異世界で神様になってたらしい私のズボラライフ

会社帰り、駅までの道程を歩いていたはずの北野 雅(36)は、いつの間にか森の中に佇んでいた。困惑して家に帰りたいと願った雅の前に現れたのはなんと実家を模した家で!?
自身が願った事が現実になる能力を手に入れた雅が望んだのは冒険ではなく、“森に引きこもって生きる! ”だった。

果たして雅は独りで生きていけるのか!?

実は神様になっていたズボラ女と、それに巻き込まれる人々(神々)とのドタバタラブ? コメディ。

※この作品は「小説家になろう」でも掲載しています
24hポイント 227pt
小説 6,006 位 / 148,463件 恋愛 2,776 位 / 46,794件