恋愛 ざまあ要素あり小説一覧

200 12345
1
恋愛 連載中 長編 R15
 彩香はずっと、容姿が優れている幼なじみの佳奈に、好きな人を奪われ続けてきた。親にすら愛されなかった彩香を、はじめて愛してくれた真二でさえ、佳奈に奪われてしまう。  ──こうなることがわかっていれば、はじめから好きになんてならなかったのに。  人間不信になった彩香は、それきり誰と恋することなく、人生を終える。  彩香だった前世をふっと思い出したのは、フェリシアが十二歳になったとき。  ここがかつてプレイした乙女ゲームの世界で、自身がヒロインを虐める悪役令嬢だと認識したフェリシア。五人の攻略対象者にとことん憎まれ、婚約者のクライブ王子にいずれ婚約破棄される運命だと悟ったフェリシアは、一人で生きていく力を身につけようとする。けれど、予想外にも優しくされ、愚かにも、クライブに徐々に惹かれていく。  ヒロインを虐めなければ、このままクライブと幸せになる未来があるのではないか。そんな馬鹿な期待を抱きはじめた中、迎えた王立学園の入学式の日。    特待生の証である、黒い制服を身に包んだヒロイン。振り返った黒髪の女性。  その顔は。 「……佳奈?」  呟いた声は、驚くほど掠れていた。  凍り付いたように固まる。足が地面に張り付き、動けなくなる。 「……な、んで」  驚愕の声はフェリシアではなく、なんとクライブのものだった。  クライブの緑の瞳が、真っ直ぐに、ヒロイン──佳奈に注がれる。 「……い、いや」  無意識に吐露し、クライブに手を伸ばす。クライブはその手をするりとかわし、佳奈に向かって走っていった。 (……また、佳奈に奪われる)  ヒロインに、なにもかも奪われる。その覚悟はしていた。でも、よりによって佳奈に──なんて。  フェリシアは伸ばした手を引っ込め、だらんと下げた。
24h.ポイント 27,593pt
小説 77 位 / 186,070件 恋愛 54 位 / 58,625件
文字数 76,193 最終更新日 2024.02.21 登録日 2024.01.26
2
恋愛 完結 短編
三年婚約しているオリバー殿下は、最近別の女性とばかり一緒にいる。 学園で行われる年に一度のダンスパーティーにも、私ではなくセシリー様を誘っていた。まるで二人が婚約者同士のように思える。 そのダンスパーティーで、オリバー殿下は私を責め、婚約を考え直すと言い出した。 それなら、婚約を解消いたしましょう。 そしてすぐに、婚約者に立候補したいという人が現れて……!? 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話しです。
24h.ポイント 6,404pt
小説 251 位 / 186,070件 恋愛 147 位 / 58,625件
文字数 33,520 最終更新日 2024.02.06 登録日 2024.01.25
3
恋愛 完結 長編
「マリッサ、すまないが婚約は破棄させてもらう。俺は、運命の人を見つけたんだ!」 9年間婚約していた、デリオル様に婚約を破棄されました。運命の人とは、私の義妹のロクサーヌのようです。 そもそもデリオル様に好意を持っていないので、婚約破棄はかまいませんが、あなたには莫大な慰謝料を請求させていただきますし、借金の全額返済もしていただきます。それに、あなたが選んだロクサーヌは、令嬢ではありません。 幼い頃に両親を亡くした私は、8歳で侯爵になった。この国では、爵位を継いだ者には18歳まで後見人が必要で、ロクサーヌの父で私の叔父ドナルドが後見人として侯爵代理になった。 叔父は私を冷遇し、自分が侯爵のように振る舞って来ましたが、もうすぐ私は18歳。全てを返していただきます! 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 14,746pt
小説 122 位 / 186,070件 恋愛 80 位 / 58,625件
文字数 134,306 最終更新日 2024.01.31 登録日 2022.01.31
4
恋愛 連載中 長編 R15
【第一部完結】 「エルドラド帝国皇太子ヴィンセント=シグルズ・ガルシアは、アイシャ=キャベンディッシュと本日をもって婚約破棄をここに表明いたします」 主人公アイシャは帝国皇太子からの悪役令嬢と罵られ、婚約破棄。そして貴族から平民へ。 数年後には魔物大量発生なる原因を作ったとされ《裏切りの大魔女》として処刑台に送られて死を迎える。《黒の預言書》に抗おうとするも、味方は誰もおらず処刑されて死んだ。 死んだはずのアイシャは、運命の分かれ道となる十二歳にまで戻っていた。 処刑の未来をなんとしても阻止しようと動く。 最悪の未来を防ぐため行動を起こした結果、魔人族の長レオンハルトに気にられ、師として尊敬していた教皇にも求婚を迫られる、アイシャを処刑台に送った張本人のルークとも意外な出会いを果たし、熱烈なアプローチにアイシャは翻弄されてしまう。 ※カクヨム、なろう、魔法iらんどに掲載
