へ追放されなければいけないの? どうして私にばかり悪いことが起こるの? これは悪夢なのか現実なのか。 いつか誰かが、この悪夢から私を覚ましてくれるのかしら。 魔が巣くう闇の森の中。 私はその人を待つ──
24hポイント 129,262pt
小説 10 位 / 87,379件 恋愛 6 位 / 23,087件
文字数 20,287 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.30
3
恋愛 連載中 短編 R15
「聖女どころか子ども産めない女は出て行け!マーガレットに子どもが出来たのだ!きっとお腹の子が聖女に違いない!だからお前とは離婚する!!」 隣の令嬢を抱き寄せて声高々に言い放つのは、侯爵家の ゴードン・サンダーム。 確か私の夫だ。 隣の令嬢はウォール男爵令嬢の、 マーガレット令嬢。 私は1年前にサンダーム侯爵家に嫁いだフィオナ・サンダーム。 元伯爵令嬢だった。 この国では、治癒能力を持つ聖女が3人いる。 不思議な事に、1人聖女が死んでしまうと、程なくして1人聖女が産まれるのだ。 数ヶ月前に、1人の聖女が死んだ。 聖女が産まれたら、その聖女と両親は手厚く扱われる。 その為、国中が自分が聖女を産むのだと躍起になっていた。 聖女は産まれてすぐ分かる。額に十字の印が刻まれているからだ。 特に公爵家や侯爵家は、王族とお近づきになりたい為。この聖女を欲していた。 1年前に結婚した私達の間には子どもはできなかった。 そのためこんな事を言ってきたのだろう…。 でも…。 その浮気相手のお腹にいる子どもって、 誰の子ですか???
24hポイント 101,034pt
小説 14 位 / 87,379件 恋愛 10 位 / 23,087件
文字数 36,930 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.08
4
恋愛 連載中 短編 R15
侯爵家の令嬢、エリスの夫であるロバートは伯爵家の長男にして、デルバニア王国の第二王女アイリーンの幼馴染だった。 アイリーンは隣国の王子であるアルフォンスと婚約しているが、婚姻の儀式の当日にロバートと共に行方を眩ませてしまう。 国際規模の婚約破棄事件の裏で失意に沈むエリスだったが、同じ境遇のアルフォンスとお互いに励まし合い、元々魔法の素養があったので環境を変えようと修行をして聖女となり、王国でも重宝される存在となった。 ロバートたちが蒸発して二年後のある日、突然エリスの前に元夫が現れる。 エリスは激怒して謝罪を求めたが、彼は「アイリーンと自分の赤子を三人で育てよう」と斜め上のことを言い出した。
24hポイント 65,207pt
小説 29 位 / 87,379件 恋愛 19 位 / 23,087件
文字数 20,540 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.21
妹は、その容姿から愛されてきた。 それに比べて、私は平凡ながら特別不満もなく生きてきたし、これからもそうなるものだと思っていた。 異世界に転移するまでは。 聖女として、異世界に召喚された妹に無理やり引きずり込まれて、連れてこられた私。 異世界において、私は不必要なものだったらしい。 必要な知識と技術さえもらってしまえば、用がないのは、こちらも同じなので、とっとと国外追放でも何でもどうぞ。 え?妹が何もしない?そりゃあ、両親が甘やかして育てたんだから、やってもらって当然。の姿勢でしょう。命をかけて国を守るなんて、そんなことするわけないじゃない。 え?国に戻ってほしい?国外追放したのは、そっちでしょう? 「私、聖女じゃないんで」
24hポイント 34,264pt
小説 64 位 / 87,379件 ファンタジー 18 位 / 24,938件
文字数 10,001 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.11.21
6
ファンタジー 連載中 短編 R15
マトリカリア伯爵家は代々アドニス王国軍の衛生兵団長を務める治癒魔法の名門です。 神々に祝福されているマトリカリア家では長女として胸元に十字の聖痕を持った娘が必ず生まれます。 その娘が使う強力な治癒魔法の力で衛生兵をまとめ上げ王国に重用されてきました。 そのため、家督はその長女が代々受け継ぎ、魔力容量の多い男性を婿として迎えています。 しかし、今代のマトリカリア伯爵令嬢フリージアは聖痕を持って生まれたにも関わらず治癒魔法を使えません。 それでも両親に愛されて幸せに暮らしていました。 衛生兵団長を務めていた母カトレアが急に亡くなるまでは。 フリージアの父マトリカリア伯爵は、治癒魔法に関してマトリカリア伯爵家に次ぐ名門のハイドランジア侯爵家の未亡人アザレアを後妻として迎えました。 アザレアには女の連れ子がいました。連れ子のガーベラは聖痕こそありませんが治癒魔法の素質があり、治癒魔法を使えないフリージアは次第に肩身の狭い思いをすることになりました。 アザレアもガーベラも治癒魔法を使えないフリージアを見下して、まるで使用人のように扱います。 そしてガーベラが王国軍の衛生兵団入団試験に合格し王宮に勤め始めたのをきっかけに、父のマトリカリア伯爵すらフリージアを疎ましく思い始め、アザレアに言われるがままガーベラに家督を継がせたいと考えるようになります。 治癒魔法こそ使えませんが、正式には未だにマトリカリア家の家督はフリージアにあるため、身の危険を感じたフリージアは家を出ることを決意しました。 しかし、本人すら知らないだけでフリージアにはマトリカリアの当主に相応しい力が眠っているのです。 ※最初は胸糞悪いと思いますが、ざまぁは早めに終わらせるのでお付き合いいただけると幸いです。
