生贄小説一覧

109 123
1
恋愛 連載中 長編
姉の身代わりで生贄として捧げられた妹、アリスティア王女。 表向きは政略結婚という名目であったけれど、実のところ人類域の象徴である小国からこの世界を統べる帝国への捧げ物として選ばれた「生贄」であったのだ。 実際、最初の人生では怒りに狂った厄災獣帝レオンハルトによって殺され。 そしてなぜか過去に戻っていた。 せっかく巻き戻った時間、この命。 今度こそは生きながらえてみせると決意するもやっぱり最後は死ぬ運命に。 そしてまた巻き戻るアリスティアの時間。 三度目人生を迎え、アリスティアは悟る。 どうしてこんなループが起きるのか、その原因を解き明かさなければ結局何をしても同じなのでは? と。 少しずつ変わる時間。 変わる出来事。 そしてなぜか一週間前倒しになった婚姻。 自分を愛しているというレオンハルト。 そんな中で思い出す幼い頃のレオンとの出会い。 あれは運命? いや、違う。 三度目ではじめての出来事だったのだから。 これは、今度こそなんとしても破滅を回避して幸せになろうと頑張るアリスティアと、悲劇の獣帝レオンハルトとのもふもふ恋愛ファンタジーデス!!
24h.ポイント 398pt
小説 3,184 位 / 186,168件 恋愛 1,607 位 / 58,636件
文字数 18,356 最終更新日 2024.02.25 登録日 2024.01.31
幼い頃に盗賊の襲撃を受けて、奴隷商に売られた主人公。 邪神召喚用の生贄奴隷として買われ、生命を失いそうになったところを、帝国を闇の部分から支えている暗部組織、十三番目の騎士団に助けられた。 邪神の顕現は阻止できたものの、多くの人の生命が失われ、帝国は多大なる被害を被った。 帝国の人々はその日の事件を『エレッツハイム城の悪夢』と呼び、五年の歳月が過ぎた今もなお恐れていた。 助けられた子どもたちは、組織で育てられ、すくすくと成長して……。 生贄奴隷として囚われていた儀式の生き残りーーチートなちびっ子たちと、彼らを救出した闇に生きるエリートな大人たちーーの歪んだ思考と、掛け合いと、成長の物語です。 剣と魔法の世界。 魔力の相性がよいもの同士が惹かれ合う世界です。 主人公以外のカップル、様々な人間関係、からみがあるので、展開はすごくゆっくり。気長にお付き合いください。 血生臭いシーン、戦闘・暴力シーンが多少あります。 ムーンライトで掲載したものを、R15版用に過激描写を削除、マイルド(?)にして加筆しました。(若干、つじつまあわせの設定変更しています) なので、ほのかにそんなかんじがするけど、露骨な描写はない……です。 BL……の匂いがかすかにするかもしれません。
24h.ポイント 256pt
小説 4,907 位 / 186,168件 ファンタジー 730 位 / 41,603件
文字数 172,355 最終更新日 2024.02.24 登録日 2023.10.28
村の飢饉は山の悪魔を怒らせたから。 そんな噂が立った時には、村娘リユが生贄としてささげられることが決定していた。 どうせ両親もいない孤児だもの。当然よね。でも、こんなガリガリの子供を食べて、悪魔様は満足するのかしら。 ロープで縛られながら、リユはぼんやりとそんなことを考えていた。 どうせこのまま村で生きていても、いずれ餓死してしまう。それならば、最後に誰かの役に立ちたかった。 たとえそれが、悪魔であっても。 村人に担がれて、悪魔の住む山奥へ運ばれるリユ。 洞窟の入口で、たった一人取り残されたリユは悪魔の住処へと足を踏み入れた。 「今度の生贄はまだ子供じゃねぇか」 うんざりした声が聞こえ、顔を上げるとそこには件の悪魔が……。 「悪魔様?」 「そうだけど」 「……子供?」 リユの目の前に居たのは、15歳のリユよりも小さく幼い男の子がいた。
24h.ポイント 14pt
小説 30,461 位 / 186,168件 ファンタジー 4,243 位 / 41,603件
文字数 15,753 最終更新日 2024.02.15 登録日 2024.02.09