24h.ポイント 92pt
小説 9,732 位 / 186,070件 恋愛 4,538 位 / 58,625件
文字数 295,078 最終更新日 2024.01.21 登録日 2022.08.31
5
恋愛 連載中 長編 R18
リスティーナはメイネシア国の第四王女という身分でありながらも母親が平民であるため、冷遇されていた。 そんな時、父である国王から、ローゼンハイム神聖皇国第二王子に嫁がされるよう命じられる。 それは、父王が溺愛している異母姉のレノアを嫁がせたくないという身勝手な理由からのものだった。 異母姉であるレノアの身代わりに嫁いだリスティーナ。 しかも、夫である第二王子、ルーファスは呪われた化け物王子と呼ばれていた。ルーファスには既に妻が三人もいて、リスティーナは四番目の妻として嫁がされることになる。 夫のルーファスはリスティーナに冷たく当たり、強く拒否をするが、彼の心の傷に触れ、次第に惹かれていき…、
24h.ポイント 49pt
小説 14,700 位 / 186,070件 恋愛 6,771 位 / 58,625件
文字数 908,584 最終更新日 2024.01.17 登録日 2020.11.05
6
恋愛 完結 長編
婚約者のカイン様は、婚約者の私よりも幼馴染みのクリスティ王女殿下ばかりを優先する。 何度も約束を破られ、彼と過ごせる時間は全くなかった。約束を破る理由はいつだって、「クリスティが……」だ。 同じ学園に通っているのに、私はまるで他人のよう。毎日毎日、二人の仲のいい姿を見せられ、苦しんでいることさえ彼は気付かない。 もうやめる。 カイン様との婚約は解消する。 でもなぜか、別れを告げたのに彼が付きまとってくる。 愛してる? 私はもう、あなたに興味はありません! 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 沢山の感想ありがとうございます。返信出来ず、申し訳ありません。
24h.ポイント 2,818pt
小説 465 位 / 186,070件 恋愛 250 位 / 58,625件
文字数 100,970 最終更新日 2023.12.30 登録日 2023.11.18
7
恋愛 完結 短編
 アデルの婚約者、セドリック。アデルの幼なじみ、ダーラ。二人がアデルの目の前で口付けを交わす。  そして。 「このままアデルが死ねば、きっとなんの障害もなく、きみと一緒になれるのに」  セドリックの台詞に、ダーラが「……セドリック様」と、熱っぽい眼差しを向ける。 「軽蔑したかい?」 「いいえ、いいえ。あたし、同じことを思っていました。だってこのまま、例え意識を取り戻さなくても、アデルが生きていたら、セドリック様はずっと縛られたままなんじゃないかって……」 「流石にずっとこのままじゃ、それはないと思うけど。でもやっぱり、死んでくれた方が世間体もいいしって、考えてしまうよね」 「そう、ですね。でもあたしたち、酷いこと言ってません?」 「かもね。でも、きみの前で嘘はつきたくないから。その必要もないし」 「ですね」  クスクス。クスクス。  二人が愉快そうに笑い合う。  傍に立つアデルは、顔面蒼白なまま、膝から崩れ落ちた。
24h.ポイント 937pt
小説 1,257 位 / 186,070件 恋愛 634 位 / 58,625件
文字数 22,198 最終更新日 2023.12.15 登録日 2023.12.04
8
恋愛 完結 短編
アシェリー・へーボンハスは平凡な公爵令嬢である。 取り立てて人目を惹く容姿でもないし……令嬢らしくちゃんと着飾っている、普通の令嬢の内の1人である。 フィリップ・デーニッツ王太子殿下に密かに憧れているが、会ったのは宴会の席であいさつした程度で、 王太子妃候補になれるほど家格は高くない。 本人も素敵な王太子殿下との恋を夢見るだけで、自分の立場はキチンと理解しているつもり。 だから、まさか王太子殿下に嫁ぐなんて夢にも思わず、王妃教育も怠けている。 そんなアシェリーが、宮廷内の貴重な蔵書をたくさん読めると、軽い気持ちで『次期王太子妃の婚約選考会』に参加してみたら、なんと王太子殿下に見初められ…。 王妃候補として王宮に住み始めたアシュリーの、まさかのアツアツの日々が始まる?!