24hポイント 33,483pt
小説 68 位 / 87,379件 ファンタジー 20 位 / 24,938件
文字数 60,095 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.14
7
恋愛 連載中 短編
 ファルフ国の聖女アルマは、呪いによって外れない仮面を着けながら生活していた。  呼び出された私は第3王子ラモードに危険な存在だと断罪されて、国外追放を言い渡されてしまう。  どうやらラモード殿下は、私と婚約者になる話が出ていたらしい。  ラモード殿下は私の罪を捏造して断罪することで、私を聖女でなくそうとしていた。  私は国外追放を言い渡されて、仮面を壊すことを決意する。  仮面を壊すと宿っている魔力が消滅するから、私は今までファルフ国の為に仮面を壊さなかった。  聖女でなくなった私は仮面を壊し……本来の私を見て、私だと知らないラモード殿下は好きだと言ってくる。    私はラモード殿下のことが嫌いだからファルフ国を出ることにして――新たな生活が、始まろうとしていた。
24hポイント 32,831pt
小説 70 位 / 87,379件 恋愛 45 位 / 23,087件
文字数 5,654 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.29
8
恋愛 連載中 短編 R15
代々聖女の家系であるアウルメナス伯爵家の長女として生まれたミネアは双子の妹であるジルと比べて魔力が圧倒的に少なく、聖女には成れなかったので、虐げられて過ごしてきた。 それでもミネアは努力して、自然界の力を自分の力に変換する精霊術を修得して妹をも上回る力を手に入れたが、両親には認められずにいた。 「ミネア、お前はジルの代わりに人質としてベルゼイラ王国に行くのだ」 アウルメナス伯爵によると敵国であるベルゼイラ王国は休戦の条件として聖女の身柄を要求してきたとのこと。 国王と話し合った結果、ミネアが聖女である妹の身代わりとして人質になることが決定する。 食事も満足に得られていないミネアはここに居ても地獄だと、それを了承して敵国の人質となることに。 「聖女ジルよ。予言に従って君と結婚したい」 しかし、敵国で待っていたのはその国の第二王子からの熱烈なプロポーズだった。 ミネアは思っていた人質生活と全く違うことに困惑する。 王子の勢いに押されて婚約してしまう彼女だが、聖女ジルでないとバレれば婚約破棄どころでは済まないのでは、とドキドキしながら新たな生活をスタートするのだった。
24hポイント 30,950pt
小説 80 位 / 87,379件 恋愛 51 位 / 23,087件
文字数 11,111 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.27
教会の代表ともいえる聖女ソフィア――つまり私は、第五王子から婚約破棄を言い渡され、教会から追放されてしまった。 話を聞くと、侍祭のシャルロットの事が好きになったからだとか。 シャルロット……よくやってくれたわ! 貴女は知らないかもしれないけれど、その王子は、一言で表すと……バカよ。 これで、王子や教会から解放されて、私は自由! 慰謝料として沢山お金を貰ったし、魔法学校で錬金魔法でも勉強しようかな。 聖女として神聖魔法を極めたし、錬金魔法もいけるでしょ! ……え? 王族になれると思ったから王子にアプローチしたけど、思っていた以上にバカだから無理? ふふっ、今更返品は出来ませーん! ※第○話:主人公視点  挿話○:タイトルに書かれたキャラの視点  となります。
24hポイント 26,178pt
小説 94 位 / 87,379件 ファンタジー 28 位 / 24,938件
文字数 65,411 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.25
10
恋愛 連載中 長編
国の周囲に障壁を張る守護聖女という役職に十代で就任したアルテナ。 彼女はその強い魔力と功績で筆頭聖女の立場を与えられた。 そして三十六歳になった現在でも国で一番の魔力を持ち筆頭聖女であり続ける彼女を後輩たちは疎ましく思っていた。 陰口を叩かれ嫌がらせめいたこともされ、今度こそ守護聖女から退職することを考えるアルテナ。 しかし司祭長たちは彼女を意地でも辞めさせないと意気込む。 板挟みになり悩むアルテナに何故か国の第三王子が婚約を申し込んできたのだった。
24hポイント 23,827pt
小説 103 位 / 87,379件 恋愛 67 位 / 23,087件
文字数 8,160 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.26
