身分差小説一覧

タグ 身分差×
576 12345
1
恋愛 完結 長編
男性不信のマリーは、祈りながら機織りをすると精霊の力が布に宿る【織姫】と呼ばれる職人だった。 しかし借金をかたに大嫌いな幼馴染に春を売るよう強制されて困っていた時に、街でシュトレイン伯爵にある提案を持ちかけられる。 皇太子の婚約者である妹マリアが結婚を嫌がって逃亡したので、そっくりなマリーに身代わりになって婚約破棄されてほしいというのだ。 もしマリアが逃げ出したことが知られたら伯爵家は没落し一族皆処刑になるかもしれないと頼み込まれ、マリーは困っている彼らを放っておけず、マリアとして別人の人生を生きていくことに。 しかしパーティでマリアの振りをして皇太子に会った時、彼が自分の初恋の相手のカルロだと気付いた。 だが彼は以前とはまったく別人のように冷たくなっていた。 何やら事情があるようだがマリーは婚約を解消しなければならない。それなのにどんどん彼に惹かれてしまう。 実はカルロの初恋はマリーなのだが、それを見た目がそっくりなマリアと勘違いしていたのだ。 さらにマリーもカルロが本当にマリアを愛してるのだと誤解してしまう。 マリーは身近な人達の悩みを魔法のドレスで解決しながら、悪女マリアの振りをして皇太子カルロと婚約破棄しようと画策するものの、彼に正体がバレて溺愛されてしまう(マリーはそのことに気づいていない)そんなお話。
24hポイント 40,462pt
小説 54 位 / 148,828件 恋愛 40 位 / 46,927件
文字数 138,450 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.05
2
恋愛 連載中 長編 R15
「アルヴィナ、君との婚約は解消するよ。君の妹と結婚する」 両親から冷遇され、多すぎる仕事・睡眠不足・いわれのない悪評etc.に悩まされていた王女アルヴィナは、さらに婚約破棄まで受けてしまう。 そんな心身ともボロボロの彼女が出会ったのは、和平交渉のため訪れていた10歳上の敵国将軍・イーリアス。 一見冷徹な強面に見えたイーリアスだったが、彼女の置かれている境遇が酷すぎると強く憤る。 そして彼が、アルヴィナにした提案は──── 「恐れながら王女殿下。私と結婚しませんか?」 勢いで始まった結婚生活は、ゆっくり確実にアルヴィナの心と身体を癒していく。 ●『王子、婚約破棄したのは~』と同じシリーズ第4弾。『小説家になろう』で先行して掲載。
24hポイント 25,271pt
小説 97 位 / 148,828件 恋愛 65 位 / 46,927件
文字数 35,880 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.08.06
3
恋愛 連載中 長編 R15
結婚して七年……侯爵夫人のイリファスカは、研究者として活躍する壮年の夫セルヴェンから『見向きもされない妻』として、社交場や領地内で有名であった。 若き頃から彼の代わりに執務を実直にこなしていたイリファスカだが、巷では『セルヴェンは同じ研究に参加している若い部下に惚れ込み、その女性を正妻に迎えようと画策している』という噂が広まっているらしい。 ”どれだけ努力しても報われないのなら、いっそ夫人の席を明け渡してしまおうか……” そう塞ぎ込むイリファスカの心をさらに蝕むかのように、悪い展開は続いてゆく――。 ◇◇◇ いつもたくさんのご感想をありがとうございます。 皆様の快適な読書環境づくりのため、感想欄では攻撃的なコメント・読者様同士のやり取りとなるコメントは非公開選択とさせていただきますので、ご了承ください。
24hポイント 19,486pt
小説 121 位 / 148,828件 恋愛 75 位 / 46,927件
文字数 110,114 最終更新日 2022.08.05 登録日 2022.05.27
4
恋愛 完結 長編 R15
「君のためなんだ」  直属の上司はそう言って、カトレアが提案したアイディアを横取りしていた。  パワハラに耐えかねたカトレアは、初めて上司に反論したことによって、ついには王宮から解雇される。  組織や上司のしがらみから解放され、自由に生きようと決めたカトレア。  そんな彼女の前に現れたのは、隣国の王子シャヒルだった。王子という身分でありながら、プロ顔負けの料理人でもある彼は、カトレアが作った自作の魔導具を見て感動し、自分の国に来てほしいとスカウトする。  一方、カトレアが去った後、王宮では大問題が起こっていた……。    自動的にお米を炊ける魔導炊飯釜、水と空気を逃がさない不思議な布、ケーキ作りが楽になる魔導攪拌器。やがて大好きな魔導具開発を思いっきりやれて幸せなカトレアの魔導具と、それを使いこなし最高の時短レシピを作るシャヒルの料理は、いずれ世界が驚嘆することに。  時短で余った時間は、甘々ともふもふに? 作って、おいしい異世界時短レシピの開幕。
24hポイント 19,260pt
小説 126 位 / 148,828件 恋愛 78 位 / 46,927件
文字数 162,239 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.07.29
5
恋愛 完結 短編
宮廷魔導具師として働くフレア・ロースター。彼女は最年少で宮廷入りした期待の新人だった。物作りが大好きな彼女は宮廷という最高の環境ができることに歓喜する。しかし、四年経った現在、彼女は激務に追われていた。 通常の五倍以上の仕事を一人で任され、毎日残業、休日出勤は当たり前。それでもなんと頑張っていたものの、ある日突然婚約者から婚約破棄を言い渡されてしまう。唯一の支えすら失った彼女はショックを受け、トボトボと深夜の宮廷を歩く。 すると道中、思わぬ人物と出会う。 これは無自覚な天才魔導具師が王子と出会い、その力で多くの奇跡を起こす物語。そして彼女自身の幸せを掴むお話である。 小説家になろうでも連載中!
