差別小説一覧

タグ 差別×
14
いろんなニュース、事象、出来事、見て聞いて知って、自分の中で感じていたことを、そのまま言葉にしてみました。 主義主張はそれぞれで、思いも考えも皆一様に違う。 理解はしているけれど、なんかこうね、思う事。 賛否両論あるだろうけれど、偽善に聞こえるだろうけれど、 たまにはこういう事を考えること、大切だと思いました。 ――――――――――――――――― ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 お時間御座いましたら、スキマ時間などにご覧いただければ幸いです。 プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動できますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・Pixiv ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・LINEノベル 《各投稿先リンクサイト》 https://linktr.ee/hanano_matsuri 《SNS等》 ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/ こんな私ですが、どうぞ宜しくお願い致します。
24hポイント 2,223pt
小説 662 位 / 77,372件 エッセイ・ノンフィクション 6 位 / 2,700件
文字数 1,128 最終更新日 2020.07.08 登録日 2020.07.08
2
恋愛 完結 長編
※アルビノに対する差別言動などが入っています。  苦手な方はご遠慮ください。 内容はちょっと未定です。 アルビノである双子の姉、柚利愛は家族から疎まれ、小学校・中学校時代は虐めを受けていた。 なかなか友達もできず、学校にも家族の中にも居場所のない柚利愛とは違ってアルビノではない双子の妹、由利は家族の愛を一身に受けて育ち、友達も多い。 天然で悪意のない悪意をぶつけてくる由利と悪意のある家族やその他の人達に傷つけられながらも懸命に生きる柚利愛は運命の出会いを果たす。 *一章は重たいです。 二章から明るくなります。 内容的にも軽いものになってくると思います。
24hポイント 305pt
小説 3,069 位 / 77,372件 恋愛 1,393 位 / 20,456件
文字数 92,233 最終更新日 2017.11.10 登録日 2017.10.07
3
ファンタジー 完結 ショートショート
勇者が魔王を倒した後の世界
24hポイント 7pt
小説 18,937 位 / 77,372件 ファンタジー 4,277 位 / 22,308件
文字数 986 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.06.27
この作品は自主制作映画化を前提として戯曲形式で書かれています。 この物語はフィクションであり、実在する人物や会社等は架空のものとなっております。 「back beat 1」の続編です。 宮城県仙台市にある芸能プロダクションを舞台に主人公である演技講師荏原とレッスン生達が繰り広げる青春ストーリー。 人に色がついて見える青年「拓真」が新たにオーディションに合格し、荏原のクラスに加入した。 彼は人とはどこか違う感覚を持っている。 「みんなと違うということは悪いことなのか?」 「みんなと同じでなければ、夢すらも目指しちゃいけないのか?」 荏原はレッスン生達を導いていけるのだろうか…。 この作品は私の近所にN男君という男性がいました。 私は当時5才でした。 N男君はいつも白いタンクトップ…昔で言うとランニングシャツに作業ズボン、靴の踵を踏み潰し同じ時間に一人で散歩に出かけていました。 誰とも目を合わせず、いつも視線は宙を見つめたまま、近所の人に何を言われようとも、悪ガキにバカにされようとも同じ表情、「同じ目の色」で近所にある線路…電車を見るために散歩に出かけていました。 当時私の家では父と母が毎日の様に夫婦喧嘩をしておりました。 その日は特に激しく父が母を殴り、テーブルをひっくり返しガラスは割れ、今ならば警察がきて大変な事になるのではないかという程の夫婦喧嘩をしていました。 とばっちりをくらい、父から「テメェは表に出てろ」と怒鳴りつけられて緑色のゴムボールだけを持って表に出ました。 近所中に父と母の怒鳴り声やガラスの割れる音、人がぶっ飛ばされて響く音…丸聞こえだったと思います。 表に出た私は何故か緑色のゴムボールをお向かいのブロック塀にぶつけて一人だけでキャッチボールを始めました。 初めは軽く投げていたはずが、苦しかったのか、やるせなさなのか、悲しみなのか、怒りなのか覚えていませんが、いつの間にか力一杯壁に向かって緑のゴムボールを投げていました。 