ファンタジー 勘違い小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 勘違い×
69 12
 現代日本とは違う世界のとある国の王太子とその婚約者は前世の記憶を思い出し、自分たちの置かれている状況が前世で流行していたいわゆる悪役令嬢モノの作品群におけるワンシーンと酷似していることに気が付く。  そして、王太子は悪役令嬢モノにありがちなざまぁを恐れ、婚約者も王道恋愛モノにありがちな断罪を恐れた結果、王太子は婚約の継続を、婚約者は婚約の解消を目指すことを決意する。  この物語は、そんな二人がそれぞれの決意を果たすために様々な行動を起こしながらも、なんやかんやと結局は惹かれ合っていく様子を描いたものになります。  本作では、前世の記憶を取り戻したことによる人間関係の機微や、正反対の思惑で動くW主人公が織り成す婚約を巡るコミカルな応酬に重点を置いた描写を心掛けているため、その点をお楽しみ頂ければ幸いです…! ※毎日1話、2000〜3000字の更新を目指します…! ※読者と作者の交流を図れるのがweb小説の長所だと思いますので、良しも悪しも問わず、どんどんコメントを頂ければ幸いです。どんな内容であっても必ずお返事を差し上げますので…!
24hポイント 2,685pt
小説 677 位 / 99,921件 ファンタジー 174 位 / 26,876件
文字数 161,182 最終更新日 2021.04.18 登録日 2021.03.13
エドガー・ランダークとミーナ・ディザスターは夫婦である。 しかし二人は互いに同じ秘密を持っていた。 それは二人とも、違う国の王子、王女の立場であり、二人とも国から逃げ出した者同士であるという事。 そして、互いに追っ手に警戒し、互いに相手を平民だと思っている。 この物語は、そんな同じ秘密を持つ二人の物語である。
24hポイント 746pt
小説 1,887 位 / 99,921件 ファンタジー 438 位 / 26,876件
文字数 18,459 最終更新日 2021.04.18 登録日 2021.04.18
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
【ファンタジー小説大賞】に投稿しました。 超イケメン勇者は幼馴染や妹達と一緒に異世界に召喚された、驚くべき程に頭の痛い男である。 だが、この物語の主人公は彼では無く、それに巻き込まれた普通の高校生。 国王や第一王女がイケメン勇者に期待する中、優秀である第二王女、第一王子はだんだん普通の勇者に興味を持っていく。 そんな普通の勇者の周りには、とんでもない奴らが集まって来て彼は過保護過ぎる扱いを受けてしまう… 最終的にイケメン勇者は酷い目にあいますが、基本ほのぼのした物語にしていくつもりです。
24hポイント 610pt
小説 2,232 位 / 99,921件 ファンタジー 522 位 / 26,876件
文字数 690,480 最終更新日 2021.02.23 登録日 2020.01.15
主人公の黒木翔は世の中が他の人と違って見える目を持っている。それは美醜が逆転しているという物。よくある美醜が逆転ですが、彼のみで他はほぼ変わりません。男女比も少し絡めようとは思っていますが薄めです。 設定は今の世界に近いけど少しずれた世界。そんな感じです ありそうで無かった小説...それを目指しています。 最近、解った事なのですが、この作品「HJネット小説大賞2018」一次選考通過者と作品【全303作品】になっていました。 ちゃんと評価されていたんだな作者も驚きです。 残念ながら、二次選考で落ちていましたが... ならば、手を加えて作品の質をあげればと思い再度手直し修正して更新していきます。 これに伴い元の「僕の瞳は腐っている」「僕の瞳は腐っているIF」を削除しました。 文章を綺麗にして書き直していきますので、この作品を愛して下さった沢山のファンの皆さん、再度応援宜しくお願い致します。
24hポイント 376pt
小説 3,314 位 / 99,921件 ファンタジー 758 位 / 26,876件
文字数 244,053 最終更新日 2021.03.13 登録日 2021.02.17
ルーペンス国とその南国に位置する国々との長きに渡る戦争が終わりをつげ、終戦協定が結ばれた祝いの席。 終戦の祝賀会の場で『パーシヴァル・フォン・ヘルムート伯爵』は、10年前に結婚して以来1度も会話をしていない妻『シヴィル』を、祝賀会の会場で探していた。 夫が多大な功績をたてた場で、祝わぬ妻などいるはずがない。 パーシヴァルは妻を探す。 妻の実家から受けた援助を返済し、離婚を申し立てるために。 だが、妻と思っていた相手との間に、婚姻の事実はなかった。 婚姻の事実がないのなら、借金を返す相手がいないのなら、自由になればいいという者もいるが、パーシヴァルは妻と思っていた女性シヴィルを探しそして思いを伝えようとしたのだが……
24hポイント 376pt
小説 3,314 位 / 99,921件 ファンタジー 758 位 / 26,876件
文字数 193,933 最終更新日 2020.09.13 登録日 2020.07.13
6
ファンタジー 連載中 長編 R15