24hポイント 9,861pt
小説 215 位 / 148,828件 恋愛 120 位 / 46,927件
文字数 44,306 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.08.04
6
恋愛 完結 短編 R18
貧乏令嬢フローラが行儀見習いとして王宮に上がったのは、婚活のため。しかし配属されたのは寂れた離宮だった。これでは婚活に支障が……と思ったのもつかの間、そこにいた小さな王女に運命を感じて、全身全霊でお仕えすることに。 お仕えする姫に夢中で婚活進捗ゼロの貧乏令嬢が、美しく成長した姫に流されて百合エッチするかと思ったら大変なことになるお話。 ※8割ほど百合百合しいですがタグの通りです。こういうのが好きすぎてごめんなさい! *小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 6,723pt
小説 294 位 / 148,828件 恋愛 149 位 / 46,927件
文字数 12,978 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
7
恋愛 連載中 長編
17歳の私リリス・ウィンザーは、悪役令嬢役が得意な役者。 だけど、同じ劇団の女優に襲われ大怪我を負ったのに 「彼女がリリスを襲ったのは、悪役令嬢のように彼女をいじめていたからだ」 というデマを流されて、劇団を追放されてしまう。 無職になった私は、なぜか私と瓜二つの侯爵令嬢マレーナ様と出会い、婚約者を毛嫌いする彼女のために、彼女の替え玉になることに。 婚約者は同い年の17歳、大公国の王子様(大公子)。あとつぎじゃなくても将来は約束されている。あと性格もいい。なんの不満があるのやら……。 そんな疑問を持ちながらマレーナ様を演じたところ、何を間違えたのか相手のギアン様にベタ惚れされてしまった! さらに身代わり役をずっと続けることになり、ギアン様からめちゃめちゃ愛されているんですが、マレーナ様これで本当にいいんですか!? ●『王子、婚約破棄したのは~』『セクハラ貴族にビンタしたら~』と同じ国の話(時系列的には『セクハラ貴族~』と同じぐらい)。 ●「小説家になろう」の方で先行して掲載。
24hポイント 2,386pt
小説 756 位 / 148,828件 恋愛 361 位 / 46,927件
文字数 157,167 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.04.29
8
恋愛 完結 長編 R18
ロンバルディ王国に住まうヴェルディアナは名ばかりの伯爵家バッリスタ家の令嬢。 そんなヴェルディアナは十五歳のある日、両親によって婚約の話を告げられる。相手は名門侯爵家の嫡男であるリベラトーレ・カザーレ。丁寧でとても優しく、ヴェルディアナのことをとても大切に扱ってくれる。まさに、理想の男性。……年齢以外は。 そう、リベラトーレの年齢は八歳。ヴェルディアナよりも七つも年下だったのだ。 「リベラトーレ様だって、こんな年上の妻絶対に嫌になるわ」 ヴェルディアナはそう考え、リベラトーレに対し「貴方は年下すぎるから婚約を解消したい」と告げる。さらに、それから数日後バッリスタ家は没落してしまい、発表前だったヴェルディアナとリベラトーレの婚約はなかったことになった。 それから十年後。平凡な街娘として暮らしていたヴェルディアナは、ある日突然呪われてしまう。しかも、呪いの効力は「異性に触れられると激痛が走る」という厄介なもの。一体だれが呪ったのかは知らないが、このままだと婚姻することが出来ない……! そう思い危機感を抱いたヴェルディアナの前に現れたのは、十八歳の美丈夫に成長したリベラトーレ。彼は王国をも認める優秀な魔法使いの一人になっており、ヴェルディアナに対し一つの真実を告げた。 「その呪い、俺がかけました」 と。挙句の果てにこの呪いはリベラトーレの意思でしか解くことが出来ないらしい。そして、呪いを解く条件として「婚姻して添い遂げる誓いをすること」を提示された。 「俺を捨てたこと、絶対に後悔させてやる」 「俺はヴェルディアナ以外の女なんて、みんな同じに見えるのに」 リベラトーレの側にいれば、呪いの効力は弱まる。そのため、カザーレ侯爵家で侍女として働くことになったのだけれど……この年下男子、滅茶苦茶執着心が強くないですか!? 挙句の果てに、淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。 ♢Hotランキング 最高11位 ※ヒーローは初期はショタですが、Rシーンがあるのは成長してからです。 ※エブリスタ、ムーンライトノベルズにも掲載中。 ※以前掲載していたものをR18に変更し、再掲載しております。 ※【ロンバルディ王国の魔法使い(シュタイン)】シリーズの第1弾です。基本的にヒーローは執着気質のヤンデレオンリー。
24hポイント 2,380pt
小説 759 位 / 148,828件 恋愛 363 位 / 46,927件
文字数 100,688 最終更新日 2022.08.09 登録日 2021.12.21
9
恋愛 完結 ショートショート R18
寒空の下、私は歩き続けていた。 お父様が亡くなった後、継母は連れ子になんと家督や権威を全て移し、私を追放したからだ。 父親の叔父はこの国の国王で私はその息子の一人娘だった。 父親が再婚で妻にした人に家を乗っ取られた私は叔父の国王に1人助けを求めに行く。 しかし、そこにおじの姿はなく、代わりに父親の弟の夫婦の子供が王位を継いでいて?
