恋愛 溺愛小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 溺愛×
2,435 12345
1
恋愛 完結 短編
わたし、リエナは今日婚約者であるローウェンとデートをする予定だった。 ところが、いつになっても彼が現れる気配は無く、待ちぼうけを喰らう羽目になる。 「私はレイナが好きなんだ!」 それなりの誠実さが売りだった彼は突如としてわたしを捨て、妹のレイナにぞっこんになっていく。 こうなったら仕方ないので、わたしも前から繋がりがあった大公様と付き合うことにします!
24hポイント 172,906pt
小説 4 位 / 99,137件 恋愛 4 位 / 27,551件
文字数 26,729 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.01
2
恋愛 連載中 長編
「あんなバケモノ公爵と結婚なんて、絶対に嫌っ!! そうよ、お姉さまならお似合いよね! 代わりにお姉さまの婚約者は私がもらってあげるわ!」 「このボクが、君みたいな魔法も使えない、貧相な使用人のような女と婚約すると? 思い上がりも甚だしいぞ!」  血縁がないため、日々、義母や義妹からは虐げられ、召使のように扱われていたミルティア。  日々の食事にも事欠く有様で、どんなものでも自力で調理して、なんとか毎日を生き延びていた。  そんな中、義父と義母に甘やかされて育った義妹と、女の若さと見た目にしか興味の無い婚約者から、無残に婚約を破棄され、押し付けられたのは『呪われ公爵』と呼ばれるレンロット公との婚姻だった。  おぞましい怪物姿の公爵は、この呪いが原因で、多くの人達から忌避され人間不信に陥っており……当初、ミルティアにもきつく当たる。  だが、ミルティアにとって、調理の際に見慣れたタコの化け物のような姿は、それほどおぞましいものではなかった。  それよりも、衣食住の保証された公爵家での生活は、実家である伯爵家の生活よりもずっと幸せなものだった。 「……こ、こんなにあたたかでふわふわなお布団……初めて……!」 「すごく新鮮な魚介類……!! 腐っても、カビてもいない食事が一日に三度も!?」 「こんな小さな擦り傷に『回復魔法』をかけていただけるなんて……公爵様って、本当は、すごくお優しい方なのでは……?」  誠実に『呪われ公爵』に仕えた結果、ミルティアの行動があまりに想定外だったらしく、だんだんとレンロット公爵の固く冷え切った心を溶かして行く。  そして、特技の料理で公爵様の心と胃袋を射止めてしまう。  愛する女性の手料理により呪いが解けた公爵は、実は絶世の美青年だった。  それを知った途端、手のひらを返して「婚約者を取り換えましょう!」と騒ぎ立てる義妹だったが、そんな身勝手を許す公爵ではなかった。  やがて、ミルティアを虐めていた連中は、自業自得で落ちぶれて行く。  これは、虐められ、蔑まれ、何でも食いつないで生き延びてきた少女、ミルティアが、呪われた公爵様に溺愛され、幸せになる話です。
24hポイント 120,232pt
小説 17 位 / 99,137件 恋愛 17 位 / 27,551件
文字数 49,536 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.31
3
恋愛 連載中 短編
国を守る聖女として城に住んでいた私フィーレは、元平民ということもあり蔑まれていた。 伝統だから城に置いているだけだと、国が平和になったことで国王や王子は私の存在が不愉快らしい。 無能だと何度も言われ続けて……私は本当に不必要なのではないかと思い始める。 そうだ――自らを封印することで、数年ぐらい眠ろう。 無能と蔑まれ、不必要と言われた私は私を封印すると、国に異変が起きようとしていた。
24hポイント 81,331pt
小説 32 位 / 99,137件 恋愛 30 位 / 27,551件
文字数 32,108 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.11
4
恋愛 完結 短編 R15
私、ロゼッタ・チャールストン15歳には婚約者がいる。 バカで女にだらしなくて、ギャンブル好きのクズだ。公爵家当主に土下座する勢いで頼まれた婚約だったから断われなかった。 だから、条件を付けて学園を卒業するまでに、全てクリアする事を約束した筈なのに…… 一つもクリア出来ない貴方なんか要りません。絶対に婚約破棄します。
24hポイント 72,221pt
小説 36 位 / 99,137件 恋愛 34 位 / 27,551件
文字数 22,547 最終更新日 2021.04.08 登録日 2021.03.22
5
恋愛 連載中 長編