24h.ポイント 120pt
小説 8,105 位 / 186,070件 恋愛 3,775 位 / 58,625件
文字数 26,050 最終更新日 2023.12.13 登録日 2023.10.24
9
恋愛 連載中 長編 R18
イヴォンヌは義妹ミランダに婚約者のパーシーを寝取られたことを知る。 しかもミランダは彼の子を妊娠していた。「堅物淑女」それが彼女に対する周りの印象。幼い頃に母親を亡くした彼女は、頑固な祖母に育てられたため、貞操観念が古いということだった。屈辱に自暴自棄になった彼女は、結婚式の後虚ろな表情で街を彷徨っていた。そこで危ない目に合いそうなところを、ある女性に助けられる。 助けてくれた女性アネカは今や伝説となりつつある魔女の一人で、イヴォンヌの状況を聞いて、彼女にある技術を教えてくれる。 それは「房中術」。 「房中術」を知ったイヴォンヌは、すっかり生まれ変わった。 ある時彼女が留守番をしていると、房中術を教えろと男が訪ねてきた。 一度は断ったが、後日アネカ宛に手紙が送られてきて、イヴォンヌは彼を担当するように命令される。 注)作中に出てくる「房中術」についての記述は、参考図書を基に作品に合うように解釈を加えたフィクションです。 R18には*が付きます。
24h.ポイント 127pt
小説 7,747 位 / 186,070件 恋愛 3,626 位 / 58,625件
文字数 26,333 最終更新日 2023.12.07 登録日 2023.11.26
10
恋愛 連載中 長編 R15
 アルファポリスさんではまった、恋愛モノ、すかっとしたざまあを拝読したのがきっかけです。  初めてこの分野に手を出しました。んん? と思うわれる箇所があるかと思いますが、温かくお見守りください。  とある特殊な事情を持つ者を保護している、コクーン修道院で暮らす12歳の伯爵令嬢ウィンティア。修道女や、同じ境遇の子供達に囲まれて、過去の悲惨な事件に巻き込まれた、保護されている女性達のお世話を積極的に行うウィンティアは『いい子』だった。  だが、ある日、生家に戻る指示が下される。  自分に虐待を繰り返し、肉体的に精神的にズタズタにした両親、使用人達、家庭教師達がまつそこに。コクーン修道院でやっと安心してすごしていたウィンティアの心は、その事情に耐えきれず、霧散してしまった。そして、ウィンティアの中に残ったのは………………  史実は関係ありません。ゆるっと設定です。ご理解ください。亀さんなみの更新予定です。
24h.ポイント 248pt
小説 4,674 位 / 186,070件 恋愛 2,211 位 / 58,625件
文字数 472,686 最終更新日 2023.12.04 登録日 2022.12.22
11
恋愛 連載中 短編
王立学院に通うアンジェラは、同級生のジャネットと取り巻きの女生徒達から嫌がらせを受けていた。 陰口を言われ、根も葉もない噂を流され、親しい友人も離れてしまったアンジェラは孤独な寮生活を送っていた。 3年生に進級し、アンジェラはセリアという留学生とルームメイトになった。セリアと接するうちに、アンジェラは本来の明るさを取り戻し、以前から好ましく思っていたオーウェン王子と交流するようになったことで、彼に惹かれていく。 そして、王立学院の創立を記念するパーティーで事件が起こる。
24h.ポイント 7pt
小説 35,350 位 / 186,070件 恋愛 15,687 位 / 58,625件
文字数 21,713 最終更新日 2023.11.22 登録日 2023.03.08
12
恋愛 完結 短編
式前日に一目だけでも婚約者に会いたいとやってきた邸で、婚約者のオリオンが浮気している現場を目撃してしまったキャス。 しかも浮気相手は従姉妹で幼馴染のミリーだった。 あんな男と結婚なんて嫌! よし花嫁を替えてやろう!というお話です。 オリオンはただのクズキモ男です。 ハッピーエンド。
24h.ポイント 369pt
小説 3,142 位 / 186,070件 恋愛 1,544 位 / 58,625件
文字数 24,882 最終更新日 2023.11.20 登録日 2023.11.13
13
恋愛 完結 長編 R15
「これだけは、覚えておいてほしい。わたしが心から信用するのも、愛しているのも、カイラだけだ。この先、それだけは、変わることはない」  真剣な表情で言い放つアラスターの隣で、肩を抱かれたカイラは、突然のことに驚いてはいたが、同時に、嬉しそうに頬を緩めていた。二人の目の前に立つニアが、はい、と無表情で呟く。  正直、どうでもよかった。  ニアの望みは、物心ついたころから、たった一つだけだったから。もとより、なにも期待などしてない。  ──ああ。眠るように、穏やかに死ねたらなあ。  吹き抜けの天井を仰ぐ。お腹が、ぐうっとなった。
24h.ポイント 852pt
小説 1,370 位 / 186,070件 恋愛 692 位 / 58,625件
文字数 57,750 最終更新日 2023.11.16 登録日 2023.10.02
14
恋愛 完結 長編 R15
古川七羽(こがわななは)は、自分のあか抜けない子どもっぽいところがコンプレックスだった。 新たに人の心を読める能力が開花してしまったが、それなりに上手く生きていたつもり。 ひょんなことから出会った竜ヶ崎数斗(りゅうがざきかずと)は、紳士的で優しいのだが、心の中で一目惚れしたと言っていて、七羽にグイグイとくる! 実は御曹司でもあるハイスペックイケメンの彼に押し負ける形で、彼の親友である田中新一(たなかしんいち)と戸田真樹(とだまき)と楽しく過ごしていく。 新一と真樹は、七羽を天使と称して、妹分として可愛がってくれて、数斗も大切にしてくれる。 しかし、起きる修羅場に、数斗の心の声はなかなか物騒。 ややヤンデレな心の声!? それでも――――。 七羽だけに向けられるのは、いつも優しい声だった。 『俺、失恋で、死んじゃうな……』 自分とは釣り合わないとわかりきっていても、キッパリと拒めない。二の足を踏む、じれじれな恋愛模様。 傷だらけの天使だなんて呼ばれちゃう心が読める能力を密かに持つ七羽は、ややヤンデレ気味に溺愛してくる数斗の優しい愛に癒される? 【心が読める私に一目惚れした彼の溺愛はややヤンデレ気味です。】『なろうにも掲載』