24hポイント 2,232pt
小説 793 位 / 148,828件 恋愛 384 位 / 46,927件
文字数 12,486 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.08.11
10
BL 完結 短編
 日本から異世界に落っこちた流星。  その時に助けてくれた美丈夫に、三年間片思いをしていた。  学園の卒業を目前に控え、商会を営む両親に頼み込み、婚活パーティーを開いてもらうことを決意した。  二十八でも独身のシュヴァリエ様に会うためだ。  お話出来るだけでも満足だと思っていたのに、カップル希望に流星の名前を書いてくれていて……!?  公爵家の嫡男であるシュヴァリエ様との身分差に悩む流星。  一方、シュヴァリエは、生涯独り身だと幼い頃より結婚は諦めていた。  大商会の美人で有名な息子であり、密かな想い人からのアプローチに、戸惑いの連続。  公爵夫人の座が欲しくて擦り寄って来ていると思っていたが、会話が噛み合わない。  天然なのだと思っていたが、なにかがおかしいと気付く。  容姿にコンプレックスを持つ人々が、異世界人に愛される物語。  女性は三割に満たない世界。  同性婚が当たり前。  美人な異世界人は妊娠できます。  ご都合主義。
24hポイント 2,137pt
小説 828 位 / 148,828件 BL 166 位 / 17,122件
文字数 155,857 最終更新日 2022.06.02 登録日 2022.04.02
11
恋愛 連載中 長編
【私の好きな人が婚約者に捨てられそうなので全力で阻止させて頂きます】 入学式で困っている私を助けてくれた学生に恋をしてしまった私。けれど彼には子供の頃から決められていた婚約者がいる人だった。彼は婚約者の事を一途に思っているのに、相手の女性は別の男性に恋している。好きな人が婚約者に捨てられそうなので、全力で阻止する事を心に決めたー。 ※ 他サイトでも投稿中
24hポイント 1,641pt
小説 1,080 位 / 148,828件 恋愛 528 位 / 46,927件
文字数 244,788 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.01.03
12
恋愛 連載中 短編 R18
ノース王国に住まう伯爵令嬢ティンカはある日国王の九番目の側室になるようにと父から命令された。 しかし、現国王は女癖が悪く、大の女性好き。そんな人の側室になんてまっぴらごめん! そう思ったティンカは、公爵である友人アドルファスに相談する。 そうしたら、アドルファスはなんとティンカにプロポーズしてきて……!? ◆hotランキング33位になりました。ありがとうございます! ◇ノース王国 王家絡みの三部作 第一章 ◆ムーンライトノベルズにも掲載中。 ◆完結まで執筆済み
24hポイント 1,604pt
小説 1,100 位 / 148,828件 恋愛 539 位 / 46,927件
文字数 19,484 最終更新日 2022.06.23 登録日 2022.04.24
13
恋愛 連載中 長編 R18
ラルエット王国に住まう伯爵令嬢リゼットは困っていた。 というのも、ここ数年領地の農作が不作であり、実家のお金が貯えが尽きてしまったのだ。 このままでは六人の弟妹たちが苦しむ羽目に陥ってしまう。それだけは、絶対に避けたい。 そう思い、何とかしてお金を稼げないかと模索するリゼットの元にやってきたのは、名門伯爵家の令息ジョフロワだった。 彼は何を思ったのかリゼットに対し「ライバルである宮廷魔法使いの弱みを握ってきてくれ」と言ってくる。ちなみに、弱みを握る方法はハニートラップだと。そして、成功報酬は多額の現金。 確かに容姿だけは妖艶な美女であるリゼットにその役割はぴったりかもしれない。 それに、このまま足踏みし続けるのは嫌だ。 そんな風に思い、リゼットは了承。夜会でターゲットであるアンリ・ミストラル公爵に接触を図るのだが……。 狙った獲物は絶対に逃がさないふわふわ肉食系公爵兼魔法使い×妖艶な容姿なのに初心すぎる伯爵家の大黒柱の令嬢。 取って食われたハニートラップから始まるお話。 ―― ◆掲載先→アルファポリス(先行)、ムーンライトノベルズ ◆手元に書きかけで眠っていたお話を加筆修正しながら掲載しております。 ◆『ラ・トゥール』伯爵家シリーズ第1弾、長女編です。
24hポイント 1,590pt
小説 1,108 位 / 148,828件 恋愛 543 位 / 46,927件
文字数 4,822 最終更新日 2022.07.23 登録日 2022.07.22
14
恋愛 完結 ショートショート
ヴィオレッタはとある理由で、侯爵令息のフランツと婚約した。 しかし、そのフランツは従姉である子爵令嬢アメリアの事ばかり優遇し優先する。 アメリアもまたフランツがまるで自分の婚約者のように振る舞っていた。 目的のために婚約だったので、特別ヴィオレッタは気にしていなかったが、アメリアにも婚約者がいるので、そちらに睨まれないために窘めると、それから関係が悪化。 フランツは、アメリアとの関係について口をだすヴィオレッタを疎ましく思い、アメリアは気に食わない婚約者の事を口に出すヴィオレッタを嫌い、ことあるごとにフランツとの関係にマウントをとって来る。 そんな二人に辟易としながら過ごした一年後、そこで二人は盛大にやらかしてくれた。
24hポイント 1,512pt
小説 1,151 位 / 148,828件 恋愛 575 位 / 46,927件
文字数 17,598 最終更新日 2021.06.14 登録日 2021.06.12