 侯爵令嬢のリディアは、侯爵令息であるロジェリオと婚約し、充実した日々を送っていた。  念願の婚約から3か月ほど経ったある日、リディアはロジェリオがとある出稼ぎ令嬢と「恋仲」になっている、という噂を耳にした。そして、その噂は貴族の間でどんどん広がっているという。  リディアはその噂を信じていなかったものの、ある日噂の2人のやりとりを目の当たりにすることで、その噂の原因に気付く。  噂の原因に気付いたリディアは、ある人に相談の手紙を送る。  その相手とは、現在国際交流のため隣国に留学している、リディアとロジェリオの幼馴染兼文通相手である王太子のアーネストだった。  すると手紙を送って数日後、アーネストが留学を終え、5年ぶりに本帰国するという知らせが突如舞い込んできた。  アーネストが帰国した理由には、リディアの存在と、例の噂が深く関わっているようで……。  このアーネストの帰国と、例の噂によって、リディアの婚約は大きく一変することとなる。  果たして、この恋の四角関係はどんな結末を迎えるのか!? *小説家になろう様とツギクル様にも投稿しています。
24hポイント 71,287pt
小説 38 位 / 99,137件 恋愛 36 位 / 27,551件
文字数 86,362 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.26
6
恋愛 完結 短編 R15
なんでも頂戴ていう妹が、姉を欲しいのといわれた。何言ってるの?そんなこと出来ないと思っていたら、妹に甘々の両親に養女に出されました。その上、養子に来るはずだった公爵の息子も私が貰うわいわれた。もう好きにして。隣の国の親戚の養女行きましたが、その途中で助けたのはなんと第2皇子。その上溺愛されたけど、正直面倒なことになってきました
24hポイント 71,042pt
小説 39 位 / 99,137件 恋愛 37 位 / 27,551件
文字数 25,499 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.03.31
7
恋愛 連載中 短編
 婚約者レヴォク様に「お前の妹の方がいい」と言われ、伯爵令嬢の私シーラは婚約破棄を受けてしまう。  事態に備えて様々な魔法を覚えていただけなのに、妹ソフィーは私が危険だとレヴォク様に伝えた。  それを理由に婚約破棄したレヴォク様は、ソフィーを新しい婚約者にする。  そして私は、辺境伯のゼロア様と婚約することになっていた。  私は危険で有名な辺境に行くことで――ゼロア様の力になることができていた。
24hポイント 67,327pt
小説 41 位 / 99,137件 恋愛 39 位 / 27,551件
文字数 18,619 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.23
8
恋愛 連載中 短編
ドニエ公爵家の双子シルヴィとアネットは、美人姉妹で有名だった。 だが、妹のアネットは表の顔と裏の顔に差がありすぎた。 人を見下すことで優越感に浸るのが大好きで、誰かが幸せそうにしていれば影口を言い、その幸せを壊しに行く。そんな裏がある一方、表では美しき公爵令嬢として男性貴族たちの賞賛を集めることに余念がない。 そんなアネットは誰もがうらやむような、すごい相手と婚約してまわりを見下したいと思っていた。 王太子ジェラルドが留学先から帰国したのを知ると、シルヴィや友人たちを押しのけて彼に近づき、とうとう婚約者の座に納まる。歓喜の頂点に達したアネットは、高笑いをしながら自慢しまくるのだが……。 そこから転落するのは想像以上に速かった。 承認欲求をこじらせすぎて、自ら墓穴を掘って破滅に向かうアネットの隣でシルヴィは……。 4万字くらいまでの予定です(4万字は短編か長編か迷う)。【黒い花波】
24hポイント 67,286pt
小説 42 位 / 99,137件 恋愛 40 位 / 27,551件
文字数 37,195 最終更新日 2021.04.09 登録日 2021.03.22
9
恋愛 連載中 短編
姉のセレナと妹のマレーネは共に伯爵令嬢だ。 妹のマレーネは婚約者になるはずの公爵令息のことを嫌っていた。理由は強面で無口で怖そうだから。 そんな人物と結婚するのは嫌だということで父親に泣きつき、代わりに姉のセレナが婚約者に選ばれた。 セレナ自身もあまり面識はなかった為に、最初こそ噂を信じてしまっていたが……話してみると悪い噂とは真逆の人物であることを知る。優しく理知的、強引に婚約が決まってしまったセレナに謝罪するまであったのだ。 セレナはそんな公爵令息に心惹かれ、彼の隣に立てる令嬢になるべく精進していく。 一方で、我が儘の限りを尽くして別の貴族と婚約したマレーネだったが、その相手は浮気癖の酷い最低男で……。
24hポイント 63,453pt
小説 48 位 / 99,137件 恋愛 46 位 / 27,551件
文字数 11,201 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.06
10
恋愛 連載中 短編