24h.ポイント 333pt
小説 3,477 位 / 186,070件 恋愛 1,689 位 / 58,625件
文字数 410,278 最終更新日 2023.10.30 登録日 2023.06.03
15
恋愛 完結 ショートショート
 好きあって付き合ったのに、縁あって巡り逢ったのに。  人格・趣味・思考…分かり合えないならサヨナラするしかない。  振ったり振られたり、恋人と別れて前に進む女性の話。    3・実在しないものと比べられて、愛想が尽きてしまった女性の話。 (全7話) *シリーズ全話、独立した話です。
24h.ポイント 0pt
小説 186,070 位 / 186,070件 恋愛 58,625 位 / 58,625件
文字数 4,412 最終更新日 2023.10.14 登録日 2023.10.07
16
恋愛 完結 短編 R15
聖女リューリラ(19)は、ネイサン王太子(19)に婚約破棄を突き付けられた。 『慈悲の微笑の聖女様』と呼ばれるリューリラは、信者や患者にしか、微笑みを向けない。 婚約者の王太子には、スンとした無表情を見せるばかりか、嫌っているような態度まで見せる。 『慈悲の聖女』に嫌われていると、陰で笑われていると知った王太子は、我慢の限界だと婚約破棄を突き付けた。 (やったぁ!! 待ってました!!) 思惑通り、婚約破棄をしてもらえたことに、内心満面の笑みを浮かべていたリューリラだったのだが。 王太子は、聖女の座を奪った挙句、「オレが慈悲をくれてやる!!」と皮肉たっぷりに、次の縁談を突き付けたのだった。 (クソが!! また嫌われるために、画策しないといけないじゃないか!!) 内心で荒れ狂うリューリラの新しい婚約者は、王太子の従弟にして若くして公爵になったばかりのヘーヴァル(17)。 「爵位を受け継いだばかりで、私のような元聖女である元婚約者を押し付けらるなんて、よほど殿下に嫌われてしまっているのですか?」 「うわあ。治療するわけでもないのに、リューリラ様が、微笑んでくださった! 早速あなたの笑顔が見れて、嬉しいです!」 憐れんで微笑んだだけなのに、無邪気に大喜びされて、これは嫌われることが難しいな、と悟ったリューリラ。 年下ワンコのような公爵の溺愛を受けても、リューリラには婚約破棄をしてもらいたい秘密を抱えていた。 (『小説家になろう』サイトにも掲載)
24h.ポイント 269pt
小説 4,315 位 / 186,070件 恋愛 2,038 位 / 58,625件
文字数 24,216 最終更新日 2023.10.13 登録日 2023.10.13
17
恋愛 完結 長編 R15
「……悪いと思っているのなら、く、口付け、してください」  妹のコーリーばかり優先する婚約者のエディに、ミアは震える声で、思い切って願いを口に出してみた。顔を赤くし、目をぎゅっと閉じる。  だが、温かいそれがそっと触れたのは、ミアの額だった。  ミアがまぶたを開け、自分の額に触れた。しゅんと肩を落とし「……また、額」と、ぼやいた。エディはそんなミアの頭を撫でながら、柔やかに笑った。 「はじめての口付けは、もっと、ロマンチックなところでしたいんだ」 「……ロマンチック、ですか……?」 「そう。二人ともに、想い出に残るような」  それは、二人が婚約してから、六年が経とうとしていたときのことだった。
24h.ポイント 482pt
小説 2,391 位 / 186,070件 恋愛 1,188 位 / 58,625件
文字数 91,687 最終更新日 2023.09.28 登録日 2023.07.13
18
恋愛 連載中 長編 R18
母親の再婚で出来た優しい義父と綺麗で可憐な義理の妹。最初、戸惑いながらも束の間の幸せに心満たされるが……。小説家になろう様にも投稿しています。
24h.ポイント 0pt
小説 186,070 位 / 186,070件 恋愛 58,625 位 / 58,625件
文字数 50,349 最終更新日 2023.09.10 登録日 2023.08.30
19
恋愛 完結 ショートショート
 好きあって付き合ったのに、縁あって巡り逢ったのに。  人格・趣味・思考…分かり合えないならサヨナラするしかない。  振ったり振られたり、恋人と別れて前に進む女性の話。  2・塩対応を責められて、放り投げてしまった女性の話。 (5話+後日談4話) *シリーズ全話、独立した話です。
24h.ポイント 14pt
小説 28,671 位 / 186,070件 恋愛 12,417 位 / 58,625件
文字数 4,633 最終更新日 2023.09.10 登録日 2023.09.02
20
恋愛 完結 短編
婚約者のデイビッド様は、とても誠実で優しい人だった。義妹の、キルスティン様が現れるまでは。 「エリアーナ、紹介するよ。僕の義妹の、キルスティンだ。可愛いだろう?」 私の誕生日に、邸へ迎えに来てくれたはずのデイビッド様は、最近出来た義妹のキルスティン様を連れて来た。予約していたレストランをキャンセルしたと言われ、少しだけ不機嫌になった私に、 「不満そうだね。キルスティンは楽しみにしていたのに、こんな状態では一緒に出かけても楽しくないだろう。今日は、キルスティンと二人でカフェに行くことにするよ。君は、邸でゆっくりすればいい」そう言って、二人で出かけて行った。 その日から、彼は変わってしまった。私よりも、義妹を優先し、会うこともなくなって行った。 彼の隣に居るのは、いつもキルスティン様。 笑いかけてもくれなくなった彼と、婚約を解消する決意をする。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 感想の返信が出来ず、申し訳ありません。感想ありがとうございました。 嬉しい感想や、自分では気付かなかったご意見など、本当にいつも感謝しております。 読んでくださり、ありがとうございました。
