恋愛 イケメン小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ イケメン×
3,235 12345
1
恋愛 連載中 短編 R15
「聖女どころか子ども産めない女は出て行け!マーガレットに子どもが出来たのだ!きっとお腹の子が聖女に違いない!だからお前とは離婚する!!」 隣の令嬢を抱き寄せて声高々に言い放つのは、侯爵家の ゴードン・サンダーム。 確か私の夫だ。 隣の令嬢はウォール男爵令嬢の、 マーガレット令嬢。 私は1年前にサンダーム侯爵家に嫁いだフィオナ・サンダーム。 元伯爵令嬢だった。 この国では、治癒能力を持つ聖女が3人いる。 不思議な事に、1人聖女が死んでしまうと、程なくして1人聖女が産まれるのだ。 数ヶ月前に、1人の聖女が死んだ。 聖女が産まれたら、その聖女と両親は手厚く扱われる。 その為、国中が自分が聖女を産むのだと躍起になっていた。 聖女は産まれてすぐ分かる。額に十字の印が刻まれているからだ。 特に公爵家や侯爵家は、王族とお近づきになりたい為。この聖女を欲していた。 1年前に結婚した私達の間には子どもはできなかった。 そのためこんな事を言ってきたのだろう…。 でも…。 その浮気相手のお腹にいる子どもって、 誰の子ですか???
24hポイント 124,235pt
小説 8 位 / 87,586件 恋愛 7 位 / 23,794件
文字数 26,581 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.08
2
恋愛 連載中 短編 R15
侯爵家の令嬢、エリスの夫であるロバートは伯爵家の長男にして、デルバニア王国の第二王女アイリーンの幼馴染だった。 アイリーンは隣国の王子であるアルフォンスと婚約しているが、婚姻の儀式の当日にロバートと共に行方を眩ませてしまう。 国際規模の婚約破棄事件の裏で失意に沈むエリスだったが、同じ境遇のアルフォンスとお互いに励まし合い、元々魔法の素養があったので環境を変えようと修行をして聖女となり、王国でも重宝される存在となった。 ロバートたちが蒸発して二年後のある日、突然エリスの前に元夫が現れる。 エリスは激怒して謝罪を求めたが、彼は「アイリーンと自分の赤子を三人で育てよう」と斜め上のことを言い出した。
24hポイント 107,118pt
小説 13 位 / 87,586件 恋愛 11 位 / 23,794件
文字数 9,851 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.21
3
恋愛 連載中 短編
「お前ほど醜い女はいないな」  これが新婚初夜でわたくしに言い放った旦那様の言葉です。  どう言葉を返せば良いのやら。まぁ、旦那様はお金のために身売りしたようなものなので、気持ちは分かりますが、新妻にあたりちらすのはどうかと思います。こちらも被害者ですしね。  でしたら、その男優も顔負けの美貌を生かして、金持ちのパトロンでもひっかければ良かったのでは? と思います。愛でお腹は膨れませんよ? 甲斐性なしの朴念仁と心の中で罵っておきます。  とにもかくにも、白い結婚は確定したようなので、離婚を目指して奮闘していたら、何やら私に対する旦那様の態度が変わってきたような? おやあ? 気のせいですよね?
24hポイント 73,854pt
小説 26 位 / 87,586件 恋愛 19 位 / 23,794件
文字数 55,217 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.07
4
恋愛 連載中 長編 R15
令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった。 あるとき、義妹が生贄に選ばれてしまう。 回避しようと奔走する中、ウィステリアはブライトの気持ちを知ってしまう。 やがて決定的な言葉を告げられ、傷つき孤独になったウィステリアは、義妹の身代わりで生贄となるが…。 これは傷つき孤独を抱えた元令嬢と、すべてに恵まれたがゆえに何も執着しなかった青年の物語。 ※pixivfanboxにて先行公開あり。「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 53,009pt
小説 45 位 / 87,586件 恋愛 35 位 / 23,794件
文字数 24,242 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.19
5
恋愛 連載中 長編 R15
ルーナ・ドワイスは後2ヶ月で16歳になる。 そんな時突然、継母と義兄に結婚相手として騎士団長の一人ファリアス公爵の元に婚約者候補として邸を追い出すように出された。 今までも婚約者候補を迎えていたファリアス公爵は誰とも一度も婚約にたどりつけない方だったが、ルーナは何も知らず、一人ファリアス公爵の邸に行くこととなる。 行く場所のないルーナをファリアス公爵は気にかけ始めていく。 小説家になろう様でも投稿しています! よろしくお願いいたします!