叔父一家に虐げられていた少女リアはついに竜王陛下への生贄として差し出されてしまう。どんな酷い扱いをされるかと思えば、体が小さかったことが幸いして竜王陛下からは小動物のように溺愛される。そして生贄として差し出されたはずが、リアにとっては怠惰で幸福な日々が始まった―――。
24hポイント 51,767pt
小説 55 位 / 99,137件 恋愛 51 位 / 27,551件
文字数 54,228 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.02
11
恋愛 連載中 短編
ラタナトイ王国の伯爵令嬢ローザは侯爵閣下と婚約していたが、酷過ぎる妹に奪われてしまった。 妹が奪うのは、ローザの全て……住んでいた屋敷の私物から屋敷全体までを掌握されてしまうのだ。 「姉さまにこんな豪華な屋敷は必要ないわ。私が全て貰ってあげる」 ローザは事実上の追放を受けてしまうのだった。 その状況を助けてくれたのが、大公殿下であるバルサークだ。 ローザにふさわしい、より豪華な屋敷を1から提供してくれたのだ。受け取れないと断る彼女だが、ローザのことを以前から愛していたバルサークは婚約を申し出る。二人の仲は急速に進展するのだった。 一方、侯爵の力で好き勝手していた妹は手痛いしっぺ返しを喰らうことになってしまい……。
24hポイント 46,555pt
小説 61 位 / 99,137件 恋愛 57 位 / 27,551件
文字数 25,507 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.22
12
恋愛 連載中 長編 R15
垢移動の為、再掲です。 セレスティーヌ・エーグルは前世の記憶を持つ公爵令嬢である。 幼い頃から自身が乙女ゲームの悪役令嬢だと知っているが破滅回避の準備をしていない。 乙女ゲームのストーリーを知らないから出来ないのだ。 「内容知らないけどヒロインを苛めなければ大丈夫でしょ」 これはパッケージも開けていない乙女ゲームの悪役令嬢に転生してしまった一人の少女と少女に興味を持つ筆頭攻略対象者の物語である。 二ヶ月以内の完結を目指します。
24hポイント 44,185pt
小説 65 位 / 99,137件 恋愛 60 位 / 27,551件
文字数 16,650 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.04.02
13
恋愛 連載中 長編 R18
 シエナは元公爵令嬢という身分を隠し、貴族に仕える侍女。  義妹と婚約者に裏切られ、家族との縁を切り逃げるように帝国にやってきた。  行くあてもない彼女を拾ったのは公爵家のミシェルお嬢様。  優しい主との幸せな生活。このままミシェルの為に尽くそう、シエナはそう思っていた。  あの日、彼に出逢うまでは…。  明るく元気なシエナ(人間)✕執着心強めな獣人騎士の溺愛物語です。 *R18の話には*マークを付けます。
24hポイント 38,476pt
小説 75 位 / 99,137件 恋愛 66 位 / 27,551件
文字数 61,780 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.03.26
14
恋愛 連載中 長編
サイドル王国の子爵家の次女であるテレーズは、長女のマリアに婚約者のラゴウ伯爵を奪われた。 その後、テレーズは辺境伯カインとの婚約が成立するが、マリアやラゴウは所詮は地方領主だとしてバカにし続ける。 しかし、無知な彼らは知らなかったのだ。西の国境線を領地としている辺境伯カインの地位の高さを……。 貴族としての基本的な知識が不足している二人にテレーズは失笑するのだった。 そしてその無知さは取り返しのつかない事態を招くことになる──。
24hポイント 36,814pt
小説 80 位 / 99,137件 恋愛 69 位 / 27,551件
文字数 46,688 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.03
15
恋愛 連載中 長編
侯爵令嬢であるアーデルハイドは妹を苛めた罪により婚約者に捨てられ流罪にされた。 全ては仕組まれたことだったが、幼少期からお姫様のように愛された妹のことしか耳を貸さない母に、母に言いなりだった父に弁解することもなかった。 言われるがまま島流しの刑を受けるも、その先は隣国の南の島だった。 食料が豊作で誰の目を気にすることなく自由に過ごせる島はまさにパラダイス。 アーデルハイドは家族の事も国も忘れて悠々自適な生活を送る中、一人の少年に出会う。 その一方でアーデルハイドを追い出し本当のお姫様になったつもりでいたアイシャは、真面な淑女教育を受けてこなかったので、社交界で四面楚歌になってしまう。 幸せのはずが不幸のドン底に落ちたアイシャは姉の不幸を願いながら南国に向かうが…
24hポイント 35,792pt
小説 83 位 / 99,137件 恋愛 70 位 / 27,551件