主人公レベッカは、幼いころから母親に冷たく当たられ、家庭内の雑務を全て押し付けられてきた。 他の姉妹たちとは明らかに違う、奴隷のような扱いを受けても、いつか母親が自分を愛してくれると信じ、出来得る限りの努力を続けてきたレベッカだったが、16歳の誕生日に突然、公爵の館に奉公に行けと命じられる。 それは『家を出て行け』と言われているのと同じであり、レベッカはショックを受ける。しかし、奉公先の人々は皆優しく、主であるハーヴィン公爵はとても美しい人で、レベッカは彼にとても気に入られる。 友達もでき、忙しいながらも幸せな毎日を送るレベッカ。そんなある日のこと、妹のキャリーがいきなり公爵の館を訪れた。……キャリーは、レベッカに支払われた給料を回収しに来たのだ。 レベッカは、金銭に対する執着などなかったが、あまりにも身勝手で悪辣なキャリーに怒り、彼女を追い返す。それをきっかけに、公爵家の人々も巻き込む形で、レベッカと実家の姉妹たちは争うことになる。 そして、姉妹たちがそれぞれ悪行の報いを受けた後。 レベッカはとうとう、母親と直接対峙するのだった……
24hポイント 1,448pt
小説 1,195 位 / 148,828件 ファンタジー 280 位 / 35,453件
文字数 185,603 最終更新日 2022.05.07 登録日 2021.10.23
16
恋愛 完結 短編 R18
ノース王国に住まうクリスタは現国王の五番目の側室である。絶世の美貌を見初められ、側室になったクリスタだが、彼女の王宮での呼び名は「呪われた側室」という不名誉なもの。 それは、国王がクリスタの元を訪れようとすると、必ずと言っていいほど体調を崩したからだ。しかも、そんな日々が続くにつれ国王はクリスタに興味を失い、彼女をボロボロの離宮に閉じ込めてしまう。そのため、クリスタは側室でありながらも処女だった。 そんなクリスタの心の支えは、離宮で扉越しに声をかけてくれる「エル」と言う名の騎士の存在。エルは低い声の持ち主であり、二十二歳のクリスタよりも十歳年上の三十二歳らしい。 いつしかエルに淡い恋心を抱くようになったクリスタだが、とある転機が訪れる。それは――国王が閨で愛人に殺されたという知らせ。 これで自分はここから解放される。が、それはエルとの別れも示していた。 せめて、最後に彼の顔を見てお礼が言いたい。そう思っていたクリスタが離宮を出ていく日。クリスタの前に突如現れたのは――美しくもたくましい年上の男性。 そして、彼はクリスタに話しかけていた騎士は自分であり、役職は王立騎士団の団長だという。さらには彼、エルンストはクリスタを娶りたいと言ってきて――……!? 初恋を拗らせ続けた騎士団長(32)と呪われた側室と呼ばれ続けた令嬢(22)の甘くて淫らな婚姻譚。 ◆hotランキング7位ありがとうございます……! ◇ノース王国 王家絡みの三部作 第二章 ―― ◆掲載先→アルファポリス、ムーンライトノベルズ、エブリスタ
24hポイント 1,398pt
小説 1,230 位 / 148,828件 恋愛 622 位 / 46,927件
文字数 41,611 最終更新日 2022.06.17 登録日 2022.04.30
17
恋愛 完結 ショートショート R18
その日、伯爵令嬢コーデリアは困惑した。 何故ならば、クールで寡黙、口数の少ない騎士団長(婚約者)の本性というか本音を知ってしまったから。 『あぁ、今日もコーデリアは可愛らしいな。今すぐにでも押し倒して抱きつぶしたい!』 婚約者の本音を知ることが出来るという魔道具を手に入れた伯爵令嬢が、口数の少ない婚約者の本性(※かなりの変態)を知ってしまい、最終的に襲われてしまうお話。 ◆hotランキング 55位になりました! ありがとうございます! ―― ※約8000文字のショートショートです。前編中編後編の3話構成(完結まで予約しております) ※掲載先→アルファポリス、ムーンライトノベルズ
24hポイント 1,377pt
小説 1,249 位 / 148,828件 恋愛 634 位 / 46,927件
文字数 7,694 最終更新日 2022.05.29 登録日 2022.05.29
18
恋愛 完結 短編
私のこの力は秘密にすべき力。 だから落ちこぼれのフリでもなんでもしてやり過ごそうと決めたのに─── 平民でありながら、何故か魔力量が多かったフィーリーは、 特別に魔術学院へ入学する事になる。 そこで、出会ったのは侯爵家の令息でもあり、未来の大魔術師となるべくして育って来たルシアン。 膨大な魔力量以外にも“規格外”の力を持っているフィーリーは、それを隠して“落ちこぼれ”として過ごしていたけれど、彼はそこに納得せずフィーリーを何かとライバル視して困らせて来るちょっと厄介な人だった。 そんな(平凡?)な学院生活を送っていたフィーリー達の元に、 ある日、希少な“光属性”の使い手である男爵令嬢が編入して来た。 光属性の使い手だろうと自分とは関係無い。私は地味に過ごすだけ。 そう思っていたフィーリーだったけれど、 しかし、そんな男爵令嬢の登場から、学院内では“婚約破棄”が流行し、王子を始めとした学院の生徒達の様子がおかしくなっていく…… そして、その魔の手は自分とルシアンにも──── ※ふんわりした魔法設定の世界です
24hポイント 1,350pt
小説 1,269 位 / 148,828件 恋愛 645 位 / 46,927件
文字数 71,188 最終更新日 2022.05.11 登録日 2022.04.25
19
恋愛 連載中 長編 R15
 ちょっとした大きさのほ商会の娘のサラータには、懐かしい思い出の中に大切な幼馴染がいる。  その子の名はルシー。下級貴族の産まれで町外れの屋敷に住んでいた。  サラータとルシーは七歳になるまで毎日一緒に遊び、本当の姉妹の様に幼少期を過ごしていたが、ある日、ルシーが父方の実家高位貴族の家に引き取られて行ってしまう。  離れ離れになったサラータとルシーだが、その日からずっと二人の手紙でのやり取りが成人した今も続いている。  ある日サラータは大好きなルシーの結婚式の招待状を貰った。  驚きと喜びで、久しぶりにルシーに会えるサラータは舞い上がる。ルシーに誘われるままに、言われるがままにやってみれば、あれ?なぜだろうか…サラータの隣には見た事もない様な紳士が立っていて、ルシーを会場へとエスコートしようとしていた。  サラータは出会いを求めて出席した訳ではなく、ルシーを心から祝福したくて王都に来たはずなのに……  久々に会ったルシーはどこへ?