24hポイント 44,500pt
小説 52 位 / 87,586件 恋愛 40 位 / 23,794件
文字数 171,773 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.01
6
恋愛 連載中 短編 R15
──お前の笑い方は下品だと、言われた。  だから、笑うのをやめた。 ──お前の涙は、鬱陶しいと言われた。  だから、泣くのをやめた。  第二王子の婚約者に、無機質すぎると婚約を解消され、公爵家から追放され、平民になったブレンダは、貴族も通う全寮制の学校に特待生として、通うことになる。  そこで、感情を殺すことをやめた彼女は、無機質ではなく、とても感情豊かな少女で周囲を魅了していく。それは、元婚約者の第二王子も例外ではなく……。
24hポイント 42,700pt
小説 58 位 / 87,586件 恋愛 44 位 / 23,794件
文字数 28,546 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.06.13
【書籍化に伴い、1〜4章を引き下げました。今までお読みくださりありがとうございました!】 両親は病弱な妹ばかり可愛がり、姉である私のことは見向きもしない。 挙句、異形の魔族の血を引く冷血公爵へ、妹の身代わりとして嫁がされることに。 でも大丈夫! 私も妹が可愛いので! それにこの人、そんなに冷血でもないみたいですよ。
24hポイント 41,671pt
小説 59 位 / 87,586件 恋愛 45 位 / 23,794件
文字数 164,508 最終更新日 2020.11.25 登録日 2019.11.20
8
恋愛 連載中 長編
「ごめんね、エレノアちゃん。悪気があるわけじゃないのよ」 幼馴染みの聖女アマルダは、そう言って私に『無能神』と呼ばれる醜い神様との結婚を押し付けた。 そのくせ、アマルダ本人は最高神と新たに結婚を決め、幸せいっぱい。 一方の私は、元々の婚約も破棄されたうえ、神殿の隅に追いやられ、醜い無能神の相手をしながらひっそり生きていく羽目に。 ……のはずだけど、この神様、ぜんぜん『無能』じゃないですよね? それになぜか、他の神々がみんなこの神様を敬っているみたいなんですけど……? ※ヒーローは途中で人型になりますが、最初はエグいくらいの異形です。
24hポイント 41,620pt
小説 60 位 / 87,586件 恋愛 46 位 / 23,794件
文字数 188,040 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.07.18
9
恋愛 連載中 長編
 姉のドレスや髪飾り。お気に入りの侍女に、ひいては婚約者まで。どんな物でも奪って差し上げますわ。何故って?ーーー姉は昔から要領が悪くて鈍臭くて、何でも信じてしまうお馬鹿さんなんですの。このドレスだってセンスのカケラもないしダサくてガキくさいったらありゃしません!なんですかこのショッキングピンクは!!私が去年買っていたこのドレスの方がまだマシなので差し上げますわ!お下がりですけどね!妹からお下がりをもらうなんてお恥ずかしくないのかしら?!  髪飾りだってそうですのよ。姉の透明感のある甘栗色の髪に、ビカビカのルビーなんて似合いませんわ!センスが悪すぎですのよ!!  そのうえ少し前から姉に仕えている侍女はか弱いふりをして姉から同情されて何かと物を贈られていますの。そういうのに気付けないんですのよ、私の姉は。それから婚約者。あれはだめね。一癖どころか二癖も三癖もありますわ。腹が黒いったらありゃしません。姉はそういうのを見抜く能力が1ミリもございませんから、泣かされるに決まってますわ。女癖も悪いという噂もお聞きしますし、疎くて汚れのない姉には不向きなんですの。別にあの男じゃなくもっと条件の良い殿方は沢山いらっしゃいますし!  え?私??姉が好きなのかって??ーー何を言ってるんですの?私は、馬鹿で騙されやすくて要領の悪い姉が知らず知らずのうちに泣きを見ることがアホくさくて見てられないだけですのよ!!  妹に奪われた系が多かったのでツンデレ妹奮闘記が書きたくなりました(^^)  表紙イラスト掲載してみましたが作者のいたずら描きのようなものなので、イメージ崩れる等のご批判が多ければ消しますw容赦なく言ってくださいw
24hポイント 41,275pt
小説 61 位 / 87,586件 恋愛 47 位 / 23,794件
文字数 76,314 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.16
10
恋愛 連載中 長編 R15