額に千日紅の形をした赤い痣を持って生まれた緋花。それは鬼の帝からの愛を誓う印だった……? 常世国〈とこよのくに〉。この国には人より遥かに長く生きる鬼が住むと言われていた。 緋花の父は生まれる前に死に、病弱だった母も緋花を産み落とすとその後すぐ亡くなってしまう。村には15年に一度鬼への生贄を捧げる決まりがあり、村人たちは天涯孤独な緋花を生贄にすると決定する。ただし、生贄として差し出すのは15歳と定められていたため、それまでは村で手厚く緋花を育てていた。 緋花は生贄として捧げられることを理解しつつ、村で亡くなった人たちの身体を綺麗にしたり死化粧を施したりしていた。 生贄として捧げられる日、緋花は額の痣を化粧で隠し鬼の国へ向かう。しかし、鬼は人を喰らわず、生贄とは鬼の帝が住む後宮で働かされることを意味していた。 生贄として後宮入りした緋花は、幸か不幸か正妃である黒蝶の化粧係兼身の回りの雑務を言い渡される。だがあることがきっかけで緋花は高価な紅を盗んだ罪を着せられ、帝の紅玉に死罪を求められる。そして、額にある千日紅の痣が姿を現してーー。 生贄として捧げられた少女が、愛と友情に巡り合う物語。そして、鬼と人との間に隠された秘密を紐解いていく。 ✴︎表紙絵はGPT AIチャットより作成しました。
24h.ポイント 127pt
小説 8,501 位 / 186,168件 キャラ文芸 111 位 / 4,546件
文字数 35,477 最終更新日 2024.02.06 登録日 2023.12.31
一年じゅう雨が降り続けるこの土地の者は、太陽を見たこともなければその概念も持たない。ある日、その地に女憑物落としが訪れ、「この雨は呪われている」と一喝する。その地の族長ともども雨を上がらせる儀式を執り行う。住民にもいっときは太陽の恩恵もありがたがられたが――。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ファンタジー 41,603 位 / 41,603件
文字数 2,823 最終更新日 2024.01.28 登録日 2024.01.28
6
キャラ文芸 連載中 長編 R15
刀根田村。 古来より。独自の神、八千矛神(やちほこのかみ)を祀るその村は、毎年神事に供物を捧げていた。 だが、十年に一度。 八千矛神に生きた贄を捧げていた。 そして今年、選ばれたのは『椿』という名の妙齢の女。 咲いたばかりの百合の花の様に美しく、今にも散ってしまいそうなまでに儚げだ。目線は虚で視線は定まらない。 されど、椿は己が生贄の花嫁である事を知っていても尚、逃げる意思はなく、手を引かれるままに歩く。 その先にあるのは、八千矛神がいるとされる大きな蔵。 椿は七日、そこで花嫁としての勤めを果たす事になる。 日の光も届かぬ蔵の中にいる、神の花嫁として。 蔵の中。蠢く暗闇の存在と出会う――
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 キャラ文芸 4,546 位 / 4,546件
文字数 95,569 最終更新日 2024.01.28 登録日 2023.12.19
生贄としてなるはずだった。けれど、王女は竜と出会い、自らの運命を変える。(※重複投稿作品)
24h.ポイント 7pt
小説 37,184 位 / 186,168件 ファンタジー 5,512 位 / 41,603件
文字数 2,530 最終更新日 2024.01.19 登録日 2021.08.04
8
恋愛 完結 長編 R18
聖女の力を持たずに生まれてきたシェイラは、竜族の生贄となるべく育てられた。 成人を迎えたその日、生贄として捧げられたシェイラの前にあらわれたのは、大きく美しい青い竜。 そのまま喰われると思っていたのに、彼は人の姿となり、シェイラを花嫁だと言った――。 虐げられていたヒロイン(本人に自覚無し)が、竜族の国で本当の幸せを掴むまで。 ヒーローは竜の姿になることもありますが、Rシーンは人型のみです。 大人描写のある回には★をつけます。
24h.ポイント 198pt
小説 6,308 位 / 186,168件 恋愛 2,882 位 / 58,636件
文字数 125,144 最終更新日 2024.01.12 登録日 2023.10.06
9
恋愛 完結 ショートショート
裏切られたので、徹底的に復讐するお話。 ご都合主義のSS。 かなり暗くて、かなり悲しくて、双子以外全員自分勝手で、ざまぁとか言ってられないお話。 スカッとはしない。読後感絶対悪い。何があっても大丈夫な人にしかお勧めできません。 小説家になろう様でも投稿しています。
24h.ポイント 177pt
小説 6,771 位 / 186,168件 恋愛 3,113 位 / 58,636件