文字数 124,992 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.01.26
16
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢のレミュラは、公爵閣下と婚約関係にあったが、より位の高い令嬢と婚約しレミュラとは婚約破棄をした。 その事実を知ったヤンデレ気味の姉は、悲しみの渦中にあるレミュラに、クラレンス王子殿下を紹介する。それを可能にしているのは、ヤンデレ姉が大公殿下の婚約者だったからだ。 レミュラとクラレンス……二人の仲は徐々にだが、確実に前に進んでいくのだった。 ところでレミュラに対して婚約破棄をした公爵閣下は、新たな侯爵令嬢のわがままに耐えられなくなり、再びレミュラのところに戻って来るが……その時にはレミュラの心強い味方は鬼の形相になっていたとさ。
24hポイント 32,987pt
小説 89 位 / 99,137件 恋愛 74 位 / 27,551件
文字数 18,412 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.31
17
恋愛 完結 短編
 長年、読者だった漫画が完結して、ネットで買えばいいものをウキウキ本屋に行った私。買った。やった。ソワソワ。ダメだ。我慢出来ない。家まで我慢できずに歩き読みを始めたら、呆気なくトラックに引かれたマヌケです。  ものすごく頭が痛いです。目を開けるとそこにはイケメンが!ココこれは異世界転生!?ざまぁですね?ふふふふ。え?違う??どういう事? ◎全7話 完結予定
24hポイント 32,406pt
小説 90 位 / 99,137件 恋愛 75 位 / 27,551件
文字数 6,976 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.04
18
恋愛 完結 短編
「誰だって君じゃなくキャンディーと結婚したいと思うさ!」 「へえ」 「狙撃なんて淑女の嗜みじゃないからね!!」 私はジャレッド伯爵令嬢イーディス・ラブキン。 で、この失礼な男は婚約者リーバー伯爵令息ハドリー・ハイランド。 妹のキャンディーは、3つ下のおとなしい子だ。 「そう。じゃあ、お父様と話して。決めるのはあなたじゃないでしょ」 「ああ。きっと快諾してくれると思うよ!」 そんな私と父は、一緒に狩場へ行く大の仲良し。 父はもちろんハドリーにブチギレ。 「あーのー……やっぱり、イーディスと結婚したいなぁ……って」 「は? それ、喜ぶと思ってるの?」 私は躊躇わなかった。 「婚約破棄で結構よ。私はこの腕に惚れてくれる夫を射止めるから」 でもまさか、王子を、射止めるなんて…… この時は想像もしていなかった。
24hポイント 32,024pt
小説 91 位 / 99,137件 恋愛 76 位 / 27,551件
文字数 20,656 最終更新日 2021.04.09 登録日 2021.03.30
19
恋愛 完結 短編
公爵令嬢で皇子の妃候補筆頭で生徒会副会長だけれど、私は悪役令嬢では無いし、皇子との婚約にも興味が無いので放っておいて欲しいです。 将来は田舎で畑を耕したい。
24hポイント 27,462pt
小説 102 位 / 99,137件 恋愛 83 位 / 27,551件
文字数 27,366 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.04.03
20
恋愛 連載中 長編
子爵令嬢セイディは、ある日婚約者である神殿の神官長の息子ジャレッドに婚約の破棄を告げられる。そして、セイディの聖女の力を「偽物」呼ばわりし、新しくセイディの腹違いの妹レイラを聖女兼婚約者にするという。 その結果、セイディは実家の子爵家を勘当され、正真正銘一人ぼっちになってしまう。 だが、セイディはそれぐらいでへこたれるような虚弱なメンタルなどしていなかった。 勘当された翌日。セイディは騎士団の寄宿舎の世話役のメイドを募集していることを知り――応募した。 元より実家で虐げられ、家事業は完璧だったセイディはすぐに採用され、いつしか騎士たちと仲良くなっていく。 しかし、その反面セイディと婚約を破棄したジャレッドはレイラのわがまま三昧に呆れ、セイディとよりを戻そうと画策していた。 最強の騎士団長やら、おかん気質の副団長。弟気質の新米騎士に、気難しい魔法騎士団の団長。さらには孤高の宮廷魔法使いなども巻き込んで、セイディは無意識のうちに最強になっていく。 ♢ ♢ ♢ ゆるっとふわっと設定のお話です。 ♢hotランキング 最高2位 ※小説家になろう、ツギクルにも掲載中。 ※表紙は三日月アルペジオ様よりお借りしております。
24hポイント 27,066pt
小説 103 位 / 99,137件 恋愛 84 位 / 27,551件
文字数 82,536 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.04
21
恋愛 連載中 長編