11
恋愛 連載中 短編 R15
村に狩猟遊びの最中に大怪我をした王子が運び込まれて来たので、聖女の力を使って治療してあげました。 王子に随分と感謝され、今度は国王の病を治してくれと頼まれて王都に連れて行かれました。 無事に国王の病も治療してあげると、王子から王太子妃として迎えると言って求婚されましたが、私はそれを断りました。 だって、私には好きな人がいるのですから。 彼が亡くした妻だけを今でも愛しているとしても。 ※別の作品で王子様の求婚を断った場合の分岐ルートになりますが、単体でも楽しんでいただけるように序盤は説明が多めです。
24hポイント 23,579pt
小説 104 位 / 87,379件 恋愛 68 位 / 23,087件
文字数 1,138 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.12.03
12
ファンタジー 連載中 長編 R15
ブラック企業に勤めてたのがいつの間にか死んでたっぽい。気がつくと異世界の伯爵令嬢(第五子で三女)に転生していた。前世働き過ぎだったから今世はニートになろう、そう決めた私ことマリアージュ・キャンディの奮闘記。 ※この小説はフィクションです。実在の国や人物、団体などとは関係ありません。 ※2020-01-16より執筆開始。
24hポイント 20,193pt
小説 122 位 / 87,379件 ファンタジー 36 位 / 24,938件
文字数 713,561 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.03.11
13
恋愛 連載中 短編
「リリアーナ、君との結婚は無かったことにしてもらう。君の力が発現しない以上、君とは結婚できない。君の妹であるマリーベルと結婚することにするよ」 「……私も正直、ずっと心苦しかったのです。これで肩の荷が下りました。昔から二人はお似合いだと思っていたのです。マリーベルとお幸せになさってください」 「ありがとう。マリーベルと幸せになるよ」  円満な婚約解消。これが私の目指したゴール。  この人とは結婚したくない……。私はその一心で今日まで頑張ってきた。努力がようやく報われる。これで私は自由だ。  一度目の人生は聖女として目の前の男に嫁いだが、家を離れている間に私の妹と浮気。子供ができたとお払い箱になる。失意の中で死んでしまうが、土地を癒した見返りとしてそれまでに癒してきた土地に時間を戻してもらう。  今は二度目の人生。元婚約者は領主としてふさわしくないし、浮気男との結婚なんてお断り。でも神様?と約束したのであなたの領地はいただきますね。あなたの領地は私が幸せにします。
24hポイント 19,817pt
小説 124 位 / 87,379件 恋愛 76 位 / 23,087件
文字数 21,763 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.22
14
恋愛 連載中 短編
「お前のような嫉妬深い蛇のような女を妻にできるものか。婚約破棄だアイリスフィア!僕は聖女レノアと結婚する!」 「そんな!ジルク様、貴男に捨てられるぐらいなら死んだ方がましです!」 「ならば今すぐ死ね!お前など目障りだ!」  公爵令嬢アイリスフィアは泣き崩れ、そして聖女レノアは冷たい目で告げた。 「でもアイリ様を薬で洗脳したのはジルク王子貴男ですよね?」
24hポイント 16,727pt
小説 144 位 / 87,379件 恋愛 82 位 / 23,087件
文字数 20,902 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.07
15
恋愛 完結 短編
公爵令嬢アマリアは、15歳の誕生日の翌日、前世の記憶を思い出す。 婚約者である王太子エドモンドから、18歳の学園の卒業パーティで王太子妃の座を狙った男爵令嬢リリカからの告発を真に受け、冤罪で断罪、婚約破棄され公開処刑されてしまう記憶であった。 王太子エドモンドと学園から逃げるため、留学することに。隣国へ留学したアマリアは、聖女に認定され、覚醒する。そこで隣国の皇太子から求婚されるが、アマリアには、エドモンドという婚約者がいるため、返事に窮す。
24hポイント 14,753pt
小説 163 位 / 87,379件 恋愛 92 位 / 23,087件
文字数 8,407 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.12.01
16
恋愛 完結 ショートショート R15
「よって、聖女サラとの婚約を破棄する」 信じられない言葉が聞こえた。 婚約破棄‥ 勝手に結ばれて、勝手に破棄されて 怒りで頭が狂ってしまいそう‥ 「笑わせないでよ‥」
24hポイント 14,008pt
小説 171 位 / 87,379件 恋愛 96 位 / 23,087件
文字数 2,824 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.12.02
17
ファンタジー 連載中 長編 R15
