恋愛 聖女小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 聖女×
1,571 12345
1
恋愛 完結 ショートショート R15
わたしはいらない子。 双子の妹は聖女。生まれた時から、両親は妹を可愛がった。 はじめての旅行でわたしは置いて行かれた。 わたしは・・・。 数年後、王太子と結婚した聖女たちの前に現れた帝国の使者。彼女は一足の靴を彼らの前にさしだしたー。 *ドロッとしています。 念のためティシュをご用意ください。
24hポイント 39,114pt
小説 57 位 / 148,409件 恋愛 41 位 / 46,770件
文字数 19,467 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.07.26
2
恋愛 連載中 長編 R15
孤児のルネは聖女の力があると神殿に引き取られ、15歳で聖女の任に付く。それから3年間、国を護る結界のために力を使ってきた。 しかし、彼女の婚約者である第二王子はプライドが無駄に高く、平民で地味なルネを蔑み、よりよい相手を得ようと国王に無断で聖女召喚の儀を行ってしまう。 高貴で美しく強い力を持つ聖女を期待していた王子たちの前に現れたのは、確かに高貴な雰囲気と強い力を持つ美しい方だったが、その方が選んだのは王子ではなくルネで… このお話は、平民故に周囲から虐げられながらも、身を削って国のために働いていた少女が、溺愛されて幸せになるお話です。 いつも短編→途中で長編に変えているので、今回は最初から長編でスタートします。 世界観は独自&色々緩くなっております。 R15は保険です。
24hポイント 21,017pt
小説 103 位 / 148,409件 恋愛 63 位 / 46,770件
文字数 73,968 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.07.16
3
恋愛 連載中 長編 R15
王命により、グレンディール・アルザイド辺境伯に嫁いだ聖女シェリル。彼には病気持ちのニーナと言う大事な人がいた。彼から提示された白い結婚を盛り込んだ契約書にサインをしたシェリルは伯爵夫人という形に囚われることなく自分の趣味の薬作りを満喫してながら、ギルドに売っていく。ある日病気で苦しむニーナの病気を治した事でシェリルの運命は変わっていく。グレンディールがなにかと近づくようになったのだ。そんな彼女はとある秘密を抱えていた・・・。
24hポイント 12,697pt
小説 157 位 / 148,409件 恋愛 89 位 / 46,770件
文字数 150,758 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.06.08
4
恋愛 連載中 長編 R15
聖女メイヴィスはある日、第一王子トリスタンのプロポーズを断ったことを理由に断罪されてしまう……。 何の能力も持たないことから偽聖女扱いされ、親代わりだった神官長のハワードも殺されてしまった。 その後、地下牢へと閉じ込められたメイヴィスの元に、全ての元凶であるトリスタン王子が訪ねてきた。 「私のものになるなら、ここから出してやる」 言外に『体を差し出せ』と言われたメイヴィスは、命よりも己の貞操を選んだ。 ────聖女は神の花嫁。人間に純潔を奪われるなんて、あってはならない。 トリスタン王子の提案を跳ね除けたメイヴィスは、やがて処刑の日を迎え……火あぶりの刑に処された。 無念の死を迎えたメイヴィスだったが、天界で夫となる神様と出逢って……? そして、下界での酷い仕打ちを知った神様は大激怒! ────「僕の花嫁に手を出すなんて……本当に人間は愚かだね」 これは聖女の死から始まる破滅と滅亡の物語。 ※小説家になろう様にて、先行公開中 ※ざまぁ全振りの話になるので、苦手な方はスルー推奨 ※『真の聖女を断罪した国は神の怒りを買ったようです〜神の逆鱗に触れたため、この世界は消滅します〜』のリメイク版になります。 (かなり内容を変えたので、旧版を知っている方でも楽しめると思います。ちなみに旧版はピクシブ様にて、途中まで読めます)
24hポイント 9,509pt
小説 199 位 / 148,409件 恋愛 104 位 / 46,770件
文字数 91,402 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.07.05
5
恋愛 連載中 長編 R15
エウレス皇国のラファエル皇太子から突然婚約破棄を告げられた。 どうやら魔道士のマーヤと婚約をしたいそうだ。 この国では王族も貴族も皆、私=リリアの聖女としての力を信用していない。 元々砂漠だったエウレス皇国全域に水の加護を与えて人が住める場所を作ってきたのだが、誰も信じてくれない。 だからこそ、私のことは不要だと思っているらしく、隣の砂漠の国カサラス王国へ追放される。 なんでも、カサラス王国のカルム王子が国の三分の一もの財宝と引き換えに迎え入れたいと打診があったそうだ。 国家の持つ財宝の三分の一も失えば国は確実に傾く。 カルム王子は何故そこまでして私を迎え入れようとしてくれているのだろうか。 カサラス王国へ行ってからは私の人生が劇的に変化していったのである。 だが、まだ砂漠の国で水など殆どない。 私は出会った人たちや国のためにも、なんとしてでもこの国に水の加護を与えていき住み良い国に変えていきたいと誓った。 ちなみに、国を去ったエウレス皇国には距離が離れているので、水の加護はもう反映されないけれど大丈夫なのだろうか。