ヨシュアは休みなし、安月給というブラックな騎士団で生産魔法師をしていた。 そんな過酷な環境の中、更に武具を増産するよう求められ、自分の武器が奴隷狩りに使われることを知り、ヨシュアは騎士団長ロイグに意見した。 だが、ロイグはそんなヨシュアを生産職のくせに生意気だとクビにする。 ヨシュアは仕事を求め南方へ向かうが、道中で鬼人の美少女を救い、原始的な生活を営む彼女たちのため道具や武具を作ることにした。 しかし、ヨシュアもロイグも知らなかった。 ブラックな環境で生産魔法を極めたヨシュアは、実は世界最高の生産魔法師になっていたことを。また、魔法師としても最強の魔力を誇るようになっていたことを。 ヨシュアを失った騎士団はやがて何も買えないほどまでに没落する一方、ヨシュアは辺境で楽しい生産ライフを送るのだった。
24hポイント 312pt
小説 3,887 位 / 99,921件 ファンタジー 894 位 / 26,876件
文字数 173,408 最終更新日 2020.12.07 登録日 2020.10.27
7
ファンタジー 連載中 長編 R15
不運な事故で命を落とした青年は、異世界に転移させられる。しかし、転移先の同じ魂を持つ身体は、冷酷無慈悲で有名な魔族の王様でーー…? 付き従うのは絶対的忠誠を誓う個性的な部下たち。彼らの期待を裏切る事無く、無事に平穏な異世界ライフを送る事が出来るのかーー。 【ある青年が剣と魔法の異世界で平穏を望みつつも、様々な事件や難題に巻き込まれていく、ほのぼの/ハーレム/シリアス/バトル/たまに無双/女体化(七章)/ざまぁ、など何でもありの一風変わった異世界ファンタジー】
24hポイント 298pt
小説 4,031 位 / 99,921件 ファンタジー 935 位 / 26,876件
文字数 505,842 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.01.27
”血染めの魔術師”と畏怖されたミランダは氷の魔女との戦いに敗れて死んでしまう。 そして転生した先はティナという貴族学園でいじめられている地味な下級貴族令嬢であった。 ティナが行われた数々のひどい行為を知ったミランダは代わりにいじめてきたクラスメートたちに仕返しを行うことを決意する。 が、彼女の仕返しは思わぬ方向へと転がっていき、気が付くとクラスの人気者になっていくのである。 ※はいじめ描写あり
24hポイント 291pt
小説 4,121 位 / 99,921件 ファンタジー 959 位 / 26,876件
文字数 43,667 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.10
「着任したばかりの宮女は、よほどの箱入りか田舎者のようだ。ここは国中の美姫が集められる後宮だ。誰も無粋な真似はしない」 後宮武官一の美丈夫、明星は冷ややかな目線で言った。 侯氏が皇帝として君臨する蕭国。華やかな後宮に、杜雨燕は宮女として採用された。 彼女は家柄は良いが、落ちぶれる寸前のため家族を養うために働きにきたのだ。 官吏だった父親は行方不明、後継の弟はまだ幼く家を継ぐことはできない。雨燕は弟が成人するまで、後宮で働くことを決意する。 雨燕は、水晶天華という仙術を使った簪子作りが得意で後宮の宮女としては別格の「花職人」として採用された。 着任して早々、雨燕は、葛籠に男帯を入れて持ち込んだとして不義密通の罪に問われる。冤罪であることを証明するために協力をしてくれたのが、女にモテるが性格の悪い後宮武官明星だった。 中華異世界後宮恋愛ファンタジー。*カクヨムさん、アルファポリスさんでも公開をしています。
24hポイント 142pt
小説 6,649 位 / 99,921件 ファンタジー 1,519 位 / 26,876件
文字数 99,213 最終更新日 2021.01.31 登録日 2020.12.18
10
ファンタジー 完結 長編 R15
投稿期間中、HOTランキングに載り多くの方の目に触れる機会があったこの作品も無事に11/11に完結に至りました。 多くのポイント、並びに感想ありがとうございます。 かつて名を馳せたSランク冒険者が居た。 『大魔法使い』『雷帝』と呼ばれたトールだ。 しかしある日から姿を消した冒険者と同時期、世界の反対側で商売人を名乗る少女が現れた。 その者は消えたSランク冒険者と同じ名前を名乗り、働き始める。 貴族にしか扱えない錬金術を操り、彼女はポーションを作ってそれを元手に稼いだりアルバイトをしながらジャンクフードを好んで食べた。 これは世界に愛されすぎた少女の物語。
24hポイント 142pt
小説 6,649 位 / 99,921件 ファンタジー 1,519 位 / 26,876件
文字数 132,508 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.10.30
婚約破棄から始まる国の崩壊 『知らなかったから許される』なんて思わないでください。 それ自体、罪ですよ。 ⭐︎他社でも公開します
24hポイント 142pt
小説 6,649 位 / 99,921件 ファンタジー 1,519 位 / 26,876件
文字数 138,047 最終更新日 2021.02.09 登録日 2020.09.21
 ある日、勇者パーティーを追放された召喚術師ディル。  彼の召喚術は途轍もなく強いが一風変わっていた。何が飛び出すかは蓋を開けてみないとわからないというガチャ的なもので、思わず脱力してしまうほど変なものを召喚することもあるため、仲間から舐められていたのである。  ディルは居場所を失っただけでなく、性格が狂暴だから追放されたことを記す貼り紙を勇者パーティーに公開されて苦境に立たされるが、とある底辺パーティーに拾われる。  そこは横暴なリーダーに捨てられたばかりのパーティーで、どんな仕打ちにも耐えられる自信があるという。ディルは自身が凶悪な人物だと勘違いされているのを上手く利用し、底辺パーティーとともに成り上がっていく。
24hポイント 92pt