24h.ポイント 532pt
小説 2,163 位 / 186,070件 恋愛 1,080 位 / 58,625件
文字数 27,752 最終更新日 2023.07.17 登録日 2023.07.08
21
恋愛 完結 長編 R18
竜神都市アーガストに三人の聖女が召喚されました。バツイチ社会人が竜神のお手当てをしてさっくり日本に帰るつもりだったのに、竜の神官二人に溺愛されて帰れなくなっちゃう話。
24h.ポイント 21pt
小説 23,898 位 / 186,070件 恋愛 10,437 位 / 58,625件
文字数 175,929 最終更新日 2023.07.13 登録日 2023.01.11
22
恋愛 完結 短編
伯爵令嬢のアニエスは真の愛を見つけたらしい婚約者に婚約破棄をされてしまった。 しかし絶望したのもつかの間、なぜか国王から側妃に望まれる。 「お前は若いんだ。考え直す気はないか?」 「いいんです、お父様」 (もう男には何も期待しないわ) そんな考えで側妃となったアニエスだがいよいよ初夜という時に国王から意外な提案をされる。 「王太子の女性嫌いを治してくれないか?」 「?」 実は王太子はある理由から女性を極力寄せ付けなくなっていた。 そんな王太子に女性を近づける方便としてアニエスが側妃に選ばれたのだった。 「別に誘惑しろとかいう訳ではない。年の近い家族として王太子の心を癒してやって欲しい」 「はあ……」 いきなりそんな事を云われても戸惑ってしまうんですが。 側妃に指名したのは王太子殿下の為だったのですか? 一大決心をして側妃となったのにその言葉にホッとした様な残念な様な……。 そんなアニエスと女性が苦手な年下の王太子の話。 ※視点が時々変わりますのでご注意ください。 ※小説家になろうの方にも掲載しています。あちらが修正版です。
24h.ポイント 120pt
小説 8,105 位 / 186,070件 恋愛 3,775 位 / 58,625件
文字数 62,479 最終更新日 2023.07.08 登録日 2023.06.25
23
恋愛 完結 短編
ある日突然、私は愛する人に殺された……はずだった。 気付いたら、殺された朝に時が戻っていた。 せっかく時が戻ったのに、抗うことが出来ず、私はまた殺されてしまう。 確かに刺されて死んだはずなのに、今度は傷が塞がっていて、生きている。理由が分からず、困惑していると、不思議な力まで使えるようになっていた。 彼が私を殺した理由は、私の友人である王女様を手に入れる為だった。邪魔な私を殺したはずなのに、生きていることを知ると、なぜか彼が付きまとってくる。 二度も殺しておいて、愛してる? ふざけないで! 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 220pt
小説 5,217 位 / 186,070件 恋愛 2,454 位 / 58,625件
文字数 30,193 最終更新日 2023.07.04 登録日 2023.06.26
24
恋愛 完結 短編 R15
「いや、それはいいのです。貴族の結婚に、愛など必要ないですから。問題は、僕が、エリカに対してなんの魅力も感じられないことなんです」  はじめて語られる婚約者の本音に、エリカの中にあるなにかが、音をたてて崩れていく。 「……僕は、エリカとの将来のために、正直に、自分の気持ちを晒しただけです……僕だって、エリカのことを愛したい。その気持ちはあるんです。でも、エリカは僕に甘えてばかりで……女性としての魅力が、なにもなくて」  ──ああ。そんな風に思われていたのか。  エリカは胸中で、そっと呟いた。
24h.ポイント 660pt
小説 1,751 位 / 186,070件 恋愛 872 位 / 58,625件
文字数 13,580 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.06.19
25
恋愛 完結 長編
学園でのパーティーの真っ最中、王子から婚約破棄を宣言されたキャスリンは、自身の過去を振り返る。実は彼女の前世は、縁日の屋台で惨めに売れ残った過去を持つバナナの果実だったのだ。 前世のトラウマや婚約者との確執、同級生たちの陰謀に苦しめられながらも、かつての知識と根性を活かしてたくましく奮闘していた彼女は、あるとき、憧れだった稀少品種を想起させる銀青色の髪と瞳を持つ美しい貴族令息と邂逅する。 場面は戻り、婚約者の暴挙により窮地に立たされた彼女。その心の傷を救うのは、果たして……? ※小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています。※旧サブタイトル『~元売れ残りチョコバナナは今度こそ幸せを掴みたい~』
24h.ポイント 0pt
小説 186,070 位 / 186,070件 恋愛 58,625 位 / 58,625件
文字数 94,076 最終更新日 2023.06.20 登録日 2023.06.14
26
恋愛 完結 短編 R15
 魔法の魅力に取り憑かれたサーシャは、幼少のときから魔法一筋で頑張って来た甲斐があり、難関の王立魔法学園に入学した。  だが、容姿端麗なサーシャは、同学年の王女から妬まれ、上級生の王子からは側妃になれと言い寄られ、魔法の勉強に集中出来ない日々を過ごしていた。  そんなある日、帝国の魔法好きの皇子兄弟が学園に留学して来て、サーシャから魔法の個人授業を受けたいという話になり、サーシャの人生は大きく動いていく。
24h.ポイント 14pt
小説 28,671 位 / 186,070件 恋愛 12,417 位 / 58,625件