私がベルモンド公爵家に嫁いで3年の間、夫婦に子供は出来ませんでした。 そんな中、夫のファルマンは裏切り行為を働きます。 しかも相手は妹のレナ。 最初は夫を叱っていた義両親でしたが、レナに子供が出来たと知ると私を責めだしました。 夫も婚約中から私からの愛は感じていないと口にしており、あの頃に婚約破棄していればと謝罪すらしません。 最後には、二人と子供の幸せを害する権利はないと言われて離縁させられてしまいます。 それからまもなくして、隣国の王子であるレオン殿下が我が家に現れました。 「約束どおり、私の妻になってもらうぞ」 確かにそんな約束をした覚えがあるような気がしますが、殿下はまだ5歳だったような……。 言われるがままに、隣国へ向かった私。 その頃になって、子供が出来ない理由は元旦那にあることが発覚して――。 ベルモンド公爵家ではひと悶着起こりそうらしいのですが、もう私には関係ありません。 ※ざまぁパートは第16話〜です
24hポイント 39,848pt
小説 64 位 / 87,586件 恋愛 50 位 / 23,794件
文字数 101,249 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.10
11
恋愛 連載中 短編
わたし子爵家四女のジェシカが浮気されてイケメン彼氏と別れた話です
24hポイント 38,298pt
小説 68 位 / 87,586件 恋愛 53 位 / 23,794件
文字数 10,788 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.18
12
恋愛 連載中 長編 R15
16歳で成人した侯爵令嬢のエルネスティーネには23歳の若き公爵家当主のジークヴァルトと言う婚約者がいる。 7歳の年の差、成人すれば別に問題のないだろうがしかし幼い頃よりの婚約者としては幼いエルネスティーネよりも年齢も近く彼女よりも女性らしい女友達が常にジークヴァルトの傍にいた。 女友達……聞こえはそんなに悪いくない。 だが偶然エルネスティーネは知ってしまった。 彼らが友人ではなく恋人同士である事を……。 そして政略婚でしかないエルネスティーネを疎ましく思っていると、ジークヴァルトは恋人へ告げていた。 エルネスティーネとジークヴァルトの婚姻は王命。 覆す事は出来ないもの。 溝が深まる中粛々と結婚式は近づき、結婚二日前ジークヴァルトに呼び出されたエルネスティーネは彼の私室……寝室より聞こえてくるのは悍ましい獣にも似た二人の声。 そこは紛れもなく夫婦となる二人の為の寝室なのにっ、そして少し開け放たれた扉から垣間見える寝台で絡み合う二人の姿と勝ち誇った彼女の笑み。 エルネスティーネにはもう限界だった。 そう彼女の選んだ道は翌日愛するジークヴァルトへ晴れやかな笑顔で挨拶すると共にバルコニーより身を投げたのである。 死んだ筈――――のエルネスティーネが目覚めれば、そこは彼女の私室の寝台の上。 然も手や身体は幼く、婚約を交わす直前の9歳のもの。 あれは夢――――それとも現実? 何にしても今度こそ幸せになる為に何としてもエルネスティーネはジークヴァルトとの婚約をなかった事にしたいと画策する心算が〰〰〰〰⁉
24hポイント 37,396pt
小説 74 位 / 87,586件 恋愛 57 位 / 23,794件
文字数 115,054 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.24
13
恋愛 連載中 短編
聖女・アナベルは、人生がけっぷち。 まだ18歳なのに人々を癒す「神聖力」がなくなってしまい、落ちぶれ聖女の烙印を押され、教会から不本意な結婚を強いられることになる。 「他人に尽くすだけの報いのない日々で、最後は変態商人に売られるの…!?」 せめて思い出が欲しいと思ったアナベルは、身分や出自にかかわらず愛を告白することのできる「花祭り」で、好みの顔の聖騎士に行き当たりばったりの告白をする。 すると数日後、名前も知らないその騎士がご丁寧に求婚に現れた! ただし彼はおもいっきり呪われていて、その背には漆黒のモヤが。求婚したのは「真実の愛を見つけて呪いを解く」ためだった。 一瞬ためらうものの、圧倒的な顔面力にやられて求婚を受け入れたアナベルは「ええい、女は度胸だ!呪いなんてどうにかなる!」と勢いで婚約者になる。 恋愛スキルはないけれど諦めない落ちぶれ聖女と、まじめすぎてちょっと不憫な聖騎士が呪いを解いてイチャラブ生活を送るまでのコメディです。
24hポイント 31,560pt
小説 85 位 / 87,586件 恋愛 62 位 / 23,794件