24hポイント 1,272pt
小説 1,336 位 / 148,828件 恋愛 680 位 / 46,927件
文字数 58,222 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.07.27
20
恋愛 連載中 短編 R18
《簡単なあらすじ》 新婚夫婦がただひたすらいちゃらぶするだけのほのぼのラブ ―― アルドリッジ王国に住まう十八歳の伯爵令嬢ミレーラは代々騎士団長を務める家系ペイロ家の令嬢。 しかし、ミレーラは生まれた時から病弱であり挙句に一人娘。母はミレーラを産むとほぼ同時に亡くなってしまっていた。 妻だけを愛していたペイロ伯爵は、再婚を拒否。かといって、大切な一人娘の身体に負担をかけたくない。そう思った伯爵は、ミレーラの夫を次期騎士団長にすることに決めた。 その後、ミレーラの夫に選ばれたのは……騎士団唯一の平民出身の騎士、アドルフィト。 彼は騎士団の中では「成り上がり」と呼ばれており、あまり好待遇ではなかった。しかし、その実力だけは確かなものだったのだ。 片方は自身の立場をいいものにするため。もう片方は、伝統を守るため。政略的な婚約をしたミレーラとアドルフィト。 そして、挙式で初めて自身の夫と対面することになったミレーラは……とにかく動揺した。何故ならば、自身の夫はとにかく堅物で仕事にしか興味がない人間だと聞かされていたから。 だけれど――? 「どうして、どうしてこんなにも甘々なんですか!?」 成り上がりの次期騎士団長は、新妻に一目惚れした……らしい、です!? ―― ◆hotランキング19位になりました。 ◆掲載先→アルファポリス、ムーンライトノベルズ ◆こんなご時世だからと、とにかくほのぼのするお話です。短編連作の方式を取っております。
24hポイント 1,272pt
小説 1,336 位 / 148,828件 恋愛 680 位 / 46,927件
文字数 74,975 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.03.02
21
ファンタジー 連載中 長編 R15
ブラック企業に勤めてたのがいつの間にか死んでたっぽい。気がつくと異世界の伯爵令嬢(第五子で三女)に転生していた。前世働き過ぎだったから今世はニートになろう、そう決めた私ことマリアージュ・キャンディの奮闘記。 ※この小説はフィクションです。実在の国や人物、団体などとは関係ありません。 ※2020-01-16より執筆開始。
24hポイント 1,263pt
小説 1,346 位 / 148,828件 ファンタジー 310 位 / 35,453件
文字数 1,493,693 最終更新日 2022.07.25 登録日 2020.03.11
22
BL 完結 長編 R18
地獄の長である獄主に、何故か溺愛されてしまった34歳おっさんのお話 死んで地獄に行きついた霧谷聡一朗(34)は、地獄の長である獄主の花嫁候補に選ばれてしまう 候補に選ばれる条件は一つ「罪深いこと」 候補者10人全員が極悪人の中、聡一朗だけは罪の匂いがしないと獄主から見放されてしまう 見放されたことを良いことに、聡一朗は滅多に味わえない地獄ライフを満喫しようとするが……? 冷酷無表情の美形×34歳お人好し天然オジサン 笑ったことのない程の冷酷な獄主が、無自覚お人良しの聡一朗をあの手この手で溺愛するストーリーです。 コメディ要素多めですが、シリアスも有り ※完結しました 後日談を含め、続編等考え中です
24hポイント 1,187pt
小説 1,424 位 / 148,828件 BL 269 位 / 17,122件
文字数 174,356 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.05.16
23
恋愛 連載中 長編 R18
――転生したら、マフィアの跡取り息子の専属護衛でした。 二十一歳の誕生日に交通事故に遭った朝霧 月(あさぎり つき)は次に目が覚めると、よく分からない場所にいた。自身の側にいるのは、月のことを心配そうに見つめる一人の美貌の青年。 青年は月のことを「リシェル」と呼び、心配そうに声をかけてきた。 どうにも月は死んでしまい、異世界に転生してしまったらしい。 だが、リシェルとしての記憶がないため、どうすることもできない。そんなことを思っていれば、青年はリシェルが「刺されたショックで記憶がなくなってしまった」と判断したらしく、眠っていた原因を教えてくれる。 「リシェルは俺を庇って敵対するマフィアの構成員に刺されたんだ」 その言葉に驚く月。どうやらリシェルはこの青年――グレンの護衛らしい。 ついでにいえば、グレンはマフィアが管理するハリディ王国の三大マフィアの一つ、アークライトの跡継ぎらしくて……? 「き、危険すぎない……?」 こんな場所にはいたくない! そう思うリシェルこと月だったが、グレンはリシェルのことが好きすぎるらしく、これっぽっちも逃がしてくれない。 「俺は、リシェルさえいればいいよ」 ヤンデレ気味のマフィアの跡取り息子に愛されて、逃げることが出来そうにないんですけれど!? ◆hotランキング 77位ありがとうございます…! ―― ◆掲載先→アルファポリス、ムーンライトノベルズ、小説家になろう(全年齢版) ◆思い付きで始めたお話です。更新は気ままにマイペースに。
24hポイント 880pt
小説 1,848 位 / 148,828件 恋愛 914 位 / 46,927件
文字数 7,171 最終更新日 2022.07.10 登録日 2022.07.09
24
恋愛 完結 短編 R15