小説 8,437 位 / 99,921件 ファンタジー 1,790 位 / 26,876件
文字数 53,796 最終更新日 2020.09.20 登録日 2020.08.31
主人公のセレナ、トリスタンは公爵家の三男に産まれ、運命の日まで幸せに暮らしていた。 だが、勇者召喚を機に全てを失ってしまう。 婚約者、地位、全てを失った彼の前に女神が現れた、そして女神は彼に「勇者が居た世界に行ってみない」と彼を現世へと送り届ける。 異世界に行った現代人の活躍で無く、これは異世界から現代に来た異世界人がほのぼの過ごす話し。 異世界から現世にきた彼は何を思い、何をするのか..そんな物語です。
24hポイント 92pt
小説 8,437 位 / 99,921件 ファンタジー 1,790 位 / 26,876件
文字数 164,565 最終更新日 2020.05.26 登録日 2020.05.26
北野悠人は世界に突如現れたスキルガチャを引いたが、外れスキルしか手に入らなかった……と思っていた。 が、実は彼が引いていたのは世界最強のスキルばかりだった。 災厄級魔物の討伐、その素材を用いてチートアイテムを作る錬金術、アイテムを更に規格外なものに昇華させる付与術。 何でも全て自分でできてしまう彼は、自分でも気づかないうちに圧倒的存在に成り上がってしまう。 ※小説家になろうでも連載してます(最高ジャンル別1位)
24hポイント 71pt
小説 9,717 位 / 99,921件 ファンタジー 2,004 位 / 26,876件
文字数 63,734 最終更新日 2020.09.23 登録日 2020.02.23
主人公ゼルスは、魔王でありながら人間の冒険者を鍛え、育て、勇者候補として世界に送り出し続けてきた。 「この世は闇が多すぎる」それが彼の口癖だったが、ある日、 「俺の弟子が、勇者パーティを追放された……!?」 衝撃的な報告に、ゼルスは自ら動き出す。 弟子を追放した勇者パーティに、弟子と同じ支援術士として潜りこんだのだ。 それはゼルスの、 弟子たちの育て方を間違えていたなら正したいという強い自負心と、 生粋の『人間ファン』であるがゆえ「やっぱり勇者はすごいなあ!」というピュアな期待と、 それらふたつが合わさった「俺の弟子が迷惑をかけたなら申しわけない」という責任感が理由だった。 その純真さが、実は身勝手な理由で彼の弟子たちを追放していた勇者パーティを、じわじわと追い詰めてゆくことになる。 試されているのは、ゼルスや弟子たちではない。 魔王の期待に、勇者は応えられるのか? 魔王の責任感に、見合う勇者は存在するのか? 魔王のピュアっぷりに、勇者は耐えられるのか? やがては、純真なゼルスも首をかしげる。 「あれ……? なんかこの勇者、変じゃね?」 心やさしき魔王の、無自覚系ざまぁ物語。 ※完結保証 40話足らずで第1部完結いたします。 ※小説家になろう様、カクヨム様にも掲載いたします。 ※2020/11/18、タイトル微調整しました。「申しわけない気持ちから」→「かわりに魔王自ら」
24hポイント 56pt
小説 10,859 位 / 99,921件 ファンタジー 2,216 位 / 26,876件
文字数 149,481 最終更新日 2021.04.15 登録日 2020.11.16
【完結保証】15万字足らず、約60話にて第一部完結します!  勇者の血筋に生まれながらにしてジョブ適性が『村人』であるレジードは、生家を追い出されたのち、自力で勇者になるべく修行を重ねた。努力が実らないまま生涯の幕を閉じるも、転生により『勇者』の適性を得る。  しかしレジードの勇者適性は、自分のステータス画面にそう表示されているだけ。  他者から確認すると相変わらず村人であり、所持しているはずの勇者スキルすら発動しないことがわかる。  自分は勇者なのか、そうでないのか。  ふしぎに思うレジードだったが、そもそも彼は転生前から汎用アビリティ『複合技能』の極致にまで熟達しており、あらゆるジョブのスキルを村人スキルで再現することができた。  圧倒的な火力、隙のない肉体強化、便利な生活サポート等々。 「勇者こそ至高、勇者スキルこそ最強。俺はまだまだ、生家<イルケシス>に及ばない」  そう思いこんでいるのはレジード当人のみ。  転生後に出会った騎士の少女。  転生後に再会したエルフの弟子。  楽しい仲間に囲まれて、レジードは自分自身の『勇者』を追い求めてゆく。  勇者スキルを使うための村人スキルで、最強を証明しながら…… ※カクヨム様、小説家になろう様でも連載予定です。
24hポイント 49pt
小説 11,640 位 / 99,921件 ファンタジー 2,349 位 / 26,876件
文字数 139,634 最終更新日 2020.11.16 登録日 2020.10.19
17
ファンタジー 連載中 長編 R15
「てめえはクビだ。雑用係」  丸一年もさんざんタダ働きで使いっぱしりさせられたテイマー、リアルは、勇者パーティーを追放された。  そのうえ、 「最後の道化芝居はまことに滑稽でござったよ」 「せいぜいスライムと仲良くね。もっとも、もう死んだか、もうすぐ死ぬかだけど」 「おやおや、酷いですねぇ。とっくに死んでますよ、スライムごとき」  勇者達によって、初テイムに成功したスライムが袋叩きに遭い、燃やされたのだ。  当然、スライムは死んだはずだと思っていたのだが……。 「転生者? なんですか、それ? ええっ!? 戻れと言われても、もう遅いですよ」  なぜだかぴんぴんしていたスライムと一緒に、テイマーは旅を続けることに。  ところで、なんだかこの「転生者」というスライム、様子がおかしいんですけど……?