文字数 2,638 最終更新日 2024.01.10 登録日 2024.01.10
飛空艇が飛び、治安が決していいとは言えない世界。凄惨な環境に置かれ人生に絶望していた少年ブラッドはある日、不死の力を持つ青年に出会う。彼の「儀式」の生贄になる事を選び、「儀式」が行われる辺境の村へ向かった。 そしてブラッドはそこで一人の少女に恋をし、死に抗おうともがき始める。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ファンタジー 41,603 位 / 41,603件
文字数 26,173 最終更新日 2023.12.23 登録日 2023.12.23
11
BL 完結 長編 R18
世界樹に守られし世界。 だが、十年前から突如として世界樹が枯れ始めた。世界樹が枯れると大地の活力は失われ、やがて世界は滅びゆく。 世界樹の声を各地へと伝える伝令『守り人』の依頼により、不可侵である聖域に足を踏み入れた人間代表のアーウィン(20)。そこで出会った巨人族代表、小人族代表と共に調査を開始した。 調査初日、祭壇へと向かう道にあった虚に誤って落ちてしまったアーウィン。全身打撲に擦り傷だらけで満身創痍のアーウィンを助けてくれたのは、守り人の外見をした美しく逞しい青年だった。 青年に不思議な実を口移しで分け与えてもらったところ、あっという間に怪我が治ってしまう。 驚いたアーウィンは青年に名前を尋ねると、「『贄』と呼ばれていた」と名前がないことを聞かされる。 憤慨したアーウィンは、ユグドラシルから取った「ユグ」という名前を付ける。 「アーウィンキスいや?オレ、嫌い?」 「そ、そんなことないよ!……んうっ!」 愛の圧が強めな野生児ユグの協力の元、世界樹と守り人の秘密に迫る世界樹ファンタジーBLです ※男性妊娠表記あり ※世界樹の設定は独自解釈です。実際の神話とは相違がありますのでご容赦ください。
24h.ポイント 35pt
小説 19,437 位 / 186,168件 BL 5,171 位 / 23,672件
文字数 184,177 最終更新日 2023.11.30 登録日 2023.10.27
12
恋愛 連載中 長編
叔父一家に虐げられていた少女リアはついに竜王陛下への生贄として差し出されてしまう。どんな酷い扱いをされるかと思えば、体が小さかったことが幸いして竜王陛下からは小動物のように溺愛される。そして生贄として差し出されたはずが、リアにとっては怠惰で幸福な日々が始まった―――。 感想、誤字脱字報告、エール等ありがとうございます! 【書籍化しました!】 お祝いコメントありがとうございます!
24h.ポイント 333pt
小説 3,835 位 / 186,168件 恋愛 1,894 位 / 58,636件
文字数 348,116 最終更新日 2023.11.29 登録日 2021.04.02
13
恋愛 完結 長編
このお話は昔のとある村に住んでいた由貴という少年が親の言いつけで兄の代わりに生贄として氷の神様(お狐様)に婿入りしました。 が,お狐様の氷織に気に入られ,生贄ではなく婚約者になりました。 ライバルも現れ,本当にお狐様と夫婦になれるのか,生贄婚約者と時にドキドキ,たまにドSな氷のお狐様の恋愛小説です。 第一話,身代わりの花婿 第二話,由貴にライバル登場 第三話,花婿修行 第四話,由貴の決断 第五話,数々の試練&式神召喚 第六話,式神の正体 第七話,怪しい式神 第八話,由貴の魔法 第九話,舞の特訓 第十話,試験の当日 第十一話,ファッション披露 第十二話,舞の成果 第十三話,雨月様の式神の正体 第十四話,雷虎との戦い 第十五話,氷織と由貴の祝言
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 恋愛 58,636 位 / 58,636件
文字数 30,805 最終更新日 2023.11.26 登録日 2021.09.01
14
BL 完結 短編 R18
俺の名前は、進藤海、地味な高校生活を送っていたら突然真下に魔法陣が現れて俺は気づいたら、大きなベッドの上にいた。 そして目の前には青髪の若い男性が、本当は生贄として食べられるはずだったけど俺は何故か、彼に気に入られてしまい? 生かしておく代わりに、抱かせろと言われて……。 この物語は、異世界に生贄として召喚された俺の魔王に愛される物語!