旧題:私は『聖女ではない』ですか。そうですか。帰ることも出来ませんか。じゃあ『勝手にする』ので放っといて下さい。 【 聖女?そんなもん知るか。報復?復讐?しますよ。当たり前でしょう?当然の権利です! 】 地震を知らせるアラームがなると同時に知らない世界の床に座り込んでいた。 同じ状況の少女と共に。 そして現れた『オレ様』な青年が、この国の第二王子!? 怯える少女と睨みつける私。 オレ様王子は少女を『聖女』として選び、私の存在を拒否して城から追い出した。 だったら『勝手にする』から放っておいて! 同時公開 ☆カクヨム さん ✻アルファポリスさんにて書籍化されました🎉 タイトルは【 私は聖女ではないですか。じゃあ勝手にするので放っといてください 】です。 そして番外編もはじめました。 相変わらず不定期です。 皆さんのおかげです。 本当にありがとうございます🙇💕 これからもよろしくお願いします。
24hポイント 13,299pt
小説 177 位 / 87,379件 ファンタジー 57 位 / 24,938件
文字数 842,793 最終更新日 2020.12.03 登録日 2019.06.12
18
恋愛 完結 短編
「カテリーナ。お前との婚約を破棄する!」 王子殿下に婚約破棄を突きつけられたのは、伯爵家次女、薄幸のカテリーナ。 前世で伝説の聖女であった彼女は、王都に対する闇の軍団の攻撃を防いでいた。 侵入しようとする悪霊は、聖女の力によって浄化されているのだ。 王国にとってなくてはならない存在のカテリーナであったが、とある理由で正体を明かすことができない。 政略的に決められた結婚にも納得し、静かに守護の祈りを捧げる日々を送っていたのだ。 ところが、王子殿下は婚約破棄したその場で巷で聖女と噂される女性、シャイナを侍らせ婚約を宣言する。 カテリーナは婚約者にふさわしくなく、本物の聖女であるシャイナが正に王家の正室として適格だと口にしたのだ。
24hポイント 13,010pt
小説 180 位 / 87,379件 恋愛 99 位 / 23,087件
文字数 27,412 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.09.07
孤児だったエステルは、本来の聖女の代わりとして守護方陣を張り、王国の守りを担っていた。 本来の聖女である公爵令嬢メシアは、17歳の誕生日を迎えても能力が開花しなかった為、急遽、聖女の能力を行使できるエステルが呼ばれたのだ。 それから2年……王政を維持する為に表向きはメシアが守護方陣を展開していると発表され続け、エステルは誰にも知られない影の聖女として労働させられていた。 「メシアが能力開花をした。影でしかないお前はもう、用済みだ」 突然の解雇通知……エステルは反論を許されず、ろくな報酬を与えられず、宮殿から追い出されてしまった。 そんな時、知り合いになっていた隣国の王子が現れ、魔導国家へと招待することになる。エステルの能力は、魔法が盛んな隣国に於いても並ぶ者が居らず、彼女は英雄的な待遇を受けるのであった。
24hポイント 11,260pt
小説 197 位 / 87,379件 ファンタジー 66 位 / 24,938件
文字数 71,476 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.09.27
※『第13回ファンタジー小説大賞』参加中! 応援していただけると嬉しいです。 ▽ 「この淫売め! お前との婚約など破棄してやる!」  聖女候補のセルビアはある日いきなりあらぬ疑いをかけられ、王子との婚約を破棄されたうえ教会からも追放されてしまう。  王子はセルビアの才能を妬んだ他の聖女候補たちに騙され、セルビアのことを男好きの悪女だと思い込んでしまったのだ。  セルビアがいなくなれば魔神の封印が維持できない。  無能な他の聖女候補たちはそんなことには気づいてすらいないのだった。  居場所をなくしたセルビアは街をさまよい――そこで同じくSランクパーティを怪我によって追放された元最強の『剣神』ハルクと出会う。  セルビアがハルクの怪我をあっさり治したことをきっかけに二人は意気投合。  ふとハルクは提案してくる。 「どうせ戻る場所もないし、僕たち二人でパーティを組んでみない?」 「賛成です!」  こうして追放された二人はノリでパーティを組むことに。  この時の彼らはすっかり忘れていた。  その場にいるのが、王国最強の攻撃力を持つ『剣神』と、王国最高の支援能力を持つ『聖女』であることに。  理不尽に追放された二人は自由に旅をしながら、最強コンビとしてその名を大陸に轟かせていく。  ――その一方、次期聖女のセルビアを追い出した教会と、剣神ハルクを追い出したSランクパーティはどんどん落ちぶれていくのだった。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。とても励みになります! ※2020.6.11お陰様でHOTランキングに載ることができました。ご愛読感謝! ※2020.7.13リアル多忙につき感想はランダム返信とさせていただきますのでご了承を……! きちんとすべて読ませていただいておりますし、頑張る燃料になっています!
