されど誰(た)が為の恋は続く

「それではようこそ客人よ。ここから先は、外輪(がいりん)とは言え悔踏区域(かいとうくいき)。あなたがここを立ち去る時、踏み入るならば悔いるだろうとの揶揄(やゆ)を、現実としていないことを切に願う」
 王家とたもとを別ち、悔踏区域という荒野を穿つ旗幟を司ることを誓った者――旗司誓(きしせい)は、幾星霜を経て、再び王家と邂逅する。その旗司誓がザーニーイたちでさえなければ、その王家がキルルたちでさえなければ、この時代の国史は至極平凡に……そしてよくあるように、それ以上に冗長と綴られ、また綴じられたのだろうが。
 それがありえない以上、彼らの物語が始まる。

※とかシリアスぶっても、「腸ただもれ説」とかいったようなギャグは隠しおおせません。
24hポイント 0pt
小説 34,906 位 / 34,906件 ファンタジー 12,991 位 / 12,991件