文字数 29,860 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.19
14
恋愛 連載中 長編 R15
ひょんなことから異世界で赤ちゃんに生まれ変わった私。 一人の男の人に拾われて育ててもらうけど・・・成人したくらいから回りがなんだかおかしなことに・・・。 「俺とデートしない?」 「僕と一緒にいようよ。」 「俺だけがお前を守れる。」 (なんでそんなことを私にばっかり言うの!?) そんなことを思ってる時、父親である『シャガ』が口を開いた。 「何言ってんだ?この世界は男が多くて女が少ない。たくさん子供を産んでもらうために、何人とでも結婚していいんだぞ?」 「・・・・へ!?」 『一妻多夫制』の世界で私はどうなるの!? ※お話は全て想像の世界になります。現実世界とはなんの関係もありません。 ※誤字脱字・表現不足は重々承知しております。日々精進いたしますのでご容赦ください。 ただただ暇つぶしに楽しんでいただけると幸いです。すずなり。
24hポイント 28,166pt
小説 92 位 / 87,586件 恋愛 66 位 / 23,794件
文字数 7,658 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.24
15
恋愛 連載中 短編
「俺は、お前の様な馬鹿な女と結婚などするつもりなどない。だからお前と婚約するのは、表面上だけだ。俺が22になり、王位を継承するその時にお前とは婚約を解消させてもらう。分かったな?」 お見合いの場。二人きりになった瞬間開口一番に言われた言葉がこれだった。 初対面の人間にこんな発言をする人間だ。好きになるわけない……そう思っていたのに、恋とはままならない。共に過ごして、彼の色んな表情を見ている内にいつの間にか私は彼を好きになってしまっていた――。 好き……いや、愛しているからこそ、彼を縛りたくない。だからこのまま潔く消えることで、婚約解消したいと思います。 ****** ・感想欄は完結してから開きます。
24hポイント 25,854pt
小説 101 位 / 87,586件 恋愛 69 位 / 23,794件
文字数 17,851 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.09.25
16
恋愛 完結 ショートショート R15
17
恋愛 連載中 長編 R18
早くに母親を亡くし、幼い妹と弟の面倒をみている内にすっかり婚期を逃した子爵令嬢のコリーナ・フォン・ペトリ 妹の結婚式でお酒を飲みすぎて、気づけば裸で寝ていた。体には情欲をかわした証があるが、相手は既にいなかった。 まさかのやり逃げ?暫くドキドキしながら暮らしていたが、それらしき相手からは何の連絡もなかった。 あれから三年、今度は弟の結婚式を目前に控え、弟と妹たちが独り身の私を心配して紹介した男性は、冷徹と噂される文官のレオポルド・ダッラ・スタエレンス。 妹の結婚式で会って以来の彼はなぜか出だしから不機嫌丸出しで、取引のような結婚をすることになったのだが…… ★は主人公以外の目線 ※はR18入ります。
24hポイント 22,778pt
小説 112 位 / 87,586件 恋愛 74 位 / 23,794件
文字数 63,928 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.29
18
恋愛 連載中 短編 R18
母が亡くなり、身寄りがないと思っていた私、井垣朱加里(いがきあかり)はまさか父がお金持ちの社長だったなんて知らなかった。 引き取られた先には継母とその娘がいた。 私を引き取ったのは気難しい祖父の世話をさせるためだった。 けれど、冷たい家族の中で祖父だけは優しく、病気の祖父が亡くなるまではこの家にいようと決めた。 優しかった祖父が亡くなり、財産を遺してくれた。 それだけじゃない、祖父は遺言として結婚相手まで決めていた。 相手は『王子様』と名高い白河財閥の三男白河壱都(しらかわいちと)。 彼は裏表のあるくせ者で、こんな男が私の結婚相手!? 父と継母は財産を奪われたと怒り狂うし、異母妹は婚約者を盗られたと言うし。 私が全てを奪ったと、完全に悪者にされてしまった。 どうしたらいいの!? ・視点切り替えあります。 ・R-18には※R-18マークをつけます。 ・飛ばして読むことも可能です。
24hポイント 22,772pt
小説 113 位 / 87,586件 恋愛 75 位 / 23,794件
文字数 50,792 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.16
19
恋愛 完結 短編