24hポイント 8,279pt
小説 235 位 / 148,409件 恋愛 119 位 / 46,770件
文字数 74,292 最終更新日 2022.08.10 登録日 2021.09.21
野暮ったい一重のブスと結婚なんて嫌だと言われて、婚約破棄を宣告されました。 長年、身を粉にして働いてきましたが、馬鹿馬鹿しくなったので今日で辞めます。今更謝罪したところでもう全て遅いのです。
24hポイント 7,541pt
小説 257 位 / 148,409件 恋愛 131 位 / 46,770件
文字数 1,127 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
7
恋愛 完結 短編
「大聖女 フーリアを国外追放とする」 高らかに宣言されたのは第一王子 クロードが一命を取り留めた後のことだった。 批難の声もあがっているが、国王陛下より下された命が覆ることはない。フーリアの功績は大きいが、不敬罪であることも事実。 瀕死の王子を助けたフーリアが取った行動は、王子を薬釜に入れて煮込むという方法だったのだから。 何より、貴族達が平民のフーリアを大聖女の席から引き摺り下ろす機会を見逃すはずはない。王の間の中ですら、薄っすらと笑みを浮かべている貴族がチラホラと目に入る。 フーリアが抵抗する姿を楽しみにしているのかもしれない。だが彼女が異議を唱えることはない。国外追放を受け入れることにした。だからこの場に来た。神官長から譲ってもらったアイテムを持ち、隣国の森に降ろされたフーリアは養父母の墓参りのため、遠い国を目指すことにしたのだが――。
24hポイント 6,768pt
小説 279 位 / 148,409件 恋愛 140 位 / 46,770件
文字数 56,516 最終更新日 2022.08.06 登録日 2022.07.31
8
恋愛 完結 長編 R15
彼氏と親友の浮気現場を目撃した悠里はその場から走って逃げた。ずっと幼馴染で三人一緒だったけど、そういうことなら二人で幸せに!もう私には関わらないで!そう思っていたのに「悠里は俺たちがいなきゃだめだろう。」「私たち三人一緒でしょう?」何それ、気持ち悪い…。もう二人とは一緒に居たくない。逃げようとしたのに、三人で異世界に転移?私が聖女?…じゃあ、この二人とは行動を別にしてもらっていいですか?番外編は未定
24hポイント 6,077pt
小説 308 位 / 148,409件 恋愛 153 位 / 46,770件
文字数 230,027 最終更新日 2022.08.01 登録日 2022.03.15
「いつになったらレナリーが使える女になるのか…僕は優しいからこうして気をかけてやっているものの、他の場所であったなら間違いなくもうどこかに追いやられているところだぞ…」 「ごめんなさい、お兄様…お姉様はずっと昔からあんな調子で、周りの人間の迷惑と言うものを考えられないのです。それゆえにこれまでの同じような事態を繰り返し、そのたびに私は火の粉を浴びているのです…」 「リオン、君には同情するよ…しかし今僕がこうして君に出会うことができたのは、ある意味あのレナリーのおかげだ。その点においてだけは、僕は彼女に感謝しなければ」 「あらまあ、嬉しいお言葉でございます事。もしお姉様と婚約されていなかったら、私が婚約させていただきたいくらいですわ」 「…君さえよければ、本当にそうするかい?このままレナリーに期待をしていても無駄だろうし、誰だって彼女のような女を目の前にすれば耐えられないというものだろう。…誰も僕たちの関係を責めたりはしない」
24hポイント 4,451pt
小説 397 位 / 148,409件 恋愛 196 位 / 46,770件
文字数 720 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
10
恋愛 完結 短編
聖女として王国を守っていたアネールは、ある日、国に幽閉されていた隣国の人間を善意から解放してしまう。しかしその半年後、その行為が王にばれ、アネールは国外追放の刑に処されてしまう。国民の蔑むような目を浴びながら国から出た彼女だったが、そこで意外な人物と再会を果たすのだった……
24hポイント 3,954pt
小説 438 位 / 148,409件 恋愛 213 位 / 46,770件
文字数 2,398 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
11
恋愛 連載中 長編 R15
母からの嫌がらせで、三十歳も年上の男性と結婚させられそうになる侯爵令嬢のティアナ。そんな中、祖母のロミルダが余命宣告を受けてしまって……。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 物心ついた時には既にティアナは、実母から嫌われていた。故に幼い頃から祖母が母代わりだった。その祖母が余命一か月の宣告を受けてしまう。ティアナは祖母が昔、身分の違いから結婚する事が叶わなかった昔の想い人と会わせてあげたいと奮闘する。だが中々想い人の男性に会う事が出来ず、仕方なく男性の孫息子に取り次いで貰おうとするが……。 孫息子は公爵令息で女性から人気のある高嶺の花で貴公子と名高い、レンブラントという美青年だった。どうにかして彼に近付こうとするが、女性達の壁に阻まれ近付けない。ティアナは最終手段としてある人物に頼る事に……。