ボールを受け損ない右に転がっていくと、そのボールを拾ってくれる人がいました…。 N男君でした。 N男君は私にボールを渡してくれました。 いつもは何があっても表情を変えず、どこを見てるかわからない、目の色のない彼がその時だけ…その時だけ悲しげな、寂しげな、何とも言えない顔で私にボールを渡してくれました。 その時に子供ながらに思ったことは「この人にはこの世界はどう見えているんだろう?」 「この人に今の僕はどう見えているんだろう?」 その後私は親戚中をたらい回しにされ、何回も引越し、名字も変わりました。 N男君がどうなったかはわかりません…。 今回の作品はN男君からインスピレーションを受けて描き始めました。 この作品は「小説家になろう」「エブリスタ」「ノベルアップ+」においても公開されております。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 青春 3,500 位 / 3,500件
文字数 11,679 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.06.04
5
ホラー 完結 ショートショート R18
友人からとあるサイトを紹介された 「見てみろ、面白いぞ」 レイプ、拷問、殺人 何でもありの動画サイトだった
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ホラー 2,831 位 / 2,831件
文字数 1,455 最終更新日 2019.11.21 登録日 2019.11.21
これはありとあらゆる世界の、ありとあらゆる時代の、ありとあらゆる状況で戦う者達の物語である。 ※この作品は短編集です。時間はかなりかかるとは思いますが、様々なジャンルの物語を書く予定です。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ファンタジー 22,308 位 / 22,308件
文字数 5,215 最終更新日 2020.01.02 登録日 2019.11.19
〈ガラスの靴〉を履いた者は、珠玉の相に恵まれるという。 これに魅せられたエルクニア王国女王は、各地に散らばる〈ガラスの靴〉の欠片を集めさせるため、欠片を持ち寄った者に多額の褒賞金を与えると発表した。 たちまち〈ガラスの靴〉の欠片を見出さんとする旅人たちが現れ、俗に言う冒険者時代が幕を開けた。 そして今―― 西の地では顔に醜い傷痕を刻んだ女が、 東の地では絶世の美貌に男惑わす女が、 〈ガラスの靴〉の欠片を求め、旅を始めようとしていた。 迫害が、裏切りが、思惑が――彼女たちの旅に絶えることない試練を与える。 踏み出すほどに心は迷い、傷ついていく。 それでもなお彼女たちは〈ガラスの靴〉を求めるのか? 道半ばで旅を諦めるか? あるいは、過酷なる運命に命潰えるのか? 欲望が紡ぐ冒険の中、明らかになる世界――そして人の姿とは。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ファンタジー 22,308 位 / 22,308件
文字数 162,766 最終更新日 2019.09.05 登録日 2019.08.27
8
恋愛 完結 短編
 高嶺の花として扱われ、誰も近寄ってこないレティシアに、結婚の話が舞い込んだ。相手は、五回の結婚がすべて破綻した伯爵で、彼の領地には、バケモノがいると言う。  ※一部差別的な表現が出てきます。  ※一度過去に削除しました。再投稿作品です。申し訳ございません!  ※外部サイトにも改稿前の作品を掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 恋愛 20,456 位 / 20,456件
文字数 36,025 最終更新日 2019.05.05 登録日 2019.05.05
17世紀のある国での物語。 その国はスペインに占領され、植民地にされてから百年経っていた。そこでは先住民族ワクワクが最も劣った人間として蔑まれていた。  ワクワクの女性とコーカシコス(白人)の男性の間に生まれた少年ヨハネが主人公。 彼は父を知らず、幼くして母を亡くすが、親友のペテロやワクワクの人々、宣教師たちの助けを借りて成長する。  しかし、ワクワクの村で飢饉が起こり、ヨハネは、ペテロと共にやむを得ず自らの身を奴隷として売る。  売られた先は奴隷貿易で栄える町、エル・デルタにある奴隷売買業アギラ商会だった。その商会の経営者はトマス。隻腕の大物奴隷商人だった。  そこでヨハネは奉公人(六年間の期間限定奴隷)として働くことになった。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 歴史・時代 1,102 位 / 1,102件