わたしはエリー侯爵家三女 婚約が決まったイケメン彼ルイスに浮気され婚約破棄になった話です 浮気相手は親友の聖女で妊娠したと言っている
24hポイント 21,840pt
小説 117 位 / 87,586件 恋愛 77 位 / 23,794件
文字数 3,604 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.25
20
恋愛 連載中 短編 R15
小さい頃から山猿姫と呼ばれて、領民の子供たちと野山を駆け回り木登りと釣りをしていた、リナ・イーリス子爵令嬢。 成人して社交界にも出たし、今では無闇に外を走り回ったりしないのだが、元来の運動神経のよさを持て余して発揮しまった結果、王都でも山猿姫の名前で通るようになってしまった。 もうこのまま、お父様が苦労してもってくるお見合いで結婚するしか無いと思っていたが、ひょんな事から、木の上から落ちてしまった私を受け止めた公爵様に婚約を申し込まれてしまう。 しかも、公爵様は「私の天使」と私のことを呼んで非常に、それはもう大層に、大袈裟なほどに、大事にしてくれて……、一体なぜ?! 両親は喜んで私を売りわ……婚約させ、領地の屋敷から王都の屋敷に一人移り住み、公爵様との交流を深めていく。 一体、この人はなんで私を「私の天使」などと呼ぶのだろう? 私の中の疑問と不安は、日々大きくなっていく。 ずっと過去を忘れなかった公爵様と、山猿姫と呼ばれた子爵令嬢の幸せ婚約物語。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載しています。
24hポイント 20,690pt
小説 120 位 / 87,586件 恋愛 80 位 / 23,794件
文字数 18,220 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.24
21
恋愛 完結 短編 R18
『ユージェニーの身代わり⁉︎』エメリーヌは従姉妹の言葉に耳を疑った。エメリーヌの同い歳の従姉妹・ユージェニーは自分になりすまして侯爵家へ嫁に行って欲しいと言い出したからだ。相手は社交界でも美男子と評判の若き侯爵、イリネス。ユージェニーには長く付き合っている庭師の恋人がおり、どうしてもイリネスとは結婚したくないという。エメリーヌは自分にはユージェニーの身代わりなど務まらないと一度は断るものの、交換条件に没落しかけている実家への資金援助を持ち出され、イリネスの元へ行くことに。しかしイリネスには初見で身代わりがバレてしまう。 ◆成人向けの小説です。強い性描写のある回には※あり。ご自衛ください。
24hポイント 20,305pt
小説 123 位 / 87,586件 恋愛 83 位 / 23,794件
文字数 74,843 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.01
22
恋愛 完結 短編 R15
キャメルン侯爵家の長女シャルロットは政治的な戦略としてラースアクト王国の第二王子ウォルフと婚約したが、ウォルフ王子は政略結婚を嫌ってか婚約者である彼女に冷淡な態度で接し続けた。 家のためにも婚約破棄されるわけにはいかないので、何とか耐えるシャルロット。 しかし、あまりにも冷たく扱われるので婚約者と会うことに半ばうんざりしていた。 ある日のことウォルフが隠れて必死に呪術の類のようなものを使おうとしている姿を偶然見てしまう。 調べてみるとそれは「魅了魔法」というもので、かけられた者が術者に惚れてしまうという効果があるとのことだった。 日頃からの鬱憤が溜まっていたシャルロットはちょっとした復讐も兼ねて面白半分で魔法にかかったフリをする。 すると普段は冷淡だった王子がびっくりするほど優しくなって――。 「君はどうしてこんなに可憐で美しいのかい?」 『いやいや、どうしていきなりそうなるのですか? 正直に言って気味が悪いです(心の声)』  そのあまりの豹変に気持ちが追いつかないシャルロットは取り敢えずちょっとした仕返しをすることにした。 これは、素直になれない王子と令嬢のちょっと面倒なラブコメディ。
24hポイント 19,723pt
小説 129 位 / 87,586件 恋愛 86 位 / 23,794件
文字数 16,525 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.18
23
恋愛 連載中 長編 R18