24hポイント 35pt
小説 14,071 位 / 99,921件 ファンタジー 2,691 位 / 26,876件
文字数 17,151 最終更新日 2021.02.13 登録日 2021.01.16
悪役令嬢にことごとく死亡オチを与えるクソゲーの恋愛ゲーム世界に、気がついたら悪役令嬢として強制的に参加させられている私。 死んでも死んでも、また別ルートの断罪イベントが始まる悪夢。 全てのエンディングを迎えれば、この悪夢は終わるかも…と必死にエンディングをこなしてきたけど、既定のエンディングを終わった途端、いろいろ攻略キャラの様子がおかしいオープニングが始まって…?? え、まさかまだ続くの? ※一旦、完結しました
24hポイント 28pt
小説 15,486 位 / 99,921件 ファンタジー 2,993 位 / 26,876件
文字数 68,531 最終更新日 2019.12.01 登録日 2019.11.02
19
ファンタジー 連載中 長編 R15
保険金殺人!? 人身売買!? 貴族の毒殺!? 女冒険者レヴィアがやらかす事はいつもシャレにならない。 本人は結婚して落ち着きたいとか言ってるものの、結婚前から殺意満々。遺産相続して未亡人になる気バリバリで、それを見抜かれ結婚できない。 そんな彼女が冒険の最中に手に入れたレアアイテム、”精霊石”。それがものすごい高値で売れる事を知ったレヴィアは、仲間二人(割と善人)と共に売り場所求めて旅立つ。 精霊石。まさかコレが原因であんな事が起きるなんて。 悪気はなかった。珍しく悪気はなかったのに、日本から高校生たちがクラスごと召喚されてしまったのだ。 その中には前世の娘の姿もあり……。 ――自信過剰! 悪いたくらみ! お嬢様演技!? 見た目は美少女なのに中身は俺様男!? そんなTS転生者が引き起こす数々の事件に、世界は振り回される!     ※ 「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にて投稿中
24hポイント 21pt
小説 17,783 位 / 99,921件 ファンタジー 3,385 位 / 26,876件
文字数 247,512 最終更新日 2020.10.21 登録日 2020.06.06
20
ファンタジー 連載中 長編 R15
「さすが英雄ね!」 「人類最後の砦と呼ばれるだけはあるな。」 (やめてくれ! 全て勘違いなんだ!)  自身の運や周囲の勘違いが重なり、最強のSランク冒険者になってしまったベルファード 二十五歳独身。     実力は一般男性並で、魔法やスキルだって使えない!   だが、冒険者の三人娘や受付嬢、教会のシスターや奴隷の女の子。 さらに、魔族の少女までもが、ベルファードは最強だと勘違いしているので、もう引き返すことはできない!  これは、コミュ障で対人能力が低いベルファードが、クールで最強のSランク冒険者だと勘違いされながらも、着実に結果を残していく物語である。 俺のことをクールで最強のSランク冒険者だと勘違いしているけど、ただのコミュ障のクソザコだからね? から タイトルを変更しました🙇‍♀️
24hポイント 21pt
小説 17,783 位 / 99,921件 ファンタジー 3,385 位 / 26,876件
文字数 119,612 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.05.03
故郷を滅ぼされて以来、魔女一族の生き残りとして隠れて暮らしてきたエレニー。彼女はある日、魔女の討伐を命じられたという騎士ヴァルフェンに剣を突きつけられてしまう。だが、彼はエレニーに惚れたと言い出し、彼女を担ぎ上げて仲間の騎士達から逃げ出した! 当然、文句を言うエレニーだったけれど家に戻れば捕らわれるため、彼と逃亡生活を送ることに……。最初のうちは警戒していたエレニーも、彼の優しさへ触れるうちに少しずつ惹かれていく。そんな中、エレニー達は追っ手に追いつかれ、魔女にのみ作用するという呪具を使われてしまった。そのせいで、エレニーは命の危険に陥って――!? ※外伝「大和撫子は泥中の蓮に抱かれる。」を短期集中連載中。 本編未読でも読めますので、よろしければご覧下さいませ。本編は完結している為その都度完結設定致します。 (ヒーローは登場人物紹介イラストの目隠れ男子ロータスです)
24hポイント 21pt
小説 17,783 位 / 99,921件 ファンタジー 3,385 位 / 26,876件
文字数 172,436 最終更新日 2019.11.09 登録日 2018.08.30