ユレグナー子爵家の長女であるティアナは、 義母と義妹のアイリスに虐げられた生活を送っていた。 父も自分には無関心で、表舞台に出たのは3年前の社交界デビューの時だけ。 そんなある日、ユレグナー子爵家に公爵様が求婚にやって来ると言う。 「美形で性格も紳士的で誠実って噂だったけど、女性を見る目だけは無かったようね」 見た目だけは可愛い義妹のアイリスに騙されるなんて…… そう思っていたティアナだったけど、 何故か公爵様の求婚の相手は……まさかの、私!? ……だけど、話を聞いてみるとこの求婚にはどうやら事情があって、公爵様は仮の婚約者を求めていたらしい。 「なるほど! だから、私だったのね!」 3年前に一目惚れした令嬢にやっとの思いで求婚しに来たのに誤解された(ポンコツ)公爵様と、 育った環境のせいで自分が愛されてるとは思いもしない勘違い令嬢のお話。
24hポイント 738pt
小説 2,189 位 / 148,828件 恋愛 1,097 位 / 46,927件
文字数 85,489 最終更新日 2021.05.25 登録日 2021.04.29
25
恋愛 完結 長編
 婚約者クロシュラに突如として婚約破棄を告げられたダイナ。悲しみに暮れるダイナは手持ちの靴とドレスを全て焼き払い、単身国家の中心地である神都を目指す。どうにか手にしたカフェ店員としての職、小さな住まい。慎ましやかな生活を送るダイナの元に、ある日一風変わった客人が現れる。  紫紺の髪の、無表情で偉そうな客。それがその客人の第一印象。  さくっと読める異世界ラブストーリー☆★ ※ネタバレありの感想を一部そのまま公開してしまったため、本文未読の方は閲覧ご注意ください。申し訳ありません ※2022.5.7完結♪同日HOT女性向け1位、恋愛2位ありがとうございます♪
24hポイント 724pt
小説 2,235 位 / 148,828件 恋愛 1,118 位 / 46,927件
文字数 55,221 最終更新日 2022.05.07 登録日 2022.04.28
26
BL 連載中 長編
国境沿いの森に暮らす薬師の青年セラシェルは嵐の日に傷だらけで倒れていた少年ヴィラを助ける。互いに秘密を抱えながらも家族として絆を育んでいく二人。 けれど、ある日ヴィラは姿を消し、その三年後に隣国ルミナーレの王として現れた。城に迎えたいという提案をセラシェルは何故か断って……? 依存に近い執着を寄せる王子×ある秘密を抱える平凡薬師 ⚠︎この世界では男性同士の結婚が可能で、子供も出来ます。ですが、異性間で恋愛する人の方が圧倒的に多く、男性同士では妊娠する確率も非常に低くなってしまいます。 その為、側室としての政略結婚などや本気の恋愛婚を除いてあまり浸透してはいません。 ※加護持ち等の独自設定あり ※残酷な描写あり ※17話から「」がソレイユ語『』がルミナーレ語です
24hポイント 718pt
小説 2,249 位 / 148,828件 BL 466 位 / 17,122件
文字数 126,134 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.05.13
27
BL 連載中 長編 R18
陰者… 男女問わず、妊娠することができる。非常に希少な人種。数ヶ月に一度の発情期があり、非力なことが多いため社会的地位が低い。 陽者… 男女問わず、陰者を妊娠させることが出来る。陰者の次に希少で、生まれ持って非常に優秀な人材が多い。王族の家系等は陽者が多い。 ルドア王国の王宮で下人をしていた陰者のエディは、戦でリワーフ帝国の捕虜になってしまう。 牢獄で過ごしていると、突然皇帝の元へ出されてしまう。 陰者ということがバレたか、はたまた何かの疑いが掛けられたのかと思いきや… 突然の客人扱いや、皇帝の私物発言。 姉の忘れ形見である姉の息子であるデニスを守るため、陰者ということを隠して従うことになったのだが、既に陰者ということがバレていた。 怯えるエディに皇帝は全て知っていたと話し、エディを自分のものにしたいと話す。 陽者である皇帝の近くで働くのは心配があったエディだが、傍務めをしていくうちに皇帝とも打ち解け、彼の愛情に絆されてデニスと3人で過ごす生活を幸せだと思っていたが…
24hポイント 702pt
小説 2,306 位 / 148,828件 BL 477 位 / 17,122件
文字数 67,864 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.04.07
28
恋愛 完結 短編
───あなたには忘れられない人がいる。だから私はー…… 厳しい入学試験を突破したエリートだけが入学出来る王立学校に通っている、元・男爵令嬢で平民のマリエール。 この学校を首席で卒業すると、陛下から一つだけ何でも願い事を叶えてもらえるという夢のようなご褒美がある。 そんな褒美の為に、首席卒業を目指すマリエールの最大のライバルは公爵令息のルカス。 彼とは常に首位争いをする関係だった。 そんなルカスに密かに恋心を抱くマリエール。 だけどこの恋は絶対に叶わない事を知っている。 ────ルカスには、忘れられない人がいるから。 だから、マリエールは今日も、首席卒業目指して勉強に励む。 たった一つの願いを叶えてもらう為に───
24hポイント 702pt
小説 2,306 位 / 148,828件 恋愛 1,151 位 / 46,927件
文字数 36,593 最終更新日 2021.05.01 登録日 2021.04.19
29
BL 連載中 長編 R18
 シエル・クラウザーはとある事情から、大貴族の主催するパーティーに出席していた。とはいえ、歴史ある貴族や有名な豪商ばかりのパーティーはただの平民にすぎないシエルにとって居心地が悪く、会場の隅で気配を消していた。すると、ふいに視界に見覚えのある顔が見えた。 (……あれは……アステオ公子?)  それはシエルが通う学園の、鼻持ちならないクラスメイトだった。普段はシエルが学園で数少ない平民であることを馬鹿にしてくるやつだが、何だか今日は様子がおかしくて………? (………具合が、悪いのか?)  見かねて手を貸したシエル。すると翌日から、その大貴族がなにかと付きまとってくるようになってーー。 魔法の得意な平民×ツンデレ貴族
24hポイント 654pt
小説 2,456 位 / 148,828件 BL 516 位 / 17,122件