恋愛&名前コンプレックス持ちの理系女子、棚倉アサヒは悩んでいた。 「自分で恋もしたことがないのに、繁殖したい生き物の気持ちなんか分かるわけがない」 野生動物学研究室にいる彼女の、ハタから見れば相当に斜め上な悩みに、知人男性はこれまた斜め上な提案をしてくる。 「では、俺と結婚しませんか」 ※※※ 学生時代から片想いしていた女性が論文のために恋をしたいと言い出した。 「誰かと寝たら分かるかな。つまり、繁殖行動の真似事を」 彼女の台詞に、焦りに焦った生真面目な若手キャリア官僚、鮫川桔平。 口から出たのは「では俺と結婚しませんか」という訳の分からないセリフで──。 ※※※ えっちしてから(ようやく)恋に気がついたアサヒと、絶賛片想い(だと思い込んでる)を続ける桔平の、ひたすら平行線ないちゃらぶ契約婚のお話です。 「鮫川兄弟シリーズ」四男のお話です。
24hポイント 15,923pt
小説 152 位 / 87,586件 恋愛 99 位 / 23,794件
文字数 173,397 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.09.17
24
恋愛 完結 短編
「リリアーヌ! 貴様はこの国の聖女であり、王妃でもありながら醜い嫉妬に狂い、よくも生まれて間もない余の王子を、殺害したな!」 美貌の青年王と救国の聖女リリアーヌは祝福され婚礼を挙げた。人々は王国のさらなる繁栄と安寧を信じて疑わなかった。 しかし王の心はリリアーヌから他の寵姫へと移っていく。 不実な王の仕打ちに耐え続けたリリアーヌだったが、ついに無実の罪で投獄されてしまい――追い詰められたリリアーヌの取る道は。 (小説家になろうにも掲載)
24hポイント 14,384pt
小説 164 位 / 87,586件 恋愛 106 位 / 23,794件
文字数 73,616 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.17
25
恋愛 連載中 短編 R15
パチンッと自らの頬を叩いた、侯爵令嬢のレベッカ。呆然とする主人公である公爵令嬢のアイリーン。そしてレベッカは婚約者の前でこう言った。 「アイリーン様が私の頬を叩いたんです」 アイリーンの婚約者である公爵令息のユリウス。そのユリウスの幼馴染のレベッカはアイリーンをどうにかして陥れようとしてくる。毎回悪者にされてうんざりしていた。 しかもユリウスは必ずレベッカの味方をする。そんなにレベッカが好きなら婚約破棄をしてレベッカと婚約すれば良いのに…。なのにユリウスは頑なにアイリーンと婚約破棄をしたがらない。多分それはレベッカには第3王子のシェルトという婚約者がいる為彼女とは結婚出来ないからだ。アイリーンは所謂お飾りとして必要ということらしい。だがどうやらシェルト王子にも、レベッカではなく他に好きな女性がいるようで。交差する4角関係…?
24hポイント 14,107pt
小説 168 位 / 87,586件 恋愛 108 位 / 23,794件
文字数 41,672 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.10.15
26
恋愛 連載中 長編 R15
頭脳、見た目、礼儀作法、魔法、とりあえず全てにおいて完璧な公爵令嬢のクローディア・フィオレローズは婚約相手の王太子に「完璧すぎてまるで人形だ。」と、婚約破棄され、その後ヒロイン(?)の陰謀で処刑された。銀の刃をただ淡々と受け入れ人生を終えたはずのクローディアは、気がつくとヒロイン(?)が学園に転入してくる前に逆行転生していた。 「わたくしは余命2年を自由に過ごして平和に死ぬわ!そのためには婚約破棄をしなければ!」 しかしどうしてだかジルベルト殿下に愛されて… 「私の婚約者があんなにも可愛かったなんて…どうして今まで気づかなかったんだ!」 「人形」とまで言われた感情無き公爵令嬢が少しずつ感情を取り戻し、溺愛されていく物語。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ プロローグがちょっと辛い、と感じる方はサラッと目を通すくらいでも大丈夫です。 小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています。
24hポイント 13,022pt
小説 180 位 / 87,586件 恋愛 112 位 / 23,794件
文字数 165,130 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.05.13
27
恋愛 連載中 長編
しがない一般人の彼女が生まれ変わった先は中流貴族の娘だった。第二の人生を生きるつもりが、母に忘れられ、更には父の実子でないと判明。家を追い出されて2年後、今度は姉の婚姻に伴い連れ戻された令嬢カレン。今度は望まぬ婚姻を押しつけられたが、選んだ相手は意外な人物だった。 なにもかも失いながらもたくましく生き、国や帝国の中枢部の人々と関わっていく物語。 ※小説家になろうでも投稿しています。10/18更新分でイラスト追加。