ギルド最強と言われ、 魔王討伐に最も近いと言われているパーティ、 「漆黒の混沌」。 そのリーダーを務めていた転生者、 「ボッチ・トワニ・ヒトリミーノ」は......パーティを解雇された。 理不尽だ不当解雇だと訴える彼。 しかしその理由は至極真っ当なものだった。 「リーダーのくせに何もしない」「いやらしい目で見て来る」「空気が読めない」「酒場で酒いっぱいで何時間も居座る」「弱い」「喋らないから何考えてるか分からない」。 パーティ内外から様々なクレームを入れられ、 自分が最低の奴だと気づくボッチ。 しかも彼が転生時に与えられた職業は「足の小指を角にぶつける師」。 全く何で役立つか分からないものだった。 そりゃ追放されても仕方ないよね? 「お世話になりました。 さようなら」 自分の非を認めパーティをあっさり出て行こうとするボッチ。 しかしそれが逆に他のメンバーの逆鱗に触れる。 「何で悔しがらないの?! 後悔しないの?! そういうところだぞ!! 」 そう。 彼はセオリーなど簡単に無視してしまうような、 空気が読めなくて何も気にせず今回の事も全くダメージを受けないような人の気持ちが分からないコミュ障でサイコパスだったのだ! しかしそんな彼も、 パーティを追放されても譲れないものがあった。 それは「魔王討伐」。 転生時に与えられたこの使命だけは全うしようとソロで動き出す彼。 ギルドの受付にわざと仕事を受けさせてもらえなくても、 他の冒険者に馬鹿にされても、 それに気づかず使命完遂を目指して突き進む。 無意識に周りに「精神的ざまぁ」をしながら。 そんな時彼は、 同じように他のパーティから追放された「器用貧乏のキヨウ」と言う少女に出会う。 彼女に半ば強引にパーティを組まされゴブリン討伐する事になったボッチ。 物凄くよく弱い二人は、 駆け出し冒険者でも簡単に倒せるようなゴブリン相手に苦戦するのだが、 そんな時上級種であるハイゴブリンが現れて......! 俺TUEEEE追放ざまぁ器用貧乏無自覚などテンプレ要素たっぷり! でもボッチはそんなセオリーを無視して突き進む! テンプレ的テンプレ脱線ギャグ王道ファンタジーここに爆誕! ※一日一話更新目指します。 ※小説家になろう様。 カクヨム様で同時連載!
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 59,186 最終更新日 2021.04.12 登録日 2021.04.08
加藤あいは高校2年生。 最近ネット小説にハマりまくっているごく普通の高校生である。 普通に過ごしていたら異世界転移に巻き込まれた? しかも弱いからと森に捨てられた。 いやちょっとまてよ? 皆さん勘違いしてません? これはあいの不思議な日常を書いた物語である。 本編完結しました! 相変わらず話ごちゃごちゃしていると思いますが、楽しんでいただけると嬉しいです! 1話は1000字くらいなのでササッと読めるはず…
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 38,033 最終更新日 2021.01.17 登録日 2020.10.23
勇者召喚に巻き込まれて異世界へ飛ばされた青年、篠宮透(しのみやとおる)は、与えられた職業が邪神を崇拝する【暗黒神官】だったせいで王城から追放されることとなる。 見知らぬ異世界に放り出され、飢えて死にそうだった彼に手を差し伸べたのは、不敵な笑みを浮かべたフローディア王国王女、ミスト・フローディアであった。 飢えて死にそうだった自分を救ってくれた少女に、透は忠誠を誓うこととなる。そんなミストの目標は世界征服し支配者になることだった。 「神に選ばれた勇者? 世界を闇に覆う魔王? 世界の命運は二人の手に委ねられた? は、ははは! ハハハハ! 全く笑わせてくれるではないか! 私だ――世界の支配者はこの私、ミスト・フローディアだ!」 そんなミストだが、実は自分では強いと思ってるだけで本当は運がいいだけの、とてもか弱い少女であった。ゆえに透は決意する。己が暗黒神官長トールとなり、命の恩人であるミストの世界征服を影から支える事を。 これはそんな全力で全世界に喧嘩を売っていくラスボス系ヒロインを、陰から全力でサポートする男の話である。※ハーメルンにも投稿しています
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 54,242 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.05.02
25
ファンタジー 連載中 長編 R15
nns
人の心を動かしたい。 その一心で物語を書いています。 ●あらすじ● 魔物の合成獣キメラ。 何の能力も持たない『**』は出来損ないと呼ばれ、過酷な実験を繰り返されていた。 しかし、研究所からの脱走を機に秘められていた力が発動する。 その名は『暴食』 ニンゲンを食べることで、その人物が持っている能力をひとつ得ることができるというものだった。 その力によって絶世の美少女の姿を得たキメラは、ある決意をする。 「せっかくニンゲンになれたんだから、ニンゲンにしかできない幸せな暮らしをしたい」 一匹のキメラが思い描いた幸せとは――スローライフ。 誰にも追われず、誰とも争わず、何の不自由もなく静かに暮らすという究極の生活法だった。 勘違いや失敗を繰り返しながら、彼女は一歩ずつスローライフへの道を歩んでいく。  ●  ●  ● ※✕毎日19:10更新→○更新停止中 ※主人公以外の視点は小数点がつきます(第三・五話、みたいな) ※全編に渡りR15表現(グロ、エロ両方)があります。個別に注意喚起はしませんので苦手な方は読まないでください。 ※主人公はそこまで強くも優秀でもありません。無努力チートによるストレスフリーなスッキリ爽快ファンタジーをお求めの方は読まないでください。 ※人外ゆえに常識が欠如しており、たくさん失敗を繰り返します。全知全能の主人公によるストレスフリーなスッキリ爽快ファンタジーをお求めの方は読まないでください。 イラストレーター:により様(Pixiv→https://www.pixiv.net/users/432180)
