【完結】少年王が望むは…

 シュミレ国―――北の山脈に背を守られ、南の海が恵みを運ぶ国。
 15歳の少年王エリヤは即位したばかりだった。両親を暗殺された彼を支えるは、執政ウィリアム一人。他の誰も信頼しない少年王は、彼に心を寄せていく。
 恋ほど薄情ではなく、愛と呼ぶには尊敬や崇拝の感情が強すぎる―――小さな我侭すら戸惑うエリヤを、ウィリアムは幸せに出来るのか?


【注意事項】BL、R15、キスシーンあり、性的描写なし
【重複投稿】エブリスタ、アルファポリス、小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+、ノベルバ
24hポイント 21pt
小説 17,943 位 / 105,144件 ファンタジー 3,232 位 / 27,914件