文字数 3,127 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.06.25
30
恋愛 完結 長編 R15
父親の借金のせいでものすごく貧乏な伯爵令嬢、貴族学院3年のアンネリカ・フローレス。そんな彼女には密かに思いを寄せている男性がいる。それは、同級生の公爵令息のディラン・ファイザバードだ。 彼には最愛の恋人、公爵令嬢のカサンドラ・キャンベルがいる。でもカサンドラ、実は王太子との婚約が決まっており、貴族学院を卒業するとともに、王太子と結婚するとのこと。 そして最近、ディランとカサンドラが付き合っているのではないかという噂によって、王太子が警戒しているとの事。 「俺は学院を卒業後、カサンドラと2人で隣国に駆け落ちをする。それまでの間、誰か俺の恋人役をやってくれる令嬢はいないだろうか?」 王太子の目を欺く為、嘘の恋人を募集しているらしいのだ。その話を聞いたアンネリカ。 「はい、私が恋人役やります!」 「それじゃあ、卒業するまでの1年間、恋人役よろしくね」 こうして無事恋人役に収まったアンネリカだったが、そんな彼女にもある秘密があった。 彼女は家の為、学院を卒業したら隣国のお金持ちの男の元に嫁ぐことが決まっていたのだ。それも相手はアンネリカより20歳も年上だ。 どうせ好きでもない人の元に嫁がなくてはいけないなら、1年くらい好きな人と過ごしたい。1年で一生分の思い出を作るんだから!! そう思って始まった恋人役だったのだが、事態は思わぬ方向へと進んでいく事となる。 まっすぐで物凄くポジティブ思考の鈍感娘アンネリカと、日に日にヤンデレ化していく実は危険な男ディランの、ちょっと歪んだ?恋のお話です。
24hポイント 589pt
小説 2,705 位 / 148,828件 恋愛 1,352 位 / 46,927件
文字数 277,419 最終更新日 2021.08.26 登録日 2021.07.13
31
恋愛 完結 長編
「恥を知りなさい」 イグナーツ・トットはいやいやながら参加した舞踏会で、悪口を述べていた女たちを厳しく叱責する一人の令嬢に目を奪われた。堂々としたふるまいやホールで優雅なダンスを披露するその姿は、まさに貴婦人そのものだった。 しかしそのすぐ後にイグナーツは、父親と言い争い、涙を流している彼女の姿を見つける……。 軍人の男が、舞踏会で一目惚れした侯爵令嬢との距離に戸惑う物語。 地名と時代は架空です。
24hポイント 568pt
小説 2,784 位 / 148,828件 恋愛 1,396 位 / 46,927件
文字数 186,232 最終更新日 2022.08.12 登録日 2021.12.20
フィオレンツァは前世で日本人だった記憶を持つ伯爵令嬢。しかしこれといった知識もチートもなく、名ばかり伯爵家で貧乏な実家の行く末を案じる毎日。そんな時、国王の三人の王子のうち第一王子と第二王子の妃を決めるために選ばれた貴族令嬢が王宮に半年間の教育を受ける話を聞く。最初は自分には関係のない話だと思うが、その教育係の女性が遠縁で、しかも後継者を探していると知る。 これは高給の職を得るチャンス!フィオレンツァは領地を離れ、王宮付き教育係の後継者候補として王宮に行くことになる。 真面目で機転の利くフィオレンツァは妃候補の令嬢たちからも一目置かれる存在になり、王宮付き教師としての道を順調に歩んでいくかと思われたが…。
24hポイント 539pt
小説 2,921 位 / 148,828件 ファンタジー 611 位 / 35,453件
文字数 290,407 最終更新日 2020.12.20 登録日 2020.04.20
33
恋愛 完結 長編 R18
男爵家の令嬢ソフィアは16歳の誕生日を控え平和に過ごしていた。そんなとき家に訪れた王子クロードは10年前に助けた少年だった。 ソフィアが成人を迎え、社交界デビューして言い寄る男が増えるのを危惧し、その前に当時の結婚の約束を果たしに来たのだ。クロードの立場を慮り身分違いから断るが、着々と外堀を埋められ逃げられない状況になっていく。 家族に言いくるめられ婚約者となること、城で暮らすことを了承するソフィア。 婚前の性交渉は禁止されているが、「快感を教え込むだけ」と快楽だけ与えられ、乱される。二人の気持ちがようやく通じ合うがいろいろな人物の思惑が重なり合い訪れる婚約解消の危機。そして段々と真実が明らかになっていく。 俺様の王子はソフィアを溺愛しています。かなり執着していてソフィアを手にいれるため手を回しています。砂を吐きそうなほど甘々です。 後半のシリアス展開、クロードのヤンデレにご注意ください。 三日月アルペジオ様より表紙素材お借りしました。 ムーンライトノベルズにも掲載しています。多少表現を変えています。 本編完結済み。 番外編もとりあえず休止中です。 ※当然ですがこの作品の著作権は作者にあります。  設定、話の流れ、セリフなど盗作することは絶対にやめてください。  多少変えたとしても類似していれば運営さま、その他に通報します。  またこの作品と似たモノを見つけたら作者及び運営さままで通報いただけますようお願い申し上げます。
24hポイント 534pt
小説 2,941 位 / 148,828件 恋愛 1,466 位 / 46,927件
文字数 95,300 最終更新日 2018.04.09 登録日 2018.01.05
34
恋愛 完結 ショートショート
伯爵家の嫡男に生まれたフェルナンには、ロズリーヌという幼い頃からの『親友』がいた。「気取ったご令嬢なんかと結婚するくらいならロズがいい」というフェルナンの希望で、二人は一年後に婚約することになったのだが……伯爵夫人となるべく王都での行儀見習いを終えた『親友』は、すっかり別人の『ご令嬢』となっていた。 そんな彼女に置いて行かれたと感じたフェルナンは、思わず「奔放な義妹の方が良い」などと言ってしまい―― なぜあの時、本当の気持ちを伝えておかなかったのか。 後悔しても、もう遅いのだ。 ※本編が全7話で悲恋、後日談が全2話でハッピーエンド予定です。 ※長編のスピンオフですが、単体で読めます。