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 133,048 最終更新日 2020.12.21 登録日 2020.03.31
26
ファンタジー 連載中 長編 R15
「貴様はクビだ!」 突然告げられた解雇宣告。 そして、実家から届いた、父危篤の知らせ。 やむなく故郷である最果ての地に戻り、父の後を継いで領主となった【元】宮廷魔導師ジェド。 彼は、父に変わって領地改革に挑むのだが、何と補助系の魔法を駆使して、過酷な地である故郷の領地を発展させていくのだ。 数年の月日が流れた後。 最果ての地「アルブラム領」は、ナザール帝国で移住、永住したい領地ナンバーワンの座に着くことになる! ……予定。 これは、攻撃魔法&回復魔法が苦手なくせに、補助魔法はS級の実力があることに気付いていない「勘違い元宮廷魔導士」が、最果ての地の領主としてゆるーく頑張っていく物語である。 ※「小説家になろう」様でも掲載中。です。
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 49,606 最終更新日 2020.02.08 登録日 2019.12.14
レプリオーネの冒険(仮) あ、あれ? もしかして……タイトルと、内容紹介が、入れ替わってるー??!! いいえ、これを通常運用とするみたいです。あくまで仮ですけれど! 行き当たりばったりで週に1~2回の更新を目指します。 文字の大きさは大中小、多分どれでもOKです。 馬鹿な子です、よろしくお願いします。
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 81,935 最終更新日 2020.06.27 登録日 2019.09.27
28
ファンタジー 連載中 長編 R15
乙女ゲームが好きなのに誰一人攻略できないほどゲームが下手な妹の桜に乙女ゲーの攻略のアシストを頼まれた主人公、悟 最初は素っ気なく断ろうとした悟だったが、桜のおねだりによって陥落。 2人でひたすらにゲームをプレイしていく。 それから数時間後、ゲームは桜の致命的なミスがなかったこともあり、中断されることなく続けられたが、桜は途中で寝落ちしてしまった。 勝手にストーリーを進めるのは悪いと思った悟はサポートキャラと特訓を繰り返してレベリングを行っている途中、急激な眠気に襲われた彼は意識を手放してしまう。 次に彼が目を覚ましたら…… 「えっ?どこなのここ?」 さっきまでプレイしていた乙女ゲーによく似た世界に。しかも、攻略対象の特訓のサポートにしか登場しないモブキャラ(幼)に憑依してしまっていた 困惑する彼の意思とは関係なく、始まる貴族の長男としての日々。 一般常識の勉強や他の令息・令嬢たちとの交流。領地の視察に幼馴染との剣の鍛錬…と、やることは盛りだくさん。 そして悟がこの世界に来て数年後、共に思春期を迎えた幼馴染から熱い視線が…? 「……なんだ?」 「な、なんでもない!べ、別にお前なんて見てないからな…///」 「そうか…(いや、今めっちゃ見てたよね?なぜか頬を染めて俺のことをジロジロと……まさか、な…)」 この説明文から察する通り、書き手はとてつもなくグダグダな文を書きますので、ご容赦を…。 ※異世界転生×乙女ゲー×勘違い×恋愛etc...という属性過多のごった煮という誰得ラブコメです。 ※本格的な恋愛要素は学園から、バトル要素はちょくちょく出てきます。 ※「書き方が長ったらしくて読みにくい」「ここの地の文の日本語の使い方が間違っている」「キャラの口調がおかしい」などの批評がありましたら、ご指摘願います。 ※かなり不定期更新です
24hポイント 14pt
小説 20,786 位 / 99,921件 ファンタジー 4,007 位 / 26,876件
文字数 3,139 最終更新日 2018.06.30 登録日 2018.06.30
『帝国の黒い悪魔』と呼ばれた最強の戦士ラルフ。 長きに渡る大陸の戦争において常に最前線で戦い続けたラルフの活躍で、帝国は大陸全土を制圧した。そして戦争が終わると共に、ラルフに与えられたもの――それは、終身流刑という罰だった。 これは最強の戦士が罪なくして異国の地に流された後にも、その神がかった武勇によって無双し、その地に住んでいた原住民たちによって何故か神様として崇められる物語。
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 92,237 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.04.08