24hポイント 11,239pt
小説 198 位 / 87,379件 ファンタジー 67 位 / 24,938件
文字数 168,086 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.06.10
21
恋愛 連載中 長編 R15
意地悪な双子の姉に聖女迫害の罪をなすりつけられた伯爵令嬢リーゼロッテは、罰として追放同然の扱いを受け、偏屈な辺境伯ユリウスの家事使用人として過ごすことになる。 ユリウスに仕えた使用人は、十日もたずに次々と辞めさせられるという噂に、家族や婚約者に捨てられ他に行き場のない彼女は戦々恐々とするが……彼女を出迎えたのは自称当主の少年だった。 想像とは全く違う毎日にリーゼロッテは戸惑う。「なんだか大切にされていませんか……?」と。 ※毎日1〜2話更新。 ※全5章。現在5章掲載中。
24hポイント 9,096pt
小説 233 位 / 87,379件 恋愛 117 位 / 23,087件
文字数 336,006 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.08.17
22
恋愛 連載中 長編 R15
国を守護する聖女の力を宿すルイーゼ。 彼女の役割は、王国のそばにある魔窟の封印を維持すること。 しかし魔法技術が発達し、巷では「聖女はもはや不要」という風潮が浸透してきていた。 「なりません。結界を解けば魔物は力を取り戻し、国が崩壊します」 力強くそう説得していくが、彼女の言葉に耳を貸すものは次第に少なくなっていく。 そして彼女は、次期国王候補として人気取りに奔走するニック王子に利用されてしまう。 「聖女などもはや不要!(これで僕の支持率はうなぎ登り!)」 「わかりました。では一週間、祈りをやめます」 ※アルファポリス以外では連載していません。 ※ストレス展開多めですが、最後に主人公は報われます。 ※各話の後ろに付いている記号には、それぞれ以下の意味を含んでいます。 ※=残酷な描写あり。ご注意ください ◆=イラストあり
24hポイント 8,791pt
小説 237 位 / 87,379件 恋愛 119 位 / 23,087件
文字数 528,472 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.05.18
23
恋愛 完結 長編 R15
お馬鹿でワガママだけど、可愛いから何もかも許される妹とブスだけど、実力のある聖女の姉。 この双子はまさに正反対。本当に双子なのか?と疑うほど。 そんなある日、妹のルーシーが姉に強請った。 「ねぇ、お姉様─────────私に聖女の座をちょうだい?」 姉のノーラから、家族からの愛も婚約者も奪ったと言うのにルーシーは『まだ足りない』と言う。 姉のノーラは決心した。 聖女の座を妹に譲り、この国を去ろうと····。 ────────本物の聖女を失った国は愚者と踊る。 これはそんなお話。 ※息抜きで書いた作品なので、暖かい目で見て頂けると幸いです。 ※全体的に物語がサラッとしています。 ※hot&人気&恋愛ランキング1位ありがとうございます(2020/04/30) ※本編完結済み。時間がある時に番外編や後日談を更新したいと思っています。
24hポイント 8,662pt
小説 239 位 / 87,379件 恋愛 120 位 / 23,087件
文字数 136,659 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.04.29
24
ファンタジー 連載中 長編 R15
100年に1度現れると言われる聖女。 それに選ばれました。 普通に嫌ですよ…。私はモブでいたいんです。 前世の記憶がある聖女がモブのままでいようとする話です。 ゆる〜く更新していきます。
24hポイント 8,392pt
小説 244 位 / 87,379件 ファンタジー 81 位 / 24,938件
文字数 5,059 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.12.01
25
恋愛 連載中 長編
「メノン。君との婚約は破棄させてもらうよ」  私は婚約者に裏切られ、森に捨てられました。    食料も水も無い。絶望しながら彷徨っていたところ、滅びた村を発見。  そこにあった、石で作られた建物の中で、静かに祈りを捧げたところ……。   「貴様を――聖女とする」  どうやらそこは、神殿だったらしく、神様がいらっしゃいました。  そして、神託により、聖女となったようです。  さらに、ボディガードとして神獣も仲間に……。  ……この世界は腐っています。  力を手にした私は、世直しをすることに決めました。 ※設定は緩めです。ご了承ください。    
24hポイント 8,123pt
小説 251 位 / 87,379件 恋愛 125 位 / 23,087件
文字数 24,848 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.27