24h.ポイント 21pt
小説 25,520 位 / 186,168件 BL 6,708 位 / 23,672件
文字数 7,018 最終更新日 2023.11.03 登録日 2023.10.31
15
大衆娯楽 連載中 短編 R18
様々な世界、状況、境遇で生贄になる女の子達を描く連作シリーズです。 ※女の子が痛い目にあったりなど、リョナ的表現は全くありません。 ※普通にエロです。本番行為があります。
24h.ポイント 7pt
小説 37,184 位 / 186,168件 大衆娯楽 770 位 / 5,743件
文字数 9,896 最終更新日 2023.11.03 登録日 2023.10.28
召喚に巻き込まれて異世界転移してしまった小久保柚奈は不死身人間となってしまい、奴隷として毎日「殺される」仕事をさせられていた。そんな彼女が捕らわれている王国では王位継承者争いがあり、その余波で再度、異世界人召喚儀式が行われることになる。 儀式には生贄が必要であり、中央神殿巫女のハナは、それに立候補した・・・。 この話は、『巻き込まれ召喚娘の大逆転!? ~転移者柚奈は、超絶理不尽な扱いを受けました~(オリジナルR18版)』の外伝です。生贄ハナの屠殺儀式の様子であり、グログロ内容ですのでご注意ください。 できましたら、本編の方もお読み頂けましたら幸いです。(本編前半もカナリのグログロです。) https://www.alphapolis.co.jp/novel/721272544/67801541
24h.ポイント 14pt
小説 30,461 位 / 186,168件 ファンタジー 4,243 位 / 41,603件
文字数 12,399 最終更新日 2023.10.30 登録日 2023.10.23
17
恋愛 完結 長編 R15
生まれた時から、ずっと地下牢で暮らしてきた第二皇女。 家族から、使用人から、貴族から疎まれて育った彼女は“愛”を知らない。 また、感情に乏しく、誰に何をされても無反応だった。 そんな皇女が、ついに地下牢を出ることになった。 でも、それは決して良いことじゃなくて……傍から見れば、悲劇そのもの。 だって、彼女はこれから────“生贄”として、大公に嫁ぐから。 死を覚悟して、大公領へ向かった皇女は恐ろしい怪物と対面する。 そして、早速殺されるのかと思いきや、妙に優しくて……? 温かい食事、清潔な洋服、自分の居場所を与えられ、皇女は驚く。 ────何故、生贄である私を丁寧に扱ってくれるのだろう?と。 ────これは生贄として虐げられてきた少女が、自分の人生と温かい心を取り戻すまでの物語。 ◆小説家になろう様でも、公開中◆ ◆序盤はかなり胸糞です。ご注意ください◆
24h.ポイント 284pt
小説 4,616 位 / 186,168件 恋愛 2,176 位 / 58,636件
文字数 111,088 最終更新日 2023.09.30 登録日 2023.09.19
世界を救う為に、一つの純粋な心(ハート)が必要だという。 「いいよ。あたしの心で世界が救えるなら。  みんなが幸せになるなら。あたしのハートを世界にあげる」 そんな純粋無垢な少女を一人の少年が引き留める。 少年は、口が聞けない。 少女だけが少年の言葉を理解することができる。 「ゆーくんの代わりに、あたしが伝える。  あたしは、ゆーくんみたいに何の力も持ってないけど、これくらいなら私にも出来るもの」 この世界では、力があるのが当たり前。 誰もが何かしらの力を持っている。 そんな中、その少女だけは、何の力も持っていない。 だからこそ、純粋な心を持っていた。 ――何も持たない僕だけど。 ――何も出来ない私だけど。 ――彼女の為に、 ――この世界の為に、何かをしたいと、そう思いました。 一つの純粋な心に代われるものは、世界中の皆の心の欠片。 (探そう。この世界と君の両方が助かる道を。  全てがうまくいく方法がきっとどこかにある筈だよ) 少年と少女は、旅に出る。 世界を旅した果てに、二人が見付けたものは何なのか――。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 児童書・童話 3,298 位 / 3,298件