24hポイント 3,764pt
小説 455 位 / 148,409件 恋愛 219 位 / 46,770件
文字数 42,900 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.07.10
12
恋愛 完結 短編
ある日、リチャード陛下の口から聖女制度の廃止が告げられた。聖女制度とは国を魔物などの脅威から守るために聖女を護り人として輩出し、その活動を支援する制度である。しかしここ最近は魔物もすっかりいなくなり、敵国とも同盟を結んだため、王国は平和になり、聖女の存在は必要なくなってしまったのだ。現聖女であるアラクネは陛下に直談判するが、聞き入れられず、ついには国まで追い出されてしまう羽目になった。そして国を去る馬車の中で、彼女はあることを思いつく……
24hポイント 3,727pt
小説 459 位 / 148,409件 恋愛 221 位 / 46,770件
文字数 2,702 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.08.07
13
恋愛 完結 長編
魔法の名門として名高いダラムサル家に生まれた少女、リリーは魔法の才能が無かった。そのせいで、父親に無能と罵られながら暴力を振るわれ、魔法の才能がある妹からも同じような扱いをされていた。 奴隷のように働かされ、叩かれるのは日常茶飯事。ろくに食事や衣類も与えられず、住むところも屋敷ではなくボロボロの古屋。使用人にも虐められていた。 そんな彼女にも希望はあった。それは、ダラムサル家が王家と結んだ婚約——彼女は将来、王家に嫁ぐことが決まっていたのだ。政略結婚なのはわかっていたが、それでもリリーは嬉しかった。 今は家族や使用人に嫌われているが、王家の人と結婚すれば、みんな認めてくれる。家の役に立てればきっと愛してくれる……そう信じて毎日を過ごすリリー。 そんなリリーが十五歳の誕生日。この日はリリーが相手の男性と初めて顔を合わせる事が決まっていたのだが――リリーは何故か屋敷を守る近衛兵に拘束されてしまう。 身体の自由を奪われ、視界も奪われた状態で連れていかれた先は、広大な森だった。 どうしてこんな所に連れて来られたのか全くわからないリリーに、ここまで連れてきた近衛兵は音声を保存できる魔法石を渡すと、リリーを置いて去ってしまった。 こんな森に置いてかれてしまい、途方に暮れるリリーは、もしかしたらこの魔法石に帰り方が録音されているかと期待して起動すると――そこには、『リリーを追放する、婚約は一度解消し、リリーの代わりに妹がする。これは既に前から王家と話し合って決まっていた事』という旨を伝えられた。 自分は家にとっていらない子と突き付けられたリリー。それは、自分はもうこの世にいらない存在なんだと思わせるのに十分だった。 行くあてもなくフラフラと森を歩くが、空腹と寒さで倒れてしまったリリーは、もうこのまま死のうと目を閉じる。だが、次に目を覚ました場所は見知らぬ部屋の中。そこには、一人の魔法使いの青年が住んでいた―― これは、魔法の才能が無くて虐げられ続け、全てに絶望した少女が、一人の魔法使いによって救われて幸せになっていく物語。 ☆文字数の都合でタイトルは若干違いますが、小説家になろう、カクヨムにも投稿してます。小説家になろうにて異世界恋愛ジャンル日間最高5位、日間総合最高8位。アルファポリスでホットランキング一位経験あり☆
24hポイント 3,670pt
小説 467 位 / 148,409件 恋愛 224 位 / 46,770件
文字数 89,130 最終更新日 2022.02.28 登録日 2022.02.22
14
恋愛 完結 短編
カミラはごく普通の貴族だった。位の高さも中の中。容姿や成績に至るまで平均値から抜き出ることはなかった。しかし、そんな彼女には普通ではない存在がいた。容姿端麗、頭脳明晰、魔法の才を持つ姉のサラ。端正な顔立ちが評判で、優しい心をその身に宿している自身の婚約者のイース。そんな二人に囲まれながら、彼女はこれからも普通の人生を歩むと信じていた。……だが、イースと婚約をしてから半年、無残にもそれは打ち砕かれる。雨が降っていたその日、一人の使用人が彼女に言った。実は昨日……イース様と赤髪の女性が街を歩いている様子を見てしまって……。
24hポイント 3,486pt
小説 488 位 / 148,409件 恋愛 232 位 / 46,770件
文字数 14,898 最終更新日 2022.08.05 登録日 2022.08.03
15
恋愛 連載中 長編 R18
魔術国家ディノート。 その国で魔術ではなく法術を扱うのは平民生まれの聖女のサラ・ジュソウ。 サラは歴代の聖女と同じく国を守る”聖破邪結界”を張り続けていたが、傲慢な婚約者である第1王子から「平民の聖女など無用」と言われ婚約破棄される。 神殿を追われ再び平民となったサラは「聖女を信じてくれる者」にだけ加護を展開させた。 加護を失った日から皇太子や貴族は不幸に見舞われ、転落人生を歩んでいく。 「助けてくれ?」 殿下が連れて来た「真の聖女」に助けて貰えばよいんじゃないですか? もともと平民とし生まれたサラは神殿を追い出されてもアパートを借り、貧乏暮らしを満喫しながら今日も己を信じるものにだけに加護を与える。 「ドラゴンが出た?」 では真の聖女に何とかして貰って下さいね。 リアリスト聖女のサラは今日も蔑ろにしてきた者には慈悲を与えない。 「そんな事より今日は玉葱が特売日ですから!」 結界や慈悲より大切なモノが平民には存在するのだ。 まぁ上流階級の者にはわからないでしょうけどね。 ※尊厳破壊、下系の下品な回があります。  苦手な方は避けて読んで下さい。 BL要素がある話しには題名に※マークがついております。 苦手な方は飛ばしてお読みください(*- -)(*_ _)ペコリ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〇聖女の力を姉に譲渡し国を出て行った元聖女は実は賢者でした~隣国の後宮で自重せずに生きていこうと思います~ 〇聖女が今日もウザいですー男として育てられた公爵家の令嬢は聖女の侍女として第2の人生を歩み始めましたー  上記2作品と同じ世界観です。  その内、話しもリンクしていきます。