26
児童書・童話 完結 ショートショート
 悪女は処刑されました。  国は益々栄えました。  おめでとう。おめでとう。  おしまい。
24hポイント 7,668pt
小説 264 位 / 87,379件 児童書・童話 4 位 / 1,753件
文字数 837 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.11.26
27
恋愛 連載中 短編
婚約した聖女のグレースです。彼リアムと喧嘩して謝罪しに行ったら……
24hポイント 6,073pt
小説 314 位 / 87,379件 恋愛 156 位 / 23,087件
文字数 8,261 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.30
28
恋愛 完結 短編
わたし聖女見習いで商人の娘クララが浮気されて魔法使いのイケメンな彼フィンと別れた話です
24hポイント 5,652pt
小説 322 位 / 87,379件 恋愛 159 位 / 23,087件
文字数 10,374 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.26
29
恋愛 連載中 長編 R15
【表紙イラスト】しょうが様(https://www.pixiv.net/users/291264)  公爵令嬢アゼリアは、婚約者である王太子ヨーゼフに婚約破棄を突きつけられた。理由は聖女エルザと結婚するためだという。人々の視線が集まる夜会でやらかした王太子に、彼女は満面の笑みで婚約関係を解消した。  王太子殿下――あなたが選んだ聖女様の意味をご存知なの? 美しいアゼリアを手放したことで、国は傾いていくが、王太子はいつ己の失態に気づけるのか。自由に羽ばたくアゼリアは、魔王の溺愛の中で幸せを掴む!  頭のゆるい王太子をぎゃふんと言わせる「ざまぁ」展開ありの、ハッピーエンド。 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+
24hポイント 5,624pt
小説 325 位 / 87,379件 恋愛 162 位 / 23,087件
文字数 223,608 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.06.19
30
ファンタジー 連載中 長編 R15
私は、東の勇者パーティに所属する錬金術師イレーネ、この度、勇者パーティを追い出されました。 理由は、『 ポーションを作るしか能が無いから』だそうです。 実際は、ポーション以外にも色々作ってましたけど…… しかも、ポーションだって通常は液体を飲むタイプの物から、ポーションを魔力で包み丸薬タイプに改良したのは私。 (今の所、私しか作れない優れもの……なはず) 丸薬タイプのポーションは、魔力で包む際に圧縮もする為小粒で飲みやすく、持ち運びやすい利点つき。 なのに、使えないの一言で追い出されました。 他のパーティから『 うちに来ないか?』と誘われてる事実を彼らは知らない。 10月2日 転移アイテムの説明を修正致しました。 まだ、「分かりにくいよ」とのご意見があれば教えて下さい。また考えます(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈) 10月9日 間封じ→魔封じ 修正致しました。 ネタバレになりますが、イレーネは王女になります。前国王の娘で現国王の妹になります。王妹=王女です。よろしくお願いします。 10月30日 トーナメント戦の第1回戦、第2回戦の表記を 第1回戦 第1試合、第2試合に修正しました。 11月27日 引かれなかっか→引かれなかったか。修正させて頂きました。 投稿日 体調不良により、不定期更新。 申し訳有りませんが、よろしくお願いします(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)” お気に入り5500突破。 この作品を手に取って頂きありがとうございます(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)まだまだ未熟ではありますが、これからも楽しい時間を提供できるよう精進していきますので、よろしくお願い致します。 ※素人の作品ですので、暇つぶし程度に読んで頂ければ幸いです。
24hポイント 4,721pt
小説 372 位 / 87,379件 ファンタジー 119 位 / 24,938件
文字数 83,570 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.09.19
31
恋愛 完結 短編
キャロラインは、王宮でのパーティで婚約者のジークフリク王太子殿下から婚約破棄されてしまい、王宮から追放されてしまう。 キャロラインは、国境を1歩でも出れば、自身が張っていた結界が消えてしまうのだ。 結界が消えた王国はいかに?