文字数 19,105 最終更新日 2023.08.28 登録日 2023.07.14
19
ファンタジー 完結 ショートショート
生贄に選ばれた少女は、持病を抱えていた。 村に居れば1年の余命、魔族領に来た事で1ヶ月の余命、果たして最期を迎えた少女が、無駄死にするまでの物語。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ファンタジー 41,603 位 / 41,603件
文字数 3,663 最終更新日 2023.08.22 登録日 2023.08.22
20
恋愛 完結 ショートショート R15
骸骨娘と揶揄され、家で酷い扱いを受けていたマリーヌは、国王の正妃として嫁いだ。だが結婚後、国王に愛されることなく、ここでも幽閉に近い扱いを受ける。側妃はマリーヌの義姉で、公式行事も側妃が請け負っている。マリーヌに与えられた最後の役割は、海の神への生贄だった。 注意:地震や津波の描写があります。ご注意を。やや残酷な描写もあります。
24h.ポイント 21pt
小説 25,520 位 / 186,168件 恋愛 11,140 位 / 58,636件
文字数 10,157 最終更新日 2023.08.12 登録日 2023.08.12
 異母妹セリアに虐げられた挙げ句、婚約者のルイ王太子まで奪われて世を儚み、魔獣の生贄となったはずの侯爵令嬢レナエル。  ある夜、王宮にレナエルと魔獣が現れて…………。  
24h.ポイント 42pt
小説 17,148 位 / 186,168件 ファンタジー 2,362 位 / 41,603件
文字数 12,945 最終更新日 2023.08.07 登録日 2023.08.07
22
BL 完結 長編 R18
偏見はびこる田舎町で息苦しさを感じつつ生きてきた牧田都亜(20)は、原付のスリップ事故により命を落としてしまう。 目を覚ました都亜は、そこが前世で読んでいたバッドエンドBL小説『生贄の少年花嫁』の世界だと気づく。しかも自分は、この物語の主人公となる生贄・トア(18)であるということも……! せっかく異世界転生するのなら、イケメンに囲まれる乙女ゲーム的世界や、ほのぼのスローライフを送れる世界がよかったのに、ここはよりにもよってバッドエンド小説。このままでは、トアは陵辱三昧の末に自害という未来しかない。 だが、目の前に現れた吸血鬼・ヴァルフィリスは目を見張るほどの絶世の美形。甘く迫られ、恋愛に縁のなかったトアはうっかり挙動不審な行動をとってしまう。すると、ヴァルフィリスもなにやら想像とは異なる反応を見せるようになって……? ◇R18要素のあるシーンには※をつけます ◇行き詰ってしまい、改題&冒頭から改稿しました。 現在は改稿版を連載していますが(7/21完結予定)、改稿前バージョンも7/22朝7時に全話投稿します。 【改稿前ver.】『憧れの美形ヴァンパイア様には秘密がある』 牧田都亜(20)は、田舎での閉塞的な暮らしに息苦しさを覚えながら生きていた。若者らしい夢を抱くこともなく、ゲイであることを隠しているがゆえに恋も知らないまま、都亜は原付のスリップ事故により命を落としてしまう。 見慣れぬ部屋で目を覚ました都亜は、ここが前世で読んでいたBL小説『生贄の少年花嫁』の世界だと気づく。しかも自分は、この物語の主人公『トア』であるということも……! トアの生まれた村は『村に災いが訪れしとき、森の奥に棲まう悪魔に生贄を捧げるべし』という因習がある。因習を断ち切るため自ら生贄に志願したトアは、必ず『悪魔』の正体を突き止めてやるという強い決意を胸に抱いていた。 だが、前世の記憶を思い出したトアは『悪魔』の正体を知っている。そしてその『悪魔』こそ、前世でずっと憧れを抱いていた冷酷無慈悲な美貌の吸血鬼・ヴァルフィリスであるということを……!  本来ならバトルを挑まねばならないのに、憧れの相手を目の前にして、挙動不審になってしまうトア。攻撃性皆無のトアを前に、ヴァルフィリスも何やら妙な反応を示して——?