文字数 146,988 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.04.03
これは、4人の人間…いや、異常者のストーリー。 この世界の人間は、全員『普通の思考』をしています。 世は#新魔狂__シンマキョウ__#時代。簡単に説明すると、魔法を使えるようになった人間達による狂ってしまった世界だ。 と言っても、強い魔法で世界が支配されているとか、戦争が世界中で勃発している…とかではない。 今現在、起こっているのは、 『最強差別主義社会』 差別対象は、強力な魔法を使う能力者。 理由は言うまでもなく、強力な魔法は危険だからだ。 大抵の人々は、ホコリから栄養を吸収出来るようになる…とか、耳に鉛筆を仕舞える…とか、あっても使わないような魔法ばかり。 ニュース「現在逃亡中の死刑囚の賞金額は…」 ちなみに、俺も危険と判断された人物だ。 人々は俺達の事を、『異常者』と呼ぶ。 「戦争が起きるかも知れない。」 「本人に悪気がないにせよ、怪我人が出たのは事実。」 「無意識で人を殺すなんて…信じられない!異常者は死刑賛成です!」 俺は生きている事が罪らしい。 現在逃亡中の俺には、多額の賞金が付けられている。(詳しくは知らないけど。) ここで疑問なのは、どうして異常者達は強い魔法を使えるのに反発しないのか、だよな。 理由は2つ。 1つは、強い魔法は扱い辛いから。 2つ目は、異常者は意図的に相手を傷付けられないから。なぜかは分からない。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ファンタジー 22,308 位 / 22,308件
文字数 11,523 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
魔法の存在を信じている少女「澤野ミリカ」が 周りにそれを否定され続け、ある日、魔法が存在する異世界に飛ばされ、 天才魔法使いのイケメンガードマンの少年「ゼドル」に出会い、恋に落ち、そして、 ゼドルが率いるボディーガード屋「MaGistic Security Guard」の仲間達にも出会い、 ゼドル達に守ってもらう。というストーリーです。
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ファンタジー 22,308 位 / 22,308件
文字数 21,263 最終更新日 2019.03.07 登録日 2019.03.06
「立ち昇る内臓に似た匂いまでもが愛おしく思えた」 かつて嫌悪の坩堝と呼ばれた風の街、『赤江』。 差別と貧困に苦しみながらも前だけを見つめる藤代友穂と、彼女を愛する伊澄銀一。 そして彼ら二人を取り巻く、誰にも言えぬ秘密と苦難を抱えた若者たちの戦いの記録である。 この街で起きた殺人事件を発端に、銀一達とヤクザ、果てはこの国の裏側で暗躍する地下組織までもが入り乱れた、血塗れの物語が幕を開ける…。 シリーズ『風街燐景』 2
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ミステリー 1,870 位 / 1,870件
文字数 411,804 最終更新日 2019.04.13 登録日 2018.08.31
13
SF 連載中 長編
『鬼』それはいつの世でも、恐れられていた架空の存在であった。   だが、それは過去の話である。この世界に謎の怪物、『骨人』が現れたのと同時期に、鬼は突如として姿を現した。   この世界とは違う時空にいた鬼は、経済破綻を起こし、人間に助けを乞うたのだ。   人々はこれをチャンスと捉えた。そして人々は、鬼を助ける代償として、骨人を駆逐する役目を押し付けた。 これはそんな世界に生きる、紅色の鬼についての物語である。  
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 SF 2,492 位 / 2,492件
文字数 2,923 最終更新日 2018.06.11 登録日 2018.06.10
心優しい母親を持ち、ごく一般的な家に産まれたヴァイオレットは、幸せな暮らしが保証されていた・・・はずだった。 突然強いられた今までとは違う生活。 全ての不幸は、姉:トレイシーの持つ不思議な力に気付いたことから始まった… ~個性豊かな登場人物の織り成すこの物語を、それぞれの台詞を中心に綴る~ 含まれる要素 ・ライト文芸 ・現代文学 ・ファンタジー
24hポイント 0pt
小説 77,372 位 / 77,372件 ファンタジー 22,308 位 / 22,308件
文字数 99,958 最終更新日 2017.02.13 登録日 2016.07.02
14