24hポイント 4,176pt
小説 397 位 / 87,379件 恋愛 194 位 / 23,087件
文字数 6,353 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.03
「リーナ、もう殲滅してしまえ! で、あきらめて聖女になっちゃおう。リーナってチートなんだから」 お兄様、そんな事を言われても、私は普通の人と普通の恋をして普通の家庭をもちたいんです。 『水魔法の加護』がある事になっているけど本当は違うし、ゲームに関わらずにお兄様と一緒に逃げたいです。 異世界に転生したリーナは乳母に虐待されていたが『液体の加護』のおかげで生き延びた。 『隠蔽の加護』を手に入れて、加護を誤魔化したせいで公爵家の婚約者となり魔法学園に通う事となったが、そこで自称ヒロインと出会う。 この世界は乙女ゲームの世界でリーナはヒロインと婚約者の為に尽くす健気な側妃になるらしい。 さっさと婚約破棄されて、この国から逃げたいのに王子様の妙な事情にも巻き込まれてしまった。 これは前世で恋も愛も知らなかった女性が恋とか愛を見つける物語。 追加で世界を救うかもしれません。 ※意地悪乳母や侍女、ヒロインとその取り巻きもいるけど、いずれは転生兄弟とこっそり仕返し予定。
24hポイント 4,005pt
小説 406 位 / 87,379件 ファンタジー 131 位 / 24,938件
文字数 167,043 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.09.23
魔法剣士で万能の冒険者と呼ばれたラルスは、勇者のリヒトからパーティーを追放されてしまった。 幼馴染であり恋人だったコレットや装備品も奪われてしまい、一人で街を去っていく。 向かう先は、海と山に囲まれた静かな村。 そこでスローライフを過ごす予定だったが、同じく追放された聖女と出会うことで計画は大きく狂っていくこととなる。
24hポイント 3,402pt
小説 466 位 / 87,379件 ファンタジー 153 位 / 24,938件
文字数 202,393 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.07.11
34
恋愛 連載中 短編 R18
侯爵令嬢のフィーネは、八歳の年に父から義弟を紹介された。その瞬間、前世の記憶を思い出す。 どうやら自分が転生したのは、大好きだった『救国の聖女』というマンガの世界。 このままでは救国の聖女として召喚されたマンガのヒロインに、婚約者を奪われてしまう。 その事実に気付いたフィーネが、婚約破棄されないために奮闘する話。 タイトルがネタバレになっている疑惑ですが、深く考えずにお読みください。 ※小説家になろうでも掲載しています。
24hポイント 3,363pt
小説 471 位 / 87,379件 恋愛 224 位 / 23,087件
文字数 14,666 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.29
35
ファンタジー 連載中 長編
60歳になり、定年退職を迎えた斉木 拓未(さいき たくみ)は、ある日、自宅の居間から異世界の城に召喚される。魔王に脅かされる世界を救うため、同時に召喚された他の3人は、『勇者』『賢者』『聖女』。そしてタクミは『神』でした。しかし、ゲームもラノベもまったく知らないタクミは、訳がわからない。定年して老後の第二の人生を、若返って異世界で紡ぐことになるとは、思いもよらず。そんなお話です。
24hポイント 3,223pt
小説 493 位 / 87,379件 ファンタジー 161 位 / 24,938件
文字数 1,161,274 最終更新日 2020.07.05 登録日 2018.01.08
36
恋愛 連載中 長編 R15
「そんなみすぼらしい姿で伯爵夫人を名乗り続けるつもりか。恥を知れ、オディリア」  寝たきりだった義父の葬儀の夜、二十年間の介護から解放された妻に夫が与えた言葉はそれだった。  伯爵夫人オディリアは僅かな治癒能力と痛みを和らげる『緩和』などの能力を持つ。  貧しい男爵家の四女に生まれた彼女はその力を使い『安らぎの聖女』と呼ばれながら病院で働いていた。  しかし忙しいながらも患者に感謝され充実していた日々は数年で終わりを告げる。  レイモン伯爵家の当主である現夫ガスパールが強引で性急な手段でオディリアを妻にしたのだ。  無理やり処女を奪った後で求婚するという卑劣な方法で。  そこまでして彼女を妻に迎えたかったのは、一年前に落馬し全身不随になった父の介護の為だった。  治すことのできない痛みを日夜訴え続ける義父にオディリアは緩和の力で安らぎを与え続けた。  誰にも代わって貰う事の出来ないその仕事に彼女の二十年と若さは奪われた。  それでも義父から感謝の気持ちが伝わってきたからオディリアは耐えられたのだ。  けれど、彼の息子であるガスパールにはそのような気持ちなど一切なかった。  荷物をまとめて出て行けとオディリアに冷たく言い捨てたのだ。それが自らの破滅を招くとも知らずに。 