24h.ポイント 78pt
小説 11,931 位 / 186,168件 BL 3,189 位 / 23,672件
文字数 263,152 最終更新日 2023.07.22 登録日 2023.04.06
23
BL 連載中 長編 R15
本作は、とある理由により、男であることを隠さないといけない国に住んでいる16歳の青年と、隣町の若き王子20歳のなんとも変わったラブストーリーである。 国王と青年が出会ったのは、国王の住む国で行われる舞踏会での事だった。青年は、隣町で行われる舞踏会の招待状が自身の家に送られてきた事から、病気ですっかり弱ってしまった母親に、贅沢なものを食べさせたいと考え...乗り気ではないが、舞踏会に行くことに...。 青年は、舞踏会に忍び込むと、関係者以外立入禁止である城内へと足を進め、金品などを物色し、盗みを働こうとした。だが、運悪く後をつけてきていた王子にその光景を目撃され、見つかってしまう...。王子は、青年(女装してドレス着ているから美少女)に、どういう訳か求婚を頼み込んできたが…当然青年は、顔を真っ青にして断った…。すると、途端に王子の性格が豹変して...「この条件を飲まなければ、お前が城内の物を物色していたことを口外する。」と青年を脅し...青年は、仕方なく婚約という条件を受け入れることに...。 この物語は、そんな僕と隣国王子との禁断の恋物語である。
24h.ポイント 7pt
小説 37,184 位 / 186,168件 BL 10,143 位 / 23,672件
文字数 124,816 最終更新日 2023.07.02 登録日 2020.12.13
緑色の瞳を持つ少女アルマは、村の人々から魔女と罵られ、村の外れにある墓守小屋で寝起きをしている。 ある日、アルマは村の男たちに虐げられていたところを領主の男に救われる。行き場のないアルマは領主の求むままに、竜と人の混血騎士が住まう砦へ生贄として捧げられることになるが――。 「喜べ。俺はお前を喰わない」 無口な竜人騎士と、墓守少女の恋愛ファンタジー。
24h.ポイント 7pt
小説 37,184 位 / 186,168件 ファンタジー 5,512 位 / 41,603件
文字数 67,063 最終更新日 2023.06.23 登録日 2023.05.29
小さな村で日照りが続いた。 村人はそれを竜神様がお怒りの為だと解釈し、怒りを静めるために生け贄を捧げることにした。 選ばれたのは、双子の妹だった。 死にたくないと嘆く妹に、姉は小さな薬瓶を手渡して笑う。 「これは、目の色を変える薬よ」 ※別名義で作ったフリーゲーム「幻想の城-Schloss der fantasie-」の話中話「双子の姉妹」を元に書いた話です。 ※MAGNET MACROLINKで掲載していました。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ホラー 6,644 位 / 6,644件
文字数 2,425 最終更新日 2023.06.21 登録日 2023.06.21
26
ホラー 連載中 ショートショート R18
とある離島の研究施設。とある部屋では、人身売買された『餌』が役割を果たす為、数十人と飼われていた。 とある部屋では、日夜怪物の研究が行われ、兵器に使えないかと画策している。 とある部屋では、壊れた『餌』が廃棄され、本当の意味で喰われることに。 うら若き、未来があった少女達は拘束されたまま怪物に喰われて行く。 死を覚悟するのを嘲笑う様に、じっくりと身体をまさぐりながら。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ホラー 6,644 位 / 6,644件
文字数 7,070 最終更新日 2023.06.07 登録日 2023.03.01
27
ホラー 完結 ショートショート
怪談・怖い話・不思議な話のオムニバス。 完結としますが、追加次第更新✨ YouTubeにて、怪談・怖い話の朗読公開中📕 https://youtube.com/@yuachanRio
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ホラー 6,644 位 / 6,644件
文字数 48,031 最終更新日 2023.06.05 登録日 2023.02.17
28
歴史・時代 完結 ショートショート
遠い昔。とある地方で、毎年、桜が散る頃になると発生する、謎の疫病が蔓延していた。悪くすると死に至る災厄で、村人が大勢亡くなった。 村外れの桜の大木に宿るという、万能の守り神。彼に厄を祓ってもらう引き換えに、心身共に清き若い娘を花嫁に差し出すという儀式の大役を、生まれながらに背負った巫女の家柄の少女。 十五の春。いよいよ迎えた “その” 日に、幼い頃から慕い、信じてきた桜の守神への想いを語る。 「本当は、わかっておりました。だけど、信じたかった。最後の最期まで、信じていたかったのです」 ※史実(人身御供)資料を元にしたフィクションです ※PG12程の残酷表現あり。一人称 ※表紙は許諾を頂いたAI作成画です
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 歴史・時代 2,105 位 / 2,105件