 十二歳の少年、ルシアは、何故だか全ての人間から敵意を向けられていた。  罵詈雑言を浴びせられ、暴力を受ける日々。  そんな地獄のような日々だったが、一人の少女だけはルシアの味方だった。  しかしルシアは、その少女の誕生日に情事を目撃してしまい、何故優しくしてくれるのか……その真実を聞いてしまう。  ふらつきながらもさまよい、歩き、森を抜け、そして、 『君……美味しそうな匂いがするね!』  最強種、竜族と出会った。  竜族との邂逅が、ルシアの運命を大きく変える──。
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 29,132 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.11.09
31
ファンタジー 連載中 長編 R15
ナイトメア級と呼ばれ、恐れられる超難易度ダンジョン。 その入り口で、ぷかぷかとタバコを吹かす黒鉄の甲冑騎士。 彼の名はディーゼル。 あまたのS級冒険者を血まつりに上げてきた、泣く子も黙る幽鬼のディーゼルだ。 そして彼こそが、このダンジョンの最奥を守る最終兵器。 いわゆるラスボスであるディーゼルが今、そのダンジョンを前に仁王立ちとなっている。 なぜか? 実はつい先ほど、ダンジョンマスター(ダンマス)と大喧嘩してダンジョンから事実上の追放を食らっていたからだ。 それでも彼は一刻も早くダンマスの元に戻らなくてはいけない。 彼の不在とは、ダンマスの命の危機を意味するのだから――。 こうしてディーゼルは途中で見つけたスーパー脳天気な女冒険者を適当に引っ掴み、ヤバい契約を交わしてパーティーに加えると、彼女からの凄腕コスプレイヤー扱いにもめげずに、何度も何度も全滅を繰り返しながら、自身が守護すべき悪夢の迷宮〈絆の深淵〉に挑むのだった。 それがこの世の存亡を巡る、長い長い苦難の帰宅の始まりだとは、つゆ知らず……。 (外部サイトでも掲載しております)
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 111,542 最終更新日 2020.10.13 登録日 2020.10.01
―――ここは、幼き少女が岩石を砕き、麗しき淑女がノリで山を吹き飛ばすディストピア。 そんな異世界に一つの能力も持たずにやってきた普通の青年マーロ。彼の夢は『ハードボイルドな探偵になること』   だが、ここは弱肉強食の異世界。果たして、スライムより柔らかいソフトボイルドな青年は自分の夢を叶え、生き残ることが出来るのか!? 幸いにも別世界からきた青年の言動は世間と大きくズレており、周囲の人達を勘違いさせ、本人の意図せぬ所で数々の難事件を解決へと導いていく? そして、いつしか評判は広まり、彼はこう呼ばれるようになった。 『帝国一の名探偵』と(本人は全く気付いていない) これは、主人公の青年マーロが大勢の人を巻き込み、無自覚のまま名探偵ムーブをかます壮大な物語である!!
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 29,021 最終更新日 2020.08.16 登録日 2020.08.15
33
ファンタジー 連載中 短編 R15
悪逆非道の泣く子も黙る魔王様――は世界統一を果たし、燃え尽き症候群となっていた。何をしても楽しくない、何をしても面白くない。そんな魔王様はふと、昔に読んだ本の内容を思い出す。 そう、異世界の存在! 空間転移など造作も無い魔王様はさっそく異世界トリップをするのだが――出現した場所は聖教会、勇者と共に魔王を討ち果たす聖女を選ぶ儀式の真っ最中だった! 「聖女様! 嗚呼、聖女様!」聖女に選ばれてしまった魔王は、なんだか面白そうという理由だけで、聖女(魔王)になり、勇者たちと旅をすることに。 勇者は鈍感な好青年、そんな彼に恋わずらう女騎士、不思議な美青年魔法使いと共に魔王を倒す旅へと出る。
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 10,776 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.06.09
『お前はもう死んでいる』と、僕に言われた相手は3秒後に死ぬ。という能力を持つ思春期の僕は安全な公務員になろうと努力する。そんな話。  ―10万文字までのあらすじ―  騎士になるために学園に通う普通の学生と自分では思っている主人公レルは『組織』に入っており、そこで実行部隊トップになっていた。レルはそこまで裕福な家庭で生まれてはいないため学費を支払うため『組織』の仕事をこなし、その金で学費や生活費を賄っていた。レルは『能力が一つしかなければ、剣なんて使ってない』のにも関わらず、『組織』の人間からは『多重万能能力も持っていて、目にも見えない神速の剣を使う男』と勘違いされている。そんなある日、『新魔王軍』が動き出し始めたから国を守るため、レルは『組織』から敵の幹部を殺すミッションを依頼され、開始する。
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 88,244 最終更新日 2020.07.05 登録日 2020.05.16
35
ファンタジー 連載中 長編 R15