 公爵令嬢のライラは契約していた大狼が怖いと言われ、ディアス殿下に婚約破棄を受けてしまう。  そして新たな婚約者として侯爵令嬢のメラナーを選んだことで、私は婚約破棄の真相を知る。  数ヶ月後に国を守る神獣が選ばれる儀式があり、メラナーが契約していたペガサスが最有力候補だった。  その後、神獣を決める儀式が始まり――私の契約獣が神獣に決まる。  それを知ったディアス殿下が謝罪するも、私は許す気がなかった。
24hポイント 25,610pt
小説 112 位 / 99,137件 恋愛 88 位 / 27,551件
文字数 110,376 最終更新日 2021.04.11 登録日 2020.11.15
22
恋愛 連載中 長編 R15
セシリアは王女でありながら離宮に隔離されている。 父以外の家族にはいないものとして扱われ、唯一顔を見せる妹には好き放題言われて馬鹿にされている。 そんな中、公爵家の子息から求婚され、幸せになれると思ったのも束の間――それを知った妹に相手を奪われてしまう。 今までの鬱憤が爆発したセシリアは、自国での幸せを諦めて、凶帝と恐れられる隣国の皇帝に嫁ぐことを決意する。 自分に正直に生きることを決めたセシリアは、思いがけず隣国で才能が開花する。 一方、セシリアがいなくなった国では様々な異変が起こり始めて……
24hポイント 23,099pt
小説 122 位 / 99,137件 恋愛 95 位 / 27,551件
文字数 78,663 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.01.17
23
恋愛 連載中 長編
義母と義姉に虐げられ、使用人以下の扱いを受けてきたセシルは、悪魔公爵と呼ばれるルモニエ公爵に嫁がされることになった。 悪魔の呪いによってカラスに姿を変えられたルモニエ公爵は、とても醜く残忍だと言われている。神託によって彼の花嫁が必要となったため、セシルは生贄にされたのだった。 しかし、嫁いでみると残忍なはずの公爵はとても優しかった(と言うか、よわよわだった)。その上、呪いが解けている時はとんでもない美形。 セシルは大切にされ、思いのほか幸せな日々を送る……。 完全に呪いを解くには悪魔を見つけ出して戦う必要があるのだが……。 一方、セシルを虐めまくっていた義母一家には報復とも思える災いが次々襲いかかる。
24hポイント 21,578pt
小説 133 位 / 99,137件 恋愛 102 位 / 27,551件
文字数 10,284 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.06
【!4月から更新再開!】 クラリンス侯爵家の長女・マリは、幼いころから王太子の婚約者と定められ、育てられてきた。 しかしそんなある日、とあるパーティーで、妹から婚約者の地位を譲るように迫られる。 失意に打ちひしがれるかと思われたマリだったが―― これは、初恋を実らせようと奮闘する、とある令嬢の物語――。 ※第14回恋愛小説大賞で特別賞頂きました!応援くださった皆様、ありがとうございました!
24hポイント 20,888pt
小説 138 位 / 99,137件 恋愛 105 位 / 27,551件
文字数 108,958 最終更新日 2021.04.09 登録日 2020.09.17
25
恋愛 連載中 長編 R15
側妃を迎えるって、え?聞いてないよ? 王妃の仕事が大変でも頑張ってたのは、レオルドが好きだから。 国への責任感?そんなの無いよ。もういい。私、逃げるから!
24hポイント 19,329pt
小説 147 位 / 99,137件 恋愛 111 位 / 27,551件
文字数 62,707 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.02.19
26
恋愛 完結 短編 R15
「婚約を破棄して欲しい。」 そう告げたのは、婚約者のハロルド様だ。 ハロルド様はハーヴィ伯爵家の嫡男だ。 私の婚約者のはずがどうやら妹と結婚したいらしい。 いつも人のものを欲しがる妹はわざわざ私の婚約者まで欲しかったようだ。 「ラケルが俺のことが好きなのはわかるが、妹のメイベルを好きになってしまったんだ。」 「お姉様、ごめんなさい。」 いやいや、好きだったことはないですよ。 ハロルド様と私は政略結婚ですよね? そして、婚約破棄の書面にサインをした。 その日から、ハロルド様は妹に会いにしょっちゅう邸に来る。 はっきり言って居心地が悪い! 私は邸の庭の平屋に移り、邸の生活から出ていた。 平屋は快適だった。 そして、街に出た時、花屋さんが困っていたので店番を少しの時間だけした時に男前の騎士様が花屋にやってきた。 滞りなく接客をしただけが、翌日私を訪ねてきた。 そして、「俺の彼女のフリをして欲しい。」と頼まれた。 困っているようだし、どうせ暇だし、あまりの真剣さに、彼女のフリを受け入れることになったが…。 小説家になろう様でも投稿しています!