文字数 24,580 最終更新日 2023.06.12 登録日 2023.06.11
27
恋愛 完結 短編
愛する人と結婚して一年、幸せな毎日を送っていた。それが、一瞬で消え去った…… 彼は突然愛人と子供を連れて来て、離れに住まわせると言った。愛する人に裏切られていたことを知り、胸が苦しくなる。 邪魔なのは、私だ。 そう思った私は離婚を決意し、邸を出て行こうとしたところを彼に見つかり部屋に閉じ込められてしまう。 「君を愛してる」と、何度も口にする彼。愛していれば、何をしても許されると思っているのだろうか。 冗談じゃない。私は、彼の思い通りになどならない! *設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 291pt
小説 3,994 位 / 186,070件 恋愛 1,899 位 / 58,625件
文字数 19,038 最終更新日 2023.06.12 登録日 2023.06.08
28
恋愛 完結 長編 R15
旧題:もう当て馬になるのはごめんです!~巻き戻り令嬢のやり直し奮闘記~ 幼い頃から家族に疎まれて育ったエミリアは、婚約者から婚約破棄された上に、迷惑行為を繰り返した弟のとばっちりで王立学園を退学処分となった。 その後、実家へ戻るも領民の反乱が起き、着の身着のまま逃亡した辺境の地で病に倒れ、不遇の人生に幕を閉じた……はずだった。 だが、気が付くと婚約者との顔負わせ直前の、九才まで時間が巻き戻っていたのだ。 「理由は分からないけど、これは好機だわ!」 九歳に戻ったエミリアは、前の記憶を元に破滅を回避をして平穏な生活を送ろうと決意する。 破滅回避を目指して行動する中、高レベル冒険者のノアと出会い彼と雇用契約を結ぶのだった。 それから六年。 執事兼護衛のノアに支えられて十五歳に成長したエミリアは、ついに自分の運命を左右する王立学園入学の日を迎えた。 “前のエミリア”と婚約破棄をした婚約者と彼の恋人の存在を警戒しながら、エミリアは彼女を守るため女装までして付いてきたノアと共に、学園生活を開始する。 平穏な生活を夢見ていたエミリアだが、徐々に学園内に渦巻く陰謀に巻き込まれていく。 ✱レジーナブックス様より書籍化しました!
24h.ポイント 56pt
小説 13,498 位 / 186,070件 恋愛 6,217 位 / 58,625件
文字数 151,409 最終更新日 2023.05.31 登録日 2022.01.09
29
恋愛 連載中 短編
 「君の花は貰えない」  この国の結婚は恋愛結婚が多い、しかし未だに高位貴族と王族だけは政略結婚を強いられている。  それには理由がある。  一番多いのはマナー、教養の問題。  そこで学園は恋愛疑似体験として、学園祭の終わりに告白するイベントを催していた。  意中の男性・女性に自ら告白し、受け入れられれば白いコサージュを貰えるという貴族のお遊び程度のもの。  高位貴族にとって一つの思い出なので、男性・女性共に相手からの花は礼儀としてもらうが、コサージュは渡さない暗黙のルール。  但し、本当の恋人や婚約者からの花は受け取るもの。  だが、アディ―ナ・クリステル侯爵令嬢は断られた。  当時付き合っていたはずなのに…。アディ―ナの初恋は終わってしまった。  そして、学園を卒業して二十歳の時に王命で婚約者が決定した。  相手は、かつて学園祭で花告白を断った男…。  今更……。  ──カイン・アンドレア  侯爵家の次男。  でも、アディ―ナは知っている。  彼が学園祭である女性からのコサージュを受け取っていたことを…。  二股をかけられていたのか、遊びだったのかは分からないが、今のアディ―ナにはどうでもいいことだった。
24h.ポイント 752pt
小説 1,549 位 / 186,070件 恋愛 782 位 / 58,625件
文字数 25,858 最終更新日 2023.05.24 登録日 2023.01.21
30
恋愛 完結 短編
伯爵令嬢のアシュリー・ペイジはこの国で唯一の聖女だった。 聖女としての運命に悩んでいた時、ルーファス殿下と出会い、自分の運命を受けいれた。やるべきことを教えてくれた殿下に、アシュリーは恋心を抱く。 数年後、殿下から気持ちを告げられ、二人は婚約した。親友のケイトは、そんな二人を祝福していたのだが…… 結婚初夜、彼が口にしたのは、アシュリーへの愛ではなくケイトへの想いだった。 彼は王太子になる為に、アシュリーと結婚をした。 すぐにケイトを側妃に迎え、アシュリーはお飾りの王太子妃となった。 そんな中、ルーファス王子の心が何故か変わり始める。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 518pt
小説 2,226 位 / 186,070件 恋愛 1,113 位 / 58,625件
文字数 45,285 最終更新日 2023.04.21 登録日 2023.04.05
31
恋愛 完結 短編 R15
 聖女エリノアには、魔物討伐部隊隊長の、アントンという婚約者がいる。そして、たった一人の家族である妹のリビーは、聖女候補として、同じ教会に住んでいた。  エリノアにとって二人は、かけがえのない大切な存在だった。二人も、同じように想ってくれていると信じていた。  ──でも。  「……お姉ちゃんなんか、魔物に殺されてしまえばいいのに!!」 「そうだね。エリノアさえいなければ、聖女には、きみがなっていたのにね」  深夜に密会していた二人の会話を聞いてしまったエリノアは、愕然とした。泣いて。泣いて。それでも他に居場所のないエリノアは、口を閉ざすことを選んだ。  けれど。  ある事件がきっかけで、エリノアの心が、限界を迎えることになる。
24h.ポイント 369pt
小説 3,142 位 / 186,070件 恋愛 1,544 位 / 58,625件
文字数 35,455 最終更新日 2023.04.11 登録日 2023.03.09