24hポイント 2,982pt
小説 517 位 / 87,379件 恋愛 247 位 / 23,087件
文字数 24,286 最終更新日 2020.11.18 登録日 2020.10.28
37
恋愛 連載中 短編
五歳にして前世の記憶に目覚めたライラ。 彼女は生前遊んでいた乙女ゲームの世界に転生していたことを知る。 役どころはヒロインの邪魔ばかりする悪役令嬢ポジション。 もちろん悪役にふさわしく、悲惨な末路が待ち構えている。 どうにかバッドエンドを回避しようと試行錯誤するが、何をやってもゲームの設定からは逃れられなかった。 かくなる上は、最終手段の神頼みしかない。 思いつめたライラは、毎日神殿に通い祈りを捧げ続けた。 ヒロインが登場するまであとわずか。 切羽詰まった彼女の身に、とんでもない奇跡が起きた。 一切魔力を持たなかった彼女に、突如膨大な魔力が宿ったのだ。 呆然とする彼女に、神殿から下された使命は「聖女として神様のお世話をすること」。 神殿の権力は強く、侯爵令嬢という高貴な身の上にも関わらず問答無用で神殿に住み込むことが決められた。 急激に変わり始める運命に、ライラは持ち前の度胸と能天気さで前向きに挑む。 神様と急ごしらえ聖女の、無自覚イチャイチャ恋愛劇。 ※しっくりこなかったのでタイトル変更しましたすみません
24hポイント 2,982pt
小説 517 位 / 87,379件 恋愛 247 位 / 23,087件
文字数 70,708 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.09.24
38
恋愛 連載中 短編 R15
近年いくつかの国で王族を含む高位貴族達による婚約破棄劇が横行していた。後にその国々は廃れ衰退していったが、婚約破棄劇は止まらない。これはとある国の現状を、第三者達からの目線で目撃された物語
24hポイント 2,940pt
小説 527 位 / 87,379件 恋愛 253 位 / 23,087件
文字数 25,990 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.10.16
「聖女ともあろう者が、嫉妬に狂って我が愛しのジュリエッタを虐めるとは!貴様の所業は畜生以外の何者でもない!お前との婚約を破棄した上で国外追放とする!!」 平民でありながらゴーストやレイスだけではなくリッチを一瞬で倒したり、どんな重傷も完治してしまうマルガレーテは、幼い頃に両親と引き離され聖女として教会に引き取られていた。 そんな彼女の魔力に目を付けた女教皇と国王夫妻はマルガレーテを国に縛り付ける為、王太子であるレオナルドの婚約者に据えて、「お妃教育をこなせ」「愚民どもより我等の病を治療しろ」「瘴気を祓え」「不死王を倒せ」という風にマルガレーテをこき使っていた。 そんなある日、レオナルドは居並ぶ貴族達の前で公爵令嬢のジュリエッタ(バスト100cm以上の爆乳・KかLカップ)を妃に迎え、マルガレーテに国外追放という死刑に等しい宣言をしてしまう。 「王太子殿下の仰せに従います」 (やっと・・・アホ共から解放される。私がやっていた事が若作りのヒステリー婆・・・ではなく女教皇と何の力もない修道女共に出来る訳ないのにね~。まぁ、この国がどうなってしまっても私には関係ないからどうでもいいや) 表面は淑女の仮面を被ってレオナルドの宣言を受け入れたマルガレーテは、さっさと国を出て行く。 今までの鬱憤を晴らすかのように、着の身着のままの旅をしているマルガレーテは、故郷である幻惑の樹海へと戻っている途中で【宮女狩り】というものに遭遇してしまい、大国の後宮へと入れられてしまった。 マルガレーテが悠々自適な側室ライフを楽しんでいる頃 聖女がいなくなった王国と教会は滅亡への道を辿っていた。
24hポイント 2,832pt
小説 545 位 / 87,379件 ファンタジー 171 位 / 24,938件
文字数 1,232 最終更新日 2020.11.16 登録日 2020.11.16
40
恋愛 完結 短編
城での王子の生誕祭を前に、学園では一足先に王子の生誕を祝おうと、パーティーが行われている。 休学していたはずの生徒も含め、学園に在籍するほぼ全ての生徒が既に揃っていた。 婚約者との不仲の噂が広がる中、事前に王子から、大事な話がある為、できる限り集まって欲しい旨通達があったからだ。 さて、その為に集まった生徒たちは今、会場の中心で向かい合う令嬢たちに目を向けている。 片方は毅然として、片方は狼狽ている。勝敗なら間違いなく前者に軍配が上がっている事だろう。 狼狽ている方の令嬢に、味方は既に居ない。 「さて、改めて伺いますが……何故貴女がこの場にいられるのですか?」 生徒たちが見守る中、貴族らしい綺麗な笑顔を浮かべた令嬢が問いかけた。
24hポイント 2,797pt
小説 550 位 / 87,379件 恋愛 265 位 / 23,087件
文字数 16,306 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.12.02
981 12345