24hポイント 11,734pt
小説 194 位 / 87,586件 恋愛 116 位 / 23,794件
文字数 604,147 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.04.27
28
恋愛 連載中 長編 R15
「役立たずは必要ない」  そんな解雇宣言は、突然だった。  ひたむきに働き過ぎて利用されていた事に気付けなかったリア・グレイは、職務怠慢処分として王宮薬剤師を首になってしまう。  路頭に迷ってしまったリアだが、これを機にじっくり休暇を取るのもいいかと貯蓄で賄いながら気ままな暮らしを始める。  そんな傍ら、リアがいなくなった事により調剤室は機能しなくなり、王宮はパニックになっていて──  仮タイトル。  ざまぁ的要素は、あくまで先々の展開の中に含まれる一つの要素であると認識ください。
24hポイント 10,962pt
小説 203 位 / 87,586件 恋愛 122 位 / 23,794件
文字数 63,203 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.24
29
恋愛 完結 短編
わたし辺境伯家長女クロエが婚約破棄されて 別れた第二王子のレオが美人騎士エリザに振られ 別れたわたしに泣きついてきた話です。
24hポイント 10,145pt
小説 219 位 / 87,586件 恋愛 130 位 / 23,794件
文字数 4,763 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.20
30
恋愛 連載中 長編 R18
貧乏領主の娘のローズはお手伝いさんを雇うことも出来ずに家の家事を全部こなしていた… そんな時に王都からのお呼び出しが…王子様が婚約者探しをするとの事…国の貴族の娘が集められた… 自分には関係ないと思っていたが…そうもいかず、父に言われて王都に行くことに… ローズの波乱万丈な日々が始まろうとしていた… 備考 番外編チャートとクラウディアを載せていましたが思いの外長くなりましたので、短編として『貧乏領主の娘は幸せは自分で掴みます』として公開しております。 読んで頂いていた方は申し訳ありませんがそちらで楽しんでいただければと思います。 ついでに…Twitterはじめました(冷やし中華はじめました風) よく分からないので大した事はつぶやきません。書籍の情報などのせてます。 295話にて本編完結。 296話からその後の話になっております。 甘さ多め。
24hポイント 9,785pt
小説 224 位 / 87,586件 恋愛 134 位 / 23,794件
文字数 402,570 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.01.19
31
恋愛 連載中 長編 R18
※【R18】に突入中!ご注意下さい※ ある冬の日、菊池花音は妹の誕生会に向かう途中、車にひかれそうになったお年寄りを救う。実はそのお年寄りは、世界に名だたる大企業の会長、高御堂吉右衛門茂久だった! 後日、高御堂家の執事が訪れ、強引に花音を高御堂家へと連れて行く。そこにいたのは高御堂会長と、その孫である究極のイケメン御曹司、高御堂英之。驚く花音に、会長は「命の恩返しに、嫁として、そなたを高御堂家に迎えよう」と、 英之との結婚を迫ってきた! そんな恩返しはいらないと断るが、何故か英之は花音に執着してきて…!? イケメン御曹司に溺愛執着される、めくるめくラブデイズ!
24hポイント 9,545pt
小説 234 位 / 87,586件 恋愛 137 位 / 23,794件
文字数 112,043 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.01
32
恋愛 完結 短編
「ビアトリスは実家の力で強引に俺の婚約者におさまったんだ。俺は最初から不本意だった」 王太子アーネストがそう吹聴しているのを知ってしまい、公爵令嬢ビアトリスは彼との関係改善をあきらめて、距離を置くことを決意する。「そういえば私は今までアーネスト様にかまけてばかりで、他の方々とあまり交流してこなかったわね。もったいないことをしたものだわ」。気持ちを切り替え、美貌の辺境伯令息や気のいい友人たちと学院生活を楽しむようになるビアトリス。ところが今まで塩対応だったアーネストの方が、なぜか積極的にビアトリスに絡んでくるようになり――?!
