銀の鳥籠

 サクヤは高校受験の為の二者面談で担任教師から誕生時に進むべき高校が決められていると知らされる。そこは全寮制の超がつくエリート男子魔法学校だった。魔力制御の一つも出来ず、その魔力の為に決められていた事が理由だった。しかし、本来なら初等部から入学が義務付けられる能力があるにも関わらず、高等学校から入学する事を決められた理由を、サクヤは入学してから知ることになる。誕生日を境に煌びやかな人々に囲まれ、サクヤは知らないうちに色々な事情に巻き込まれていく。何より、循環相手として貞操の危機に! 果たして、サクヤは無事命を永らえることが出来るのか?!
 
■閉鎖したサイト、メクるにて公開していました。小説家になろうでも公開しています。
 
■ブログ機能で連載をしていた関係で、ルイ&サクヤ編は文字数が少な目です。
 
■SSについては時系列がバラバラです。
24hポイント 334pt
小説 4,102 位 / 144,676件 BL 862 位 / 16,493件