気づけばエロゲ世界、エターナルアドベンチャーの主人公に転生した一人の男。 原作も知っているし、ヒロインの好感度調整も思うがまま。 人生バラ色かと思ったがこの男、重度の女性恐怖症であった! 女性がいないスローライフを夢見るも、主人公が動かなければバッドエンド確定!? ならば一部のガチ勢しかクリア出来なかったヒロインなしの魔王討伐を目指すしかない! ……あれ、好感度を上げていないはずのヒロインたちの様子が? 女性恐怖症持ちの難易度ルナティックのエロゲ攻略ストーリー、ここに開幕! ※小説家になろうにも投稿しております
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 27,467 最終更新日 2020.03.28 登録日 2020.03.11
『恐怖耐性』ーー書いて字の如く、恐怖に対する耐性を付けるためのスキルだ。これがあれば、どんなに醜い魔物が現れても体が強張る事がなくなる。 俺は幼少の頃に魔物の群れに囲まれてしまい、以来魔物の顔を見る度に緊張で剣が振るえなくなっていた。 「騎士の家系に生まれたというのに……っ!」 そんな、「期待外れもいいところだ」と言わんばかりの台詞を浴びせられ続けてきた。 そんな俺に、たまたま偶然にも、『恐怖耐性』なるスキルを習得出来る機会に恵まれた。 俺は必死にスキルのレベルを上げ、上げて、上げまくった。 その結果……あまりの可愛いさに、剣を振ることが出来なくなってしまった。 なにあの、ゴブリン! 瞳がクリクリしていて可愛いんだけどっ!! 銀狼なんてっ! ゴールデンレトリバーじゃねぇかっ!! いや、銀色の毛並みだからシルバーレトリバーってかっ!! ともかく、恐怖耐性を上げると、魔物が……いや、魔物に限らず、『恐怖』の対象全てが、可愛く見えてくるようだ。 その可愛らしさに魅了された俺は、逆に魔物達に恐怖される対象になってしまったようなんだが…… なぜ、アイツ等は、俺に出会った瞬間に武器を捨ててまで逃げ出すのだろうか? 恐怖耐性がレベル百を越える前までは、嬉々として襲ってきていたくらいなのだが……? これは、『恐怖耐性』に頼った俺の日常を綴った物語である。 あぁ……いつになったら、ゴブリンにハグ出来るのだろうか…………。
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 104,571 最終更新日 2020.12.01 登録日 2019.09.14
三十路になってようやくダンジョン入場試験に合格したケイス。 意気揚々と冒険者登録所に向かうが、そこで貰ったのは【転送】という外れスキル。 失意の中で故郷へ帰ろうとしていた彼のもとに、超有名ギルドのマスターが訪れる。 そこからケイスの人生は目覚ましく変わっていくのだった……。
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 105,998 最終更新日 2019.09.24 登録日 2019.08.30
上司から意地悪されて、会社の交流会の飲み会でグチグチ嫌味言われながらも、 就職氷河期にやっと見つけた職場を退職できないオレ。 それでも毎日真面目に仕事し続けてきた。 ある時、コンビニの横でオタクが不良に集団暴行されていた。 道行く人はみんな無視していたが、何の気なしに、「やめろよ」って 注意してしまった。 不良たちの怒りはオレに向く。 バットだの鉄パイプだので滅多打ちにされる。 誰も助けてくれない。 ただただ真面目に、コツコツと誰にも迷惑をかけずに生きてきたのに、こんな不条理ってあるか?  ゴキッとイヤな音がして意識が跳んだ。  目が覚めると、目の前に女神様がいた。  「はいはい、次の人、まったく最近は猫も杓子も異世界転生ね、で、あんたは何になりたいの?」  女神様はオレの顔を覗き込んで、そう尋ねた。 「……異世界転生かよ」
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 347,149 最終更新日 2019.09.25 登録日 2019.07.10
異世界行ったらペットのポチ(ケルベロス)の餌にされそうになった、から始まる話。(重複投稿)F0
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 21,645 最終更新日 2019.05.09 登録日 2019.05.06
40
ファンタジー 連載中 長編 R15
笹山翔はちょっと魔法が使えるだけの日本の大学に通う、孤高気取りで明るいボッチの18歳。 彼は大学の帰り道に何故か知らない森に飛ばされそこが異世界だと気付く。 魔法で異世界無双?! チート能力で俺tueeeeeee?! 異世界のテンプレ展開?! チョロインハーレム?! 死亡フラグの乱立… 俺の異世界ライフ思ってたんとなんか違う… これは脳内会話が多く、年相応にエロい、異世界への拘りがやや強めな主人公が使う蒼い炎が有名になり、騙し騙し世界を救っていくことになるかもしれない話。 小説家になろう様、カクヨム様でも投稿してます
24hポイント 7pt
小説 24,512 位 / 99,921件 ファンタジー 5,055 位 / 26,876件
文字数 773,156 最終更新日 2019.05.09 登録日 2019.02.21
69 12