24hポイント 18,694pt
小説 156 位 / 99,137件 恋愛 117 位 / 27,551件
文字数 53,396 最終更新日 2021.04.09 登録日 2021.03.05
27
恋愛 連載中 短編
ミレイアは、婚約者である第二王子から婚約破棄を告げられた。 ミレイアの妹が、獣人の国に嫁ぐことになったため、獣人を嫌う第二王子はその婚約が耐えられなくなったらしい。 家に帰って来たミレイアは、父親と妹が口論していることを知る。 なんでも、妹は獣人の国に嫁ぐことを嫌がっているようだ。 嫌がる妹の代わりに、ミレイアは獣人の国に嫁ぐことにした。丁度、婚約も破棄されており、獣人に抵抗がない自分の方がそちらの国に行くのに相応しいと思ったのだ。 ミレイアの婚約相手は、獣人の国の第二王子であるレオードだった。 獅子の獣人である彼は、とても優しく、ミレイアのことを愛してくれた。 獣人の国でミレイアを待っていたのは、幸せな生活だったのである。
24hポイント 17,055pt
小説 167 位 / 99,137件 恋愛 121 位 / 27,551件
文字数 34,679 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.16
28
恋愛 連載中 短編 R15
春の女神に例えられる双子の妹になにもかも奪われた。母の命、父の愛、初恋の王子様。それでも公爵令嬢フェリシアは正体が醜い魔物である妹の幸せと、二人の「真実の愛」の成就を願う~これは、妹に婚約者の第一王子の心を奪われ婚約破棄された姉が、初恋に裏切られた傷心を抱えながらも、聖女の一族としての自分の役割を果たすため、命を捨てる目的の最期の旅へ出る物語。※アルファポリスオンリー
24hポイント 14,986pt
小説 182 位 / 99,137件 恋愛 130 位 / 27,551件
文字数 13,918 最終更新日 2021.04.09 登録日 2021.04.01
29
恋愛 連載中 長編 R15
公爵家の娘エメラインは、突然編入したばかりの男爵令嬢からあなたは悪役令嬢なのだと言われた。 意味がわからないまま婚約者である王太子殿下は渡さないと宣言され、更に困惑する。 ええと、殿下と愛し合っておられるのならば、婚約解消も吝かではございませんよ? しかし、敬愛する殿下の御為にと婚約解消に奔走するも、その殿下ご自身が悉く邪魔なさるのはどうして!? 勘違いから斜め上の行動を取る主人公と、愛してやまない婚約者の思惑を必死に阻止する王太子の物語。 ※拗らせヤンデレが苦手な方はご注意ください。
24hポイント 12,680pt
小説 200 位 / 99,137件 恋愛 138 位 / 27,551件
文字数 47,314 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.04.04
30
恋愛 連載中 短編
アイリスとアイリーンは人族であるナーシェル子爵家の姉妹として産まれた。 だが、妹のアイリーンは両親や屋敷の者に愛され、可愛がられて育った。 姉のアイリスは両親や屋敷の者から疎まれ、召し使いのように扱われた。 そんなある日、アイリスはアイリーンの身代わりとしてある場所に送られた。 それは獣人族であるヴァルファス公爵家で、アイリーンが令息である狼のカイルに怪我を負わせてしまったからだ。 身代わりとしてやった来たアイリスは何故か大切にされる厚待遇を受ける。 これは身代わりとしてやって来たアイリスに会ってすぐに『生涯の番』とわかったカイルを始めとしたヴァルファス家の人たちがアイリスを大切にする話。
24hポイント 12,078pt
小説 204 位 / 99,137件 恋愛 141 位 / 27,551件
文字数 70,936 最終更新日 2021.04.05 登録日 2021.01.31
31
恋愛 連載中 短編 R18
「御姉様が、お嫁に行けば良いのよっ!」 義父と義母に、甘やかされて育った義妹。 ワガママな義妹のその一言によって、私の方がお嫁に行く事になりました。 社交界などで『冷酷醜男』と噂されている『辺境伯様』の所へと。 私にとっては、願ったり叶ったりっ! たとえ、相手が『冷酷醜男』であろうともっ! 貴女達から、離れられるのならーっ! ただ『辺境伯様』は『美しい義妹』を指名してきていたようで。 でも、迎えに来た執事さんは、私を見てニヤリと笑ってますけど? 『冷酷な辺境伯様』の『指名』に逆らって。 私、大丈夫かしら。 でも。 『冷酷醜男な辺境伯様』? え?どこが? 出会ったのは『美丈夫のイケメン』なんですけど? しかも、なんか。 『イケメンの辺境伯様』が。 離れないんですけど?