32
恋愛 完結 短編
妹のデイジーは、全てを奪って行く。愛する婚約者も、例外ではなかった。 「私ね、キール様の子を妊娠したみたいなの」 妹は、私の婚約者との子を妊娠した。両親は妹を叱るどころか二人の婚約を祝福した。 だけど、妹は勘違いをしている。彼を愛してはいたけど、信じてはいなかった。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 553pt
小説 2,081 位 / 186,070件 恋愛 1,040 位 / 58,625件
文字数 25,641 最終更新日 2023.04.04 登録日 2023.03.25
33
恋愛 完結 短編 R15
 カトリーヌは王国有数の貴族であるアードレー侯爵家の長女で、十七歳で学園を卒業したあと、皇太子妃になる予定だった。  ところが、幼少時にアードレー家の跡継ぎだった兄を自分のせいで事故死させてしまってから、運命が暗転する。両親から疎まれ、妹と使用人から虐められる日々を過ごすことになったのだ。  十二歳で全寮制の学園に入ってからは勉学に集中できる生活を過ごせるようになるが、カトリーヌは兄を事故死させた自分を許すことが出来ず、時間を惜しんで自己研磨を続ける。王妃になって世のため人のために尽くすことが、兄への一番の償いと信じていたためだった。  しかし、妹のシャルロットと王国の皇太子の策略で、カトリーヌは王国の皇太子妃ではなく、戦争好きの野蛮人の国の皇太子妃として嫁がされてしまう。  だが、野蛮だと思われていた国は、実は合理性を追求して日進月歩する文明国で、そこの皇太子のヒューイは、頭脳明晰で行動力がある超美形の男子だった。  カトリーヌはヒューイと出会い、兄の呪縛から少しずつ解き放され、遂にはヒューイを深く愛するようになる。  一方、妹のシャルロットは王国の王妃になるが、思い描いていた生活とは異なり、王国もアードレー家も力を失って行く……
24h.ポイント 28pt
小説 20,591 位 / 186,070件 恋愛 9,150 位 / 58,625件
文字数 64,038 最終更新日 2023.04.02 登録日 2023.03.20
34
恋愛 連載中 短編 R15
 公爵令嬢ヘスティアの妹、アイリスは我がままだった。  なんでもかんでも自分が1番じゃないと、自分の思う通りに話が進まないと気の済まない性格。 「あれがほしい」 「これがほしい」  ヘスティアが断ると、ヒステリックを起こす。  両親は妹に甘く、ヘスティアに、 「お姉ちゃんでしょ? 譲ってあげなさい」  と言い出す。  こうしてヘスティアは、妹に色んなものを奪われていった。  そんな折、彼女はまた悲鳴をあげる。 「いやいやいやいや! あんなキモデブと結婚したくない!」  キモデブと揶揄された彼は、この国の第一王子。 「お姉様の婚約者の、イケメンの公爵が良い。お姉様、交換して!」 「はあ」  公爵も了承し、あれよあれよという間に婚約者交換が決まった。  でも私は内心、喜んでいた。  顔だけの公爵よりも、性格の良い第一王子の方がよっぽどマシよ。  妹から有難く「第一王子の婚約者」という立場を貰ったヘスティア。  第一王子とともに穏やかな生活を送っていたある日。  なぜか城へ殴り込んできた妹と元婚約者。  ……は?  復縁?  そんなの無理に決まってるじゃないの。
24h.ポイント 56pt
小説 13,498 位 / 186,070件 恋愛 6,217 位 / 58,625件
文字数 11,163 最終更新日 2023.03.31 登録日 2021.12.09
35
恋愛 完結 長編 R15
112
クインツ国の王妃アンは、王レイナルドの命を受け廃妃となった。 愛人であったリディア嬢が新しい王妃となり、アンはその日のうちに王宮を出ていく。 実家の伯爵家の屋敷へ帰るが、継母のダーナによって身を寄せることも敵わない。 アンは動じることなく、継母に一つの提案をする。 「私に娼館を紹介してください」 娼婦になると思った継母は喜んでアンを娼館へと送り出して──
24h.ポイント 142pt
小説 7,153 位 / 186,070件 恋愛 3,358 位 / 58,625件
文字数 164,587 最終更新日 2023.03.22 登録日 2023.01.28
36
恋愛 完結 短編
五年間婚約していたジョゼフ様に、学園の中庭に呼び出され婚約破棄を告げられた。その隣でなぜか私に怯える義姉のバーバラの姿があった。 バーバラは私にいじめられたと嘘をつき、婚約者を奪った。 五年も婚約していたのに、私ではなく、バーバラの嘘を信じた婚約者。学園の生徒達も彼女の嘘を信じ、親友だと思っていた人にまで裏切られた。 バーバラの目的は、ワイヤット侯爵家を継ぐことのようだ。 だが、彼女には絶対に継ぐことは出来ない。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 感想の返信が出来ず、申し訳ありません。
24h.ポイント 695pt
小説 1,663 位 / 186,070件 恋愛 832 位 / 58,625件
文字数 56,812 最終更新日 2023.03.19 登録日 2023.02.24
37
恋愛 完結 長編
「僕たちの婚約を破棄しよう」 愛しき婚約者は無情にも、予測していた言葉を口にした。 伯爵令嬢のバシュラール・ディアーヌは婚約破棄を宣告されてしまう。 「あの女のせいです」 兄は怒り――。 「それほどの話であったのか……」 ――父は呆れた。 そして始まる貴族同士の駆け引き。 「ディアーヌの執務室だけど、引き払うように通達を出してくれ。彼女も今は、身の置き所がないだろうしね」 「我が家との取引を中止する? いつでも再開できるように、受け入れ体勢は維持するように」 「決闘か……、子供のころ以来だよ。ワクワクするなあ」 令嬢ディアーヌは、残酷な現実を覆せるのか?