24hポイント 518pt
小説 3,017 位 / 148,828件 恋愛 1,510 位 / 46,927件
文字数 14,447 最終更新日 2022.04.23 登録日 2022.04.01
35
恋愛 完結 長編
前世のような夢だったような妙な記憶を持つ酒場の娘リリアナは、お客の紹介で城勤めをすることになる。 この国の王太子妃となるかもしれない令嬢達のお世話係だったのだが、あれこれ駆け回っているうちに、友情と恋が芽生え、おまけに城で永久就職することになって。 元気が取り柄のド平民が王太子妃になるまでのドタバタラブコメ。 全34話。 小説家になろうやエブリスタでも公開。 表紙絵は玉子様♪
24hポイント 511pt
小説 3,050 位 / 148,828件 恋愛 1,531 位 / 46,927件
文字数 104,789 最終更新日 2020.10.17 登録日 2020.09.14
36
恋愛 完結 長編
 王太子カルロスと婚約を結んでいた聖女ヘレナはある日、謂れのない罪で婚約破棄と国外追放を言い渡されてしまう。  侯爵令嬢であり、世間知らずなお嬢様であるヘレナ。これから一人でどうやって生きて行こう――――そう思っていた彼女の元に、執事のレイが現れた。 「お待ちしておりました、お嬢様」  レイは追放先である隣国ストラスベストに、ヘレナが暮らすための土地と屋敷を用意していた。戸惑いつつも、隣国での生活を始めるヘレナ。聖女でも王太子の婚約者でもない生活は、彼女が想像する以上に幸せだった。  おまけにレイは、ただの平民になったヘレナを、これでもかという程甘やかす。何とか対等な関係を目指すヘレナだったが、『お嬢様はお嬢様だから』と頑なだ。  そんなある日、ヘレナの元婚約者カルロスがストラスベストに攻め入るとの情報が入って来た。  なんでも、ヘレナがいなくなった祖国は、大変な事態に陥ってるようで――――?
24hポイント 497pt
小説 3,130 位 / 148,828件 恋愛 1,577 位 / 46,927件
文字数 59,820 最終更新日 2022.07.19 登録日 2022.07.16
37
BL 連載中 長編 R18
僕は七歳のときに性器を切り取られたローマ生まれの馬鹿な「小鳥」。男の部分を失う代償を払って得たのは、小鳥の囀りのような高音で一生歌い続けられる声。当然、手術費用は莫大だ。それを返済するために僕は歌う。世界を支配しているオスマン帝国各地で昼は人前で歌声を、場合によっては夜は呼ばれた閨で嬌声を披露する。 僕がオスマン帝国の首都イスタンブールにやってきたのは、九歳のとき。西暦でいうと千五百九十五年。五十人ほどいる声楽一座で見た目も歌声も抜きん出る部分がない僕を「夜の小鳥」として指名したのはなんと時のスルタン(王)ムラト三世で、断るすべが無い僕は、黙って彼に抱かれた。 純潔を失った初めての日、夜の庭で僕はラシードという名の少年と出会う。僕よりニ歳年上の彼はスルタンの二十番目の王子だった。ラシードは僕に何があったのか察し、部屋に呼んで僕を一人にして思いっきり泣かせてくれた。 スルタンに「夜の小鳥」として呼ばれる度に、僕はその後、ラシードと密会するようになる。彼は僕の歌声を褒めてくれる兄のような、友人のような不思議な存在になりつつあった。ある晩、僕はラシードに急に口付けを迫られ、拒絶してしまう。きっと彼も男の部分を切り取った哀れな僕を蔑んでいたんだと思っていると、ラシードは「口付けたことも、お前を好きという気持も取り消す」と言ってきて……。 僕を抱くスルタンのことを僕は慕っているが、会う度に甘い気持ちを覚えるのはラシードの方。きっとこれが初恋なんだと自覚し、ラシードに会いに行ってみると、宮殿からラシードは忽然と姿を消していて……。
24hポイント 484pt
小説 3,196 位 / 148,828件 BL 682 位 / 17,122件
文字数 41,109 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.07.31
38
恋愛 完結 短編
ブラックな錬成工房で無理やり働かされていたモニカは、あまりのブラックぶりにため息をつくのでした。というのも工房長であるマルゲスが青い塗料を入れただけの水を奇跡の薬ポーションであるとみんなを騙して販売していたからでした。 モニカは自分が偽ポーション作りに加担している事をとても嫌に感じていました。 そんな時、工房の販売所にやってきたお客をマルゲスが捕まえて秘密の階段を下りていき地下牢に閉じ込めてしまうのでした。 そしてモニカは運命の人と出会うのでした。
24hポイント 482pt
小説 3,213 位 / 148,828件 恋愛 1,627 位 / 46,927件
文字数 15,110 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
39
恋愛 連載中 長編 R15
子爵令嬢のシルヴィアはトラウマを抱えながらも必死に生きている。それに寄り添う大型犬のようなカインに身も心も護られています。 自己完結で突っ走る令嬢とそれを見守りながら助けていく大型犬の恋愛物語
24hポイント 476pt
小説 3,254 位 / 148,828件 恋愛 1,658 位 / 46,927件
文字数 32,026 最終更新日 2022.08.13 登録日 2022.08.01
40
BL 連載中 長編 R18
新しく皇帝となったキリアンは、女神の様に美しい青年だ。 そんな彼が想いを寄せるのは先代皇帝の父の親友でもあった、熊の様な姿の近衛隊長ガイン。 父子ほど歳の離れたガインが可愛く見えて、愛しくて堪らない皇帝は、15年越しの愛を成就させるべく行動を始める。
24hポイント 447pt
小説 3,456 位 / 148,828件 BL 738 位 / 17,122件
文字数 255,331 最終更新日 2022.08.08 登録日 2021.11.17
576 12345