文字数 4,006 最終更新日 2023.05.21 登録日 2023.05.20
29
恋愛 完結 ショートショート
生贄の少女のためのSS。 彼女は自らの命と引き換えに、自分を捨てたすべてに復讐をと考えた。そんな少女を気に入った魔王。彼女は初めての幸せを手に入れる。 小説家になろう様でも投稿しています。
24h.ポイント 14pt
小説 30,461 位 / 186,168件 恋愛 13,068 位 / 58,636件
文字数 909 最終更新日 2023.05.14 登録日 2023.05.14
30
恋愛 完結 長編 R15
辺境の閉鎖された村では伝統を大切にしていた。今までのしきたりなどを破るものは排除の対象。 ある女が小さな女の子を拾った。それまでは、村の人々と良い関係を築けていたのだろう。しかし、村の人々は子どもを拾った女を虐げた。 村の人々は女に言う。 「お前は、水神の供物だ。村の恵みのために、生贄になるのだ」 ある女はその言葉に蕩けるような笑みを浮かべた。 (※中編) (※45話(最終話)で完結済)
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 恋愛 58,636 位 / 58,636件
文字数 67,120 最終更新日 2023.04.23 登録日 2018.10.20
時は明治16年。 文明開化の鐘が鳴り響いて久しいこの世の中で、俺は陰陽師を名乗る友人土御門鷹一郎から高額で碌でもない仕事を請け負っていた。鷹一郎が怪異を祓い集めるために生贄になる仕事。ああ、本当に碌でもない。けれども金が無いのだから仕方がない。世知辛いったらありゃしねえ。 1章あたり中編または長編の連作です。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 キャラ文芸 4,546 位 / 4,546件
文字数 304,819 最終更新日 2023.03.19 登録日 2022.02.25
32
恋愛 完結 ショートショート
KAC2023 お題「筋肉」 「煉獄の幻魔堂」という鍛冶屋にロゼは身を寄せていた。 主人であるゴードンと出会ったのは一年前。 辺境の森の奥で、生贄としてささげられていたところを、ゴードンに救われたのだ。 その日からロゼはずっと、ゴードンに想いを寄せていた。 「今日も黒熊日和」と同じ世界のお話。  スピンオフですが特に長編を読む必要はありません。  「今日も黒熊日和」のオマケ話に出てくる鍛冶屋のゴードンさんです。  ゴードンさんが倒した幻魔で、オル君の武器が作られます。  本編には一切関係ない豆知識でした。  別サイトにも同時公開中
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 恋愛 58,636 位 / 58,636件
文字数 2,626 最終更新日 2023.03.12 登録日 2023.03.12
33
BL 連載中 短編
 むかしむかしの話である。  とある山にほど近い村。村人たちは一年ほど前から流行り病に苦しんでいた。  『村で一番若く美しい女を贄として山に登らせよ』  そう言い出したのは、祈祷師の婆。夢で山神様から告げられたのだという。  そこで村人たちは急いで村一番のべっぴんだった庄屋の娘を差し出すことに。  籠に乗せられ、山道を行く一行。  ほどなくして山奥の祠の前で生贄は降ろされた。  出てたのはなぜか――男!?  娘の身代わりで生贄に成りすました男と山神は、村が抱える暗い秘密とそこにひそむ凶悪な『モノノ怪』の正体を知ることになる?    呪われ蝕まれた村の末路とは。  生贄×山神  の、異種間(?)冒険譚。  
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 BL 23,672 位 / 23,672件
文字数 14,053 最終更新日 2023.02.23 登録日 2023.02.08
34
恋愛 連載中 ショートショート
村の習慣で50年に一度の生贄にされた少女。だが、少女を待っていたのはしではなくどエロい使命だった。
24h.ポイント 35pt
小説 19,405 位 / 186,168件 恋愛 8,619 位 / 58,636件
文字数 838 最終更新日 2023.02.18 登録日 2023.02.18
35
恋愛 完結 短編
私の名前はリオン。 イグラン王国第2王女である。 イグラン王国には古くからの言い伝えがある。 それは100年に1度訪れる魔王襲来に王家から1人生贄として差し出す。 そうすれば差し出した日から100年は安泰に暮らすことができるというのだ。 そんな言い伝えが本当にあるのか不思議だったリオンはある日王室に呼ばれたのである。 そこで王様から「今年は100年に一度の魔王が訪れる年。魔王に差し出す生贄を選ばなくてはいけない。」 この一言から私の人生が大きく変わるなんて・・・・誰が想像しただろうか・・・。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 恋愛 58,636 位 / 58,636件
文字数 23,958 最終更新日 2023.01.22 登録日 2022.01.26
36
恋愛 完結 長編 R18