24h.ポイント 14pt
小説 28,671 位 / 186,070件 恋愛 12,417 位 / 58,625件
文字数 53,693 最終更新日 2023.02.27 登録日 2023.01.30
38
恋愛 完結 長編 R15
 公爵令嬢のアラーナは、婚約者である第一王子のエイベルと、実妹のアヴリルの不貞行為を目撃してしまう。けれど二人は悪びれるどころか、平然としている。どころか二人の仲は、アラーナの両親も承知していた。  アラーナの努力は、全てアヴリルのためだった。それを理解してしまったアラーナは、糸が切れたように、頑張れなくなってしまう。でも、頑張れないアラーナに、居場所はない。  アラーナは自害を決意し、実行する。だが、それを知った家族の反応は、残酷なものだった。  ──しかし。  運命の歯車は確実に、ゆっくりと、狂っていく。
24h.ポイント 710pt
小説 1,632 位 / 186,070件 恋愛 817 位 / 58,625件
文字数 51,482 最終更新日 2023.02.27 登録日 2023.01.30
39
恋愛 連載中 長編 R15
大規模な自然災害により絶滅寸前となった兎耳族の生き残りは、大帝国の皇帝の計らいにより宮廷で保護という名目の軟禁下に置かれている。 彼らは宮廷内の仕事に従事しながら、一切の外出を許可されず、婚姻は同族間のみと定義づけられ、宮廷内の籠の鳥と化していた。 そんな中、宮廷薬師となった兎耳族のユーファは、帝国に滅ぼされたアズール王国の王子で今は皇宮の側用人となったスレンツェと共に、生まれつき病弱で両親から次期皇帝候補になることはないと見限られた五歳の第四皇子フラムアーク付きとなり、皇子という地位にありながら冷遇された彼を献身的に支えてきた。 フラムアークはユーファに懐き、スレンツェを慕い、成長と共に少しずつ丈夫になっていく。 だがそれは、彼が現実という名の壁に直面し、自らの境遇に立ち向かっていかねばならないことを意味していた―――。 柔和な性格ながら確たる覚悟を内に秘め、男としての牙を隠す第四皇子と、高潔で侠気に富み、自らの過去と戦いながら彼を補佐する亡国の王子、彼らの心の支えとなり、国の制約と湧き起こる感情の狭間で葛藤する亜人の宮廷薬師。 三者三様の立ち位置にある彼らが手を携え合い、ひとつひとつ困難を乗り越えて掴み取る、思慕と軌跡の逆転劇。
24h.ポイント 0pt
小説 186,070 位 / 186,070件 恋愛 58,625 位 / 58,625件
文字数 523,858 最終更新日 2023.02.26 登録日 2020.01.10
40
恋愛 完結 長編 R18
わたしはドゥオーモ王国の名ばかりの王太子妃マリアナです。 王宮には5歳の時、母様と馬車に乗っているときの事故で、母様を亡くし、目が覚めると、名前と母様の最後の様子しか覚えていませんでした。 そんな折、見知らぬお母様という人とお姉様という人が尋ねてきました。父様は母様を殺したのでしょうか? 目を覚ましたわたしは、ドゥオーモ王国の王宮に連れてこられました。 どうしてか分かりません。 わたしは国王陛下に育てられました。 そして、国王陛下の息子である、ペリオドス様と結婚したのです。その結婚は、ペリオドス様が愛する第二夫人と結婚するための、白い、真っ白い結婚だったのです。わたしを誰も愛してくれない。 この話はマリアナが幸せになるお話です。場所は帝国に移ります。 クラクシオン皇太子殿下とマリアナの話。馬鹿なペリオドス王太子の成長。お馬鹿なジュリアン様の行く末。クラクシオン皇太子殿下の妹達の恋愛模様、マリアナの兄との確執等、記憶喪失のマリアナの記憶の糸、お医者さんごっこは作者の萌え。盛りたくさんの超長編です。楽しんで戴けたら嬉しく思います。作品は完成しているので、毎日、2話投稿していきます。R15は保険 全71話 23.1.20 HOTランキング一位ありがとうございます。
24h.ポイント 198pt
小説 5,719 位 / 186,070件 恋愛 2,666 位 / 58,625件
文字数 224,814 最終更新日 2023.02.11 登録日 2023.01.06
200 12345

アルファポリスの恋愛小説のご紹介

アルファポリスの恋愛小説の一覧ページです。
イケメンとの甘々な恋愛から悪役令嬢などの異世界転移ものまで、胸キュン、切ない、純愛などの多彩な恋愛小説が満載です。
悪役令嬢」 「婚約破棄」 「溺愛」 「ざまぁ」 「オフィスラブ」 人気のタグからお気に入りの小説を探すこともできます。ぜひお気に入りの小説を見つけてください。