24hポイント 3,182pt
小説 527 位 / 148,409件 恋愛 249 位 / 46,770件
文字数 304,269 最終更新日 2022.08.10 登録日 2020.08.26
16
恋愛 完結 短編
魔法が使える聖女ナイラは、ある日、婚約者のガランの浮気現場を目撃する。その後、ガランを部屋に呼びだし問い詰めると、「本当にすまなかった!許してくれ!」とガランは頭を下げてきた。しかしそんなことでは怒りがおさまらないナイラはある魔法を使うことを決意する。
24hポイント 2,286pt
小説 707 位 / 148,409件 恋愛 335 位 / 46,770件
文字数 1,971 最終更新日 2022.08.08 登録日 2022.08.08
17
恋愛 完結 ショートショート R15
「聖女エルディーナ!あなたとの婚約を破棄する」 「…かしこまりました」 王太子から婚約破棄を宣言され、聖女は自身の従者と目を合わせ、頷く。 では、と身を翻す聖女を訝しげに王太子は見つめた。 「…何故理由を聞かない」 ※短編(勢い)
24hポイント 2,172pt
小説 739 位 / 148,409件 恋愛 353 位 / 46,770件
文字数 2,034 最終更新日 2022.08.05 登録日 2022.08.05
18
恋愛 完結 短編
『結婚した当初の君はあんなに可愛かったのに』最近の旦那はそれが口癖になっていた。妙だと思っていたら案の定、彼は聖女の私の目を盗み、何処ぞの女と浮気していた。
24hポイント 2,066pt
小説 774 位 / 148,409件 恋愛 371 位 / 46,770件
文字数 1,792 最終更新日 2022.08.08 登録日 2022.08.08
19
恋愛 完結 長編
初恋の人と義妹が結婚し、いかず後家になるのが嫌で実家を出たヴィヴィアン。彼女はド田舎の伯爵令嬢で、自分に聖女の力があることに気づかないまま19歳になった。王都でお針子として働いていたが、ある日モデルとしてショーに出たせいで平穏な日々が一変してしまう。ショーの翌日に美貌の公爵アレクが訪ねてきて婚約をせまり、しかも「ヴィヴィ、約束どおり迎えに来たよ」――はぁ!? あなたとは初対面なんですけど?? さらに翌日には大聖女から「聖女になって」とスカウトを受ける。「私って聖女だったの!?」自分が聖女だと気づいたヴィヴィは『家賃ゼロ』の誘惑に負けてアレクと同居生活を始め、ついでに大聖女を目指すことになったのだった。 ○聖女になって怪我を治したり馬鹿力で事件を解決したりしつつ、ヒーローと結ばれて幸せになるお話○ラブコメディなので、かる~い気持ちでどうぞ○ヒロインは途中から(物理的に)強くなります○溺愛の秘密はあとで明らかになります。【注】義妹へのざまぁはありません。敵は他にいます。
24hポイント 2,037pt
小説 793 位 / 148,409件 恋愛 379 位 / 46,770件
文字数 109,289 最終更新日 2021.05.21 登録日 2021.05.19
20
恋愛 連載中 長編
両親と妹にはいない者として扱われながらも、王子の婚約者の肩書のお陰で何とか暮らしていたアレクシア。 顔だけの婚約者を実妹に奪われ、顔も性格も醜いと噂の辺境伯との結婚を命じられる。 辺境に追いやられ、婚約者からは白い結婚を打診されるも、婚約も結婚もこりごりと思っていたアレクシアには好都合で、しかも婚約者の義父は初恋の相手だった。 王都にいた時よりも好待遇で意外にも快適な日々を送る事に…でも、厄介事は向こうからやってきて… ◆第一章:婚約破棄と新たな婚約にまつわる話。 ◆第二章:王都に呼び出され、家族と元婚約者との再会と騒動。 ◆第三章:婚約者の元恋人が出現、婚約者とも距離を置かれて… ◆第四・五章:婚姻が成立して… ←今ここ(ようやく溺愛モード?) 婚約破棄物を書いてみたくなったので、書いてみました。 ありがちな内容ですが、よろしくお願いします。 設定は緩いしご都合主義です。難しく考えずにお読みいただけると嬉しいです。 他サイトでも掲載しています。 現在不定期更新中です。
24hポイント 1,952pt
小説 822 位 / 148,409件 恋愛 399 位 / 46,770件
文字数 370,511 最終更新日 2022.07.21 登録日 2021.11.02
21
恋愛 完結 長編