24hポイント 11,523pt
小説 213 位 / 99,137件 恋愛 146 位 / 27,551件
文字数 19,958 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.03.11
32
恋愛 連載中 長編 R15
「フィーナ、すまないが貴女との婚約を破棄させてもらう」  侯爵令嬢のフィーナ・アストリアがパーティー中に婚約者のクラウス王太子から告げられたのはそんな言葉だった。  その王太子は隣に寄り添う公爵令嬢に愛おしげな視線を向けていて、フィーナが捨てられたのは明らかだった。  フィーナは失意してパーティー会場から逃げるように抜け出す。  そして、婚約破棄されてしまった自分のせいで家族に迷惑がかからないように侯爵家当主の父に勘当するようにお願いした。  そうして身分を捨てたフィーナは生活費を稼ぐために魔法技術が発達していない隣国に渡ろうとするも、道中で魔物に襲われて意識を失ってしまう。  死にたくないと思いながら目を開けると、若い男に助け出されていて…… ※小説家になろう様・カクヨム様でも投稿しております。 ※毎日18時更新予定です。
24hポイント 10,892pt
小説 222 位 / 99,137件 恋愛 149 位 / 27,551件
文字数 174,857 最終更新日 2021.04.10 登録日 2020.06.17
「お前ほど醜い女はいないな」  これが新婚初夜でわたくしに言い放った旦那様の言葉です。  どう言葉を返せば良いのやら。まぁ、旦那様はお金のために身売りしたようなものなので、気持ちは分かりますが、新妻にあたりちらすのはどうかと思います。こちらも被害者ですしね。  でしたら、その男優も顔負けの美貌を生かして、金持ちのパトロンでもひっかければ良かったのでは? と思います。愛でお腹は膨れませんよ? 甲斐性なしの朴念仁と心の中で罵っておきます。  とにもかくにも、白い結婚は確定したようなので、離婚を目指して奮闘していたら、何やら私に対する旦那様の態度が変わってきたような? おやあ? 気のせいですよね? ***第14回恋愛小説大賞にエントリーしております。応援していただけると嬉しいです***
24hポイント 10,787pt
小説 226 位 / 99,137件 恋愛 151 位 / 27,551件
文字数 318,141 最終更新日 2021.04.11 登録日 2020.11.07
【3つの異なる世界が交わるとき、私の世界が動き出す───】 男爵令嬢誘拐事件の首謀者として捕らえられようとしていたルナティエラを、突如現れた黄金の光が包み込む。 その光に導かれて降り立った先には、見たこともない文明の進んだ不思議な世界が広がっていた。 神々が親しい世界で、【聖騎士】の称号を持ち召喚術師でもあるリュートと出会い、彼の幼なじみや家族、幼い春の女神であるチェリシュとの出会いを経て、徐々に己を取り戻していく。 そして、自分に発現したスキル【料理】で、今日も彼の笑顔を見るために腕をふるい、個性豊かな人々に手助けをしてもらいながら、絆を結んでいく物語である───   ルナが元いた世界は全く関係ないということはなく、どんどん謎が明かされていくようになっております。 本編の主人公であるルナとは別視点、あちらの世界のベオルフ視点で綴られる物語が外伝にて登場! ルナが去った後の世界を、毎週土曜日に更新して参りますので、興味のある方は是非どうぞ! -*-*-*-*-*-*-*- 表紙は鞠まめ様からのいただきものです!家宝にします!ありがとうございますっ! 【祝・2000コメ達成】皆様の愛あるコメが2000も!恒例の飯テロコメや面白劇場コメなど、本当にありがとうございますーっ”((._.;(˙꒳​˙ ;) ペコリ -*-*-*-*-*-*-*-
24hポイント 10,600pt
小説 231 位 / 99,137件 恋愛 155 位 / 27,551件
文字数 1,604,150 最終更新日 2021.04.08 登録日 2019.02.28
35
恋愛 連載中 短編
 伯爵令嬢エミーヌは父親の再婚によって義母とその娘、つまり義妹であるヴィヴィと暮らすこととなった。  最初のうちは仲良く暮らしていたはずなのに、気づけばエミーヌの居場所はなくなっていた。その理由は単純。 「エミーヌお嬢様は平民がお嫌い」だから。  そんな噂が広まったのは、おそらく義母が陰で「あの子が私を母親だと認めてくれないの!やっぱり平民の私じゃ……」とか、義妹が「時々エミーヌに睨まれてる気がするの。私は仲良くしたいのに……」とか言っているからだろう。  そして学園に入学すると義妹はエミーヌの婚約者ロバートへと近づいていくのだった……。
24hポイント 10,522pt
小説 233 位 / 99,137件 恋愛 156 位 / 27,551件
文字数 13,344 最終更新日 2021.04.04 登録日 2021.03.24