魔王の生贄に選ばれた村娘・アメリア。大好きな村の人たちに別れを告げ、恐れられる魔王のもとに行ったが、魔王・エデンは思いもよらず優しい人(?)で……。 2017年頃に書いたものです。お蔵入りになっていたのを忘れていて、せっかく完結まで書いたのでもったいない……と思い供養したくて投稿します。 現在の作品と、色々文章や作品のノリ(?)など、まったく異なります。心の広い方向けです。 ※ 表紙はニジジャーニーで生成しました
24h.ポイント 78pt
小説 11,835 位 / 186,168件 恋愛 5,417 位 / 58,636件
文字数 64,021 最終更新日 2022.12.13 登録日 2022.12.06
37
恋愛 完結 短編 R18
アカティ侯爵の令嬢シャーロットには、ナイロン伯爵の令息ルキアと婚約していた。 シャーロットの妹マリーンが生贄
24h.ポイント 14pt
小説 30,499 位 / 186,168件 恋愛 13,121 位 / 58,636件
文字数 22,591 最終更新日 2022.12.08 登録日 2022.11.24
 村に住む少女ロウェアは奇妙な目のせいで村人達から疎まれていた。  そんな彼女は村人達によって森の狼様への生贄として選ばれてしまう。  そうして捧げられた祭壇でロウェアはルピナスと名乗る人と出会い、その目の秘密を知るのだが……。
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 ファンタジー 41,603 位 / 41,603件
文字数 12,482 最終更新日 2022.12.05 登録日 2022.12.05
39
BL 連載中 長編 R18
~欲望を苗床に身体に妖花が咲く その花を愛でられるのは、愛する男だけ~ 娼婦の母のもとに生まれたラズ。 母の死後、美しい子供たちを集めていた神殿に売られ、神殿の子供となる。 神殿では子供たちをタダヒトと魔力を持つマレヒトに分け、タダヒトならば祭りで生贄にされてしまう。 子供たちは理不尽な扱いにたえ、必死に生き残ろうとする。 第1部 神殿編(1話、2話)、ラズが神殿の子供となり、解放されるまで。 第2部 妖花編(3話~)、混乱しながらも立ち直り始めるパリスで、ラズは自警団のジュートに助けられ、娼館でくらすことになる。 ラズは、ジュートのために自警団の裏の仕事も密かに請け負っていて。 四年後、オニクスがパリスの将軍となって帰還する。 祝いの場がラズのいる娼館で行われ、再会する。 その頃、かつて神殿の子供たちだったものたちが不審な死をとげ、ラズの身体にも異変が起き始めるのだった。 第3部 王宮編(5話~)、ラズはオニクスの志学館で学び官人試験に合格する。新人官人歓迎パーティでラズは、王都民の代表の一人となっていたジュートと再会する。  隣国オリビア国との国境問題に奔走していたオニクスが帰国し、オリビア国は使節団をパリス国に派遣する。  使節団を迎え入れるために、パリス国の威信をかけた盛大な歓迎式典を行わなければならないのだが。     ※残虐表現、過激表現があります。なにかとご注意ください。 ※オニクス×ラズ以外もストーリー上あります。 ※『滅国の麗人に愛の花を』よりも前の時代の物語です。  この作品だけでも楽しめます。     ※Picrewの「Euphälmäuge[少年の館]」でつくったよ!https://picrew.me/image_maker/60781 いつもありがとうございます!!  
24h.ポイント 0pt
小説 186,168 位 / 186,168件 BL 23,672 位 / 23,672件
文字数 165,227 最終更新日 2022.12.03 登録日 2022.09.23
40
BL 完結 長編 R18
「この想いを言葉にできないのならば、僕は……君に何を残してあげられるだろうか」 霊峰にすむ神々を信仰する彼らは、長い間山の外の鋼鉄の民と戦い続けていた。 神々に自身の身の一部を捧げ、その対価に人ならざる力を得る。 そうやって神々との盟約により霊峰を守ってきた。 平凡な赤銅色の少年は、才能豊かで優しい幼馴染の少年への想いを持ちながらも口を噤む。 彼は出来損ないの自分とは違い、『民を導く戦神』と告げられるほどに人から望まれていた。 ……美しく優秀な自分の双子の妹との婚姻が整うまでに。 同性への情を忌避される民族において、ほのかに灯る幼馴染の少年への想い。 言葉にできない想いを抱え、明日、成人の義を迎える少年たちは、最後の教えを受ける。 これは神と人、犠牲と祝福の物語。 告げられない気持ちを胸に抱き、少年たちは何を望み、何を得るのだろうか。 ※こちらの物語は残酷な世界での物語となります。  禁忌とされる事項はこの世界においての概念となります。  ハッピーエンド予定ですが、作者の概念によります。    願わくば、最後まで二人の行く末を見守ってくださると幸いです。 ムーライトノベルのほうでも掲載はじめました。 11/21 本編完結しました! 11/27 おまけ完結しました!
24h.ポイント 21pt
小説 25,520 位 / 186,168件 BL 6,708 位 / 23,672件
文字数 70,732 最終更新日 2022.11.27 登録日 2022.10.30
109 123