フィースバーク侯爵家の三女として生まれたリュミエールは、ある日、悲しい夢を見て目覚める――。聖女の血筋であるにもかかわらず、何の能力も持たず『空っぽ聖女』、『亡霊令嬢』などと周りの貴族、両親や姉達にさえ揶揄、冷遇されていた彼女。しかし、その容姿だけは誰よりも血筋を受け継いだ為、王太子の婚約者として選ばれることとなった。その日は王太子の誕生日で、生誕祭の会場に赴いた彼女だったが、なんとその場でいきなり婚約破棄を叩きつけられ、腹違いの姉のサンドラが知らぬ間に彼とただならぬ関係になっていた事を知る……。悲嘆にくれ気を失う彼女を救ったのは冷血と名高い銀竜公爵と呼ばれている男性で……その後、日を置かずに彼から婚約の申し出があり、リュミエールは支度金と引き換えで追放されるかのように家から追い出されるのだった……。 絶望にくれながら訪れた嫁ぎ先の公爵家だったが、そこで出会ったのは彼女に好意的な人々ばかりで……日々彼女は塞いでいた思いを解きほぐされ、楽しい日々を過ごしながら、やがてぶっきらぼうだが素直で努力家の銀竜公爵との距離も近づいてゆく。だがそこに、実家から茶会の誘いがあり、そこには王太子とサンドラも訪れるという――。 これは、聖女として失格だと蔑まれていたリュミエールが、自分を取り巻く不遇な環境から解放され、幸せをつかみ取るまでの物語。 ※◇は他者視点のお話になっています。 ※小説家になろう様にも掲載させていただいていますが、文字数の都合上タイトルを少々変えさせていただいています。
24hポイント 1,931pt
小説 829 位 / 148,409件 恋愛 402 位 / 46,770件
文字数 146,900 最終更新日 2022.07.16 登録日 2022.07.09
22
恋愛 完結 短編
王国の貴族令嬢リアンは同じく貴族のチャールズと婚約をしていた。 結婚式も一週間後に迫り、胸をときめかせながら幸せな毎日を過ごすリアン。 しかし、その日……リアンはチャールズが金髪の聖女と抱き合っている姿を目撃する。 婚約者の浮気とその女に怒りを覚えたリアンは……
24hポイント 1,881pt
小説 855 位 / 148,409件 恋愛 415 位 / 46,770件
文字数 4,667 最終更新日 2022.08.05 登録日 2022.08.02
23
恋愛 完結 短編
聖女アメリータは、孤児院で育った。 5歳のときに聖力に目覚め、国を守護する任に就くため王宮に連れて来られた。 現任の聖女から仕事を学び、10歳になるときにその地位をついで第二王子と婚約。 以降、国に尽くしてきた。 しかし18歳になり間もなく王子と結婚、というところで婚約破棄をつきつけられてしまう。 「お前との婚約は破棄する! このヌンツィア・アゴスティ伯爵令嬢が新たな聖女で新たな婚約者だ!」 「えっ、ほんとに?」 国に聖女は2人いらない。 国外追放になるアメリータ。 さて、アメリータとヌンツィアと、この国の運命やいかに! 全16話の短編です。執筆済み。 ※みんな大好き隣国の王子! 出てきますよー!  (正確には隣国のさらに隣国の王子でした。) ※アメリータ視点、第三者視点、アドルフ独白があります。 ※短めを目指したので未消化や展開早っ!というところがございますです。 ※設定はよくある話ですが、話はオリジナルです。 ※細かいこと気にせず楽に読んでください。 ※敬語とか尊敬語?とか、適当ですみません! 6/17金曜日、18土曜日かな?0時の更新で、ホットランキング1位ありがとうございます! いつも読んでくれてありがとうございます。 皆さまのおかげです。 またサラッと読める短編でライトなノベルを書きますのでよろしくお願いします。
24hポイント 1,753pt
小説 917 位 / 148,409件 恋愛 447 位 / 46,770件
文字数 35,874 最終更新日 2022.06.18 登録日 2022.06.16
24
恋愛 完結 短編 R15
フランソワーズは母親から理不尽な扱いを受けていた。それは美しいのに醜いと言われ続けられたこと。学園にも通わせてもらえなかったこと。妹ベッツィーを常に優先され、差別されたことだ。 父親はそれを黙認し、兄は人懐っこいベッツィーを可愛がる。フランソワーズは完全に、自分には価値がないと思い込んだ。 妹に婚約者ができた。それは公爵家の嫡男マクシミリアンで、ダイヤモンド鉱山を所有する大金持ちだった。彼は美しい少年だったが、病の為に目はくぼみガリガリに痩せ見る影もない。 そんなマクシミリアンを疎んじたベッツィーはフランソワーズに提案した。 「ねぇ、お姉様! お姉様にはちょうど婚約者がいないわね? マクシミリアン様を譲ってあげるわよ。ね、妹からのプレゼントよ。受け取ってちょうだい」 これはすっかり自信をなくした、実はとても綺麗なヒロインが幸せを掴む物語。異世界。現代的表現ありの現代的商品や機器などでてくる場合あり。貴族世界。全く史実に沿った物語ではありません。 6/23 5:56時点でhot1位になりました。お読みくださった方々のお陰です。ありがとうございます。✨
24hポイント 1,661pt
小説 957 位 / 148,409件 恋愛 471 位 / 46,770件
文字数 52,081 最終更新日 2022.07.07 登録日 2022.06.18
25
恋愛 完結 短編
魔法を使えない私アニカは家族から蔑まれ、家族の縁を切り嫁ぐこととなっていた。 妹レモノの提案で、私の夫になるジェイドは呪われている令息らしい。 家族から話を聞くと、私は売られたようなものだった。 傷心していた私に対して、ジェイドは優しくしてくれる。 呪いを解きたいと決意すると、私は聖女の魔法を扱えるようになっていた。 どうやら私は、聖女の魔法しか使えなかったらしい。 ジェイドの呪いを解くことに成功して、私は聖女になれました。