36
恋愛 完結 短編 R18
媚薬を盛られたミアを救けてくれたのは学生時代からのライバルで公爵家の次男坊・リアムだった。ほっとしたのも束の間、なんと今度はリアムのほうが異国の王女に媚薬を盛られて絶体絶命!? 「弟を救けてやってくれないか?」――リアムの兄の策略で、発情したリアムと同じ部屋に閉じ込められてしまったミア。気が付くと、頬を上気させ目元を潤ませたリアムの顔がすぐそばにあって……!! 『媚薬を盛られた私をいろんな意味で救けてくれたのは、大嫌いなアイツでした』という作品の続編になります。前作は読んでいなくてもそんなに支障ありませんので、気楽にご覧ください。 ・R18描写のある話には※を付けています。 ・別サイトにも掲載しています。
24hポイント 10,147pt
小説 237 位 / 99,137件 恋愛 159 位 / 27,551件
文字数 25,290 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.06
37
恋愛 完結 長編 R15
13歳の学園入学時から5年、第一王子と婚約しているミレーヌは王子妃教育に疲れていた。好きでもない王子のために苦労する意味ってあるんでしょうか。 そんなミレーヌに王子は新しい恋人を連れて 「婚約解消してくれる?優しいミレーヌなら許してくれるよね?」 もう私、こんな婚約者忘れてスッキリ幸せになってもいいですよね? 3/5 1章完結しました。おまけの後、2章になります。 4/4 完結しました。奨励賞受賞ありがとうございました。
24hポイント 10,103pt
小説 238 位 / 99,137件 恋愛 160 位 / 27,551件
文字数 164,732 最終更新日 2021.04.04 登録日 2021.01.14
38
恋愛 完結 長編
父親からの激しい虐待の末死に至った少女、空道伶奈は大好きだった乙女ゲームの世界に異世界転生!しかし転生したのは悪役王女で!?あれ、なんで私を毛嫌いするはずのパパが私を溺愛してるの? これは愛されなかった少女が愛されまくるよくある?異世界転生の話。 小説家になろう様でも掲載しています。
24hポイント 9,954pt
小説 245 位 / 99,137件 恋愛 162 位 / 27,551件
文字数 111,705 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.01.26
39
恋愛 連載中 長編 R15
※2021/3/31 アルファポリス様「第14回恋愛小説大賞」にて奨励賞(21位)を頂きました。応援いただきました皆様に感謝いたします(人´・ω・`o) 「首を刎ねよ」  大切な婚約者の冷えた声。愛を囁いた唇が紡ぐ、死の宣告に項垂れた。もう助けてと叫ぶ気力もない。冤罪と知ってなお、あなたは別の女性を選んだ。  偉大なる神カオスに最期の祈りを捧げた私は、愛する家族の前で首を落とされた――。  21歳で死んだはずの私は、6歳の自分として目覚める。状況が理解できないまま、21歳の記憶を悪夢の出来事なのだと言い聞かせた。しかし現実は記憶通りに動き始め……。私は今度こそ大切な家族のために生きるわ。あなたとの婚約なんて御免よ。  記憶通りに流れていく現実を引き留めるため、努力を積み重ねる私は予想外の人から愛される。知らなかった、愛されるってこんなに幸せなのね。逆行転生した少女は深い愛に溺れる。 【表紙イラスト】しょうが様(https://www.pixiv.net/users/291264) ※ハッピーエンド確定です。途中で残酷な場面や胸糞展開の可能性あり。 【同時掲載】アルファポリス、小説家になろう、エブリスタ、カクヨム、ノベルアップ+、ノベルバ
24hポイント 9,053pt
小説 257 位 / 99,137件 恋愛 168 位 / 27,551件
文字数 103,139 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.01.29
40
恋愛 連載中 短編
我が家では、なんでも姉が優先。 経費を全て公開しないといけない国で良かったわ。なんとか体裁を保てる予算をわたくしにも回して貰える。 だけどお姉様、どうしてそんな地雷男を選ぶんですか?! 結婚前から愛人ですって?!  愛人の予算もうちが出すのよ?! わかってる?! このままでは更にわたくしの予算は減ってしまうわ。そもそも愛人5人いる男と同居なんて無理! 姉の結婚までにこの家から逃げたい! 相談した親友にセッティングされた辺境伯とのお見合いは、理想の殿方との出会いだった。
24hポイント 8,546pt
小説 268 位 / 99,137件 恋愛 174 位 / 27,551件
文字数 28,625 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.04.09
2,435 12345