24hポイント 9,315pt
小説 239 位 / 87,586件 恋愛 139 位 / 23,794件
文字数 91,723 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.09.24
33
恋愛 連載中 長編
ざまぁ、する話が、ざまぁ、される話。
24hポイント 9,224pt
小説 242 位 / 87,586件 恋愛 141 位 / 23,794件
文字数 64,688 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.09.04
34
恋愛 連載中 長編 R18
侯爵令嬢、アルメリアーナ・ブランシェス (通称アルマ) 幼い頃から憧れの麗しの国王陛下の王妃に選ばれた。 幸せすぎる!神さまありがとう!死んでもいい! しかしその幸せは長くは続かなかった。 1話短め、ご都合主義です。
24hポイント 9,059pt
小説 245 位 / 87,586件 恋愛 143 位 / 23,794件
文字数 53,895 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.14
35
恋愛 完結 ショートショート
ローラ・コックスは、婚約者であるスティーブ・シュルツの浮気を疑っていた。ある日、ローラはスティーブのあとをつけると、彼は若い女性と会っていた。 ローラはスティーブたちの会話を聞いていると、彼は、ローラの見た目が気に入らないから、婚約破棄すると言っていた。 ローラはショックを受けた。何も考えられなかった。スティーブに復讐すること以外は……。
24hポイント 8,598pt
小説 252 位 / 87,586件 恋愛 145 位 / 23,794件
文字数 1,774 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.18
36
恋愛 完結 長編
家柄良し、顔良し、文武両道、そんな婚約者がいるせいで他の人たちに「なんであんな奴が」だの「顔しか取り柄がないくせに」だの言われる私。しかし困ったことに婚約者は私を溺愛しています。私を悪く言う人皆に制裁しようとする婚約者の暴走を止めるのに必死で嫌味なんていちいち気にしてられない!これはそんな私の日常の話。小説家になろう様でも掲載しています。 *途中から数話ほどGL要素入ります!苦手な方は読み飛ばしてください! すみません、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ書き直してます。皆様がストレスなく読める感じになっているといいのですが…。
24hポイント 8,406pt
小説 256 位 / 87,586件 恋愛 147 位 / 23,794件
文字数 100,104 最終更新日 2020.10.11 登録日 2020.10.11
37
恋愛 完結 短編 R15
ユリアは妹のニーアと二人姉妹で、ブラクストン侯爵家の長女だ。 ニーアが生まれてからずっと、妹ばかり可愛がる両親に虐げられ生きてきた。 妹はすっかり歪んで育ち、男をとっかえひっかえしてはユリアに自慢してくる。 歴代彼氏にも自慢話にも興味はなかったが、唯一若き伯爵の名前だけはなぜかずっと記憶に残っていた。 出会いもないまま二十歳を過ぎた頃、妹の代理でたまたま参加したパーティでその若き伯爵、ジェレミー・オーウェンと出会うことでユリアの人生は大きく変わり始めた。
24hポイント 8,392pt
小説 257 位 / 87,586件 恋愛 148 位 / 23,794件
文字数 62,331 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.10.08
38
恋愛 連載中 長編 R15
まさかの書籍化が決まりました。皆様のおかげです!有難うございます! アルファポリスさまの規約により、今後書籍収録部分は削除させていただく予定です。ご了承下さい。 貴族の間で「ぬりかべ令嬢」と影で称されている侯爵令嬢ユーフェミア。 義母と義妹に虐げられながらも、彼女は初恋の「ハル」という少年と再会する日を夢見ていたのだが、ある日義母から悪評高い貴族との結婚を勝手に決められてしまう。 身の危険を感じたユーフェミアは侯爵家から出奔し、帝国が本店の大商会で働きながら、帝国へ行く準備を始めたのだが、そこでユーフェミアが無意識に使っていた魔法が実は聖女、大魔導師レベルの伝説級聖魔法だった事を知る。 そんなユーフェミアが作り出す化粧水は聖水並み、編んだブレスレットは聖宝レベル、お化け避けの結界は聖域に。 そしてユーフェミアを巡り、帝国・法国・魔導国の三大国が、世界が動き出す──。 ※タイトル回収までにかなり時間がかかりますが、気長にお待ちいただけましたら幸いです。 ※主人公以外の視点が多々入ります。ご了承ください。 ※予告なく残酷描写が入ります。R15ですのでご注意ください。 お気に入り、感想ありがとうございます!とても励みになっています。 お読みくださった皆様に感謝です! ※なろう、カクヨムでも公開しています。
24hポイント 7,462pt
小説 280 位 / 87,586件 恋愛 156 位 / 23,794件
文字数 459,371 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.06.25
39
恋愛 完結 短編
叔母からの虐待により心身に傷を負った公爵令嬢のリラ。そんな彼女は祖父である国王の元保護され、優しい人々に見守れながら成長し、いつしか自身に向けられた溺れるような愛に気付かされる──
24hポイント 7,433pt
小説 281 位 / 87,586件 恋愛 157 位 / 23,794件
文字数 24,589 最終更新日 2020.11.20 登録日 2020.11.11
40
恋愛 連載中 長編
薄幸の美少年エルウィンに一目惚れした強気な伯爵令嬢ルイーゼは、性悪な婚約者(仮)に秒で正義の鉄槌を振り下ろし、見事、彼の婚約者に収まった。 しかし彼には運命の恋人――『番い』が存在した。しかも一年前にできたルイーゼの美しい義理の妹。 彼女は家族を世界を味方に付けて、純粋な恋心を盾にルイーゼから婚約者を奪おうとする。
24hポイント 6,519pt
小説 303 位 / 87,586件 恋愛 169 位 / 23,794件
文字数 79,930 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.04.11
3,235 12345