24hポイント 1,625pt
小説 977 位 / 148,409件 恋愛 480 位 / 46,770件
文字数 11,387 最終更新日 2022.07.24 登録日 2022.07.16
26
恋愛 完結 長編 R15
“巻き込まれ召喚のモブの私だけが還れなかった件について” “モブで薬師な魔法使いと、氷の騎士の物語” に続く続編となります。 色々あって、無事にエディオルと結婚して幸せな日々をに送っていたハル。しかし、トラブル体質?なハルは健在だったようで──。 ハルだけではなく、パルヴァンや某国も絡んだトラブルに巻き込まれていく。 そして、そこで知った真実とは? やっぱり、書き切れなかった話が書きたくてウズウズしたので、続編始めました。すみません。 相変わらずのゆるふわ設定なので、また、温かい目で見ていただけたら幸いです。 宜しくお願いします。
24hポイント 1,483pt
小説 1,059 位 / 148,409件 恋愛 520 位 / 46,770件
文字数 119,901 最終更新日 2022.07.08 登録日 2022.05.21
27
恋愛 完結 ショートショート R18
今日もふたりの間に会話はほとんど無い。 でもお茶を出せばこちらを見て「ありがとう」と言ってくれる。 言葉数は少ないけれど、私に優しい婚約者。 だから私も、その優しさに応えたい。 ※2話目まではシリアス風ですがその後はコメディでえっちなお話です。 ※予告なくエッチな場面(R18エロシーン)がでてきますのでご注意ください。 ※設定ゆるめ、ご都合主義です。
24hポイント 1,462pt
小説 1,070 位 / 148,409件 恋愛 525 位 / 46,770件
文字数 7,331 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.08.05
28
恋愛 連載中 短編
この国では聖女を探すべく年頃になると、国中の女聖女であるかのテストを受けることのなっていた。 「貴方は選ばれし、我が国の聖女でございます。これから国のため、国民のために我々をお導き下さい」 大神官が何を言っているのか分からなかった。しかし、理解出来たのは私を見る目がまるで神を見るかのような眼差しを向けていた。 その日、私の生活は一変した。
24hポイント 1,399pt
小説 1,108 位 / 148,409件 恋愛 545 位 / 46,770件
文字数 7,456 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.07.28
29
恋愛 完結 長編 R15
【とある大陸の話①:月と星の大陸】 ※ヒロインがアンハッピーエンドです。  痛めつけられた足がもつれて、前には進まない。  爪を剥がされた足に、力など入るはずもなく、その足取りは重い。  執行官は、苛立たしげに私の首に繋がれた縄を引いた。  だから前のめりに倒れても、後ろ手に拘束されているから、手で庇うこともできずに、処刑台の床板に顔を打ち付けるだけだ。  ドッと、群衆が笑い声を上げ、それが地鳴りのように響いていた。  広場を埋め尽くす、人。  ギラギラとした視線をこちらに向けて、惨たらしく殺される私を待ち望んでいる。  この中には、誰も、私の死を嘆く者はいない。  そして、高みの見物を決め込むかのような、貴族達。  わずかに視線を上に向けると、城のテラスから私を見下ろす王太子。  国王夫妻もいるけど、王太子の隣には、王太子妃となったあの人はいない。  今日は、二人の婚姻の日だったはず。  婚姻の禍を祓う為に、私の処刑が今日になったと聞かされた。  王太子と彼女の最も幸せな日が、私が死ぬ日であり、この大陸に破滅が決定づけられる日だ。 『ごめんなさい』  歓声をあげたはずの群衆の声が掻き消え、誰かの声が聞こえた気がした。  無機質で無感情な斧が無慈悲に振り下ろされ、私の首が落とされた時、大きく地面が揺れた。
24hポイント 1,349pt
小説 1,150 位 / 148,409件 恋愛 567 位 / 46,770件
文字数 109,961 最終更新日 2021.12.28 登録日 2021.12.28
30
恋愛 連載中 長編 R15
旧題:魔女として処刑された王女は、隣国に転生し聖女となる 生まれ持った「癒し」の力を、民の為に惜しみなく使って来た王女アシュリナ。 しかし、その人気を妬む腹違いの兄ルイスに疎まれ、彼が連れてきたアシュリナと同じ「癒し」の力を持つ聖女ユーリアの謀略により、魔女のレッテルを貼られ処刑されてしまう。 同じ力を持ったまま、隣国にディアナという名で転生した彼女は、6歳の頃に全てを思い出す。 「ーーこの力を、誰にも知られてはいけない」 しかし、森で倒れている王子を見過ごせずに、力を使って助けたことにより、ディアナの人生は一変する。 「どうか、この国で聖女になってくれませんか。貴女の力が必要なんです」 これは、理不尽に生涯を終わらされた一人の少女が、生まれ変わって幸福を掴む物語。
24hポイント 1,250pt
小説 1,226 位 / 148,409件 恋愛 608 位 / 46,770件
文字数 248,539 最終更新日 2022.08.10 登録日 2019.07.13
31
恋愛 完結 短編 R15
サルサン国の聖女たちは、隣国に征服される際に自国の王の命で殺されそうになった。ところが、侵略軍将帥のマトルヘル侯爵に助けられた。それから聖女たちは侵略国に仕えるようになったが、一か月後に筆頭聖女だったルミネラは命の恩人の侯爵へ嫁ぐように国王から命じられる。 結婚披露宴では、陛下に側妃として嫁いだ旧サルサン国王女が出席していたが、彼女は侯爵に腕を絡めて「陛下の手がつかなかったら一年後に妻にしてほしい」と頼んでいた。しかも、侯爵はその手を振り払いもしない。 聖女は愛のない交わりで神の加護を失うとされているので、当然白い結婚だと思っていたが、初夜に侯爵のメイアスから体の関係を迫られる。彼は命の恩人だったので、ルミネラはそのまま彼を受け入れた。 侯爵がかつての恋人に似ていたとはいえ、侯爵と孤児だった彼は全く別人。愛のない交わりだったので、当然力を失うと思っていたが、なぜか以前よりも力が漲っていた。 ※全11話 2万字程度の話です。
24hポイント 1,235pt
小説 1,242 位 / 148,409件 恋愛 618 位 / 46,770件
文字数 21,413 最終更新日 2022.07.23 登録日 2022.07.22
32
恋愛 完結 ショートショート R18
 彼女の名はマリアンヌ、ある男の紹介によりこの国の大司教の養女となった。後に、その容姿と信仰心から聖女と呼ばれるまでにいたった。国民的人気もあり、王族にも匹敵するほどであった。無論、上流階級たちの間でも人気があり、王族関係者を含め求婚者は山のようにいる。しかし、彼女本人は、この身は神にささげていると言って、全て断っているそうだ。 「今日のミサは以上です、皆さまに祝福あれ」  静まり返っていた民衆がざわめき、彼女の前へと集まりだした。  どうやら最後の祈りだったようだ。 「マリアンヌ様、今日のお話しも素晴らしかったです」 「まりあんぬさまぁ、ありがとうございました」 「ほんと女神のようじゃ」  聖女であると誰もが疑わない。 「皆様に神のご加護があらんことを」  だが、民衆は知らない、彼女が信仰するものが、本当は神ではなく、ある紳士であることに――
24hポイント 1,192pt
小説 1,273 位 / 148,409件 恋愛 634 位 / 46,770件
文字数 9,235 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.07
33
恋愛 完結 長編
伯爵令嬢のオリヴィアは平凡な令嬢だった。 社交界の華及ばれる姉と、国内でも随一の魔力を持つ妹を持つ。 対するオリヴィアは魔力は低く、容姿も平々凡々だった。 それでも家族を心から愛する優しい少女だったが、家族は常に姉を最優先にして、蔑ろにされ続けていた。 けれど、長女であり、第一王子殿下の婚約者である姉が特別視されるのは当然だと思っていた。 …ある大事件が起きるまで。 姉がある日突然婚約者に婚約破棄を告げられてしまったことにより、姉のマリアナを守るようになり、婚約者までもマリアナを優先するようになる。 両親や婚約者は傷心の姉の為ならば当然だと言う様に、蔑ろにするも耐え続けるが最中。 姉の婚約者を奪った噂の悪女と出会ってしまう。 しかしその少女は噂のような悪女ではなく… *** タイトルを変更しました。 指摘を下さった皆さん、ありがとうございます。
24hポイント 1,185pt
小説 1,285 位 / 148,409件 恋愛 641 位 / 46,770件
文字数 155,532 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.01.06
34
恋愛 連載中 短編 R15
「聖女イデアよ、もう祈らなくとも良くなった」  ブラークメリル王国の新米国王ロブリーは、節約と経費削減に力を入れる国王である。  どこの国でも、聖女が作る結界の加護によって危険なモンスターから国を守ってきた。  国として大事な機能も経費削減のために不要だと決断したのである。  そのとばっちりを受けたのが聖女イデア。  国のために、毎日限界まで聖なる力を放出してきた。  本来は何人もの聖女がひとつの国の結界を作るのに、たった一人で国全体を守っていたほどだ。  しかも、食事だけで生きていくのが精一杯なくらい少ない給料で。  だがその生活もロブリーの政策のためにリストラされ、社畜生活は解放される。  と、思っていたら、今度はイデア自身が他国から高値で取引されていたことを知り、渋々その国へ御者アメリと共に移動する。  目的のホワイトラブリー王国へ到着し、クラフト国王に聖女だと話すが、意図が通じず戸惑いを隠せないイデアとアメリ。  しかし、実はそもそもの取引が……。  幸いにも、ホワイトラブリー王国での生活が認められ、イデアはこの国で聖なる力を発揮していく。  今までの過労が嘘だったかのように、楽しく無理なく力を発揮できていて仕事に誇りを持ち始めるイデア。  しかも、周りにも聖なる力の影響は凄まじかったようで、ホワイトラブリー王国は激的な変化が起こる。  一方、聖女のいなくなったブラークメリル王国では、結界もなくなった上、無茶苦茶な経費削減政策が次々と起こって……? ※変な政策や節約が色々と出てきますが、物語の世界での出来事ですので、実際に提案や真似はしないでください。責任取れません。 ※ざまぁ要素は、前半は少なめです。 ※まだ完結まで書いていませんが、もしかしたら長編に変更するかもしれません(4万字overしたら変更します) ※作者が『ぐわぁぁぁ』ってなった瞬間に閃いた作品で、初期投稿前日の夜に書き始めた作品ですが、書いてて面白くなってきたので完結目指します。
24hポイント 1,121pt
小説 1,344 位 / 148,409件 恋愛 665 位 / 46,770件
文字数 38,985 最終更新日 2022.08.02 登録日 2022.07.15
35
恋愛 連載中 短編
「カトリーヌ・シャロン! 本日をもって婚約を破棄する!」 学園の教室で婚約者であるフランシスの滑稽な姿にカトリーヌは笑いをこらえるので必死だった。 そこに聖女であるアメリアがやってくる。 フランシスの瞳は彼女に釘付けだった。 彼女と出会ったことでカトリーヌの運命は大きく変わってしまう。 短編を小分けにして投稿しています。よろしくお願いします。
24hポイント 1,087pt
小説 1,385 位 / 148,409件 恋愛 686 位 / 46,770件
文字数 15,233 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.05
36
恋愛 完結 長編
各務紗奈(カガミサナ)は異世界に聖女として召喚された。 だが、サナには低ランクの闇魔法適性しかなかった。 「そんなのが豊穣の聖女であるはずがない」と追放され、更には奴隷として売られてしまった。 サナは成り行きで銀髪の狼獣人、リベリオに助けられ、獣人の国アニムニアで暮らすことに。 常夏のアニムニアで、サナはおばあちゃんから教わったレシピと、闇魔法を駆使して、涼しい空間と冷たい飲み物を提供するカフェを開くことにしたのだが── ※序盤に少しだけ辛いシーンがあります。 獣人は基本耳と尻尾のみです。
24hポイント 1,057pt
小説 1,416 位 / 148,409件 恋愛 705 位 / 46,770件
文字数 163,853 最終更新日 2022.02.13 登録日 2020.06.27
37
恋愛 連載中 短編
主人公、リズ・シモン伯爵令嬢はユークリッド王国の聖女だった。 シモン伯爵家は代々聖女を排出する家系であり、リズも聖女になってからは国のために尽してきた。 しかし── 「リズ・シモン! お前との婚約を破棄する!」 婚約していたセルジュ・ユークリッド王子は『下級貴族のリズは婚約者に相応しくない』と婚約を破棄する。 リズは聖女として笑顔でそれを受け入れた。 「一回目」 そして次に、国王はリズを聖女の座から下ろし、聖女へ別の人物を据え、変わらずリズを酷使しようとした。王族が聖女の力を得るためだった。 しかし、リズは国を守れるなら構わない、とそれを笑顔で了承した。 「二回目」 最後に国王は数年前に亡くなったリズの両親は自分が聖女の力を得るために殺したのだと説明し、リズを冤罪にかけ処刑しようとした。 「三回目」 度重なる裏切りに対してリズはついに愛想を尽かした。 そしてリズはユークリッド王国を出ていった。 すると王国では異変が次々と生じるようになり……? 国王は知る。 なぜリズが聖女の座についていたのか。 そして聖女がユークリッド王国にとってどれほど大切な存在だったかを。 しかし時すでに遅し。 国が滅亡の危機に瀕しても、リズは隣国で聖女として暮らしているので、もう戻らない。 「聖女の笑顔も三度までです」
24hポイント 1,043pt
小説 1,436 位 / 148,409件 恋愛 714 位 / 46,770件
文字数 3,140 最終更新日 2022.07.08 登録日 2022.07.07
38
恋愛 完結 長編
 十年ものあいだ人々を癒し続けていた聖女シリカは、ある日、婚約者のユリアン第一王子から婚約破棄を告げられる。さらには信頼していた枢機卿バルトルトに裏切られ、伯爵令嬢ドーリスに聖女の力と王子との婚約さえ奪われてしまう。  元聖女となったシリカは、バルトルトたちの謀略により、貧困国ロンダリアの『愚醜王ヴィルヘルム』のもとへと強制的に嫁ぐことになってしまう。無知蒙昧で不遜、それだけでなく容姿も醜いと噂の王である。  そんな不幸な境遇でありながらも彼女は前向きだった。 「陛下と国家に尽くします!」  シリカの行動により国民も国も、そして王ヴィルヘルムでさえも変わっていく。  そしてある事件を機に、シリカは奪われたはずの聖女の力に再び目覚める。失われたはずの蘇生聖術『リザレクション』を使ったことで、国情は一変。ロンダリアでは新たな聖女体制が敷かれ、国家再興の兆しを見せていた。  一方、聖女ドーリスの力がシリカに遠く及ばないことが判明する中、シリカの噂を聞きつけた枢機卿バルトルトは、シリカに帰還を要請してくる。しかし、すでに何もかもが手遅れだった。
24hポイント 1,015pt
小説 1,474 位 / 148,409件 恋愛 735 位 / 46,770件
文字数 105,747 最終更新日 2022.02.25 登録日 2022.02.13
39
恋愛 完結 ショートショート
理由があっても立場が己より上の人にであろうとも虐めはダメ絶対 とはいえ性悪にはそれなりの目にあってもらうお話。小説家になろう様でも投稿してます。
24hポイント 1,008pt
小説 1,483 位 / 148,409件 恋愛 740 位 / 46,770件
文字数 3,605 最終更新日 2022.08.08 登録日 2022.08.08
40
恋愛 完結 長編
貴様とは婚約破棄だ! 追放され馬車で国外れの修道院に送られるはずが…
24hポイント 1,004pt
小説 1,488 位 / 148,409件 恋愛 745 位 / 46,770件
文字数 157,979 最終更新日 2022.05.09 登録日 2021.11.07
1,571 12345